あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:フォカッチャ

消費税アップの前にちょっと金沢まで買い物に行きました。

9月はそのため出費が多かったです。^^;

さて、今日はそのついでに翌朝のパンを買いに行ったお店の紹介です。

諸江町の方まではなかなか行く機会がないので、このあたりのお店については初めての紹介になります。

そのパン屋さんは「シエル エ メール(Ciel et mar)」。
シエル エ メール

「シエル エ メール(Ciel et mar)」は日本語では「空と海」の意味です。

外観からは高級なパンを売っているという雰囲気が漂っています。

事前に確認するとパンとデリカテッセンのお店で、店内でそれらをイートインできたり、他にもランチメニューをお店で食べたりすることが出来るということでした。

でも、この日はサンドイッチなどはありましたが、惣菜は売っていなかったような気がしますが、日替わりのランチメニューはありましたね。店内に入り了解を頂き写真を写します。
シエル エ メール (4)

奥のほうがイートインコーナーです。

ちょうどお昼ごろで、行った土曜日は一組だけランチを食べていらっしゃいました。

パンの種類は多いですが、種類ごとの個数は少なかったです。
シエル エ メール (6)

パンはサイズ的には小さめで、大きさらか考えると単価は少し高めです。高級路線のお店ですね。

私は「モッツァレラカレーパン(税込190円)」を食べました。
シエル エ メール (12)

確かに小ぶりのカレーパンです。男性には1個では足りないでしょう?

キーマカレーパンに花畑牧場のモッツァレラを加えて焼きあげてありました。
シエル エ メール (13)

半分に切るとこんな感じ。生地が薄かったですがさすがに美味しいです。

あと、これだけではやはり足りなかったので、こちらの小さな「アンチョビオリーブ」も食べています。税込で150円もしました。
シエル エ メール (8)

アンチョビとオリーブで塩気がきいた、パンと言うよりワインのおつまみによさそうな感じでした。
シエル エ メール (14)

半分に切るとこんな感じでした。
シエル エ メール (11)

妻は「れんこんフォカッチャ(税込320円)」です。
シエル エ メール (10)

娘は「ごぼうと照焼チキンフォカッチャ(税込320円)」でした。

フォカッチャはお値段的にも味的にも高級だったようです。
シエル エ メール (9)

あと妻のほうは「ミックスベリーデニッシュ(税込210円)」も食べています。

どちらかといえば高級路線のパン屋さんでしたが、それに見合う味だったですね。ご馳走様でした。

シエル エ メール(Ciel et mar)
076-255-3384
石川県金沢市諸江町下丁87-4
7:30~19:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨年12月に金沢片町に「とおりゃんせKANAZAWA FOODLABO」という屋台村が誕生しました。
マガジーノ38 (2)

ここは、いわゆる飲食店のインキュベーション(日本語では「卵が孵化する」という意味)施設となっていて、金沢の中心地の賑わいと交流をもたらすことを狙いに金沢青年会議所がプロデュースしています。

この場所はむかし、小橋菅原神社という神社があって天神様・お稲荷様・金比羅様の三神を一緒に祀る珍しい神社だったようです。

その跡地を活用して作られたのが「とおりゃんせKANAZAWA FOODLABO」なのです。

前々から気になっていましたが、今回やっと行くことが出来ました。

「とおりゃんせKANAZAWA FOODLABO」には「燻し屋らむ」「海老専門店 九代目 海老翔」「季節のおばんざい 中にし」「旬楽」「中国料理とシェリー酒 西華房」「magazzino38 fatto a mano(マガジーノ38 ファット・ア・マーノ)」「和ビストロ 久遠(くおん)」「Kanazawa ramen WAKA」の8店舗が入居しています。
マガジーノ38

1店1店は狭くカウンター中心の10人以下の客数で満席になるようなスペースで、賃料はわかりませんが相当安いのでしょうね?

