あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:バゲット

小松市役所の周辺も色々な飲食店があったのですが、ここ1~2年ほどで閉店になった所が多くあります。

和食の「さい楽」、カフェ「SWITCH」、うどん・定食の「亀の家」などが次々に閉店になっていますね。
BARIN

さて、今日紹介しますビストロ&ワインバー「BARIN(バリン)」。私のブログでは3度目の登場となります。

夜と昼に一度ずつお邪魔していますが、ご主人は小松のフレンチ「ミュー・レ・ミュー」や金沢東山の「とどろき亭」を経て、今のお店を2013年6月にオープンされています。

「ミュー・レ・ミュー」でのフレンチ、「とどろき亭」での洋食の経験を生かされ、「BARIN」では、それを融合されてシェフの技術をミックスした料理を楽しませてくれています。

いまでは小松でも人気のお店として存在しているのです。

今回もランチを食べにお邪魔しました。

BARINランチは980円でサラダ・スープとカレーかオムライスの構成(デザート・コーヒー付は1,300円)。カレーは「俺の能登豚ゴロゴロカレー」。オムライスは限定10食で「俺のオムライス」となっていますが、前回食べたのはパスタランチでした

今回私は「俺の能登豚ゴロゴロカレー」を頼むことに。
BARIN (3)

まず、サラダと「西洋ゴボウとキノコのスープ」が出されます。上品なコンソメベースのスープでした。スープは+100円でポタージュに変更が可能です。

そして「俺の能登豚ゴロゴロカレー」がこちら。地元野菜が添えられています。
BARIN (6)

辛さのほうは、それほど辛くはなく、どちらかといえばマイルド。後のほうに少しピリッとした感じが舌に来るといった辛さです。

ネーミングの通り、能登豚がゴロゴロ入っていましたね。

味的には金沢東山の「とどろき亭」で働いていらっしゃっただけあって、安心して食べることが出来ました。

妻のほうは、パスタランチで、まず出されたのが「サラダ仕立てのオードブル」。
BARIN (4)

サラダ以外は「鯖のリエット」と「山芋のロワイヤル」が添えられています。
BARIN (5)

パンは2種類。フォカッチャとバゲット。

パスタは以下の4種類からのチョイスが可能でした。

・大海老とズワイ蟹のトマトクリームスパゲティ
・桜海老、ヤリイカ、ベーコンのペペロンチーノ
・和牛、能登豚のミートソース
・国産 鶏ムネ肉の白胡麻クリームスパゲティ

妻が頼んだのは「大海老とズワイ蟹のトマトクリームスパゲティ」です。
BARIN (8)

スープ仕立てのような感じで、見た目はアメリケーヌソースみたいですね。
BARIN (9)

パスタランチにはデザートと、
BARIN (10)

ドリンクも付いてきます。

ビストロ&ワインバーですが、メニューにカレーやオムライスの設定があるのもうれしいです。皆さんもお気軽に行ってみてはいかがでしょうか!?ご馳走様でした。

BARIN(バリン)
石川県小松市浮城町76-2
 ソシアルビル1F
TEL 0761-58-1728
ランチ11:30~14:30L.O.
ディナー18:00~23:30(L.O.)
    土日祝は17:30~
月曜、第2火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私は肉が苦手なので、あまりお肉の専門店には行くことはありません。

ただ、ハンバーグやハム・ソーセージの類は大丈夫なので、時々ではありますがブログでも紹介することがあります。

まぁ、肉にアレルギーがあるわけではないので、単なる食べず嫌いということなのですが、この年になったら肉類も控えたほうがいいと考えていて、いまさら克服したいとは思っていません。

さて、この日は白山市に6月13日にオープンした「薪肉 ARIGYU」に行ってみることにしました。

最近、テレビや雑誌などでも紹介されているお店ですが、金沢の人気店「焼肉有牛」の姉妹店です。

住宅地の一角に大きなお店を構えています。

行く2日前に、12時に予約を入れて向かいました。

到着するもお店の前の駐車場は満車で、お店の裏の駐車場、前はテニスコートだったようなところに案内され駐車しました。
アリギュウ (30)

お店は立派な邸宅のようなおもむきのファサードです。
アリギュウ (32)

建物の脇には薪が積まれていました。
アリギュウ (33)

店内に入ると、思ったより広い店内で驚きました。お店で働いている方も多かったです。
アリギュウ (10)

一部2階部分が吹き抜けで開放感がありました。どうも2階の一部が別な会社のオフィスになっているようですね……?

