あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:加賀市

子供のころ、たこ焼きが大好きでした。

年がばれてしまうかもしれませんが、小さいころは10円で3個も買うことが出来ました。

家の近くにあったたこ焼き屋さんによく通っていた記憶があります。

しかし、現在は粉物をなるべく控える年になってきて、ある意味おやつとしても位置付けられるたこ焼きは、なるべく食べないようにしているので、私のブログにはほとんど登場しません。

さて、そのような状況ですが、片山津温泉に「たこ焼き料亭」と称するお店が出来たと知り、興味半分で行ってみることに。

お店の名前は「たこ焼き料亭 まさたこ」。前の総湯のところからすぐ。温泉旅館「季がさね」の前あたりです。
たこ焼き料亭 まさたこ (14)

オープンは3月26日。2年ほど前に関西から片山津温泉に移住してきた24歳の若き男性がオーナーです。

移住してきたのは農業をやるためだとか…?なかなか度胸がありますね。

農業を通じて人々の健康や幸せを支援していきたい!という高貴な思いを持っていらっしゃるようです。

このお店のウリの一つは、たこ焼きの材料として米粉を使用していること。いわゆるグルテンフリーのたこ焼き。小麦粉アレルギーの方も安心してたこ焼きを楽しむことが出来ます。また米粉は小麦粉に比べ油の吸収率が低いようで、健康にとってもいいたこ焼きだと言えます。

さらにお米は自然農法米を使っているなど、こだわりのたこ焼きですね。
たこ焼き料亭 まさたこ (6)

さて、お店は夜は料亭のような感じで愉しむことが出来ることがウリとなっていて、たこ焼き店としては高級そうな内装と雰囲気でした。
たこ焼き料亭 まさたこ (5)

ディナータイムはたこ焼きが数個ずつの提供される料亭スタイル、色々な種類のたこ焼きをアルコールなどドリンク片手に愉しむわけです。
たこ焼き料亭 まさたこ (4)

こちらがランチタイムメニュー。シンプルなものでは500円からとなっていました。

ランチタイムは基本6個入りで、たこ焼き屋さんで出されるような笹舟型の入れ物で出されます。

せっかくなので我々は、普段お店で食べるようなたこ焼きではなく「こだわりの逸品」の2種、「特製カレー」と「トリュフ入りマッシュルームとアンチョビソース」を頼むことにしました。
たこ焼き料亭 まさたこ (11)

出されたのがこちら。金箔まで乗せられていました。6個入りで各千円という値段でスペシャルなたこ焼きですね。
たこ焼き料亭 まさたこ (9)

「特製カレー」はフレンチシェフとのコラボだそうで、妻が気が付きましたがカレーソースにはワインを使って風味が付けられていました。凝っています。
たこ焼き料亭 まさたこ (10)

「トリュフ入りマッシュルームとアンチョビソース」は、アンチョビの味は控えめでマッシュルームの味を強く感じました。

ちょうどお客さんが我々だけで、たこ焼きではたこ焼き機1枚全部焼いてしまわないといけないため、後お客さんが来なかったら無駄になるからでしょうか?1個ずつおまけしてくれました。

「こだわりの逸品」の2種類は千円という値段からすると少し高く感じますが、まぁ、普段食べないようなたこ焼きなので、話のタネにはいいと思いました。できればランチでの提供は、テイクアウトは別にして店内で食べるときは「こだわりの逸品」などでは器にもこだわって欲しいです。
たこ焼き料亭 まさたこ (13)

この後追加で「ジェノベーゼトマトソース」も頼んでいます。

3種類食べてみて、ベースとなるたこ焼きそのものは同じもので、ソースが変わるということがわかりました。

今後は、世界の塩で食べさせてくれるとか、たこ焼きの中身にもこだわるとかしてもいいのかもしれません。

たこ焼きというと庶民の食べ物のイメージがありますが、「料亭」というイメージとマッチするか、今後の動向が気になりますね。ご馳走様でした。

石川県加賀市片山津温泉ヒ17-6
TEL 080-1489-8935
日~木
12:00~20:.00
金・土
12:00~24:00
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

