あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:北陸新幹線

3月16日に北陸新幹線が敦賀まで延伸しました。
小松駅 (3)

JR小松駅にも北陸新幹線が停車するようになり、私はこれまで今回の大阪行き含めて4回乗車していて、延伸の日に敦賀から小松まで乗車した際は、何と!2時間以上遅れて到着が翌日になったという苦い経験をしています。
北陸新幹線 (3)

今日は4か月経過した今、小松市在住の私の個人的な感想を書きたいと思います。
北陸新幹線 (5)

小松から東京方面に行くか、関西に行くかで少し評価が違いますが、関西に関しては乗り換えが増えたことが一番の問題かと思います。

今日は東京へ行くときにどうなのかを飛行機利用との使い勝手を中心に考えます。なので、小松市と一部加賀市や能美市にお住まいの方にとってどうなのかといった視点になることをあらかじめご理解願います。

冒頭から厳しい書き方をしますが、北陸新幹線小松駅発着のダイヤは、関西との往来第一で、東京との往来については二の次になっている感じがします。

東京からは使いやすいのですが、小松から朝出て東京に行くときは、6:49発の「かがやき502号」に乗車するのが、ほぼ唯一の選択肢です。でも、6:49発ではいかにも出発時間が早すぎるのではないでしょうか。

そのあと乗り換えなしで行くことが出来るのは10:44発の「はくたか560号」まで無いのです。これだと東京駅には13:52着となってしまします

10:44までの間は金沢駅で乗り換えが必要で、その乗り継ぎも金沢駅で20~30分程度の待ち時間があって、結果、東京へは3時間程度かかることになるのです。東京駅から戻りの新幹線ダイヤも同じような形なので、関東在住の人の利便性を一番に考えたダイヤだと思います。

何で、10:44まではくたかの運行がないのでしょうか?

一方、小松には小松空港があります。

現在のダイヤだと7:40小松発で羽田へは8:50着。8:50発で9:55羽田着になります。

東京での目的地によっても違いますが、東京駅より南の場所では飛行機利用の方が早く着くと思うので、私自身も4月の東京出張の折は結局飛行機を利用しました。

直前だと飛行機の料金は高いですが、予定変更などないようだったら料金が安くなるので、そのほうがいいと判断しています。

小松~東京便の乗客数が昨年に比べてだいぶ減少しているというニュースが出ていて、10月以降の冬ダイヤが変更になるかもしれませんが、今のところの個人的感想はそんなところです。

JRには小松発のかがやきの朝の出発時間をもう少し使いやすい時間帯へ変更をお願いしたと思いますが、皆さんはいかがでしょうか?

うっとうしい梅雨の季節が近づいてきましたね。

妻が仕事の予定だったので暇になりそうな予感の5月のとある土曜日。

この時期、五月晴れのいいお天気が続いていたので、一人でぶらり福井へ出かけることにしました。

3月16日に敦賀まで延伸した北陸新幹線。3か月が経過しようとしていますが、金沢以南の沿線の盛り上がりもだいぶ落ち着いてきた感があり、現在の福井駅周辺の様子を見たいと思ったからです。

さて、小松に住む私は、福井に行くときは車を利用することがほとんど。記憶の中では、電車で福井県の街を目的に移動したことがありません。
ハピラインふくい (2)

この日、初めてIRいしかわとハピラインふくいを使用して福井駅まで移動しました。

IRいしかわの電車はブルー。ハピラインふくいのはピンクです。行きは48分かかり料金は1,050円。JRだと860円だったので190円高くなっています。
北陸新幹線 (4)

帰りは新幹線を利用したのですが、つるぎ号で24分かかりました。料金は自由席特急料金含めて2,730円なので、時間は半分で料金は2.6倍ほど。24分の差なので新幹線利用はコスパ的には割が合わない距離だと感じました。
北陸新幹線 (10)

