あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:フォカッチャ

マリアージュドゥファリーヌ

その1階にあるのが今日紹介します「マリアージュ ドゥ ファリーヌ 金沢店」です。

「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」とはフランス語で「粉の結婚」という意味で、1号店は三重県菰野町にあります。

辻口博啓さんといえば、調理と製菓の専門学校などを運営している経営者でも有名で、石川県内にも「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」というカフェとスイーツのお店を2店舗持っています。

こちらのお店は前にも書きましたが、その専門学校の実地研修の場としても活用されていて、生徒さんが実際のビジネスの場で腕を振るうことが出来る貴重なお店となっています。
マリアージュドゥファリーヌ (6)

店名の通りに「粉」にこだわり、金沢有機小麦の自家製粉で生地を作り、店内厨房のスペイン製の石窯で手作りで薪によって焼いています。
マリアージュドゥファリーヌ (11)

ちなみに「ル・グリル ドミニク・ブシェ カナザワ」のパンは、ここで作られています。
マリアージュドゥファリーヌ (13)

店内は広く明るく、そしてたくさんのパンや菓子類が並べられています。ただ私は夕方に行ったので、パンの種類はだいぶ少なくなっていました。店内にはイートインスペースがあって、焼きたてをその場で食べられるのはうれしいですね。。

厨房には学生さんらしいかたが働いています。
マリアージュドゥファリーヌ (15)

では私が買い求めたパンを紹介します。
マリアージュドゥファリーヌ (17)

これは私が食べた「地中海野菜&ブロッコリーのフォカッチャ(200円)」。柔らかい生地のフォカッチャでした。
マリアージュドゥファリーヌ (16)

こちらの「リュスティッククルミとカリカリベーコンチース(150円)」も少し食べましたが、本当にカリカリで美味しかったです。
マリアージュドゥファリーヌ (18)

妻は「松坂牛入りカレーナン(200円)」を食べていました。柔らかいナン生地に、スパイシーなカレーが入っていて、松坂牛という豪華さ。その割には値段もリーズナブルです。作っているのが学生さんだから?

あと、自家製の松坂牛となっていましたが、三重県のお店で松坂牛でも飼っているのでしょうか……?地産地消にもこだわりのあるお店だとウェブで紹介されていましたが、能登牛は使わないのでしょうか?などと変な突っ込みをしたくなります^^;

金沢でも一等地。このような贅沢なお店で研修ができる生徒さんはうらやましいですね。卒業後の活躍が期待されます。ご馳走様でした。

マリアージュ ドゥ ファリーヌ 金沢店
石川県金沢市香林坊1-1-1
 香林坊アトリオ1階
TEL 076-255-3219
平日7:30~18:30
土日祝8:00~18:30
売切れの場合閉店
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪に出張に行って、これまでパンを買って家に帰ることはありませんでした。

今回、たまたま週末の出張で、大阪駅で翌日の朝食用のパンを買って帰ることにしました。

お店は「デ・トゥット・パンデュース エキマルシェ大阪店」。大阪駅にあるエキマルシェの中にあります。
パンデュース (14)

桜橋口改札の隣で目立つ場所にあって、広いスペースと相まって、多くのお客さまで賑わっています。

普通、このような賃料の高い場所にあるパン屋さんは、製造は自社の工場でおこなって、お店では売るのみののところが多いと思いますが、こちらは店内に厨房を持っています。
パンデュース (15)

「デ・トゥット・パンデュース」とは「みんなのパンデュース」という意味だそうで、駅構内という場所柄、気軽に買い求めることができるようなパン作りを目指しているようです。
パンデュース (2)

中には、パンのミニチュア?などが飾られていたりして、かわいいお店です。売られているパンは、ハード系より惣菜系のパンの種類が多く、サイズとしてはだいぶ小さめでした。
パンデュース (3)

単価は200円前後が多いのですが、小さいので1個ではお腹は膨れそうにないと思い、2個食べられるように買い求めました。そうなると一人400円ほどになるのでコスパ的にいいわけではありません。もっとも場所柄しょうがないですよね?