しかし、入居できるのは2年間のみで、2年で退去する必要があります。その期間の中で自力でお店を持って独立の見極めを行うというためのインキュベーション施設なのですね。

あっ!ただし、冒頭場所について書きましたが、この場所が少々わかりづらいのが難点でした。

もう少しいい場所がなかったのでしょうか?邪推ながら、せっかくインキュベーションするんだったら、と思いました。

たとえば「かごっまふるさと屋台村」という屋台村は鹿児中央駅のすぐ近くにあって、私も何度か行っていますが、とても便利なところにあり、観光やビジネスで訪れた人がふらっと入れるようなのが屋台村だと思うのでね。

もちろん、試み自体はとても素晴らしいと思います。
マガジーノ38 (3)

ちなみに、「とおりゃんせKANAZAWA FOODLABO」はキャッシュレスです!現金の支払いは出来ません。クレジットか電子マネー類のみ支払い可能です。この点お客さんは注意が必要です。

さて、今回8店舗の中でどちらのお店に行こうか少し悩みました。

色々個性的なお店ばかりで、どちらへも行ってみたいと感じたからです。

というイタリアンのお店。
マガジーノ38 (4)

左側の棟の2階、一番手前側の端に位置しています。

オーナー?の男性の方と、奥さまでしょうか?女性の方とお二人で切り盛りされていました。

男性の方はカンパーニュグループで働いていらっしゃったようですが、今回の「とおりゃんせKANAZAWA FOODLABO」でのオープンに合わせて、もう一人のパートナーである飲食店向けのデリバリーをしている人と一緒にお店を始めたようです。
マガジーノ38 (5)

メニューはこちらの写真に写っている黒板メニューのみ。

メインが肉系主体で私が頼めるものがなかったので、それ以外のものからチョイスすることにしました。
マガジーノ38 (7)

まずはスプマンテ(700円~)で乾杯です。
マガジーノ38 (8)

ストゥッツィキーノ(Stuzzichino)、いわゆるアミューズとしてフォカッチャが出されました。

そしてアンティパストとして前菜の盛り合わせをお願いしています。一人前1,000円です。
マガジーノ38 (9)

内容はイワシのサオール・ピクルス・豚のテリーヌ・イタリア風オムレツ・エビのマリネ・しらすのペペロンチー・はまぐりのワイン蒸し?などで、盛り沢山でした。

どれも美味しかったです。この内容で2人分2,000円はお得感あります。

パンやシャルキュトリー、チーズまでも手づくりしているようで、このような前菜もデリバリーを同時にされているメリットが出ていますね!?

お次のプリモピアットとしてのパスタは「3種のトウガラシアラビアータ(850円)」を頼みます。
マガジーノ38 (13)

見た目めちゃ辛そうですが、トマトの酸味と甘みが上手に辛さを丸め込んでくれていました。

麺は手打ちの生麺のタリアテッレ。この麺が美味しかったです。

モチッとした食感でソースに負けない味を出していましたね。おすすめです。

ただパスタを作っているとき見ていて感じたのですが、まぁ、ある意味レンタルスペースなのでやむを得ない感じがしますが、ガスコンロが2口しかなく、また食器類の収納スペースも不足しているような気がしました。

パスタをゆでる寸胴鍋も小さめ。何種類もパスタのオーダーが来たら時間がかかりそうでした。

この日は、我々入れて7名のお客さんがカウンターで同時にいましたが、やはり少し時間がかかっていたら、ご主人が待っている間に、こちらのナッツと生ハムを出してくれました。ありがとうございます。
マガジーノ38 (12)

このあたりどうなのでしょう?インキュベーション施設なので特定のジャンルの仕様に合わせるわけにはいかないとは思うのですが、もう少し何とかならないかと素人ながらに感じました。

さて飲んだワインの方ですが、白は「Casale Daviddi Il Bosco Rosso Toscana(カサーレ ダヴィッディ イル・ボスコ ロッソ トスカーナ)」。
マガジーノ38 (11)

軽くもなく重くもない、酸味がありながらフルーツのような甘みも感じる白でした。

赤はイタリアマルケ州「Sartarelli Classico(サルタレッリ クラッシコ)」。

軽めでスッキリとした飲み口ですがフルーティさもあってよかったです。
マガジーノ38 (14)

妻のほうはもう一杯別の赤を頼んでいましたが、銘柄は何だったのでしょうか?

