あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

タグ:加賀棒茶

金沢では「お番茶といえば棒茶」と言われるほど親しまれている加賀棒茶。

棒茶というとなじみがないところもあるかもしれませんが、ほうじ茶のことです。

私のブログでも、加賀市にある製茶場「丸八製茶場」の加賀棒茶で有名なお店については、過去何回も紹介してきました
上林茶舗

今日紹介します「上林金沢茶舗」は、京都宇治の創業450年の歴史をもつ京都宇治の老舗問屋「上林春松本店」から暖簾分けを許されていて、「上林」ブランドのお茶の販売も、行っているお店なのです。
上林茶舗 (3)

むかし、東京に行く時の手土産でこちらのお店の加賀棒茶や加賀の紅茶を買っていったことがありますが、お店に入ってお茶を飲むのは今回が初めてです。
上林茶舗 (5)

金沢の人にとっては、丸八製茶より、こちらのお店の方がなじみがあるようです。

こちらの加賀棒茶は「雁ヶ音」と呼ばれる一番茶の茎で作られています。

「雁ヶ音」は我が家でも、毎日飲んでいる緑茶の種類で、そこそこお値段もするのですが、日本茶の旨みをすごく感じる種類で、私も好きで飲んでいます。

さて、昔は石川ではお茶といえば、番茶のことを指すほどでした。特に夏の間はそうです。いまでこそ麦茶が一般的にですが。

こちら、一応お茶の販売がメインですが、店内でお茶とお菓子を楽しむことが出来ます。
上林茶舗 (7)
 
お品書きはこんな感じです。

お抹茶、加賀棒茶、昆布茶など、お好みに応じて楽しむことが出来ます。ひがしや主計の茶屋街にも近いのですが、お店自体が目立たないところにあり観光客が多く立ち寄るお店ではないので、観光客もまだまだ少なく静かにお茶を楽しむことが出来ると思います。
上林茶舗 (6)

席に着くと、最初に冷たい加賀棒茶が出されます。 
上林茶舗 (8)

私が頼んだのは、こちらの「抹茶セット(620円)」。抹茶と、金沢の和菓子の名店「吉はし菓子店」の上生菓子が付いてきます。
上林茶舗 (9)

上生菓子は名前忘れましたが、上品な甘さで、抹茶に合うお菓子でした。
上林茶舗 (11)

妻は加賀棒茶に豆菓子が付いたセットを頼んでいました。
上林茶舗 (12)

こちらのお店の加賀棒茶のこだわりは、一番茶の茎だけを使うという贅沢さにあります。
 
私も一杯、小さな湯呑を出していただき飲みましたが、香ばしい香りで口の中と心までリセットしてくれます。
上林茶舗 (14)

お店を出る前に、東京からの客人へのお持たせで、加賀棒茶と加賀の紅茶のティーパックを買い求めました。

ちなみに加賀の紅茶はやはり、加賀市打越地区にある打越製茶農業協同組合で茶葉にしているようですね。

こちらは、金沢の街を散策する合間にでも立ち寄り、ホッといっぷくするにはいいお店です。

ひがし茶屋街にも近く、ひがしのお店はどこも混んでいますが、少し足を延ばせば、こちらのお店は穴場かもしれません。おすすめです。ご馳走様でした。

上林金沢茶舗
TEL 076-231-0390
石川県金沢市下新町1-7
9:30~17:30
日曜休
 


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

2002年4月に開館した石川県九谷焼美術館。ここは石川県の伝統工芸として世界的にも有名な九谷焼の専門美術館です。
茶房古九谷 (2)

私のブログでも2005年12月に紹介しています

実は、この間も何回か行ったことがありますが、書いていませんでした。今回、「茶房古九谷」に行ってお茶を飲んだこともあり約11年ぶりの紹介になります。
茶房古九谷 (23)

