あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:ビュッフェ

山中湖と東京の旅。最終日の東京でのホテルは渋谷で取りました。

だいぶ前にハロウィンネタとしてアップしましたが、その日に宿泊したホテルです。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (25)

それは渋谷に昨年オープンした「渋谷ストリーム」に入っている「渋谷ストリームエクセルホテル東急」という東急系のホテルです。

「エクセルホテル東急」のブランドは「東急ホテル」の一つ下のブランドで、「東急REI ホテル」の上位に位置しています。

シティホテルの中では中位ぐらいの位置付けでしょうか?

新しいホテルだけにきれいです。それに渋谷という外国の方が多く集まるエリアを意識したホテルになっています。

「渋谷ストリーム」のコンセプトは「渋谷から世界へ 感性を刺激するホテル~THE SHIBUYA SENSIBILITY~(ザ シブヤ センシビリティ)」。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (40)

「クリエイティブワーカーの聖地」という渋谷に合わせたクリエイターが住まう空間をイメージしてデザインされています。

ホテルらしくないホテルと言えるかもしれません。外国人のゲストの方が多かったです。

ホテルのフロントは4Fで、客室は9F~13Fになります。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (4)

泊まった日がハロウィンだったのでロビー・フロントもハロウィン仕様でした。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (10)

泊まった部屋はスーペリアツイン。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (7)

内装はシンプルで家具は木製の温かみのあるデザイン。モダンな感じでまとめられています。いわゆる「ヴィンテージモダン」と言われるスタイルですね。

部屋にはいわゆるドレッサーがありません。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (20)

大きな窓があって、我々の部屋からは宿泊した翌日の11月1日オープンした渋谷スクランブルスクエアを目の前に見ることが出来ました。

朝食はホテル4Fの「バー&ダイニング TORRENT」で取ることになります。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (38)

ロビーと一体感のある空間になっていました。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (46)

完全なバイキングでなく選べるメインディッシュとの組み合わせとなっています。

「生ハムエッグベネディクト」「フレンチトースト&浅草ミクニハムのベーコン」「オムレツ(プレーン/トマト/ハム/チーズ/ミックス)」「目玉焼き」から選ぶことが出来ました。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (51)

私は「オムレツのミックス」です。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (50)

妻は「生ハムエッグベネディクト」を頼んでいました。

メイン以外のサイドディッシュはビュッフェ形式です。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (47)

こちらはサラダとシリアルのコーナー。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (48)

私が取ってきたものはこんな感じ。サラダはたっぷり。他は控えめです。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (53)

フルーツとヨーグルトです。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (54)

最後はコーヒー。

昨日の夜は食べすぎたので控えめな量にしました。

変貌を遂げる渋谷駅のすぐ近くで便利なホテルで気軽に利用できそうな感じでした。朝食もお値段お手頃で美味しかったです。ご馳走様でした。

渋谷ストリームエクセルホテル東急
東京都渋谷区渋谷3-21-3
TEL 03-3406-1090
朝食:4Fバー&ダイニング TORRENT
7:00~10:00(L.O.09:30)
大人2,062円(税別)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

片山津の小高い丘に建つ「ホテルアローレ」。
ベラヴィスタ (26)

広い敷地にホテルや結婚式場、大人数がパーティできる会場、温泉やプールまであって、この辺では珍しいリゾートホテルです。

ただ、過去においては経営的には厳しくて、運営会社が確か2度ほど変わっています。

とある平日、午後から通院のため休みを取った日。ランチを食べるために久しぶりに行きました。

いいお天気だったので、ホテルを一周して写真を写しました。
ベラヴィスタ (24)

晴れた日は緑と青い空に囲まれたホテルの施設が輝いて見えました。

ホテルアローレには、日本料理の「竹翠」とイタリア料理が主の「ベラヴィスタ」の2つのレストランがあります。
ベラヴィスタ (2)

「竹翠」については過去に書いたことがありますが、「ベラヴィスタ」は初めての紹介です。
ベラヴィスタ (5)

「ベラヴィスタ」のランチタイムは、選べるメインディッシュにビュッフェ形式の前菜や主食、デザート食べ放題が付いているイタリアンランチバイキング。

メインディッシュの内容によって値段が違う設定です。
ベラヴィスタ (6)

こちらのように、Aコース(大人税別1,800円)、Bコース(大人税別2,300円)、Cコース(大人税別2,800円)の3つで、さらに平日は限定の2,000円のキャンペーンコースの設定がありました。

11月は「能登牛・能登豚のハンバーグ チーズのせ」で、私はこれにすることに。

2種類のチーズとイタリアの野菜のトマト煮込み「カポナータ」が添えられていました。

ベラヴィスタ (15)
意外とボリュームがあって、これだけでも十分お腹がふくれそうです。
ベラヴィスタ (9)

