あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:加賀棒茶

石川県と富山県。昔から仲が悪いといわれています。^^;

色々な理由があるのでしょうが、ここでは書きません。しかし、近ごろはそうでもなくなってきているのではないでしょうか?

グルメの領域でも、富山県のお店が石川にもお店を出すことも多くなりましたし、逆もそうです。
ガラス美術館 (2)

さて、今日紹介します富山市の中心に、2015年8月22日に開館した複合施設TOYAMAキラリ。そこは2007年に移転した大和百貨店の富山店のビルを大幅にリノベーションした施設です。

そして、もう一つ。この施設に入っているカフェ「FUMUROYACAFE」は、ご存じ金沢に本社がある加賀麩の不室屋さんが経営しているカフェです。

石川県民としてはうれしいことだと思いますが、地域全体で盛り上げていかないと他のエリアに何かと負けてしまうような今の時代、両県とも色々協力しながらやっていかないとダメでしょうね?

話をTOYAMAキラリに戻します。
ガラス美術館 (26)

TOYAMAキラリには、中核施設として「富山市ガラス美術館」や「富山市立図書館本館」などが入っており、2階にはカフェ「FUMUROYACAFE」が入っています。

設計は、アール・アイ・エー・隈研吾建築都市設計事務所・三四五建築研究所JV。

隈研吾氏はご存じ新国立競技場の設計で知られていますが、いま、小松でも「九谷焼創作工房(仮称)」を設計していて、2019年春完成を目指しています。

TOYAMAキラリの外観は御影石、ガラス、アルミの異なる素材を組み合わせています。
ガラス美術館 (4)

中に入ると、入口には、大和のときの記憶としてレリーフが飾られていました。
ガラス美術館 (5)

当時の建物の2階までの天井を使った開放感あふれるエントランス。そして受付。

エスカレーターで2階に上がると、6階までの吹き抜け空間「スパイラルパサージュ」が設けられ、富山県産材のルーバー(羽板)が規則的な配列でない形で並べられています。
ガラス美術館 (11)

上の写真は、2階から見上げたもの。
ガラス美術館 (16)

この写真は、逆に6階から見下ろしたものです。

このあたりは、木材などの自然素材を生かした建築がお得意の隈研吾氏らしいですね。
ガラス美術館 (8)

「富山市ガラス美術館」では、企画展「雲母Kira 平山郁夫とシルクロードのガラス展」が開催されていて、大人は1,000円で楽しむことが出来ますよ。

企画展も平山郁夫の絵も多数展示されていて良かったのですが、6階の常設展示場「グラス・アート・ガーデン」の現代ガラス美術の巨匠デイル・チフーリ氏の工房が制作したインスタレーション(空間芸術)作品は見ごたえがありました。

写真撮影はokだったのですが、残念ながらブログなどでアップすることはダメということで、個人で楽しんでおります。

あと、こちらの美術館では故藤田喬平氏の作品も多く所蔵していて、常設展でも多数みることが出来ます。
ガラス美術館 (10)

最後にカフェ「FUMUROYACAFE」についての紹介。
FUMUROYACAFE TOYAMA3

2階に結構広いスペースを使っていますね。
FUMUROYACAFE TOYAMA (4)

明るく開放的な空間です。不室屋さんといえばどちらかといえば「和」の雰囲気ですが、こちらはモダンでスタイリッシュな空間にまとめられています。もちろん美術館と同じく木を多く使っていて温かみもありました。

不室屋さんお得意の麩を使った料理などもありましたが、私は別なところでランチを済ませてきたので、今回は食後のデザートとお茶をしに入りました。

頼んだのは、こちらのお茶とのセットで「豆乳とおからのケーキと加賀棒茶(864円)」。お値段は場所代も入っているので少し高めです。
FUMUROYACAFE TOYAMA (9)

味的には丸八製茶場のではなく、上林金沢茶舗の棒茶を使っているような気がしました。
FUMUROYACAFE TOYAMA (8)

豆乳とおからのケーキのほうは、あくまでも上品な甘さで、棒茶にマッチしていましたね。それほど甘くなかったので私も好きな味でしたよ。

美術館でゆっくり芸術を堪能した後は、「FUMUROYACAFE」でまったりとお茶や食事を楽しむのもいいですね。ご馳走様でした。

富山市ガラス美術館
富山県富山市西町5-1
 TOYAMAキラリ内
TEL 076-461-3100
9:30~18:00(金・土曜日は20:00まで)
※入場は閉場の30分前まで。
休業日 第1第3水曜日、年末年始
※企画展ごとに休場日が異なる場合があります。
料金は常設展大学生以上200円