さて、買い求めたパンを紹介します。
パンデュース (19)

私は「大人のカレーパンR18(200円)」と「おいしいセミドライトマトとモッツァレラを乗せたバジルのフォカッチャ(200円)」を食べました。

「大人のカレーパンR18」は、ウマズグリーンペッパー(青唐辛子ベースの辛味調味料)入りの辛口のカレーパン。スパイシーな香りと味で、まさに大人向けです。

なお、カレーパンは他にも何種類かありました。
パンデュース (16)

「おいしいセミドライトマトとモッツァレラを乗せたバジルのフォカッチャ」はソフトな食感で、パン生地の中にバジルペーストが入ってイタリアンな香りのするパンでした。
パンデュース (17)

あと、「ほうれん草と黒ごまチーズのフォカッチャ(200円)」を妻と半分ずつシェア。こちらはしかっかりめのフォカッチャ。チーズ風味もしっかり、ゴマの風味がほんのりで美味しかったです。
パンデュース (20)

一番高い「ほうれん草のガレット(300円)」は妻の胃袋に消えました。
パンデュース (18)

「オリーブオイル入りチャバタ(120円)」はイタリア語で「スリッパ」が語源の平べったく四角いかたちのパンのことです。シンプルな味のパンです。
パンデュース (21)

あと「ミルク食パンハーフ(240円)」も買い求めています。

個性的なパンが多く、どれもが普段食べたことがないような風味を楽しむことができましたよ。機会があればまた買い求めに行きたいと思います。ご馳走様でした。

デ・トゥット・パンデュース エキマルシェ大阪店
 de tout Painduce
大阪府大阪市北区梅田3-1-1 エキマルシェ大阪1F
TEL 06-4797-7770
7:30~22:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

近年は毎年1度の登場になっています小松のイタリアン「クッチーナ」。ブログでの紹介は一年ぶりになります。
クッチーナ

私にとってはだいぶ前からのおなじみのお店です。

今回は大雪の後始末&諸々で会社を休んだ日のお昼に食べに行きました。
クッチーナ (4)

いつもお昼に行くと満席のことが多いのですが、この日は大雪の影響もあってそれほどの混雑ではありません。

いつもは、お休みのときに行くので、パスタやピッツァの単品で頼んでいますが、平日はお得なセットのランチメニューがあります。
クッチーナ (2)

前は、プランゾAという、その日のメインにパスタかスープがチョイスできて、ミニサラダ・フォカッチャ・デミタスコーヒーが付いて1,000円ほどの設定があったのですが、いまは無くなっています。

いまは「本日のランチ」としては、「Pranzo Complete(ランチ)」と「ピッツァまたはパスタランチ」の2つの設定です。

「Pranzo Complete(ランチ)」はメイン料理主体で下記の4種類。パスタかスープ・サラダ・デミタスコーヒーが付いてきます。

A.地鶏と野菜のポトフ(1,000円)
B.自家製ハンバーグステーキ(1,620円)
C.イベリコ豚ベジョータ(最上級肉)のグリル(2,300円)
D.牛フィレステーキ(3,500円)

ははは。肉系ばかりですね!?魚系も是非一種類設定お願いします。

一方の「ピッツァまたはパスタランチ」のほうは、お好みのピッツァかパスタに+310円で、カップスープまたはワイン・サラダ・デミタスコーヒーが付いてくるセットメニューとなっています。

今回は私は「Pranzo Complete」を頼んでみました。

クッチーナでこれまでハンバーグを食べたことがないことに気が付きました。そこで、Bの自家製ハンバーグステーキを頼むことに。
クッチーナ (5)

まずサラダが出されます。

次に「お魚とトマトのスパゲッティ」か「宮田農園のお米と人参のポタージュスープ」のどちらかを選ぶことが出来、私はパスタのほうをお願いしました。
クッチーナ (8)

クッチーナのトマトソースは好みの味で美味しいですよ。
クッチーナ (6)

また、自家製薪窯焼きフォカッチャかライスを選べるので、私はフォカッチャをお願いすることに。オリーブオイルもたっぷりです。

そしてメインのハンバーグステーキ。
クッチーナ (10)

