あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:マグロ

9年前に福岡にいた時は、警固の国体道路沿いのマンションに住んでいました。

前回、その住んでいたところの周辺を散策してきたことは少し前に書きましたが、今日は夜食事をしたお店を紹介したいと思います。

さて福岡といえば、玄界灘を臨む土地柄、新鮮な海の幸を楽しむことが出来ます。

そんな福岡の鮨屋の特徴の一つが、おまかせで入ると鮨の前におつまみの料理が多く出されるということです。

なので、ついつい酒を飲み過ぎてしまうということです。^^;

江戸の昔は、江戸っ子は鮨屋で飲みすぎるのはあまり粋じゃないと言われていたようですが、さすが九州!酒を愉しむための鮨店なのですね。お店によっては握りよりおつまみ・料理の方がボリュームがあることもあります。

ちなみに私のブログで、過去に石川・大阪・福岡の鮨についての考察を書いているので、興味のある方はそちらの方も参考にしてほしいと思います。

さて本題です。福岡で夜食べに行ったところは、薬院にある「鮨 巳之七(みのしち)」という比較的新しいお店です。

当然私が福岡に住んでいた時はまだなかったお店です。

福岡では、昔は何らかの一仕事をした鮨を出すお店が少なかったのですが、最近は普通にあって、見つけるのに苦労しなくなりました。こちらの「鮨 巳之七」もその一軒です。
鮨 巳之七 (2)

外観は鮨屋とはわからない作りで、暖簾もありません。ラウンジと間違えてもおかしくないかもしれません。お店の小さな看板のようなものに灯りが付いたら営業開始です。

我々は事前に予約を入れて、オープン時間の18時にお邪魔しました。
鮨 巳之七 (3)

カウンターのみの8席。カウンターは少し角度が付けられています。

寿司置きの盛台は有田焼。このような模様のそば猪口が我が家にあります。
鮨 巳之七 (4)

超太い山葵です。

コースはおまかせで1万円でした。

ご主人の実家が中洲で鮨店をやっていたようです。お店はご夫妻で切り盛りされていて、ご主人は花のお江戸で修業されています。

そのうちの一軒が下高井戸の「旭鮨」。他にも修業されていた鮨店もあって、そのため鮨は江戸前風の何かしら仕事がされている握りです。

このお話の後、金沢の鮨店のお話で盛り上がりました。色々行かれているようで勉強熱心な方でした。昔アパホテルにお店があったときの「小松弥助」に食べに行って「旭鮨」で修業させてもらっていると話したら、わざわざ森田さんが店まで食べに来てくれたことがあるそうです。

それでは本題です。先ほど書いたように、おつまみ系の料理が最初から続きます。

おつまみ系は、和食の基本を意識している形で、揚げ物や蒸し物なども出されます。
鮨 巳之七 (5)

まずは相当歩いてのどが渇いていたためハートランドの生ビールで乾杯です。

最初に小石原焼のお皿に盛られて出されたのは、ホタルイカ。福岡の地酒「繁桝」の酒粕で作ったソースがかけられていて、脇にはワサビの葉と茎が添えられていました。
鮨 巳之七 (6)

ほんのり酒の匂いとワサビのピリッと心地よい辛みを感じながら楽しむことが出来ます。

その後、刺身が何種類か出されます。
鮨 巳之七 (8)

醤油をつけるのではなく自家製の煎り酒で食べます。珍しいですね。

こちらは福岡県産のヤヒロという一般的にはヒラスズキと呼ばれる魚。
鮨 巳之七 (7)

噛むと弾力がありながら熟成されたうま味を感じる魚でした。

寿司置きの盛台は有田焼。このような模様のそば猪口が我が家にあります。

ヒラメです。色々な部位を少しずつ切り分けてあります。
鮨 巳之七 (9)

手前に見えるのが脂がのっている部分です。食感と脂ののりの違いを楽しめました。

こちらは鐘崎漁港の宗像あなご。脂がのっていてとても美味しかったです。
鮨 巳之七 (14)

上に乗せられているのは、ナマコの卵巣「このわた」と貝ワタで作られた塩辛のようなもの。粋な組み合わせでした。

こちらはアカメフグという小さめのフグです。
鮨 巳之七 (15)

それを軽くタタキで食べさせてくれます。九重葛(クジュウクズ)が下に敷かれていて、弾力あるフグと葛の食感の違いも楽しむことが出来ます。

こちらは佐賀のミルガイと「なの」のアオサにダシ酢をかけてあります。
鮨 巳之七 (19)

「なの」と聞きましたが「那の川」?「那の津」?のことでしょうか??

