あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:加賀市

我が家では休みの日の朝はパン食が多いと前に書きました。皆さんのお家はいかがでしょうか?

今のコロナ禍の最中、街中にあるパン屋さんの店頭に並べられているパンは、前は袋に入れられて並べられているところは少なかったと思いますが、いまは袋に入れて並べるところが増えてきたような気がします。

ただ焼きたてのパンを袋詰めにして並べると、蒸気が抜けずにパンがしけってしまうと思うので、なかなか悩ましいところではないかと思います。

私の知りうる限りの知識から考えるに、店頭におけるパンの販売で、持ち帰ったパンを介してコロナウイルスによる感染が起こるリスクはほとんどないように思うのですが…。

大人数が食事をするバイキング会場だと、ウイルスの飛沫が感染者の口から飛び散ることがあるかもしれませんが、パンの販売のような場合、マスクと人数制限をしていれば、長時間並べられていることもないので、問題ないのかもしれません。間違っていたらごめんなさい。

さて今日紹介します加賀温泉駅近くの「ブラン・ア・ポワ・ルージュ」へは2年半ぶりの訪問
ブラン・ア・ポワ・ルージュ

小さなお店なので店内は狭く、そのため店頭には、マスク着用のお願いと、店内は3名までという張り紙が出ていました。

このような条件下ですが、まぁ、「ウイズ コロナ」の今はお店の側も色々試行錯誤かもしれません。

お店は少量多品種のパン作りです。
ブラン・ア・ポワ・ルージュ1

こちらでパンを購入すると、草間彌生さんをいつも思い出させてくれる赤い水玉の袋がかわいいです。

私が食べたのは「クラムチャウダー(税込260円)」です。
ブラン・ア・ポワ・ルージュ (5)

エビとブロッコリーのクラムチャウダーが入っています。縁のほうがカリカリでチーズの風味が強いパンでした。

娘には「ジャーマンポテト(税込240円)」。
ブラン・ア・ポワ・ルージュ (6)

ジャガイモと玉ねぎ、そして角切りのベーコンを乗せて焼かれています。

妻は「クロックムッシュ(税込230円)」。帰って調べると前回も同じものを食べていました。
ブラン・ア・ポワ・ルージュ (7)

ベシャメルソースもたっぷりかれられて焼かれています。美味しいといっていました。

コロナ禍の今、パン屋さんの経営にとってどんな影響が出ているのかは知る由もありませんが、これからも美味しいパンを作り続けていただきたいですね。ご馳走様でした。

ブラン・ア・ポワ・ルージュ
石川県加賀市作見町ホ37-1
TEL 0761-75-7440
8:00~18:30
月曜休
第3土・日休(翌月曜は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県の最南端にある町が加賀市塩屋町です。

大聖寺の街中から大聖寺川に沿って道をさらに福井県のほうに進んでいくと、突き当りが塩屋海岸です。

小松駅からは25km強、車で30数分かかります。さすがに遠いですね。

緊急事態宣言明けの最初の日曜日、県外への外出はまだ控えなければならなかったので、福井県ぎりぎり手前までの外出でした。^^;

そんな塩屋の街に4月8日(408塩屋の日)にオープンしたカフェ「Sioya cafe」。
SHIOYA CAFE

まぁ、コロナ禍の最中のオープンだったわけです。

行った日のお天気はイマイチでした。
塩屋 (2)

塩屋海岸では、緊急事態宣言明けということもあって、多くの釣りを楽しむ人がいました。ただソーシャルディスタンスはしっかりとれている感じですね。
SHIOYA CAFE (2)

お店は、昔、一時多くあった文化住宅というのでしょうか、築50年以上の民家をほぼそのまま活用して、オーナーご自身が白いペイントを塗ってリニューアルされています。
SHIOYA CAFE (13)

中に入ると、こちらも白が基調で、中では女性のオーナーの方がお一人で対応されていました。
SHIOYA CAFE (14)

アクセサリー類が販売されています。
SHIOYA CAFE (12)

照明には女性らしい工夫がされていました。

私が行った時は3組ほどのお客さんがいらっしゃいました。その後も何組かのお客さんが来られていて、まぁ、緊急事態宣言明けということで同じようにカフェでも行こうか!と考える人がいたのだと思います。
SHIOYA CAFE (4)

メニューです。ドリンクメニューと少しですがデザート類があります。
SHIOYA CAFE (5)

こちらはワッフルですね。

私は「季節のブレンドコーヒー(税込450円)」を頼みました。
SHIOYA CAFE (11)

メニューには「透明感のあるバランスの良い味わい。適度な甘酸っぱさも感じる爽やかなブレンド」と書かれていましたが、まさにそんな感じでした。どの豆をブレンドしているかは聞きませんでした。飲みやすかったです。
SHIOYA CAFE (9)

妻は「水出しアイスコーヒー(税込500円)」です。

あと、デザートの「おとうふティラミス(税込450円)」も頼んでシェアして食べました。
SHIOYA CAFE (10)