以上飲み食いして8千円弱だったでしょうか?昼間から飲んでいたので記憶が定かではありません。^^;

肝心のお店の方ですが、イニシャル&ランニングコストが低く抑えれれているので、コスパ的にも大満足です。もちろん味の方もです。入居しているお店すべてが頑張ってほしいです。ご馳走様でした。

マガジーノ38 ファット・ア・マーノ
 magazzino38 fatto a mano
石川県金沢市片町2-23-6
 とおりゃんせKANAZAWA FOODLABO 2F
TEL 050-3476-5581
18:00~24:00
日曜休
その他、不定休あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

手打ちパスタを気軽に楽しめるイタリア料理店として人気だった「TAPAS」。

2019年5月6日に閉店してしまい残念でしたが、新たに「SALUD-VEGE(サルーベジ) DELICATESSEN」として生まれ変わり7月8日にオープンしています。
SALUD-VEGE (17)

オープン1週間目に行ってきましたので紹介します。

さて、お店は7月11日のHAB北陸朝日放送「ゆうどきLive」で紹介されたようで、予約で満席かな?と思い当日朝に電話をかけてみたら大丈夫でした。

というか、行ってみたら我々以外だれもその時間帯にお客様がいなかったので、これ幸い!と了解を頂き写真を写します。
SALUD-VEGE (3)

「TAPAS」の時とは違って、落ち着いたトーンにまとめられたインテリアです。FreeWi-Fiも完備されていました。
SALUD-VEGE (4)

お店は基本カフェ&デリ。デリカテッセンはすべてお店の中でもテイクアウトでも食べることが出来ます。
SALUD-VEGE (10)

シェフがご主人で奥様が野菜ソムリエのようです。
SALUD-VEGE (5)

この日のラインナップはこんな感じ。色取り取りですね!店名に「ベジ」が付いている通りにサラダなど野菜系の品揃えが豊富です。

上段がキッシュ・自家製ローストビーフ。中段がサラダ系惣菜。下段がメイン料理となっています。

その日のラインナップはtwitterで紹介されているのでそちらを見てくださいね。

そしてお店で食べる場合は、こんなセットが設定されていました。
SALUD-VEGE (16)

その中から私は「フードプレート(基本セット1,600円)」をチョイス。こちらはサラダ2種類とメイン1種類を自由に選んで組み合わせることが出来ます。なお記載の料金表示は税別です。また、料金はオーダーするときに支払います。
SALUD-VEGE (13)

で、選んだのは、サラダは「ブロッコリーと本田農園産カラフルトマトのサラダ」と「春雨と野菜のサラダ パクチー入り」。メインは「和牛ハンバーグ」です。
SALUD-VEGE (14)

なお「和牛ハンバーグ」は他の品より300円高い設定でしたが、セットだと追加料金がかかっていませんでした。

そういえばパクチーブームもひと段落でしょうか……?

ご飯かフォカッチャが選べますが私はフォカッチャ。今の私にはこのボリュームでちょうどいい感じでしたが、一般男性の場合は量的に少し足りないかもしれません。

セットにはスープが付いていました。

妻は「おまかせデリプレート(基本1,200円)」で雑穀米に変更していて+100円です。
SALUD-VEGE (11)

この日の「おまかせデリプレート」は「チキンのグリル パプリカマリネ添え」「万願寺とうがらしと夏野菜のサラダ」「打木カボチャとミックスビーンズのサラダ」の3種類のデリが付いていました。

アイスコーヒーはセット追加料金で+200円でした。

最後にお店へのお願いですが、出来れば「和牛ハンバーグ」と「チキンのグリル」はもっと暖かく食べたかったです。温めるときレンジだったのかもしれませんが、冷製のサラダ類と同じお皿だったためほんのりと温かい感じが残るだけでした。

「TAPAS」が閉店になった訳は知る余地がありませんが、小松ではこれまでデリカテッセンのお店って苦戦しているところが多かったような気がします。是非頑張ってほしいですね!ご馳走様でした。

SALUD-VEGE(サルーベジ) DELICATESSEN
石川県小松市沖町ツ93
TEL 0761-27-5811
10:00~20:00
火・水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