美術館の外観は大人しい感じですが、内部は非常にユニークな内装です。

この美術館を設計した象設計集団は、「お皿にとって気持ちのいい美術館をつくりたかった」ということらしいのですが、確かに、「茶房古九谷」のある2階も何となくわくわくする構造や内装仕上げになっています。
茶房古九谷 (22)

美術館のエントランスには私も良く存じ上げている九谷焼の陶芸家、山下一三さんの「3×3」というネーミングの傘立てが置かれています。山下一三さんの、ユニークな造形でありながら温かみのある九谷焼。どこかホッとさせ、笑顔にさせてくれる作品は私も大好きです。
茶房古九谷 (20)

さて、今日紹介します「茶房古九谷」は2階にありますが、外からも直接お店に入ることもできる構造になっていて、美術館の開店時間以外にも利用が可能になっています。
茶房古九谷 (3)

なだらかな曲線も多用された空間は、壁には九谷焼の陶土が張られ、桟には漆が塗られ、ガラスは九谷五彩の色彩で彩られています。
茶房古九谷 (6)

天井も高く気持ちがいい空間です。
茶房古九谷 (9)

店内はギャラリーになっていて、九谷焼の作家の力作を展示。買い求めることも可能となっています。
茶房古九谷 (12)

天気のいい日には、ベランダから外の景色(山々や木々の緑)を眺めながらお茶をするというのもいいでしょうね?
茶房古九谷 (5)

メニューはこんな感じです。写真の上の方が定番メニューで、下が期間限定のメニューになっています。

私は「加賀の紅茶(880円)」を頼むことにしました。ちょっとお高いですがお菓子が付いてくるセットメニューです。
茶房古九谷 (16)

「加賀の紅茶」は、加賀市で栽培されているヤブキタ・オクヒカリのなどの緑茶用の品種を、打越地区にある打越製茶農業協同組合で紅茶専用のラインで紅茶葉にしています。見た目は棒茶のようですが、紅茶です。

加賀の紅茶は、茶葉に含まれるタンニンが少なく、フレーバーティーのような甘みと加賀棒茶のような香ばしさを感じさせてくれる味です。そのためお砂糖やミルク、レモンなど入れずにストレートで飲みます。
茶房古九谷 (17)

渋みの少ない穏やかな味わいで、最初の1杯目は、少し渋さも感じられましたが、2杯目、3杯目はだんだんとまろやかになってきます。

ポットの中には4~5杯分の紅茶が入っていました。

あと菓子付ということで、てっきりロールケーキなど洋風なのが出されるものと思っていましたが、上生菓子で確か名前を「ふじおあい」と言っていたような記憶があります。^^;
茶房古九谷 (18)

それほど甘くなく、加賀の紅茶にも合いましたよ。

それと、「菓子工房 Yodogawa」のメレンゲのお菓子「鈴玉 ぷれーん」も添えられていました。「和三盆糖」を使っていて、口に中に入れると溶けていきます。 

ホッとできる空間で、素敵な九谷焼に囲まれて、美味しいお茶でいっぷく。至福のときでした!?ご馳走様でした。

茶房古九谷
石川県加賀市大聖寺地方町1-10-13
 石川県九谷焼美術館2F
TEL 0761-72-6366
9:30~17:30
月曜日(祝日は営業)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

いつのまにか私のブログ「あさぴーのおいしい独り言」も、始めてから丸12年経っていました(16日)。いつもお読みいただきありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

さて本題です。加賀棒茶も全国的な知名度になってきました。

これは北陸新幹線の金沢延伸効果もあるかと思いますが、文化や生活に根付いている飲み物が全国的に知られるということはうれしい限りです。

石川県では、昔からお茶といえば番茶(ほうじ茶)の方が慣れ親しまれてきました。

ちなみに丸八製茶場の加賀棒茶は、新茶である一番茶の茎を使っている棒茶です。すっきりとした苦みとのど越しの良さで、私もいつもスタバのステンレスタンブラーに入れて会社まで持っていくほどです。

