あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:フォカッチャ

いつも色々なお店を紹介している私のブログ。
クッチーナ

その中でも今日紹介する「クッチーナ」は何度も登場するお店です。

それでも、グルメブログをやっていると、どうしても色々なお店を紹介しなければ!というような強迫観念?があるので、1年に1度ぐらいの登場となっています。

しかしグルメブログを始めるまでは月に2~3度はお邪魔していました。

「クッチーナ」はイタリア料理店とカフェを合わせたようなお店で、小松でも人気の1軒。特に週末はいつも混んでいます。

私は最近はランチに利用することが多いのですが、夜もアラカルトでもコースでもどちらも楽しめます。

オーナーシェフは小川達也さん。昔から存じ上げていますが、バイクとスキーが大好きで、最近、オープンカーも買って楽しんでいるナイスガイです。

今回、珍しく午前中に小松に戻ってきた出張帰りにランチを食べに行きました。
クッチーナ (7)

ランチはAからDまで4種類。メイン料理によって値段が違います。

プランゾAは税込1,000円の値段でその日のメインにパスタかスープがチョイスできて、ミニサラダ・フォカッチャ・デミタスコーヒーが付いています。

なかなかのコスパです。

今月はこんな感じになっていました。

A.お魚のムニエル 焦がしバターソース(税込1,000円)
B.自家製ハンバーグステーキ(税込1,620円)
C.仔牛のリブロースステーキ(税込1,980円)
D.牛フィレステーキ ポルチーニ茸のソース(税込3,500円)

この日私は、プランゾAを頼むことに。久しぶりに頼みました。
クッチーナ (2)

まずサラダが出されます。

そしてパスタかスープで私はパスタをチョイス。この日は「カタハとベーコンのトマトスパゲッティ」でした。
クッチーナ (4)

クッチーナのトマトソースは私の一番好きな味です。麺もアルデンテでいい感じ。
クッチーナ (3)

パンは自家製薪窯焼きフォカッチャです。
クッチーナ (5)

メインの魚は鮭。添えられていたジャーマンポテト共々いい塩梅で美味しかったです。
 
クッチーナ (6)
デミタスコーヒーも付きます。

いつも思うのですが、それにしてもこのボリュームと味で税込1,000円とは超満足のランチです。

相変わらずの人気で、平日にもかかわらず12時前から多くのお客さんが入ってきていました。ご馳走様でした。

クッチーナ
石川県小松市城南町106-2 
TEL 0761-22-3775 
11:00~22:00(L.O.21:30)
ランチタイム11:30~14:30(日祝は無し) 
木曜,第4水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は内灘にランチを食べに行ったときに立ち寄ったパン屋さんの紹介です。
ブリーズ・ドゥ・メール (8)

この辺りでは人気ブーランジェリーで「ブリーズ・ドゥ・メール(Brise de Mer)」という名前のお店です。
ブリーズ・ドゥ・メール (2)

日本語では「潮風」という意味で、内灘という海にも近い場所にあるお店らしいネーミングですね。

2018年8月に店舗をリニューアルされています。

ネット情報では、オーナーシェフは金沢フォーラス1Fの「オーボンパン ビゴの店」ご出身だということでした。

店内に入り写真撮影の許可を頂き、写します。
ブリーズ・ドゥ・メール (6)

お店一杯にパンが並んでいました。ハード系から惣菜系、菓子パン系まで幅広い品揃えです。まぁ、どちらかといえばソフト系のパンが多いかな?
ブリーズ・ドゥ・メール (13)

その中から私が買い求めたのは、まず私が食べた「ベーコンフォカッチャ(220円)」。
ブリーズ・ドゥ・メール (12)

娘も「カレードッグフォカッチャ(250円)」というフォカッチャでした。

ただよくイタリア料理店で出されるフォカッチャとはちょっと違って、非常に柔らかでしっとりとした生地でした。もっとも、フォカッチャの言葉の意味は「火で焼いたもの」ということなので、ある意味何でもフォカッチャかもしれませんが。
ブリーズ・ドゥ・メール (10)

