あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:加賀市

最近、ナチュラル感満載のカフェが多くなってきています。

昔はコーヒーを飲むところといえば喫茶店で、イメージ的には同じような感じのお店が多かった気がしますが、いまは自然の景色までお店のインテリアとして取り入れているようなところがあります。
Chilly and Toasty (22)

今日紹介します「23-98 Chilly and Toasty」もその一軒。いわゆるインスタ映えするカフェ。お店のインスタグラムページに素敵な写真がいっぱいです。
Chilly and Toasty (23)

場所は、ほとんど石川県のほぼ最南端。大聖寺川が日本海に流れ出る少し手前の町、大聖寺瀬越町にあります。

瀬越町といえば、北前船によって大いに栄えたところで、日本有数の富裕な村だったようです。

オーナーの女性の方は昨年に東京から転居されてきたそうですが、元々はルーツに北前船が関係があると話されていました。
Chilly and Toasty (11)

1階部分がガレージのようになっていて、昔たぶん船着き場というか漁業関係の仕事場だったのでしょうか?その上にご自宅があります。
Chilly and Toasty (4)

カフェは、そのガレージの一角をちょっとだけ改造してお店にしています。行った日は平成最終盤のころで、まだ寒さが残るときだったのでビニール製囲いがしてありました。
Chilly and Toasty (12)

大聖寺川の上流方面を眺めると、遠くに白山も望むことが出来ます。
Chilly and Toasty (9)

メニューです。
Chilly and Toasty (10)

ランチタイムには食事メニューもあるようです。

デトックスティーとして有名な「KUSMI TEA(クスミティー)」が色々揃っていました。
Chilly and Toasty (17)

私は外の黒板に書かれていた「ジャスミンティ+レモングラス+ライム+豆乳(600円)」というスペシャルドリンクを頼むことに。
Chilly and Toasty (18)

よく混ぜて飲みます。

妻は「Expure Addict(エクスピア エディット)」。ポットサービスでたっぷりの量(650円)。
Chilly and Toasty (21)

緑茶とマテ茶をベースにグレープフルーツフレーバーなどをブレンドした。爽やかな飲み口でした。

あと、こちらの「苺とブラックベリー、チーズクリームのベーグルサンド+はちみつ」の1P(400円)を頼みシェアして食べました。
Chilly and Toasty (19)

まぁ、食事というよりデザートですね。

イチゴは半冷凍のルイベ状態でしたが、ベーグルがフルーツに負けない味で美味しかったですよ。

これからだんだんと暑くなっていきますが、アウトドアの日陰でゆったりと流れる時間を楽しむのにもってこいです。

営業は基本週末と火・水曜のみ。情報はFacebookページを見て確認されてから行った方がいいと思います。ご馳走様でした。

23-98 Chilly and Toasty
石川県加賀市大聖寺瀬越町23-98-2
春から秋の営業時間
火・水・土・日・祝
7:30~17:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

こちらの店は「パレット」というフリーパーパーに広告が掲載されていて知りました。

「我楽多」と書いて「がらくた」と読みます。基本、居酒屋です。休前日は朝5時まで営業していて、地元のお客さんを中心に人気があるようです。

最初、カーナビで電話番号を入力するも「該当なし」。そこで住所を入力するも「8区ヨ」という番地に該当がなく、「山代温泉8」のみで向かうも全然違うところに案内される始末。

結局お店に電話してナビしてもらいました。

別所口交差点より徒歩2分でAコープさんのそばです。この情報をわかっていなかったら少しわかりにくいかもしれません。

さて。こちらのお店はこれまでは夜だけの営業でしたが、このたびお昼の営業を始められたようです。

中に入ると女性お二人で切り盛りされていました。夜は旦那さんがやられているのでしょうか?

行ったのは平日の13時ごろ。午後から通院のため休みを取りランチを食べに行きます。
我楽多

外観を見ると、まだ新しい感じです。リニューアルしたのかな?最初思っていたより居酒屋ぽくないです。

中に入るとカウンター席に女性客が2人ほど。地元の方のようです。
我楽多 (3)

私は奥の小上がりの席に座りました。

ランチメニューです。
我楽多 (4)

おばんざい風のおかずが何品か付いた日替わりの「我楽多ランチ」が基本で、料理の数とデザートやドリンクが付くか付かないで「スペシャル」「デラックス」とバージョンがあがっていきます。

あと、パンケーキがウリのようで何種類か設定がありました。

とりあえず何が付いてくるかお聞きすると、肉系の品が多かったのでどうしようか迷っていると、魚に変えますよ!と、ありがたいお言葉。

当然それでお願いしました。
我楽多 (5)

出されたのがこちらです。ロールキャベツが付いていますが、ミンチ系は何とか食べられます。^^;

