あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:ピッツァ

最近、金沢の山の手の方の紹介が増えています。

なぜか最近このエリアにはまっていて、ブログネタとして新規開拓をしています。

今日は田上本町の人気のイタリアン「Luce(ルーチェ)」の紹介です。
ルーチェ

山側環状やメイン道路沿いではなく、少し浅野川の東側に入ったところにあります。

駐車場はお店の前に3台分と、2軒開いた空き地に数台分ありました。
ルーチェ (7)

店内は意外に広く、また後ろ側の扉がこの日は解放されていて、浅野川を挟んで山側環状を望みながら食事をすることが出来ました。
ルーチェ (12)

まだ暑くなる前だったこともあって、外の空気を吸いながらランチを愉しむことが出来ました。
ルーチェ (4)

ランチメニューは以下のようになっています。

●Lunch A(ただし平日のみで税別1,550円)
サラダ、パスタ、パン、デザート、カフェ
●Lunch B(税別1,980円)
前菜、パスタ、パン、デザート、カフェ
●Lunch C(税別2,950円)
前菜、パスタ、パン、メイン、デザート、カフェ

土曜日と休日はBorCからの選択です。

私はBを、妻はCをチョイス。

まずは前菜です。
ルーチェ (10)

前菜はBとCで若干違っていました。パルマ産パンチェッタ、タスマニア産サーモンのスモーク、フリッタータ、大羽イワシのマリネなどが同じで、上の写真は私のです。
ルーチェ (9)

妻のにはチキンが入っていたので私としてはCでなくてラッキーでした。
ルーチェ (3)

パスタはご覧の10種類の中からと、ピッツァ4種類の中から選ぶことが出来ますが、追加料金が必要なものもあります。

Cのパスタはハーフサイズ。ということはCはパスタのみの選択肢なのかな?ハーフサイズのピッツァもあるのでしょうか?

で、出されたのがこちら。
ルーチェ (13)

妻は「カジキマグロとズッキーニのフレッシュトマトソース」で麺はタリアテッレ。

私も少し食べましたが、本当にフレッシュなトマトのソース。ほどよく酸味がきいていて美味しかったです。
ルーチェ (16)

私の方はピッツァで「イカとアンチョビ」をチョイス。

珪藻土でできたピザ窯で焼かれています。

こちらにもフレッシュなトマトソースが使用されていて、アンチョビの塩気がいい仕事していました。
ルーチェ (14)

Cに付いてきたパンはフォカッチャ。しっとりソフトな口当たりでローズマリーの風味もいい感じでした。

そして妻だけが頼んだCのメインは「米沢産大沢牧場豚のロースト」を頼んでいます。
ルーチェ (17)

ボリューム的にもちょうどよかったようです。

デザートは、こちらもBとCでは違っていました。
ルーチェ (19)

Bの私のがこちら。

ガトーショコラのように見えるのは、イタリアトリノのボネというチョコレート風味のココアプリンです。
ルーチェ (18)

Cの妻のは桃のコンフォートでした。
ルーチェ (20)

食後のドリンクは、エスプレッソ、コーヒー、紅茶、カプチーノ、オレンジジュース、ウーロン茶からチョイス出来ます。

私はエスプレッソ。妻はコーヒー。

サービス面ではもう少し愛想がよかったらもっといいと思いましたが、味的にも総合的な満足度も高いお店だったと思いました。ご馳走様でした。

Luce(ルーチェ)
石川県金沢市田上本町30街区3-1
TEL 076-233-3152
12:00~14:00
18:00~21:30
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

天王寺駅や阿倍野周辺は、あべのハルカスを中心に再開発がほぼ一通り終わったようです。

街全体が様変わりしたようにきれいになりました。

さて今日紹介します「青いナポリ イン・ザ・パーク」は、天王寺駅や天王寺公園に隣接する天王寺公園エントランスエリアにあります。
青いナポリ (18)

1015年10月にリニューアルオープンした「てんしば」と命名された場所で、ここからあべのハルカスも全部見渡せます。
青いナポリ (15)

天王寺動物園にもつながるエリアは芝生が広がり、都心では珍しい開放感あふれる場所となっています。
青いナポリ

その中に大きなレストランとしてあるのが「青いナポリ イン・ザ・パーク」で、大きな店内は外の空間も含めると200名ほど入ることが出来るほどです。
青いナポリ (3)