ベースが豆腐なので、甘さ超控えめで上品な味のティラミスでしたね。

まぁ、この場所にあるカフェなので、通りがかりのお客さんは期待できないと思いますが、海に近いということで、これからの季節はいいでしょうね?ご馳走様でした。

Sioya cafe
石川県加賀市塩屋町ホ-69
TEL 090-6816-4076
※現在時短営業中10:00~16:00
営業時間は確認願います
木曜、金曜休、その他不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県の緊急事態宣言解除後に初めて店内飲食したお店の紹介です。

約1か月と2週間ぶりの店内飲食でした。

本当は小松市内で別のお店に行こうと思っていたのですが、行ってみると何と!テイクアウトのみ。そこで急きょ前から行こうと思っていたこちらのお店に足を延ばしました。

距離的には相当足を延ばしたのですが、考えてみたら小松市から出たのも約1か月ぶりかな?
プラシッダ

今日紹介します「プラシッダ 加賀店」に到着したのはお昼ちょうど頃。

中に入ってみると、考えていることは皆同じ?店内はまずまず混雑していました。
プラシッダ (3)

ただ、前は喫茶店だったのかな?座席の配置がゆったりとしていて、いわゆる「ソーシャルディスタンス」はしっかり確保できていましたね。よかったです。

それにまだテイクアウトを頼まれるお客さんも多く、お店は相当忙しそうでした。

この手のお店は料理が出されるのが早いのですが、この日は忙しかったのでそこそこかかりました。

こちらはインド・ネパール料理のお店です。働いている方を見るとネパールの方。石川県にもインドカレーのお店が多いですが、そこで働いている方もネパールの方が多いのです。
プラシッダ (5)

ランチメニューです。色々揃っていてお値段もお手頃。ただ、このようなインドカレーのお店ではこのぐらいの値段がスタンダードです。
プラシッダ (4)

単品メニューも色々ありました。

私はチキンティッカが不要だったので、一番安い「Aランチ(税込780円)」にします。選べるカレーの種類が日替わり・野菜・ダル(豆)・キーマの4種類のみ。

この日の日替わりはキーマと玉子ということだったので、私はそれにしました。
プラシッダ (6)

最初に野菜サラダが出されます。そこそこしっかりとしたボリューム。
プラシッダ (10)

カレーの辛さは5段階から選べました。私は真ん中の中辛です。食べてみると私のはちょうどいい辛さでした。
プラシッダ (11)

日替わりカレーはキーマと玉子で、最初玉子は生卵かとも思いましたが、ゆで卵が半分でした。カレー自体もトロッとサラッの間ぐらい?甘さも感じる複雑な味だったです。
プラシッダ (12)

そしてカレーにはナン。大きなサイズです。ステンレスのトレイに乗り切っていません。(笑い)
プラシッダ (8)

妻は「ツーカレーランチ(税込980円)」です。こちらは、野菜カレーともう1種類、お好みのカレーをチョイス出来るもの。妻は「ほうれん草キーマ」にしていました。チキンティッカも付いています。
プラシッダ (9)

辛さは4辛で頼んでいましたが、私の一つしか違わないのですが、やはり辛かったです。とても大きなナンでボリュームありましたが、2人とも全部食べきることが出来ましたよ!
プラシッダ (7)

ランチにはドリンクも付いています。私はラッシー。
プラシッダ (13)

妻はホットチャイです。冷たい物は最初に、温かいのは食後に運ばれてきました。

インドカレーのお店はどこもそうなのですが、この値段でたくさん付いて満足なランチなのでいつも驚きです。ご馳走様でした。

プラシッダ 加賀店
石川県加賀市大聖寺南町ホ59-4
TEL 0761-73-1331
11:00~14:30,17:00~22:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

10日前に石川県の緊急事態宣言が解除されて、飲食店は一部を除いて通常営業してもよくなりました。

しかしながら、お店によっては5月一杯まではテイクアウトのみのところが意外に多く、特に夜主体のところは慎重に営業形態などを考えていられるようで、なかなかすぐに!というわけにはいかないようです。

さて、この週末、我々はどこかにランチを食べに行こうと思いネットで調べたのですが、そのようなこともあって適当なお店が見つからずに、急きょテイクアウト路線に変更。

また普段は夜だけの営業でなかなか行かないところ!という条件に引っかかってきたのが、加賀市大聖寺「多国籍料理spice-スパイス」です。

こちらのお店は通常は夜だけの営業。タイやベトナム料理を中心とした東南アジアのエスニック料理を食べさせてくれるお店として人気のようです。
スパイス

「多国籍料理spice-スパイス」は大聖寺の街中にあって、ご覧のような独立した建屋です。

テイクアウトは基本5月いっぱいまで続けられるそうです。朝10時前に電話で予約を入れてお店まで取りに伺いました。
スパイス (12)