ちなみに、こちらの写真は、帰りの新幹線の車中かれ木場潟越しに白山を写したものです。
福井駅 (5)

話を元に戻しますが、11時少し前に福井駅に到着。昔の福井駅に比べると雲泥の差です。明るく広い通路で、ご覧のような階段状の空間もあり、いい駅だと感じました。
福井駅

エキナカの施設も充実していて、お土産店は多数。
福井駅 (3)

そしてレストラン街には石川県のお店も何軒か入っていました。写真ではハチバン系と菜香楼な並んでいますね。

福井駅 (15)

そして、福井駅周辺はジュラシック・パーク化しています。笑

福井県としては「恐竜王国ふくい」として、大々的にPRするようですが、心の中では、恐竜は勝山市の観光資源なんだけど…?と突っ込みながら見て回りました。
福井駅 (7)

新幹線側の出口は一乗谷口。観光交流センターが併設され、その屋上には大小9体の恐竜のモニュメントが設置。子供連れの家族が多くいました。
福井駅 (10)

こちらは福井で発見された「フクイティタン」という恐竜。インスタ映えするようにデザインされています。

こちらも福井の名前が冠されている「フクイベナートル」。何と!越前ガニをくわえていますね。笑
福井駅 (18)

駅の周辺には「ティラノサウルス」。ロボットとなっていて時々動きました。
福井駅 (20)

JR福井駅東口駅前広場にある「トリケラトプス」。他にもたくさんの恐竜がいて、探して歩くのも楽しいかも。

11時少し前福井に着いてから17時半に早めの夕食を食べ終えて帰るまで約7時間の滞在だったので、駅や恐竜以外、福井駅周辺の観光施設を見て回るつもりでした。

そこで、まずは「越前ふくい美術館」へ行くことにしました。
越前ふくい美術館

こちら新幹線の延伸に合わせて3月23日にオープンしたばかりの新しい民間の美術館です。

越前市にある「越前和紙の里美術館」の姉妹館だそうで、越前和紙を用いた有名画家の作品を中心に展示する美術館のようです。

PR不足か、まだ認知度がないようで、土曜日のお昼過ぎで利用者は私一人でした。
越前ふくい美術館 (7)

行った日の展示は、和紙を使って多くの絵を描いている日本画家の東山魁夷の絵画。
越前ふくい美術館 (4)

洋画家の藤田嗣治(レオナール・フジタ)の和紙に書かれたデッサンや浮世絵師の葛飾北斎の版画。

1階では紫式部と源氏物語 和紙に輝く五十四帖展」というのもやっていました。

小さな美術館で入館料は大人600円となっています。福井に出かけた折に立ち寄ってもいいかもしれません。

その足で、北の庄城址に向かいます。
北の庄城址資料館

こちら戦国武将の柴田勝家が築造した北の庄城の遺構と、柴田神社、資料館が併設されています。
北の庄城址資料館 (6)

勝家公、お市の方、三姉妹の銅像が建てられていました。

探せば福井駅周辺には観光するようなところがまだあるかもしれませんが、個人的には見たいところがなかったので、少し時間を持て余した感がありました。

さて、グルメブログなので最後にグルメネタを少々。

福井市土産として、高級珍味?の「汐うに」というのがあります。100gで2万円ぐらいする超高級品で、「このわた」「からすみ」と並んで日本の三大珍味と言われています。
天たつ

その「汐うに」、江戸時代、日本で唯一の雲丹の御用商だった「天たつ」は福井市に本店があって、こちらが作っているのが「越前仕立て汐うに」です。

私は「汐うに」は食べたことがあるので、今回は「雲丹のアヒージョ(3,996円)」を買いました。
天たつ (3)

オリーブオイル含めて35gで3,996円なので少々お高いのですが、ウニとアヒージョの組み合わせが気になり買い求めてみたわけです。
天たつ (8)

家で、フライパンで弱火でゆっくりと温めバゲットに乗せて食べます。オリーブオイルにウニのうま味が移って美味しかったです。
天たつ (11)

