あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:加賀市

加賀棒茶で知られる加賀市動橋にある「丸八製茶場」。

我が家では献上加賀棒茶のティーバッグを常備して愛飲しております。

今回、「焙茶 noma」という新しい焙じ茶シリーズを3月20日に発売したということを、知人の書家の池多亜沙子さんがSNSでアナウンスされているのを見て、翌日に早々行ってみることにしました。
丸八製茶 (2)

中に入ると、新商品の「焙茶 noma」の春バージョンが入り口付近に並べられています。

この「焙茶 noma」は、焙茶(ほうじ茶)の春・夏・秋・冬の季節ごと限定のシリーズ商品で、池多亜沙子さんがパッケージの商品ロゴ(墨象)を手掛けていらっしゃいます。

毎年6月発売の「初夏焙茶」や9月発売の「印雑焙茶 マリコロード」については、今後はnomaシリーズとして販売予定だそうです。
丸八製茶 (4)

こちらの写真は光の関係で、パッケージのミントグリーンの色合いが出ていませんね。
実生 (5)

こちらのほうが実際の色合いに近いかな?

値段はティーバッグ3g×12ケ入りで1,188円(税込)。献上加賀棒茶のティーバッグよりもお高くなっています。
実生

すぐに「焙茶 noma」を飲んでみたいと思い、店内に併設されている「茶房 実生」に入ることにしました。前回お邪魔した時のことはこちらで書いています
実生 (4)

「焙茶 noma」は「茶房 実生」の正式なメニューとしてはないのですが、2杯目のお茶として出していただけるということでした。
実生 (11)

庭を眺めながらゆっくりできます。
実生 (12)

こちらがそうです。添えられているのはメレンゲ。

「焙茶 noma」の春の焙じ茶は「優しい甘みと桜葉のような香りの余韻をどうぞ。」というのを打ち出していて、確かに桜葉のような香りで優しい甘みをほのかに感じることができます。
実生 (9)

妻が頼んだ、こちらの季節の和菓子の桜餅と、深炒り焙茶「BOTTO!」とのセットに、ばっちりの相性です。

私は、前回来た時も同じものを頼んでいますが「加賀棒茶のロールケーキ」と、高知の一番摘み煎茶「土佐 東津野」です。
実生 (6)

「土佐 東津野」は、出されるときに茶碗に継がれて出されます。そして添えられている白湯を注いで2杯目、そのあと、ポットに入れられている熱いお湯を急須に注いで飲みます。だんだんお茶の味の変化を楽しめ、渋みと甘みのバランスがいいお茶でした。
丸八製茶 (5)

ちなみに、こちらがお店のメニューですが、お茶とお菓子のセットはすべて税込500円と、だいぶ前から値段据え置きでお得なセットになっています
実生 (3)

そして、紹介する順番が逆になってしまいましたが、こちらは最初に出される水出しの加賀棒茶。すっきりとした飲み口で1杯目にはいいですね。

そうそう!東京の方は品川駅中の「エキュート品川」にショップがあります。
https://www.ecute.jp/shinagawa/shop/1219

皆さんも是非、新発売の「焙茶 noma」を試してみてください。ご馳走様でした。

茶房 実生(みしょう)
石川県加賀市動橋町タ1番地8
TEL 0120-42-4251
TEL 0761-74-2425
10:00~17:00(L.O.16:30)
水曜休(祝日の場合は木曜休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

最近、至るところに唐揚げやとんかつのお店ができている感じがします。

私自身肉が苦手なので、唐揚げ屋・とんかつ屋さんというだけで足が遠のきますし、実際、メニューに「唐揚げ」や「とんかつ」しかないお店には行くことはありません。

まぁ、大体が大手が運営するブランドのFC店がほとんど?

しかし考えてみれば、揚げ物に特化すれば、調理設備が簡素化できて開店時にかかるコストが抑えられます。

それに今の時代のフライヤーはよくできていて、レシピさえよければ、慣れればどんな人でもきれいに揚げることができます。そのためFC店化もしやすく投資費用の回収が速くなるといった利点があるのかもしれません。

さて本題です。

今回、ネットで調べていたら、山代温泉に昔からあるとんかつ屋さんがあり、そこでは肉以外のメニューがあるとわかり、妻と二人で食べに行きました。

伺ったのは年末年始の休みの最後の日のランチ。一応念のため事前に営業しているか電話で確認してから向かいました。

そのお店は「とんかつ せんや」。場所は、山代温泉街にある昨年紹介した寿司店「一平寿司」の斜め前。
せんや

昔ながらの食堂のような外観です。

12時少し前にお店に到着すると、先客は2組。
せんや (2)