妻は「レッドチェダーチーズクッペ(250円)」です。レッドチェダーチーズがたっぷり使われています。
ブリーズ・ドゥ・メール (11)

こちらの「クロワッサン(140円)」も買っています。外側はパリッとしていて中はバターの香りがするクロワッサンです。

内灘のパン屋さんの状況を私はよく知らないので何ですが、この品揃えと味を考えると人気のお店なのでしょうね?ご馳走様でした。

ブリーズ・ドゥ・メール(Brise de Mer)
石川県河北郡内灘町1-306-29
TEL 076-239-3018
8:00~18:30
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

食べログでは毎年、高い点数のお店をゴールド・シルバー・ブロンズという形で表彰をしています。

ただ、これは寿司や和食、フレンチ、イタリアンなどメジャーなジャンルが優位なので、それ以外のジャンルのお店については「100名店」という形でも選んでいすのです。

個人的には、あまりそのお店を目指していくということはないのですが、食べログのレビュアーの中には、それを目的に行かれるかたも多いのではないでしょうか?

さて、今日紹介するのは「パンの100名店」に選ばれているお店で、大阪駅前、グランフロントのすぐ近くにあります「ROUTE271 梅田本店」。大阪では有名店です。
ルート271

GWに大阪に遊びに行った時に翌朝家で食べるためのパンを買いに行きました。

元は高槻市にお店があったようですが、大阪駅のすぐそばに移転してきたようです。

最初、行く前はサクッと買い求めて出ようと思っていたのですが、何と!お店の前には長蛇の列が!!

パン屋さんで行列が出来るお店は珍しくないとは思うのですが、聞くと大体30数分ほどかかるとのこと。一瞬迷いましたが、電車の時間まではだいぶあったのと、この後の予定もそれほど決めていなかったので、その順番の列に並ぶことにしました。

順番待ちが大嫌いな私ですが、まぁ、こんなに行列が出来るパン屋さんなら並んでもいいかな?と思ったわけです。

お店の中は狭いです。4,5名入ると一杯になります。そんな店内には一組出たら一組入るといった具合に、順番に3組ほど中に入って選び購入するのです。

30分ほど待って店内に入り、何を買おうか考えながら順番を待ちます。

こちらのお店で有名な「タイ風焼きそばパン」はすでに売り切れていてなかったのが残念でした。

では私が買い求めたものを紹介します。
ルート271 (14)

ただ大阪から帰るとき荷物が多かったので、カバンに入れていたら少しつぶれてしまったものもあります。^^;

私は、「ホタテとマッシュルームのパセリバター焼き(280円)」を食べました。
ルート271 (9)

帆立とマシュルームがバルサミコでマリネされています。そしてその上にパセリバターと香草パン粉を乗せて仕上げていますね。
ルート271 (8)

「ひじきのフーガス(180円)」は娘が食べましたが、たっぷりひじきが入っています。オリーブオイルとパルメザンチーズも入っていました。ただ翌朝はだいぶ柔かくなっていました。
ルート271 (10)

あとお昼に私は「塩じゃがバター(220円)」も食べています。こちらはじゃがいものパンに有塩バターが練り込まれていました。

妻が食べたのは「あめ色玉ねぎとチーズのフランス(220円)」。
ルート271 (13)

黒コショウがほんのりと食欲をそそります。説明に書かれていた「お酒のお供のそうぞ!」という文字に魅かれたようです。

ナッツ・オリーブ・ドライフルーツが入っていたようです。
ルート271 (12)

あと、こちらの「パンチェッタとあめ色玉ねぎのパン(300円)」もお昼に食べていました。

玉ねぎがじっくり炒められているので、中に入っているパンチェッタとあわせて甘みがでて美味しいです。
ルート271 (11)