あと、駅で、あの有名な駅弁の「かにめし」の番匠本店が作っている「福井御膳 竜のめぐみ」という駅弁を買い求めています。
竜のめぐみ

この日妻が仕事で遅くなるということで、妻の夕飯用でした。
竜のめぐみ (7)

二段になっているコンパクトなサイスの入れ物で、入っているのはこちらに書かれているもの。福井県のご当地グルメが一通り盛り込まれています。
竜のめぐみ (6)

北陸新幹線開業に合わせて福井県の色々な会社がコラボして作られた駅弁で、ご飯は「かにめし」と同じかな?カニは少なめでイクラが入っていました。私も少し食べましたが少し炊き込みご飯も違っている気がしました。
竜のめぐみ (5)

こちらは加賀温泉駅や金沢駅でも売られているみたいですよ。

さて、小松駅周辺もそうなのですが、新幹線の延伸効果を継続させるためにはオープン時だけではなく引き続いての盛り上げ策が必要だと思います。今後の福井駅周辺にも忠告です。ご馳走様でした。

天たつ福井片町本店
福井県福井市順化2丁目7-17
0776-22-1679
月~土曜9時~18時、日曜祝日10時~17時
年末年始


越前ふくい美術館
福井県福井市大手2丁目8-8
TEL 0776-21-7311


北の庄城址資料館
福井県福井市中央1丁目21-17
TEL 0776-20-5408



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日は3月未公開編です。

まずは3月16日に延伸開業された北陸新幹線の関連ネタです。

白山市にある北陸新幹線の白山総合車両所に隣接して3月13日オープンした「トレインパーク白山(白山市高速鉄道ビジターセンター)」について。
トレインパーク白山

3月末の週末に行ってきました。新しく建てられた施設なのでキレイ。北陸新幹線のカラーリングが施された外観。

春休み中で子供連れの家族が多く来ていて混雑していました。

1階の観光情報おみやげエリアと5階の屋上展望室エリアには無料で入ることが出来ますが、1階の新幹線学びと体感エリアと3~4階は有料。
トレインパーク白山 (2)

1階の新幹線学びと体感エリアでは新幹線に関する色々な情報を学ぶことが出来て、実物の車軸やパンタグラフの展示、シミュレーターなどがありました。
トレインパーク白山 (3)

4階にある新幹線見学エリアでは、北陸新幹線の整備工場の中に入ることが出来ます。
トレインパーク白山 (6)

このようなところは全国でもここ「トレインパーク白山」のみのようです。

また、5階の屋上展望室エリアでは間近に北陸新幹線の高架を見下ろせて、数十分ごとに通る北陸新幹線を見ることが出来ます。
トレインパーク白山 (5)

来た!と思ったらあっという間に通り過ぎてしまいました。

鉄道マニアや子供連れの家族などにはうれしい施設ですね。

トレインパーク白山(白山市高速鉄道ビジターセンター)
石川県白山市宮保町2828番地1
9:00~17:00(最終入館 16:30)
水曜休(祝日の場合翌日休)
年末年始(12/29~1/3)

お次は、私のブログで毎度おなじみのオーセンティックバー「バー・エスメラルダ(Bar Esmeralda)」。
エスメラルダ (2)

少し間が空きました。行っていても書いてないことがあります。

この日は能登半島地震のチャリティコンサート終了後にお邪魔しました。
エスメラルダ (4)

私は軽くこちらの「メロンのスパークリングカクテル」を1杯だけ飲んでいます。
エスメラルダ (3)

妻はこちらの「イチゴのスークリングカクテル」と、
エスメラルダ (5)

「グレープフルーツのロングカクテル」を飲んでいました。

昔ほど頻度よくは通っていませんが、今後も時々は書きますよ!ご馳走様でした。

バー・エスメラルダ(Bar Esmeralda)
石川県小松市土居原町339-1
TEL 0761-23-1283
月・水・木 18:00~26:00
金・土 18:00~27:00
日・祝 18:00~25:00
火曜・元旦休

