あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:九谷焼

「加賀カニごはん」。加賀市のご当地グルメとして人気です。

余談ですが、石川県と言えばズワイガニのブランド「加能ガニ」で売り出していますが、全国的には福井の「越前ガニ」や山陰の「松葉ガニ」のように知名度がありません。

まぁ、地元に住むものとしては、これ以上カニの価値が上がって値段が上がり、大好きな香箱ガニが手に入れにくくなるのはやめてほしいというのが本音です。

そんな香箱ガニをぜいたくに使ったご当地グルメが「加賀カニごはん」なのです。

「加賀カニごはん」については、私のブログでも何度か紹介済みですが、今回、この4月1日にリニューアルしたようなので、改めて紹介したいと思います。
ばん亭

今回伺ったお店は大聖寺の「加賀料理 ばん亭」。実は前回「加賀カニごはん」を食べたのもこちらのお店でした。^^;

「加賀料理 ばん亭」といえば、やはり鴨料理が有名ですが、このあたりについては前回の紹介にも書いてありますので、そちらをご覧いただきたいと思います。

さて、この日は東京からの客人を南加賀を案内するときにランチをどこにするか悩みました。

本当は寿司がよかったのですが、案内したいところはどこも月曜日がお休みということで、それならば季節外れではありますが、香箱ガニを使った「加賀カニごはん」を食べることが出来る、こちらの「加賀料理 ばん亭」をチョイスしたわけです。

ちなみに、この加賀カニごはん。各お店では一日あたり食べることが出来る数が限られています。そのため、予約を入れて行った方がいいと思います。

「加賀料理 ばん亭」のリニューアルされた加賀カニごはんは「カニの陶板焼き和風チャーハン&甲羅カニみそグラタン」という内容になっています。

九谷焼も今回のリニューアルに合わせて作り下ろしています。

この小鉢皿一式と加賀棒茶敷き皿がそうです。
ばん亭 (10)

先日私のブログで紹介しました九谷焼の作家、山下一三さんが、加賀九谷陶磁器協同組合のメンバーとして関わっていました
ばん亭 (9)

こちらの加賀棒茶が乗せられる蓮華の生地の制作と蓮華の底に入っている梅鉢文が山下さんのアイデアだそうです。
ばん亭 (2)

さて、「カニの陶板焼き和風チャーハン&甲羅カニみそグラタン」。最初に、ご覧の料理一式が運ばれてきます。

加賀カニごはんは、当然、香箱ガニがメインの食材なのですが。加賀市の名物食材もふんだんに使われているご当地グルメの見本のような内容となっています。
ばん亭 (4)

こちらのように多くの種類の料理が盛られていますね。九谷焼のお猪口のような器には、和え物・揚物・焼き物・温野菜・昆布締め・香の物が盛られています。
ばん亭 (5)

甲羅を器に湯葉の衣で焼き上げたグラタンは、内子とカニみそを豆乳白味噌クリームで閉じ込めてありますね。

本当にかわいい香箱ガニを使っています。このサイズだとなかなか売り物としては難しいのではないでしょうか?それをうまくご当地グルメの食材として活かしているのだと思います。

そしてメインのご飯ものは、カニの身を贅沢に混ぜ込んだ香り豊かなチャーハン。
ばん亭 (7)

陶板の上に最初はこんな感じで出されます。
ばん亭 (11)

火を入れて、適時かき混ぜながら、十分温まったらカニ型に固められた出汁醤油をチャーハンに溶かし入れて風味付け、さらには乗せられている温泉たまごも崩しながら混ぜていきます。
ばん亭 (6)

メインのカニの風味はもちろん、最後にかける青のりの風味や、出汁醤油の旨みなどが混在して、なかなか考えれれたメニューではないかと思います。
ばん亭 (12)

素直に美味しいです。
ばん亭 (14)

最後のデザートには、加賀市の吸坂飴を用いた「けんさんプリン」と旬の果物、コーヒーが出されました。

この内容で1,950円という値段はお得感もあって、かつ加賀市のご当地の味を楽しめる内容になっている「加賀カニごはん」。県外の方により喜ばれるご当地グルメですね。ご馳走様でした。

加賀料理 ばん亭
石川県加賀市大聖寺東町4-11
TEL 0761-73-0141
11:30~14:00(L.O.13:30)
17:00~22:00(L.O.21:30)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

先日紹介した建築家の木田さんのお花見にも来ていらっしゃった山下 一三(やました いちぞう)さんの工房兼住宅にお邪魔してきましたので紹介したいと思います。

場所は片山津温泉から、南に車で少し行ったところにあります。

工房の正式な名称は「磁器工房白象」。
山下一三 (4)

