あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:九谷焼

今日は先月小松市に新しくできた施設「九谷セラミック・ラボラトリー」の紹介です。

通称は「CERABO KUTANI(セラボ・クタニ)」ということで、2020年東京オリンピックのメイン会場の「国立競技場」の設計を担当した建築家、隈研吾氏が設計を手掛けています。隈研吾氏は先日のオープニングセレモニーにも来ていました。

彼の設計した建築については私も興味があって、色々な地域にある彼の設計の施設に行っています。

昨秋には熱海まで足をのばして、彼の設計した旅館「ATAMI 海峯楼」やアカオハーブ&ローズガーデン内の絶景カフェ「COEDA HOUSE(コエダハウス)」まで行ってきました。

さて、今日紹介します「九谷セラミック・ラボラトリー」は、製土工場・ギャラリー・体験工房・レンタル工房・外土間を兼ね揃えた、複合型の九谷焼創作工房となっていて、入場料金300円(大人)はかかりますが、それらを見学することが出来るようになっています。

ただし九谷焼の陶石を加工する製土工場の稼働は平日のみとなっているので注意が必要ですが。

小松市は、「『珠玉と歩む物語』小松~時の流れの中で磨き上げた石の文化~」として日本遺産に登録されています。

今回の「九谷セラミック・ラボラトリー」は、その中核施設として建てられました。
九谷セラミックラボラトリー (26)

一部の屋根には小松マテーレの緑化素材「グリーンビズR」を使用して緑化されています。
九谷セラミックラボラトリー (21)

また、同社の製品は壁の一部にも炭素繊維複合材の補強として使われているようですね。
九谷セラミックラボラトリー (23)

エントランスです。

これらの写真は正式オープン前に開かれた内見会のとき、妻が写した写真です。いい天気だったので、こちらを使いました。私が行った時はあいにくの天気だったので。

外観。木と土が多用されています。
九谷セラミックラボラトリー (31)

隈研吾氏のサインプレート。
九谷セラミックラボラトリー (47)

内部は新築だから当然ですが、新しくてきれい。内部にも木と土の温もりを感じさせてくれています。

内はそれほど広くは無く、見学用のスペースも10分もあれば十分見ることが出来るでしょう?
九谷セラミックラボラトリー (56)

約半分のスペースは製土工場になっていて、実際に九谷焼に使われる陶土を作っているのです。
九谷セラミックラボラトリー (19)

こちらは体験工房のスペースで、料金を払えば九谷焼製作を実際に体験することが出来ます。
九谷セラミックラボラトリー (44)

ギャラリーでは現在、小松市周辺の九谷焼の作家の作品が展示されていました。
九谷セラミックラボラトリー (57)

右が人間国宝の吉田美統氏の釉裏金彩。左は中田一於氏の釉裏銀彩ですね。

世界でも有名な九谷焼が、小松市から産出される陶石によって作られていることを小松市民も、もっとわかっていた方がいいと思いました。是非皆さんも一度行ってみてください。

九谷セラミック・ラボラトリー
石川県小松市若杉町ア91番地
TEL 0761-48-4235
10:00~17:00(最終入館は16:30まで)
水曜・年末年始休館
一般 300円
学生(高校生以下)150円


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

公共施設に入っている飲食店に行かれることはありますか?

値段は安いが味のほうは……?と思われている方も多いのではないでしょうか。

私も確かにそんなイメージを持っていました。

しかし、今日紹介します能美市の「ふるさと交流研修センター さらい」は、値段も味も満足できるところでした。
さらい (6)

場所は能美市旧寺井町の古墳で有名な和田山のふもとです。10年ほど前でしょうか?に完成した比較的新しい研修施設で、能美市の人だけではなく利用できる宿泊施設や温泉、研修室などを備えた公共の施設なのです。私も利用したことがあります。

能美市といえば九谷焼の産地で、館内の至るところに九谷焼が使われています。
さらい (3)

