あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:加賀市

私もつい最近まで知らなかったのですが、加賀温泉駅やアビオシティにもほど近い場所にある「味処 の々」というお店。
の々

結論を先に書くならば、隠れ家的なお店でとてもおすすめです。

もっとも隠れ家的なお店と書きましたが、週休3日のランチのみの営業でありながら多くのお客さんが訪れる知る人ぞ知るお店なのです。

実はこちらのお店を知ったのは、「味処 の々」と同じ建物で営業している「やわ」という暮らしと道具のお店を探していて見つけたのです。

こんなところに飲食店があることがわかり、3月に入ったばかりの日曜日のお昼に行ってきました。

メインの道路から少し入ったところにあって、ネットでも情報があまりなかったので、これまで気が付かなかったと思います。

でも店名の「の々」はどんな意味があるのでしょうか…?

外観は新しく白い壁がきれいです。

お店の到着したのがちょうど12時ぐらいで、お店の前にある駐車場が満車でした。

席も小上がりの席が一つ空いていたのですが、すぐに駐車場とテーブル席が空いて無事テーブル席に着くことが出来ました。
の々 (5)

店内は天井が高くてテーブルも広く、落ち着いて食事が出来る空間です。

お品書きです。
の々 (3)

内容的にはいわゆる定食屋さんなのでしょうが、普通の定食屋さんよりは高級な和食料理定食という感じでしょう?

季節の定食のみで単品メニューはなかったです。

私は「日替わり定食」を頼みます。税込で1,100円。5品の料理が付いていました。
の々 (8)

この日の内容は小鉢の茄子、刺身はカワハギ、カレイの煮魚、根菜の煮物、ほうれん草としめじのおひたし、カキフライというラインナップ。
の々 (9)

カキフライは揚げ立てのが2個、その他も一品当たりの量は多くありません。しかし色々な味を楽しめたほうが我々の世代にとってはうれしいです。

ご飯の量はそれほど多くありません。こちらも客層はそこそこご年配の方が多そうなので、それで十分かもしれません。

料理はどれもが家庭でもよく作られる品々ですが、当然味はプロが作る味。上品な味付けながら滋味な感じで美味しく頂くことが出来ました。

妻は、「ヒレカツ定食(税込1,500円)」を頼んでいました。
の々 (7)

煮魚は私と同じ。違うのは私にはなかった酢の物としてホタルイカが付いていました。
の々 (6)

ヒレカツは一口サイズの揚げられていて、衣も薄くてお肉はジューシーで美味しかったようです。

定食屋さんの域を越えたクオリティで、気軽にお昼にちょっとしたいい料理を味わいたいならおすすめのお店です。ご馳走様でした。

味処 の々
石川県加賀市作見町ニ-90-6
TEL 0761-72-7745
11:00~14:00
月・火・金曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は加賀市のパン屋さん「ルイドール」の紹介です。
ルイドール (11)

昨日紹介した山代温泉「うまかっちゃん」にランチを食べに出かけた時に立ち寄って買い求めました。

前回はお久しぶりシリーズとして紹介しましたが、今回は間が開かずに1年4か月ぶりとなります。

さて、こちらのパン屋さんは、山代温泉では一番大きなパン屋さんだと思います。
ルイドール

お店自体は立派な造りでメルヘンチック?な建屋。
ルイドール (6)

店内には多くの種類のパンが並べられていました。こちらの写真の左側の窓際にも並んでいるのです。

パンの種類・量とも多いということは、それだけ人気な証拠です。

色々あって選ぶのに苦労しますが、私が買い求めたものはまずは「カリカリベーコン(税別230円)」と「バジルフランス(税別170円)」。

私と妻でシェアして食べました。
ルイドール (8)

「カリカリベーコン」は2種類のチーズが使われていて、一枚の大きなベーコンが乗せられていました。ソフトな生地です。
ルイドール (7)

「バジルフランス」にはバジルペーストがたっぷり塗られています。ハードな食感ではなくしっとりとしたフランスパンでした。
ルイドール (9)

娘は「レンコンのリュスティック(税別250円)」。リュスティックなのでしっとりとした食感のパンですが、レンコンのシャキッとした食感もあって良さげな感じですね。

あと母に「ふわふわサンド(税別140円)」を。買ったのは「とちおとめのイチゴジャム」のものです。
ルイドール (10)

「ふわふわサンド」には、他にカステラクリームと小豆納豆クリームという味もありましたよ。

色々な種類のパンが揃っているので、毎日でも飽きない感じがします。

お店には社員の方も何名かいらっしゃいました。

そうそう!こちらでは地元の食品販売のお店にパンを卸しています。この原稿を書いた翌日に妻が小松市の「犬丸屋」でパンを買ってきていました。
ルイドール (13)

私はこの中からカレードーナッツを食べました。切るとこんな感じです。
ルイドール (14)

これだけのパンを作って売るには人手がかかりますね。ご馳走様でした。

ルイドール
石川県加賀市山代温泉山背台2-2-1
TEL 0761-77-3322
7:00~19:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私は約11年前まで福岡に住んでいました。

