あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:三国

福井県は東西に長く、東尋坊・越前海岸・若狭湾・小浜など変化にとんだ海岸線を見ることが出来ます。

嶺北地区では、ほとんどが山地で崖が海に迫っていて急な岩場の海岸が多いのですが、やはりその中でも東尋坊が一番有名なところではないでしょうか?

東尋坊は福井県でもメインの観光名所の一つで、その周辺には芦原温泉や三国などの観光地もあり、冬はカニ、これからの季節は新鮮な海の幸を求めて全国から観光客が来るところです。

私も毎年何度かは、このエリアに足を運んで美味しいものを食べますが、今年はこれが最初になります。
おおとく (33)

伺ったのは、雄島にほど近い安島地区の小さな漁港の近くにある「海のレストラン おおとく」です。
おおとく (31)

ここは旅館オーベルジュも営んでいて、目の前に海があり、新鮮な魚介をそのまますぐに調理場に運べる恵まれた環境を生かして、和食とイタリアンを融合させた料理を楽しめるところで知られています。

そこが平成27年10月に開いたのが「海のレストラン おおとく」なのです。
おおとく (29)

通常の営業はランチタイムだけ。ディナーは事前予約制になっています。

行ったときはとても天気のいい日で、日本海も穏やか。海のレストランということを満喫できました。
おおとく (2)

漁師町風情が残る安島地区にあって、目の前が小さな漁港。すぐ先には神の島と言われる「雄島」も間近に望めます。

我々は行く前日に予約したら、2人が入れる小さな個室しか空いていませんでした。
おおとく (14)

他の部屋はベランダの席や、ご覧のグループで楽しめる部屋などバリエーションがあって、空間の構成もいい感じのお店でした。
おおとく (12)

その通された部屋は狭かったです。そのため最後まで空けておくのかもしれません?^^; 部屋には窓が一つあり海が目の前。奥には雄島を望むことが出来ます。
おおとく (17)

客層は年配の方が多いようです。おじいちゃん、おばぁちゃん、そして孫を含めた家族で来ているグループも多かったようで、2階のお客さんが小さな子供を連れてこられていたので、どたんばたんと元気よく飛び跳ねていました。^^;
おおとく (6)

メニューの種類は思っていたより豊富です。

やはり場所柄、海の幸を使った定食が多かったのですが、肉じゃがなども名物料理のようでした。
おおとく (7)

この日の日替わりメニューはこんな感じ。
おおとく (8)

その中から私は、この日から新登場したメニュー「ブリ炙り丼(税別1,600円)」を頼むことに。
おおとく (19)

お店は12時少し前ですでに混雑していましたが、料理はスムーズに運ばれてきました。
おおとく (20)

厚く切られたブリの切り身。それを軽く炙って香ばしさと脂を上品に引き出しています。
おおとく (25)

こちらのカニの茶碗蒸しとあら汁・漬物が付いていました。
おおとく (21)

妻のほうは「ムニエルランチ(税別1,600円)」を頼んでいます。
おおとく (22)

魚はアカガレイでしょうか?量も多かったです。
おおとく (23)

あと、こちらには、ブリの刺身と小鉢、私と同じ茶碗蒸しも添えられていました。
おおとく (26)

ランチには食後のコーヒーも付いてきます。デザートは別料金です。

この内容で1,600円はお得感があり、上品な味付けで良かったです。さすが港直結のお店です。天気がいい日でロケーションも最高だったので満足度も高かったですね。

ディナーは予約制ですが、これからの季節、日本海に沈む夕陽を見ながらのロマンチックな食事もいいかもしれません。ご馳走様でした。

海のレストラン おおとく
福井県坂井市三国町安島24-83
TEL 0776-82-7133
11:00~14:30
17:00~(事前予約制)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

福井のそば行脚。今回は「越前坂井 辛み蕎麦」を食べに港町三国へ。

今日紹介します「どうぐや」。場所は、三國神社の表参道と呼ばれるような場所にあります。
三國神社

ちなみに、三國神社の例大祭は「三国祭」で、北陸三大祭(っていうのがあったんだ!?)の一つなのだそうです。
三國神社 (6)

私が行った8月最後の日曜日は参拝客もいなく、静寂な中、セミの鳴く声だけが耳に響いていました。

さて、このあたりのおろしそばは、大根おろしをそのまま乗せて食べるおろしそばではありません。

越前坂井 辛み蕎麦」という「大根おろしの絞り汁にダシを合わせたつゆをぶっかけている」のが坂井市流のおろしそばなのです。

ちなみに「越前坂井 辛み蕎麦」については前に新保屋のときに書いたことがあります

しかし、「どうぐや」というお店の名前、変な名前ですよね?