こちらはお手洗いの手を洗うところに使われている手水鉢です。
さらい (8)

館内の食堂は、朝と夜は研修に来られた人専用になっていますが、ランチ時から17時の間は一般の人も利用できるのです。
さらい (11)

食堂は三方が大きな窓になっていて、日差しが差し込む明るい空間です。
さらい (12)

天井も高く吹き抜けになっていて気持ちがいいですね。
さらい

外は芝生の広場になっていて緑が目に優しいです。
さらい (9)

こちらがメニューです。この手の施設の食堂として種類が多く、そして税別1,000円で各種定食が食べられます。
さらい (10)

うどんやカレーなどの軽食類もありました。
さらい (15)

私は、こちらの「ミックスフライ定食(税込1,080円)」を頼みました。
さらい (16)

メンチカツ、カニクリームコロッケ、エビフライが付いています。
さらい (18)

小鉢と茶碗蒸し。茶碗蒸しにはユリ根・ギンナン・鶏肉などしっかり本格的です。
さらい (17)

そしてお刺身も付いていました。

食堂にありがちな作り置きのフライではなく、注文を受けてから揚げられるのでサクサクで美味しいフライでした。

使われている食器はもちろん九谷焼です。

妻のほうは、こちらの「ステーキ定食(税込1,080円)」です。
さらい (14)

和風だれかポン酢げ選べます。

肉はオーストラリア産ですが、ボリュームもあって良かったそうです。

こちらのステーキ定食にはお刺身は付いていませんでした。
さらい (19)

ドリンクは付いています。私は紅茶、妻はコーヒーです。

この内容と味で税込1,080円とは満足度高いと思います。

我々がお邪魔したのは日曜日でしたが、12時前には満席になって、次から次へとお客さんが入ってきていました。地元のお客さんがほとんどのようでしたが人気なのでしょうね?納得です。ご馳走様でした。

能美市ふるさと交流研修センター さらい
石川県能美市石子町ハ-147-1
TEL 0761-57-1212
水曜、年末年始休
11:30~17:00(ランチは11:30~14:00)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

食事は、単に「美味しい」ことだけが満足度のすべてではありません。

金額的なこともあるでしょうし、場所の空間的な要素やサービスの良し悪しも然りです。今日は食事に使用する食器について考えてみます。
本陣美術館

この3月10日まで、小松市立本陣記念美術館では「食の工芸を楽しむ」という企画展が模様されていました。私も見に行きました。
本陣美術館 (2)

九谷焼はもちろんのこと、他の伝統工芸品など色々な食器が展示されていて面白かったです。

さて、石川県は日本有数の伝統工芸品の産地です。

人口当たりの人間国宝の数も京都と並んで多く、そのこともあって、2020年には日本海側で唯一の国立の美術館として、東京国立近代美術館工芸館が金沢に移転。新しく「国立工芸館」という通称で開館する予定です。

食事に使用されるものだけを取ってみても「輪島塗」や「山中漆器」「金沢漆器」、陶磁器では「九谷焼」「大樋焼」「珠洲焼」などがあります。

そんな中、今回は九谷焼にスポットを当てて個人的な独り言を書きます。少々お付き合いください。

九谷焼は江戸時代前期の古九谷から始まり、一旦途絶えたものの、その後復興され、いまでは日本でも有数の陶磁器の産地となって、世界にも多くのファンがいます。

九谷五彩と呼ばれる色絵に大きな特徴があって、花鳥風月を大胆な絵図柄で表現しているものも多くあります。
ゆのくにの森 (16)

これは江戸初期に作られた古九谷の絵皿です。古九谷の時代から色鮮やかな彩色がされていたことがわかります。
山本長左 (5)

しかし一方、こちらの九谷は山本長左さんのもので、呉須という顔料を使用した染付けのみで書かれています。
九谷茶碗まつり (15)

あと、赤絵のみの九谷もあったりと多彩です。

しかしながら伝統工芸品の市場は年々縮小しており、その限られたパイを全国各地の伝統工芸品が奪い合うわけですが、黙っていては衰退の一途でしょう?

