あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:出し巻き

四国へは2年3ヶ月ぶりに行きました

香川県といえば「うどん県」で有名ですが、うどん以外にも美味しいグルメがたくさんあります。

特に瀬戸内海の海の幸は格別で、鯛やタコ、サワラ(石川県でいうサワラとは違います。石川では「サワラ」とはカジキのことです)など美味しいものがたくさんあります。

まぁ、うどんは主食なのですが、さすがに夜にまでうどんを食べるわけにもいかないので、普通に居酒屋に入りました。
酒と料理のなつ

とはいえ、せっかく来たので瀬戸内の美味しい魚介も食べたいし、美味しいお酒を飲みたいわけで、それなりに下調べをしてチョイスしたのが、今日紹介します「酒と料理のなつ」です。

高松市内の中心エリアにお店はあります。

昔よく利用していたホテルに今回久しぶりに宿泊して、仲間と4名で連れだって近くにあるこちらのお店に向かいました。

私がよく出張で四国にも行っていた6年前にはなかったお店です。
酒と料理のなつ (8)

四国貯蓄信用組合の跡地を利用して、元銀行の金庫室をそのまま個室席として使用していたり、カウンターやテーブル、小上がり、個室など色々な形態の席がたっぷりありとても広いお店でした。

できる限り「地元・四国の食材」を使うことをモットーに、作り手の名前の付いたメニューなど地元四国の生産者の方々と密接につながった料理を提供しているお店なのです。

我々4人は、入口に近いテーブル席に案内されます。
酒と料理のなつ (3)

まずは生ビールで乾杯です。お通しはブロッコリーと鶏肉でした。
酒と料理のなつ (9)

では食べたものを紹介していきます、
酒と料理のなつ (12)

最初に「お刺身盛り合わせ おまかせ2~3人盛り(2.070円)」を頼みます。こちらで2~3人前です。

かつお、オリーブはまち(オリーブをエサで食べさせている?)、サワラは炙り、タイ、サーモンの5種類。刺身は今の時期、旬の美味しい魚介を楽しめるので、それと比較すると、まぁ、鮮度的には少し落ちるといえるかもしれません。
酒と料理のなつ (10)

これは「はまちのぶっかけ胡麻まみれ(1,000円)」で、福岡の「ごまアジ」のような感じです。
酒と料理のなつ (14)

野菜は「エビとアボカドのシーザーサラダ(950円)」を頼みました。
酒と料理のなつ (16)

「熱々じゃこ天(470円)」はこれで2枚分でした。熱々で美味しかったです。
酒と料理のなつ (19)

「いただきさんのたこ天(630円)」にはカレー塩が添えられています。

「いただきさん」とは、高松の町でそう呼ばれる鮮魚商のこと。もともと頭の上に桶を乗せて売り歩いていたようです。
酒と料理のなつ (17)

こちらの「明太子入り出し巻き玉子(720円)」は一本物で出されます。
酒と料理のなつ (18)

明太子もたっぷり入れられていました。熱々で美味しかったですよ。
酒と料理のなつ (20)

「〆サバ(700円)」は脂が乗っていました。
酒と料理のなつ (22)

最後に頼んだのは「鳴門鯛のかま飯(900円)」。といっても一から一人用の羽釜で炊き上げるので20分ほどかかるということで、20分ほど前にオーダーしています。
酒と料理のなつ (23)

出来立てをかき混ぜ少し蒸らせて、お茶碗に盛り付けます。
酒と料理のなつ (24)

上品なうす味でしたがうまかったです。

「漬物盛り合わせ(600円)」も合わせて頼みました。
酒と料理のなつ (13)

お酒のほうは生ビールの後は、獺祭の純米大吟醸50の300ml。

そのあとは私はハイボール。他の人は日本酒を頼んでいました。

以上、4名で飲み食いして締めて一人5千円を切る値段。コスパもいい感じ。味のほうもすべての料理が標準以上の味で満足できましたね。ご馳走様でした。

酒と料理のなつ
香川県高松市瓦町1-4-10
050-5592-2001
月~木18:00~25:00
金・土18:00~25:00
日18:00~23:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