山中温泉というと、どうしても温泉街があるエリアに目が行きがちです。

しかし、昔、国立山中病院があった場所から北東のほうは、比較的新しいと思いますが住宅街があります。

個人的にはこれまであまり足を踏み入れたことが無いエリアです。
kitchen NAKAYA (2)

今日紹介するのは、そんな住宅地にひっそりとある「kitchen NAKAYA」という洋食屋さんです。
kitchen NAKAYA

こちらはネット情報で見つけたお店で今年1月初旬にオープンしています。
kitchen NAKAYA (5)

元々は喫茶店だったかな?の建物をリニューアルしていました。
kitchen NAKAYA (6)

店内は大きな窓があるので明るく、カウンター席と奥には小上がりの席がありました。
kitchen NAKAYA (4)

洋食系のメニューですが、ランチタイムは専用のメニュー。ランチはカレーメニューのみの提供となります。
kitchen NAKAYA (7)

こちらは夜のドリンクメニューです。
kitchen NAKAYA (8)

お店はご兄弟で切り盛りされていて、オーナーは弟さん。そして夜は弟さんが担当、ランチはお兄さんが担当なようです。

お兄さんの方は昔、インドカレーのお店をインド人の方と一緒にやっていた経験があるので、カレー専門のランチにしたと話されていました。

私は、黒板に書かれていたセットメニューの「焼きチーズカレー(1,000円)」を頼むことにしました。

ランチメニューにはすべてサラダ・デザート・ソフトドリンクが付ています。
kitchen NAKAYA (12)

15分ほど待って出されたのがこちら。
kitchen NAKAYA (15)

しっかり焼かれているので熱々です。チーズがたっぷりかけられていて、それを割って中を覗くとカレーのいい匂いを強く感じました。

29種類以上のスパイスを調合していて、スパイシーな中、甘みも感じるカレーで美味しかったです。
kitchen NAKAYA (13)

サラダもたっぷり。
kitchen NAKAYA (14)

デザートはフルーツ・ヨーグルト・ゼリー。
kitchen NAKAYA (10)

ドリンクは4種類選べる中から烏龍茶を頼んでいます。

この内容で1,000円ぽっきりなら満足です。

お店の方も話されていましたが、場所的にはなかなか厳しいらしく、SNSの履歴などを見ても、メニューが色々変化されているようです。頑張ってほしいですね。ご馳走様でした。

kitchen NAKAYA
加賀市山中温泉加美谷台1丁目116
TEL 0761-76-9335
ランチ11:00~14:00
ディナー17:00~22:00(L.O21:30)
日曜・祝日



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

デジタル技術の進化が著しい昨今。

デジタル技術を活かしたサービスについても色々出てきています。

今日は、石川県加賀市が取り組み始めた事例の紹介です。
hana-no-ya・cafe-no-ya (4)

加賀市山代温泉でAR(拡張現実)技術を活用した石川県内初の次世代型の公園「山代スマートパーク」が4月末にオープンしました。

場所は山代温泉の大型旅館だった松籟荘の跡地。松籟荘は私も何度か行ったことがありますが、ヨーロッパ調の建物が印象的な温泉旅館でした。

さて、山代温泉の「山代スマートパーク」は、基本的には都市型公園をベースに多目的な用途をサービスとして加えた施設だと言えます。
hana-no-ya・cafe-no-ya (7)

「山代スマートパーク」では、「デジタルサイネージ」「コワーキングスペース」「ワーケーション」と横文字が並びますが、AR(拡張現実)技術を使って近未来的な公園の活用の在り方を提案しているようです。

これらの横文字の意味についてここでは書きませんが、この辺りは今回行ってみての感想としては、正直あまり良さがわからなかったところがあります。

謳い文句として「なんにでも使える」ということは結果的に個別の使い勝手が悪くなるといった要素をはらんでいるからです。まぁ、今後のアイデア次第ということなのでしょう。

この「山代スマートパーク」に中には、前述の色々な使われ方をサポートする目的で、「hana-no-ya・cafe-no-ya」というフラワーショップ&カフェが入っていました。
hana-no-ya・cafe-no-ya (5)

ただ、カフェは「コワーキングスペース」「ワーケーション」をサポートする機能としてはわかるのですが、花屋さんがどのような意味合いを持つのかはいまいちわかりませんでした。
hana-no-ya・cafe-no-ya (11)