本店は東京の小石川にあります。

今回、我々はランチを食べに出かけてきました。
青いナポリ (7)

2階もあって天井が高くて開放感があるお店で、2階は結婚式の2次会や各種宴会などにおすすめです。
青いナポリ (6)

店内にはピザを焼く薪窯もありますね。
青いナポリ (5)

ランチメニューはこんな感じです。
青いナポリ (4)

ランチメニューは、いわば日替わりランチ的な位置付けの「AOI NAPORI 青いナポリ イン・ザ・パーク ランチ(1,380円)」。
青いナポリ (2)

パスタ系は「パスタランチ(950円)」と「生パスタランチ(1,050円)」の2種類。

ピッツアァ系も「ピッツァマルゲリータランチ(950円)」と「ピッツァビアンカランチ(1,050円)」の2種類になっていました。

パスタにはスープとパン。ピッツァにはスープのみが付いています。

またパスタと「ピッツァビアンカランチ」のピッツァの種類は日替わりになっていて、各々1種類のみ。このあたりはもう1種類ずつくらい設定があってもいいと思いました。それは私は肉が苦手なので、今回、生パスタランチかピッツァマルゲリータのどちらかしか選択肢がなかったからです。

そこで私は「生パスタランチ」をチョイス。シェフ吉本おすすめのもちもち生パスタランチだそうです。
青いナポリ (9)

まずスープが出されます。ミネストローネです。野菜たっぷりなのがうれしいです。
青いナポリ (10)

パンはフォカッチャ。熱々でハーブも適度にきいていて好みの味でした。
青いナポリ (11)

そしてメインのパスタ「サーモンとスナックエンドウのトマトソース」です。
青いナポリ (12)

生パスタはフィットチーネですね。サーモンとスナックエンドウもたっぷり。トマトソースのシンプルなお味でした。
青いナポリ (13)

一緒に行った人が頼んだパスタランチのパスタは「牛ミンチとマッシュルームラグーソースと冬キャベツ」でした。

大きな箱のイタリアンレストランで、まぁ、平日はそれほど満席にはならないだろうと思いましたが、ふと思ったのが、そんなに人が入る可能性があるときは、何人のスタッフで運営するのか?ということでした。凄いですね。ご馳走様でした。

青いナポリ イン・ザ・パーク
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町5-55
 てんしば内
TEL 050-5589-9174
ランチ11:00~15:00(L.O.) 
ディナー
月~木/日17:00~22:00(L.O.)
金土祝 17:00~22:30(L.O.) 
CAFE 月~木/日 11:00~22:30(L.O.)
金土祝 11:00~23:00(L.O.)
年末年始 施設に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨年3月に阪急三番街の北館地下2階がリニューアルして出来たフードコート「ウメダフードホール」。

昨年末にやっと行ってきました。

ここは大阪駅からも少し離れている場所だったのでなかなか行けなかったのです。大阪に住んでいた時も、阪急三番街の北館まで足を延ばしたことは多分ないと思います。前は何のエリアだったのでしょうか?

今回いつもの通り、小松に戻る前に軽く一杯とお腹を満たすために行きました。

地下2階の広いスペースが丸ごとフードコートになっています。通路や食べるスペースも比較的広めに作られていて、阪神百貨店やルクアの地下に比べてゆったり飲食できそうです。
ウメダフードホール

行った時がちょうどクリスマス前のときで、ツリーが飾られていました。
ウメダフードホール (5)

さて肝心のお店ですが、フードコートなので和・洋・中、色々なお店が入っていて、どこがいいか目移りします。
ウメダフードホール (3)

18店中11店が関西初登場ということでしたが、北陸から大阪まで来て、大阪以外のお店に行くことはやめたいと考えていました。
ウメダフードホール (2)

とりあえず、今回は洋系のお店と決めていて、2~3ピックアップしてあった中から選んだのは、「イタリアンダイニングペスカ」というお店。
ウメダフードホール (12)