メニューは立派なものがありましたが、太陽光が差し込む店内だったため、背景が写真で、かつ白抜きの小さな文字で見難かったです。
アリギュウ (5)

お店のウリは、厳選した肉を炭火で焼いて出してくれること。野菜も有機野菜を使用しているようです。

しかしながら、厳選された黒毛和牛を使用したメニューは、やはり高めです。もちろん、ステーキ屋さんで黒毛和牛を食べることを考えると安いのですが……。

本日の黒毛和牛は一番ミニマムな量の100gで2,880円となっていました。150gは3,380円、200gで3,980円となります。

オーストラリア産の牛肉のカルビでも、100gで1,980円、150gは2,380円、200gで2,780円となっていて、少しお高めの値段設定です。いい食材を使っているということでしょう。

あと、鶏肉や豚肉のメニューも各1種類設定されているのと、パスタランチコースもあって、こちらは1,780円前後と比較的リーズナブルでした。

「ミート・ランチ・コース」の値段には、スープ・バゲット・前菜3種盛り・小さなデザートが付いています。ドリンクは別料金でした。

余談ですが、メニューには「バケット」と書かれていましたが、いまの日本語表記では「バゲット」が正しいでしょうね。

そしてその中から、私は冒頭書いた通り肉が苦手なので、薪バーグを頼むことに。

薪バーグは150gと250gがありましたが、私は150g(1,280円)でお願いしました。妻のほうは黒毛和牛の100g(2,880円)です。
アリギュウ (11)

まず最初に出されるのが、こちらのスープ。少し長いネーミングが付けられていました。「薪窯で真っ黒に焼いた坊ちゃんかぼちゃのスープ ココナッツオイル風味」です。大きなお皿ですが、スープの量は少なめ。^^;
アリギュウ (12)

次に出されたのがバゲット一切れ。上には自家製の薪で燻製したバターが乗せられています。十勝生クリームをバターにしてあります。それに燻製された塩(ゲランドの塩)も添えれれています。素材に凝っているお店です。

まぁ、好みもありますが、個人的にはバターは別に盛って、かつスープの前に持ってきてほしかったなぁ~。(最初に出されたスープは、飲むとすぐに下げられてしまいました ^^;)
アリギュウ (15)

「前菜3種盛り」のほうは、こちらも大きなお皿に盛られて出されます。
アリギュウ (18)

「近藤ファームのひよこ豆のサラダ仕立て」はバジル風味のソースで食べさせてくれています。
アリギュウ (17)

「薪香る本日の一品」は、サーモンを薪で炙って香りづけした身をほぐしてパテ風に仕上げています。ザクロのソースでした。

もう一品は、これまた長い名前で「五郎島金時の薪焼いもとプルーンのケークサレ マスカルポーネソース」です。少し甘めのテイストでした。

「ケークサレ」の「サレ」はフランス語の塩のこと。つまりは塩味のケーキのことで、デザートではなく、ちゃんとしたおかずなのです。

この後、メインが運ばれてきますが、私の「薪バーグ」がこちら。
アリギュウ (22)

ソースは「森のキノコのトマトソース」か「カモミール香ポン酢」の2種類から選べます。私は「森のキノコのトマトソース」にしました。
アリギュウ (25)

切るとこんな感じです。

さすが、お肉と炭火焼きがウリのお店だけって、このハンバーグがよかったです。私の好きなしっかりとした食感を残した仕上げと焼き具合。トマトソースの酸味と肉汁が合わさっていいお味でした。
アリギュウ (26)

それに、この付け合せのポテトのミルフィーユ仕立てもよかったですね。

妻の黒毛和牛のステーキがこちら。
アリギュウ (21)

焼き方は何も言わなければミディアムレアで焼いてくれます。それ以外の場合は、こちらから伝える必要があります。オーダーのとき聞いてくれません。(もっとも、ランチセットの場合はわざわざ聞かないとメニューにも書いてあるのですが、コースオプションのことが書かれているところに小さく書かれていました。)