2年間という短い期間でしたが、住んでいる間に感じたのは、とても住みやすく食べるものも美味しく、福岡という街にすっかり魅了されました。

もう一度どこにでも住んでいいというなら福岡に住みたいと思っているほどです。

残念ながら石川県に住んでいる人はあまり福岡のことを身近に感じていないと同時に、福岡の人も同じで石川県のことを知らない人が多いのです。

そんなことからか、全国的に知られている博多ラーメンや明太子は別として、福岡の味覚を石川県で楽しむことができるお店が意外と少ないのです。
うまかっちゃん

今日紹介します山代温泉に一昨年の10月にオープンした「酒楽旬肴 うまかっちゃん」は、このあたりでは珍しい九州料理のお店。

場所は山代温泉といっても、少し中心から離れた場所にあって、むかし「串蔵 」だったところを居抜きで使用しています。

何となく商売的には厳しいところのような気がしますがどうでしょうか?

そういえば、同名のインスタントラーメンがありました!九州限定販売ですが。

基本居酒屋ですがランチ営業をされているので、今回はランチにお邪魔しました。
うまかっちゃん (3)

カウンター席です。2階は個室のようです。
うまかっちゃん (4)

小上がり席です。
うまかっちゃん (2)

こちらがランチメニューです。これだけ見ると九州料理はありませんが、メニューに書かれていないもので、長崎ちゃんぽんとか皿うどんというメニューがあるのです。

店長が長崎の五島列島出身で、福岡に20年以上住んでいた方。その関係もあって長崎からちゃんぽん用の麺やかまぼこなどを取り寄せて作っている本場の味覚を味わえる逸品なのです。

ということで私は、長崎ちゃんぽんを頼むことに。
うまかっちゃん (5)

出されたのがこちらです。ボリューム満点です。
うまかっちゃん (6)

野菜たっぷりのちゃんぽんで、野菜以外もアサリやイカなどの魚介も入っていました。それらをとんこつスープと一緒に炒めてうま味をスープに加えて美味しく仕上げてありますね。美味しいです。

完食して、満腹人りました。

夜はなかなか山代温泉まで食べに行くことはできませんが、九州料理が食べられることに興味はあります。機会があれば行ってみたい気がします。ご馳走様でした。

酒楽旬肴 うまかっちゃん
石川県加賀市山代温泉19区128
加賀温泉駅より車で13分
TEL 0761-77-0144
火・水・木11:00~14:30(L.O.14:00)
金・土11:00~14:30(L.O.14:00)
月~土18:00~23:30
月曜のお昼と日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

加賀市にある「元気コミュニティー かぼちゃ村」には、同じグループ内の飲食店が並んで営業しています。
ラ・ヴィーヴ

欧風料理の「ラ・ヴィーヴ」、和食・居酒屋の「いちごいちえ」、カフェ「村カフェ アレコレ」、ケーキ・洋菓子の「ア・ポワン」などがあって、どこも人気のお店となっているのです。

私は特にビストロ「ラ・ヴィーヴ(La Vieve)」に行くことが多く、前回お邪魔した時のことはこちらで書いていますが、今回約3年ぶりの訪問となりました。

店内は多くの座席があるのですが、週末はいつも一杯。とても人気のお店です。実は今年の正月に行こうと思って電話したら満席で断念したことがありました。
ラ・ヴィーヴ (4)

久しぶりに店内の様子を撮影しました。
ラ・ヴィーヴ (7)

カウンター席からは裏の緑を眺めながらゆっくり食べることが出来るので、我々はカウンテー席に座ることが多いです。
ラ・ヴィーヴ (6)

ランチメニューです。
ラ・ヴィーヴ (8)

プレミアムランチは前からあったかな?期間限定となっていますね。

このランチメニューの中から私は「アルモランチ(税別1,600円)」。妻は「グルメランチ(税別2,200円)」を頼みました。

「アルモランチ」はサラダ・本日のスープ・メイン・ライスかパン・ドリンクという構成。
 
メインは、「鶏もも肉のコンフィ 生姜の和風ソース」か「鮮魚のオーブン焼き 季節野菜のソース」から選ぶことがきました。
 
ラ・ヴィーヴ (9)
最初に出されたサラダ。
 
ラ・ヴィーヴ (11)
本日のスープはカボチャーのポタージュ。甘くて美味しいです。
 
ラ・ヴィーヴ (13)
パンは自家製フォカッチャ。適度な塩気とオリーブオイル&ローズマリーの風味。好きなタイプのフォカッチャです。
ラ・ヴィーヴ (14)

メインは「鮮魚のオーブン焼き 季節野菜のソース」を頼みました。身が厚くジューシーに焼かれていました。
ラ・ヴィーヴ (17)