ちなみにこちらの花屋さんは、小松駅の西口側にあったお店が移転しています。
hana-no-ya・cafe-no-ya (15)

一方「cafe-no-ya」のほうで我々は、ドリンクを買って春の陽気な中テラス席で一服することにしました。
hana-no-ya・cafe-no-ya (8)

店内にはカウンター席もありました。ガラスの扉が多く、明るい日差しが差し込んでいます。
hana-no-ya・cafe-no-ya (14)

こちらがメニューです。
hana-no-ya・cafe-no-ya (12)

ガラスケースの中にはスコーンが並んでいます。
hana-no-ya・cafe-no-ya (21)

私は「ブレンドコーヒー(320円)」を頼むことに。
hana-no-ya・cafe-no-ya (20)

妻は「チョコ・ラテ」を頼んでいます。テイクアウト可能な容器
hana-no-ya・cafe-no-ya (22)

あと、「ちょっこっと贅沢チョコ((100円)」も頼んでいます。口溶けがいいチョコでした。
hana-no-ya・cafe-no-ya (19)

ちょうどいい季節で、外でドリンクを飲むと爽快な気分に浸れました。

さて今後「山代スマートパーク」がどうなっていくかについては興味津々です。ご馳走様でした。

フラワーショップ&カフェ
hana-no-ya・cafe-no-ya
石川県加賀市山代温泉15-39-1
 山代スマートパーク内
TEL 0761-77-0087
10:00~18:30
年始のみ休み



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

2月分のネタがまだ少し残っていますが、今日は3月未公開編です。

まずは春の陽気につられてのお出かけ時の一コマ。

最初は片山津温泉の「瑠璃光山 愛染寺」。

私は初めて行きましたが、車でカーナビに住所を入れて向かうも、最初少し迷いました。

駐車場は急な坂を上った先にありました。
愛染寺

だいぶ坂を上った場所なので、お寺の駐車場からは眼下に柴山潟を眺めることが出来、天気がいい日には白山が一望できます。

ご本尊は薬師如来。そこで地元では片山津温泉の守護寺「お薬師さん」と呼ばれています。
愛染寺 (5)

こちらは縁結びの寺として知られていて、門がわり?のところにハート形のアーチが設置されていたり、
愛染寺 (9)

ドラえもんの「どこでもドア」のようなピンクのドアが設置されていたり、インスタを意識した境内です。
愛染寺 (15)

絵馬もハート形の「一心絵馬」ですね。
愛染寺 (11)

こちらは先日の新聞にも出ていましたが「愛染明王オブジェ」。

そして本堂の右側にあるのが護摩堂です。
愛染寺 (13)

設計は、私もよく存じ上げている能美市の建築家、由田徹さん(ユウプラス一級建築士事務所)。

今回中には入らなかったのですが、素敵な建築です。

お堅いイメージがあるお寺で、このようなユニークな展開を図っているのは、面白いですね。

瑠璃光山 愛染寺
石川県加賀市片山津温泉11
0761-74-0169

この日はいいお天気だったので、そのまま「加佐の岬」まで足を延ばしました。

こちらは天気がいいと時々向かう場所です。
加佐の岬 (6)

いいお天気の中、空気が凛としていて、灯台まで歩いて行き日本海を眺めると気分爽快でした。日本海のパノラマです。

ここはパワースポットとしても知られています。

そして、「加佐の岬」へ行く道の途中にあるのが、秋友騰尊さんの「ガラス工房&ギャラリーGlass Studio Cullet(グラススタジオカレット)」。
カレット (2)

ガラス工房と作家作品のセレクトショップになっています。

妻が好きなお店なので、色々と秋友さんと話をしていました。

ガラス工房&ギャラリーGlass Studio Cullet(グラススタジオカレット)
石川県加賀市橋立町196
TEL 0761-75-2400
10:00~17:00
不定休

最後の紹介は「Craft Beer Dive Futa's」。
フータ (5)

先週紹介した金沢グルメ旅のとき、0次会で訪れたクラフトビールのお店です。
フータ (6)

オープン時からよく知っていて、何度かお邪魔しています。前回は2周年イベントにお邪魔していますが、それから早3年半が経過していました。
フータ (4)