ちなみにテイクアウトは以下のような形です。

・注文時間(期限)
午前お渡し→当日10:30まで
午後お渡し→当日16:30まで
※ただしオードブルは前日までの受付
・受渡し時間
11:30~13:30
17:30~19:00

店内を了解いただき写真撮影させていただきました。
スパイス (6)

緑に囲まれた落ち着いた空間。インテリアも心地よい感じですね。

以下がテイクアウトメニューです。
.
◇MENU◇
◎ガパオライス…814円
◎タイ風グリーンカレー…814円
◎タイ風渡り蟹のカレー(プーパッポンカリー)…1,452円
◎タイ風ビーフンのセンミーヘン…759円
◎ベトナム風生春巻き…594円
※すべて税込価格

ほとんど鶏肉が使われているので、私は唯一食べることが出来るタイ風渡り蟹のカレー「プーパッポンカリー」にしました。妻は「タイ風グリーンカレー」です。
スパイス (7)

大聖寺から家までは遠いので、どこか近くで食べようということで、お店から車で3分ほどのところにある石川県九谷焼美術館の裏の「ふれあい広場 古九谷の杜」で食べることにしました。
古九谷の杜 (6)

ここは象設計集団というところが石川県九谷焼美術館も含めて設計を行っていて、代表の富田玲子さんは故丹下健三氏門下。

相当昔、私も彼らが手がけた能登の縄文真脇遺跡の環境デザインワークショップのお手伝いを少しさせていただいた時のことを思い出しました。懐かしいです。
古九谷の杜 (5)

新緑の季節で気持ちがいいです。
古九谷の杜 (2)

小川の上に架けられている小屋?のようなところにテーブルとイスがあったので、こちらで食べることにしました。
スパイス (10)

私が食べた「プーパッポンカリー」は、ベースはレッドカレーで、渡り蟹とココナツミルクでじっくり煮込んであって、ココナツミルクが効いていてそれほど辛いわけではありませんが、渡り蟹のうま味がじわ~と口の中で広がってる感じでとても美味しかったです。

こちらはお店でも人気のメニューのようです。

ただ食べるときすでに冷めていたのと、外だったので渡り蟹を捌いて食べるのが少し大変でした。^^;
スパイス (8)

「タイ風グリーンカレー」のほうはスパイスが効いた辛口カレーで具沢山だったようですね。

夜のみの営業だと、なかなか大聖寺までは食べに来ることが出来ないのが残念ですが、通常営業開始後にお店の賑わいが戻ることを願っております。ご馳走様でした。

多国籍料理spice-スパイス
石川県加賀市大聖寺耳聞山119
TEL 0761-72-0145
17:30~23:00(L.O.22:00)
火曜休(祝日の場合翌日休)
※テイクアウト期間中の営業は記事内に記載


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

片山津温泉の柴山潟湖畔に「中谷宇吉郎 雪の科学館」があります。
パンドーネ

その入る道の角にあるパン屋さんが「ベーカリー&カフェ パンドーネ」です。

ここは加賀市にある社会福祉法人の南陽園が経営しているお店。

加賀市はもちろん小松市にも色々な施設を運営していて、「パンドーネ」を含めて、いわゆる障害者支援のための働く場としての障害者就労支援施設としてパン作りを行っているわけなのです。

これまでは、片山津バーガーとしての紹介だったり、他のお店の一緒に紹介していたため、単独での紹介は今回が初めてです。

さて、私のブログでも最近、社会福祉法人が運営している飲食店など紹介してきていますが、この新型コロナウイルスの影響はどの程度出ているのか心配です。

お店の外観はなかなかおしゃれで、一見、パン屋さんとは気が付かない作りかもしれません。

店内はそれほど広くはなく、パンの種類もそれほど多くはありません。

そしてソフト系のパンが多いでしょう?

ストレート製法にこだわった、しっとりとした食パンが人気のようです。

では、買い求めたものを紹介します。
パンドーネ (4)

私と妻は「カレーパン(160円)」にしました。
パンドーネ (7)

切ってみるとこんな感じです。

生地はソフトで薄めですが、モチッとした弾力があります。中のカレーはそこそこスパイシーでした。
パンドーネ (5)

娘には「オニオンチーズ(190円)」です。シンプルな玉ねぎとチーズのソフトパンでした。
パンドーネ (6)

あと母に「まめぱん(140円)」も買っています。

昔紹介したことがある片山津バーガーも健在でした。

また、パンを買ったお客さんは、店内のコーヒーメーカーのコーヒーを一杯無料で飲むことが出来るのもうれしいですね。

また、こちらで営業に関しての限定パンの案内なども見ることが出来ます。
http://pando-ne3652.blogspot.com/
ちなみに。こちらのパンは小松木場潟の道の駅などでも買い求めることが出来るので、そちらでもどうぞ!ご馳走様でした。

パンドーネ
石川県加賀市源平町84
TEL 0761-74-3652
8:00~18:00
9:00~17:00
月曜、第1・3木曜休
(月曜祝日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