石川県の伝統工芸品の一つである九谷焼の世界でも、色々な試みをしながら頑張っています。
志の助 (7)

例えばこちらの九谷和グラスは、その九谷焼と江戸硝子を融合させて作られています。脚の部分は九谷焼、ガラス部分は手作りの吹き硝子で出来ていて、和洋どちらの飲み物・食べ物にも合うデザインで、いま人気となっています。
清峰堂 (5)

ご覧のように、九谷の脚のデザインとガラスの種類・形で何通りの組み合わせも可能で、自分だけのオリジナルなものを作ってコレクションされる方もいます。
清峰堂 (4)

能美市にある清峰堂というところが製造元です。

清峰堂
石川県能美市新保町ヲ48
0761-57-2133

私が時々食べに行く金沢の鮨店「志の助」でも使用されています。

磁器とガラスという異素材を接合させる技術によって、2006年度グッドデザイン賞(新領域デザイン部門)を受賞しています。

いまは色々な作家さんがデザインをしていて、楽しませてくれるようになってきている注目株の九谷焼なのです。

話は変わりますが、石川県で作られている九谷焼。その土台となる陶石はどこで産出されたものが使われているかご存じでしょうか?

小松市なのです。

ちなみに小松市では「『珠玉と歩む物語』小松~時の流れの中で磨き上げた石の文化~」ということで平成28年度の「日本遺産(Japan Heritage)」に認定されています。 

私のブログではこちらで紹介しています
滝ヶ原 (3)

こちらは、その一つ、山あいにある滝ヶ原町の昔の採石場である「西山石切り場跡」。
滝ヶ原

そんな石の産地である小松市だからこそ、九谷焼にとってもいい陶石が産出される土地なのです。

江戸時代後期に小松市花坂地区で発見された九谷焼の原料となる陶石。
小松市立博物館 (9)

学術的には流紋岩という種類のようですが、小松市にある小松市立博物館に行くと、小松の石文化に関する展示を見ることが出来ます。
小松市立博物館 (4)

しかし、いくらいい陶石が出ても、そのままの状態では焼き物には使えません。陶石粉砕から九谷焼陶土にするまで様々な工程が必要です。
小松市立博物館 (11)

そのような加工をする工場が小松市にはあります。

現在、東京オリンピックの競技場の設計で知られる隈研吾氏が基本設計をしている九谷焼創作工房「九谷セラミック・ラボラトリー CERABO KUTANI」

その工程の技術を高めると同時に、製造工程の近代化を目的として作られている施設がほぼ完成しています。
九谷セラミック・ラボラトリー

こちらの写真は今日現在のもの。外観はほぼ完成です。中にはまだ入ることが出来ないのでわかりませんが、今年度工事なので3月末までには外部の舗装など含めて終わりだと思います。
九谷セラミック・ラボラトリー (6)

このような地味な工程があって、華やかな九谷焼の世界を支えているのですね!?

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市にある温泉地「粟津温泉」。

前は忘年会などでもよく利用していましたが、近年はさっぱり行かなくなりました。^^;

最盛期は多くの温泉客で賑わいましたが、いまは他の温泉地でも見られるように、廃業する温泉旅館が多く一抹の寂しさを覚えます。

さて、そんな粟津温泉ですが、私のブログでは総湯と足湯ぐらいしか記事として残っていりません。

今回、小松市粟津温泉にある伝統工芸のテーマパーク「ゆのくにの森」と「恋人の聖地」に久しぶりに行ってきましたので改めて書きたいと思います。

「ゆのくにの森」へは14年以上ぶりです。^^;

私のブログが始まったころに簡単に紹介したことがあるのですが、その時の内容は削除してしまったようです。
ゆのくにの森

「ゆのくにの森」は、とても広いエリアに茅葺の古民家を移築した建屋がいくつもあって、その中で石川や福井の伝統工芸を体験しながら楽しめるという、いわばテーマパークになっています。入場料金は大人税込540円。昔より安くなったでしょうか??