こちらのフォカッチャも買っています。日常的に食べるフォカッチャとは食感含めて少し違ったものでした。

確かに他のパン屋さんとは一線を画したようなこだわりのパンばかりで、人気な理由がわかりました。もう一度行ってみたいパン屋さんですね。ご馳走様でした。

ROUTE271 梅田本店
大阪府大阪市北区芝田2-3-2 1F
TEL 06-7183-0366
11:00~売り切れまで
不定休(HP要確認)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢まで蕎麦を食べに行ったついでに、前から気になっていたパン屋さんに立ち寄りました。

そのお店は「ノトヒバカラベーカリー」。2017年のクリスマスイブにオープンした比較的新しいお店です。
ノトヒバカラベーカリー

外観は周辺の建物も合わせて、どこか住宅展示場にでもいるような感覚になりました。
ノトヒバカラベーカリー (8)

それもそのはず。店名は「能登ヒバから」という意味があって、お店には石川県産の能登ヒバ(アテ)が使われていたり、家具やトレーなど備品も木製のものでした。能登ヒバには防虫効果があるようですよ!
ノトヒバカラベーカリー (7)

店内ではこちらのテーブルが備え付けられていてイートインが出来ます。
ノトヒバカラベーカリー (10)

パンを買ったお客さんはこちらのベンダーで無料のコーヒーを頂くことが出来ました。オーガニックのコーヒー豆を使用していました。
ノトヒバカラベーカリー (11)

シェフは京都出身。パティシエで有名な鎧塚さんが開いたベーカリーでも働いていたようです。

あと余談ですが、京都はご飯食よりもパン食の方が多い土地柄。金沢もその傾向があるのでご縁もあるかもしれませんね?。
ノトヒバカラベーカリー (2)

お店では毎日100種類以上のパンが店頭に並ぶようです。ハード系からデザート系まで幅広く揃っています。

私が食べたのは「野菜のキッシュ(300円)」。
ノトヒバカラベーカリー (14)

滋賀県産の古代小麦の全粒粉を使用していてもちっとしっかりしか食感の生地に、たっぷりの季節の野菜が乗せられていました。美味しかったです。

こちらの「黒七味と岩塩のフォカッチャ」は、我が家でも愛用している京都祇園にある原了郭の黒七味を使用している珍しい?フォカッチャです。岩塩はチェリーソルトという贅沢仕様。
ノトヒバカラベーカリー (16)

黒七味の風味は最初あまり感じませんでしたが後できました。塩気もほどよく、1/4サイズ250円でその価値はありましたね。

家ではスモークサーモンとチーズリゾットと一緒にランチで食べましたが、とても美味しかったです。
ノトヒバカラベーカリー (15)

妻は「クランベリーとクリームチーズのベーグル(240円)」。チーズがたっぷりで、クランベリーの甘酸っぱさとも合っていたそうです。
ノトヒバカラベーカリー (13)

娘は「ソーセージチーズパン(200円)」です。ソーセージ丸ごと一本使っています。感想は聞いていないのでわかりませんが、見た目でも美味しそうなのがわかります。

人気のお店だそうですが、一度食べてみたら納得の味で理由がわかりました。ご馳走様でした。

ノトヒバカラベーカリー
石川県金沢市駅西新町3-11-9
TEL 076-222-1139
9:00~19:00
※土・日・祝は7:00~19:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪城周辺は私が大阪に住んでいた時に、毎週のようにウォーキングに行っていたエリアです。

天守閣のところまでは毎回行くわけではありませんが、それでも3年間で30~40数回は行ったと思います。そんな思い出のある場所に今回行くことにしたのです。

大阪城の天守閣のあるエリアには、旧第四師団司令部庁舎(その後大阪府警本部~大阪市立博物館)の建物が建っていました。

私が大阪に住んでいた時は普段はクローズされていましたが、一度だけ何かイベントだったかの時に入った記憶があります。
ミライザ大阪城 (11)

そんな建物が2017年10月19日に「ミライザ大阪城」としてリノベーション。物販や飲食のお店が入った観光施設になったのです。
ミライザ大阪城 (10)