このメニューには、シェフ特製の付け合わせが添えられているとのことでしたが、私のハンバーグと同じでした。
アリギュウ (19)

また、ソースは2種類付いていましたが、肉にコショウが振られ、塩も近くに添えられていて、それらで十分美味しかったようで、ソースもつけて食べたら濃い味になったそうです。でも、肉のほうはさすがに美味しかったということでした。そうそう!わさびも添えられていました。
アリギュウ (24)

あと、ランチにはライスがオプション扱いで無料で付いてきます。これは小ライスです。大まで無料です。
アリギュウ (14)

フランスのティエールで作られているラギオールナイフを使っていますが、お箸もあったので最初お肉をナイフで切ってからお箸で食べたほうがいいでしょう。ナイフの切れ味はさすがでした。
アリギュウ (27)

セットに付いているデザートはこちらです。
アリギュウ (34)

+300円で、入口のショーケースから好きなケーキを選んで変更することが出来たので、一つはフロマージュクリュに変更してみました。
アリギュウ (28)

このケーキ単品だと450円です。

ドリンクも+200円で、アイスコーヒーをお願いしました。これは少し飲んだ後で写したものです。

肉嫌いな私なので、肉のことは語る資格はあまりないので書きませんが、お店自体は贅沢な気分にさせてくれるに十分な内容だったと思います。

ハレの日使いに適しているお店かもしれません。ご馳走様でした。

薪肉 ARIGYU(マキニクアリギュウ)
石川県白山市橋爪町365-7
TEL 076-259-1686
11:30~17:00
18:00~22:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松の粟津温泉にある人気ブーランジェリー「メティサージュ」。

小松の街中にも2号店として「ラ プティ メティサージュ」というイートイン可能なカフェ形式のお店を出したことは私のブログでも書きました

今回、お盆の休みのときに、翌朝のパンを買い求めて小松のパン屋さんを巡ったのですが、さすがにお盆休みのところばかりで、結局、「ラ プティ メティサージュ」にダメもとで来てみると営業しているではないですか!?
メティサージュ (6)

ははは、流れ着いたのではなく、「ラ プティ メティサージュ」は最初から休みだと考えていたから行かなかったのです。

この日は厨房にはアンデスさんはいらっしゃいませんでした。

前に行った時よりは、パンやピッツァの種類も増えていましたね。

私が買い求めたのは、フランスのクラッシックのパンです。

たぶん、でっかいサイズのパンだろうと思いますが、スライスして売っていました。

天然酵母を使って焼きあげています。アンデスさんのこだわりのパンなのです。

写真が包装材に入れたままでしか写さなかったので、少しわかりにくいかもしれません。すみません。
メティサージュ

こちらは「オリーブのカンパーニュ(230円)」で、フランス産の小麦粉とライ麦が入ったパンです。
メティサージュ (3)

同じく「ベーコンのカンパーニュ(230円)」。先ほどのオリーブとは違った風味でした。

ちなみに「カンパーニュ」は田舎という意味で、まさにその名の通りの素朴なパンです。
メティサージュ (2)

これは「チョリソのバゲット(230円)」。素材は同じですが、形状が「カンパーニュ」は丸い大きな形ですが、バゲットは細長いパンのことです。

これら3種類を買い求め、3人でシェアして食べました。

トーストで焼くと、外はカリッと中はモッチモッチ。小麦の香りがする素朴な味のパンでした。

私はとろけるチーズなどを乗せたり、オリーブを一緒に食べたりして、美味しくいただくことが出来ましたよ。

さすがフランス人の作るパンは一味違う!と思いましたね。ご馳走様でした。(少し前に行ったので、少し状況が変わっているかもしれません)

ラ プティ メティサージュ 小松店
石川県小松市上本折町76
TEL 0761-58-1410
10:00~15:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

三国に行った時に買い求めたパンについて紹介したいと思います。

お店の名前は「ストロベリーフィールズベーカリー」。場所はイーザというショッピングセンターのお隣です。

この日、先日紹介した「HALF MOON BAY(ハーフ ムーン ベイ)」で、フレンチ惣菜を買い求めるつもりだったので、バゲットも買っておこうと思い立ち寄りました。
ストロベリーフィールズベーカリー (7)

