あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:フォカッチャ

久しぶりに金沢の街中に来た感があります。

郊外や金沢駅を利用するときに、その周辺のお店はここ数カ月でも紹介しましたが。街中に来るのは昨年秋のサケマルシェのとき以来です。半年ぶりですね。^^;

冬の時期はあんまり街中を歩きたくないということもありますが、歳と共に億劫になってきたのかもしれません。^^;

さて、3月末の冷たい雨が降る土曜日に妻と一緒に金沢に行きました。

ランチを食べたのは、野町にある「Ristorante SUGIYAMA(リストランテ スギヤマ)」というイタリアンレストラン。
リストランテスギヤマ

安藤芳園堂ビルヂングという昨年だったかに新しく出来たビルの2階にあります。

ここは昨年10月3日グランドオープンした比較的新しいお店です。
リストランテスギヤマ (3)

階段を昇ると外からも店内を見ることが出来ます。
リストランテスギヤマ (4)

中はこんな感じで、壁は白、床とテーブルはブラウン、椅子はアイボリーを基調としてシンプルにまとめられた内装です。新しいお店なのできれいです。

この時間はオーナーシェフと男性のサーブの方お二人で切り盛りされていました。

最大20名ほど座れるようですが、ランチタイムは11:30と12:30の2回に分けて決められていました。料理を出す流れやタイミングを分散して最小の人数で回せるようにしているのでしょう?もっとも、行ったのが土曜日のランチタイムだということもあり、平日や夜もそうなのかはわかりません。

ちなみにこの日は男性客は私以外は全員女性でした。^^;

オーナーシェフの方は、金沢や名古屋のお店で修業されているようですが、昨今、調理師学校を出てからお店に入る方も多いと思いますが、お店のWebを見ると、最初から現場で実践を通して調理を覚えているようです。

さてお店は「リストランテ」となっていますが、テーブルクロスやナプキンがありません。

料理ですが、結論から書くと、内容的にはイタリアンベースに和のテイストを加えて、フュージョンアレンジをしている、といった感じでとても楽しめました。
リストランテスギヤマ (5)

ランチメニューはこんな感じです。
リストランテスギヤマ (8)

ドリンクメニューです。

ランチの基本はPranzoA(税別2,300円)とPranzoB(税別3,400円)、そしておまかせ(税別5,000円)の3種類。

PranzoAは「本日の一品」「前菜」「パスタ」「パン」「本日のドルチェ」「コーヒーまたは紅茶」という構成で、PranzoBは、Aに前菜がプラス1品とメインが付いてくるといった内容です。

我々は今回、PranzoBでお願いしました。
リストランテスギヤマ (9)

ランチですが、まずは泡物から。ビノ・スプマンテです。
リストランテスギヤマ (7)

グラスワインが1杯500円というのがうれしいです。

そして最初の「本日の一品」がこちらです。左上に見られるひしゃくのようなものは、爪楊枝です。
リストランテスギヤマ (11)

のっけから「おや?」と思わせてくれます。テーマは「となりのトトロ」?

葉っぱの上に乗っている水玉のようなものは、バルサミコを粒状にしたもの。ハスの葉に水玉が乗っかっているようなイメージです。
リストランテスギヤマ (12)

葉をのけると下はこんな感じです。

「前菜(アンティパスト)」の1品目は冷製で、タコと黒いものはイカスミを練り込んで揚げたナポリの郷土料理「ゼッポレ」です。モチッとした食感でイカスミのコクが感じられ美味しかったです。スプマンテに合いました。
リストランテスギヤマ (13)

緑色のソースは、名前忘れましたが山菜を使ったソース。珍しいですね。
リストランテスギヤマ (15)

「前菜(アンティパスト)」の2品目は温製で、モッツァレラのフリット。添えられているのは花ズッキーニ、下にはニョッキが隠れています。
リストランテスギヤマ (16)

パンはフォカッチャとフランスパン。フランスパンにもオリーブオイルが使われてました。

プリモピアットのパスタは3種類から選ぶことが出来ました。あと2種類が肉系だったので我々は「サバのオイルベースパスタ」をチョイス。

ちなみに、2人別々のを頼めなくて一緒なものになります。
リストランテスギヤマ (17)

泡のソースはふきのとうで作られていました。味付けはカラスミソースでサバの量もたっぷり使われていました。

メインもこの日は鶏肉だったので、お願いして肴に変更してもらいました。出されたのは「サワラのコンフィ」。しいたけのブランド、能登115が添えられています。
リストランテスギヤマ (19)

