あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:ロゼ

年末年始、皆さんはどのように過ごされたでしょうか?

少し時間が経ってしまいましたが、我が家で年末年始に食べたものを紹介したいと思います。

年末最後のグルメといえば「年越し蕎麦」。

一昨年と昨年末は、南阿蘇にある「日出や」さんから久木野在来種の新蕎麦を使った年越しそばを取り寄せています。石臼でひいた自家製そば粉を井戸から汲み上げた天然水で打ったそばもちろん手打ちの生蕎麦です。

ちなみに久木野といえば熊本ではいい蕎麦が採れる場所で有名なところです。
日出や (3)

4食入り、つゆ付きで2,500円(送料別)でした。
日出や (7)

新そばの風味がすごくてとてもおいしいそばでした。
日出や (9)

それに、つゆも最高です。かつおがきいていて濃いめのかえしとの相性が秀逸でしたね。
日出や (10)

あと私は、こちらの蕎麦のセットに「しあわせマルシェコラボセット」というお菓子セットも一緒に頼んでいます。
日出や (2)

これらのココナツクッキー、オートミールクッキー、チアシードチョコレートケーキ、グラノーラが各1袋ついていました。こちらと蕎麦のセットで3,750円(送料別)でした。

こちらもナチュラルな甘さで美味しかったですよ。ご馳走様でした。

手打ちそば 日出や
熊本県阿蘇郡南阿蘇村一関1873
TEL 0967-62-8108
11:00~16:00
木・金曜休(祝日の場合は変更)

お次はお正月のおせち料理についてです。

我が家の今年のおせち料理は、一昨年にもお願いしました「加賀旬彩 梅八」さん。二段重で送料込みで19,700円ほど。値段は一昨年に比べて2,000円ほどの値上がり。

一昨年のはこちらですが、今年のは値段もそうですが少しだけ内容が変わっています。

基本的なものは変わりはなかったのですが、より酒のアテに適した内容になっていたような気がします。あくまでもオードブルとは違って揚げ物系はほとんど入っていません。
梅八

こちらが一の重。祝い肴や煮物が入っています。
梅八 (2)

二の重は酒の肴や焼物が入れられています。
ロゼ (4)

このおせち料理を食べながらお正月最初に飲んだのはシャンパン「BILLECART SALMON BRUT ROSE)ビルカール・サルモン ブリュット・ロゼ)」。
白ワイン

そして、白の「Dom. du Chapitre Le S(ドメーヌ・デュ・シャピトル)」でした。

しかし、さすが会席料理の梅八さん。一品一品が丁寧に作られています。美味しいです。
家族5名で元日のお昼であっというまに完食でした。

梅八さん、昼会席(ランチ)でも3.500円からということでお店にはなかなか食べに行くことが出来ませんが、今年こそはと思う次第です。ご馳走様でした。

加賀旬彩 梅八
石川県小松市八幡ロ5-41
TEL 0761-47-8885
11:30~14:30
17:00~22:00
月曜休(祝日の場合は翌日)

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

他のエリアに行くときは帰ってから家で夕食を食べることが多いのですが、大阪へ行く機会があると、電車に乗る前に大阪駅の周辺で食事をしてから帰ることが多いです。

大阪には5年前に住んでいたこともあって、懐かしさもあり、かつ、グルメブロガーとしても美味しいお店がたくさんあるところでネタ確保といった側面もあります。

この日も、帰りのサンダーバードには少し時間があったので、前々から行こうと思っていた「ガブリッチ」に入りました。
ガブリッチ

大阪駅のエキマルシェ大阪内にお店がありますが、ホテルのシャトルバス発着場のある歩道側に入口があります。
ガブリッチ (7)

カジュアルな雰囲気のパブというか、バル・バールです。

18時まではハッピーアワーということで、全ドリンクメニューが半額で飲めます。

そこでまずスパークリングワインを頼もうとメニューを確認すると。スパークリングはグラスでオーダー可能なものが5種類もあるではないですか!?これはうれしいですね。
ガブリッチ (10)

その中から私は、フランスの「デュック ド パリ ブリュット」と、
ガブリッチ (14)

スペインのロゼ・スプマンテ「アンジュエール ロゼ」を頼みました。

「アンジュエール ロゼ」は少し甘めでした。
ガブリッチ (9)

コベルトはスティツクサラダ。マヨディップにつけて食べます。

しかし、丸テーブルが小さいので、大きなお皿よりもグラスに入っていた方がいいと思うのですが……。^^;

そしてつまみとして、まずお願いしたのは「ゼンモリ」。2人前よりご注文可能と書いてありましたが、一人前でもokでした。ハッピーアワーだったからでしょうか?
ガブリッチ (11)

その日おすすめの前菜を少しずつ、8種類楽しめるということで、お店の「おすすめ 名物 売れ筋」だそうです。

1人前690円(税抜)とコスパ的にもGood!です。

内容的にはスモークマリネ、カプレーゼ、アボガドとアンチョビのポテトサラダ、シーザーサラダ、オムレツ、生ハム、炙りハム、スペイン風オムレツ、えのきのマリネでした。
おや?9種類ですね。シーザーサラダは別枠なのでしょうね?