お次はワタリガニと佐賀ウニを少量の酢飯の上に乗せてあります。
鮨 巳之七 (21)

これをかき混ぜて食べると、カニとウニのうま味がハーモニーを奏でます。

こちらは天然の12kgのヒラマサに、香ばしくて少し甘辛い焦し胡麻だれがかけれてあります。
鮨 巳之七 (23)

ヒラマサも締まった食感を楽しめる身と脂が乗った腹の部分で味の違いを楽しめました。
鮨 巳之七 (26)

揚げ物は福岡産のオコゼの唐揚げ。
鮨 巳之七 (28)

蒸し物は牛スジと梅干の茶碗蒸しでしたが、私は肉が苦手で、こちらも少し食べましたがダメで、妻の胃袋に消えました。^^;

ここから握りに移ります。

と、その前に。これだけのおつまみ系が出されるわけですから酒が当然進むわけです。飲んだ日本酒について握りの紹介の前に書きます。
鮨 巳之七 (12)

金沢のほうから来たということで九谷焼の酒器も。
鮨 巳之七 (17)

色々出してくれて楽しめました。

生ビールの後に飲む酒は、ご主人にお任せしました。これから出される料理に何が合うかは聞いたほうがいいと思ったからです。

最初は福岡の寒北斗酒造の「30VISION壽限無超辛口純米無濾過生原酒」です。
鮨 巳之七 (11)

麹米を45%まで磨きこんだ大吟醸の磨きです、

名前の通り超辛口でしたが、スッキリ切れの良さでこれから暑くなる季節にいい酒のような気がしました。

お次は久留米の山の壽酒造が出している福岡県内限定ブランド「山の壽 万作」の純米吟醸です。
鮨 巳之七 (16)

こちらも辛口の酒でした。

最後は同じく福岡の若波酒造の「蜻蛉(とんぼ)」特別純米酒の季節とんぼで黒とんぼと言われている酒のようです。黒とんぼなのでラベルの文字も黒!読めません。^^;
鮨 巳之七 (24)

無濾過原酒で爽やかな香味と素直なうま味がいい酒でした。

さて握りの紹介です。で、この時点で飲み過ぎたためと、2軒目にもう一軒行きたいお店があったので、このあたりでお酒をストップして私は握りは純粋にそれだけで楽しむことにしました。

シャリは少なめで握られています。まぁ、確かに握りに移るまでに相当飲み食いしているのでちょうどいい具合です。

最初は福岡産のヤリイカ。こちらも色々な部位で食感の違いを楽しませてくれました。
鮨 巳之七 (31)

「元寇(げんこう)」という、玄界灘に浮かぶ「馬渡島(まだらじま)」で見つかった固有の品種の香酸柑橘を搾ってあります。乗せられている黒めの小さな粒は朝倉山椒。ピリッと舌に刺激が心地よい風味付けでした。
鮨 巳之七 (32)

こちらのサヨリはひとひねりしてまかれています。
鮨 巳之七 (33)

アジは生姜醤油がテッパンですね。
鮨 巳之七 (35)

身が締まった赤貝。きれいな色です。
鮨 巳之七 (36)

マグロは上品な脂身の中トロと、
鮨 巳之七 (37)

赤身はヅケで。

いいマグロでした。
鮨 巳之七 (38)

こちらはウニとイクラのミニ丼ぶり。
鮨 巳之七 (39)

ここでご主人が車海老を炭火で炙ります。
鮨 巳之七 (40)

まずは頭を網に乗せて。こちらは少しあとで出てきました。
鮨 巳之七 (45)

