あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:パスタ

私も昔から存じ上げているさとやま設計社の岩井社長。

何となく、岩城滉一似?のワイルドな風貌のかたです。

建築、不動産、そしてカフェの3分野で。いろいろな事業で活躍の場を広げていますが、最近、県外から能美市に移住された料理人の方々のお店を手掛けて、地元のグルメファンに美味しい場の提供をされています。

私のブログでも前に何度か紹介したことがある、シャルキュトリーのガリビエや、農家レストランとしていまや能美市でも人気のお店になっているソリッソなどの設計施工も手掛けているのです。

そして、今日紹介します「イタリア料理 イル ボッツォロ」も、さとやま設計社とさとやま工房の設計施工。

こちらのオーナーご夫妻は横浜から移住されています。もっとも、元々は奥さまが能美市出身で、ご主人が加賀市出身の方なので、正確には移住とは言えないかもしれません。

場所は能美市ですが、普段はあまり足を踏み入れないエリアかもしれない、仏大寺にあります。

仏大寺といえば、平成の名水100選に選ばれている「遣水観音霊水(やりみずかんのんれいすい)」があるところで知られていますが、我が家でも昔はわざわざ汲みに行ったりしていました。
仏大寺町から2kmほど山に入ったところにあって、いまでも多くの人が水を汲みに来ています。
仏大寺 (5)

私も一口飲みましたが、夏でも冷たい霊水です。

さて、「イル ボッツォロ」の正式なオープン日は9月6日。私は9日の土曜日に妻と二人でランチを食べに行ってきました。

店名の「イル ボッツォロ」の「ボッツォロ」とは「繭(まゆ)」のこと。近い未来には羽ばたくという意味でしょうか?

行った日は秋晴れの素晴らしい天気で、気持ちのいいランチでした。ただ、この季節は山あいの場所も気持ちいいですが、冬は大丈夫かな?と思ってしまいました。^^;

住居兼用の店舗は、10世帯しかない仏大寺の町内の真ん中あたりに位置しています。
青空に真新しい白と木の外壁が映えます。
内部もシンプル&ナチュラルなインテリア。厨房とカウンター席あたりにはイタリアっぽいタイルが使われていて、「あぁ、イタリア料理店だなぁ~!」と気付かせてくれます。
iL Bozzolo (2)

シェフは奥さまで、フィレンチェや東京池尻大橋のドン・ジョバンニでイタリア人シェフの元でイタリア料理を勉強されています。一方のご主人のほうはバリスタでサーブを担当されています。

ランチは1,500円(税別)のランチコース1種類です。ディナーも予約のみの営業で基本4,000円からのコースとなっているようでした。ただ、ご要望にはできるだけお応えすると話されていました。
iL Bozzolo (3)

行った時のランチメニューはこちら。パスタが3種類からチョイス出来ます。

はっきり言って、この値段で、この内容は素晴らしかったです。

では出されたものを順番に紹介していきましょう!

まずは、アンティパスト(前菜)です。
パルマの生ハムとイチジクや鯛のカルパッチョ、サラダ、ナスのミルフィーユ仕立てトマトソース。

カルパッチョのソースにはお隣さんのゆずが使われていたりします。1,500円のランチコースで、こんなに本格的な前菜が出されるとは思ってみなかったので驚きました。

また、このあたりは色々な農作物を作っているかたが多く、地産地消のものも多く使われていたりするようです。
パスタは私は「自家製サルシッチャとキノコのソース」を頼みました。
iL Bozzolo (14)

麺は平打ちのタリアテッレ。モチモチしててい食感もいい感じで美味しかったです。

自家製サルシッチャの塩気がいい仕事をしていました。
妻のほうは「白山猪のやわらか赤ワイン煮込みソース」です。こちらのパスタは+300円の追加料金が必要でした。

こちらも平打ちのタリアテッレ。ジビエは妻もそれほど好きではないようですが、こちらは臭みもまったくなく美味しかったそうです。
パンは自家製のゴマのパンとトスカーナパン。

トスカーナパンはトスカーナ地方で作られているパンでまったく塩を使っていないハードパン。トスカーナ地方はシェフが修業されていたフィレンチェが州都ですね。
最後のドルチェ(デザート)はティラミスとジェラート。デミサイズではなく立派なボリュームでした。
iL Bozzolo (17)

ドリンクは私はエスプレッソ。
妻はカプチーノです。こちらは+100円です。

ご主人はバリスタなので、このようなラテアートもお手の物ですね。ビスコッティも添えられています。

パスタやドリンクは種類によっては追加料金がかかりましたが、私のはこれだけの数が出されて基本料金1,500円(税別)のみでした。

内容、味、量とも満足できました。美味しかったです。遠いのでなかなかディナーに利用できないかもしれませんが、遠くでも足を延ばしたくなるお店でしたね。ご馳走様でした。

イタリア料理 イル ボッツォロ
(iL Bozzolo)
石川県能美市仏大寺2番地
TEL 0761-58-0540
11:30~15:00(L.O.14:00)
月曜休(不定休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

大阪北浜のイタリアンの人気リストランテ「ポンテベッキオ」。

結局、私が大阪に住んでいる間には一度も行くことが出来ませんでした。何せランチでもお値段が高いので!(笑い)

今回大阪に行った時に、その「ポンテベッキオ」のディフュージョンライン(セカンドブランド)の一つ「ECHI PONTE VECCHIO(エキ ポンテベッキオ)」に行ってきました。
エキ ポンテベッキオ (6)

「エキ ポンテベッキオ」は、大阪駅ルクア10Fに、レストランテではなくピッツェリア・トラットリアとして営業しています。

私がこちらのお店をチョイスした理由の一つは、ディナータイムが17時からということです。日帰りで小松に戻るとき、小松に停車する最終のサンダーバードが20:07大阪駅発なので、その時間から逆算すると、なるべく早めの時間から営業しているお店のほうがありがたいからです。サクッと飲み食いして帰るためです。

今回我々は予約を入れましたが、ディナーの予約は19時までに来店できる方先着10組までとなっているようです。

行ったのが民間企業のボーナス後の土曜日だったので、10階のレストラン階は17時にもかかわらず多くの人で混雑していました。

串かつの「だるま」にはすでに長蛇の列が出来ています。^^;
エキ ポンテベッキオ (7)

お店は10階の一番東の角。眺めもいいですよ。
エキ ポンテベッキオ (5)

店内はなかなかの広さです。中央にカウンター席。周辺にテーブル席が配置されています。
エキ ポンテベッキオ (31)

ここは薪窯焼きの本物のナポリピッツァがウリです。入口に薪窯が置かれていました。

ターミナルビル内のお店ということで、「ポンテベッキオ」のブランドを損ねない程度にカジュアル化していて、ある程度短時間で食事が出来るように考えられています。

アラカルトメニューもあったのですが、何せコースが、何種類も付いていて3,800円というお得な料金設定だったため、我々はそちらにしました。

2人以上からの予約ですが、我々2人の場合は、料理は一皿で出され、それをシェアする形になっています。これがなかなか充実していましたね。満足度高いです。
エキ ポンテベッキオ (8)

まずは、お疲れ様ということで、シャンパン(グラス1,000円)で乾杯。

では、出されたものを順番に紹介していきます。
エキ ポンテベッキオ (10)

まずは「とうもろこしのピュアな冷製スープ フォアグラのソテー添え」。

3,800円のコースでもフォアグラは入っているのはさすがです。
エキ ポンテベッキオ (11)

「高知産海援鯛のマリネ みょうが、新生姜、ういきょうのサラダ添え」は、レモンを絞って食べるとちょうどいい酸味でよかったです。

ちなみに、ういきょうは別名フェンネル。セリ科の草ですね。
エキ ポンテベッキオ (14)

これは「いろいろ野菜のココット焼き アンチョビ香草バターのせ」。柔らかく煮込まれていて、味もしゅんでいます。玉ねぎなんてとろとろでした。
エキ ポンテベッキオ (17)

そして「鮮魚のアクアパッツァ ズッキーニのリボン添え」。あさりと魚は何だったっけ?^^; もう少しスープがあったらうれしかったと思います。でも味自体は美味しかったですよ!

アクアパッツァということですが、何人分か一緒に仕込んでいるのでしょうか?

こちらのお店の料理は全般的に塩味がきいていますね。酒の肴にはいいですね。

ワインは白ワインに変わっています。
エキ ポンテベッキオ (13)

ハウスワインとして、白はシチリアの「コルパッソ フィアーノ(600円)」。フルーティなワインでした。
エキ ポンテベッキオ (23)

最後の赤も、同じシチリアの「コスパッソ ネロ ダーヴォラ(600円)」。フルボディです。
エキ ポンテベッキオ (24)

ちなみに、こちらのお店はお水(ミネラルウオーター)も有料(150円)でした。
エキ ポンテベッキオ (12)

こちらは自家製フォカッチャです。

ピッツァは3種類から選びます。

「イワシとういきょうのピッツァ マリナーラ」「マッシュルームのクリーミーソースといろいろなキノコのピッツァ」「マルゲリータ」の3種類です。

我々は「イワシとういきょうのピッツァ マリナーラ」をお願いしました。
エキ ポンテベッキオ (18)

イワシのアンチョビの塩気がアクセントになって美味しかったです。

「真のナポリピッツァ協会」と「ナポリピッツァ職人協会」認定店だけあって、上に乗せられているモッツァレラや素材のジューシーさを損ねずに、生地のほうは均一な厚みでしっかり焼かれていました。
エキ ポンテベッキオ (19)

ピッツァにはビールということで、イタリアビール「ビッラ アントニアーナ」というラガービールを頼んでみました。しっかりとした香りと味わいで、ピッツァになかなか合いましたよ!

そして、パスタのほうも同じく3種類からのチョイスです。

「アジとオリーブ、ケッパーのトマトソース みょうが添えのスパゲッティ」「牛と豚、ポルチーニ茸のコラーゲンラグー キノコのソテー添えのタリアテッレ」「完熟フルーツトマトたっぷりのポモドーロ 又はアラビア―タスパゲッティ」の3種類です。

我々はこちらの「完熟フルーツトマトたっぷりのアラビア―タスパゲッティ」を頼みます。
エキ ポンテベッキオ (21)

アラビア―タですが、完熟フルーツトマトのソースで、それほどピリ辛ではありません。トマトソースも美味しいパスタでした。
エキ ポンテベッキオ (25)

最後にメインの「国産牛モモ肉のグリル ガーリック風味のグリーンペッパーソース」が運ばれてきます。

ピッツァとパスタで、十分お腹が膨れていたのですが、こちらも全部胃袋に納めることが出来ました。

自家製ジェラートも3種類から味のチョイス出来ました。
エキ ポンテベッキオ (28)

ピスタチオと、メープルシロップのを頼みました。
エキ ポンテベッキオ (30)

カフェは2人ともエスプレッソをお願いしました。

3,800円で、これだけ多くの料理の種類を楽しめることがまず素晴らしいです。個人的にも色々な味を楽しめるほうがいいと思っているので、とてもよかったです。

二人で飲み食いして、一人7千円未満でした。コスパも最高で、ポンテベッキオブランドの料理を楽しめることは素晴らしいと思いましたね。ご馳走様でした。

エキ ポンテベッキオ ア オオサカ
 ECHI PONTE VECCHIO A OSAKA
大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア10F
TEL 06-6485-7745
11:00~16:00 (L.O.15:00)
17:00~23:00 (L.O.22:00)
ルクアの店休日に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

GW中の5月3日、能美市の旧根上に新しいお店がオープンしています。
Kitchen My Way (20)

フリーペーパー「パレット南加賀」に広告が出ていたので知りました。

場所は、結婚式場の八松苑にほど近い場所にありますが、わかりにくい場所です。

小松に住む私は、このあたりは普段通ることがありません。大きな通り沿いにあるわけでもなく住宅地にあって飛び込みでお客さんが来るといった立地条件ではありませんでした。

ご実家でも近くにあるのかどうかはお聞きしませんでしたが、縁も所縁もないと、この場所にはお店は出さないのではないかと感じました。

元はスナックだったところを改装しています。ほぼ居抜きでしょうか?
Kitchen My Way (4)

テーブルもオーナーご自身で手作りされているとのこと。なるべく開店時にかかる初期投資(イニシャルコスト)は低めに抑えたほうが、料理の価格設定をリーズナブルなすることが可能ですから、我々お客にとってもいいことです。

もちろん、ハレのときに利用するときはテーブルクロスでもかけていただいた方がいいでしょうが…?

我々がお邪魔したにはランチタイム。お若いご夫婦お二人で切り盛りされていました。

お聞きすると、小松や金沢の飲食店で働いていて独立。こちらが初めてのご自分のお店だそうです。

いわゆる洋食系のお店といっても幅がありますが、ジャンルとしては、「イタリアン寄りの洋食店」といったところです。
Kitchen My Way (2)

ランチメニューはこんな感じです。

Aランチはピザ(Sサイズ)またはオムレツライスで980円。Bランチは野菜のオードブルにパスタ、デザート、ドリンクで1,300円。Cランチは前菜の盛り合わせにパスタ、デザート、ドリンクで1,500円となっています。

国産小麦と天然酵母を使ったピザもおすすめのようでしたが、我々は今回、Cランチをお願いしました。欲を言えば、Cランチではパスタかピザがチョイス出来たらうれしかったです。

まず出されるのは、前菜の盛り合わせです。
Kitchen My Way (9)

何の魚だったか?のムース、豚肉のテリーヌ、鶏のハム、金時草のムース、ライスコロッケ、ニンジンラペ、野菜のマリネでした。色とりどりで楽しめました。

パスタは6種類からと、多めの選択肢があるのがうれしいですね。
Kitchen My Way (14)

私は、「バイ貝のアーリオ・オーリオ」をお願いしました。バイ貝のパスタも珍しいかもしれませんが、その名の通りのニンニクの風味が効いたオイリーなソースが決め手でした。
Kitchen My Way (13)

妻のほうは「きのこのポリネシアン」。ポリネシアンソースとは、「醤油砂糖みりんベースの甘辛いたれ風のソース」のようです。
Kitchen My Way (11)

自家製の熱々のパンも付いてきました。
Kitchen My Way (17)

デザートは、フルーツ、ガトーショコラ、レモン風味のアイス。レモン風味のアイスがさっぱりとさせてくれ美味しかったです。
Kitchen My Way (19)

飲み物は、私はアイスティを、
Kitchen My Way (16)

妻はコーヒーを頼みます。

伺ったのは大粒の雨が降っていた土曜日のお昼でしたが、結局、我々がいる間は他のお客様が来ませんでした。

雨ということもあったでしょうが、何となくPRがもっと必要では?と感じました。

今の時代はSNSや口コミの影響力を無視できないと思います。一応Instagramにアカウントを持っておられて、最初のころ写真をアップされていましたが、その後、追加アップされていません。このあたり、もう少し工夫されたもいいのかと思います。

お若いご夫婦が切り盛りされているお店で、これからも応援したくなりました。ご馳走様でした。

Kitchen My Way(キッチン マイ ウェイ)
石川県能美市浜町巳188-1
TEL 0761-55-1703
17:30~22:00(L.O.21:00)
水・木
11:30~14:30(L.O.13:30)
17:30~22:00(L.O.21:00)
金・土
11:30~14:30(L.O.13:30)
17:30~23:00(L.O.22:00)
11:30~18:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

何だか近年は毎年1年に1度の訪問となっています、小松の人気のお店「クッチーナ」。
クッチーナ (8)

小松には、イタリアンのお店が意外に少ないのですが、こちらの「クッチーナ」はピッツァリアとカフェが一緒になったような感じのお店です。

私はもう25年ほど前からお邪魔していて、今のオーナーシェフのたつやさんが若かりし?ころから、たつやさんのお母さんの静代さんの、古着を使った人形に魅せられておりました。妖艶でまるでそのまま動き出しそうな姿に驚きを覚えたことが今でも思い出されます。「キツネの嫁入りシリーズ」なんてのは秀逸でしたね。

さて、3月のとある日曜日の正午前にお店に入ると、すでに駐車場はほぼ満車状態。当然店内も満席に近かったです。
クッチーナ (3)

一番奥の大きなテーブルの席(ジャイアント)に座ります。久しぶりですが、昔はいつもこのテーブルでランチを食べていたのを思い出します。

この日は脳内はパスタモードで、まずはパスタのメニューを見ます。
クッチーナ (2)

「クッチーナ」はパスタの種類が豊富なのがうれしくて、いつも何を食べようか悩むほどです。
クッチーナ

この日も、「本日のおすすめパスタ」を眺め悩み、最終的には基本メニューの中の「トマトソース」から久しぶりの「ペスカトーレ(1,470円)」を頼むことにしました。
クッチーナ (6)

個人的にはクッチーナでパスタを食べるときは、トマト味を頼むことがほとんどです。出されたのがこちら。

魚介もたっぷりで、その魚介の旨みがソースに染み出ていますね。

そしてもう一品。ピッツァも頼みます。
クッチーナ (4)

こちらのほうは、おすすめの中から選んだ「アンチョビと青じそ(1,300円)」。クリスピータイプのローマピッツァです。

混んでいましたが、薪窯で焼き上げるので短時間で焼き上がり、パスタより早く出されました。

アンチョビの塩気が効いていて、チーズのうま味と合います。

このピッツァと先ほどのパスタを妻と二人でシェアして食べましたが、ピッツァがクリスピータイプだったので、お腹8分目でちょうどよかったです。

しかし、店内はずっと混み合っていて、食べ終わって出るころには何人か待っている人がいました。相変わらず人気ですね。ご馳走様でした。

クッチーナ
石川県小松市城南町106-2 
TEL 0761-22-3775 
11:00~22:00(L.O.21:30)
ランチタイム11:30~14:30(日祝は無し) 
木曜,第4水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

年末のお休みのときSNSを見ていたら、インテリアデザイナーで書家でもあるkazuさんこと森秀一さんが素敵な絵をアップしていました。

それは、加賀市の人気イタリアン「カーサ フォルトゥーナ」に納品するkazuさんの書いた絵でした。

それを見て、今日のランチはここにしよう!と電話で予約。その後、妻と一緒に出かけてきたのですが、残念!ちょうどお店に入ると同時にkazuさんから返事が……。お店での公開は年明けになると……。^^;

気を取り直して、改めてお店の紹介です。
カーサ フォルトゥーナ

私がお邪魔するのは約10年ぶりになります。10年前のことはこちらに書いています

ここは、地元の食材をふんだんに使った創作イタリアンを得意にしていて、野菜は自家栽培をしています。

人気のお店で、この日も多くのお客さんが訪れていました。そのため料理が出されるのにも時間がかかっていました。(ちゃんと予約するときにその旨の告知があったのでノープロブレム)

お店の場所は加賀温泉駅の裏側、東へ1kmほど離れたところにあります。
カーサ フォルトゥーナ (8)

内部は10年前よりテーブルの数が増えていました。
カーサ フォルトゥーナ (5)

これは、昨年末までお店に飾られていたkazuさんの絵です。
カーサ フォルトゥーナ1

これが、いまはこんな感じのにかけ替えられていると思います。

実は、この絵に描かれている加賀カニごはんを食べたかったのですが、残念ながらこの日の分は予約でいっぱい。通常のランチメニューからチョイスすることに。

ランチは、プランツォ(プランゾ)が2種類。それ以外にコースもあります。

プランツォは「やさい畑のプランツォ(1,470円)」と「山の恵みプランツォ(1,970円)」で、私は「やさい畑のプランツォ」を、妻は「山の恵みプランツォ」を頼みます。

「山の恵みプランツォ」は、10年前に食べた時はメイン料理が魚と肉のどちらかを選べたのですが、この日は肉のみとなっていたので、私は「やさい畑のプランツォ」を頼みました。
カーサ フォルトゥーナ (9)

まず出されたのは、アンティパストとして「カーサ畑のカラフルごちそうサラダ」。

自家農園の野菜が使われています。あとリンゴなどのフルーツも入っています。ドレッシングにも柿や洋ナシのサワークリームドレッシングが使われていました。
カーサ フォルトゥーナ (10)

ボローニャハムは「山の恵みプランツォ」のみに付いてきました。このハム、グリルされていて香ばしさもあって美味しかったです。
カーサ フォルトゥーナ (14)

「山の恵みプランツォ」はパスタの前にも+一品「ポーク肩ロースのミニグルメ」が付いてきます。
カーサ フォルトゥーナ (11)

パンは能美市のたけもと農場のカルナローリというイタリア米を使用した「自家製イタリアパン クレッシェンテ」(とメニューには書かれていました)。

クレッシェンテとは「クレシェンティーナCrescentina)」のことでしょうか?クレシェンティーナは揚げパンですが、こちらはフォカッチャのようでした。ローズマリーがきいていましたが、米粉なのでしっとりというよりモチッとした食感ですね!?
カーサ フォルトゥーナ (15)

そしてパスタ。私は「あっさりオイルソース」。

具材はあさり(それで「あっさり」??^^;)と加賀市三谷の山野草サラダを自家製味噌で味付けされていました。グリルされたカブがよかったです。

オイルソースですが和風のテイストになっていて美味しかったですよ。
カーサ フォルトゥーナ (17)

妻のほうは、先ほどのパンでも使われていた能美市のたけもと農場のカルナローリというイタリア米を使ったリゾットです。

合鴨のパストラミととろけるチーズがいい仕事しています。温泉たまごも乗せられていますね。妻も美味しいといっていました。

こちらのお店は自家栽培野菜とグリルの使い方が秀逸です。
カーサ フォルトゥーナ (18)

デザートは、通常はご覧のようなプチデザートですが、+430円でぜいたくデザートに変更できるということです。
カーサ フォルトゥーナ (20)

5種類の中から選べましたが、妻が選んだのはこちらの「カーサ風旬のフルーツタルト」です。確かに色々手が混んでいてたくさんのフルーツを楽しむことが出来ました。

飲み物はコーヒー・紅茶・フレーバーティー・加賀棒茶・ハーブティー・エスプレッソの6種類から選びます。
カーサ フォルトゥーナ (22)

私は紅茶をお願いして、
カーサ フォルトゥーナ (23)

妻はミントのハーブティーです。 

10年ぶりに行きましたが、美味しいイタリアンを楽しむにはいいお店だと、改めて納得する次第。家からは遠いのでなかなか夜には行けないのですが、ランチにはまた行きたいと思います。ご馳走様でした。

カーサ フォルトゥーナ
石川県加賀市作見町ラ18-7
TEL 0761-74-5088
11:00~17:00
18:00~21:00
月曜・第3日曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