こちらもトマト系のソースで酸味もほどほど。シメジとエノキのきのこ類も添えられていてうま味もいい塩梅でした。

つけ合せには、他にじゃがいも・インゲン・ニンジンもあって、ボリューム的にも満足です。

ハンバーグのほうもほどよい食感が残り歯ごたえもありながらジューシーな仕上がりで、ソースとの相性も良かったです。
クッチーナ (12)

切るとこんな感じです。
クッチーナ (13)

食べ終わるころにデミタスコーヒーが出されました。

イタリアンレストランなのでハンバーグと言うのがこれまで盲点でしたが、美味しいハンバーグで満足満足。ご馳走様でした。

クッチーナ
石川県小松市城南町106-2 
TEL 0761-22-3775 
11:00~22:00(L.O.21:30)
ランチタイム11:30~14:30(日祝は無し) 
木曜,第4水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「アッラ・コンタディーナ」に伺うのも約11年ぶりです。
アッラ・コンタディーナ

山代温泉と山中温泉の間ぐらいにお店はあるのですが、小松から山中温泉に向かうときにもあまり通る道ではないので、本当に久しぶりに行くことが出来ました。


過去のブログ内容を読むと、まだオープン間近でサービス面が追い付いていないと書いていますが、自家製生パスタが美味しかった記憶があります。ブログがあると備忘録として重宝しますね。

さて、前回は一人でしたが、今回は妻と一緒にランチを食べに行きました。
アッラ・コンタディーナ (18)

中は結構広いです。ランチはご夫妻?で切り盛りされています。たぶん、オープン時からそうなのでしょう?前の時もお二人だったような気がします。
アッラ・コンタディーナ (5)

その時はカウンター席で食べましたが、いまはカウンター席は使われていないようですね。

シェフはヴェネツィアで修業されていらっしゃいます。
アッラ・コンタディーナ (2)

ランチメニューです。このあたりの構成も基本変わっていないのでしょう?3種類あります。

我々は、その中から真ん中の自家製生パスタセット(1,800円)にしました。私の前回頼んだのと同じ種類だと思います。
アッラ・コンタディーナ (3)

自家製生パスタはこちらの写真の4種類+ラザニアの5種類からチョイス出来ますが、一部は追加料金が必要でした。メニューは季節によって変わります。

生ハムのサラダか、前菜3種盛り合わせのどちらか選ぶことが出来ますが、二人で両方ともお願いしました。
アッラ・コンタディーナ (10)

生ハムのサラダがこちら。

前菜3種盛り合わせがこちらです。
アッラ・コンタディーナ (9)

ブリのイタリアンマリネ、イカのライス詰め、白ポレンタの上にのっているのは何でしたでしょうか?^^;
アッラ・コンタディーナ (11)

パンはフォカッチャ。
アッラ・コンタディーナ (12)

オリーブオイルとローズマリーが添えられていました。ローズマリーが添えられているのは珍しいですね。
アッラ・コンタディーナ (8)

メインのパスタのほう、私はフィットチーネで「ボンゴレロッソ(アサリのトマトソース)」です。太麺平打ちのフィットチーネにトマトソースが絡みます。
アッラ・コンタディーナ (14)

アサリもたっぷり入って旨みも増していました。このパスタは本当に美味しかったですよ。

妻のほうはキタッラで「カキと下仁田ネギの白ワインソース」。キタッラは丸い形状の細めのパスタで、モチッとした食感でした。
アッラ・コンタディーナ (13)

下仁田ネギがいい仕事していました。
アッラ・コンタディーナ (16)

デザートはティラミスとブルーベリー&ストロベリー。濃厚です。
アッラ・コンタディーナ (17)

