あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:加賀市

個人的にはミシュランで星を獲得していたり、食べログアワードを受賞したお店を目指して行くことはありません。

ひねくれているかもしれませんが、値段が高かったり予約が取りにくかったりして、どちらかといえば敬遠するほうかもしれません。

実際、ミシュランで星を取っているお店は、獲得前に行ったところは別として、継続していっているお店以外では、石川県では一軒もありません。

さて、今日紹介します加賀市大聖寺の「へら亭」は、「ミシュランガイド富山・石川(金沢) 2016 特別版」で加賀市で唯一、星を一つ獲得されているのです。

当然星を取った時から気にはなっていましたが、ランチでも4千円~という情報だったので行くのをためらっていました。

今回、空いているかどうか確認するために電話したら、ランチが3,500円の設定があることがわかり、何となく得した気持ちになり、つい予約を入れてしまいました。

今回はもちろん、その一番お安い3,500円(税別)でお願いすることに。

しかし、結論を先に書くと、ランチは意外と穴場かもしれません。それはたぶんですが、ミシュラン星取得のお店としては予約を取るのに苦労しないことや、さすがに星の付いたお店なので料理についてはお墨付きだからです。それを3,500円(税別)で楽しめるのですからいかない理由なんてありません。

お店は一応、完全予約制となっています。

お店には月末のとある土曜日に妻と二人で出かけてきました。
へら亭

いつから営業されているのかわかりませんが、建物はある程度年季が入っています。写真には写っていませんが、この左側にあるお店の看板がないと、何の建物かわからないくらいで目立たないお店です。駐車場は少し使い勝手が悪い場所とスペースでした。
へら亭 (2)

こちらが入口です。

中に入ると、正面にカウンター席があって、左側に個室がありました。2階にも部屋があるのでしょうね?今は使っているのかわかりませんが。
へら亭 (3)

案内されたのは一番奥の部屋。たぶん2人用でしょうか?狭い和室でした。
へら亭 (4)

だれにも邪魔されずに、静かにゆっくり食べることが出来ます。

頼んだ3,500円のコースは、食材もそれほど高級なものを使っていませんが、やはりご主人に素材のいいところをうまく引き出す腕があるのでしょう?なかなか楽しませてくれました。

では出された料理の紹介です。
へら亭 (6)

お通し代わりで出されたのはこちら。上がもずく、下が長芋をすりおろしたものを冷菓のように成形してあります。
へら亭 (8)

次に出されたのは「稚鮎の南蛮漬け」。稚鮎のワタの苦みが心地よいです。

お刺身はヒラメ・甘えび・梅貝・マグロ。季節のミョウガが添えられていました。
へら亭 (9)

ちなみに、こちらの器は加賀市の九谷焼作家、山下一三さんの作品です。山下さんは私もよく存じ上げていて我が家でも使っています。
へら亭 (12)

こちらは焼物で出された一品。
へら亭 (14)

米ナスと牛肉に味噌で作られた田楽ソースがかけられていて、お酒が欲しくなるものでした。

こちらは酢の物として、タコに梅肉、あと魚がもう1種類使われていましたが失念してしまいました。^^;
へら亭 (15)

サラダ仕立てになっていて、オクラには小松菜のドレッシング仕立てのソースがかけられていました。

ご飯は加賀地方のお祭りの定番「柿の葉寿し」。
へら亭 (16)

乗せられているのは、鱒とクジラ。

「柿の葉寿し」に鱒は定番ですが、クジラっていうのは珍しいです。甘辛く煮てあって美味しかったですよ。
へら亭 (18)

デザートはフルーツ。
へら亭 (20)

最後にお抹茶が出されました。
へら亭 (19)

お菓子は金沢の諸江屋の「唐松せんべい」です。

これらの料理をお出ししてくれたのは、たぶん奥さまでしょう?

上品なかたで、その方が立ててくれたお茶ですね。

決して華美ではなく、しかし丁寧で堅実な美味しさの料理を味わえ、器も地元九谷焼の味のあるものを使用していて、納得できる内容でした。さすがミシュランで星を獲得されているだけありました。

ランチは予約のみですが、逆にランチが穴場でおすすめかもしれません。ご馳走様でした。

割烹 へら亭
石川県加賀市大聖寺南町ニ-56-20
TEL 0761-73-3199
12:00~14:00
17:00~21:00
年末年始※
不定休日あり
※2、3日前より要予約(完全予約制)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

1980年のイラン・イラク戦争による第二次オイルショック以降あたりからだと思いますが、団体旅行の数はめっきりと減りました。

それ以前は、全国各地にドライブインや団体客をターゲットにした温泉旅館などがあって隆盛を極めていましたが、その後については皆さんが知るようなことで、今の状況になってから久しいですね。

南加賀の方も加賀温泉郷など大きな打撃を受けて、閉館に追い込まれた温泉旅館は数知れずです。

さて、石川県内に、団体客を対象にしたような、いわゆるドライブインと言われる施設は現在どれくらい残っているのでしょうか?