磁器の生地の「白」い色と、お名前が一三(いちぞう)ということで、工房名に「白象」を使用しているとのこと。

山下さん、元々、この場所で生まれたそうですが、お父さまは九谷焼に携わっていたわけではなく普通の公務員だったようです。

外観は立派な日本建築そのものですが、細かいところになかなか凝っていて、山下さんのこだわりを随所に感じられる工房兼自宅でした。
山下一三 (2)

駐車場の床面には、あえて足跡やムシロの跡がつけてあったり、家の内外部にも九谷焼の造形が埋め込まれています。見ているだけで楽しいです。
山下一三 (17)

玄関をくぐり中に入ると、ご覧の九谷焼の置時計が置かれています。

玄関から入って右側にある客間でしょうか?そちらに通されて1時間半ほどじっくりとお話をお聞きすることが出来ました。
山下一三 (6)

木田邸の花見の席では何度か話をしたことがあったのですが、今回、どうして九谷焼の世界に入ったのか。師事していた北出不二雄先生の工房に入るることになった経緯、作品へのこだわり、大切にされていることなど、色々お話をお聞きすることが出来ました。

客間には山下さんの作品が飾られています。何れの作品もユニークで温かみのある造形と色使いの九谷焼ですね。描かれている絵柄も普通とはちょっと違いますね!?

山下さんの作品は、一般的なうつわ類を作るときに使われる「ろくろ」を使用してつくるような九谷焼ではありません。

一から手びねりで生地をこねながら造形を創造していくのです。そんな作り方をしてるからでしょうか、いまにも動き出しそうな生き生きとした「かたち」です。

まったく同じものが二つとないというほどの、オリジナリティあふれる作風にファンの方も多いのです。
山下一三 (7)

こちらの写真に写っているのは、一番左が水差し?その隣が一応花器です。
山下一三 (8)

これは、日時計だそうです。発想が面白いです。
山下一三 (9)

スマホスピーカーなんてのもありました。後ろに見えるのはキャンドルスタンドです。
山下一三 (14)

出していただいたコーヒーのカップもユニークです。一見持ちにくそうに見えますが、指にフィットして持ちやすいですよ。
山下一三 (22)

私は、こちらのボウル皿を買い求めました。
山下一三 (24)

裏側はこんな形状になっています。一見安定が悪そうですが、座りはとてもいいですよ!

私もグルメブログをやっている関係上、食器については少なからず興味があります。

美味しい食事は、素敵なうつわに盛り付けるとさらに美味しく見えます。また、「用の美」というか、よく考えられた「かたち」は美味しさ以上に、こころの面でも充足感を与えてくれると思います。

山下さんの作品は、そんな「こころの充足感」を、手にする人に与えてくれるでしょう。

そうそう!息子さんは、地ビールのお店「Craft Beer Dive Futa's」を金沢で営業しています。

私も何度か伺ったことがありますが、お店には至ることでお父さまの力作を見ることが出来ます。

山下さん、色々なお話をお聞かせいただきありがとうございました。今後とも素晴らしい作品を生み出してください。そして、またどこかで、今度は一献傾けながらお話をさせてください。

磁器工房白象
石川県加賀市片山津町セ-88
TEL 0761-74-1731

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

待ちに待った?「イオンモール新小松」が3月24日にグランドオープンします。
イオンモール新小松 (2)

グランドオープン前に今日と明日の2日間に限定してのソフトオープン。今日、仕事を終えて速攻で行ってきました。

妻の方も午前中に行ってきたということで、まずは速報的に写真などをアップしたいと思います。

駐車場は相当混雑していましたが、ラッキーにもちょうど車が出る場所があってすぐに停めることが出来ました。

店内は、色々な場所で小松や南加賀を感じさせてくれる仕掛けがあります。

こちらは華広場に設置されている「九谷五彩柱」。地元の作家さんの作品です。32名で108枚の九谷焼の絵皿が飾られていたり、エレベーターホールの壁にもおなじみ勧進帳ですね。こちらも陶板です。小松市立高等学校芸術コース美術専攻の学生が陶壁デザインを作成しています。

曳山子供歌舞伎の絵もありました。

あと、イオンシネマ!うれしいですね。小松市民にとっては待ちに待った映画館です。^^;

今日はそんなに時間もなかったので、とりあえず1階と2階を通り抜けて帰ってきただけですが、飲食店も多くのお店が入っていて、石川県初出店のお店や、地元石川県の企業も新業態で臨むところもあるなど、色々食べるお店が増えて個人的には楽しみになってきたところです。

「8番らーめん」の新業態、「チャンピオンカレー」の新しい試みであるカレーヌードルのお店もありました。
イオンモール新小松

あと、食関係では「イオンスタイル」というイオンのいわゆる食品スーパーですが、いや~、凄い人でした。
久世福商店 (10)