家では緑茶を飲むことが多いのですが、のどの渇きを癒すには棒茶のほうがいいと思っているからです。

また、加賀市動橋の「丸八製茶場」へは、遠来の客人をお連れすることも多く、お帰りの際の手土産にも最適なものだと考えています。
丸八製茶場 (5)

さて「茶房 実生」は、丸八製茶場の本店と工場に併設されています。丸八製茶場のお茶をその場で楽しむことが出来ます。私のブログでも過去に何回か紹介したことがあります
丸八製茶場 (7)

ここで楽しめるのは、献上加賀棒茶、加賀ほうじ茶、一番摘み煎茶、玉露、抹茶、生ジュース。

それに、季節の和菓子か加賀棒茶のロールケーキのどちらかをチョイスして、500円となっています。

その中から私は、抹茶が季節限定の「口切り抹茶」だったので、それにしてみました。
丸八製茶場 (10)

「口切り抹茶」とは、5月に摘み取られた茶の新芽を茶壷に詰め貯蔵すると、ちょうど秋も深まる11月にお茶が熟成します。そしてまろやかな味になるこの時期に壷の封を切り、その年の最初の茶として挽いて点てる茶事のことをを「口切り」の茶事というらしいのですが、とても甘みを感じるお抹茶で本当にまろやかな味でした。

福岡の八女茶を使っています。
丸八製茶場 (9)

お菓子はこちらの「加賀棒茶のロールケーキ」をチョイスしたのですが、後から考えると、季節の和菓子にすればよかったと後悔しています。

月替わり和菓子、11月は「銀杏もち」でした。

この「銀杏もち」。調べてみますと、裏千家の今日庵には三代元伯宗旦が植えた裏千家のシンボルとして「宗旦銀杏(そうたんいちょう)」という木があるそうです。その木が今日庵を家事の日から守ったというエピソードがあり、11月19日の宗旦忌にはその実を使った「銀杏餅」が茶菓子として用いられることにちなんだお菓子だということでした。

時節と歴史を感じさせてくれる組み合わせを楽しむことが出来たのに残念です。
丸八製茶場 (8)

ちなみにこちらが一緒に行った方が頼んだ「銀杏もち」と「献上加賀棒茶」です。お茶菓子をチェンジすればよかったかも?^^;

あっ、もちろん「加賀棒茶のロールケーキ」も美味しかったですよ!

お店では、最初に加賀棒茶の暖かいのを、飲み食べ終わった後には、希少な印雑品種を焙じた「印雑焙茶 マリコロード」を使った加賀棒茶を無料で出してくれました。
丸八製茶場 (3)

紅茶向けの種子が日本茶用に改良されてうまれた品種で、なるほど!を思える紅茶のような香りと味がほんのりとして美味しいです。

実はこちらも我が家の常備品です。

「印雑焙茶 マリコロード」は2016年2月頃までの販売となっています。

客人も、丸八製茶場の加賀棒茶を前から取り寄せたりして飲んでいらっしゃるとのこと。今回も東京に帰る際のお土産として、色々なお茶を買い求めていました。お気に入りのようですね。ご馳走様でした。

茶房 実生(さぼう みしょう)
石川県加賀市動橋町タ1番8
TEL 0120-42-4251(フリーダイヤル)
  0761-74-2425
10:00~18:00(L.O.17:30)
水曜休(祝日は営業・翌日休業)

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

今回は、山代温泉にある観光施設2か所紹介したいと思います。

両方とも私のブログでだいぶ前に書いたことがある施設ですが、その時は中の様子まで写真で紹介していなかったので、今回改めてということです。
いろは草庵

まずは、「魯山人寓居跡 いろは草庵」。
いろは草庵 (14)

北大路魯山人といえば、希代の美食家であり芸術家であったことは多くの人が知っていると思いますが、ここ「魯山人寓居跡 いろは草庵」は、北大路魯山人が山代温泉滞在中に、住居兼作業場として使っていた建物です。