グルメ系で有名なところで、同じ加賀市の「ドライブイン富士」などがありますが、こちらも団体客から個人客にシフトしているようです。

今日紹介します「月うさぎの里」は、元は1993年にオープンした「加賀漆芸童夢うるし蔵」だったところです。

オープン当時は、ドライブインとは銘打っていませんでしたが、大型バスで乗りつける団体客が大きなターゲットでした。

当時、平城遷都1300年のマスコットキャラクターの「せんとくん」をデザインしたことでも有名な籔内佐斗司氏の彫像がたくさん敷地内に設置されているということで話題になりました。(オープン時は「せんとくん」はまだ発表されていませんでしたが)

私も行ってブログで紹介しましたが、閉館になったため記事はすでに削除しています。

その後紆余曲折を経て、いまは「月うさぎの里」として営業しています。
月うさぎの里 (9)

「うるし蔵」の施設をほぼそのまま活用しています。

「月うさぎの里」はやはり施設の構成上、バス旅行の団体さんをターゲットにしているようです。
月うさぎの里 (8)

行った日は平日でしたが、多くの大型バスが駐車場に止まっていて、中のレストランや売店も多くの人で賑わっていました。

需要側の団体旅行の絶対数が激減しても、供給側がそれ以上に減少して、結果選択肢が少なくなって、こちらの「月うさぎの里」の経営が成り立っているのかもしれません。
月うさぎの里 (5)

店内には久しぶりに入りました。いまでも籔内佐斗司氏の彫像がたくさん敷地内に残っていました。
月うさぎの里 (4)

その敷地内にたくさんのうさぎを半放し飼いにして、来た人の心を和ませています。

今回私は、こちらにパン屋さんがあることを知って買いに来たのです。
月うさぎの里 (6)

「ベーカリーうさぎのパン屋さん」となっていますが、お土産屋さんの一角にあるソフトクリーム・ジェラート・テイクアウトコーヒーなどを売っているところに併設されたお店です。
月うさぎの里 (10)

最初、ドライブインのような施設にパン屋さんのニーズがあるのか不思議でしたが、バスの中で食べたりするんでしょうね?

かわいいうさぎちゃんのパンもありましたが、私が翌朝食べたのはこちらの「ポークウィンナーロール(190円)」です。
月うさぎの里 (13)

サクッとしたデニッシュ生地にジューシーなウィンナーが入れられています。
月うさぎの里 (11)

妻は「いちじく&クルミブレッド(220円)」。ソフトとハードの中間ぐらいのパンでした。
月うさぎの里 (12)

娘は「ベーコンエピ(250円)」です。

お値段は若干高めかもしれません。

この日の収穫は、いまでもドライブインのような施設が健在で、需要があるということを知ったことでした。やはり無くなると困る客層が必ずあるということですね。

まぁ、もっとも経営的に成り立っているかどうかは知る由もありませんが…。ご馳走様でした。

月うさぎの里 
石川県加賀市永井町43-41
TEL 0761-73-8116
9:00~17:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

勝手に始めた食堂シリーズですが、今回は加賀市の「三笠屋」。

私がなぜこちらのお店に行くことにしたのか?

まぁ、そんな大そうな書き方するほどではないのですが、それは久しぶりに「絹笠(衣笠)丼」を食べに行こうと思ったからです。

「絹笠(衣笠)丼」とは、油揚げと九条ねぎを卵でとじた丼のことで、京都では人気のご当地丼として丼メニューの一角を締めています。


まぁ、関西以外のエリアでは「きつね丼」的な感じがするもので、また、関西では似たような丼として木の葉丼がありますが、木の葉丼には竹輪やキノコが入っています。

石川県でも、この木の葉丼をメニューに入れているお店は多いと思いますが、衣笠丼はあまり見たことがないかもしれません。

さて、「三笠屋」は加賀市の大聖寺警察の近くにあります。
三笠屋

外観はいわゆる「店屋物(てんやもの)」のお店というより小料理屋さんのようでもあります。

しかし店内は、「店屋物」のお店そのものです。
三笠屋 (7)

