あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:加能ガニ

北陸ではズワイガニの漁の期間はメスの香箱ガニは昨年の12月29日まで。オスの「加能ガニ」は3月20日までとなっています。

香箱ガニが禁漁期間に入った1月のとある日曜日。

思い立ったように小松市矢田野にある「味彩食房 日本海のさかな・寿司 大西」に電話を入れると、こちらの名物メニューの一つである「こうばこ軍艦ランチ」がまだ食べられることがわかり行くことにしました。
大西寿司

9年以上前に一度お邪魔して、こちらで紹介しています

小松にある寿司店としては大きなところで、店内は広く多くのお客さんを入れることが出来ます。

オープンする11:30前から駐車場には多くの車がすでに止っていました。
大西寿司 (7)

我々は、当日の10:30頃に予約電話を入れていて、カウンター席なら空いているということで向かいました。

団体さんがすでに座敷に入っていたり、テイクアウトの折り詰めなどが小上がりに積まれていて、相変わらず人気なのがわかります。
大西寿司 (3)

お品書き。こちらはランチメニューです。
大西寿司 (4)

そして、単品メニュー。
大西寿司 (5)

こちらも、
大西寿司 (6)

寿司だけでなく、単品メニューの品数も多いですね。

我々は、ランチメニューの中から、9年前に食べたものと同じものを頼むことにしました。

それは「こうばこ軍艦ランチ(2,750円)」と「上寿司ランチ(2,420円)」。

ランチメニューには小鉢・茶碗蒸し・味噌汁が付いています。

ちなみに、「こうばこ軍艦ランチ」は冬季限定と書かれていました。北陸の香箱ガニ(セイコガニ)の漁のシーズンは12月29日までなので、我々が行った1月14日はたぶん県外物の新潟や北海道など漁の期間が長い地域のものを仕入れているのだと思います。いつまでメニューにあるかはわからないのでお店に確認の上で行かれてください。
大西寿司 (9)

この8貫で何杯の香箱ガニが使われているのかわかりませんが、軍艦に香箱ガニの身・ミソ・内子・外子が盛られていました。
image

ちなみに9年前に食べたときのものはこちらで、その当時は単品で税抜き1,500円(現在は単品だと税抜き2,200円)でした。
大西寿司 (11)

そして、ランチメニューについている小鉢・茶碗蒸し・味噌汁がこちら。

熱々具だくさんで柚子風味の茶碗蒸しで、小鉢は「くらげ・刻み揚げ・錦糸卵の酢の物」。味噌汁はあら汁でした。
大西寿司 (10)

こちらは「上寿司ランチ」の寿司です。

イカ・大トロ・甘えび。中トロ・イクラ・ウニと鉄火とかっぱの細巻という構成。
image (1)

9年前に食べたときのものはこちらで、前は鉄火細巻が2本だったのが、1本がかっぱ巻きに変わっていますね。

我々が食べている間にもお客さんがどんどん入ってきていましたが、この日は飛び込みでも大丈夫だったようです。

さすがに人気のお店。働いている方が多くいらっしゃいました。益々商売繁盛ですね。ご馳走様でした。

味彩食房 日本海のさかな・寿司 大西
石川県小松市矢田野町ホ21
TEL 050-5485-1423
11:30~14:00(L.O.14:00)
17:00~22:30(L.O.22:00)
火曜休(定休日+1日の連休の場合あり)
※年末年始も休み



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

2023年5月に新型コロナが第5類に変更になってから段々とコロナ禍前の生活が戻ってきました。

飲食店はコロナ禍で大きな影響を被った業種ではありますが、この苦境を乗り越えたお店には、コロナ禍以前のときより以上に繁盛して欲しいと願っております。

さて、昨年末の忘年会。皆さんは何回ほど参加したでしょうか。

私の場合は、コロナ禍前から会社関係は年に1~2度ほどだったのですが、昨年末も1度だけでした。

今日は、その時に利用した小松市土居原町にある「小料理 げん」を紹介します。
小料理 げん

前回は4年8か月ほど前に行っていて、こちらで紹介していますが、前回は妻と二人で訪れています。

「小料理 げん」がオープンしたのは2019年4月。オープンして1年経たずしてコロナ禍になったわけですが、何とか持ちこたえて現在に至っています。

お店自体はこじんまりとした感じです。入ってすぐがカウンター席。奥が座敷のテーブル席になっています。

この日のメンバーは全員がいい年齢の方ばかり5名。料理は日本の四季を楽しむおまかせコースで、量より質の5,500円コースでお願いしました。
小料理 げん (2)

