あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:バゲット

昨今ハード系のパンが人気ですが、ハード系だと何となくフランスパンを思い浮かべてしまいます。

そんなパン・トラディショネルだけではなく、パン・ド・カンパーニュやパン・ド・ロデヴなど、私がつい最近まで食べたことがなかったような色々なパンが地方でも人気となってきました。

ただ、我が家ではあまりハード系のパンを買いません。^^;

さて、今日紹介する金沢のもりの里にある「Boulangerie Parikana(ブーランジュリー パリカナ)」。

横浜出身のオーナーが、奥さまの実家がある金沢で今年4月にオープンさせている新しいお店で、そのオーナーご自身はパリにもお店を持つ「メゾン・ランドゥメンヌ」の東京本店やエムザの地下のアンデルセンで腕を磨いていたようです。

ネット情報でどなたかが書かれていましたが、店名の「パリカナ」とは、「パリのパン屋さんに来た気持ちになってほしいということで、ここはパリかな?」と名付けたということでしたが、私としては「パリ+金沢」の意味も込められていると勝手な解釈をしています。

お店のウリは、パリでも修業され、パリのパンに魅了されたオーナーが、フランス産の小麦粉やバターを使い、天然酵母を長時間発酵させるフランスの製法を取り入れて作るパンなのです。

そのため、お値段も少し高めの設定です。

メイン道路沿いではなく、少し入ったところで通りすがりで入るお客さんはあまりいないでしょう?
パリカナ

外観はブルーで統一。店内の壁も淡いブルーでした。
パリカナ (4)

これがパリのパン屋さんの雰囲気なのかはわかりませんが、何となくそう思ってしまいます。^^;

小松市粟津温泉にある人気のブーランジュリー「メティサージュ」に似てなくもない造りです。

オープンキッチンでパンを作っているところを見ることが出来ました。

ハード系からデザート系、焼菓子まで色々な種類のパンが並んでいました。ただ惣菜系の種類は少なかった気がします。
パリカナ (3)

これらの中から私が食べたのは「ブリオッシュフロマージュ(税別210円)」。家に持って帰るときに少し圧縮されてしまいました。^^;
パリカナ (14)

柔らかなブリオッシュのパンの中にベシャメルソースとハムとチーズを挟んで焼きあげてあり、優しい味で美味しかったです。
パリカナ (12)

妻は「スリランカカレーのタルティーヌ(税別280円)」。トラディションにスリランカカレーとキノコを乗せピザのように焼きあげてあります。

あとデザートとして「ブリオッシュ・フルイ(税別280円)」も食べていました。
パリカナ (16)

米粉を使用したカスタードクリームに、たっぷり乗せられたブルーベリージャム。ブルーベリーの果肉感がしっかり残っています。

娘は「フラメ(税別280円)」。ハード系のフーガスです。
パリカナ (13)

グルュイエールチーズとベーコンが包まれています。
パリカナ (15)

母にはシンプルな「ブリオッシュ(130円)」。水を使わずに小麦粉と卵・生クリーム・牛乳だけで焼きあげてありました。こちらも持って帰る途中で少し圧縮されてしまっていました。^^;
パリカナ (11)

あと珍しくハード系の「パン・オ・ノワゼット(税別420円)」も買い求めました。ノワゼットはヘーゼルナッツのこと。あとクルミや栗も入っています。

生地は冷蔵で長時間かけて発酵したものを使用して、食べると小麦の風味が口の中に広がってハチミツが練り込まれていて美味しかったです。

なかなか金沢もりの里に来ることは出来ないので残念なのですが、上質のパンを食べられるお店として遠くからでも買いに来る価値があります。また街中ではないところでお店を出されたことも素晴らしいと思いました。ご馳走様でした。

ブーランジュリー パリカナ
石川県金沢市もりの里2-213
 蛍の館1F
TEL 076-225-8625
8:00-17:00
※無くなり次第終了
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松に新しいお店がだんだん増えてきています。

今回、前は「あん庵」だったところに新しく炉端焼きのお店が出来たと聞いて行ってきました。
魚萬 (37)

お店の名前は「創作料理 魚萬」。7月1日にオープンしています。

オーナーの方は、これまでに色々な飲食店で腕を磨いておられ、片山津のかぼちゃ村や小松駅前の某店などの店長などを経験されていました。そしてこの度、晴れてご自分のお店を持つことになったのです。

入口の感じは看板類を除けば「あん庵」時代と同じ。店内は、カウンター席周りは「あん庵」のときからは雰囲気がだいぶ変わっていました。
魚萬 (2)

棚などはご主人が自分で付けられたと話をしていました。
魚萬 (36)

ちなみに、こちらの個室についても「あん庵」時代にはなかった部屋で、ご主人自作のようです。

我々はカウンター席に座り、そしてお品書きを見ながらご主人と少し話をしていると、かぼちゃ村で働いておられた時代に少しかかわりがあってびっくり!