能登115には金沢のじろ飴を使ったソース。変わっていますね。でも地元の食材を使っているというのはうれしいです。ナッツがかけられていていいアクセントになっていました。

魚は皮目は炭火でしょうか?でカリッとした感じで焼かれていて、アプリコットとセリのソースがかけられていました。なかなか凝っています。

メインの食材はサバとかサワラとか、それほど高い食材を使っていませんが、一工夫も二工夫もされたアレンジで楽しませてくれています。
リストランテスギヤマ (21)

最後のドルチェは、チョコレートムースとコーヒーのアイス。
リストランテスギヤマ (23)

ドリンクは私は加賀棒茶。
リストランテスギヤマ (22)

妻はコーヒーです。

また、こちらのお店は使われている器や食材などにもこだわっています。
リストランテスギヤマ (10)

カトラリー置きやパンの器の下には流木が使われていて、お皿も、たとえばガラスの食器は気泡が中に入っているタイプのを多用されていました。これはオリジナルでしょうか?

また野菜は農家から直接仕入れ、ハーブは自家栽培するなど食材にもこだわりを持たれていて、味の方も一品一品に工夫と変化を感じられるという、一度は行って食べてみることをおすすめできるお店でした。

以上飲み食いして一人4,200円ほどかかりました。ランチの値段としては高めですが満足度は高いです。ご馳走様でした。

Ristorante SUGIYAMA(リストランテ スギヤマ)
石川県金沢市野町1-2-43
 安藤芳園堂ビルヂング2F
TEL 076-225-3080
11:30~14:00、18:00~21:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「ビゴの店」の本店は兵庫県芦屋にあって、阪神地区を中心に十数店舗を展開しているパン屋さんです。

オーナーのフィリップ・ビゴさんはフランスパンを日本に伝えた第一人者として知られていて、テレビなどでも取り上げられていたことを覚えています。

1971年独立して「ビゴの店」第1号店を芦屋に開業。以来、東京などの大都市にも展開していましたが、バブル景気がはじけてから紆余曲折を経て、今に至っているようです。

店舗を拡大していた時の名残から、東京銀座にも「ドゥース・フランス・ビゴの店」というお店があったりしていて、ここ金沢の「オーボンパン ビゴの店」のお店のオーナーは銀座の「ドゥース・フランス・ビゴの店」で働いていた方で、「金沢フォーラス店」は独立して作ったようです。
ビゴ (6)

ベーカリーワールドカップの日本代表に選ばれ、世界大会で3位入賞したこともあるという方です。

店名の「AU BON PAIN(オーボンパン)」とは、日本語で「これは良いパン!」という意味で、「金沢フォーラス店」が北陸では初となるビゴの店で、京都市北区にも2号店を出しています。関西逆上陸ですね!?

今回こちらのお店では、我が家で翌朝食べるパンを買い求めました。

私が食べたのは「フォカッチャ野菜(税別200円)」。
ビゴ (7)

フォカッチャは柔らかいもので、色々な種類の野菜とソーセージを乗せオリーブオイルで焼きあげてあります。

娘は「ソシーソン・ロール(税別240円)」という、いわゆるフランクロールを食べました。
ビゴ (10)

ソーセージがジューシーです。

こちらは妻が食べた「パン・オ・フィグ・いちぢく(税別200円)」。
ビゴ (8)

ライ麦粉、全粒粉、自家製天然酵母を使用していて、中にはいちぢくが入っています。チーズと合いました。

さすがフランスパンを日本に広めた方にルーツを持つパンのお店です。
ビゴ (9)

あと「ロデブ・五郎島金時(税別120円)」も買っています。

金沢フォーラスや金沢駅のところにも大手のパン屋さんが何軒か入っていて競争も激しいでしょうね?ご馳走様でした。

オーボンパン ビゴの店
石川県金沢市堀川新町3-1
 金沢フォーラス1F
TEL 076-265-8106
10:00~21:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県庁のある鞍月あたりには人気のレストランが色々あります。

とくにイタリアンのお店は、先月紹介した「トラットリア インフィニート」や「ル・クリマ」など競争が厳しいですね。
パルティーレ (3)

今回紹介します「クチーナ・イタリアーナ パルティーレ(cucina italiana Partire)」も人気のお店で、平日ランチでも予約をしないと満席で入れないことが多いことで知られているお店です。