魯山人が陶芸の道に入ったのは、山代温泉における出来事が大きく影響しているようです。もし、山代温泉に逗留しなければ、魯山人の人生は大きく変わったかもしれません。

彼が九谷焼窯元である初代須田菁華を訪れたのは大正4年。初めて陶芸家の仕事を見た魯山人は陶芸の制作現場に大いに興味を抱き、九谷焼の絵付けを行い、作陶に目覚めたようで、後に「料理とは、単に舌先 だけで味わうものではない。 器がくだらないものでは料理も生きない」と述べているように、後々の彼の料理と、後に主宰する美食倶楽部、さらには器に傾倒するなど、彼の原点はこのときだったのかもしれません。

そして、その後、織部、瀬戸、備前など、さまざまな焼き物の制作にも挑戦して、名声を高めていくのです。つまり、いまの北大路魯山人の名声があるのも、ここ山代温泉と九谷焼があったからこそ!と言えなくもない、ということです。
いろは草庵 (2)

魯山人が旅館「吉野家」の刻字看板(こちらの写真に見える仕掛途中の看板)を彫った仕事部屋、書や絵を描いた書斎、山代の旦那衆達と語り合った囲炉裏の間、茶室、
いろは草庵 (6)

そして展示室として使われている土蔵などが公開されています。
いろは草庵 (8)

またロビーでは、魯山人も眺めていた庭を見ながら、加賀棒茶を無料で飲むことが出来ます。棒茶の香りもほんのり。やはり、いれたては美味しいですね。
いろは草庵 (10)

お茶菓子は金沢の「茶菓工房たろう」の地の香という干菓子でした。きな粉を水飴で練り上げて和三盆をまぶしてあります。マカダミアナッツも入っていて香ばしく、それほど甘くない干菓子でした。

魯山人寓居跡 いろは草庵
石川県加賀市山代温泉18-5
TEL 0761-77-7111
9:00~17:00(入館は16:30まで)
一般500円,75歳以上250円
水曜,12/31・1/1休(祝日・振替休日の場合は開館)

お次は、山代温泉街から少し小松方面に向かった山代越中谷にある「九谷焼窯跡展示館」。
九谷焼窯跡展示館

ここは、江戸時代前期に作られた「古九谷」のような色絵磁器を復活させようと、豪商豊田伝右衛門が江戸時代後期に築いた吉田屋窯の跡です。
九谷焼窯跡展示館 (13)

その後、紆余曲折を経て昭和15年ごろまで受け継がれた再興九谷の登り窯跡です。
九谷焼窯跡展示館 (15)

吉田屋窯の跡は国指定史跡となっていて、新しく建てられた覆屋は内藤廣氏の設計です。
九谷焼窯跡展示館 (12)

こちらは昭和15年に作られた九谷焼としては現存最古の登り窯。昭和40年頃まで使われていたようですね。
九谷焼窯跡展示館 (4)

また、旧九谷壽楽窯母屋兼工房は現在は展示棟となっていて、ろくろ場や絵付場など、かつての姿に修復され、ご覧の旧店舗部分は常設展示室となっています。
九谷焼窯跡展示館 (5)

そして旧座敷部分が企画展示室となっています。
九谷焼窯跡展示館 (9)

企画展示室では、このときは「浅井一毫没後100年、一毫マンダラ」をいう展示をやっていました。

また、こちらでは蹴ろくろや絵付けの体験もできます。

九谷焼の歴史を語る上で両施設とも貴重な資産ですね。

九谷焼窯跡展示館
石川県加賀市山代温泉19の101番地9
TEL 0761-77-0020
大人310円、高校生以下無料、75歳以上150円
9:00~17:00(入館は16時30分まで)
火曜休(祝日は営業)
年末年始(12/31,1/1)休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