ここは、北新地、心斎橋、なんばにお店があって、オリジナリティあふれる個性的なピザが人気なのだそうです。

とりあえず一番の決め手は、パイ生地のピッツァ、その名も「パイッツァ」を食べられるということ。どんなものか興味がありました。

フードコートなので、席を確保してお店でお金を払ってオーダーします。

ドリンクとセットだと、ドリンクの料金がお得になるのがあったのでそちらに。スパークリングや白・赤ワインが+300円でした。

頼んだ「パイッツァ」は、「たっぷり野菜のパイッツァ(1,080円)」でした。
ウメダフードホール (9)

こちらがそうですが、外側がクロワッサンのような食感です。風味もバターがたっぷり使われていて美味しい生地です。
ウメダフードホール (11)

ただ食べる時に、生地があまりにサクサクなので、口の外こぼれます。^^;

確かに野菜もたっぷり入っていて、ソースのしっとり感と生地のサクサク感も楽しめる美味しい「パイッツァ」でした。頼んだスパークリングにも合いました!
ウメダフードホール (7)

この日は、ここが2軒目だったので、この1枚食べただけで終わりです。また機会があればウメダフードホールの他のお店にも行ってみたいと思いました。ご馳走様でした。

イタリアンダイニングペスカ
 ItalianDiningPESCA
大阪府大阪市北区芝田1-1-3
 阪急三番街北館B2Fフードコート
TEL 06-6450-8151
11:00~23:00
阪急三番街の休日に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私も時々利用していた小松市上本折町にあったブーランジェリー「ラ プティ メティサージュ」。

粟津温泉にあるメティサージュの2号店で、フランス出身のアンデルス・ゲイトウさんがピッツァを焼きながらパンも売っていたお店でしたが、1年も経たずに閉店になってしまいました。

いま、アンデルス・ゲイトウさんはチリに家族で行かれているそうです。何をされているのでしょうか?

さて、そんなアンデルスさんがピッツァを焼いていた薪窯を活用したピッツァリアが新しくオープンしました。
スオリコ (2)

お店の名前は「Nostra pizza Suolico(ノストラ ピッツァ スオリコ)」。外観はほぼそのまま、色がエンジからホワイトに変えれていました。
メティサージュ (2)

お店の前には、アンデルスさんの写真が飾られていましたが、オーナーはアンデルスさんのままなのでしょうか?
スオリコ (9)

我々が行ったのは6月のとある土曜のお昼。ランチは予約できないのでオープン時間の11:30にお店に入ると、すでに先客がすでに食べていらっしゃいました。^^;
スオリコ (6)

お店の内部も、当然のことながら「ラ プティ メティサージュ」からは大きく変わっていて、白基調の明るく清楚な感じになっていました。
スオリコ (8)

こちらのピッツァを焼いている男性は、前は移動式ピッツェリア オチバーズ(Mobile pizzeria O'chiva's)で出張ピザ屋さんをやっていた農田悟さんです。

ピッツァはナポリスタイル。コルニチョーネと呼ばれるピザの縁の部分に特徴があります。「真のナポリピッツァ協会」なんてのもあり日本でも支部があって認定店があるほどです。さすがピッツァの発祥ナポリですね。

ランチメニューは、平日と土日祝日の内容が違います。
スオリコ (10)

平日はこちら。
スオリコ (5)

そして我々がお邪魔した土曜日のメニューは、こんな感じでした。
スオリコ (18)

あと、黒板メニューもありました。

今回、私は妻と2人で2枚のピッツァをシェアして食べることに。

マルゲリータのみ、土日祝日のドリンク付きのセットメニューがあったので、一つはそれに。

もう一つは黒板メニューから、トンノを頼むことにしました。
スオリコ (11)

あと、別にこちらのサラダ(200円)を頼んでいます。
スオリコ (12)

マルゲリータは5分ほどで出されました。ピッツァといえばシンプルなマルゲリータが定番です。
スオリコ (14)

もう一枚のトンノのほうは、ツナと黒オリーブのピッツァ。あとはマルゲリータと同じくモッツァレラチーズとトマトソースです。味的にはマルゲリータと同じですね。

こちらのほうは、マルガリータが出されてから少し間が開いて出てきました。

ピッツァは高温の薪窯で一気に焼きあげるので、生地のモチッとした食感がいい感じに仕上がっていました。美味しいです。
スオリコ (16)

