あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:メガ盛り

学生も多い街、神保町にはカレー店が多く存在している。

カレーの種類も、欧風ありインドやタイ、スリランカのアジア系、さらには和風や家庭料理系まで幅広く存在している。

私のブログでも、これまでも何店か紹介してきたが、なかなか個性派揃いであった。
まんてん

さて、今日紹介するのは、そんな学生の街、神保町にあって、値段が安くメガ盛りのカレーで人気があるお店「まんてん」。

もちろん学生だけではなく、周辺のオフィス街で働くビジネスマンにも人気があるのだが、同じカレー店でも、欧風やアジア系のカレー店とは違って、女性客が極端に少ないのが特徴かもしれない。
まんてん (2)

その理由は行ってみればすぐにわかるが、食堂風のどう見てもきれいそうには見えない外観(失礼)。そしてデフォルトでメガ盛りが出され、かつ野菜の影も形も見えないようなカレーの種類。なるほど!といった感じである。これは決してけなしているわけではなく、ある意味、凄いこと。
まんてん (3)

お店の外には昔の定食屋さんか、洋食系のお店のようなサンプルケースが置かれ、店内で出されるカレーがどんなものなのかを知ることが出来る。これを見ただけで量の多いカレーだというのがわかる。さも、この量が食べられない人は入ってはダメ!と言われているようである。^^;

この日、正午15分前にはお店の到着するも、すでに満席だった。私はすぐに入ることができたが、もう一人は2分ほど待ってすぐに入ることが出来た。カレーという料理の特製で回転が速いのだろう?

店内は厨房をぐるりと囲んで、コの字のカウンターがデンとある。その周りに客は座り、すぐにオーダーをする。
まんてん (7)

すると、まずデミカップのアイスコーヒー(夏だったのでアイス?寒い季節はホットなのかな?)とスプーンが中に入れられた水が出される。

私が頼んだのは、カレー店でメニュー設定しているところはそれほどないと思われるシュウマイカレー。このボリュームで600円という値段は素晴らしい。
まんてん (4)

シュウマイはオーダー受けてからパン粉を付けて揚げられる。シュウマイ自体のメニュー設定も珍しがさらに揚げられているのを使っているのは、より希少価値かもしれない。
まんてん (6)

ただ、このカレーは揚げ物との相性が抜群にいい。

カレーそのものは、欧風のジャンルに入るのだろう?まぁ、家庭のカレーやむかし大学時代に学食で食べた粉っぽいカレーに似ているような気もする。おっと!「まんてん」のカレーは決して粉っぽくないですよ!

そういえば、ここまで書いて気が付いたが、「まんてん」という店名、もしかしたら学生の街ということで、このカレーを食べてテストでも「満点」を取ってほしいという願いを表したのかな?

カレーにはひき肉がたっぷり入っているが、野菜は溶けこんでいるのか、影も形もない。何となくキーマカレーっぽいと言えるかもしれない。

シュウマイは3個乗せられている。衣もまとっているのでボリューム感もある。そしてシュウマイが乗せられた後にもルゥが追加で掛けられる。

ご飯も普通のカレー店では、ゆうに大盛り以上はあると思われる量が盛られ、その量に見合うたっぷりなルゥ、そして存在感のあるシュウマイが3個も乗せられていて、見ただけでお腹が一杯になる。^^;

しかし、他の人のオーダーを聞いていると、常連さんらしい人は、大盛りにしてさらにトッピングの追加をするという大食漢の方が何名もいた。何という胃袋だ!?

味的にはそれほど辛くなくマイルド。万人向けのクセになる味でなかなか美味しい。揚げ立てのシュウマイもそこそこイケル。

しかしながら食べ進めると途中で多少の飽きも来るので、福神漬けを乗せながら食べ進め、何とか最後まで食べることが出来た。ただその後の時間帯は膨満感と戦うことになってしまったが……。^^;
まんてん (5)

こちらは一緒に行った人が頼んだウィンナーカレー。同じく600円である。赤ウインナーが懐かしい。

私たちが食べ終わり外に出ると、6,7名の方が並んでいた。さすがに人気のお店である。ご馳走様でした。

まんてん
東京都千代田区神田神保町1-54
TEL 03-3291-3274
月~金11:00~20:00
土11:00~16:00
日祝休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング   

最近は私も、一回の食事で食べる量がめっきり減ったと思う。

それに伴い、メガ盛りのお店にも行くことがなくなってしまった。
男飯ロッキー

この手のお店に、今回久しぶりに行ったのは、「男飯ロッキー」という、今年3月に小松市北浅井町にオープンした、お肉系男飯のお店である。

調べたら「土居原マート たじま屋」の経営となっていたが、ここは、中華の勝ちゃんの近くにあった惣菜屋さんのことだ。いつの間にか、能美市に移転とかで閉店になっていたのだが、今度は、こんなお店をオープンしたのか?

7月のとある日曜日、11:30ごろにお店に到着。営業は11時からと早く、すでに3組のお客さんが食事をしていた。

サービスはセルフ形式で、最初にオーダー~お金を払って席について待つ。出来たらテーブルナンバーで呼ばれる。
男飯ロッキー (2)

メニューは、最初は肉飯と煮豚飯、そして日替わりランチだけだったのが、私が行った時には、写真のように、といっても少しわかりづらいと思うが、新メニュー追加の連続でメニュー(品書き)が非常にわかりづらくなっている気がした。

ちなみに煮豚飯はメニューにはなくなっていた。

さて、そんな中から私が選んだのは、Roundメニューという、いくつかの種類の料理3種類を盛り合わせたセットメニュー。今回はその中から、Round4を頼んでみた。

ちなみにRound4の組合せは、ハンバーグ・厚切りロングベーコン・目玉焼きとなっている。

他には、海老フライ、唐揚げ、肉盛り、牛カルビ、豚生姜焼き、チキン南蛮が組み合わせる料理となっていた。
男飯ロッキー (4)

出されたのがこちらだが、ライス・味噌汁付で税込950円はお得な値段である。ちなみに、ライスは、これでも小にしてもらった量である。

う~ん、野菜の影も形もないし、彩りも寂しい気がする。もっとも「男飯」がウリなお店だけに、それも自然なのかもしれないが。
男飯ロッキー (5)

ハンバーグはお店の中心的メニューのようだが、肉汁じゅわ~!という感じより、しっかり食感でほど良い肉汁タイプのハンバーグだった。

ベーコンは、長いのはいいのだが、噛み切るのに少し大変だった。3~4個に切ってくれるとありがたかったかも?

結局、おかずだけで相当お腹が一杯になったので、ライスは小サイズでも食べきれず、3分の1くらい残してしまった。

ちなみにお店の一押しメニュー「肉飯」には、普通サイズが「盛」、その上が「盛盛」、そしてそのまた上が「盛盛盛」という呼び方が付いていた。

普通サイズの「盛」でも、私にとっては食べきれないのに、その上のサイズを食べきる人って、どんななんだろう?

残念ながら私が食べている間に、「盛盛」以上のを頼む人はいなかったので確認は出来なかったが。

さすがに客層は若くて大柄な男性が多かった気がするが、はたしてメガ盛りの聖地となるのか?楽しみである。ご馳走様でした。

男飯ロッキー
石川県小松市北浅井町ち1-1
TEL 0761-46-6811 
11:00~14:00
17:00~20:00
不定休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング          

このページのトップヘ