企画展「雲母Kira 平山郁夫とシルクロードのガラス展」
4月15日(土)~7月9日(日)
2・3階 展示室1・2・3(西町)
観覧料
一般1,000円大学生800円高校生以下無料

FUMUROYACAFE TOYAMAキラリ店
富山県富山市西町5番1号
 TOYAMAキラリ2F
TEL 076-461-3030
月~木・日9:30~19:00
金・土9:30~20:00
第1水曜、年末年始休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は加賀棒茶の話題です。

近年、加賀棒茶が全国的にも知名度がアップしてきています。

そのため、単にお茶というジャンルにとどまらず、料理やお菓子などにも加賀棒茶が使われています。

そこで今日は、改めて加賀棒茶についてスポットを当てて書きたいと思います。

さて、GWの谷間に東京から友人が遊びに来ました。

その時に丸八製茶場の工場見学と魯山人寓居跡いろは草庵に行っています。
丸八製茶場 (14)

丸八製茶場の工場見学については、私も昔から一度はしたかったのですが、平日しかできないということもあって実現できないでいました。

丸八製茶場の創業は文久3年(1863年)。むかしから加賀地方に住む我々に、お茶の茎を原料とするほうじ茶を供給してくれています。

私のブログでも丸八製茶場に併設されている「茶房 実生(さぼう みしょう)」について何度も書いたことがあります

今回初めて工場見学をすることが出来ました。
丸八製茶場 (2)

もっとも工場見学と言っても、見学エリアは工場の一角がガラス間仕切で仕切られただけの簡単なスペースで、お店の方が簡単に説明してくれるだけなのですが、丸八製茶場の加賀棒茶は、我が家でも毎日のように飲んでいるお茶なので、どんなところでどんな風に作られているのかは非常に興味がありました。
丸八製茶場 (5)
丸八製茶場 (4)

加賀棒茶になる茶葉&茎を機会に投入すると、遠赤外線で煎られて、その後遺物などの混入を振るいで選別するという簡単な工程です。
丸八製茶場 (3)

曜日によって作る茶が変わるようで、この日は「加賀ほうじ茶」でした。
丸八製茶場 (13)

私は、ちょうどこの日から新茶を売り出していたので、そちらを買い求めました。もちろん、加賀棒茶も買い求めましたよ。
丸八製茶場 (15)

なお、売店コーナーでは無料で、加賀棒茶を出してくれますが、やはりプロが入れるお茶は格別の美味しさがあります。

さて、丸八製茶場を見学した後、大聖寺でランチをとり、その足で向かったのは山代温泉にある「魯山人いろは草庵」。
いろは草庵

私も何度も行っているところですが、月曜日ということもあり主要な観光施設が休み。ちょうど近場でこちらの施設が水曜休みだったこともあり案内することにしました。^^;
いろは草庵 (7)

新緑の季節、お庭の苔も見ごろを迎えつつありました。
いろは草庵 (6)

魯山人の山代温泉での足跡を詳しく知ることが出来る施設ですが、500円の入場料金で、加賀棒茶とお菓子が付いてくるのがうれしいです。
いろは草庵 (3)

庭を見ながらホッと一服できますよ。

最後の紹介はカンパーニュグループが作っている加賀棒茶のスイーツについて。
加賀棒茶

色々種類があるようですが、私が食べたのは「ボーノ 加賀棒茶」です。
加賀棒茶 (2)

ほんのりと加賀棒茶の味と香りがして、それほど甘くなく上品な味のスイーツでした。

加賀棒茶以外にもプレーン、抹茶、カフェラテ味がレギュラーで、季節限定の味なんかもあり楽しめます。

加賀棒茶も、単に飲むだけではなく、料理やスイーツなどのお菓子にも食材の一つとして幅広く使われるようになってきました。今後の展開が楽しみです。ご馳走様でした。

丸八製茶場
石川県加賀市動橋町タ1番8
TEL 0761-74-2425(丸八製茶場内茶房実生)
見学可能時間
10:00~12:00
標準所要時間5~6分
見学できない日は水・金・土・日(これ以外にも見学できない日があるので事前に確認要)
見学無料


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

私のブログでも2度ほど登場したことがあります「菓子工房よどがわ」。
よどがわ (6)

今回、ランチ後にお茶をしに伺いました。

前に行った時は、カフェコーナーはまだなかった記憶があるのですが、オーナーのご実家は、かの有名な加賀市の丸八製茶場です。

そこに併設されている「茶房 実生」を思い出し、何となくですが、加賀棒茶を飲みながらケーキを食べるシチュエーションを頭で描きながら出かけてきました。
よどがわ (10)