伝統工芸は九谷焼・山中漆器・加賀友禅・金箔・ガラス・和紙などです。
ゆのくにの森 (2)

こちらは園内のマップ。来園客はやはりインバウンドの方が多かったです。
ゆのくにの森 (12)

「伝統美術の館」では、古九谷の展示などありました。
ゆのくにの森 (15)
ゆのくにの森 (16)

昔のわらぶきの民家ですね。囲炉裏もありました。
ゆのくにの森 (19)

どこかで見たような書体の字。小松市在住のデジタルアーチスト、長谷川章さんの字です。
ゆのくにの森 (18)

こちらの「九谷焼の館」では、九谷のろくろ成形や色絵付けの体験コーナーがありました。
ゆのくにの森 (23)

「山中漆器の館」です。
ゆのくにの森 (26)

「ガラス工芸の館」でも体験できます。
ゆのくにの森 (30)

「和紙の館」でも手漉き和紙の体験コーナーと、そば打ち道場まであります。参加型テーマパークですね。
ゆのくにの森 (32)

「世界の色絵陶磁器ギャリー」です。
ゆのくにの森 (35)

他にもいくつか施設があって、伝統工芸が好きな人は一日居ても飽きないテーマパークかもしれません。

ゆのくにの森
石川県小松市粟津温泉ナ-3-3
TEL 0761-65-3456
9:00~16:30
GW、夏季期間17:00まで
冬期間や年末年始など臨時休業あり(詳細はHPで)

お次は、近年売出し中?の「恋人の聖地」としての粟津温泉です。

粟津温泉では毎年8月の最終木曜~土曜に「おっしょべ祭り」というお祭りが開催されています。

そこで「おっしょべ節」という民謡が謡われ、「おっしょべ踊り大会」が開催されるのですが、その「おっしょべ節」のもととなっているのが「おっしょべ物語」という宿屋の奉公人同士の恋物語なのです。
粟津温泉 (6)

伝承の物語としては珍しくハッピーエンドのお話だということにあやかって、「恋人の聖地プロジェクト」に申請して石川県で最初に認定された場所になったようです。
粟津温泉 (3)

お約束の「愛の南京錠」がたくさんかけられています。
粟津温泉 (5)

そしてこちらが「幸せの鐘」。
粟津温泉 (7)

1回鳴らすと「恋が見つかる」。3回鳴らすと「愛が深まる」。5回鳴らすと「あの頃の想いが蘇る」と書かれています。

恋を成就したい方は是非行ってみてはいかがでしょうか?

あわづ温泉 恋人の聖地
石川県小松市粟津町ル6
TEL 0761-65-1834

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

秋は芸術の秋でもあります。

ひと昔前までは、ほとんどの美術館や観劇・コンサートでは動画はもちろん、写真撮影も禁止でした。

一方、昨今SNSが当たり前となって、いい悪いは別にして話題が一気に拡散。すぐにブームを引き起こすようにもなりました。

そんなこともあって、単にかたくなに禁止ではなく、条件付きながら写真撮影やネットにアップすることも可能な展覧会やイベントを見かけます。

今回、9月末に大阪に行って観てきたアートな話題を2つ紹介したいと思います。両方とも写真撮影が可能でした。
シルクドロレイユ

まずは、シルク・ドゥ・ソレイユの創設30周年を記念して制作された「キュリオス」。

私はシルク・ドゥ・ソレイユを観るのは今回が初めてでした。
シルクドロレイユ (7)

「キュリオス」は日本では2月からの東京公演に引き続き7月末から 11月4日(日) まで全141公演が行われています。
シルクドロレイユ (3)

