あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:ポワレ

今日紹介します「フランス料理 PARIGOT(パリゴ)」は2月7日に新しくオープンしたお店です。
パリゴ (24)

「2plats(ドゥ・プラ)」という、前菜1皿と主菜1皿+デザートが献立の基本の「フランスの大衆食文化を伝えるフランス料理店」をコンセプトにしているようです。
パリゴ (6)

場所は片町。日本料理の銭屋さんの斜め前あたりにお店はあり、元々はタイ料理のお店だったところをほぼ居抜きで使っていますが、店内はあまり違和感なくカジュアルなフランス料理の雰囲気に変えています。

あと、厨房とトイレは機材を含めて新調されているようです。
パリゴ (3)

ランチは1,500円で、前菜・メイン・パン・デザート・飲み物が付いています。

ご夫婦お二人で切り盛りされているようですが、奥さまはおめでたで、行った時点でもお腹がだいぶぽっこりされていました。

さてランチの内容としては、前菜もメインもデザートも4~5種類ほどから選べる、いわゆるプリフィックススタイルのコースになっています。

これだけ書くと、まぁ、どこのお店でも設定されているランチコースのようですが、こちらのお店、一品一品が半端なく、いい内容なのです。

ボリュームはもちろん、使っている食材・質、そして味の方もとても1,500円のランチの内容ではありません。

また、ディナーのほうも、この内容以上に選択肢が増え、その上、何と!2,500円なのです。とても素晴らしいと思います。

さて、そのランチを紹介していきます。
パリゴ (8)

この日、とある記念日だったので、乾杯用のシャンパンを頼みます。小さなお店ですが、シャンパンもグラスの設定がありました。ヴーヴ・オーフレイ・ブリュットで800円です。グラスワインの種類も何種類か設定があったりして、少人数の利用にとっては、こんなお店はうれしいですね。あと、ここだけの話、ワイン飲み放題が1,500円!素晴らしいです(ただしハウスワインのみ)。
パリゴ (12)

前菜は5種類からのチョイス。サラダ系の品がほとんどでした。私はその中から「ノルウェーサーモンのマリネと野菜のマリネ」を頼みます。。野菜は種類も量もたっぷり。サーモンは肉厚なのが2切れはいっていました。酸味もほどよくシャンパンに合いました。
パリゴ (11)

妻は、ブリー・ド・モーというイルドフランス地方の特産チーズ、そしてクルミとイチヂクのサラダです。チーズ、クルミ、イチヂクもたっぷりで彼女も喜んでいました。

メインもは5種類でしたが、肉系が4種類で、魚が1種類。私は選択の余地がなく、魚の「真鯛のポワレ、白ワインバターソース」をお願いします。なお、こちらは+500円の追加料金がかかりました。
パリゴ (17)

バターソースもさらりとした感じで食べやすかったです。
パリゴ (15)

妻のほうは「鶏もも肉のきのこと海老づめロースト」です。こちらは追加料金は必要ありません。

丁寧にきのこと海老が中に詰められています。味も美味しいと言っていました。これだけでも1,500円の料金の半分以上しそうです。
パリゴ (9)

バゲットもしっかりとしたものが出されました。自家製でしょうか?塩気もきいていて赤ワインに合いそうです。
パリゴ (13)

ということで、妻は赤ワインも頼んでいました。ハウスワインとして設定されている「ヴォークリューズ ルージュ グルナッシュ(600円)」です。

ワイン好きの彼女によると「いいお店はハウスワインの設定を見ればわかる」と豪語していました。その点では◎だそうです。^^;

そして最後のデザートですが、こちらもびっくりするほど本格的なのが出されます。普通、カジュアルなフレンチレストランで1,500円のランチだと、デザートが付いていてもデミ(プチ)サイズのが出されることが多いのですが、こちらのお店ではフルサイズで、しかも自家製のデザートで、その都度奥さまが作られていました。
パリゴ (18)

4種類からのチョイスですが、私は「クレームダンジョ(Creme D'Anjou)」を選びます。チーズケーキの一種で、フロマージュ・ブラン(フランス語で「白いチーズ」という意味)を使って作られます。

言ってみればヨーグルトのようなチーズケーキで、アイスとヨーグルトの間の食感で酸味もほどよく甘みとのバランスも取れていました。
パリゴ (19)

妻はこちらの「イチゴのミルフィーユ」。サクッとしたパイ生地にイチゴの酸味とカスタードクリームの甘みが、その名の通りミルフィーユのように味を織りなしていたようです。

飲み物ももちろん付いています。
パリゴ (23)

私はハーブティでミント。
パリゴ (20)