あとは、出し巻き・カボチャサラダ・さつま揚げ・フライ・春雨の炒め物です。
我楽多 (6)

揚物も作り置きではなくて揚げ立てで美味しかったです。

ご飯、みそ汁、漬物が付いてきます。ご飯も美味しかったです。

何と!これで680円。素晴らしい。おすすめのランチです。

夜はなかなか行けないのでわかりませんが、夜も美味しい料理を楽しめるのではないかと思いました。ご馳走様でした。

我楽多(がらくた)
石川県加賀市山代温泉8区ヨ-6-4
TEL 0761-77-3272
ランチ我楽多11:00~15:00
水曜休
居酒屋我楽多19:00~26:00
(金・土は18:00~27:00)
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大聖寺の街中にありますが、ちょっと脇に入ったところなので目立たなくて、うっかりすると通り過ぎてしまいます。
キッチン

店舗はかわいい外観です。

前にある家の、隣の空き地に車を停めて出たら、家から女性の方が出てこられました。

最初「そこはうちの敷地です!」と注意でもされるのかと思いきや、「キッチン」のオーナーの方の家でした。^^;

通常はお店には居なくてお客様が来たらお店を開けてくれるのですね。

開けていただいたお店の中に入ります。
キッチン (2)

お菓子が並べられていて、おとぎ話のお菓子の家のような感じです。
キッチン (5)

パンが並んでいないので、あれ?と思ったら、その女性の方が奥の冷凍庫?からパンを出してこられました。

お店の運営はこの女性お一人でやられていて、毎日パンを焼くのではなく、想像するに2日以上分を焼いて冷凍保存しているのでしょう…?

もっともパンは冷蔵より冷凍で保存したほうが美味しく食べることが出来るようなのでノープロブレムです。

添加物を使ってないパン作りをされていて保存がきかないこともあるのかもしれません。

では買い求めたものを紹介していきます。

私が食べたのは、こちらのきれいな丸い形の「ブラウンレッド(180円)」。
キッチン (13)

ブラウンシュガーを練り込んだ生地にクルミとイチジクが入っています。

食感もしっかりで、よく噛んで食べると生地のうま味が口の中に広がり美味しいです。

娘が食べた「クリームブリオッシュ(130円)」は、冷やして食べたほうが美味しくて、カスタードクリームとホイップクリームをダブルサンドしたもの。
キッチン (3)

冷やして食べるとシュークリームのような味だそうです。
キッチン (12)

妻は「三角形のライ麦ブレッド(150円)」。クルミとレーズンが入っています。
キッチン (11)

お菓子は「シフォンケーキ(150円)」。ストロベリーとオレンジがあって、買ったのはオレンジ味です。季節によって味が変わるようです。
キッチン (10)

「ブラウニー(150円)」は、ココアとチョコレートたっぷりの焼菓子です。
キッチン (4)

お菓子は他にもフィナンシェやクッキーや、こちらのパイやレーズンサンドも売られていました。

冷凍のパンを買って食べたのは初めてかもしれませんが、食べてみると全然普通と変わらずに美味しく食べることが出来ました。ご馳走様でした。

キッチン(Kitchen)
石川県加賀市大聖寺永町ホ22
TEL 0761-72-3070
12:00~18:00
月・火・日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介するのは加賀市の人気鮨店「一貫」のすぐそばにあるお店です。

お隣には紅茶専門店の「ポーチコ(Portico)」があります。

今回、こちらのお店に行こうと思ったのは石川のフリーペーパー「Favo」で紹介されていたから。「Favo」にはお店探しの折りはいつもお世話になっています。

「Favo」では日替わりの「昼ランチ」が一週間分紹介されていて、なかなか良さそうだったからです。

さてお店ですが、屋根の形状が中世ヨーロッパのお城のような外観です。
彩華

「彩華」と書いて「いろは」と読みます。

よくお店の前を通るのですが、こちらのお店は最初はもっと黄色の外観だった記憶があります。その後、茶系、そして現在のように濃いブラウンに変化しています。

元々から食堂のような営業形態ではなかったと思いますが、過去にはお邪魔したことがないのでわかりません。

冒頭中世ヨーロッパのお城と書きましたが、店内の内装もユニークでした。

店内には靴を脱いでスリッパに履き替えて入ります。

4月の土曜の12:15ごろ伺いましたが我々が最初に客でした。そこで写真撮影の了解を頂き店内を写します。
彩華 (3)

入口側から店内を見るとこんな感じです。小上がりもあって広いスペースです。
彩華 (4)

カウンター側です。和とヨーロッパ調が混在していますね。本当に昔は何のお店だったのか不思議です。
彩華 (10)

それになぜか信楽焼のたぬきの置物が至るところに置かれていました。NHKの朝ドラに合わせたのかな?^^;
彩華 (2)

メニューですが、入口のドアに張られていた内容。
彩華 (5)