12:40頃お店の到着すると先客は2組。この写真は私が食べているとき先客が出て行った後で写しました。
三笠屋 (3)

そしてお品書きはこちらと、
三笠屋 (2)

こちらで、うどん・そば・丼のみの設定。定食類は書かれていませんでした。

食堂シリーズとして行きましたが厳密にはうどん屋さんですね。

「絹笠(衣笠)丼」があり、またお店の名前が奈良の三笠山から取ったのかな?などから関西にご縁があるのかと思いお聞きしましたが、対応してくれた若女将?はよくわかりませんとのことでした。(若女将は兵庫県のご出身でした)

お品書きは見ましたが頼むものは最初から決まっています。「絹笠(衣笠)丼」です。
三笠屋 (4)

出されたのがこちら。ご飯大盛りです。^^;

少ないとお客さんが満足しないと思い、いつも大盛りで出しているそうです。今の私にとっては量が多すぎて、残念ながら食べきれずに残してしまいました。ごめんなさい。
三笠屋 (6)

玉子と油揚げの色が似ているので、見た目玉子丼のようですが、中にはご覧のように油揚げがたくさん入っていました。

ただ、「絹笠(衣笠)丼」のもう一方の主役が九条ねぎ(?)なのですが、こちらはあまり入っていません。

久しぶりの「絹笠(衣笠)丼」ですが、「きつね玉子丼」的な感じですね。
三笠屋 (5)

あとお吸い物とたくあん、プラスお椀に隠れていますが梅干しも一個添えられていました。

最近、丼物を食べることがめっきり減った私ですが、小さいころから家では「店屋物」を取って食べることが多くありました。

そんな時、幼心に何となく嬉しかったことを思い出し懐かしかったです。ご馳走様でした。

三笠屋
石川県加賀市大聖寺東町2-3-12
TEL 0761-72-2724
12:00~14:30
18:00~19:00
水曜休(都合により連休あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今年は梅雨の間の気温が上がらずに、海水浴場は大変だったですね。

そのため今年の海水浴シーズンは結局は短い期間となるのではないかと思います。

さて、7月の第3土曜日は「海の日」です。今年は15日がそうだったわけですが、「海の日」は海を見に行こう!という妻の一言で、日本海の海岸沿いを3ヶ所見てまわりました。

最後に訪れたのが久しぶりの加賀市の片野海岸です。サーフィンスポットとしても有名な海岸です。
うみぼうず (7)

しかし、この日はまだ海に入るには寒すぎた日でした。ご覧のように空は雲で覆われています。

その片野海岸で17年前から自家焙煎珈琲豆専門カフェ「sea side cafeうみぼうず」を営んでいるオーナーの山畑さんは、まさにお店の名前の通り?の風貌です。

2年前はお体の不調で1年間お店を休んでいました。しかし昨年復活され、むかし通りにお店を営業されているのです。よかったですね。
うみぼうず (20)

店内に自家焙煎の場所があります。

ちなみに「sea side cafeうみぼうず」については、5年ほど前に私のブログで紹介しています

このときは、お店一押しの甘味「うみぼうずの大判焼き」についても紹介していますね。

うみぼうず (3)
外観はおしゃれな海の家的な感じ。
うみぼうず (5)

店中は、海のカフェらしく、海に関係するグッズが色々ディスプレイされています。
うみぼうず (11)

これら一つ一つに山畑さんの思いが詰まっています。
うみぼうず (21)

少人数だったら、窓際のカウンター席に座るのが特等席です。
うみぼうず (14)

ぼんやり海を眺めているだけで気分がスッキリするような気がします。

この日は残念ながら曇り空でしたが、我々もそちらに座って海を眺めながらしばしの時間過ごすことに。
うみぼうず (6)

メニューです。
うみぼうず (15)

私はこちらのかき氷のメニューに目がとまりました。

頼んだのは、一番下の書かれている「コーヒー味」です。
うみぼうず (17)

ホイップ&練乳&キャラメルが入っているのですが、これが美味しかったです。

ビターなコーヒーの風味に、ホイップ&練乳&キャラメルの甘みが絶妙なハーモニーを奏でながら口の中で溶けだします。

妻のほうは、「水出しアイスコーヒー(600円)」。
うみぼうず (12)