身は軽く炙り握りにします。ミソは生のままでシャリとの間にいれられています。
鮨 巳之七 (43)

レアな感じで温かいうちに食べると、甘みとうま味が口の中に広がります。食感もこれまで食べたことがないような感じ。なかなかです。
鮨 巳之七 (42)

ここでお味噌汁も出されます。具の豆腐にも下処理がされているような気がしました。

対馬産の穴子を使った煮穴子。
鮨 巳之七 (44)

私の好みのそれほど甘くないツメが塗られていました。
鮨 巳之七 (46)

そして最後の玉子が出されて締めです。
鮨 巳之七 (30)

ちなみにこちらのお店のガリはこの時期の新生姜を使用して作っていました。
鮨 巳之七 (29)

こちらも口に中をリセットするのによかったです。

以上、飲み食いして2人で3万円弱。納得のコスパでした。

品数・量とも多く、さすがにお腹も満腹になりましたね。しかし、きめ細やかな仕事ぶりを感じさせてくれる品々。味も含めて満足度は高いです。

お店を出ていくとき、ご主人と奥さまが見送りに出てくれました。もう一度来たくなるお店の一軒です。ご馳走様でした。

鮨 巳之七(みのしち)
福岡県福岡市中央区薬院2-18-13
TEL 092-716-2520
18:00~22:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

東京は全国各地の出身者が集まってきている街です。

そして、全国各地の郷土料理や名物料理をウリにしている飲食店も多く存在しています。
オサカナジャック (14)

今日紹介します神保町の「オサカナジャック」は、島根県の食材を使った料理を食べさせてくれるお店なのです。今年5月にオープンしたお店ということで比較的新しいですね。

島根県は、私の住む石川県と同じ日本海側の県で、魚介類については似たようなものが獲れます。

私も大阪に住んでいるときは、島根県にも時々出張などで行く機会があったので、特に宍道湖の周辺の美味しい料理を食べたこともあります。

食べたのは、ご存じシジミ料理出雲そば鯛めし、そして宍道湖の七珍の一つ「うなぎ」などです。
オサカナジャック (2)

さて、「オサカナジャック」は、和食のお店ではありません。シーフードバルということでワインを飲みながら島根の食材を使用した洋食系の料理を楽しむお店です。もちろん野菜に関しても島根から取り寄せたものも使っているようです。

もっとも今回はランチを食べに行ってきたので、その片鱗を垣間見たわけではありません。
オサカナジャック

そのランチメニューはこんな感じです。

実は私は「海老出汁香る!トマトクリームのビスクヌードル」を食べようと思ったのですが、4人で行ったうち、残りの3名がそれを頼んでしまいました。

ブロガーとしては、せっかく4名で行ったのに一種類だけの紹介ではマズイ!という意思が働いたのです。

そこで、私のみ「オサカナ丼(900円)」にすることにしました。^^;
オサカナジャック (5)

まず最初に出されたのはサラダです。
オサカナジャック (7)

そしてカップスープです。写真で見ると普通のティーカップのようですが、本当に小さなカップでした。
オサカナジャック (6)

そしてメインの海鮮丼。石川のほうではいわゆる「まかない丼」と呼ぶ海鮮丼ですね。テーブルには生姜ソースとわさびソース?が置かれていて、これらをかけて食べます。
オサカナジャック (10)

乗せられているメジマグロかビン長マグロのような魚とイクラが主体でした。

島根色ってあまりないですね?(笑い) まぁ、900円のセットですから…、ぜいたくは言えません。^^;

おっと!そういえば、島根のお隣の鳥取県の境港は、生マグロの水揚げが日本一でした。(マグロは冷凍で水揚げされるものが圧倒的に多いのです)

やはり海鮮丼は、日本海側で食べるに限ります。
オサカナジャック (9)

さて、一緒に行ったメンバー3人が頼んだ「海老出汁香る!トマトクリームのビスクヌードル」がこちらです。
オサカナジャック (8)

このメニューにはスープが付かないかわりに、バゲットが付いてきました。

スープはエビと野菜で出汁をとってトマトで酸味を出しているようです。麺はラーメンで、イタリアンテイストなラーメンと言う感じです。途中で添えられている生クリームを加えると、コクが加わって味の変化を楽しめます。

味のほうは私は食べていないのでわかりませんが、聞くと美味しかったそうです。特にエビの旨みが効いているみたいです。ただ、振りかけられているのはサクラエビ。でもサクラエビって島根で獲れましたっけ?静岡ですよね?