店内はこちらの写真でわかるように、カウンターと小上がりの席、そして我々が座ったテーブル席が2つの比較的小さなお店。
せんや (6)

ご年配の女性の方、お二人が切り盛りされていました。
せんや (3)

メニューです。
せんや (4)

こちらも。

私は事前に調べてあった海老丼を頼みます。1,500円(税込)と少々お高かったのですが、出てきて納得の値段でした。
せんや (8)

サイズが大きく、かつ衣で大きく見せているのではなく、しっかり身が詰まっていました。
せんや (9)

そして海老自体がプリンプリン。揚げ方も熟練の技なのでしょう?いい塩梅で揚げられていました。

添えられているキャベツの量が多いのもうれしいです。味噌汁は田舎みそでした。

妻は最初「ヒレカツ定食(税込1,700円)」を頼んだら、お店の方からボリュームがあるといわれて、「ヒレカツ定食小(税込1,500円)」にしています。

普通のはヒレカツが3個、小は2個になりますが、200円しか違わないのはちょっとだけ?(はてな)でした。
せんや (10)

しかし、小にしたのが正解で、ご覧のご飯は少なめでお願いしていますが、キャベツもたっぷりあるので十分だったようです。妻はヒレカツは美味しいと言っていました。
せんや (7)

このポットにはとんかつソースがたっぷり入っています。

とんかつの専門店ですが、海老フライもよかったので、個人的には満足なお店でしたね。ご馳走様でした。

とんかつ せんや
石川県加賀市山代温泉桔梗丘3-16
TEL 0761-76-1055
11:00~14:00
17:30~20:30
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング


今日は何となく久しぶりのカフェめしシリーズです。

お店の名前は「Vivien(ヴィヴィアン)」。粟津温泉から山代温泉に向かう道の途中にお店はあります。
ヴィヴィアン

同じ建屋でお隣が北出酒店という酒屋さん。同じ経営なのでしょう?

こちらのお店は、昔、フリーペーパー「Favo」の南加賀版でカフェ・喫茶店でのナポリタンの特集があったときに紹介されていたのを見て知っていました。

お店自体はそれほど古くはないと思います。

とある平日、午後は通院のため休みを取ったときのランチタイムにお邪魔しました。
ヴィヴィアン (5)

店内に入ると、お店は広く天井も高くて、開放的な空間。

客層を見ると地元の方が多い気がします。地元の方々の憩いの場なのでしょう?

私は最初奥ほうの席に座ろうかと思ったのですが、奥の部屋のお客さんがタバコを吸われていたので、一番入り口に近い席に座ります。

こちらは食事が書かれているメニュー。
ヴィヴィアン (2)

喫茶店の定番?のオムライス・カレーピラフ・ナポリタン。
ヴィヴィアン (6)

こちらはトーストとサンドイッチのセットメニュー。
ヴィヴィアン (3)

ドリンクとデザートメニューです。

ランチタイムには日替わりランチ(税込1,200円)もありましたが、私はカフェめしシリーズのときは「ナポリタン(税込950円)」を極力お願いすることにしています。
ヴィヴィアン (8)

まずサラダが出されます。
ヴィヴィアン (7)

そして目玉焼きが乗せられたナポリタンが運ばれてきました。
ヴィヴィアン (9)

目玉焼きをのけると、いかにもこってりな感じがするナポリタンスパゲッティが現れます。

一口食べると確かに濃厚。味はトマトケチャップだけではなく、ホールトマトでも使っているのでしょう?酸味がある味付けでした。

目立つようで目立たない感じのお店ですが、気軽にゆったりと過ごすことができる感じがしました。ご馳走様でした。

Vivien(ヴィヴィアン)
石川県加賀市勅使町36-1
TEL 090-1634-6949
平日8:30~18:00
土日祝8:30~18:00
第2・第4火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

前に晩秋の南加賀の紅葉について紹介したことがあります。

今日はその時ついでに、コーヒーブレイクと翌朝のパンを買い求めるために立ち寄ったお店を紹介します。

何れも加賀市にあって人気のお店です。

まずは加賀市山代温泉にある人気のパン屋さん「ルイドール」。前回のことはこちらで紹介しています
ルイドール

パン屋さんとしては大きなお店で、いつ来てもパンの種類は豊富ですね。

行った日も、我々のあとに何組かのお客さんが来て賑わっていました。

私は今回「トマトと夏野菜のラタトゥイユ(税抜180円)」を食べています。
ルイドール (5)

夏野菜ということで少し季節外れでしたが、ズッキーニ、トマト、ピーマン、ナスがたっぷり。ラタトゥイユの酸味と野菜の旨みのきいたパンでした。

妻は「チーズフランスDX(税抜200円)」。
ルイドール (6)