実は私は前に、当日に行こうと念のため電話したところ、満席です!と言われたことがあります。

今回は平日でしたが、前日に予約の電話を入れると、すでに11:30からは満席で12:30ならば大丈夫ということでした。危なかった。^^;
パルティーレ

外観はこんなお店です。
パルティーレ (15)

中に入ると、冷たい雨の降る日でしたが、店内は私以外はすべて女性客でした。^^;

ランチメニューはこちらです。
パルティーレ (6)

基本はパスタコースの「プランゾA(税込1,620円)」で、それにメインとデザートが付いたプランゾC(2,900円)」の2種類の設定となっています。

「プランゾA」はデザートが別料金(270円)となっていました。

我々は「プランゾA」を頼むことに。「プランゾA」には前菜の盛り合わせ、自家製パン(フォカッチャ)、パスタ、ドリンクが付いています。

まずは前菜の盛り合わせが出されます。ご覧のように色々な前菜が盛られているのはうれしいです。
パルティーレ (7)

内容はボロニアハム?・田舎風パテ・バゲットにサーモンのリエット・サバのマリネ・イタリア風オムレツ・サラダにバーニャカウダドレッシングなどです。

多くの種類を楽しめ、そしてどれもが美味しい前菜でした。
パルティーレ (9)

パンは2種類。フォカッチャはオリーブとオイルも練り込まれている好みのタイプでした。
パルティーレ (4)

パスタのほうは、こちらに書かれている通り、選べる種類は豊富でしたが、追加料金がかかるものもいくつかあります。(Cコースの場合は追加不要になっているものが多いです)

生麺を使っているパスタの設定はありませんでした。
パルティーレ (11)

その中から私は、「アオリイカとサルデーニャ産カラスミのスパゲッティ(+350円)」を。
パルティーレ (12)

カラスミがたっぷり使われていて、イカとパスタに絡めて食べると深みのある美味しさです。

妻のほうは「石川県産 能登牡蠣と焼き葱、茸のスパゲッティ(+250円)」。
パルティーレ (10)

私も少し食べましたが、プリップリの能登牡蠣がたっぷり使われていて、焼き葱がいい仕事していました。
パルティーレ (5)

ドリンクはこちらに書かれている9種類からチョイス出来ます。
パルティーレ (14)

我々はエスプレッソを頼みます。
パルティーレ (13)

あと、追加でデザートもオーダー。「紅玉りんごの焼き込みタルト」。ほどよい甘さで美味しいです。

追加料金がかかるパスタを頼んだので、一人2,000円ほどかかりました。でもそのお値段以上の価値がある内容と美味しさでした。

予約必須ですが、おすすめのランチです。ご馳走様でした。

クチーナ・イタリアーナ パルティーレ
(cucina italiana Partire)
石川県金沢市鞍月3-27
 HRビル1DTEL 076-255-3336
11:30~14:30(L.O.)
17:30~21:30(L.O.)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日はこの5月に新しく金沢別院通りにオープンした素敵なお店を紹介します。

店名が「ITALIAN KAISEKI KAPPOU CASA」とローマ字読みですが、そうです!まさにイタリア料理のお店です。(笑い)

日本語で書くと「懐石割烹 家」ということでしょうか?

あとで料理内容を見ていただきますが、和食のテイストを取り入れながら楽しむイタリアンなのです。

お店のWebページにシェフの略歴が掲載されていますが、お二人はイタリアのリエーティという、ローマから車で1時間ぐらいの離れた山あいの街に生まれています。

ここだけの話、Webページにお二人の写真が掲載されていましたが、実物はもっとイケメンと美人のお二人でしたよ!

さて、日本人が本場イタリアで修業して帰国後にイタリア料理のお店を開くのは、いまやどの地域でも当たり前にあると思いますが、イタリア人が日本の、それも地方都市でお店を持つというのはまだ珍しいのではないでしょうか?