ドリンクは紅茶です。
 
妻の頼んだ「グルメランチ」のほうは、好きな組み合わせで楽しめるコースになっていて、地元食材のオードブル盛合せ・本日のスープ・自家製フォカッチャかライス・パスタ・メイン・デザート・ドリンクという豪華版。

「アルモランチ」と「グルメランチ」の値段は600円しか違わないので、「グルメランチ」のほうが相当お得な感じがします。
ラ・ヴィーヴ (10)

まず最初は「地元食材のオードブル盛合せ」が出されます。色々バラエティに富んでいますね。右上に見えるのは白子のフリット!濃厚でした。

スープとフォカッチャは私のと同じ。

パスタは、「香箱のトマトクリームソーススパゲッティ(+300円)」「生ハムとジャガイモのガーリックスパゲティ」「あさりのトマトソーススパゲティ」からチョイスできますが、ここは「ラ・ヴィーヴ」のスペシャリテと言っても過言ではない「香箱のトマトクリームソーススパゲッティ」を選ぶべきでしょう!?300円の追加料金がかかりますが。
ラ・ヴィーヴ (12)

出されたのがこちら。

私も少し食べましたが、香箱の身、内子と外子、ミソのうま味がソースに全部出ていてとても美味しいです。

行ったのは1月中旬で、すでに北陸では香箱漁は終わっていましたが、漁の期間中にある程度の量を仕入れて冷凍?もしくはまだ漁期間中の新潟産を使っているのでしょうか?

ちなみに香箱が終わると渡り蟹に変更になります。前回はそれを食べています。
 
ラ・ヴィーヴ (16)
メインは「牛ロース肉のステーキ100g(+200円)」「鶏もも肉のコンフィ 生姜の和風ソース」「鮮魚のオーブン焼き 季節野菜のソース」の3つから選ぶことが出来て、妻は「鶏もも肉のコンフィ 生姜の和風ソース」をチョイスしています。
ラ・ヴィーヴ (18)

そしてデザート盛り合わせです。
 
ドリンクはコーヒーを頼んでいました。

いつもながらの人気店は安定の内容と味の良さ、ボリューム。安心して楽しむことが出来ますね。ご馳走様でした。

ラ・ヴィーヴ(La Vieve)
加賀市片山津温泉丁12-1
 かぼちゃ村ビル
TEL 0761-74-8566
11:30~14:30(L.O.)
17:30~22:00(L.O.)
火曜休(カレンダーによって変更有)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日はパン屋さんシリーズです。
ジャーマンベーカリー (4)

昨年オープンした能美市松が岡のドイツパンのお店「BROTRUF Bio-Backerei(ブロートルーフ ビオベッカライ)」を紹介した時に引き合いに出しましたが、そういえば、ブログでジャーマンベーカリーの名前が付いたお店を紹介していないことに気が付いて、家から一番近かったイオン加賀の里店に行ってきました。

厳密に言えば小松駅構内のパン屋さん「サン エトワール(SAINT ETOILE)」のパンもジャーマンベーカリーが製造していますが、店名は「サン エトワール」です。

話は変わりますが、加賀地方にはイオン系列のお店がたくさんあります。

小松にはご存じイオンモール新小松やイオン小松があって、小松在住の私は大体がそのどちからに行きます。

そのため今日紹介のイオン加賀の里店には過去一度しか行ったことがありませんでした。

そんなめったに行かないイオン加賀の里にある「ジャーマンベーカリー」にお邪魔して朝食用のパンを買ってきましたので紹介したいと思います。

小松駅構内の「サン エトワール」を紹介した時に書いたのですが、「ジャーマンベーカリー」は販売部門を山崎製パンが引き継いでいます。

この手のスーパーの中にあるパン屋さんは、低価格をウリにしているお店が入っていることが多いのですが、イオン加賀の里店の「ジャーマンベーカリー」は、それほど低価格をウリにしているわけではありません。

今回買い求めたのは、まずこちらは「紅ずわい蟹のトマトクリームパン(税込189円)」。 1月の新作のパンです。
ジャーマンベーカリー (5)

トマトクリームフィリングをデュラム小麦を練り込んだ生地で包んで、紅ずわい蟹入りトマトクリームソースをかけて焼き上げてあります。
ジャーマンベーカリー (7)

あと、こちらの「サイコロチーズロール」だったかな?名前忘れました。^^;

チーズがたっぷり乗せられていました。
ジャーマンベーカリー (8)

こちらと「紅ずわい蟹のトマトクリームパン」は私と妻でシェアして食べたのですが、切った断面はこんな感じです。
ジャーマンベーカリー (6)

娘には「ハッシュドポテトパン(税込205円)」です。ボリュームのある惣菜パンですね。玉ねぎとチーズをトッピングして焼きあげてありました。

石川県で生まれたパン屋さん「ジャーマンベーカリー」。末永く頑張ってほしいですね。ご馳走様でした。

ジャーマンベーカリー 加賀の里店
石川県加賀市上河崎町47-1
 イオン加賀の里店内
TEL 0761-72-5414
10:00~20:00
休みはイオン加賀の里店に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