元々は骨董屋さんを営んでいたそうですが、そこで「道具屋=どうぐや」というわけです。
三國

行ったのは夏休み最後の日曜日。三国サンセットビーチにも海水浴客が多くいて、夏休み最後の休みということで、こちらのお店にも子供連れの家族もいました。
どうぐや (6)

ただ、細長いカウンター席には私以外はお客は居ません。普段の平日は一人のお客さんも多く来るのでしょうね!?
どうぐや (4)

お品書きを開くと、単独のメニューがド~ンと現れます。

それは、大きな油揚げがそばの上に乗せられた「あげおろしそば(980円)」というもの。

グルメブログをやっていると、ネタ的に美味しい、この手のインパクトがあるメニューに目がとまります。

当然、私はこちらをオーダーすることに。しばらくして出されたのがこちらです。
どうぐや (7)

大きなお揚げがそばの上に乗せられているので、そばがあまり見えません。そばは福井県産そば粉を使い、毎日石臼で引いて作られる自家製手打ちの二八そばです。
どうぐや (3)

また、つゆは最初からぶっかけられていました。前の他の方のブログなどを見ると、前は別々に出されていたような気がするのですが……。
どうぐや (10)

大きなお揚げが乗っているので、この「あげおろしそば」の場合は個人的には別々のほうがうれしかったかな?

お揚げをかつおだしがきいたつゆに浸しながら食べます。

ただし、「越前坂井 辛み蕎麦」のように「大根おろしの絞り汁にダシを合わせたつゆ」とはちょっ違う、お揚げの甘みもあって、それほど辛さを感じませんでした。

ただ出汁はカツオがきいていて、少し寝かせてとろみがついていて美味しいつゆでした。

食べ終わってから少しまったりしていたのですが、うっかりしてそば湯をお願いするのを忘れました。

お願いしないと持ってきてくれないのかな?

「越前坂井 辛み蕎麦」行脚、軒数も増えてきましたが、まだまだ行っていないお店も多いです。これからもがんばらないといけません。ご馳走様でした。

どうぐや
福井県坂井市三国町山王4-5-7
TEL 0776-82-5659
月~木11:00~19:00
土・日11:00~19:00
蕎麦が無くなり次第終了の場合あり
金曜・月一回日曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

まだまだ続く福井ネタ。今日は甘味系の話題です。
はちみつ屋 (2)

先日紹介したモーニングを食べた「みくに隠居処」の2軒隣にある「はちみつ屋」さん。
はちみつ屋 (4)

お店の名前自体が「はちみつ屋」です。
はちみつ屋 (7)

大沼養蜂園が直営しているお店で、当然、大沼養蜂園で採蜜したハチミツを使ったスイーツ系の商品や土産品などを売っています。
はちみつ屋 (8)

店内には小さなイートインスペースもあります。

個人的には家でハチミツをそれほど食べることはありませんが、ハチミツは自然の恵みの甘味の代表ともいえる健康食品ですね。

ご存じの通りハチミツは、ミツバチがどんな花から採蜜したかで香りと味が違います。

考えるにミツバチは、単一の草花だけから採蜜するわけではないと思うのですが、「アカシヤ」や「レンゲ」あたりがよく聞かれる名前です。

当然、花が咲く他の植物からも蜜を取って来るわけで、こちらのお店では、何種類かのハチミツを試食させてくれます。

今回私は、おやつとして、こちらのお店で人気のソフトクリームを食べに立ち寄りました。

この日は色々なお店で飲み食いしているので、小さいサイズのをお願いしました。
はちみつ屋 (10)

「はちみつ屋」というからには、当然、クリームにもハチミツが入っているのですが、こちらのお店では、上からもハチミツをかけてくれます。

お店では4種類からチョイスすることが出来ます。

どれにするか少し悩みましたが、お店の人とも話をして、やはり一番ベーシックな「山の蜂蜜」をかけてもらいました。

何せ、「迷ったらこれ!」と書かれていたからです。

甘いソフトクリームに甘いハチミツの組合せ。お互い喧嘩するかな?と思いましたが、ハチミツの甘さが際立っていたので、そんな心配をする必要はありません。

あと家へのお土産で、こちらの「からす山椒」のハチミツのミニサイズと、ハチミツ飴を買い求めました。
はちみつ屋 (12)

「からす山椒」のハチミツは、最初、イメージとして山椒のよな辛みのあるハチミツかと思いましたが、柑橘系のすっきりとしたあとくちで美味しいハチミツでした。

ハチミツ飴は、中からハチミツがとろ~りと出てきます。

ちなみにこちらのお店のハチミツは、加賀市の「竹の浦夢創塾」「元気村」JA加賀などでも買い求めることが出来るそうです。ご馳走様でした。

はちみつ屋(大沼養蜂園直営)
福井県坂井市三国町宿3-7-20
TEL 0776-82-2098
10:00~16:00
火・水・木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