ご覧のように、お店自体は当初はカフェを併設するというつもりがなかったのでしょう?壁(窓)際に席が設けられています。

もちろん、飲み物だけでもokですが、せっかく「菓子工房」に来たのですがら、当然、ケーキも頼んだ方がいいでしょうね!?
よどがわ (15)

メニューはこんな感じです。ケーキと飲み物のセットで頼むのがいいでしょう。
よどがわ (16)

くつろぎセットはコーヒーもしくは加賀棒茶との組み合わせが850円(冷は+50円)。紅茶はストレートティーと組み合わせで1,000円(冷は+50円)となっています。こちらがおすすめだと思います。
よどがわ (17)

セットには「いぶろーる」と他のミニケーキ(通常の半分だそうです)、そして「茶玉 抹茶」が一つ付いてきます。
よどがわ (9)

「いぶろーる」は、ショーケースの中に並んでいる中から選びます。

その中から私は、紅茶のセットにして、「いぶろーる」はアールグレイをチョイスしました。
よどがわ (24)

アールグレイ「いぶろーる」は、紅茶のアールグレイの風味と、ほのかにラムの香がするバニラクリームを包んだ少し大人の味のロールケーキでした。
よどがわ (23)

紅茶は残念ながらアールグレイではなくアッサム。しっかりとした味わいで甘みとコクがあります。
よどがわ (20)

ミニケーキは、生チーズを使ったチーズケーキでした。フランス産のクリームチーズを使っていて、コクがあって滑らかな味でしたよ。
よどがわ (19)

妻のほうは、「棒茶チョコ」をチョイス。加賀棒茶の微粉末をスポンジとクリームに混ぜ込んである「いぶろーる」に、まわりをベルギーCALLEBAUT社のカカオ75%のチョコレートパウダーでコーティングして仕上げてあります。
よどがわ (18)

この甘さも、加賀棒茶ですっきりと後口よく食べることが出来ました。
よどがわ (21)

一個だけ添えられている「茶玉 抹茶」は、煎茶の入ったクッキーに、抹茶の衣が付けられています。

国府台という山沿いの小松市の外れにある「菓子工房よどがわ」。ランチを済ませて、ぶらりデザートを食べ、そしてお茶でいっぷくしに出かけるのもいいかもしれません。ご馳走様でした。

菓子工房よどがわ
石川県小松市国府台2-96
TEL 0761-47-0883
10:00~19:00
月・火曜休
※月曜又は火曜が祝祭日の場合は営業、水曜日が振替休日


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

金沢では「お番茶といえば棒茶」と言われるほど親しまれている加賀棒茶。

棒茶というとなじみがないところもあるかもしれませんが、ほうじ茶のことです。

私のブログでも、加賀市にある製茶場「丸八製茶場」の加賀棒茶で有名なお店については、過去何回も紹介してきました
上林茶舗

今日紹介します「上林金沢茶舗」は、京都宇治の創業450年の歴史をもつ京都宇治の老舗問屋「上林春松本店」から暖簾分けを許されていて、「上林」ブランドのお茶の販売も、行っているお店なのです。
上林茶舗 (3)

むかし、東京に行く時の手土産でこちらのお店の加賀棒茶や加賀の紅茶を買っていったことがありますが、お店に入ってお茶を飲むのは今回が初めてです。
上林茶舗 (5)

金沢の人にとっては、丸八製茶より、こちらのお店の方がなじみがあるようです。

こちらの加賀棒茶は「雁ヶ音」と呼ばれる一番茶の茎で作られています。

「雁ヶ音」は我が家でも、毎日飲んでいる緑茶の種類で、そこそこお値段もするのですが、日本茶の旨みをすごく感じる種類で、私も好きで飲んでいます。

さて、昔は石川ではお茶といえば、番茶のことを指すほどでした。特に夏の間はそうです。いまでこそ麦茶が一般的にですが。

こちら、一応お茶の販売がメインですが、店内でお茶とお菓子を楽しむことが出来ます。
上林茶舗 (7)
 
お品書きはこんな感じです。

お抹茶、加賀棒茶、昆布茶など、お好みに応じて楽しむことが出来ます。ひがしや主計の茶屋街にも近いのですが、お店自体が目立たないところにあり観光客が多く立ち寄るお店ではないので、観光客もまだまだ少なく静かにお茶を楽しむことが出来ると思います。
上林茶舗 (6)

席に着くと、最初に冷たい加賀棒茶が出されます。 
上林茶舗 (8)

私が頼んだのは、こちらの「抹茶セット(620円)」。抹茶と、金沢の和菓子の名店「吉はし菓子店」の上生菓子が付いてきます。
上林茶舗 (9)

上生菓子は名前忘れましたが、上品な甘さで、抹茶に合うお菓子でした。
上林茶舗 (11)

妻は加賀棒茶に豆菓子が付いたセットを頼んでいました。
上林茶舗 (12)