ミライザ大阪城 (8)

ちなみに「ミライザ大阪城」の屋上はビアガーデンになっていて、ライトアップされた大阪城を眺めながら楽しめます。
クロスフィールド ウィズ テラスラウンジ

お店は2階にあって、店内はクラッシックな内外観に合わせてシックモダンな内装。ライティングも落ち着いた雰囲気を醸しだしていました。
クロスフィールド ウィズ テラスラウンジ (4)

ただ、大阪城ということで太閤秀吉にあやかったのでしょうか?至ることろに金色をあしらってありました。
クロスフィールド ウィズ テラスラウンジ (12)

カトラリーも金色のを使っていましたね。

さて今回、事前に予約するときにすでにコースも予約してありました。

季節のおすすめコースで、アンティパストやアクアパッツアなど全6品の北イタリアコースです。5,000円(税込)とリーズナブルです。
 
ウリは「地元食材を中心に、季節の旬食材を使ったコースをご用意致しました。北イタリアの料理をクロスフィールド流にアレンジしたモダンイタリアンをお楽しみください。」ということで、お手頃な値段設定で色々楽しめるだろうと思ったからです。
クロスフィールド ウィズ テラスラウンジ (7)

まず出されたのが「本日のスープ」。ミネストローネです。
クロスフィールド ウィズ テラスラウンジ (10)

前菜の「アンティパストミスト」は肉系が多かったです。^^;

プリモピアットのパスタは「手長海老とカラフルトマトのアーリオ・オーリオ」。
クロスフィールド ウィズ テラスラウンジ (13)

シンプルなアーリオ・オーリオの風味にスカンピのうま味が出ていました。
クロスフィールド ウィズ テラスラウンジ (11)

パンはフォカッチャとバゲッド。

セコンドピアットの魚料理は「魚介のゆず薫るアクアパッツァ」。今回このアクアパッツァがコースに入っていたのでチョイスしたと言っても過言ではありません。
クロスフィールド ウィズ テラスラウンジ (15)

白身はスズキだったと思います。スープはムール貝やアサリなど魚介のうま味が出ていて味は美味しかったです。
クロスフィールド ウィズ テラスラウンジ (18)

肉料理は「ブラックアンガス牛ロースのグリル サルサヴェルデ」。イタリアンパセリを使ったソース、サルサヴェルデで食べます。赤身の肉でこちらは私も食べられます。
クロスフィールド ウィズ テラスラウンジ (19)

デザートは本日のドルチェでティラミスとジェラート。

ドリンクは妻はコーヒー、私は紅茶です。
クロスフィールド ウィズ テラスラウンジ (20)

ただ紅茶のカップがコーヒーカップのような感じで、ティーカップのほうがよかったかも?
クロスフィールド ウィズ テラスラウンジ (6)

あとアルコールは、大阪市内をだいぶ歩いたのでのどが渇いていたため、最初は私は生ビールを頼みました。妻はスプマンテをグラスで。
クロスフィールド ウィズ テラスラウンジ (9)

その後二人は白と赤などグラスで頼んでいてます。

あと、妻はベルギーのビールでFar Yeast社の「馨和 KAGUA Rouge」。
クロスフィールド ウィズ テラスラウンジ (14)

ローストした麦芽とスパイシーな山椒のアロマがする重厚な味わいのビールだったようです。

以上、飲み食いして二人で15,000円ほど。納得の金額でした。

ロケーションもいいので、色々なシチュエーションでの利用が可能なお店だと思います。ご馳走様でした。

CROSSFIELD with TERRACE LOUNGE
(クロスフィールド ウィズ テラスラウンジ)
大阪府大阪市中央区大阪城1-1
TEL 050-5594-3888
 MIRAIZA OSAKA-JO 2F
ランチ11:00~15:00(L.O.14:00)
カフェ15:00~17:00(L.O.16:30)
ディナー17:00~22:00(L.O.21:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