こちらのメイン以外はビュッフェ形式なので、自由に好きなものを好きなだけ取ってきて食べることが出来ます。

前菜・サラダ・ピザ・パスタ・デザートなど一通りのものは揃っていて種類も満足できる内容でした。
ベラヴィスタ (13)

私はそれほど多くは取らないでおこうと思うのですが、ついついあれもこれも!となってしまいます。
ベラヴィスタ (16)

あと、食後のデザートにコーヒー。

食べ残すのは嫌なので、これら取ってきたものはすべて食べました。おかげで満腹です。

なので、私はホテルの朝食は別ですが、レストランではあまりバイキングのお店や食べ放題には行かないようにしています。^^;
ベラヴィスタ (17)

窓の外には白山連峰の山並みや柴山潟が見え、ホテルの敷地の池や木々の緑を眺めながら、ゆったりとした食事を楽しめるのは、リゾートホテルだからこそ。ご馳走様でした。

テラスレストラン ベラヴィスタ
石川県加賀市柴山町5-1
 ホテルアローレ1F
TEL 0761-75-8000
ランチタイム11:30~15:00(L.O.14:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

仙台では東北3大祭りのひとつ「仙台七夕まつり」が終わって、東北の夏も終わりに近づいています。

先月に仙台に出張があったときに宿泊したホテルについて書きます。

「ホテルビスタ仙台」は仙台駅から歩いて4分ほどの便利なビジネスホテルで、2016年春に開業したホテルで施設もまだ新しくきれいです。
ホテルビスタ仙台

部屋はそれほど広くはありません。まぁ、どうせ寝るだけなのでこれで十分といえば十分ですが。
ホテルビスタ仙台 (3)

今回はシャワーのみの部屋を予約しました。

普段ビジネスホテルに宿泊するときは、バスタブにお湯を張ることはないのでこの方がシャワーが使いやすいのでいいです。
ホテルビスタ仙台 (12)

それに2階には大浴場も完備されているのでね。

朝食は2階にあるレストラン「VISTA CAFE」で取ります。料金は1,296(税込)。
ホテルビスタ仙台 (11)

この値段だとお得感がある内容でした。
ホテルビスタ仙台 (4)

朝食場所は広くて明るい場所です。多くの人が一度に朝食を取れます。
ホテルビスタ仙台 (5)

内容は和洋食バイキングで、仙台名物の笹かまぼこや中華の点心などもあって種類が豊富でした。

そしてここの名物は「牛タンカレー」。
ホテルビスタ仙台 (7)

私はご飯をほんの少しだけお茶碗に盛って食べることに。甘辛のカレーでした。
ホテルビスタ仙台 (6)

あと食べたものはこんな感じです。いつも通りサラダ多めの炭水化物はほとんど取りません。
ホテルビスタ仙台 (8)

最後にヨーグルトフルーツ、そしてオレンジジュース。
ホテルビスタ仙台 (10)

ついつい取りすぎて食べ過ぎるために、ランチとかディナーではバイキング形式のお店には行かない私ですが、朝食はその日の気分で色々選べて、ほどほどのお値段で食べることが出来るならば歓迎です。

その点、このホテルはよかったですね!ご馳走様でした。

ホテルビスタ仙台
宮城県仙台市宮城野区榴岡1-7-3
TEL 022-385-6222
朝食7:00~10:00(最終入店9:30)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪へは日帰りで駆け足でまわることが多いのですが、今回の大阪は久しぶりの1泊2日で行きました。

大阪城周辺での観光・イベントが多かったのでその周辺でホテルをチョイス。

今回は「ホテルニューオータニ大阪」に宿泊することにしました。
ニューオータニ大阪 (4)

20数年前子供たちを連れて一度宿泊した記憶があるので、本当に久しぶりに行ったことになります。
ニューオータニ大阪 (2)

1986年6月7日にオープンしたホテルですが、内部はリニューアルされていてきれいで、落ち着いて過ごすことが出来ました。

部屋に案内されてまずは部屋を撮影します。
ニューオータニ大阪 (6)

さすが「ホテルニューオータニ」です。細部にまできめ細かな仕上げの内装です。

調度品も品がありますね。

そして、部屋おまかせの少し安めの料金だったので、大阪城側の部屋ではないと思っていたのですが、何と!大阪城側でした。ラッキーです。
ニューオータニ大阪 (12)

窓から見える昼の景色です。
ニューオータニ大阪 (22)

同じく夜は大阪城がライトアップされていて、よりきれいですね。
ニューオータニ大阪 (13)

お隣には読売テレビの新社屋がちょうど完成していました。8月に移転のようです。

アメニティも充実していて1泊だけでしたが過ごしやすいホテルでした。

さて、グルメブログなので朝食についても紹介します。
ニューオータニ大阪 (28)