最後はスタバです。
スタバ新大阪

先日まで紹介していた福岡旅行編で、福岡へ行くときに新大阪駅で乗り継く時間待ちにスタバでドリンクを買ってテイクアウト。

平日でしたが、JR東海の新大阪駅は非常に混雑していました。そして、スタバにも順番待ちの行列が出来ていました。

そのスタバの名前は「スターバックスコーヒー JR東海 新大阪駅新幹線ラチ内店」と、長ったらしい名前です。

私と妻は福岡までの新幹線車内で飲むための「オーツミルクラテ(495円)」を買い求めることに。
スタバ新大阪 (5)

お店に美味しそうな軽食類が並んでいて、この日朝早くの出発で小腹が空いていた私は、一緒に「あらびきソーセージパイ(360円)」も買っています。
スタバ新大阪 (2)

「オーツミルクラテ」は妻が好きなもので私は初体験。オーツ麦から生まれたオーツミルクをエスプレッソと合わせたラテ。Tall以上しか設定が無かったです。
スタバ新大阪 (6)

最初一口飲んだ時は、少し癖があると感じましたが、軽めの口あたりでそのあとは美味しかったです。

あと、「あらびきソーセージパイ」はサクッとしたパイ生地とジューシーなあらびきソーセージで美味しかったです。

福岡までの長旅の途中で気分転換になりました。ご馳走様でした。

スターバックスコーヒー JR東海 新大阪駅新幹線ラチ内店
大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1
06-4805-8251
6:30~21:30
不定休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

昨日3月16日は待ちに待った北陸新幹線の小松駅開業。
小松駅 (3)

私は鉄道オタクではありませんが、100年に一度といわれるほどの大きな変化をまずは感じたいと、16日の開業日に北陸新幹線に乗車してきました。

開業1か月前のチケット発売日に購入しましたが、小松からだと混雑の逆方向なので、夜乗車の新幹線は、その時点ではまだ空いていました。

まずは、15日までで小松発着が無くなったサンダーバードに乗ります。
小松駅

小松駅の慣れ親しんだ改札口も16日からはIRいしかわの改札口になりました。
小松駅 (12)

そして、こちらのホームではもう特急列車を見ることはありません。
サンダーバード

小松発着のサンダーバードには本当にお世話になりました。

昔は北陸と大阪を結ぶ特急列車の名称は「雷鳥」で、その後「サンダーバード」に移行しています。大阪に一時住んでいたときには毎月のように利用していました。「サンダーバード」には100回以上は利用していると思います。

まぁ、「サンダーバード」が無くなるわけではなく小松駅からは発着しませんが、敦賀から関西へ行くには今後も乗ることになるので悲しいということではありません。

実際、今回の帰りに新大阪から敦賀まで乗車しています。

そして、帰りの敦賀から小松までは北陸新幹線に乗りました。しかし、昨日19:50頃発生した京都線の踏切事故の影響で2時間以上の遅延に遭遇することになりました。
北陸新幹線 (3)

敦賀駅は開業に合わせて新しく建てられているのできれいでしたが、大幅遅れのため見てまわることも出来ずに、これらの写真を写して車内に乗りこみます。家に戻ったのが1:30頃になりました。涙
北陸新幹線

ちなみに通常でも敦賀駅での乗り換え時間が8分と短く、かつ、1階から3階まで移動する必要があり、あまり駅内を見てまわる余裕はなさそうです。

さて、今回、北陸新幹線のグリーン車を初めて利用しました。
北陸新幹線 (6)

いつもは当然普通席なのですが、とある理由でグリーン車を利用。100km未満の短い距離で時間も50分ほどでしたがゆったり乗車することが出来ました。

静かで乗り心地が良く、あっという間に敦賀から小松まで着いた気がしました。

ただ残念だったのは夜の乗車だったため景色を楽しむことが出来なかったことです。まぁ、景色は次回の楽しみとして取っておきましょう。
小松駅 (7)