妻はエスプレッソです。 

いや~、参りました!フランス料理のお店のランチでは、お値段を含めて本当に久しぶりに感動する内容でした。満足できました。どうもご馳走様でした。

フランス料理 PARIGOT(パリゴ)
石川県金沢市片町2-31-27
 駒井ビル1F
TEL 050-3461-4528
11:30~15:00(L.O.14:00)
18:00~23:00(L.O.22:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

ここは、前は「ローズ・ダイニング」というお店だったのですが、いつの間にかお店の名前が変わっていました。^^;
KAWAKITA Vege TABLE

経営母体はニューハウス工業と変わっていませんが、なぜか店名が変わっています。
KAWAKITA Vege TABLE (12)

「ローズ・ダイニング」の前にも店名が変わっていたりするのですが、理由は何かあるのでしょうか?不思議です。
KAWAKITA Vege TABLE (13)

併設の川北町アトリエ 創作のにわ「NOKI」は、そのまま健在だし、お店自体もほぼ同じ内装で、変わったとすぐにわかるのは、こちらの写真の左にあるお店の看板程度。

今回は、川北町内を中心とした農家さんの朝採れ野菜をたっぷり頂く事ができるレストランとして再出発のようですね。
KAWAKITA Vege TABLE (3)

店内は相変わらず広くて明るいです。

私が行った日曜日は、ご年配の方々の女子会か何かで多くのお客さんがいらっしゃいました。

まさか、こんなに混雑しているとは思わなかったのですが、この日は一人だったので幸いにもカウンター席に案内されました。

この混雑では、料理が出されるまでに相当時間がかかるかと思いましたが、意外に早く出されたのでよかったです。

メニューは、何種類かあって、その内、3種類の「ベジランチ(税別1,200円)」というのがウリのようです。(メニューはこちらを参考に

肉と魚と野菜の3種類ですが、「ベジランチ」というネーミングの通り、3種類とも野菜がたっぷり付いてくるランチになっていて、肉は「チキンの香草焼き」、魚は「トラウトサーモンのポワレ」、野菜は「季節の野菜のロースト」となっていました。

これらのメインはメニューを見る限りは固定のようですが、固定だとリピーターをつかまえるのには不利かもしれません。

私は魚や野菜どちらにするか迷いましたが、野菜は魚にもたっぷりついてくるので、今回は魚に。
KAWAKITA Vege TABLE (4)

最初に小皿とスープが出されます。最初、漬物かと思いましたがコンニャクのマリネ?のようなものでした。スープはミネストローネです。
KAWAKITA Vege TABLE (6)

ほどなく、メインが、ワンプレートのトレイに乗せられて出されます。サラダとガーリックトースト、そして温泉たまごにとろろが少しプラスされたのが乗せられていました。
KAWAKITA Vege TABLE (9)

メインのトラウトサーモンは、黒コショウをたっぷり使ってポワレされていました。海老も添えられていましたね。

ちなみにトラウトサーモンとは、鱒(マス)のことで、詳しくはニジマスを海(海水)で育てたもののことです。
KAWAKITA Vege TABLE (10)

温泉たまごが付いてくるからか、ご飯も出されました。私はガーリックトーストが付いているので、少なめにお願いしました。写真で見るように、ご飯に温泉たまごをかけ、TKG(たまごかけご飯)で食べることにします。
KAWAKITA Vege TABLE (7)

ちなみに、サラダや温泉たまごには、こちらのオイルや塩をかけて食べます。色々種類があってうれしいですね。

このメインプレート、確かに野菜は多かったのですが、先ほどのメニューのページの見た目とは違っていました。

もしかしたら、温泉たまごとご飯が付いてきたので、その分、他の野菜が少なくなったのでしょうか?個人的には、ヘルシーさをウリにしている以上、メニューに載せられていた内容のほうが良かったかも?^^;

なにせ、ご飯、パン、たまごのカロリーが気になる年頃なので……。^^;

食後の飲み物も付いてきます。
KAWAKITA Vege TABLE (11)

コーヒーか紅茶がチョイス出来ます。私は紅茶を頼みました。

広いお店なので、大勢の人数が入ることが出来、パーティーやイベントなどでも使い勝手がよさそうなお店です。

地産地消にも配慮され、野菜中心のヘルシーな「ベジランチ」をウリとした、女性のお客さんにウケるお店となっています。

さて、お店の名前は今後変わるのでしょうか?興味のある所です。ご馳走様でした。

KAWAKITA Vege TABLE(カワキタ ベジテーブル)
石川県能美郡川北町字山田先出2-3
TEL 076-277-2526
10:30~19:00(L.O.)
ベジランチ11:00-15:00
無休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