卵不使用だそうです。味的にも大人しい味だと言っていました。
ルイドール (7)

母は「チーズ塩パン(税抜180円)」です。ソフトな食感のパンだったようです。

山代温泉では、一番大きなパン屋さんだと思います。これからも時々は買いに伺うと思います。ご馳走様でした。

ルイドール
石川県加賀市山代温泉山背台2-2-1
TEL 0761-77-3322
7:00~19:00
水曜休

お次は人気のパティスリー&カフェ「イヴェールボスケ」。

片山津温泉からもほど近いエリアに6~7年前にオープンしたお店です。

目立った看板も泣く、知らないと通り過ぎてしまうほどのひっそりと知る人ぞ知るパティスリーです。
イヴェールボスケ

こちらが、3年ほど前に「おひとり様利用おすすめの読書カフェとして運営」に変わっていました。
イヴェールボスケ (10)

残念ながら、そのため写真の撮影はNGだったので、文章だけでの紹介になります。

私が頼んだのは「タルト・フリュイ(税抜440円)」。

タルト生地にアーモンドクリームを香ばしく焼き上げ、コクのあるカスタードクリームと季節のフルーツが乗せられているケーキです。

フルーツ主体なので、甘いものがそれほど好きではない私でもokでした。

合わせたドリンクは「アッサムティー(税抜530円)」。

母は「ショコラ ノア(税抜450円)」を頼んでいました。

ヘーゼルナッツのダコワーズ生地に、キャラメルソースにミルクショコラクリーム、クルミのキャラメリーゼがかけられています。

ドリンクは中煎りの「はなやかブレンド(税抜530円)」でした。

やはり文章だけでは、美味しさは伝わらないでしょうね?

私は一人でスイーツを食べに行くことはまずないので、イヴェールボスケのようなカフェにはいかないと思いますが、「一人で静かに」といったニーズも確かにあるでしょう…?ご馳走様でした。

イヴェールボスケ
石川県加賀市宮地町60-1
TEL 0761-74-5333
10:00~18:00
カフェ10:00~17:30(L.O.17:00)
ショップ10:00~18:00
日・月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県のフリーペーパーに「FAVO」というものがあります。
FAVO

その南加賀版の12月号は「鮨を食べに」というテーマ。その中に掲載されていた1軒が、今日紹介します加賀市山代温泉の「一平寿司」です。
一平寿司 (2)

私はグルメブログをやっているのと、鮨が大好きなので、加賀地方の鮨屋さんには相当行っていますが、こちらは過去に一度も行ったことがないお店でした。

FAVOは11月20日発刊で、私はすぐの3連休の最後の日に行きました。

事前に電話して予約できないか確認したところ、ランチタイムは予約は受けていないようで、早めの時間(11:30)に到着しましたが、駐車場は1台分残して一杯。店内も7割がた埋まっていました。

何とか滑り込みセーフで、あとから来た人は断られている方がいました。フリーペーパー「FAVO」の影響でしょうね?

カウンター席6席、小上がりの4人掛け席が3つ、そして奥にそれほど広くない座敷があります。
一平寿司 (6)

我々は空いていた小上がりの席に案内されました。こちらの写真はカウンターのお客さんが帰った後で写しました。
一平寿司 (4)

こちらはお好みのオーダーする用紙。

ランチメニューとしては1,000円、1,500円、2,000円の3種類(何れも税抜)ありました。

我々はフリーペーパー「FAVO」に掲載されていた2,000円の上にぎりを頼みました。

他のお客様も、ほとんどがそちらを頼んでいましたね。

先ほども書きましたが、お店は相当混雑していて、オーダーまでに20分ほど、上にぎりが出されるまでさらに20分ほどかかりました。(^^;

まぁ、3連休ということもあって、ある程度予想はしていましたのでやむを得ないです。

ネタ的にも3連休だったために、他のお客さんが追加で頼んでいたものもだいぶ無いものがありました。

こちらが上にぎりです。10貫です。
一平寿司 (8)

まぁ、それほど、おお!というネタはありませんが、それだけに安定しているかもしれません。

ちなみに「FAVO」で掲載されていたネタからは、ブリ、カニ、サワラが他のネタに代わっていました。
一平寿司 (9)

味噌汁は、季節のキノコの味噌汁で具沢山でした。

私は初めて伺ったお店なので、日常的に混雑しているかはわかりませんが、やはりフリーペーパーの威力はあるのではないかと思いました。ご馳走様でした。

一平寿司
石川県加賀市山代温泉桔梗丘3-24
TEL 0761-77-7227
11:00~14:00
17:30~22:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