小松駅に到着したのが夜中の1時少し前でした。待合室にも人の姿は無し。
小松駅 (11)

ちなみに、昨日のオープニングのイベントは、ブルーインパルスやユーミンご夫妻などがサプライズ登場して盛り上がったみたいですね!
小松駅 (16)

こちらの写真は特急料金の払い戻しを受けるため行った、今朝の小松駅の模様です。

北陸新幹線にはお世話になるはずですが、これを機に小松に多くの人が訪れて欲しいものです。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

北陸新幹線敦賀延伸まであと2週間となりました。

3月16日には小松を含め、石川県と福井県内で6つの駅が新しく開業します。

小松駅と越前たけふ駅の中については過去に紹介したことがありますが、今日は芦原温泉駅。昨年11/18に駅施設がオープンしています。
芦原温泉駅 (8)

2月のとある週末に一人でふらりと出かけてきました。
芦原温泉駅 (9)

西口の再開発は完了していて、駅前はきれい。そして駅舎は個性的な建築でした。
芦原温泉駅 (6)

この辺りの柱の処理などは坂茂氏風?地元の設計事務所がプロポーザルで選ばれています。

JR芦原温泉駅のにぎわい施設として併設された「アフレア」の中には飲食物産スペース「いろはゆAWARA(あわら)」があります。

入るとすぐにイベントスペースがあって、この日もイベントが開かれていました。
いろはゆAWARA (7)

こちらが物販と飲食エリア。
いろはゆAWARA (6)

入口入って左側が物販で、正面と右側が飲食スペース「いろはゆAWARA」になっていました。

あわら温泉の「湯」と「昭和レトロ」「かるた」をテーマにしたインテリアになっていました。
いろはゆAWARA (5)

その「いろはゆAWARA」には「金しゃり亭」「いろはゆ珈琲店」「芋湯らり」の3つの形態のお店があって、こちらに設置されているタッチパネルでオーダーしてお金を支払って窓口に食券を出します。
いろはゆAWARA (4)

ちなみに「金しゃり亭」はソースかつ丼、おろしそば、三国産甘エビ丼など。「いろはゆ珈琲店」は喫茶とハンバーグやカレーなどの洋食などが楽しめ、「芋湯らり」はあわら芋菓子専門です。
いろはゆAWARA (3)

入口に出されていたメニューです。

私は今回、「いろはゆ珈琲店」の11時までやっている、ハムエッグ・サラダ・御飯・味噌汁・コーヒーがついて780円の和定食を頼むことに。

ほとんどお客さんがいなかったのですが、出されるまでにそこそこ時間がかかりました。
いろはゆAWARA (11)

セットがこちら。
いろはゆAWARA (13)

4種類の総菜です。すべて冷製のものでした。茶碗蒸しのようなものも冷製だったので事前に準備されていたものばかりだと思います。
いろはゆAWARA (12)

こちらがハムエッグとサラダ。このハムエッグはオーダー後に作られたものですね。内容的にはコスパもよく楽しめました。

ご飯は「金しゃり亭」のものでしょうか、こちらは美味しかったです。

ちなみに「いろはゆ珈琲店」のメニューに洋食トーストセットがあって、こちらは580円なのですが、たぶん、この惣菜セットとご飯・味噌汁がなくて、ハムエッグとサラダにトーストが付いているものだと思います。
いろはゆAWARA (14)

コーヒーはイートインしていてもカップではなく、そのままテイクアウトが可能なようになっていました。

朝8時から営業していて、芦原温泉を訪れる観光客や地元の人にも使い勝手がいい施設だと思いました。ご馳走様でした。

いろはゆAWARA
福井県あわら市春宮1-12-18 アフレア内1F
TEL 0776-43-0721
8:00~21:30(飲食コーナーL.O.20:30)
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