あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:三国


今朝紹介した福井県坂井市のアートなプチドライブ1の続きです。

前回の2つの美術館でも名前が出ていたアートディレクター戸田正寿氏が企画・設計を手掛けている私設美術館「Brilliant Heart Museum(ブリリアント ハート ミュージアム)」の紹介となります。

2018年にオープンした比較的新しい美術館で、「神の島」と呼ばれる坂井市三国町安島にある「雄島」の雄大な全景を絵画のように切り取り、一枚の大きな絵を見ているように感じるアートな空間。時間を忘れて味わうことが出来ます。

完全予約制で、4月1日~11月30日の金・土・日・祝日のみの開館となっていました。

雄島の駐車場に車を止めて向かいます。
Brilliant Heart Museum (16)

途中、トンネルの手前から小高い場所に建つ美術館を見ることが出来ました。
Brilliant Heart Museum (2)

階段を上り狭い路地をくねくねと歩いて到着。美術館は見晴らしのいい場所に建っていました。

靴を脱いで建物に入ると唯一の展示スペースに案内されます。
Brilliant Heart Museum (9)

すぐに、国の名勝天然記念物である雄大な雄島が目に飛び込んできました。4m×1.5mの額縁のような窓がその印象を絵画のように見せてくれるのです。

いいお天気だったで余計きれいに感じました。
Brilliant Heart Museum (51)

こちらの壁には「5千年の顔」と題されたインスタレーションが飾られています。
Brilliant Heart Museum (12)
すべてが縄文土器の断片で作成されていて5千年の時の流れを感じることが出来ました。

Brilliant Heart Museum (17)

反対側の壁には戸田氏が特許まで取得されているという「Seijuカット」というガラスがはめ込まれた窓があり、太陽の明かりが差し込んで、ギミックのようなスペクトラムで虹のような光によるコラボレーション。神秘的な雄島との相乗効果で雰囲気も最高!時間を忘れて見入ってしまいました。

入館料は一人2千円ですが、この中に抹茶またはワインと、お菓子の飲食代が含まれています。

私は車の運転があったので、抹茶にしています。
Brilliant Heart Museum (53)

抹茶には和菓子が添えられていました。

妻のほうはワインです。
Brilliant Heart Museum (23)

ワインは白と赤がチョイス出来て、妻は白ワイン。パンチェッタとバゲットとぶどうも付いていました。
Brilliant Heart Museum (32)

ちなみにワイングラスや、お菓子が盛られていたお皿はエルメスのもの。いい空間にはいい物が似合いますね。

そして、贅沢にも戸田正寿氏ご本人からサーブを受け、直接色々なお話をお聞き出来て、贅沢な時間を過ごすことが出来ました。

一組1時間という制限があるのですが、あっという間に過ぎてしまします。

春や秋の時期の夕方、雄島に夕陽が沈む景色がとてもきれいなようです。

さて、実はこの日巡った美術館・博物館すべてに名前が出ていたアートディレクター戸田正寿氏。戻って調べてみて初めて全部が結びついているのがわかりびっくり!

わかっていれば「Brilliant Heart Museum」に伺っているときにもっといろいろお話が聞けたのに残念!

でも、素晴らしい一日を過ごすことが出来て感謝です。ありがとうございました。

Brilliant Heart Museum
福井県坂井市三国町安島26-21
4月1日~11月30日の金・土・日・祝日のみ開館
※要予約 予約受付TEL 090-6819-9956
開館時間:11:00~17:00(最終入館 16:00)
入館料一人2,000円
支払いは現金のみ



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

9月に入っても暑い日が続いていた初旬の休日。

いいお天気の日のうちに少しドライブでもと思って朝早くから出かけました。

向かったのは福井県坂井市。小松からは下道でも車で小一時間で到着します。まぁ、小松からだと金沢に行くぐらいの感覚ですね。

まず紹介するのは「坂井市龍翔博物館」。
坂井市龍翔博物館 (2)

