あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:加賀市

加賀市の国道8号線に御菓子城加賀藩という大きな菓子製造をメインにした観光施設があります。

昔は観光バスなどで団体のお客さんが訪れて賑わっていましたが、いまはコロナ禍もあり休業となっています。
加賀さんまるしぇ

そのお隣に今年オープンした「加賀さんまるしぇ」について紹介します。この辺りは道路の拡張工事中で少し出入りがしにくくなっていました。
加賀さんまるしぇ (3)

どこかで見たマークです。(笑い)

加賀産野菜の魅力とスポーツの楽しさを発信する拠点として設立された「でぽるたーれKAGA」という加賀産野菜の販売所や子供のサッカークラブ、フットサルコートと同じ場所にありました。
加賀さんまるしぇ (4)

ただ、野菜やおにぎりなども販売しているようですが、この日は売り切れなのか見かけませんでした。

「加賀さんまるしぇ」はソフトクリームのセレクトショップとなっていて、加賀市の有名な平松牧場の牛乳、福井県あわら市の田嶋牧場の牛乳、小松市のお豆腐屋さん織田屋の豆乳などで作られたソフトクリームを食べ比べできるのがウリなのです。
加賀さんまるしぇ (5)

このようなメニューとなっています、WEBでは週替わりと書かれていますが、我々が行った時も最初からのと同じようでした。

でも食べ比べにはミニサイズの設定があるのでうれしいですね。

我々はミニサイズの2種類を買って妻とシェアして食べることにしました。

こちらが、「ミニ田嶋牧場の牛乳ソフトクリーム」。
加賀さんまるしぇ (9)

福井県あわら市の田嶋牧場の新鮮な牛乳をたっぷり使ったソフトクリームです。

「あっさり」味のソフトクリームと書かれていましたが、いやいや濃厚でしたよ。

こちらのほうは、小松市のお豆腐屋さんの織田屋の豆乳を使って作られた「ミニ織田屋の豆乳ソフトクリーム」
加賀さんまるしぇ (8)

石川県加賀市の平松牧場の新鮮な牛乳を使ったソフトクリームもあったのですが、私は何度も食べているのでパスしたら、変わって調べたわかったのですが本店とは少し違う味になっているようでした。機会があれば試してみたいです。

もう9月も下旬になり、ソフトクリームが恋しくなる季節はあと少しで終わりますが、まだまだ食べることはできますので皆さんもぜひどうぞ!ご馳走様でした。

加賀さんまるしぇ
石川県加賀市加茂町ハ421
TEL 050-1745-6893
平日11:00~19:00
土日祝10:00~18:00
年末年始休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

コロナ禍で旅行業界は大変な時期ですが、このシルバーウイークは少し息がつけたでしょうか?

日本人にとって海外旅行の一番人気はハワイが定番。そんなハワイもご多分に漏れず大変な状況が続いているようです。

私は1度だけしか行ったことがありませんが。ハワイが好きな人は毎年でも行っている人も多いのではないでしょうか?

さて、今日は加賀市大聖寺の街中にハワイアンカフェがあるということで行ってきました。

お店の名前は「ALOHA CAFE(アロハ カフェ)」。
ALOHA CAFE

外観はハワイっぽくはありませんね。
ALOHA CAFE (5)

店内に入ると、壁にダイヤモンドヘッドの写真?が貼られていましたが、まぁ、それ以外はハワイらしいところはない感じでした。

元々はバーだったところを一部リニューアルしているようです。

我々がお邪魔した時は男性の方お一人で切り盛りされていました。

オーダーはカウンターで行います。
ALOHA CAFE (2)

こちらがメニューです。

食事メニューはタコライスのみでしたがバリエーションがいろいろありました。

ただ、タコライスは沖縄発祥。ハワイのローカルフードといえば、ロコモコのほうがいいのではないかと勝手に思ったりしますが…?

食事がタコライスのみだとは事前にわかっていたのですが、7月に沖縄に行ったときタコライスを食べることができなかったので、そのリベンジもあったので出かけたわけです。(^^;

で、私が頼んだのは、「オムタコチーズ(税抜800円)」です。
ALOHA CAFE (13)

言ってみればタコライスのオムライス版といったところでしょうか?
ALOHA CAFE (15)

そうそう!写真を写すのを忘れてしまいましたが、スプーンの形が少し変わっていて、少し左に曲がっているのです。この曲がり方だと右きき用で食べやすかったです。

妻が頼んだのは「タコライス(税抜700円)」。ベーシックなやつです。こちらはライスは少なめでお願いしています。
ALOHA CAFE (11)

