あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:パンナコッタ

小松は意外とイタリア料理のお店が少ないのです。

このことは前にもブログで触れたことがありますが、そんな小松にも久しぶりにイタリア料理の新しいお店が3月1日に誕生しました。
 
場所は大領中町。最近、このあたりには私のブログでも過去に紹介しています「BRIDGE(ブリッジ)」や「CAFE CERCLE(カフェ セルクル)」などのカフェのお店も出来ていて、何となくあか抜けた?感じがしてきたと言えるかもしれません。
ARU

お店の名前は「ARU」。「ARU」の意味は「人と人の繋がる場所がここに在る」ということ。

住居と店舗一体のお店として新築をされています。

シェフは女性の方で小松市出身。旦那さまは千葉の方で、お聞きすると東京のお店で働いていらっしゃったときに知り合い、結婚されたようです。

ということは、旦那さまは奥さまの生まれた地へ引っ越してきたことになります。旦那さまはソムリエの資格を持っているようで、店内に大きなワインセラーを備えていて、もちろんワインの種類も豊富でした!

ちなみにシェフは石川に戻った後、片山津温泉の「ラ・ヴィーヴ」で働き修業を重ね、その上でめでたく独立されたようです。
ARU (2)

店内は明るく、自然の素材で暖かいテイストの家具は、たぶんですが、加賀市の「NEUTRAL」というオーダー家具のところで作ってもらっているものだと思います。

それに食器類も作家さんにオーダーしているのでしょう?空間も含めたお店全体が女性オーナーらしいこだわりを感じます。

そして、食材も地元の南加賀はもちろん、北陸の食材がメインのこだわりのイタリア料理を楽しめるお店になっているのです。

さて、私たちは4月初旬のとある土曜日、ランチにお邪魔しました。。
ARU (3)

そしてカウンター席に座りましたが、キッチンはオープンキッチンで料理の過程が丸見えです。
ARU (5)

行った日のランチメニューは3種類。パスタコース、メインコース、フルコースとなっていました。

ベーシックなパスタコースはサラダ・前菜・パスタ・デザート・飲み物となっていて1,400円(税込)。

メインコースは、上記にメイン料理が付いていて、サラダと前菜が合体して盛り沢山な前菜盛り合わせに変更されている内容で2,200円(税込)。

フルコースはメインが和牛のステーキになり、パスタが2種類付いていて3,000円(税込)です。こちらは要予約です。

各々、パスタは6種類。メインは4種類からチョイス出来るプリフィックススタイルとなっています。

さて、我々はこの中から2,200円のメインコースをお願いしました。なお、メニューにはパスタは「本日のパスタ」となっていますが、毎日メニューが変わるかについては確認していません。
ARU (8)

まず、自家製のパンが出されます。フォカッチャです、
ARU (15)

アンティパストの「前菜盛り合わせ」は、一番上の左から。パルマ産生ハム・しらすのフリッタータ(イタリアンオムレツ)・桜鯛のカルパッチョ・スナップエンドウの抹茶のマヨネーズ・千葉県の農家の野菜のサラダ・わかさぎのエスカベッシュ・加賀れんこんのマリネ・トマトとジェノベーゼソース・アスパラと菜の花のソテーという多くの種類が盛られていてうれしくなります。

少しずつの違った味を楽しめて、かつ、どれも美味しい前菜でした。
ARU (12)

スープは新玉ねぎのポタージュ。新玉ねぎのしとやかな甘さを感じられるスープでした。

そしてプリモ・ピアットの「パスタ」。私は「スナップエンドウのジェノベーゼ」を頼みました。
ARU (18)

シンプルな構成のパスタで、バジルと塩のうま味、そしてスナップエンドウの食感、いい感じに仕上がっています。
ARU (19)

妻は「いろいろ魚介のペスカトーレ」。エビ・ムール貝・あさりなどの魚介もたっぷりで、生トマトベースの酸味のソースもほどよく美味しいペスカトーレでした。

セコンド・ピアットのメイン料理は、私は4種類のうち唯一の魚料理だった「あから八目(あからばちめ)とあさり・トマトのグリル」。
ARU (22)

あから八目は正式名称はメバル。こちらでは単にアカラと呼びます。食べるとき小骨に注意しないといけない魚ですが焼いても煮ても美味しいので、我が家でもよく食べますね。
ARU (24)

いい塩梅に焼かれたあから八目の下にはたっぷりのあさりと、焼かれてうまみと甘みが際立っている一個丸ごとトマトが隠れていました。トマトは食べるときにはやけどに要注意です。
ARU (21)

妻はかほく市の河内物産の「健康鶏」のソテー。添えられているのはレモンのソースです。酸味のきいてさっぱりと食べることが出来ます。
ARU (25)

デザートは「イチゴのパンナコッタ」でした。
ARU (27)

飲み物はコーヒーか
ARU (28)

紅茶が選べます。

この内容で2,200円はお得です。味の面でも満足できました。

満席で17~18名ほど入れるのですが、シェフがほぼ一人で料理を作っていました。オープンキッチンで働いている姿はめちゃ手際がよくスピーディでした。感心しました。

また夜にもお邪魔したい、個人的におすすめのお店の一つです。ご馳走様でした。

ARU
石川県小松市大領中町1-227
TEL 0761-46-5761
ランチ11:30~14:00(L.O.)
ディナー18:00~22:00(L.O.)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

金沢駅からほど近い堀川町。今日紹介するカジュアルイタリアンのお店「Da TAKE」は、路地を入ったところのにあるため少しわかりにくいです。

ピッツァのお店も、数年前からは店内に石窯を備えて、高温で短時間に焼きあげるピッツァをウリにしているところが増えてきました。
Da TAKE

今日紹介する「Da TAKE」もその一つで、今年4月にオープンしたお店です。

お盆に金沢に行った時のランチでお邪魔したので書きたいと思います。

お盆時期ということもあり、気合を入れて2週間以上前に予約を入れてお邪魔しました。

場所はメイン通りからちょっとわき道に入った所にあり、気を付けていないと通り過ぎるかもしれません。

お店は、元は2階より上が住宅だった小さなビルの1階と2階を改装しています。ただ間口が狭いビルで、細長い作りになっています。そのため、改装時に付けられたであろう2階に上る階段もらせん階段で、かつフロアの通路も狭くなっています。
Da TAKE (4)

我々は2階の席に通されました。客層は比較的若い女性の方がほとんどでした。カジュアルでお手頃値段のお店だからでしょう?

さて、こちらのお店のウリの一つは、ランチとディナーのメニューが統一されていることです。(ランチコースのピッツァやパスタは少し食材に違いがあります)

そしてランチメニューには、通常の単品メニューにサラダ・前菜・ドリンクのビュッフェが無料で付いています。このあたりはうれしいですね。

我々は、前菜9種の盛合せ+サラダ+パスタ+2種のおすすめピッツァ+ドルチェが付いたランチコースがあったのでそれにしました。
Da TAKE (9)

コースの前菜は、こちらです。色々な種類を少しずつ楽しめます。ワインが欲しくなりますが、ここは我慢です。^^;
Da TAKE (19)

ビュッフェの前菜は、これらの品でした。ビュッフェは1階にあるので、2階から降りて取りに行かないといけないのですが、個人的にはこれが少しめんどくさかったです。
Da TAKE (14)

結局、この品を一度取りに行って終わりでした。もっとも、ランチコースには、ピッツァとパスタが付いているので、ボリューム的には男の私でも十分お腹が一杯になりましたが。
Da TAKE (13)

サラダはパルミジャーノのシーザーサラダ。これで2人分です。ピッツァ、パスタは2人でシェアします。
Da TAKE (15)

石窯ピッツァはマルゲリータと夏野菜のオルトラーナ。

ナポリ風のもっちりとした食感のタイプで、2種類の味を楽しめるのがうれしいです。
Da TAKE (17)

パスタは魚介のペスカトーレ レモン風味。トマトと甘みと酸味、レモンの酸味がほどよく夏向きな感じに仕上がっていました。
Da TAKE (18)

ドルチェはパンナコッタ。
Da TAKE (7)

飲み物も、1階に取りに行く必要があります。時期的なものもあったのか、コールドドリンク主体でした。

税込2千円で、この内容とボリュームのランチを楽しめるのはうれしいですね。ご馳走様でした。

Da TAKE
石川県金沢市堀川町7-18-1
ピザ、イタリアン
TEL 050-5592-1693(予約専用)
076-254-1078(問合せ専用)
水~月
11:30~14:00(L.O.)
17:30~22:30(L.O.)
火曜、第一月曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