店内にも別なメニューが置かれていました。

我々はメニューの「激辛かれー」の文字にもひかれましたが、初志貫徹で「Favo」で紹介されていた、日替わりの「昼ランチ(税込850円)」をお願いしました。
彩華 (6)

出されたのがこちら。一目見ただけでボリューム満点なのがわかります。みそ汁も具がたっぷりです。
彩華 (7)

梅形の器に6種類のおかずが盛られています。基本はおばんざい料理というか惣菜が中心ですが、付いていた魚フライはオーダーが入ってから揚げられていました。刺身も2切れだけですが付いています。
彩華 (8)

別に盛られていた肉じゃがは大きなジャガイモでした。牛肉は妻の口の中へ。
彩華 (9)

ちょうど桜の季節だったからか、メニューにない桜のアイスクリームをサービスで出していただきました。ありがとうございます。

850円でこの内容は満足です。お腹いっぱいになりました。ご馳走様でした。

彩華(いろは)食堂
石川県加賀市梶井町44-7
TEL 0761-74-6720
12:00~18:00頃
水曜・日曜休
※予約あれば営業


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

春本番を迎えて、里だけではなく山の方も暖かくなってきました。

そんな陽気に誘われて、久しぶりに山中温泉まで足を延ばしました。
明月楼 (23)

伺ったのは山中温泉の観光名所の一つ「こおろぎ橋」のすぐ近くにある「料亭 明月楼」です。
明月楼 (22)

私は初めて入るお店です。何せ料亭ですからね。そんなに行けるわけがない!?

こちらのお店は夜利用すると、会席料理が基本でそれなりに料金がかかります。でもランチは意外にお手頃な値段で美味しい鰻料理を楽しむことが出来るのです。

前までは近くにある「離れ」のほうで鰻のランチを楽しめたのですが、いまは「離れ」のほうはクローズ?しています。
明月楼 (2)

で、この日は本館でいただきました。

何せ料亭なので、お部屋がたくさんあります。ランチといえどもその座敷で取るわけで贅沢な気持ちにさせてくれます。
明月楼 (6)

我々が通された部屋は鶴仙峡を眺めることが出来る鶴仙の間。眼下に緑と大聖寺川を眺めながら食べることが出来ます。

ところで私は、鰻の専門店にはあまり行きません。よってブログでもあまり登場しません。理由は絶滅危惧種にも指定されたニホンウナギを保護するため!というのはウソで、高いからです。^^;

色々な味を楽しむためには少々お高くても行くのですが、単品ではもったいない?と思うからでしょうか…。
明月楼

ランチのお品書きはこんな感じ。

その中から私は「鰻まぶし(税サ込3,560円)」を頼みました。
明月楼 (13)

出されたのがこちら。名古屋のご当地グルメ「ひつまぶし」はお櫃に入れられていますが、こちらではうな重の入れ物です。うなぎの切り方もよりざっくりした切り方でした。

粉にした木の芽山椒が添えれれているのも料亭らしいです。
明月楼 (18)

そして薬味です。
明月楼 (19)

作法?の通り、まず最初はそのままで食べ、
明月楼 (20)

2杯目は薬味を乗せて。
明月楼 (21)

3杯目は出汁をかけて食べます。

鰻は国産鰻を生簀に泳がせて余分な脂を抜いています。焼き方は関西風で、蒸さずに焼かれていて、香ばしさが残っています。皮もしっかりとした感じで食感が残っていました。

明月楼 (16)
また「鰻まぶし」なのでタレはそれほど濃いめに塗っているわけではありません。

こちらのお店の出汁は、カツオと昆布の出汁と、加賀市打越産の煎茶がミックスされたものを使用していて、ほのかな煎茶の香りとカツオと昆布のうま味が仲良くケンカせずに、また、うなぎの香ばしい香りを邪魔せず美味しい出汁になっていました。美味しかったです。

妻は「うな丼(上)3,240円(税サ込)」。
明月楼 (14)

特上が1尾使い、上は3分の2ですね。並は半尾でしょうか?ご飯の中にも鰻が隠れていました。

見た目ですが「鰻まぶし」のよりもしっかり焼かれていてタレも厚く塗られている感じでした。
明月楼 (17)

肝吸と漬け物が付いています。

妻も美味しかったと言っていました。

鰻の専門店に行って食べるのもいいですが、広いお部屋でいい景色を眺めながらゆったりとした気分で鰻を食べるというのもオツなものだと思います。皆さんもいかがでしょうか?

ランチは部屋代もかからないのもありがたいです。ただ、お店と駐車場が少し離れていますので注意が必要です。ご馳走様でした。

料亭 明月楼
石川県加賀市山中温泉下谷町ロ1-1
TEL 0761-78-0103
ランチ11:00~14:00
ディナー17:00~22:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