いつも色々なお店を紹介している私のブログ。
クッチーナ

その中でも今日紹介する「クッチーナ」は何度も登場するお店です。

それでも、グルメブログをやっていると、どうしても色々なお店を紹介しなければ!というような強迫観念?があるので、1年に1度ぐらいの登場となっています。

しかしグルメブログを始めるまでは月に2~3度はお邪魔していました。

「クッチーナ」はイタリア料理店とカフェを合わせたようなお店で、小松でも人気の1軒。特に週末はいつも混んでいます。

私は最近はランチに利用することが多いのですが、夜もアラカルトでもコースでもどちらも楽しめます。

オーナーシェフは小川達也さん。昔から存じ上げていますが、バイクとスキーが大好きで、最近、オープンカーも買って楽しんでいるナイスガイです。

今回、珍しく午前中に小松に戻ってきた出張帰りにランチを食べに行きました。
クッチーナ (7)

ランチはAからDまで4種類。メイン料理によって値段が違います。

プランゾAは税込1,000円の値段でその日のメインにパスタかスープがチョイスできて、ミニサラダ・フォカッチャ・デミタスコーヒーが付いています。

なかなかのコスパです。

今月はこんな感じになっていました。

A.お魚のムニエル 焦がしバターソース(税込1,000円)
B.自家製ハンバーグステーキ(税込1,620円)
C.仔牛のリブロースステーキ(税込1,980円)
D.牛フィレステーキ ポルチーニ茸のソース(税込3,500円)

この日私は、プランゾAを頼むことに。久しぶりに頼みました。
クッチーナ (2)

まずサラダが出されます。

そしてパスタかスープで私はパスタをチョイス。この日は「カタハとベーコンのトマトスパゲッティ」でした。
クッチーナ (4)

クッチーナのトマトソースは私の一番好きな味です。麺もアルデンテでいい感じ。
クッチーナ (3)

パンは自家製薪窯焼きフォカッチャです。
クッチーナ (5)

メインの魚は鮭。添えられていたジャーマンポテト共々いい塩梅で美味しかったです。
 
クッチーナ (6)
デミタスコーヒーも付きます。

いつも思うのですが、それにしてもこのボリュームと味で税込1,000円とは超満足のランチです。

相変わらずの人気で、平日にもかかわらず12時前から多くのお客さんが入ってきていました。ご馳走様でした。

クッチーナ
石川県小松市城南町106-2 
TEL 0761-22-3775 
11:00~22:00(L.O.21:30)
ランチタイム11:30~14:30(日祝は無し) 
木曜,第4水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は内灘にランチを食べに行ったときに立ち寄ったパン屋さんの紹介です。
ブリーズ・ドゥ・メール (8)

この辺りでは人気ブーランジェリーで「ブリーズ・ドゥ・メール(Brise de Mer)」という名前のお店です。
ブリーズ・ドゥ・メール (2)

日本語では「潮風」という意味で、内灘という海にも近い場所にあるお店らしいネーミングですね。

2018年8月に店舗をリニューアルされています。

ネット情報では、オーナーシェフは金沢フォーラス1Fの「オーボンパン ビゴの店」ご出身だということでした。

店内に入り写真撮影の許可を頂き、写します。
ブリーズ・ドゥ・メール (6)

お店一杯にパンが並んでいました。ハード系から惣菜系、菓子パン系まで幅広い品揃えです。まぁ、どちらかといえばソフト系のパンが多いかな?
ブリーズ・ドゥ・メール (13)

その中から私が買い求めたのは、まず私が食べた「ベーコンフォカッチャ(220円)」。
ブリーズ・ドゥ・メール (12)

娘も「カレードッグフォカッチャ(250円)」というフォカッチャでした。

ただよくイタリア料理店で出されるフォカッチャとはちょっと違って、非常に柔らかでしっとりとした生地でした。もっとも、フォカッチャの言葉の意味は「火で焼いたもの」ということなので、ある意味何でもフォカッチャかもしれませんが。
ブリーズ・ドゥ・メール (10)

妻は「レッドチェダーチーズクッペ(250円)」です。レッドチェダーチーズがたっぷり使われています。
ブリーズ・ドゥ・メール (11)

こちらの「クロワッサン(140円)」も買っています。外側はパリッとしていて中はバターの香りがするクロワッサンです。

内灘のパン屋さんの状況を私はよく知らないので何ですが、この品揃えと味を考えると人気のお店なのでしょうね?ご馳走様でした。

ブリーズ・ドゥ・メール(Brise de Mer)
石川県河北郡内灘町1-306-29
TEL 076-239-3018
8:00~18:30
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