三国シリーズはまだ続きます。(笑い)

今日はスイーツのお店の紹介です。

余談ですが、グルメブログをやっていると、ネタ探しでやはり苦労します。

あまり同じお店ばかりを書くわけにも行けないので、ついつい新しいお店を求めて色々なところに足を延ばすことになりますが、基本、休みの日しか行くことが出来ないので、遠くに足を延ばしたときには色々なお店を一日で巡ることになるわけです。

今回、福井県の三国でも結果的には、5時間ほどで8回分の記事ネタを仕入れることが出来ました。我ながら天晴れです。(笑い)

さて、本日紹介する三国「スリール(Sourire)」は、人気の洋菓子店のようです。

大阪の有名洋菓子店で9年間修業後、2009年に三国に戻り、その5年後の2014年に今の場所にお店を構えています。

大阪でロールケーキブームの先駆けといえば、堂島ロールの「モンシュシュ」が有名ですが、こちらのお店のオーナーはどこで修業されたのでしょうか……?
スリール (9)

お店自体は倉庫を改修した作りで、店内も広いです。ご覧のカフェスペースを併設していて、美味しいロールケーキを食べながらお茶をすることが出来ます。
スリール (3)

うれしいのは、ロールケーキということもあるのですが、ケーキを頼んで飲み物を付けてもとても安く済ませることが出来ることです。
スリール (7)

私は一番シンプルな「生ロールケーキ(216円)」と、
スリール (8)

こちらの冷たいアールグレイ(216円)」を飲んで、トータルで432円でした。飲み物以外にもジェラートもメニューにありましたよ!

ロールケーキのクリームは軽く甘さひかえめ。スポンジももちろんふわふわです。ただクリームの量は値段相応です。^^;
スリール (2)

なお、ロールケーキ専門のお店なので、チョコやフルーツ系など色々な種類のロールケーキも楽しむことが出来ますし、ロールケーキ以外にも、焼菓子類や夏向きのゼリーなども揃っていました。
スリール (4)

飲み物も216円なので、普通のカフェに行ってスイーツを頼むよりもお安く済ますことが出来ますよ。おすすめです。ご馳走様でした。

スリール(Sourire)
福井県坂井市三国町覚善8-65-1
TEL 0776-82-1299
10:00~19:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

三国に行った時に買い求めたパンについて紹介したいと思います。

お店の名前は「ストロベリーフィールズベーカリー」。場所はイーザというショッピングセンターのお隣です。

この日、先日紹介した「HALF MOON BAY(ハーフ ムーン ベイ)」で、フレンチ惣菜を買い求めるつもりだったので、バゲットも買っておこうと思い立ち寄りました。
ストロベリーフィールズベーカリー (7)

お店の作りはヨーロピアンな感じがします。

入口にはなぜかイギリスの国旗が下げられています。

中はこんな感じ。ディスプレイなどもパン屋さんの趣とは少し違っていました。
ストロベリーフィールズベーカリー (3)

お昼前だったので、まだ多くの種類のパンが並んでいました。

オーナーはパティシエ経験もあり、惣菜系のパンも種類も豊富。また、毎月色々な新作のパンも作られているようです。

国産の小麦100%にこだわったパン作りをされています。

さて、この日私が買い求めたのは、目的のバゲット(200円)はもちろんです。
ストロベリーフィールズベーカリー (9)

全粒粉を使用した、少し細身でしたがもちもちの食感。美味しかったです。

あと私は、翌朝、「バジルとトマトのタルティーヌ(200円)」を食べました。
ストロベリーフィールズベーカリー (12)

少し小ぶりなパンで、フランスパンの上にトマト、ベーコン、チーズをのせてバジルソースで味付けしています。すごくモチモチしたフランスパンで小さくても意外に食べ応えがありました。
ストロベリーフィールズベーカリー (10)

これは、「枝豆とベーコンのフランスパン(170円)」。
ストロベリーフィールズベーカリー (13)

「キーマカレーパン(170円)」は油で揚げていないヘルシーなピリ辛のカレーパンだったようです。
ストロベリーフィールズベーカリー (11)

あとは「塩ロール(90円)」も買い求めました。

以上のパンは朝食用です。

お店が遠くにあるのでまた行けるかどうかはわかりませんが、ヨーロピアンな雰囲気のお店で、種類が豊富。個性的なパンなどもあったりして毎日でも楽しめそうなお店です。ご馳走様でした。

ストロベリーフィールズベーカリー
 Strawberry Fields Bakery
福井県坂井市三国町三国東5-2-9 山本ビル1F
TEL 0776-81-8220
8:00~18:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