前は、「みくに龍翔館」という名称で、合併する前の三国町の郷土資料館的な位置づけの施設。私も一度だけ行っていて、こちらで少しだけ紹介しています

三国の歴史や風土、暮らし、ゆかりの偉人などを紹介されていたものを、今回内外共に完全リニューアル。「坂井市龍翔博物館」として6月3日に再オープンしています。
坂井市龍翔博物館 (7)

館内に入ると目に飛び込む、こちらの千石船の5分の1の模型は、「みくに龍翔館」のときからあったものです。
坂井市龍翔博物館 (26)

こちらは高さ11mの三国祭の山車。

そして3階から上へ行く階段のところに「エッシャーに捧ぐ」というプレートが掲げられていました。
坂井市龍翔博物館 (21)

三国にある三国港突堤を設計したしたのがオランダの技師、G・A・エッシャー(オランダ語読みではエッセル)です。そして彼の5男がだまし絵で知られる有名な画家、M・C・エッシャーなのです。
坂井市龍翔博物館 (17)

M・C・エッシャーの代表的な絵に「滝」というのがありますが、水路の無限ループが描かれているさまに私は子供のころ夢中になった記憶があります。
坂井市龍翔博物館 (24)

この「坂井市龍翔博物館」の展示物の中にも、だまし絵のような絵がいくつか飾られていました。
坂井市龍翔博物館 (5)

そして、4階に上がると、こんな部屋になっていました。展望室です。
坂井市龍翔博物館 (4)

空や雲、二次などが壁と天井一面に描かれていて、三国町出身のアートディレクター戸田正寿さんがプロデュースしています。

小高い場所に建つ建物の4階からは、三国港や日本海を眺めることが出来ました。

この日はいいお天気だったのでよかったです。

坂井市龍翔博物館
福井県坂井市三国町緑ケ丘4丁目2-1
TEL 0776-82-5666
9:001~7:00(入館は16:30まで)
水曜休館(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日から1月3日)
入館料 個人 400円

続いて紹介するのは、「坂井市龍翔博物館」から歩いて行ける距離にある「ONOメモリアル」という小さな美術館。
ONOメモリアル (10)

こちらの美術館は「ショートケーキのような小さな美術館」と呼ばれ、ご覧のように印象的なキューブ状の建物が遠くからも見ることが出来ます。。
ONOメモリアル (11)

米国の雑誌「LIFE」がジャンクアートの世界の7人」として選んだ一人が、この建物の主だった故小野忠弘氏なのです。

彼はこの場所に居とアトリエを構えて活躍。地元で美術教師を務める傍ら、廃材を交えて制作する「ジャンク・アート」の作家として世界的に有名になりました。

彼の死後、遺族から作品100点や建物と土地の寄贈を受け改修。「BLUE CAKE(ブルーケーキ)」の愛称を持つ新しいギャラリーを加えでできた美術館なのです。
ONOメモリアル (2)

今回、企画展「エッシャー←手紙→戸田正寿展」が開催されていたので、小野忠弘氏の作品を見ることはできませんでした。
ONOメモリアル (19)

先ほどの「坂井市龍翔博物館」の4階の展望室を横浜市在住のカメラマン梅津忠夫さんが撮影したパネルが飾られているのと、三国町在住の木村まちこさんのダンスと、福井市出身の荒井結さんのチェロ演奏、などの映像が流れていました。
ONOメモリアル (3)

また、住まいだった部分には、彼がアトリエとして使っていた部屋が公開されていて、アートディレクター戸田正寿さんの作品集などを見ることが出来ました。

是非、「坂井市龍翔博物館」とセットで見に行かれてはいかがでしょうか。

ONOメモリアル
福井県坂井市三国町緑ケ丘3-6-13
TEL.0776-82-5666(坂井市龍翔博物館まで)
開館3月までの金曜・土曜・日曜・祝祭日
10:00~16:00
※ただし12~2月は休館
無料



