あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:ベーグル

今日紹介の「こうぼパン うたたね」。旧店名は「コパン」。
うたたね (2)

前回の紹介で書いていますが、人気のレストランにも供給されています。
うたたね

ネコがマスコットで、ご覧のようにログハウス造りの人気のパン屋さんです。
うたたね (3)

お店の前の看板には新型コロナウイルスへの対応が書かれていました。

こちらも人気のパン屋さんです。

行ったのは土曜日の午後。店内に並べられているパンはだいぶ少なくなっていました。

私が食べたのは「なす・トマト・ベーコンのタルティーヌ(税込240円)」です。
うたたね (10)

フランス生まれのオープンサンド「タルティーヌ」で、なす・トマト・ベーコンを乗せて焼いてあります。

ベースとなる食パンにもこだわりが。北海道産や地元小松産の小麦粉を使い、自家製天然酵母で発酵させて作った生地は3日間かけて作られています。

具だくさんで美味しかったですよ!

妻が食べたのは「マルゲリータベーグル(税込230円)」。
うたたね (8)

ベーグルは2種類の全粒粉と有機豆乳、そしてドライトマト、チーズ、バジルなどを使って作られています。

しっとりとしていながらもっちりとしたベーグルで、妻が絶賛していました。

娘には「クロックムッシュ(税込240円)」。日本語では「かりっとした紳士」という意味のトーストですね。
うたたね (9)

ロースハムとチーズにホワイトソースをかけて焼きあげてあります。見た目も美味しそうですね!?
うたたね (11)

あと、翌週も妻が買いに行って、こちらの「ベリーとクリームチーズ(税抜330円」と、
うたたね (13)

「チーズのクロワッサン(税抜210円)」「マルゲリータベーグル」を買って食べています。

この周辺には人気のパン屋さんがたくさんあって競争が厳しいでしょうが、これからも美味しいパンを作ってくださいね。ご馳走様でした。

こうぼパン うたたね
石川県小松市大領町な5-1
TEL 0761-23-1058
7:30~18:30
日曜・月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松は意外にパンの激戦地です。

金沢みたいに需要規模がそれほど大きいわけではありませんが、個性的でかつ美味しいパンを売っているところが多く、知名度としても高いお店が多いのではないでしょうか?

人気のお店は比較的近年できたところが多いとは思うのですが、昔から地元のお客さんを中心に根強く人気を保っていられるところも色々ありますね。

今日紹介します小松市城南町に昔からあるパンとケーキのお店「ビロン」もその一軒。

前から「健康」というキーワードを大切にされているようで、イーストフード・乳化剤などを使用しない安心・安全な材料を使って作るパンと洋菓子、そして併設のカフェなども朝食時間帯から営業されていることで人気です。
ビロン

また今の時期、テイクアウト用のメニューなどもありました。
ビロン (11)


では、今回買い求めたものを紹介します。
ビロン (8)

こちらは「Mgベーグル(税抜167円)」というネーミングのベーグル。

ミネラル不足を補うベーグルということで、わかめ・黒ゴマ・ヒマワリの種などマグネシウムを多く含む素材を使っています。
ビロン (9)

「安心豆パン(税抜139円)」は、卵と乳製品を使用していないアレルギー対策の豆パンですね。
ビロン (7)

おなじみの「ベーコンエピ(税抜130円)。
ビロン (10)

それと、これは野菜のピザパンだったかな?^^;

ソフトなパンでした。

パンの種類が昔ほど多くはなくなったみたいでしたが、それでも広い店内には多くのパンと洋菓子が並んでいました。

これからも安心・安全なパン作りをしていただければありがたいですね。ご馳走様でした。

ビロン
石川県小松市城南町27-1
TEL 0761-23-5779
火~金8:00~19:00
日8:00~18:00
月曜・第3火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近、石川県内ではベーグル専門のパン屋さんが増えています。

前にも書きましたが、個人的にはベーグルはそれほど好きではありません。

乳・卵・油脂を使用しないベーグルは身体にもいいことはわかっているのですが、生地がしっかり詰まっているので、最初食べた時にのどに詰まるイメージが残っていたからです。

とはいえ、最近食べるベーグルについては、そんな感覚が薄らいできているのも事実。私のブログでも取り上げることが増えています。
とべーぐる (2)

今日紹介します金沢市武蔵町のめいてつ・エムザのお隣にある「とべーぐる 金沢武蔵町店」は、富山生まれのベーグル屋さんです。

そういえば近くの彦三町にも「あのんね堂」というベーグルのお店がありました。私はまだ行っていませんが。

「とべーぐる」は富山に8店舗。金沢に2店舗展開していて、金沢は武蔵と諸江町にあります。
とべーぐる (4)

ウリは、富山県産コシヒカリの米粉を使用し、保存料・安定剤を使わずに作られた生地を少数ずつ焼きあげるという、常に焼きたてのベーグルを買い求めることが出来ることです。

チェーン展開しているパン屋さんですが、営業時間が11:00~16:00と短めです。
とべーぐる

ベーグル専門店なので種類が豊富で、定番から季節や月限定のベーグルなど色々並べられていました。お店の方に了解を頂き店内を写させてもらいました。
とべーぐる (3)

これらの中から私は、定番ベーグルの一つ「富山の小松菜&カリカリベーコン(税別220円)」をチョイスしました。
とべーぐる (7)

富山県知事認定のエコファーマー前川さんという方が育てている小松菜を練り込んであり、カリカリに焼いたベーコンと一緒に包み込み焼きあげてあります。

本当は家でもオーブンで再度焼いた方が美味しいのですが、レンチンして食べました。

確かにモチモチ感はベーグルなのですが、何となくしっとりした感じが残っているような食感で、小松菜の風味がほのかに広がるベーグルでした。

妻は3月~4月期間限定の「バジルチーズ(税別240円)」。
とべーぐる (9)