こちらのお店の加賀棒茶のこだわりは、一番茶の茎だけを使うという贅沢さにあります。
 
私も一杯、小さな湯呑を出していただき飲みましたが、香ばしい香りで口の中と心までリセットしてくれます。
上林茶舗 (14)

お店を出る前に、東京からの客人へのお持たせで、加賀棒茶と加賀の紅茶のティーパックを買い求めました。

ちなみに加賀の紅茶はやはり、加賀市打越地区にある打越製茶農業協同組合で茶葉にしているようですね。

こちらは、金沢の街を散策する合間にでも立ち寄り、ホッといっぷくするにはいいお店です。

ひがし茶屋街にも近く、ひがしのお店はどこも混んでいますが、少し足を延ばせば、こちらのお店は穴場かもしれません。おすすめです。ご馳走様でした。

上林金沢茶舗
TEL 076-231-0390
石川県金沢市下新町1-7
9:30~17:30
日曜休
 


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

2002年4月に開館した石川県九谷焼美術館。ここは石川県の伝統工芸として世界的にも有名な九谷焼の専門美術館です。
茶房古九谷 (2)

私のブログでも2005年12月に紹介しています

実は、この間も何回か行ったことがありますが、書いていませんでした。今回、「茶房古九谷」に行ってお茶を飲んだこともあり約11年ぶりの紹介になります。
茶房古九谷 (23)

美術館の外観は大人しい感じですが、内部は非常にユニークな内装です。

この美術館を設計した象設計集団は、「お皿にとって気持ちのいい美術館をつくりたかった」ということらしいのですが、確かに、「茶房古九谷」のある2階も何となくわくわくする構造や内装仕上げになっています。
茶房古九谷 (22)

美術館のエントランスには私も良く存じ上げている九谷焼の陶芸家、山下一三さんの「3×3」というネーミングの傘立てが置かれています。山下一三さんの、ユニークな造形でありながら温かみのある九谷焼。どこかホッとさせ、笑顔にさせてくれる作品は私も大好きです。
茶房古九谷 (20)

さて、今日紹介します「茶房古九谷」は2階にありますが、外からも直接お店に入ることもできる構造になっていて、美術館の開店時間以外にも利用が可能になっています。
茶房古九谷 (3)

なだらかな曲線も多用された空間は、壁には九谷焼の陶土が張られ、桟には漆が塗られ、ガラスは九谷五彩の色彩で彩られています。
茶房古九谷 (6)

天井も高く気持ちがいい空間です。
茶房古九谷 (9)

店内はギャラリーになっていて、九谷焼の作家の力作を展示。買い求めることも可能となっています。
茶房古九谷 (12)

天気のいい日には、ベランダから外の景色(山々や木々の緑)を眺めながらお茶をするというのもいいでしょうね?
茶房古九谷 (5)

メニューはこんな感じです。写真の上の方が定番メニューで、下が期間限定のメニューになっています。

私は「加賀の紅茶(880円)」を頼むことにしました。ちょっとお高いですがお菓子が付いてくるセットメニューです。
茶房古九谷 (16)

「加賀の紅茶」は、加賀市で栽培されているヤブキタ・オクヒカリのなどの緑茶用の品種を、打越地区にある打越製茶農業協同組合で紅茶専用のラインで紅茶葉にしています。見た目は棒茶のようですが、紅茶です。

加賀の紅茶は、茶葉に含まれるタンニンが少なく、フレーバーティーのような甘みと加賀棒茶のような香ばしさを感じさせてくれる味です。そのためお砂糖やミルク、レモンなど入れずにストレートで飲みます。
茶房古九谷 (17)

渋みの少ない穏やかな味わいで、最初の1杯目は、少し渋さも感じられましたが、2杯目、3杯目はだんだんとまろやかになってきます。

ポットの中には4~5杯分の紅茶が入っていました。

あと菓子付ということで、てっきりロールケーキなど洋風なのが出されるものと思っていましたが、上生菓子で確か名前を「ふじおあい」と言っていたような記憶があります。^^;
茶房古九谷 (18)

それほど甘くなく、加賀の紅茶にも合いましたよ。

それと、「菓子工房 Yodogawa」のメレンゲのお菓子「鈴玉 ぷれーん」も添えられていました。「和三盆糖」を使っていて、口に中に入れると溶けていきます。 

ホッとできる空間で、素敵な九谷焼に囲まれて、美味しいお茶でいっぷく。至福のときでした!?ご馳走様でした。

茶房古九谷
石川県加賀市大聖寺地方町1-10-13
 石川県九谷焼美術館2F
TEL 0761-72-6366
9:30~17:30
月曜日(祝日は営業)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