日本、それも金沢にご縁があって、住みついて素敵なレストランまで開業されるなんてすばらしいことだと思います。

しかし、イタリアのような温かい気候のところに生まれたお二人が、雨が多くて冬のどんよりとした気候の土地に馴染めるのかなぁ~?と思っていたら、お二人ともロンドンに長く住んでいた経験をお持ちのようで、それなら納得です。

お店は、いま金沢で注目の別院通りにあります。このエリアは数年前から人気の飲食店がオープンしているところで、私も何軒か伺ったことがあります。

お店の外観はこんな感じです。
CASA

日本の伝統的な組み格子のようなファサードで「粋」を感じさせてくれます。
CASA (2)

店内は逆に、白と黒が基調のシンプルでモダンなインテリア。
CASA (3)

カウンターやテーブルは大理石で、このあたりはイタリアを感じ、お店全体として日本とイタリアの融合みたいな感じです。

食器類もイタリアから取り寄せているものがほとんどのようでした。

イタリア人が、イタリア料理を日本の伝統的な懐石(会席)と割烹スタイルで楽しませてくれるイタリアンキュイジーヌと呼べばいいのかわかりませんが、すべてが斬新で私も食べたことがない料理ばかりでした。

お二人ともまだ日本語は片言ですが、お店には日本人男性の方が働いているので心配はありません。

ランチは金曜と土曜のみで、12:00スタートと13:30スタートの2回入れ替え制。

ディナーも18時と20時の2回設定されていますが、ランチ・ディナーとも全員同じスタート時間となっていますので、時間に遅れないように!ということです。

ディナーメニューは基本2種類。AMABILEの7,000円とBRILLANTEの10,000円です(価格は税抜)。

この日は私たちは18時スタートのAMABILEの7,000円のコースでお願いしました。他の2組も同じコースでした。
CASA (6)

まずはスプマンテで乾杯です。
CASA (7)

料理の前、最初にフォカッチャが出てきました。もちろん自家製ですね!
CASA (9)

このフォカッチャが最高に私と妻の口に合いました。モチッとした食感といい塩気といい最高でした。
CASA (8)

こちらのオリーブオイルもフレッシュで美味しかったです。

フォカッチャが最初に出されたのでついつい食べ過ぎてしまいましたが、お代わりも出してくれましたよ。

そして最初の一皿はアンティパストの前に出されたのがこちらのウエルカムの一皿。
CASA (12)

生ソーセージの何だったかな?忘れました。^^; ナッツ類も使われていました。

アンティパストは、まず出されたのが「ファリナータ 甘えびとイクラのせ」。
CASA (16)

ファリナータはひよこ豆で作られるピッツァの一種で、その上に甘えびを使ったパテのようなペーストが乗せられていて濃厚な味。イクラもアクセントになっていました。

アンティパストの2皿目は「ナスのパルミジャーノ」。
CASA (18)

形がユニークですが、日本の天ぷらのような仕上げで、添えられているのがセロリの若芽というか赤ちゃんです。ソースはパルミジャーノとトマト系だったような??^^;
CASA (20)

プリモピアットはラビオリ。ソースはレッドペスト(ペストロッソ)で、ラビオリの中にイタリアンパセリを使った白いソースが入れられている、手のこんだ逸品でした。
CASA (23)

セコンドピアットのメイン、一品目は魚で、秋の味覚サンマを使って、オリーブとトマトが添えられています。サンマは骨を丁寧に取って47度の温度でコンフィされています。ローズマリーも風味に花を添えていました。
CASA (25)

2皿目は肉料理です。「ポルチーニの豚肉」ということで、豚の首の部分を使用しています。今が旬のポルチーニ茸、添えられているのはパンチェッタとイチヂク。こちらは妻が食べています。

肉が苦手な私には、食材の豚がサーモンに変更されていました。
CASA (26)

ソースは少し和風のテイストが感じられるものでしたね。

ドルチェはパラッツィケーキ。
CASA (29)

右側のにはカボチャの種がきれいに並べられています。上には食用菊が乗せられていて見た目がかわいい感じに仕上がっています。

中のナッツは、イタリアはトスカーナの赤ワイン「パラッツィ」と一緒にピューレにされています。

左は何だったか忘れました。^^;
CASA (31)

ドリンクはエスプレッソをお願いしました。
CASA (32)

ピッコロ・パスティッチェリア(小菓子)として、シェフ自家製の生チョコも出されました。ビターな味で、口の中で淡雪のように溶けだしました。

あと、スプマンテ以外に飲んだお酒についても触れておきます。
CASA (14)

白は、こちらの2種類。
CASA (21)

赤はこの2種類です。
CASA (27)

そして食後には、私はレモンチェロ。
CASA (28)