「あん庵」のママもよく存じ上げていたので、この場所はご縁があるところなのかも知れませんね。
魚萬 (9)

さて、お品書きを見て驚いたのですが、メニューの種類が多いこと!
魚萬 (11)

基本は海鮮炉端焼きのお店なのですが、かぼちゃ村のラ・ヴィーブ時代の経験を活かしておられます。

このあたりはご主人の「いろいろな味を楽しんでもらいたい」といった思いからそうされているようです。

ただ何を頼もうか少し悩みました。

さて飲み食いしたものを紹介していきます。
魚萬 (5)

家から歩いてきたので、まずは生ビールです。ジョッキがギンギンに冷やしてあって最高!
魚萬 (15)

そして最初に頼んだのは「名物 ふわふわすり身あげ(680円)」。揚げ立て熱々でした。

続いて岩牡蠣も頼みました。
魚萬 (16)

ご覧のようにプリンプリンの大きな身で、軽くレモンを絞ってポン酢で食べます。
魚萬 (22)

お酒のほうは私はハイボールに変えています。

妻は日本酒です。升にグラスを入れてなみなみと注いでくれます。

お造りは「板さんおまかせ5種盛り(1,080円)」。
魚萬 (18)

タコ・甘えび・梅貝・ブリ・白身はなんだったかな?タイ(メジナ?)だったかな?
魚萬 (4)

ここで目の前の水槽で元気に泳いでいるドジョウを見て、ドジョウの唐揚げを頼みます。
魚萬 (19)

ドジョウを目の前にして食べるのはちょっとかわいそうな気がしますが、美味しかったです。

このあたりでビストロメニューに変えてみたいと思います。
魚萬 (26)

「美川しらすのアヒージョ(580円)」。ご主人は美川出身でこの時期新鮮なしらすがあり、これまた最高!
魚萬 (29)

バゲットの上に乗せて食べると、スペイン料理店で食べているような気になります。

こちらの「トマトとマスカルポーネのガレット バジリコの香り(680円)」は、イメージとちょっと違いました。
魚萬 (32)

ガレット生地に乗せられて出されるのかと思いましたが、カプレーゼのような感じでしたね。アンチョビがアクセントになっていました。

こちらも普通の炉端焼きのお店で食べることは出来ない一品です。
魚萬 (35)

最後にもう一品ということで「女将のポテトサラダ(380円)」を頼みます。マイルドな口当たりで美味しかったです。
魚萬 (34)

お酒について妻は、「すっきりトマトサワー(448円)」なんてのを追加で頼んで飲んでいました。

以上、飲み食いして8,800円と予想より安かったです。色々な料理を楽しめて味の方も満足できるものでした。

また、お店はカウンター席や小上がり、個室も1階に2つ。2階に大人数が入ることが出来る座敷もあります。ただ、開店して間もないので、今後どのように受けているか思案中だそうです。なかなかいいお店が出来たと思いますのでうれしいですね。ご馳走様でした。

北陸海鮮炉端 魚萬
石川県小松市大和町8
TEL 0761-58-2578
17:30~24:00(L.O.23:00)
日曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


素敵なお店だったのですが、8時までの約束で入ったため、少し不完全燃焼。

そこで2次会に行こうと、その場で近くのお店を検索して見つけたのが、今日紹介します「AQUAVIT」というバーです。

電話をかけて空いているということでさっそく向かいました。

お店は飲食店ビルの2階にありますが、ディスプレイや照明などに相当こだわっているお店づくりをされています。それもそのはず、デザイナープロデュースだそうです。
AQUAVIT

こちらは階段に上がる前のエントランスです。
AQUAVIT (2)

通路にローマの観光地として有名な「真実の口」がありました。ローマにある実物は私も見たことがありますが、こちらのはサイズ的には小さいものです。

店内は広いです。そしてインテリアも素敵です。パーティやハレの日使いも出来るお店ですね。

行ったのが20時15分ごろということで、お店はそれほど混雑していません。そこで了解を頂き写真を写します。
AQUAVIT (3)

こちらは我々が案内されたテーブル席からカウンター席を見たところ。

そんなおしゃれなバーということで、ちょっとビビりましたが、意外と料金は良心的な設定です。何と!チャージも無料なのです。
AQUAVIT (5)

こちらはメニューの一部です。明朗会計ですね!