この日は、夜のお店の予約時間まで少し時間があったので立ち寄りました。軽く一杯やるためです。

コロナ禍で、アルコール専門のお店は大変なところが多いですが、こちらは地元の常連客に支えられて何とか大丈夫なようです。
フータ (7)

この日のビールメニュー。6種類用意されていました。

今回は一杯だけ飲むつもりだったので、変わったものがないか聞いたら、こちらのBarbaric Works(バーバリックワークス)の「Woohoo!(ウーフー)(900円)」を勧められました。
フータ (2)

神奈川県茅ヶ崎市の小さなブルワリーのクラフトビールで酸味の強いビール。爽やかな飲み口でした。

私はアルコールを飲むときはつまみがないとあまり飲めないのですが、このビールはつまみなしでもイケました。

妻はUCHU BREWING(うちゅうブルーイング)の「宇宙RELAX(900円)」。
フータ

「アザッカ、シトラ、モザイクをしっかり効かせつつすっきりまとめたヘイジーセッションIPA」だそうです。

一杯飲んで、風太くんとしばらくお話をしていたらちょうど時間となったのでお暇しました。

これからだんだん暑くなりますが、そんな時期はやはりビールですね!?ご馳走様でした。

Craft Beer Dive Futa's
石川県金沢市里見町44-1
タウンハイツ里見町1F
TEL 076-222-0593
平日15:00~23:00
土・日・祝12:00~23:00
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

私のブログでも何回か登場している片山津温泉の「かぼちゃ村」。

ビストロの「ラ・ヴィーヴ(La Vieve)」や和食の「いちごいちえ」、カフェ「あれこれ」などのお店が軒を並べる飲食店グループとなっています。

人気なのでご存じの方も多いと思います。

今回は、ビストロの「ラ・ヴィーヴ(La Vieve)」へお邪魔してきたので、紹介したいと思います。
ラ・ヴィーヴ

前回は、2年前の1月にお邪魔していますが、そのあとも飛び込みで行ったら満席で入れなかったことなどありました。

今回、「ラ・ヴィーヴ(La Vieve)」へは、当日ですが事前に予約を入れて伺いました。

オープン時間の11:30にお店に入ります。
ラ・ヴィーヴ (4)

広い店内です。
ラ・ヴィーヴ (6)

こちらは「プリモランチ(1,300円)」メニュー。

パスタorピッツァのお得なランチセットです。メインはこちらのパスタ3種類、ピッツァ3種類からチョイス出来ました。
ラ・ヴィーヴ (7)

他に「グルメランチ(2,970円~)」や「お魚のランチ(1,980円)」などがあります。
ラ・ヴィーヴ (8)

まず「彩りサラダ」と、
ラ・ヴィーヴ (9)

本日のスープが出されます。スープはミネストローネでした。
ラ・ヴィーヴ (10)

バゲット。

メインは今回私はピッツァを頼むことに。
ラ・ヴィーヴ (11)

「イイダコとオリーブのトマトソースピッツァ」です。

縁までモチモチの生地ですべて食べることが出来ました。

妻は「渡りガニのトマトクリームスパゲッティ」を頼んでいて、こちらのパスタは+220円です。
ラ・ヴィーヴ (12)

香箱ガニの時期は香箱ガニなのですが、昨年末は香箱ガニも不漁で高値が続いていたのでどうだったのでしょう。

渡りガニは少し身が食べにくいですよね。

伺ったのが石川県にまん延防止重点措置が出ていた最後の日で、デザートがサービスで付いていました。
ラ・ヴィーヴ (13)

抹茶のシフォンケーキとフルーツ、ジェラート。サービス品レベルではないですね。ありがとうございます。
ラ・ヴィーヴ (15)

ドリンクはコーヒーか紅茶で、私は紅茶、妻はコーヒーです。
ラ・ヴィーヴ (14)

毎回満足してお店を出ることが出来るおすすめのお店です。ご馳走様でした。

ラ・ヴィーヴ(La Vieve)
石川県加賀市片山津温泉丁12-1
 かぼちゃ村ビル
TEL 0761-74-8566
11:30~14:30(L.O.)
17:30~21:00(L.O.)
月曜休(祝日の場合は翌日)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