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今年は秋に入ってから、9月下旬までの週末はあまりいい天気の日がありませんでした。

9月の2度の3連休も台風の影響で雨模様。しかし、連休最後の一日はいいお天気だったので、妻と一緒に福井県の三国までドライブ。

小松からは1時間ぐらいで到着するので、ランチ方々の骨休め休日でした。

小松を発つ前に、前々から行こうと思っていた「砂や安島季節料理(Galley砂や)」に予約の電話を入れると、幸いok。

ランチタイムに間に合うように出発。ちょうど予約時間の12時にお店に到着しました。

こちらのお店は、ペンションを併設している、いわゆるオーベルジュとして、県外からわざわざシェフの作る料理を食べにくるお客さんも多いとのこと。期待大です。
砂や安島季節料理 (20)

三国の海に本当に近い場所にあって、自然に囲まれたログハウスの建屋。隠れ家のようにひっそりと佇んでいました。
砂や安島季節料理 (17)

店内は木の温もりを感じる素敵な空間。なかなか落ち着きます。
砂や安島季節料理 (5)

色々な書が掲げられていました。相田みつを?
砂や安島季節料理 (6)

こちらがメニューです。

和と洋の定食とカレーというラインナップ。

シェフは元は外国航路で腕を振るっておられ、地元の素材を使った料理を食べることが出来ると人気です。

私はこの中から「船上のシーフードドライカレー(1,650円)」を頼むことにしました。

出されたのがこちら。
砂や安島季節料理 (11)

ドライカレーは「船上の」という冠が付けられていることを見ると、海外航路で腕を振るっていたころの味のようです。船の中では水が貴重なのでドライカレーということなのでしょう。

ほどよい辛さで、色々なスパイスの風味が心地よいカレーでした。

付け合わせには甘エビとイカのフリットが乗せられていて、少量のサラダも添えられていました。

妻は「洋風ランチ」です。
砂や安島季節料理 (9)

まずサラダが出されます。
砂や安島季節料理 (12)

この日のメインは豚肩ロースのロースト。なかかボリュームがあります。美味しかったと言っていました。
砂や安島季節料理 (13)

ライス。
砂や安島季節料理 (16)

食後に、別料金のコーヒー(∔220円)と、
砂や安島季節料理 (15)

デザートの自家製「イチジクのパウンドケーキ(∔440円)」を頼んでいます。
雄島

東尋坊やこちらの雄島にもほど近い場所で、観光にも便利な場所にあって、地元だけではなく県外からのお客さんにもおすすめですね。ご馳走様でした。

砂や安島季節料理
福井県坂井市三国町安島1-110
TEL 0776-81-3481
10:00~17:00
水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

道の駅紹介シリーズは、初めて福井の道の駅の紹介です。
道の駅 みくに (20)


行った日はGWということもあって、大勢の人で賑わっていました。
道の駅 みくに (10)

屋外では陶器市もやっていました。
道の駅 みくに (2)

メインの建屋は福井のお土産類や農産物の直売所があり、大きなスペースを割いています。北陸でも販売コーナーとしては大きなほうではないでしょうか?
道の駅 みくに (4)

その中でも、こちらの「手作り工房」が人気のようです。特に「ねりもの工房」が人気のようで、出来立ての練り物を求めるお客さんでいっぱいでした、私も買い求めようと思ったら、いま出ている分はすべて予約済みだそうで、次回は40分くらいかかりますと言われ断念。

そこで買い求めたのは、福井の嶺北地方で有名な油揚げと、同じく福井で有名な日本酒「梵」の純米大吟醸酒粕に漬けこんで作られた「クリームチーズの粕漬け」。
道の駅 みくに (8)