見るだけで何も買わずに向かったのは、今回のイオンモール新小松オープンに際してのうれしさの一つ。久世福商店がオープンしたことです。こちらは写真撮影の了解を頂き店内をパチリ。
久世福商店 (12)

人気の万能だしが有名ですが、調味料、酒、珍味、菓子、加工品など日本全国の「うまいもの」を取り揃えているお店なのです。
久世福商店 (2)

お目当てはオープン記念の福袋です。1,500円と3,000円の2種類がありました。それぞれ3,000円、5,000円相当の品が入っているということで、私は3,000円のを買い求めました。気になった方は、福袋は限定ですのでお早めに!
久世福商店 (3)

ちなみに中に何が入っているかは、全部あからさまにすると面白くないと思うので、全体の写真のみアップしておきます。

中には、もちろん、人気の万能だしが入っていました。

久世福商店の万能だしは焼津産の鰹節粉末と、華やかな香りが特徴の焼津産鰹削り節を中心に、北海道産昆布、さば節、瀬戸内産イリコ、焼アゴなど国産原料から作られています。

あと、妻が買ってきた「ぶどうの木」のケーキについても紹介しますね。
ぶどうの木 (2)

こんな桜がテーマのケーキです。
ぶどうの木 (3)

私は、こちらの桜のショートケーキを食べました。春を感じさせてくれる甘さもスッキリのケーキでしたよ。

以上、駆け足でイオンモール新小松の、とれたてホヤホヤ情報でした。

24日はグランドオープンです。今週末は小松の街も大変な人が訪れ賑やかになることでしょうね!?

イオンモール新小松
石川県小松市沖周辺土地区画整理事業区域内20街区


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

2002年4月に開館した石川県九谷焼美術館。ここは石川県の伝統工芸として世界的にも有名な九谷焼の専門美術館です。
茶房古九谷 (2)

私のブログでも2005年12月に紹介しています

実は、この間も何回か行ったことがありますが、書いていませんでした。今回、「茶房古九谷」に行ってお茶を飲んだこともあり約11年ぶりの紹介になります。
茶房古九谷 (23)

美術館の外観は大人しい感じですが、内部は非常にユニークな内装です。

この美術館を設計した象設計集団は、「お皿にとって気持ちのいい美術館をつくりたかった」ということらしいのですが、確かに、「茶房古九谷」のある2階も何となくわくわくする構造や内装仕上げになっています。
茶房古九谷 (22)

美術館のエントランスには私も良く存じ上げている九谷焼の陶芸家、山下一三さんの「3×3」というネーミングの傘立てが置かれています。山下一三さんの、ユニークな造形でありながら温かみのある九谷焼。どこかホッとさせ、笑顔にさせてくれる作品は私も大好きです。
茶房古九谷 (20)

さて、今日紹介します「茶房古九谷」は2階にありますが、外からも直接お店に入ることもできる構造になっていて、美術館の開店時間以外にも利用が可能になっています。
茶房古九谷 (3)

なだらかな曲線も多用された空間は、壁には九谷焼の陶土が張られ、桟には漆が塗られ、ガラスは九谷五彩の色彩で彩られています。
茶房古九谷 (6)

天井も高く気持ちがいい空間です。
茶房古九谷 (9)

店内はギャラリーになっていて、九谷焼の作家の力作を展示。買い求めることも可能となっています。
茶房古九谷 (12)

天気のいい日には、ベランダから外の景色(山々や木々の緑)を眺めながらお茶をするというのもいいでしょうね?
茶房古九谷 (5)

メニューはこんな感じです。写真の上の方が定番メニューで、下が期間限定のメニューになっています。

私は「加賀の紅茶(880円)」を頼むことにしました。ちょっとお高いですがお菓子が付いてくるセットメニューです。
茶房古九谷 (16)

「加賀の紅茶」は、加賀市で栽培されているヤブキタ・オクヒカリのなどの緑茶用の品種を、打越地区にある打越製茶農業協同組合で紅茶専用のラインで紅茶葉にしています。見た目は棒茶のようですが、紅茶です。

加賀の紅茶は、茶葉に含まれるタンニンが少なく、フレーバーティーのような甘みと加賀棒茶のような香ばしさを感じさせてくれる味です。そのためお砂糖やミルク、レモンなど入れずにストレートで飲みます。
茶房古九谷 (17)

渋みの少ない穏やかな味わいで、最初の1杯目は、少し渋さも感じられましたが、2杯目、3杯目はだんだんとまろやかになってきます。

ポットの中には4~5杯分の紅茶が入っていました。

あと菓子付ということで、てっきりロールケーキなど洋風なのが出されるものと思っていましたが、上生菓子で確か名前を「ふじおあい」と言っていたような記憶があります。^^;
茶房古九谷 (18)