まぁ、色々ありますが、美味しければいいということでしょうね。

最後にドリンクも付いていますが、こちらのほうはテイクアウトに変更も可能でした。
オサカナジャック (12)

私はアイスティーを頼みました。
オサカナジャック (13)

コーヒーもホットとアイスがチョイス出来ます。
オサカナジャック (3)

ちなみに、この日の夜のメニューはこんな感じになっていました。

いかがでしょうか?皆さんもお試しあれ!ご馳走様でした。

オサカナジャック
東京都千代田区神田神保町2-48
TEL 03-6272-6634
11:30~14:00(土曜日ランチはご予約のみ営業)
17:00~23:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪に住んでいるときも、京橋界隈にはほとんど行くことがありませんでした。

京阪電車は京都、それも四条河原町辺りに行くときには、よく利用していましたが、京橋はいつも通過するだけのエリアでした。

今回は京都からの移動で、京橋で環状線に乗り換えるために下車。ちょうどお昼前の到着予定だったので、事前に調べておいたこちらのお店に入ることにしました。
ゑんどう

ゑんどう寿司は、中央市場に本店?があって、創業は何と!100年以上という老舗の寿司屋です。
ゑんどう (11)

「つかみ寿司」というのが有名らしく、一般的な握り寿司のように、しっかりとシャリを握るのでなく、ふわっと掴む感じで握るようです。ネタも上にのっけただけで、あまり見たことがない握りです。

普段は大阪ではそれほど寿司店に行きたいとは思わないのですが、今回、こちらの「つかみ寿司」に興味があったので行ってみることにしました。

京阪ホテルの棟のほうの京阪モールの5階レストラン街に店舗はありますが、京阪京橋駅からは少し迷路のような感じで、初めて京阪電車を利用してきた人にとっては少しわかりづらかったです。
ゑんどう (12)

11:30頃にお店に到着。内部は思ったより広いです。で、一人だったのでカウンター席に座ります。
ゑんどう (8)

入口には英語のメニューも出されていました。インバンド需要を取り込むということです。
ゑんどう (10)

ちなみに、こちらのメニューに出ているのが、店一番の人気の品だという「上まぜ」。いわゆる上寿司で、一皿毎に異なるネタが5貫のっていて税込1,134円です。

最初、私もそれにしようかと思っていたのですが、5貫ではお腹がふくれないので2皿頼むと2,268円。それに赤だしを頼むと+324円となり、トータルでは2,592円となるわけです。

そこで少し思案して、結局、お昼限定(15時まで)のランチメニュー「お昼のお弁当(1,296円)」にすることにしました。約半額ですから。

もちろん、ネタは「上まぜ」のほうがいいに決まっているのですが、「お昼のお弁当」にはウリの赤だしも付いていますし、今回行きたかったり理由「つかみ寿司」というものを食べられればいいかなぁ~ということです。

で、出されたのがこちら。
ゑんどう (2)

マグロ2貫、鉄火巻きも2個とマグロが多いですね。アナゴ、バッテラなど大阪の押し寿司も入っています。

「つかみ寿司」はしっかりと握られていないため、口の中ではらりとほどける感じを出しやすくしているのですが、逆に手や箸でつかみにくくなっています。
ゑんどう (7)

そこで醤油はこちらの刷毛で塗るのです。
ゑんどう (6)

食べてみると、形は握りというより確かに崩れた形ですが、でも、最初思っていたよりはしっかりしている感じです。

私にとってはこのぐらいの量がちょうどいいです。
ゑんどう (4)