自家焙煎珈琲豆に熱を加えず抽出したコーヒーです。

豪快にジョッキで出されました。

私も一口飲みましたが、スッキリとした飲み口で美味しかったです。

なお、かき氷と水出しアイスコーヒーは時期限定ですよ。

久しぶりにお邪魔しましたが、オーナーの山畑さんのお元気な姿を見て安心しました。

まだまだ海水浴も大丈夫です。是非皆さんも行ってみてください。

ちなみに、お店ではコーヒーは豆の販売もしています。またインターネットでも買い求めることができます。ご馳走様でした。

sea side cafeうみぼうず
石川県加賀市片野町3-6
月・火・木~日
10:00~19:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

尼御前SA(下り)のフードコートが3月にリニューアルオープンしています。
アマゴテラス (8)

レストラン尼御前だったエリアが、その名も「アマゴテラス」に変わってのお披露目です。

小松から関西や中京方面などに行くときは、小松を出発してすぐのサービスエリア。帰りはあと少しで到着といった位置にあるので、あまり利用しないサービスエリアです。

しかし、このサービスエリアは一般道からも利用できる構造になっているので、本当にたまにですが利用することがあります。

今回、梅雨真っ只中でしたが。天気予報が若干外れてとてもいいお天気になってきたので、急に思い立って橋立方面にお出かけしてみました。

加賀海岸国定公園に位置しているため、こちらのサービスエリアのすぐ近くに日本海を見ることが出来ます。駐車場に車を停めて歩いてすぐなので気分転換にもいいでしょう?
尼御前 (3)

行ったのはいいお天気だったのと、梅雨時の雨が止んでいたため空気が澄んでいて、潮風も心地よく、しばしの散策を楽しむことが出来ました。

さて、昔は高速道路のSAやPAにある飲食店は、素早く食べることが出来れば味は二の次みたいなところがありましたが、現在は利用者の要求度合が高くなってきて、ご当地グルメや高級なメニューなど、いわゆる差別化を打ち出していかないと、高速道路以外の飲食店も含めた競争に負けてしまうのです。

ちなみに「アマゴマルシェ」は、この地の名前、尼御前と市場を意味するフランス語の「マルシェ」を組み合わせた造語です。
アマゴテラス (7)

明るく開放的なフードコートに変身を遂げていますね。
アマゴテラス (3)

見やすいメニューが入口にあります。
アマゴテラス (9)

地元産の食材を使ったり、ご当地グルメとして売り出しているメニューなどが並んでいてうれしいです。
アマゴテラス (10)

フードコートなので、最初にこちらで食感を買い求めます。色々な電子マネーが仕えるのがうれしいですね。

当然セルフサービスです。
アマゴテラス (6)

私は、今回こちらの「カレー王国石川」コーナーでカレーを食べることにしました。

こちらでは6種類の石川県内各地のご当地カレーが常時楽しめます。

「アルバ」「チャンカレ」「ゴーゴー」「国産牛ステーキ アマゴカレー」「花咲くいろは 金沢カレー」そして「野菜にかける 俺たちの能登カレー」の6種類です。

「アルバ」「チャンカレ」「ゴーゴー」などはいつでも食べることが出来るので、私は今回食べたことがない「野菜にかける 俺たちの能登カレー」を食べてみることにしました。「国産牛ステーキ アマゴカレー(1,600円)」以外の他のカレーは700円ですが、こちらは1,080円と少しお高めでした。

このカレーはレトルトで販売しているカレーのようで、その名の通り野菜にかけて食べると美味しいカレーのようです。
アマゴテラス (11)

こちらがそうです。素揚げされた野菜が乗せられています。プラス、キャベツもたっぷりです。
アマゴテラス (4)

天気がよく景色がいいので、窓際のカウンター席に座って、海を眺めながら食べることにしました。
アマゴテラス (12)

テラス席もありますね。向こうに見えるのは橋立漁港。夕方は渋む夕陽がきれいでしょう?

さtて肝心の味の方ですが、意外にスパイシーで甘みを感じた後で辛さがくるタイプ。野菜に合う感じがしました。美味しかったです。

天気がいい日は最高なロケーションで、食べる量も味もアップすること間違いなし!?皆さんも是非どうぞ!ご馳走様でした。

アマゴテラス
尼御前サービスエリア下り線
石川県加賀市美岬町尼ゴジ3-2番地外
TEL 0761-75-2611
24時間営業
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