「クリームチーズの粕漬け」は酒粕の香りがほんのりして、日本酒でもワインでも合うようなチーズでした。

そして夕飯で食べるお惣菜として「キャベツミンチカツ」「ズワイガニ入りクリームコロッケ」。

私は「キャベツミンチカツ」を食べましたが、キャベツのサクッとした食感を感じるジューシーなミンチカツでした。
道の駅 みくに (12)

レストランは地元特産品飲食コーナーとなっていて、地元でとれた農産物や魚介などを使用したメニューを楽しむことが出来るようですが、今回は入りませんでした。

三年子花らっきょをトッピングした「らっきょラーメン(800円)」なんてユニークなラーメンもあるようでした。個人的にはらっきょうは苦手な方なので遠慮したいのですが…。^^;
道の駅 みくに (13)

レストランの入り口付近に飾られていたこちらは、大相撲の優勝力士に昔贈られたことがあるらっきょう入りのトロフィーです。もらった力士も逆に大変だったのでは?

あと、らっきょう資料館もあるとネットでは書かれていましたが、わかりませんでした。

道の駅 みくに (18)
最後に私は、同じ敷地にある高橋牧場直営の売店で、オリジナルソフトクリーム(320円)を買い求めました。
道の駅 みくに (16)

4月末なのに初夏のような暑さだったので、冷たいものが欲しくなったからです。

三国にある高橋牧場で搾乳された新鮮な牛乳を使用した、濃厚で爽やかなソフトクリームです。人工甘味料や香料などを一切使わずに作られていて、それほど甘くなく美味しかったです。

道の駅は本当にどこも賑わっていますね。ご馳走様でした。

道の駅 みくに・ふれあいパーク三里浜
福井県坂井市三国町山岸67-3-1
TEL 0776-81-6392
9:00~18:00(施設により異なる)
ファーム高橋手造りミルク工房
9:30~17:00
8・9月は休みなし


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

先日紹介しました「そば処 大喜」でおろしそばを食べてから向かったお店です。

そば屋さんの場合、往々にして一杯のボリュームが少なめなところがあります。

そのため、2杯食べてお腹的にはちょうど良かったりします。

一方、グルメブログをやっていると、基本休みの日しかネタ探しをできないので、休日一日でいかにネタを多く稼ぐかも重要になってきます。^^;

ということで、この日2軒目のそば屋さんです。
石勝食堂 (10)

「石勝食堂」。こちらのお店は三国の海岸線からほど近いところにあります。

「そば処 大喜」と同じく「越前坂井 辛み蕎麦」メンバーのうちの一軒です。

辛さの指標は「R-12~R-15」ということで「ピリッと辛い~辛い」ということになっていました。

店名に食堂と付いていることからもわかる通り、こちらのお店はそばの専門店ではありません。
石勝食堂 (9)

内部もまさに食堂の趣ですね。
石勝食堂 (3)

うどんやラーメン、丼物などがメニューに載っています。福井のご当地グルメの一つであるソースかつ丼などもメニューにありました。

しかし我々は、初志貫徹で「おろしそば(580円)」を二人とも頼みます。

もっとも、それ以外お腹には入りそうにないということもありましたが。^^;
石勝食堂 (6)

出されたのがこちら。
石勝食堂 (8)

中太のいなかそばで、ツヤがあります。そのためのど越しのいいそばでした。太さはきれいに切り揃えられていました。

コシも強く辛み大根の力強さにも負けない風味でよかったですね。

切れのいいダシでしたが、さすがに辛いので飲み干すことは出来ません。そして、さすがにそばも2杯目を食べるとお腹も満足になったようです。

あと、こちらのお店でも、そば湯はまだ提供できないと言われました。12時頃でしたが残念です。

GW前半の休日でしたが、お客さんは地元の方ばかりのようでしたね。ご馳走様でした。

石勝食堂
福井県坂井市三国町南本町4-11-12
TEL 0776-81-2719
11:30~15:00
17:00~20:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