赤だしのほうは、具材のメインはしじみ。三つ葉やミョウガもたっぷり入っています。ゆずの香り、そして舌にピリッと来る山椒も入れられています。

ただ、山椒は好みが分かれるかもしれませんね。

今後、京橋に来ることがあるかどうかわかりませんが、次回は「上まぜ」を食べてみたいと思います。ご馳走様でした。

えんどう(ゑんどう)寿司
大阪府大阪市都島区東野田町2-1-38
 京阪モール5F
TEL 050-5592-7599
11:00~22:00(L.O.21:30)
年中無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

野々市は鮨の超有名店がいくつかあるエリアです。

その中でも、太平寿しとめくみが両巨頭です。
三竹1

もっとも、こちらの2軒に行くときは、お値段的にそれなりの覚悟が必要です。^^;

今日は、そんな激戦地、それも太平寿しとめくみのすぐ近くに果敢にお店を出された「三竹(ミタケ)」にお邪魔してきました。

場所は国道8号線と157号線から少し入った住宅街。ひっそりとある隠れ家的なお店です。
三竹 (26)

住居併設で新しくお店を建てられたそうですが、お聞きすると、ご主人は出身が小松。それも通った学校が少しかぶっていました。もちろん、だいぶ年が違いますが……^^;
三竹 (8)

それで一気に親しみがわきました!(笑い)

東京銀座の鮨店で修業後にUターンされ、3年前にこちらのお店をオープンしています。
三竹 (5)

中に入ると、思ったより広い店内。カウンター席もゆったり目にイスが配置されていました。そのイスも普通の鮨店より低めなものを置いているそうで、床に足を付けてくつろいでほしいという考えからだそうです。
三竹 (13)

テーブル席もありました。こちらもゆったり目のスペースです。

ランチタイムの営業は事前予約のみですが、これはご夫婦で切り盛りされているので、なるべく負荷を少なくするためのようですね。予約が入らなかった日はランチはお休みということです。

我々は7月の3連休の土曜日にお邪魔しましたが、お昼は遅めの時間にもう一組予約が入っていました。

お品書きは特になく、ランチタイムはおまかせ握り10貫と味噌汁・茶碗蒸しが付いていて3,400円。他にも希望に応じて、刺身やお好みの握りの追加などは可能となっています。
三竹 (7)

ランチタイムでも、こちらの黒板に書かれている、夜の単品料理も可能だということでした。

まず出されたのは、赤イカ。
三竹 (9)

小松弥助の森田さんや、ひがし茶屋街のみつ川さんのように、細かく包丁を入れ、絡めて握ります。中には少量の梅肉が入っていて、こちらの白いほうの岩塩をおろし金で削ってかけ、そして酢橘も絞ります。
三竹 (23)

イカの甘みと、梅肉のほんのりとした酸味、そして岩塩の塩気とうま味がマッチして美味しかったです。

こちらのお店は、すべての握りが何らかの仕事をして出されるので、醤油は使いません。
三竹 (10)

これはナメラです。キジハタですね。
三竹 (12)

アジも脂が乗って、ちょうどいい季節でした。生姜醤油です。
三竹 (15)

イワシもめちゃめちゃ脂が乗っていました。
三竹 (16)

ノドグロは皮目を炙って、もみじおろし醤油で食べさせてくれました。上品な脂に香ばしさがほんのり加わっていい塩梅です。
三竹 (17)

トロも煮切りと相性よかったですね。
三竹 (18)

梅貝。コリッとした食感。金沢の鮨ネタの代表格になりました。
三竹 (20)

甘えびに乗せられたミソは、酒粕に漬けこんでいるそうです。
三竹 (21)

ウニ。塩水ウニ使用で、海苔を巻いていません。石川の鮨店ではこのタイプが多くなりました。
三竹 (24)

最後は穴子でした。ほどよいツメの甘さと蒸し焼きされた穴子が口の中でとろけてハーモニーを奏でます。
三竹 (14)

あと、ランチには上品な出汁の茶碗蒸しと、
三竹 (22)