イタリアン風ベーグルで、バジルにとろけるチーズをトッピングして焼きあげてあります。

娘には、こちらは4月~5月の期間限定の「ぐるぐるカレーDog(税別300円)」。
とべーぐる (8)

スパイスの香りがきいたカレー生地をソーセージに巻きつけて焼いてあります。ボリュームがありそうです。

現時点では北陸だけの展開という面白いベーグル専門店、今後はどこまで展開していくでしょうか?興味がありますね。ご馳走様でした。

とべーぐる 金沢武蔵町店
石川県金沢市武蔵町16-48
TEL 076-256-0443
11:00~16:00
水曜・第2火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介するのは、南加賀では珍しいベーグル専門のパン屋さんです。

Atelier3103(アトリエサトミ)」という名前のお店で、オーナーの女性のお名前がさとみさんということで付けられているようです。オープンは昨年の9月28日。まだ新しいパン屋さんです。

場所は能美市三ツ屋町の手取川にもほど近い、田んぼの中にお店を構えていますが、まぁ、こんな場所によく…、と思ってしまいました。^^;
Atelier3103 (9)

新築の立派なお店ですが、なぜか外で販売されています。

こちらのお店は何と!営業しているのは土曜日のみということで、土日休みでない方にとってはハードルが高いかもしれません。
Atelier3103 (7)

お聞きすると平日は作ったパンは他店に卸されているようですが、どうしてもご自身がお店を持ちたいということで、土曜日のみ製造している場所で販売しているのです。

なるほど、そういうことでちゃんとした店舗がないのですね!?

さて、個人的にはベーグルのようなもっちりとしたパンは、それほど好みではないのですが、そういえば同じ能美市に「BAGLE CAFE PYGMALION(ベーグルカフェ ピグマリオン)」というベーグルサンドのお店があって、昔お邪魔したことがありました。

こちらのお店のベーグルの特徴としては、天然酵母と国産小麦で作られていて、卵・牛乳・バターを使用していない体にやさしいベーグルなのです。

特に酵母は、世界遺産の白神山地の腐葉土から発見された貴重な野生酵母「白神こだま酵母」を使っていて、「白神こだま酵母」が持つ通常の酵母の5倍あるといわれるトレハロースが、さっぱりとした上品な甘味を出していますね。
Atelier3103 (2)

この日の品揃えです。「酒粕とチーズ」という興味がそそられるものもありましたが、妻は酒が好きなのですがなぜか酒粕が苦手ということでパス。

では、買い求めたものを紹介していきます。
Atelier3103 (12)

こちらは「枝豆チーズ(300円)」。
Atelier3103 (13)

「レーズン(200円)」。

この2個を私と妻でシェアして食べました。
Atelier3103 (15)

切ってみるとこんな感じです。しっとりとした弾力があって、素材のうま味が感じられたベーグルでした。
Atelier3103 (13)

「白ごまベーコン(300円)」は娘が食べました。
Atelier3103 (11)

「イチジクとクリームチーズ(300円)」は妻が冷凍して、後日食べていました。

これからの冬の時期は外での販売は大変でしょうが、美味しいベーグルを作り続けていただきたいものです。ご馳走様でした。

Atelier3103(アトリエサトミ)
石川県能美市三ツ屋町ト20-5
11:00~15:00
土曜日のみ営業
※売切れ次第終了


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

パン屋さんにも色々なタイプのお店があります。

また都会と地方ではパンの売れ筋も違うでしょうし、我が家のように3世代が一緒に住んでいると、お年寄りと若いひとでは好みが違っていたりして、一軒だけだと揃えきれなかったりして困ることがあります。

パン屋さんのほうとしても、幅広いニーズに対応しようとすると、量をそれなりに売らないと採算が取れなくなるでしょう?
ハニーポット

今回紹介します金沢田上にある「ハニーポット(honey pot)」は、そんな幅広い世代にも対応できる品揃えがウリのパン屋さんです。

中に入るとすぐ左にイートインスペースがあります。
ハニーポット (3)

パン屋としてはとても広い店内で色々な種類のパンが並んでいました。

傾向としてはハード系はそれほど種類があるわけではなく、惣菜系とデザート系が多く並んでいましたね。

私はその中からこちらの「じゃこのフォカッチャ(200円)」を食べました。(金額はすべて税込価格)
ハニーポット (10)

パンの素材としてじゃこは珍しいですね。柔らかい食感のフォカッチャに、じゃこの塩気がほんのり効いてよかったです。
ハニーポット (12)

あと「レンコンおやき(160円)」も半分食べました。
ハニーポット (15)

これは切ってみたときの写真です。

レンコンのシャキッとした食感がよくて、こちらも美味しかったですよ。

妻は「ベーグルクランベリー(200円)」を食べています。
ハニーポット (11)

モチッとした食感のベーグルで、クランベリーとクリームチーズがたっぷり使われているようです。お店の4番人気でした。
ハニーポット (9)

娘は「エピ(210円)」。少しお値段高めなのは、スペイン産のイベリコ豚のベーコンを使用しているから。
ハニーポット (13)

母は「ミルクフランス(150円)」。濃厚なミルクで作られたクリームが入っています。
ハニーポット (14)

帰省中の息子は「牛肉ゴロゴロカレーパン(180円)」です。

このカレーパンが一番人気だということで、その名の通り牛肉がゴロゴロ入ったカレーパンでした。

今回、我が家の3世代5人の朝食で思い思いのパンを楽しむことが出来ました。ご馳走様でした。

ハニーポット(honey pot)
石川県金沢市田上町第5土地区画60街区7
TEL 076-234-5225
7:30~19:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