お店の作りはヨーロピアンな感じがします。

入口にはなぜかイギリスの国旗が下げられています。

中はこんな感じ。ディスプレイなどもパン屋さんの趣とは少し違っていました。
ストロベリーフィールズベーカリー (3)

お昼前だったので、まだ多くの種類のパンが並んでいました。

オーナーはパティシエ経験もあり、惣菜系のパンも種類も豊富。また、毎月色々な新作のパンも作られているようです。

国産の小麦100%にこだわったパン作りをされています。

さて、この日私が買い求めたのは、目的のバゲット(200円)はもちろんです。
ストロベリーフィールズベーカリー (9)

全粒粉を使用した、少し細身でしたがもちもちの食感。美味しかったです。

あと私は、翌朝、「バジルとトマトのタルティーヌ(200円)」を食べました。
ストロベリーフィールズベーカリー (12)

少し小ぶりなパンで、フランスパンの上にトマト、ベーコン、チーズをのせてバジルソースで味付けしています。すごくモチモチしたフランスパンで小さくても意外に食べ応えがありました。
ストロベリーフィールズベーカリー (10)

これは、「枝豆とベーコンのフランスパン(170円)」。
ストロベリーフィールズベーカリー (13)

「キーマカレーパン(170円)」は油で揚げていないヘルシーなピリ辛のカレーパンだったようです。
ストロベリーフィールズベーカリー (11)

あとは「塩ロール(90円)」も買い求めました。

以上のパンは朝食用です。

お店が遠くにあるのでまた行けるかどうかはわかりませんが、ヨーロピアンな雰囲気のお店で、種類が豊富。個性的なパンなどもあったりして毎日でも楽しめそうなお店です。ご馳走様でした。

ストロベリーフィールズベーカリー
 Strawberry Fields Bakery
福井県坂井市三国町三国東5-2-9 山本ビル1F
TEL 0776-81-8220
8:00~18:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

粟津温泉のメティサージュといえば小松でも1・2を争う人気のパン屋さんです。

そんな人気店が、2号店を小松の街中にオープンさせました。
メティサージュ (10)

場所は前は「つえ村 南店」といううどん屋さんだったところ。そういえば、だいぶ前、この前を通った時にメティサージュのアンデルス・ゲイトウさんが赤いペンキを塗っていました。

その時はアンデルスさんとはわからずに、何かお店が出来るのかな?ぐらいに思っていましたが、この4月にイートイン&カフェスペース併設のお店としてスタートしたようです。お店には専用駐車場もありました。
メティサージュ (12)

でも、アンデルスさん頑張ってらっしゃいます。小松空港にも出店を出していますしね。
メティサージュ (5)

さて、2号店ですが、中はかわいい感じの内装です。
メティサージュ (8)

粟津の本店とは違って、パンはそれほど置いていません。そしてこの日は置いているパンもハード系のものばかりでした。^^;
メティサージュ (4)

アンデルスさんはパンではなく、ピッツァを薪釜で一生懸命焼いていらっしゃいました。

この日、私は家でランチを食べてから、翌朝のパンを買いに向かったのですが、少し思惑が外れましたね。^^;
メティサージュ (7)

お店には、イートインのメニューが多く書かれていて、ピッツァやパニーニも美味しそうだったのですが、翌日に食べるには無理そうだったので諦め、ハード系のパンを2個買い求めました。ピッツァやパニーニももちろんテイクアウトできます。
メティサージュ (6)

焼菓子類も色々置いています。
メティサージュ (9)

次回、改めてイートインについては書きたいと思いますが、メニューにはハンバーガーなんてのも!。クレープもありましたよ!

パニーニも色々な種類が揃っていて美味しそうでした。
メティサージュ

私が買い求めたのは、いちじく入りの白パン「ブリエ・フィグ(250円)」と、
メティサージュ (2)

レーズンとクリームチーズの全粒粉パン「コンプレ・レザン(280円)」。

メティサージュでハード系のパンを買うのは私は初めてかも?妻は買ったことあるかもしれませんが…。

でも、やっぱり、フランス人ブーランジェ。とても美味しいです。

では、次回はイートインで食べてレポートしますね。ご馳走様でした。

ラ プティ メティサージュ
石川県小松市上本折町76
TEL 0761-58-1410
10:00~15:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