「ホテルニューオータニ大阪」での朝食は1階の「オールデイダイニング SATSUKI」でとります。しかしGW期間中は宿泊客が多いので、臨時で地下にも朝食会場が設けられていました。

我々は朝8時ごろに1階の「オールデイダイニング SATSUKI」に行くと、数分ほど待ちで入ることが出来そうだったのでそのまま待つことに。
ニューオータニ大阪 (30)

「オールデイダイニング SATSUKI」、中は広いです。
ニューオータニ大阪 (29)

基本、ビュッフェ形式で、和食と中華、そして洋食系が両方に分かれて置かれていました。品数も多いです。「スーパーブレックファースト」という大そうなネーミングの朝食です。
ニューオータニ大阪 (33)

朝食メニューの中でウリはオムレツ。普段家ではオムレツはあまり食べないのですが、やはり食べないわけにはいかないでしょう?

オムレツはプレーンとミックスがあり、私はミックスをお願いしました。
ニューオータニ大阪 (32)

その場で作ってくれます。熱々で美味しいです。
ニューオータニ大阪 (36)

でも、ケチャップをきれいにかけようと思っていたのですが、普段使わないので慣れていない?ので押したらチューブから勢いよく飛び出てしまいました。^^;
ニューオータニ大阪 (34)

あと、ハムとサラダ類。
ニューオータニ大阪 (37)

ベーコンと温野菜。
ニューオータニ大阪 (38)

こちらのお皿に盛ってあるのは、焼ラーメンと中国料理「大観苑」の点心、お好み焼き、マグロなど、まとまりがない取り方ですね!?^^;
ニューオータニ大阪 (45)

食後はヨーグルトとフルーツ。グレープフルーツジュースです。

このヨーグルトが美味しかったです。
ニューオータニ大阪 (46)

最後はコーヒー。

今回は朝食もセット料金だったのですが普通に食べたら大人一人3,300円の料金です。

しかし私は最近それほど朝から多くは食べないので元は取れなかったです。^^;

いつも出張でホテルを利用するときは慌ただしく朝食をとることが多いのですが、この日は出発時間も遅めにしたのでゆったりと朝食をとることが出来ました。ご馳走様でした。

ホテルニューオータニ大阪
大阪府大阪市中央区城見1-4-1
TEL 06-6941-1111
平日7:00~10:00
土・日・祝7:00~11:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

東京へは出張ではよく行くのですが、プライベートでは基本、今回色々紹介しましたが年1回です。

いつも前の日は温泉旅館でちょっとリッチな時間を過ごすので、東京ではビジネスホテルかリーズナブルなシティホテルにしています。毎日毎日ではお金が続かないですからね。^^;

今回利用したのは品川駅の前にある「京急EXホテル品川」。
京急EXイン品川駅前 (20)

「京急EXイン品川駅前」から2018年10月1日に「京急EXホテル品川」に名前が変わっています。

品川駅前にあるので、羽田に行くにも便利なホテルです。外国人の宿泊客も多かったです。

シナガワグースの6~27階が部屋になっていて、3階がフロントとガーデンレストランなどがあります。

部屋はこんな感じ。
京急EXイン品川駅前

施設自体が相当年月がたっているので、設備は古いのですが、内装はリニューアルされていて比較的きれいでした。
京急EXイン品川駅前 (4)

目の前に品川駅が見えます。
京急EXイン品川駅前 (6)

さて朝食ですが、前述のガーデンレストランで取ることになります。

ビュッフェスタイルで宿泊客の場合1,600円と、このクラスでは普通です。宿泊者以外は1,900円となります。
京急EXイン品川駅前 (18)

このガーデンレストランは、名前の通り庭に囲まれていて、都会とは思えない景色を眺めながらゆったりと朝食を取ることが出来るのです。
京急EXイン品川駅前 (11)

スペースも東京のこの手のホテルとしては広くゆったりとしています。
京急EXイン品川駅前 (13)

料理のほうは和と洋中心で、野菜は都内近郊の地場野菜を使用、料理の種類もまずまずの種類が揃っていました。
京急EXイン品川駅前 (12)

干物街道ということで干物の種類が豊富でした。
京急EXイン品川駅前 (16)

私はこれらのものを取ってきました。和と洋、半々ですね。

パンの種類も豊富でしたが、私は軽めの内容ということで、2種類だけにしました。
京急EXイン品川駅前 (17)

あとヨーグルトとフルーツ、そしてトマトジュースとオレンジジュースです。

最近は、段々健康に気をつける歳になってきて、食べ放題だからと言って無理はせず、残さず食べるようにも気を付けています。ご馳走様でした。

京急EXホテル品川
東京都港区高輪3-13-3
TEL 03-6743-3910
シナガワグース6~27F
朝食3Fガーデンレストラン
6:30~10:00(最終入店 9:30)
1,600円(税込)
宿泊者様以外は1,900円(税込)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