アラカルトメニューもあります。
小料理 げん (5)

そしてドリンクメニューです。

この日は平日の夜でしたがテーブル・カウンターともほぼ埋まっていました。12月なので忘年会シーズンだったこともあるでしょうが、やはり人気のお店ですね。
小料理 げん (6)

まずは生ビールで乾杯です。
小料理 げん (7)

最初に出されたのがお造り。どれも脂が乗っていました。
小料理 げん (8)

焼き物はサワラだったかな?の柚庵焼き。
小料理 げん (10)

こちらは蒸し物の茶碗蒸し。美味しい出汁がきいていました。
小料理 げん (11)

揚げ物は天ぷらで内容はタラの白子・舞茸・わかさぎ。何の塩だったかわかりませんでしたが、こちらで食べます。

そして、ちょうど、香箱ガニの期間で、一人1杯出されました。
小料理 げん (12)

今シーズンは香箱の値段は昨年までよりは求めやすかった気がします。私も例年よりは多く食べる機会がありました。

香箱は美味しいのですが、家で食べると身を出すのが少し面倒で、特に胴体のところが。汗

お店だと身を出してくれるのでうれしいですね。
小料理 げん (13)

料理は以上で、最後の締めは貝柱の雑炊でした。こちらも出汁が美味しかったです。

あと、生ビールのあとに飲んだアルコール、私はハイボールを2杯飲みましたが、他の方は焼酎を頼んでいました。

以上を飲み食いして一人8,000円。大体予想通りの値段でした。

ご主人は、小松でも人気の会席料理のお店「四季彩 粋庵」の会社で腕を磨いていたので、料理はどれも満足できる内容です。ご馳走様でした。

小料理 げん
石川県小松市土居原町288-1
TEL 0761-27-2365
17:30~24:00
日曜、第2・4月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

昨年の夏、ベンチャー企業のNEXT DELIVERYという会社が吉野家の牛丼をドローン配送する「Sky Hub Eats こまつ」の実証実験が始まったというニュースを観ました。

吉野家の社長まで小松に来られての発表だったので記憶に残っています。

現在、小松市内の数店舗がこの新しい取り組みに参加しているようで、今日紹介する小松市若杉町の「うどん工房 穂の香」についても、そのうちの一軒なのです。
穂の香

こちらは小松うどん認定店。私のブログでも何度か登場していて、昨年12月3日で10周年を迎えています。

先ほどのドローンを使った宅配サービスと、すぐ伸びてしまううどんの相性についてはどうなのか若干わからない点もありますが、最初は丼ものやかき揚げ、オードブルの配達のみになるようです。未来を見据えた新しい取り組みへのチャレンジは素晴らしいと思いました。

さて、「うどん工房 穂の香」の冬の時期の名物は、加能がに、それもメスの香箱かにの季節限定のメニュー「香箱かにとれんこんのすり流しうどん」です。

前回はこちらで紹介していますが、今回お邪魔して食べたのは3シーズンぶり。妻と食べに行きましたが、やはり美味しかったですね。
穂の香 (2)

店内です。
穂の香 (4)

お品書き。
穂の香 (3)

こちらは今回食べた「香箱かにとれんこんのすり流しうどん」のメニューです。

出されたのがこちら。
穂の香 (7)

ご存じの通り、ズワイのメスの香箱ガニ漁は11月初旬から12月の中旬までの約1か月半という短い期間です。
穂の香 (8)

そのため、こちらのメニューについても漁の期間中とその後しばらく香箱が手に入る間限定の提供となっていて、今はもう食べることが出来ません。今年の11月までお預けです。
穂の香 (10)

値段は、白子ポン酢とひと口ご飯が付くようになり、1,650円と値上がりになっていました。
穂の香 (9)

冬の野菜であるれんこんのすり流しがいい仕事していて、餡が熱々で冷めにくく、旬の香箱のうま味を余すことなく食べることが出来るメニューとなっているのでおすすめです。
穂の香 (11)

うどんを食べ切り、ご飯投入!