たっぷりのアオサの味噌汁が付いていました。

両方とも美味しかったです。

利用する状況によって、太平寿しとめくみのような高級店や、三竹さん。さらには回転寿司のお店など、上手に鮨店を使い分けていけばいいと思いました。

何れにせよ、激戦地で頑張るご主人。同じ小松出身の私としては、今後も応援していきたいと思います。ご馳走様でした。

鮨処 三竹
石川県野々市市堀内5-61
TEL 076-287-5859
17:00~23:00
お昼は予約のみ
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回の大阪出張では、夜は2日とも道頓堀のお店で飲み食いしました。
喜多蔵 (22)

グリコの看板も燃えるように燦然と輝いていましたね。

まぁ、宿泊するホテルが道頓堀近くだったためですが、個人的には久しぶりに大阪で観光客気分を味わったような気がします。

大阪から離れて5年経ちますが、これまでは大阪に来ると、なんとなく大阪へ帰ってきたような感覚でした。これも月日がそうさせてくれるのかもしれません……?

そういえば、大阪に新居を探しに来て最初にディナーを食べたのも道頓堀でした。当時が懐かしいですね。

さて、本題です。この日も仲間と4人で居酒屋で一杯飲みに行くことに。

くいだおれの街は、相変わらず多くの人で賑わっていました。言葉を聞いているとアジア系の観光客が相変わらず多いです。

この日一緒に行った人たちは日本酒好きの人が多かったので、この手の色々な地域の日本酒の品揃えが豊富なお店をチョイスしてみました。
喜多蔵

お店は道頓堀橋のたもとの小さな雑居ビルの2階にあります。ピントが合っていません。^^;

こちらのお店のウリは「黒門市場」などからも仕入れますが、新鮮な産直仕入れの魚介もあり。秋田の希少な酒米で作られた無濾過生原酒「阿櫻」などこだわりの日本酒。そしてマグロの希少部位を食べられることなどです。

そんなお店でワイワイと楽しんできました。
喜多蔵 (9)

まずは皆さんは生ビールで乾杯。
喜多蔵 (11)

私はハイボールです。そしてお通し煮物。

料理のほうは、まずは「本日のおすすめ」から、「本マグロ5種食べ比べ(1,580円)」を2つ頼みます。2人前でちょうど4切れずつの人数分となっています。
喜多蔵 (13)

こちらは中トロ、赤身、脳天だったかな?赤身でも脂が乗っていました。中トロなんて口に中で溶けるほど。
喜多蔵 (12)

これはほほ肉とあご肉。どれも最高に脂が乗っていました。

脳天や、ほほ肉、あご肉なんて部位は、動物のお肉なら色々な部位を楽しむことが出来ますが、魚の肉ではあまり普段は口にすることなんてないので、これはなかなか興味使い経験でした。
喜多蔵 (14)

野菜物は「海鮮シーザーサラダ(980円)」です。
喜多蔵 (16)

「豚バラ肉のしょうが焼き(680円)」は私は食べていません。
喜多蔵 (17)

こちらは久しぶりに食べる「海老パンはさみ揚げ(780円)」。揚げ立てでサクッとした食感と海老のうま味がいいです。
喜多蔵 (18)

「浅利たっぷり酒蒸し(880円)」。浅利のダシがきいています。
喜多蔵 (20)

こちらは「たこバター炒め(800円)」。
喜多蔵 (21)

「ゴーヤチャンプル(680円)」も頼んでみました。卵でとじられていませんね。

飲み物は、日本酒を楽しむ人もいれば、ハイボールや焼酎を頼む人も。
喜多蔵 (15)

これは前述の秋田の無濾過生原酒「阿櫻」です。半合サイズですね。

一人3~5杯ほど飲んで、以上の料理を食べて締めて4名で2万円ほど。

マグロの希少部位を食べることもできたし、値段もリーズナブルに楽しむことが出来たのでいいお店だったと思います。ご馳走様でした。

道頓堀 酒処 喜多蔵
大阪府大阪市中央区道頓堀2-1-7
 サン道頓堀ビル2F
TEL 050-5868-7991(予約専用)
06-6212-7778(問合せ専用)
18:00~25:00(12:30L.O.)
日曜休(月曜が祝日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