妻はグラッパを頼みました。

レモンチェロを飲むのは久しぶりでした。

以上飲み食いして一人11,000円ほど。コスパ的にも大満足でした。

金沢でイタリア人シェフが創る懐石割烹スタイルの料理を楽しめるのはうれしい限りです。

食材はイタリアから取り寄せたものに地元石川の食材も加えていますが、それほど高級な素材ばかりではありません。しかしながら素材のうま味を最大限に引き出しつつ、イタリアンと和食の良さを融合した料理は素晴らしかったです。再訪したい一軒でした。ご馳走様でした。

ITALIAN KAISEKI KAPPOU CASA(カーサ)
石川県金沢市此花1-4
TEL 076-232-4558
ランチ
金・土12:00スタートと13:30スタート
ディナー
18:00スタートと20:00スタート
2回入れ替え制です
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

東京へ出張で行くと、夜は和食系のお店に行くことがこれまで多かったです。

一緒に行くメンバーの年齢が高いので、どうしても無難な居酒屋などになってしまいました。

今回の出張では、若干若いメンバーと一緒だったので、久しぶりにイタリア料理のお店に行くことにしました。

このあたりは東京ドームが近いため、気軽にワイワイできるカジュアルなお店が多いと思います。
ラ クッチーナ ビバーチェ (12)

今日紹介するお店は、店名に「クッチーナ(cucina)=台所」と付けているので、気軽に入れるお店を目指しているのでしょうね?
ラ クッチーナ ビバーチェ (2)

この日は小松から夕方飛行機で移動。お店に着いたのが20:45ごろと遅めの時間でした。予約を入れてありましたがお店は半分ぐらいの混雑。東京ドームで野球の試合やイベントがない日だったため、それほど混む日ではなかったのかもしれません。
ラ クッチーナ ビバーチェ (4)

まずは生ビールで乾杯!イタリアビールではなくドイツビールでした。^^;
ラ クッチーナ ビバーチェ (3)

料理のメニューはこんな感じです。

では、食べたものを紹介していきます。

まず、アンティパストの前菜。色々な種類があったので、お店のおすすめの料理をお聞きしました。

それは、メニューに赤字で書かれている「本日の魚介を使ったカルパッチョ(1,400円)」と岡山・吉田牧場のモッツァレラを使用して作られる「カプレーゼ(1,200円)」でした。

当然、両方とも頼みます。
ラ クッチーナ ビバーチェ (5)

本日の魚介は天然のカンパチで、オイリーなカルパッチョ。オリーブオイルはイタリアプーリア州産の「ディサンティ」のみを使うというこだわりです。美味しいカルパッチョでした。
ラ クッチーナ ビバーチェ (7)

もう一つの「カプレーゼ」のほうは、ナチュラルなミルク感たっぷりのモッツァレラチーズでこちらも美味しかったです。
ラ クッチーナ ビバーチェ (11)

プリモピアットのパスタは「からすみとねぎのスパゲッティーニ(1,500円)」。オイル系のパスタでカラスミがいい味出していました。

セコンドのメインは「天使の海老のソテー リボルノ風(1,800円)」。リヴォルノはイタリアトスカーナ地方の都市の名で、トマト煮込みのソースがかけられたソテーです。
ラ クッチーナ ビバーチェ (9)

ソースにも海老のうま味がダイレクトに伝わっていて、これは美味しかったです。
ラ クッチーナ ビバーチェ (6)

パンはフォカッチャで、足りなければ何度でも出してくれるのがうれしいですね。

生ビールのあと、お酒はワインに移行。軽めのフレッシュなものを中心に白と赤を何杯か頼みました。
ラ クッチーナ ビバーチェ (8)

白はガヴィとセレオーレ・ソアヴェ。

赤はキャンティだったかな?

以上飲み食いして、締めて一人6千円弱でした。大体予想通り。コスパ的にもいいのではないでしょうか?

イタリア人らしきお客様もいて、本場の味を味わえるのだろうと思います。ちなみにシェフはイタリアのローマ・ジェノバ・フィレンツェ・ブレシアで修行されているようです。ご馳走様でした。

ラ クッチーナ ビバーチェ(la cucina VIVACE)
東京都文京区本郷1-4-6
 ヴァリエ後楽園1F
TEL 050-5869-5040(予約専用)
TEL 03-3868-3741(問合せ専用)
ランチ11:30~14:00(L.O 14:00)
ディナー17:30~23:00(L.O 22:00)
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