これだけでたっぷり飲めそうな感じがします。^^;
ガブリッチ (13)

一緒に「ベーコンと温玉のシーザーサラダ(税別690円)」も頼みましたが、シーザーサラダは少しかぶってしまいました。

量も多く出張時の野菜不足も補えます。

あとこちらもおすすめ・売れ筋の「小海老とブロッコリーのアヒージョ(490円)」を最後にお願いしました。
ガブリッチ (17)

「ガブリッチ特製アヒージョオイルはバケットと一緒に食べるのがおすすめ!」メニューに書かれていたので、バゲットも頼みました。
ガブリッチ (18)

出された時は熱々でグツグツ煮たっていました。すぐに食べるのは危険です。
ガブリッチ (16)

アヒージョを肴に、ハッピーアワーの最後にハイボールも一杯追加でお願いしました。

バケットを浸して食べると、これまた、つまみとしても最高です。

以上を飲み食いして3,500円弱。コスパ的にも満足できました。

大阪駅直結の便利さで、一人で帰宅前に軽く一杯なんて使い方にも適しています。おすすめのお店です。ご馳走様でした。

ちなみに、これをアップしようと思ったら、9月19日に「TEPPANバル」に変わるということが書かれていました。^^;

ガブリッチ
大阪府大阪市北区梅田3-1-1
 エキマルシェ大阪1F
TEL 06-6347-5550
11:00~23:30(フードL.O.22:30 ドリンクL.O.23:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

混んでいて料金も高いGW・お盆・正月休みのときは遠方へは出かけません。

大体が近場で過ごしますが、今年のお盆休みも結局は金沢と福井が一番遠くまで出かけた場所です。

さて、今日はそんなお盆休みの最中に行った美術館について書きます。

まずは、小松市にある「八十山雅子・和代美術館」です。
八十山和代美術館 (3)

昔からよく存じ上げている八十山和代さんが、2011年11月9日にふる里小松にオープンした美術館で、彼女とお母さん、お二人の絵が展示されています。

マジでエネルギッシュな女性で、日本、いや世界中に友人が居らっしゃって、話も行動もパワフルそのもの。素晴らしいかたです。

なお、今年10月22日~12月10日まで京都高台寺で「八十山和代特別展」が開催されます。高台寺は、秀吉の正妻ねねが、亡き夫を弔うために開いたお寺ですね。
八十山和代美術館

その特別展に向けて、こちらの襖絵を制作中でした。地下茎でつなっている素晴らしい孟宗竹の絵ですね。

八十山雅子・和代美術館
石川県小松市村松町153
TEL 0761-43-3458
10:00~17:00(入館は16:30までに)
月曜休館


福井市美術館

妻がどうしても行きたいということでお供してきました。
福井市美術館 (13)

下馬中央公園に隣接する、愛称「アートラボふくい」の一角にあります。私も初めて行きました。

コンセプトは「みる」と「つくる」が一体化した美術館ということ。
福井市美術館 (3)

設計は黒川記章氏。全面ガラスでR形状というと、何となく、新国立美術館にも似ているような気がします。

さぞかし施工会社は苦労したことでしょう……?(苦笑)
福井市美術館 (5)

あと、著名な建築家だからでしょうか、著作権の関係で、展示品以外の館内にも写真撮影に制限があります。ご注意を。
福井市美術館 (9)

今回アップしている写真もokかどうか確認しながら写しました。^^;
福井市美術館 (6)

さて、「フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展」は全国を巡回している企画展で、料金は大人一人1,200円。
福井市美術館 (14)

フィンランドのデザインはシンプルで明るいものが多いと思いますが、そのためか飽きがこずに愛着がわく品々が多い気がします。
福井市美術館 (12)

ただ私は、それほど興味のあるジャンルではなかったので、見終ってもそんなものか、といった感じでしたが、妻はいたく気に入ったようで、ミュージアムショップで、ポーチや、こんなポスターなど買っていました。
福井市美術館 (16)

そして帰ってからも、ロゼ・スプマンテをフィンランドのイッタラ社のレンピグラスで飲んでいました。^^;
福井市美術館  (3)

飲んだのは、「ジャック・セロス」の当主アンセロム・セロス氏が「フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ」とタッグを組んで作ったワイン「DUBL」。神の雫でも出てくるそうです。辛口で美味しかったです。注:このワイン自体はフィンランドとは関係ありません。^^;

ちなみに、「フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展」は、福井市美術館では9月3日までの開催です。

福井市美術館
福井県福井市下馬3丁目1111
9:00~17:15(入館は16:45まで)
月曜(祝日の場合は翌日)
祝日の翌日(日曜日を除く)休館


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昔、大阪に住んでいた時に行ったことがある、スペインバスク地方の料理を食べさせてくれるお店「エチョラ」。
ガストロテカ ビメンディ (4)

