あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:パスタ


しばらくはそのままになっていた店舗跡ですが、ようやく後に入るお店が決まりましたね。
トラットリア ナリ

それは先月オープンしたイタリア料理店「トラットリア ナリ trattoria Nari」。

4月に入り早々ランチでお邪魔してきました。

駐車場はお店の裏側。これは「小松西町食堂aniki no curry」と同じです。ただ、前は裏口からも店内に入ることが出来ましたが、こちらは裏口利用は出るときのみです。
トラットリア ナリ (5)

店内はこんな感じ。前のお店は2年程度の営業だったので、内外装はまだ新しいです。

窓際にあったカウンター席はテーブル席に変わっていました。

カレーだとカウンターのみでもいいですが、トラットリアになるとそうはいかないですね。

お店はご夫婦で切り盛りされていて、オーナーの方は青森県のご出身。東京の有名店などで腕を磨いてこられたようです。

お聞きするとご夫婦とも小松市には縁もゆかりもないということでしたが、小松とこの建物が気に入ったようです。うれしいですね。

メニューです。
トラットリア ナリ (3)

ランチ営業はランチセット1種類のみでシンプル。

サラダ・フォカッチャ・本日のパスタが付いたパスタセット(1,200円)と、それにミニドルチェ・ドリンクが付いて1,500円のパスタ+カフェセットとなっていました。
トラットリア ナリ (4)

この日のパスタはこちらの3種類からのチョイス。たぶん日替わりではないと思いますがわかりません。
トラットリア ナリ (6)

最初にグリーンサラダが出されました。

また、我々はこちらの「前菜の盛り合わせ」を追加で頼んでいて、鶏肉・魚介・サラダ+ハムの3種で600円。
トラットリア ナリ (8)

ワインが欲しくなりましたね。ちなみにサラダはインカの恵みのポテサラです。

メインのパスタは、私は「エビとブロッコリーのペペロンチーノ」。
トラットリア ナリ (11)

エビは粗いミンチにされていて、パン粉がかけられていました。ほど良くオイリーなスパゲッティ。美味しかったです。
トラットリア ナリ (9)

妻はラザニアで「鶏肉と玉ねぎ、パプリカ」。トマトソースがかけられていました。熱々でこちらの方も美味しかったそうです。
トラットリア ナリ (7)

ランチには小さなフォカッチャが付いていました。これは2人分。
トラットリア ナリ (13)

あと、2人ともカフェセットにしているので、食後にミニドルチェが出されます。小さめのチーズケーキですが濃厚でした。
トラットリア ナリ (12)

ドリンクは11種類から選べました。うち6種類は+100円。私はエスプレッソ、妻はコーヒーを頼んでいます。

小松にも素敵なイタリア料理店がまた1軒増えたのがうれしいです。ご馳走様でした。

トラットリア ナリ trattoria Nari
石川県小松市西町69-1
TEL 0761-41-5960
11:30~15:00 
18:00~23:00
月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日は超お久しぶりのお店の紹介となります。
オフタイム

それは小松市八幡にある「オフタイム(offtime)」。メイン道路からわき道にだいぶ入ったところ、なかなかわかりにくい場所にひっそりとあるイタリアンカフェです。

私は11年前に行っていて、こちらで紹介しています

お住まいが裏にあって、併設されたお店の方はインテリア含めていい素材を使って建てられていました。
オフタイム (7)

店内です。3面がガラス窓で明るい日差しが入ってきています。

伺った日はとある平日の12:45頃。地元の方らしい2組のお客さんがいらっしゃいました。
オフタイム (5)

メニューです。
オフタイム (2)

こちらはドリンクメニュー。

ランチメニューはAセットとご飯物6種類の設定があって、Aセットは基本3種類ですが、素材が各2種類のチョイスなので計6種類。そしてソース6種類を組み合わせて選ぶことが出来ました

11年前とはそれほど変わっていないようでしたが、その組み合わせでメニューの種類としては相当バリエーションがある内容となっています。ただ選択肢が広いと悩むことにもありますが。

牡蠣のメニューだけは+100円かかりますが、それ以外は1,200円。サラダ付きの前菜、パスタ、デザート、ドリンクが付いていて、今時とてもコスパのいいランチですね。
オフタイム (8)

まず出されたのが、こちらのサラダとサンドイッチ。前菜にサンドイッチが付くのは珍しいかも?
オフタイム (9)

パスタのほうは私はナスとアサリで、ソースは和風でお願いしています。
オフタイム (10)

ナスとアサリとしては和風との組み合わせの方がいいと思いました。

妻は、キノコと牡蠣でトマトクリームソース。
オフタイム (11)

私も少し食べましたが、クリームはほんのりと感じるくらいでした。牡蠣は3ピース入っていました。
オフタイム (14)

そしてデザートはアイスとケーキ3種の盛り合わせ。小さなケーキですが色々食べられて逆にいいかも。
オフタイム (4)

ドリンクはこちらの中から選べて、私はレモンティー、妻はコーヒーです。
オフタイム (13)

本当に久しぶりでしたが、カジュアルでコスパのいいランチはおすすめです。ご馳走様でした。

オフタイム(offtime)
石川県小松市八幡壬270
TEL 0761-47-4716
11:00~16:00
18:00~20:00(L.O.)
水曜休(大型連休中は休みの場合あり)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

東京の飲食店もスクラップ&ビルドがすすんでいます。

今回、東京出張の際、夕飯を食べようと事前にホテルの近くのお店を選んで置いてチェックイン後向かったのですが、何と閉店になっていました。

食べログでも「閉店」の表示はなかったのですが…。もっとも、食べログはユーザーが情報を食べログに伝えないと、情報が更新されない仕組みなので、そのお店が営業しているのかそうでないのかについてはそれほど信用していけません。

さて、閉店だとわかって、その場で再検索して見つけて向かったところは満席!この日はついていませんでした。

そこで、再度、検索して見つけたのが、今日紹介する「ジスタンプ トウキョウ(GStamp tokyo)」です。
ジスタンプ トウキョウ

満席だったお店からすぐ近くにあって、こじんまりとしたお店でしたが、結果は正解でした。

「ジスタンプ トウキョウ(GStamp tokyo)」のHPには「日本の食材と調味料で作る創作イタリアン。 世界各国&日本のワインが楽しめるお店です。
」と書かれていますが、ワインも料理も私好みの味でした。

お店は男性のシェフの方と、サーブする男性のお二人で切り盛りされています。

カジュアルな内装と雰囲気。私が伺った19時ごろは、先客は一組。しかし、私がいる間にカウンター席以外は満席になりました。人気なのですね。
ジスタンプ トウキョウ (5)

メニューです。こちらは黒板メニューで「本日のおすすめ」。
ジスタンプ トウキョウ (6)

定番物。
ジスタンプ トウキョウ (4)

グラスワインも白・赤3種類ずつの設定があってうれしいです。
ジスタンプ トウキョウ (7)

まずはスプマンテ(800円)で一人乾杯!「ダンデリオーネ」という銘柄で辛口です。

そして最初に頼んだのが黒板メニューの「本日のおすすめ」から「本日の鮮魚 カルパッチョ つぶマスタードソース」。お一人様サイズにしていただきました。フルサイズ1,400円、ハーフサイズは700円でした。
ジスタンプ トウキョウ (8)

この日の魚はブリ。今の時期、それほど脂が乗っているわけではありませんが、オリーブオイルが加わりつぶマスタードソースともマッチしてよかったです。

お次は「海老 ヤリイカのアヒージョ バゲット付き」。980円です。
ジスタンプ トウキョウ (9)

海老とヤリイカがたっぷり入っていて、ポテトと玉ねぎもいい仕事していました。当然熱々で、適時バゲットをスープに浸しながら食べます。ワインがすすむ味でした。

で、スプマンテの後に頼んだ白ワインは「テバルト ビアンコ(700円)」。スプマンテと白ワインは辛口のものばかりで、個人的にはうれしかったです。
ジスタンプ トウキョウ (11)

すっきりした飲み口爽やかで、料理に合いました。

〆のパスタは「イイダコと枝豆のプッタネスカ(1,600円)」にしました。
ジスタンプ トウキョウ (12)

フェットチーネでモチモチの食感。ソースの塩味があるのでトマトソースとの相性がよかったです。

ボリュームがあって、アヒージョでバゲットを食べていたので、さすがに満腹に!
ジスタンプ トウキョウ (13)

最後の赤は「テバルト ロッソ(700円)」。ミディアムボディでタンニンが効いていました。

以上、一人飲みで5,400円ほど。内容や味の面含めて満足度高かったです。ご馳走様でした。

ジスタンプ トウキョウ(GStamp tokyo)
東京都千代田区九段北1-6-7
 岡部ビル1F
TEL 03-6272-4076
月〜金 
11:30~15:00(L.O.14:30)
17:30~23:00(L.O.22:00)
土17:30〜23:00(L.O22:00)
※状況次第では閉店時間を早める場合あり
日曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

野々市に生パスタの量り売りのお店が出来たと知って妻と出かけてきました。
パスティフィーチョ ペーレ (3)


「PASTIFICIO PERE(パスティフィーチョ ペーレ)とはイタリア語で「パスタ工房(製麺所)」という意味だそうです。

ここはアルベログループで、オステリアアルベロやヴェッキオアルベロなどイタリア料理の飲食店数店を石川県内に展開しているKAI-craftが7月にオープンさせています。

そんな手打ち生パスタをお店でも食べることが出来るということで妻と二人でランチを食べに出かけてきました。

事前に予約を入れたのですが、11:30までに入店できる場合のみ予約できました。

我々は土曜日の11:30の予約でお店に入りましたが、食べ終わるまで結局満席になることはありませんでした。
パスティフィーチョ ペーレ

白い外壁が青い空に映える大きなお店です。

国産の小麦粉を使って作られる自家製の手打ち生パスタを「量り売り」しています。
パスティフィーチョ ペーレ (4)

店内に入ると、すぐに量り売りのショーケースがあり、たくさんの生パスタなどが中に並んでいました。
パスティフィーチョ ペーレ (5)

左手がイートインスペース。こちらも壁や天井は白一色のシンプルな内装です。

ランチメニューは、こちらのセットメニュー1種類のみ。1,600円です。
パスティフィーチョ ペーレ (6)

書かれている通り、フォカッチャ・彩りサラダ・デミカップスープ・生パスタ・ドリンクが付いています。

生パスタは7種類からチョイス出来ました。追加料金がかかるものが多いですね。

まず出されたのがこちら。
パスティフィーチョ ペーレ (8)

ワンプレートにフォカッチャ・彩りサラダ・デミカップスープ、そしてマリネ(彩りサラダの一部?)などが盛られていました。

パスタは、私が頼んだのは「白身魚のペペロンチーノ(+450円)」です。
パスティフィーチョ ペーレ (11)

白身魚、野菜、ニンニクチップなどの具がたくさん入っていて、パスタはリングイネを使用しています。濃いめの味付けでニンニクチップがきいていました。

妻は「魚介のジェノベーゼ(+200円)」です。
パスティフィーチョ ペーレ (10)

こちらの魚介はアサリとイカ、小海老。少し太めのフェットチーネでジェノベーゼソースは濃厚だったようです。

セットにはドリンクが付いていて。私はアイスティー。妻はコーヒーを頼んでいます。
パスティフィーチョ ペーレ (12)

見ためアイスコーヒーのようですが、まぎれもなくアイスティーでした。

さて、パスタの「量り売り」という、石川県では珍しいお店としての、これからの動向が気になりました。ご馳走様でした。

PASTIFICIO PERE(パスティフィーチョ ペーレ)
石川県野々市市上林3-56
TEL 076-287-6720
ランチ11:00~14:00
カフェ14:00~17:00
ディナー18:00~22:00(L.O.21:00)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

平成20年に環境省が認定した「平成の名水百選」。

全国各地の名水を認定していて、石川県でも何か所か認定されています。

そのうちの一つが能美市仏大寺にある「霊水堂の名水」です。しかし、昨年8月に加賀地方を中心に襲った大雨の影響で、その湧き水が影響を受けていて、湧き水の量がだいぶ少なくなっているようです。色々なところで影響が長引いているのですね。

さて、能美市仏大寺は人口30名を少し超えるほどの能美市でも一番小さな町でもあります。

今日紹介する「イタリア料理 イル ボッツォロ(iL Bozzolo)」は、そんな名水の里にあって、遠くからも来店するほどの人気のイタリアン。
イル ボッツォロ (17)

前回お邪魔したのは、コロナ禍前の12月初旬。東京からの友人夫妻をお連れしてのランチでした。

週末のランチタイムは予約必須で、私も何度か当日電話して満席で断られたことがあります。

この日、午後から所用で有休を頂いた日、ダメ元で電話したら空いていたので12時半にお邪魔しました。
イル ボッツォロ (2)

店内に入るとお客さんは居ません。これは珍しいことだと思います。お聞きすると、平日の来店数はムラがあるそうだということでした。

食べ終わるまでお客さんが来なかったので、お店の方と色々お話を伺いながら楽しいランチタイムを過ごさせていただきました。

この日のランチメニューです。
イル ボッツォロ (3)

「プランゾA(1,900円)」と「プランゾB(3,200円)」の2種類で、今回我々は「プランゾA」でお願いしました。

「プランゾA」は、気まぐれ前菜盛り5品(アンティパスト)、パスタ、パン、デザート、ドリンクが付いています。

この日の前菜は生ハムが中心。
イル ボッツォロ (6)

いま、イタリアではアフリカ豚熱が流行しているため、イタリアの生ハムなどの輸入が禁止されています。

こちらはイタリアンのお店なので通常はイタリアの生ハムを使っていますが、手に入らないためスペイン産に切り替えていました。

サラミは「ハモン・セラーノ」。生ハムは真ん中が「ハモン・ベジョータ」で、これらはスペインから輸入したもの。一番左のピンク色のは自家製のハムです。
イル ボッツォロ (10)

こちらのスープは別料金。この日は新玉ねぎのスープ。うまく玉ねぎの上品な甘さを引き出していますね。

ちなみに添えられている竹の子は鶴来産で、グリーンサラダもたっぷりです。
イル ボッツォロ (9)

パンはいつも通りのトスカーナパンとフォカッチャでした。

プリモピアットのパスタは4種類からのチョイス。内3つは追加料金が必要です。
イル ボッツォロ (16)

パスタは、内容に応じて使われている麺の種類が違いますが、こちらはそのサンプル。
イル ボッツォロ (11)

我々は、「山陰ホタルイカと鶴来菜の花のアーリオオーリオ(+200円)」と「橋立炙り鰆のブッタネスカビアンカ(+200円)」の2種類を頼んでシェアしました。
イル ボッツォロ (12)

「山陰ホタルイカと鶴来菜の花のアーリオオーリオ」は、イカスミを練り込んだタリオリーニ。
イル ボッツォロ (13)

「橋立炙り鰆のプッタネスカビアンカ」は細打ちのタリオリーニを使用しています。

タリオリーニは手打ちで、もちっとした独特の食感で美味しく、イカスミを練り込んだ方もイカスミのうま味を強く感じました。

プッタネスカビアンカはオリーブ・アンチョビ・ドライトマト・ケッパーがシンプルな味付けに深みを与えていました。

デザートは、愛媛産の木成り完熟みかんのババロアとチョコレートのジェラートでしたが、写真撮り忘れ。汗
イル ボッツォロ (15)

ドリンクは追加料金なしが5種類、+150円の追加が必要なものが6種類設定されていて、私は「ソイカフェ」、
イル ボッツォロ (14)

妻は「カプチーノ」を頼んでいます。この2つは追加料金が必要。焼き菓子「ビスコッティ」が添えられています。

このような山あいにあるお店に遠くからのお客さんも訪れるのは、やはり素材にこだわり手間暇かけた美味しいイタリアンを皆さん望んでおられる証でしょう。ご馳走様でした。

イタリア料理 イル ボッツォロ(iL Bozzolo)
石川県能美市仏大寺2番地
TEL 0761-58-0540
11:30~15:00(L.O.14:00)
ディナーは前日までの予約制
月曜休(加えて不定休あり)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