食後は妻のみ、追加のジェラートをオーダーしています。味はレモンでさっぱりとした味で口の中をリセットしてくれます。
スオリコ (17)

マルガリータのセットのドリンクはコーヒーを頼んでいます。

最後にお店を出るときには私以外はお客様は全員女性!女性受けしそうなお店ではありました。でも、この手のお店は南加賀にはないのでうれしいですね。ご馳走様でした。

ノストラ ピッツァ スオリコ
 Nostra pizza Suolico
小松市上本折町76
TEL 0761-58-1410
ランチ11:30~14:30
ディナー18:00~22:30(L.O.21:30)
火曜,月一回水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お久しぶりシリーズです。

片山津のかぼちゃ村。「ラ・ヴィーブ」や「いちごいちえ」は私のブログでも時々登場しますが、「村カフェ アレコレ」は5年ぶりになります。
アレコレ (19)

かぼちゃ村における「村カフェ アレコレ」の位置付けとしては、気軽にファミリーで楽しめるカフェ的なお店になっています。
アレコレ (3)

5年前に行った時にも書いていますが、その時におけるメニューの特色としては、「アジアンテイスト、無国籍風のメニュー」でした。「ビビンバ風ピラフ」「ナシゴレン」「アジアン焼きそば」「スパイシーカレー」などの文字がメニューに並んでいました。
アレコレ (4)

しかし、今回行ってみると、ピッツァもあったりしてメニューはかなりイタリアン寄りになっていましたね。

前のアジアンテイストな感じも良かったですが、今回のイタリアンも、何せ味では定評のあるラ・ヴィーヴが同じかぼちゃ村内に抱えているため、パスタにせよピッツァにせよ、安心していただくことが出来ます。

ピッツァはラ・ヴィーブ内の窯で焼いているのでしょうが、パスタもラ・ヴィーヴで作っているのでしょうか?

さて、そんな「村カフェ アレコレ」で食べたものを紹介します。

今回お邪魔したのは、昨年末の押し迫った日のランチ。

早めの時間帯だったので、まだそれほど混雑していませんでした。

店内には、小さなお子様連れの女性ばかりのグループがいらっしゃいました。
アレコレ (2)

ランチメニューはこんな感じです。ランチメニューといってもたぶん夜でもokだと思います。あと、他には福井のご当地グルメのボルガライスやタコライスセットもありました。

これらの中から我々は「アレコレセット(1,380円)」を頼むことにしました。

「アレコレセット」にはサラダ・スープ・ドリンクが付いています。

そしてメインはパスタ3種類とピッツァ2種類からのチョイス。

私はピッツァ、妻はパスタからチョイスしシェアして食べることに。

私が選んだのは、「茄子とソーセージのミートソース」です。普段はあまり頼まないピッツァの種類ですが、たまにはいいでしょう?

そして妻は「カキ貝と青菜のクリームソーススパゲッティ」でが、こちらは+108円となります。。
アレコレ (10)

まず、サラダとスープが出されました。スープはミネストローネです。

そしてメインです。
アレコレ (15)

「カキ貝と青菜のクリームソーススパゲッティ」はクリームソースですが、牡蠣のプリプリ感と小松菜のシャキッとした食感。トマトの酸味も加わってそれほどクリームクリームしているわけではなく食べ進めても飽きない味だったと思います。
アレコレ (13)

ピッツァの「茄子とソーセージのミートソース」は、ミートソースとソーセージという子供でも好きそうな組み合わせで、味のほうも想像どおりでした。
アレコレ (18)

ドリンクは私は紅茶。
アレコレ (17)

妻はコーヒーを頼みました。

久しぶりに「村カフェ アレコレ」に行きましたが、人気で週末は予約が取れないこともあるラ・ヴィーヴでイタリアンを食べるのもいいですが、同じ味を楽しめる穴場かもしれませんね。ご馳走様でした。

村カフェ アレコレ
石川県加賀市片山津温泉丁12-1
 かぼちゃ村ビル1F
0761-74-8562
朝カフェ8:00~
昼カフェ11:00~
茶カフェ15:00~
夜カフェ18:00~23:30(L.O.23:00)
※水曜のみ11:00~16:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