ドリンクはエスプレッソをお願いしましたが、エスプレッソは+100円かかります。

もう11年前のことなので、前に行った時のことは忘れてしまっています。ブログで書いた内容を見るとかすかに思い出しますが、味のほうは正確には覚えていません。

しかし、今回お邪魔して、改めて自家製麺の生パスタを食べてみて、やはり前も美味しかったんだろうなぁ~って思いました。ご馳走様でした。

Alla contadina(アッラ コンタディーナ)
加賀市別所町3丁目29番地
TEL 0761-77-5214
11:30~14:00(L.O.)
17:30~22:00(L.O.)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

未公開編、今回は10月と11月分となります。
メティサージュ (3)

まずは、おなじみの「メティサージュ」。小松市粟津温泉にある小松でもトップ3をうかがうほど人気のパン屋さんです。

今年4月に上本折町に「ラ プティ メティサージュ」というイートイン可能な2号店を出していて、それ以来、「ラ プティ メティサージュ」のほうで買い求めることが多くなったので、粟津の本店?には久しぶりに行きました。

私と妻はこちらの「シエスタ」??名前忘れました。^^;

フォカッチャのような、もっというと蒸しパンのような、ソフト系のパンでした。キノコや根菜、トマト、オリーブなどが乗せられています。
メティサージュ (5)

「メティサージュ」というとハード系のパンのほうが有名かもしれませんが、これも美味しかったです。

こちらは娘が食べた「クロックムッシュ」。
メティサージュ (4)

中にハム・トマト・チーズを挟んでベシャメルソースを掛け焼いてあります。

メティサージュ
TEL 0761-65-2399
石川県小松市粟津町ハ72-1
月~土8:30~18:00
日祝休(不定)


お次はイオンモール新小松のパン屋「カンテボーレ」です。

オープン以来何度か利用していましたが、ブログで紹介するのは今回が初めてです。いつも翌朝のパンを買い物ついでに買って帰ります。

1階のイオンスタイルエリアにあって、広いイートインスペースも備わっているパン屋さんです。

私が食べたのは「ビッグあらびきフランク」。
カンテボーレ (3)

眺めのあらびきフランクに粒からしマヨネーズで仕上げてあります。
カンテボーレ (4)

あと、妻が食べた超ロングサイズのパンも少し食べてみました。黒ゴマとチーズ、枝豆、黒コショウのスパイシーな味で、個人的には好きな味でしたね。
カンテボーレ (2)

イタリアンパニーニはトマトとバジルでしたが、本場イタリアのパニーニとは見た目も味も違います。

こちらのホテルブレッド「穂の極」も買いました。
カンテボーレ

バターとミルクの風味を加えたリッチな食パンなようです。

あと、だいぶ前に買ったことがある、ほうれん草のパンです。
カンテボーレ (5)

今の時期は売っていませんが、こちらも美味しかったです。ご馳走様でした。

カンテボーレ 新小松店
石川県小松市沖周辺土地区画整理事業地内仮換地20街区
 イオンスタイル新小松1F
TEL 0761-20-8508
8:00-22:00
無休

最後の話題は金沢おでんの「カニ面」ポテトチップス。
かに面チップス

ついに出たか!?ってな感じです。カルビーが47都道府県ごとに、その土地の特色ある食材や料理をテーマにしたポテトチップスを展開している一貫として、11月1日に発売したものです。

12月下旬までの期間限定なので、もう店頭にはないかもしれません。

石川県にもご当地グルメは色々ありますが、一番やりやすかったのは金沢カレーだと思います。しかし、金沢カレー味のポテトチップスは、実は3年ほど前に北陸3県に展開するスーパーマーケットの「アルビス」が同じ「カルビー」と共同開発しています。

今回の「カニ面」味は、個人的にはカルビーの挑戦?だと思いました。
かに面チップス (2)

カニ面に詰められた香箱ガニの身・内子・外子など違った味をどのようにミックスして出すのか、なかなか難しいだろうと思ったからです。

それと、おでん種仕様にしたために、出汁の味をも包含しないといけないからです。

実際食べてみましたが、少し食べただけでは「カニ面」味というよりは、普通のしょう油コンソメの味に近かったです。

もちろん、美味しいことは美味しいのですが、少しインパクトが弱いと感じました。

食べられた皆さんはどのような感想を持たれたでしょうか?

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