最近、塩分を控えるために、麺類などのスープもほとんど飲まなくなった私ですが、こちらは最後に一滴まで飲み干しました。美味しいです。

晩秋の加能がにのシーズンが今から待ち遠しいです。ご馳走様でした。

うどん工房 穂の香
石川県小松市若杉町3-21
TEL 0761-21-9418
11:00~15:00
17:30~20:30
月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今年のズワイガニ漁は3月20日で終了。

先日、新聞に今シーズンの加能ガニの水揚げ量が過去最高となったという記事が出ていました。

また、TVでは石川県産ズワイガニの雄の最高ブランド「輝」の今季の水揚げは16匹だったというニュースが流れていて、さらには今シーズンから認定されたメスの香箱ガニの最高ブランド「輝姫」は61匹だったそうです。

ただカニの場合は、豊漁だったにせよ昨今の加能ガニのお値段は高止まりしたままのような気がします。

我が家では、ここ数年は香箱が3~5回ほど、雄のズワイに至っては2~3回ほどしか食べる機会がありません。大きな理由は高価になったからです。

今回、記念日ということもあって超久しぶりにお店で加能ガニを食べました。

そんな経験は7年前に加賀市橋立にある「割烹・料理旅館 司」で食べて以来です。

伺ったのは香林坊東急スクエアのGFにある「昼どころ 高崎」。
昼どころ 高崎

金沢のせせらぎ通りにある老舗の割烹「味処 髙崎」の2号店です。こちらは昔は時々お邪魔していましたが、9年ほど前にお邪魔して以来行っていませんね。
昼どころ 高崎 (3)

店名の通り営業はお昼の時間帯のみです。
昼どころ 高崎 (4)

お店自体はカジュアルな作りとなっていてテーブル席のみ。それほど広くないです。
昼どころ 高崎 (5)

我々は奥のこちらのスペースに案内されました。

さて、伺ったのはカニ漁が禁漁になった後の週末だったのですが、加能ガニの提供は3月末まで大丈夫でした。
昼どころ 高崎 (8)

こちらのメニューはセットメニューです。
昼どころ 高崎 (9)

一品メニューです。
昼どころ 高崎 (7)

オーダーは、こちらの端末から行います。水のオーダーも同じでした。
昼どころ 高崎 (11)

そして久しぶりのご馳走なので、昼間でしたがビールを!美味しいです。
昼どころ 高崎 (6)

我々はこちらの「蟹どころセット(3,700円)」を頼むことにしました。
昼どころ 高崎 (12)

売切れ次第終了メニューで、カニは茹でガニ。
昼どころ 高崎 (13)

本店名物の蟹クリームコロッケと、ご飯、味噌汁、漬物が付いています。

このサイズの茹でガニは家でも時々食べますが、ご飯が美味しかったです。

そしてハレの日のお祝いということで、加能ガニのオスを1パイ頼むことに。日にちや大きさによって値段が変わるようですが、この日は中サイズで1パイ22,000円。
昼どころ 高崎 (14)

捌く前に我々の目の前に持ってきてくれます。高いといえば高いですが、中サイズでも十分大きい気がしました。

石川県で獲れた加能ガニの印として青色のタグが付いていて、七尾で水揚げされたものだとわかります。

「700gUP」と書かれた紙が付いていましたが、こちらのお店では、必ず700g以上のものを提供しているようです。

食べ方を足の本数で刺身と焼きを選べますが、我々は4本を刺身で、残りを焼きでお願いしています。
昼どころ 高崎 (16)

茹でガニはスーパーで買って食べることが出来ますが、刺身と焼きは家ではなかなか食べることが出来ないので、久しぶりです。
昼どころ 高崎 (17)