私が大阪に住んでいるときに行ったお店の中では、非常に印象に残っているお店の中のひとつです。

ただ、その時に料理を作っていた山本シェフはすでにお店を辞められてしまっています。残念です。

スペイン料理のお店は大阪には何店もあると思うのですが、2011年初めはバスク地方の料理を食べさせてくれるお店は当時は少なかったということもあって、「エチョラ」はオープン当時からずっと人気店として、テレビや雑誌などでも何度も取り上がられていました。

そんな人気店が、私が大阪から離れた後に2号店を出していました。「エチョラ」の道を挟んで真向いという近さです。

こんなに近くにセカンドブランドのお店を出すケースは、珍しいかもしれません。でも、まぁ、考えたらお店のクオリティをオーナーが管理しやすいことが利点と言えるかもしれません。

実は「エチョラ」は、ルクア地下1階の「オペーク オオサカ」で、もう一軒「ガストロテカ ボルダッチョ」というお店も営業されていましたが、こちらは「オペーク オオサカ」の閉店に伴って今年年1月末にクローズされています。
ガストロテカ ビメンディ (5)

さて、ここ「ガストロテカ ビメンディ」は、スペインバスクバルとしての位置付けです。店名の「ガストロテカ(gastroteka)」は「美食空間」、「ビメンディ(bimendi)」は「二つの山」の意味だそうです。

スペインといえば、グルメの世界では世界的に有名なお店がたくさんあって、地中海の食事として、和食と同じくユネスコの無形文化遺産に登録されています。

バスク地方の有名な都市サン・チェバスチャンは美食都市としても有名で、ミシュランガイドでも小さな都市にもかかわらず3つ星レストランを2つも輩出しているほどです。

我々は、梅雨真っ只中のとある土曜日。ランチに予約を入れて伺いました。
ガストロテカ ビメンディ (9)

お店は意外に広いです。カウンター席にテーブル席で40人ぐらいは入れそうです。外にはテラス席もあります。
ガストロテカ ビメンディ (10)

この日すでに相当歩いてきたためにのどが渇いたので、ランチを頼む前に、食前酒としてバスク産ワインを頼むことにしました。
ガストロテカ ビメンディ

二人で、白とロゼをお願いして、シェアして飲みます。
ガストロテカ ビメンディ (2)

大きめのグラスに、デカンタージュするときのように高所からワインをそそぎ入れます。香りが立ちます。

バスク産ワインは「チャコリ」といい、微発砲性で辛口。酸味も強いワインでしたが、アルコール度数は低いということでした。ランチ飲みにちょうどいいですね。
ガストロテカ ビメンディ (13)

白は「レサバル(Rezabal)」というワイン。ロゼは「アメストイ ルベソティス(Amestoi rubentis)」というワインで両方とも一杯700円でした。
ガストロテカ ビメンディ (12)

そして肝心のランチのほうですが、月替わりメニューになっていて、7月はこんな感じです。

タパス盛り合わせ、トマトのガスパチョ、メイン、パンが付いて何と1,000円!なかなか良心的です。

デザートと飲み物は追加料金が必要です。

個人的には、デザートと飲み物が別途のほうがありがたいと思っています。特にこの日は、大阪でもカフェなどに行って飲み食いする予定だったからです。

こちらのお店は「ボカディージョ」という、いわゆるスペイン・サンドウィッチが有名なのですが、我々は先ほどと同じ理由で、パンが多めのサンドウィッチはパスすることにしました。
ガストロテカ ビメンディ (14)

まず、オーダーしてすぐにこちらの「タパス盛り合わせ」と、スープの「トマトのガスパチョ」が運ばれてきます。ワインのアテにちょうど良かったです。
ガストロテカ ビメンディ (16)

夏なので冷製のタパスと冷たいガスパッチョがうれしかったですね。

タパスの中の右下にある生ハムの下はナスです。右上のムースの下はレンズ豆でした。

メインは3種類から私は、肉系のメインを避けるために必然的に「サーモンのエスカベッチェ」でお願いしました。
ガストロテカ ビメンディ (21)

ランチのこの値段だと、食材にそれほどコストをかられないと思いますが、味のほうを工夫されていました。オリーブオイルのマリネ液、ビネガーの酸味も非常に効いていました。
ガストロテカ ビメンディ (20)

妻のほうは「サツマイモ豚の鉄板焼とピペラーダ」をチョイス。サツマイモ豚ということは鹿児島産の豚ですね。

ピペラーダとは、玉ねぎとピーマンを炒め煮にしたバスク地方のソースのことです。
ガストロテカ ビメンディ (19)

ランチには、サンドウィッチの「ボカディージョ」以外は、こちらのパンも付いてきます。

1,000円で、この内容のスペイン料理を楽しめたのはコスパ的には最高でした。味的にも満足できました。おすすめの一軒です。ご馳走様でした。

ガストロテカ ビメンディ(gastroteka bimendi)
大阪府大阪市西区靭本町1-5-9
 ボヌールエイワ 1F
TEL 06-6479-1506
12:00~24:00
ランチタイム12:00~15:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