大阪公演は、中之島のビッグトップ特設会場に巨大テントが作られ1回の公演で多くの人が一度に見ることが出来ました。
シルクドロレイユ (8)

テントの内部、開演までの待ち時間を過ごすのが、こちら。記念グッズや飲食ブースが並んでいます。

運営も手慣れたもので、トイレの数もたっぷり。上級のテーマパークの運営にも引けを取らない感じでした。

料金はS席(といってもほとんどがS席)で平日12,500円、土日祝日13,500円と、ちょっとお高め。我々はそのS席でも後ろのほうでした。^^;

もっとも、離れていた方が公演全体を俯瞰して観ることが出来たので、そんなに不満があるわけではありません。
シルクドロレイユ (9)

途中30分の休憩をはさんで前半1時間、後半1時間の2時間、退屈する時間帯はほとんどありませんでした。

公演の内容はここでは書きません。キュリオスのウェブページを見てください。

料金は決して高くはないというのが私の感想です。

世界観としては、日本人にはなじみが薄いところもありましたが、音楽は生演奏。衣装や舞台装置は精巧に作られていて、昔でいうサーカスを独自に進化させた技・演技は超一流です。
シルクドロレイユ (10)

ちなみに写真撮影がokなのはエンディングのところのみ。
シルクドロレイユ (18)

その時に写した写真をアップしました。

お次は同じ中之島にある「東洋陶磁美術館」。
東洋陶磁美術館 (32)

大阪に3年間住んでいたのですが、他の主要な美術館や博物館には行ったのですが、ここだけは一度も行ったことがありませんでした。

今回、前述の「キュリオス」を観にいく前に行ってみました。

名前の通り東洋の陶磁器の特化した美術館で、コレクションはその分野では世界有数なようです。
東洋陶磁美術館 (17)

個人的には東洋の陶磁器の領域にそれほど興味がある方ではなかったので、これまで行かなかったも言えます。

今回、なぜ行こうと思ったか!?それは国宝の「油滴天目」というお茶碗を見たいと思ったからです。

昨年初めに、テレビ東京で放送された「開運!なんでも鑑定団」で、鑑定人である中島誠之助氏が世界で4つ目の曜変天目茶碗が発見されたと言ったことが話題になったのを覚えているでしょうか?
東洋陶磁美術館 (27)

私もそれで天目茶碗なるものを知りました。

この美術館では写真撮影は一部展示を除いてok。昔の作品は著作権法上も権利が消失していることもあるのかもしれません。しかし、フラッシュ、追加照明、一脚・三脚、自撮り棒は使用できません。

かつSNSでの拡散をしてほしいということまで張られていました。

SNSで「拡散」してもらい、来場者増につなげたいということなのでしょうね?

ということで、私も写真をアップします。
東洋陶磁美術館 (7)

「東洋陶磁美術館」では今、特別展「高麗青磁-ヒスイのきらめき」というのをやっています。11月25日(日)までです。
東洋陶磁美術館 (14)

あわせて平常展として「安宅コレクション中国陶磁など」ということで、安宅コレクションの逸品の数々を見ることが出来ます。

前述の国宝の油滴天目茶碗についても、この平常展の展示物です。
東洋陶磁美術館 (29)

あと、こちらも国宝の「飛青磁花生」です。2つの国宝とも写真では良さは伝わらないと思いますので、是非会場に足を運んで見てください。
東洋陶磁美術館 (18)

また九谷焼についても古九谷の有名な大皿が飾られていました。石川県民にとって残念なことに「有田焼古九谷文様」の表記がされていますね。

東洋陶磁美術館
大阪市北区中之島1-1-26
TEL 06-6223-0055
平常展「安宅コレクション中国陶磁など」
特別展「高麗青磁-ヒスイのきらめき」
平成30年9月1日(土)~11月25日(日)
月曜休館(祝祭日の場合は翌火曜休館)
一般1,200円、高校生・大学生700円


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