個人的には香ばしい焼きガニが好きです。いや~、満足満足!
昼どころ 高崎 (18)

この内容がアップされた時には、すでにこちらのお店での加能ガニの提供は終わっていますが、すでに11月の解禁がすでに待ち遠しいですね。

ちなみに、カニが禁漁期間中は、「昼どころセット」などカニ以外のメニューが色々あるようなので、そちらの方も楽しめますよ。ご馳走様でした。

昼どころ 高崎
石川県金沢市香林坊2-1-1
TEL 050-5571-4394
11:00~17:00(L.O.16.30)
入店最終15:30
毎週水曜、第2・4木曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング


昨日、東京と周辺の3県に緊急事態宣言が発出されました。

「飲食」ということが今回はクローズアップされていますが、私は、これまでもそうでしたが飲食店に行く場合は、個室利用や家族のみでの飲食など、感染に気を付けながら食べに行ってます。もちろん、今後についても同じですね。

さて本題です。今日は昨年12月初旬に行った釜めしで有名な小松市にある「一山楼」。
一山楼

コロナ禍で宴会需要が減少!営業的には苦戦しているようでしたが、手をこまねいているわけではなく、昨年9/17に、小松市中町で古民家を再生したランチタイム限定の食事処「39 saku」をオープンさせています。前向きにいこうということですね。

私はオープン間もない時期に一度お邪魔したことがあります

「一山楼」についてはこれまで、桜の季節に利用させていただくことが多かったのですが、今回は忘年会での利用でした。

昨年は3月以降、会社関係の飲み会は、これが最初で最後でした。

お店は夜は3組のみだったかな?限定。コロナ禍対策もばっちりでした。

玄関を入ると体温測定。小松では飲食店で体温測定があるのは珍しいと思います。
一山楼 (3)

また、今回利用した奥の座敷のお部屋は、ご覧のように前の人との間にはアクリル板が設置されていました。まぁ、少し無粋な感じもしますが、この時期止むを得ないですね。

そのため、この日はお酌が必要ないようなドリンクを頼んでいます。

さて「一山楼」のディナーコースは、釜めしが付いていてお手頃なコースもありますが、我々が今回もお願いしたのは「花コース(税抜4,500円)」です。

奥のお座敷の利用の場合は「花コース」以上のオーダーが必要で席料が別途かかります。

「花コース」の内容は食前酒・先付・お造り・焼物・蒸物・揚物・酢の物・ご飯・吸い物・香の物・デザート。

まずは食前酒の梅酒で乾杯。
一山楼 (5)

そのあとの生ビールと先付。

最初は飲み食いしているとき以外はマスクを着けておしゃべりしようと思ったのですが、やはり無理ですね!?(^^;

飲み食べする頻度が多すぎて実際は難しいです。ということで普段より会話はだいぶ少なく、お酌もなしでした。
一山楼 (6)

お造りはブリ・甘えび・サワラ・タイ。身が締まっていました。
一山楼 (7)

焼物は、サワラの西京焼きだったかな?春の時はいつもそうなのですが…。
一山楼 (8)

揚物は天ぷら。
一山楼 (9)

蒸し物は真丈のあんかけ。上品な餡がかけられています。
一山楼 (10)

酢の物は季節柄、加能ガニでした。
一山楼 (11)

そして〆のご飯は釜めし。かに釜めしです。上品なお吸い物とお漬物も付いています。
一山楼 (12)

最後のデザートはフルーツ。

ドリンクは生ビールのあと、私はイモのお湯割りとハイボールを頼んでいます。

今回は一人9千円ほどでした。料理は安定のお味でした。

このコロナ禍で宴会を気軽に開けないご時世ですが、やっぱり美味しい料理に舌鼓を打つのはうれしいですね!?感染対策に気を付けながらたまにはやりたいものです。ご馳走様でした。

一山楼
石川県小松市殿町2丁目17
TEL 0761-22-0524
11:30~13:30
17:30~22:00
前日までの要予約
昼の部は夜が混雑している場合は受けない場合があります
不定休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