居酒屋というジャンルも生き残りは厳しい世界だと言えます。

今日紹介します「喜助」は居酒屋ではありませんが、この場所では、私のブログをやっている期間だけでも「串蔵」→「海都」→「和食ダイニング花みずき」と変わっています。

「花みずき」のときは行ったことがないのでわかりませんが、他のお店も人気があったようにも思えましたが、経営的には厳しかったのでしょうね?
喜助

「喜助」には初めてきましたが、看板以外、「海都」時代からは外観はほとんど変わっていませんでしたが、内部はだいぶ変わっているようです。

こちらのお店の経営母体は少し変わっています。加賀市の美容室「Lucido STYLE M2 ルシードスタイルエムツー」なのです。

美容室グループの会社が飲食店をやっているというのも珍しいですね。

さて、11月の祭日のお昼に一人で行ってみました。予約をせずにほぼオープン時間の11:35ごろお店に到着。お店は個室のお部屋が中心で、落ち着いて食事が出来ます。
喜助 (4)

私は一人でしたが、こちらの個室に通されました。
喜助 (5)

土日祝日のランチメニューは、こんな感じです。

その中で「椿(1,944円)」と「牡丹2,268円」は11月と12月の1日15食限定の和食箱膳。

他には税込1,404円で、ロースカツ定食ととんてき定食がありましたが、私は肉系が苦手なので、少しランチとしてはお高い「椿」を頼むことに。ちなみに平日にはもう少し安いランチメニューがあるようです。

和食箱膳「椿」は値段が高いだけあって、お造り・天ぷら・焼魚・肉料理・出し巻き・炊き合わせ・和え物・デザートが付いています。

そして、ご飯はオーダーが入ってから一人一人専用のお釜で炊くというこだわりで、炊き上がるまでに20~25分ほどかかるということでした。
喜助 (7)

「待っている間に食べてください」とお茶とお菓子が出されます。
喜助 (9)

そして出されたのがこちらのセットです。
喜助 (13)

二段重のような形で、その上の段には肉料理のローストビーフ、昆布の佃煮、和え物、焼魚の鮭、出し巻き玉子。
喜助 (12)

下の段には炊き合わせに甘酢餡かけ、切り干し大根煮、カキフライ、天ぷらなどが入れられていました。

玉手箱のような感じですね。
喜助 (8)

薬味の種類も色々でした。
喜助 (14)

別盛りでお造りが付いています。内容はサワラ、ブリ、甘えび。

色々な味を楽しめてよかったです。特に女性客には喜ばれると思いますね。
喜助 (17)

デザートはりんごのコンポート。コーヒーも付いています。
喜助 (11)

釜炊きのご飯はおこげが出来るほどではありませんでしたが、小松の蛍米、それも新米を使っていて、炊きたての艶やかなご飯で美味しかったです。
喜助 (16)

最近、ご飯の量は少なめにしている私ですが、この小さめのお茶碗1.5杯分くらいの量、全部食べ切りました。

この日は予約もせずに伺ったのですが、料理が出されるのを待っているときに予約の電話が入って、話す声が聞こえたのですが、満席だと言ってお断りしていたようです。

休日のお昼時は家族連れや女性のグループが多そうで、個室でゆっくり気兼ねせずにおしゃべりしながら楽しめるのが受けているのでしょう?

そして場所的にはそれほどいいところではないかもしれませんが、お聞きすると、年配のお客様がほとんどだそうで、今回ランチを食べに行ってみると、味もコスパとしても満足できる内容で、人気なのがわかりました。ご馳走様でした。

お食事処 喜助
TEL 0761-21-2121
石川県小松市若杉町3-151-2-7
ランチ11:30~14:30
ディナー17:30~23:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

神戸と言えば、いまは三宮周辺が中心ですが、戦前から昭和30年代半ばにおいて神戸の中心市街地といえば、新開地あたりだったのです。
新開地

60年前に市役所が三宮に移ったこと、市電の廃止、造船業の縮小などによって、だんだんと新開地の街も寂れてきたのです。

しかしながら、その当時の面影が、地下のメトロこうべなどに残っていて、ノスタルジックな雰囲気もあるところで、個人的には好きなエリアです。
こだわりや隠れ家

今回、神戸に出張があり、新開地のホテルに宿泊。その近くでお店を探すと、こちらの「こだわりや隠れ家」にビビッときました。

場所は地下鉄の湊川公園の近くです。今回は仲間4名でお邪魔しました。
こだわりや隠れ家 (17)

店内は奥に長細く、ボックス席が並んでいる活気あるお店でした。店員さんも大勢働いていました。

メニューを見ると凄い品数です。そして値段もめちゃめちゃ安いです。

マジで、えっ!ホント?と思うほどですよ。是非一度ホームページを見てください。

そして何と!生ビール(中)が270円です。アルコールの種類もめちゃ多く、選ぶのに苦労するほど。こんなに多くの料理とお酒を揃えているところも珍しいと思います。

では、頼んだものを紹介していまます。
こだわりや隠れ家 (2)