それほど甘くなく、加賀の紅茶にも合いましたよ。

それと、「菓子工房 Yodogawa」のメレンゲのお菓子「鈴玉 ぷれーん」も添えられていました。「和三盆糖」を使っていて、口に中に入れると溶けていきます。 

ホッとできる空間で、素敵な九谷焼に囲まれて、美味しいお茶でいっぷく。至福のときでした!?ご馳走様でした。

茶房古九谷
石川県加賀市大聖寺地方町1-10-13
 石川県九谷焼美術館2F
TEL 0761-72-6366
9:30~17:30
月曜日(祝日は営業)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回は、山代温泉にある観光施設2か所紹介したいと思います。

両方とも私のブログでだいぶ前に書いたことがある施設ですが、その時は中の様子まで写真で紹介していなかったので、今回改めてということです。
いろは草庵

まずは、「魯山人寓居跡 いろは草庵」。
いろは草庵 (14)

北大路魯山人といえば、希代の美食家であり芸術家であったことは多くの人が知っていると思いますが、ここ「魯山人寓居跡 いろは草庵」は、北大路魯山人が山代温泉滞在中に、住居兼作業場として使っていた建物です。

魯山人が陶芸の道に入ったのは、山代温泉における出来事が大きく影響しているようです。もし、山代温泉に逗留しなければ、魯山人の人生は大きく変わったかもしれません。

彼が九谷焼窯元である初代須田菁華を訪れたのは大正4年。初めて陶芸家の仕事を見た魯山人は陶芸の制作現場に大いに興味を抱き、九谷焼の絵付けを行い、作陶に目覚めたようで、後に「料理とは、単に舌先 だけで味わうものではない。 器がくだらないものでは料理も生きない」と述べているように、後々の彼の料理と、後に主宰する美食倶楽部、さらには器に傾倒するなど、彼の原点はこのときだったのかもしれません。

そして、その後、織部、瀬戸、備前など、さまざまな焼き物の制作にも挑戦して、名声を高めていくのです。つまり、いまの北大路魯山人の名声があるのも、ここ山代温泉と九谷焼があったからこそ!と言えなくもない、ということです。
いろは草庵 (2)

魯山人が旅館「吉野家」の刻字看板(こちらの写真に見える仕掛途中の看板)を彫った仕事部屋、書や絵を描いた書斎、山代の旦那衆達と語り合った囲炉裏の間、茶室、
いろは草庵 (6)

そして展示室として使われている土蔵などが公開されています。
いろは草庵 (8)

またロビーでは、魯山人も眺めていた庭を見ながら、加賀棒茶を無料で飲むことが出来ます。棒茶の香りもほんのり。やはり、いれたては美味しいですね。
いろは草庵 (10)

お茶菓子は金沢の「茶菓工房たろう」の地の香という干菓子でした。きな粉を水飴で練り上げて和三盆をまぶしてあります。マカダミアナッツも入っていて香ばしく、それほど甘くない干菓子でした。

魯山人寓居跡 いろは草庵
石川県加賀市山代温泉18-5
TEL 0761-77-7111
9:00~17:00(入館は16:30まで)
一般500円,75歳以上250円
水曜,12/31・1/1休(祝日・振替休日の場合は開館)

お次は、山代温泉街から少し小松方面に向かった山代越中谷にある「九谷焼窯跡展示館」。
九谷焼窯跡展示館

ここは、江戸時代前期に作られた「古九谷」のような色絵磁器を復活させようと、豪商豊田伝右衛門が江戸時代後期に築いた吉田屋窯の跡です。
九谷焼窯跡展示館 (13)

その後、紆余曲折を経て昭和15年ごろまで受け継がれた再興九谷の登り窯跡です。
九谷焼窯跡展示館 (15)

吉田屋窯の跡は国指定史跡となっていて、新しく建てられた覆屋は内藤廣氏の設計です。
九谷焼窯跡展示館 (12)

こちらは昭和15年に作られた九谷焼としては現存最古の登り窯。昭和40年頃まで使われていたようですね。
九谷焼窯跡展示館 (4)

また、旧九谷壽楽窯母屋兼工房は現在は展示棟となっていて、ろくろ場や絵付場など、かつての姿に修復され、ご覧の旧店舗部分は常設展示室となっています。
九谷焼窯跡展示館 (5)

そして旧座敷部分が企画展示室となっています。
九谷焼窯跡展示館 (9)

企画展示室では、このときは「浅井一毫没後100年、一毫マンダラ」をいう展示をやっていました。

また、こちらでは蹴ろくろや絵付けの体験もできます。

九谷焼の歴史を語る上で両施設とも貴重な資産ですね。

九谷焼窯跡展示館
石川県加賀市山代温泉19の101番地9
TEL 0761-77-0020
大人310円、高校生以下無料、75歳以上150円
9:00~17:00(入館は16時30分まで)
火曜休(祝日は営業)
年末年始(12/31,1/1)休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