こちらにはサルサソースのようなのが付いてきました。かけると辛さがプラスされますね。

あと、いまのメニューにはありませんでしたが、こちらのナポリスタイルのアイスコーヒー「カフェ・フレッド・シェケラート」も頼みました。

エスプレッソを氷などと一緒にシェーカーでシェイクして作ります。
ALOHA CAFE (18)

上にはコーヒー豆?が乗せられていました。

氷が入っていないのに冷たくて、苦みが心地よい美味しさ。これはよかったです。

長いことハワイに行っていませんが、ちょっとだけハワイ気分を味わえたでしょうか!?ご馳走様でした。

ALOHA CAFE(アロハ カフェ)
石川県加賀市大聖寺東町2-18
TEL 0761-75-7945
11:30~18:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨日から4連休になり、先週末あたりから石川県では一気に過ごしやすくなりました。

だんだんと日が短くなってきますが、いよいよ秋本番の様相です。

秋になると、食欲の秋!スポーツの秋!芸術の秋!など色々なフレーズが出てきます。

今朝はこれらの話題を書きます。

まずは私のブログのテーマ「食欲の秋」です。

もっとも、毎日「食欲の秋」の内容をアップしているので、あえて書く必要がないのかもしれません。

9月1日には底引き網が解禁になって、店頭に並ぶ魚の種類が増えました。
木場潟道の駅

また、道の駅では新米が店頭に並ぶなど、秋の味覚の選択肢が多くなってきましたね。

我々にとって「食欲の秋」に必要不可欠なアイテムがお酒!日本酒については、秋といえば「ひやおろし」の季節です。

「火入れ」と呼ばれる2度目の加熱処理をしないで、常温の意味の「冷や」の状態で「卸す」ことから「ひやおろし」と呼ばれています。

いつも買っている小松市の酒蔵「東酒造」の神泉。妻がいつの間にかケース買いしていました!(^^;
神泉 (2)

絞りたてのころからは程よく熟成され粗さが取れて、まろやかな味わいが出て、飲みやすくていい出来でした。

お次は「スポーツの秋」です。

暑さが少し落ち着いてきた8月末から毎週のように木場潟を1周ウォーキングしています。
木場潟 (9)

昨日も妻と木場潟に向かい、前日の雨のおかげで澄んだ空気の中、いいお天気の中爽快な気分でウォーキングできました。
木場潟 (10)

蒲の穂も実っています。
木場潟 (4)

カヌーコースでは、大学のカヌースプリントの選手たちの合宿でしょうか?多く集まっていました。
木場潟 (3)

先週は同じ木場潟の公認コースで「日本カヌースプリント選手権大会」などが開催されていたので、その流れで継続して滞在しているのでしょう?

最後は「芸術の秋」について。

私もよく知る敷地屋亜紀さんが、山代温泉で「Art Gallery ブルーリズム」をオープンさせたと聞いて昨日行ってきました。

彼女はフラダンス教室を主宰していて、最近はヨガのほうも教えているようです。
I.M.Hiroshi (7)

山代温泉通り商店街にオープンした「コンセプトサロン月月」の共同経営者としてキュレーターとなり、彼女は月の後半の期間を「Art Gallery ブルーリズム」として開いているのです。
I.M.Hiroshi (4)

9月は福井県出身のアーティストI.M.Hiroshiさんの公開アトリエでした。
I.M.Hiroshi  (3)

二十歳のころから世界中を巡って絵を描き「お日さまを昇らせる画家」として知られるI.M.Hiroshiさんについても昔からよく存じ上げていて、彼の九谷焼のビアグラスなどを持っています。
I.M.Hiroshi (8)

彼の絵を見ていると、気持ちが華やかになって元気が出てきます。
I.M.Hiroshi (5)

ギャラリーでI.M.Hiroshiさんが絵を描くところも見学できるようで、約5年ぶりぐらいにお会いしたので楽しく見学できました。
I.M.Hiroshi (9)
I.M.Hiroshi (10)

で、こんなお茶碗を買い求めて、家でさっそく料理を盛る皿として使用しました。

無料で見学できるので、皆さんも是非行ってみてください。

I.M.Hiroshi公開アトリエ
石川県加賀市山代温泉温泉通り51-1
 コンセプトサロン月月
 Art Gallery ブルーリズム
9月17日(木)~27日(日)
12:00~17:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介します「coya-p」は、大聖寺方面から山中温泉に向かうと、温泉街の少し手前の住宅街の一角にひっそりとあるカフェです。
coya-p

「coya-p」を読むと「こやぴ」、私は「あさぴー」なので何となく親近感を持っていました。(^^;

いまから5年前に一度お邪魔しています

この場所はもともと奥様のご実家だったところ。お店は土蔵だった建物をリノベーションされています。

ご年配のご夫婦お二人で営業されていて、別な仕事も兼ねて(現在も仕事されているのかはお聞きしませんでした)の営業なので、週の半分ぐらい営業されているようです。お店のインスタページに毎月営業カレンダーが掲載されているので、そちらを見て行かれたほうがいいでしょう?

外観は前にも書きましたが「山小屋」の雰囲気?
coya-p (8)

店内には靴を脱いで入ります。中の備品などにはオーナーご夫妻のこだわりが随所に見られます。
coya-p (10)

それは暖炉やオーディオ、小物に至るまで細部にわたります。
coya-p (7)

この日のメニューです。

ランチタイムメニューもあるのですが、前回に引き続いてカフェタイムにお邪魔しています。一度ランチメニューについても試したいですね。

そして、周りは住宅街で静かな空間。窓から見える緑を眺めながらまったりとした時を過ごすことができます。窓からは緑がいっぱい目に飛び込んでくるので、山の中ではないのですが自然豊かな山の中にいるような気にさせてくれます。

私は「自家製ジンジャーエール(税込600円)」を頼むことに。
coya-p (14)

出されたのがこちら。生姜たっぷり使ったのど越しさわやかなジンジャーエールでした。
生姜スライス、ライムとミントの葉っぱもいいですね~!?
coya-p (19)

妻の頼んだコーヒーは自家焙煎(税込500円)。
coya-p (18)

前の記事では自家焙煎に触れていないので、もしかしたら自家焙煎に切り替えたのかもしれません。
coya-p (15)

あと、こちらの「ベイクドチーズケーキ(税込500円)」も頼んでいます。これには自家製とは書かれていませんでした。

濃厚でしたが、甘さ控えめでおいしかったです。
coya-p1

日々忙しく過ごしていると、ちょっとした時間でもいいので、このような空間でまったりとした時間を過ごすことは必要だと思います。ご馳走様でした。

coya-p
石川県加賀市山中温泉上原町ル26番地
TEL 090-1632-6576
不定休、営業時間も確認を!


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

加賀市の玄関口といえば、加賀温泉駅だと思います。

しかし今の加賀温泉駅は、いまからちょうど50年前までは作見駅という駅名で、特急など停まらない小さな駅でした。

それが、大聖寺駅と動橋駅の特急停車駅争いの結果、漁夫の利?を得る形で今の加賀温泉駅に改名して特急停車一本化、現在に至っているのです。

私も西口のほうには時々行きますが、東口のほうにはこれまで行ったことがありませんでした。

そんな加賀温泉東口の近くにある「末広亭」でランチを食べてきたので紹介します。

さて、私のブログでも近頃は町の食堂を取り上げることがあります。

前はあまり取り上げてこなかったのですが、町に普通にあるような食堂も昨今減ってきているのではないかと思い、記録・記憶のために書くようにしています。

調べてみると相当昔からあるようなお店だったので、いまのコロナ禍のなかで営業しているかどうかわからないと思い事前に電話をして向かいました。

カーナビに電話番号を入れていくと、ホント、加賀温泉駅から100メートルぐらいの位置にあるお店でした。
末広屋 (12)

年季が入っている建屋ですが、喫茶店のような外観かもしれません。
末広屋 (6)

店内は、こちらのカウンター席と、
末広屋 (4)

小上がり席。

コロナ対応は特別取っているようには見えませんが、広い店内にはお客さんが私だけだったので大丈夫でした。
末広屋 (5)

私はカウンター席に座りました。ビリケンさんが置かれています。
末広屋 (2)

メニューです。
末広屋 (3)

和洋中多様なメニューです。

普段ならこのての食堂では、私は木の葉丼を頼むことにしているのですが、メニューにはなく私はメニューの一番最初に書かれてた「野菜炒め定食」を頼むことに。

「野菜炒め定食」を食べるのは久しぶりかもしれません。

で、値段のほうですが、これはこの原稿を書いていて気が付いたのですが、メニューでは880円となっていますが実際は950円でした。メニュー表が古いのかもしれません。

「野菜炒め定食」を頼む客が少ないのかもしれません。下準備から初めてそれなりに時間がかかりました。

調理はご年配のご主人が担当。中華鍋を使って調理されていました。メニューの構成を見ても元々は中華料理がメインの調理人だったのかもしれませんね。
末広屋 (8)

定食には煮物と酢の物の小鉢と漬物、味噌汁、ライスが付いています。ライスは少なめでお願いしています。
末広屋 (9)

野菜炒めはもやしなどの野菜たっぷり。肉は豚バラなどではなくハム系だったので私にとってはよかったです。少し油多めでしたがおいしくいただくことができました。ご馳走様でした。

末広亭
石川県加賀市作見町ワ3-3
TEL 0761-74-2382
[10:00~23:30
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