まずはお通しと生ビール。
こだわりや隠れ家 (7)

そして飲む前には野菜!ということで「プレーンサラダ(500円)」を2つ。
こだわりや隠れ家 (5)

それと、「冷やしトマト3(00円)」です。
こだわりや隠れ家 (6)

こちらは秋田名物「いぶりがっこ」。大根を燻製にした上で、米糠と塩で漬けこんだもの。意外とチーズにも合いますよ。
こだわりや隠れ家 (12)

こちらは、「宇和島のじゃこてん(1枚150円)」で4枚あります。
こだわりや隠れ家 (8)

「宮崎鶏たたき(680円)」もありますね。

全国の名物料理が楽しめるようです。うれしいです。
こだわりや隠れ家 (9)

「たこの塩焼(450円)」は酢橘を絞って食べます。さすがタコが名物の明石に近いだけあります。
こだわりや隠れ家 (13)

「たら白子バター炒め(680円)」。時期外れですが濃厚な味でした。
こだわりや隠れ家 (10)

「角切りマグロとキノコのオイスターソース炒め(680円)」は、こちらもガーリックがきいた濃厚な味付けで酒がすすみます。
こだわりや隠れ家 (11)

「ソーセージ5種盛り(380円)」も超お安いです。
こだわりや隠れ家 (14)

さて、私は2杯目はハイボールにしましたが、他の人は日本酒に変えていました。
こだわりや隠れ家 (15)

他には「だし巻き」も頼みます。
こだわりや隠れ家 (16)

最後はなぜか「チャンジャ(380円)」で締めます。

メニューの種類が多くて、大箱のお店というのは、時々料理が出されるのが遅くなりがちなのですが、こちらのお店はどんどん次から次に出されました。

お酒もどんどん進み、1時間強でこれらの料理とお酒もそこそこ飲みました。

で、これだけ飲み食いして、締めて4名で12,000円強。素晴らしいコスパです。満足度高し!のお店でした、ご馳走様でした。

こだわりや隠れ家
兵庫県神戸市兵庫区新開地1-4-26
TEL 078-511-8877
17:00~24:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

愛知県に出張はあっても、岡崎で宿泊することはめったにないのですが、今回は岡崎市内で宿泊する機会がありました。
くうかい (3)

今日は、そこで夜に飲みに行ったお店を紹介します。

仕事を終えてホテルにチェックイン。その後はメンバーと飲みに出かけました。

行ったのは岡崎駅から5分ほど歩いた場所にある和風居酒屋の「くうかい」というお店。

「くうかい」といえば、金沢の主計町にも「空海」という人気のお店がありますね。

夕方18:30頃でしたが、前を通る道は車も人もあまり通らない場所で、JR岡崎駅に近いとはいえ、それほどいい場所ではない感じがしました。
くうかい (16)

店内は、調理場前のカウンターに席が6席。他は小上がりの座卓の席が20席ほど。それほど大きなお店ではありません。

女将さんが、もう一人の方と一緒にフロアを見ておられ、女将さんの息子さんが調理を担当していました。

この日は平日で、お店に入った時は2組のお客様がいましたが、途中から我々だけになりました。そのため、オーダーしたものはスムーズに出されたのでよかったです。
くうかい (4)

まずは生ビールで乾杯です。私は小のグラスサイズです。

そしてこの後のアルコールはハイボールで通しました。
くうかい (8)

お通しはナスの煮びたし。いい味でした。

では、頼んだものを紹介していきます。
くうかい (9)

最初はサラダで「和風サラダ(460円)」。飲む前は出来るだけ野菜を最初に食べるようにしています。
くうかい (7)

「地物たこぶつ(680円)」を頼みます。足の先端部分が多かったですが、地元で獲れたタコは食感もよかったです。
くうかい (10)

肉系は「三河もつ豚のネギマ(2本420円)」と、
くうかい (12)

「地鶏のせせり炙りポン酢(460円)」を仲間が頼んでいました。しかしながら、この2つは私は食べていません。
くうかい (11)

私はこちらの「まぐろユッケ風(760円)」をつまみながら飲みます。少し甘めのタレガいい塩梅でした。
くうかい (13)

そして夏は「ゴーヤチャンプル(680円)」も美味しいですね。ランチョンミートではなく豚バラ肉です。
くうかい (15)

これは「ニラもやし炒め(460円)」です。写真は少し食べた後で写しました。
くうかい (14)

「出し巻き玉子(460円)」はお店のおすすめメニューです。出来立ては美味しいです。ダシもいい感じです。

「出し巻き玉子」は、メニューに「大将の手が空かないと作れないので少し時間がかかります」と書かれていましたが、この日は幸いに、この時間帯は私たちだけだったのですぐに出てきました。

なんだかんだでお腹もふくれたので、ご飯ものは頼まずにこの辺で終わりです。

あまり知らない土地で、偶然チョイスしたお店が正解だったときは、とてもうれしいですね。「くうかい」はアットホームな雰囲気のそんなお店の中の一軒でした。ご馳走様でした。

くうかい
愛知県岡崎市羽根西新町5-8
TEL 0564-53-7177
月~土
17:00~24:00(L.O.23:00)
日曜 第3月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

久しぶりに京都宿泊の出張がありました。

いつもは日帰りだったり、通過点だったりして、なかなか京都に宿泊の機会がなかったのです。

大阪に住んでいた時は、2~3ヶ月に一度は京都に来ていたものですが、小松に戻ってからは大阪には行くことが多いのですが、なかなか京都には行く機会がありませんでした。そのためとても懐かしく感じました。

京都といえば、はやはり海外からの観光客の方が多いですね!金沢が新幹線開業で海外からのお客様が増えたと言っても、京都とは雲泥の差があります。
京都タワー

この日、仕事を済ませて、京都駅近くのホテルにチェックイン。すぐに向かったお店は京都タワーがあるビルの2階にある「自然酒菜のお店 一瞬」という和食のお店でした。
一瞬 (2)

今回、仕事の仲間たちと4名で伺いました。店内は和の落ち着いた雰囲気です。カウンター席もあって一人客も入りやすそうでした。

お店には石川県出身の板長がいらっしゃいます。そんなことから、こちらのお店を選びました。
一瞬 (5)

まずは生ビールとお通し。
一瞬 (9)

そして、まず頼んだのはサラダ。「しらすとワカメのシーザーサラダ(980円)」です。

野菜は京都八幡の農家から有機・減農薬の野菜を直接仕入れているようです。
一瞬 (10)

こちらの「牛すじ煮込(580円)」は私は食べていません。
一瞬 (11)

「だし巻(580円)」は出来立て熱々でした。
一瞬 (12)

こちらの「とり貝」。久しぶりに食べる気がします。地元石川七尾湾のとり貝漁は昨年に引き続き今年も資源保護のために休漁となるとニュースになっていました。
一瞬 (14)

「あさりの酒蒸し(980円)」もダシがいい感じでした。
一瞬 (23)

「イイダコのうま煮(880円)」も上品にいい塩梅で煮込まれています。
一瞬 (21)

京都らしいものと言うことで頼んだのが「九条ねぎ肉みそ炒め(780円)」。九条ねぎのシャキッとし食感と肉みその甘辛い味付けが合う酒のアテに最適な一品です。
一瞬 (15)

旬の竹の子を使った「若竹煮(1,580円)」です。こちらも旬の竹の子のシャキッとした食感をしっかり感じられるように美味しく煮込まれていました。
一瞬 (20)

このあとは酒の肴のつまみばかり頼んでいます。他のメンバーは日本酒を色々頼んでいましたが、私はハイボールです。
一瞬 (25)

これは「エイヒレ(680円)」です。
一瞬 (19)

「チャンジャ(480円)」も私は好きです。
一瞬 (24)

これは「イカの塩辛(380円)」だったかな?

4名で色々話をしながら飲んだので少し飲み過ぎたようです。^^;

以上を飲み食いして24,000円ほどだったでしょうか?

料理の種類も豊富で、何せ京都駅にも本当に近いという便利な場所にあるので、観光客にも出張者にも使いやすいお店だと思います。味的にも満足できました。ご馳走様でした。

自然酒菜のお店 一瞬(いちしゅん)
京都府京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町720
 駿河屋ビル 2F
TEL 050-5869-8587(予約専用)
075-352-7005(問合せ専用)
平日ランチ11:30~14:00
ディナー17:00~23:30(L.O.23:00)
土日祝ランチ11:30~14:30
ディナー17:00~23:30(L.O.23:00)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング   

このページのトップヘ