では、飲んだもの、食べたものを紹介します。

まずおつまみから。こちらの2品は「自家製生チョコの盛り合わせ(980円)」と「漬け直しオリーブの盛り合わせ(580円)」。
AQUAVIT (12)

超ロング皿に乗せられて出されました。

そういえば、お店の料理はネーミングも面白いし、インスタ映えするメニューも多いようです。
AQUAVIT (13)

これはエビのアヒージョ(680円)だったかな?
AQUAVIT (14)

当然、バゲットも頂きました。
AQUAVIT (9)

飲んだものですが、これは何だったかな?「パッソアオレンジ」だったかな?生絞りオレンジ浸かっているとか言っていましたが、2軒目なので覚えていません。^^;
AQUAVIT (10)

ハイボールらしきものも飲んでいますね?あんまり覚えていませんが、^^;
AQUAVIT (11)

こちらへは5人で行ったのですが、目の前に座った彼はバーボンをロックで飲んでいました。

丸い氷、最近、あまり見ていませんね。というか最近ウィスキーをロックで飲まないからですが。

他のメンバーも色々好きなのを頼んでいました。

まぁ、この日は積もる話もたくさんしていたので、写真を撮るのもそこそこになりましたが、そんなには飲み食いしていません。締めて一人3千円くらいだったでしょうか?

お店の雰囲気やメニューもよく、そしてコスパがいいというおすすめのお店だと思います。ご馳走様でした。

AQUAVIT(アクアビット)
岡山県岡山市北区磨屋町8-26 2階
TEL 086-222-3578
17:45~24:00頃
日曜休(月曜日が祝日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日で私のブログも14周年です。いつもお読みいただきありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

この日、口の中がカレーモードで、本当は別のお店に行こうと思って金沢までランチを食べに出かけました。

しかし、イベント出店とかで何とお休み!

そこでスマホで検索して飛び込みで入ったのが、今日紹介します「ビストロ レガル」です。
ビストロ レガル

外観は昨年リニューアルしているようです。ちなみにお店の名前の「レガル」はフランス語で「ごちそう」という意味だそうです。
ビストロ レガル (4)

近くだったので電話で確認せずに伺いましたが、12時少し前の店内には3組のお客様がいらっしゃいました。
ビストロ レガル (6)

店内は広いです。30人ぐらいは入れそうです。それをシェフのご主人と奥さまで切り盛りされています。

ランチメニューはこんな感じです。
ビストロ レガル (2)

肉系がが多いですね。^^;

この日はパスタは食べたくなかったので、鮮魚ポワレにしました。1,380円です。ランチメニューの値段は均一ではなく3種類の設定ですが、メイン以外にスープ・サラダ・ドリンクが付きます。またパンかライスが選べます。
ビストロ レガル (7)

まずスープが運ばれてきました。サツマイモの甘さが非常に感じるスープでした。
ビストロ レガル (8)

その後で、バゲットが出されます。温めて出されました。お代わりもokです。

そしてメイン料理です。スズキと鮭が使われています。西京味噌のバターソースです。和のテイストのソースですが珍しいですね。
ビストロ レガル (9)

野菜やキノコもたっぷり添えられていて美味しかったです。

ドリンクは、コーヒー以外にも紅茶や色々な種類のジュースなどからチョイス出来ました。
ビストロ レガル (11)

私は赤ブドウジュースです。ワインではありませんよ!

1,380円でこの内容は満足感があります。ただ、家に帰ってブログを書いているときに気が付きましたが、ランチにはサラダが付いていることがわかりました。他の人が書かれているのを見ても付いていることがわかります。どうも忘れられたようです。この点は残念でした。

ビストロということで気軽に楽しめるお店で、ご近所のご年配の方もお客様でいらっしゃいました。親しみのあるお店ですね。ご馳走様でした。

ビストロ レガル
TEL 076-244-5559
石川県金沢市窪7-279
11:30~14:30(L.O) 17:30~22:00(L.O)
月曜休(祝日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

飲食業界では、人気のメニューがあったら、それを真似て自分のお店でも出す、と言ったことはあるのだと思います。

あまりにも似ている場合は、元祖だとか本家だとかの呼称を付けたり、極端な例では争いごとになったりするケースがありますね。

今日紹介します「グリルキャピタル東洋亭」と東京の「つばめグリル」。

この東西2つの老舗洋食店のハンバーグも、前菜として出される丸ごとのトマトサラダ、アルミホイル包みハンバーグステーキ、ベイクドポテトなど、まさに瓜二つ!前々から気になっています。

1897年創業の京都北山に本店がある「グリルキャピタル東洋亭」。昔、なんば店に行った時のことはこちらで書いています

一方、東京の「つばめグリル」についてはこちらに書いています

ここまで似ていると、先ほど書いた訴訟にまで発展してもよさそうなものですが、ネット上ではそんな記載は見つかりませんでした。

創業は「グリルキャピタル東洋亭」のほうが古いのですが、このハンバーグを出したのは「つばめグリル」のほうが先。どなたかが書かれていましたが「グリルキャピタル東洋亭」の現社長が東京での修業時代に「つばめグリル」のハンバーグに感動してレシピを教えてもらったという記載がありました。事実かどうかはわかりませんが修業先が「つばめグリル」だったのかもしれません。

その関係もあってか、「つばめグリル」は関西には店舗展開していませんし、「グリルキャピタル東洋亭」も関東にはお店を出していないのです。何らかの棲み分けがされているのだと思います。

前置きが長くなりました。本題に移ります。
東洋亭 (3)

「グリルキャピタル東洋亭 あべのハルカス店」はあべのハルカス近鉄本店タワー館のあべのハルカスダイニングというレストラン街の13階にあります。

あべのハルカスダイニングのレストランの中でも人気のレストランで、ランチ時には早い時間帯から行列が出来ることで知られています。
東洋亭 (6)

この日も11:40ごろでしたが、すでに4組ほどの順番待ちが出来ていました。ちなみにこちらのランチタイムは夕方17時までとなっています。
東洋亭 (2)

洋食屋さんなので、洋食系のメニューは一通りそろっています。

しかし、断トツの人気メニューは「東洋亭ハンバーグステーキ」です。

ランチメニューで一番ベーシックなAランチには「まるごと完熟トマトサラダ」と「パンまたはライス」が付いてきます。
東洋亭 (4)

オーダーしてほどなく「まるごと完熟トマトサラダ」が運ばれてきます。冷たいトマトがこの時期うれしいです。下に敷かれているツナとたまねぎのドレッシングもいい感じです。
東洋亭 (7)

その後10数分待って、アルミホイル包みハンバーグステーキとバターを添えたベイクドポテトが熱々の鉄板にのせて提供されます。この熱々の鉄板には気を付けたほうがいいです。私もあわややけどをしそうでした。^^;
東洋亭 (8)

アルミホイルを破るときのわくわく感が人気の理由の一つ。ナイフで破くと湯気が立ちのぼります。

手ごねの粗挽きミンチ肉をオーダーが通ってから丁寧に焼き上げているようで、ジューシーでありながらしっかりとした食感を残しています。
東洋亭 (11)

こちらは「和風ハンバーグステーキ」です。こちらはアルミホイルに包まれていませんが、同じく熱々の鉄板にのせて提供されます。Aランチの値段は「東洋亭ハンバーグステーキ」よりも少し安い1,260円でした。

ハンバーグを切って和風だれにつけながら食べます。目玉焼きも乗せられていますね。
東洋亭 (9)

パンはバゲットでした。こちらはそれほど特徴あるわけではありません。

場所柄と平日のお昼ということもあって女性客がほとんどでした。我々がお店を出るころにはさらに行列が長くなっていました。さすがに人気のお店のことだけはあります。ご馳走様でした。

グリルキャピタル東洋亭 あべのハルカス店
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
 あべのハルカス13F
TEL 06-6654-6684
11:00~23:00(L.O.22:00)
不定休(あべのハルカス近鉄本店に準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