あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:ハンバーグ

片山津の小高い丘に建つ「ホテルアローレ」。
ベラヴィスタ (26)

広い敷地にホテルや結婚式場、大人数がパーティできる会場、温泉やプールまであって、この辺では珍しいリゾートホテルです。

ただ、過去においては経営的には厳しくて、運営会社が確か2度ほど変わっています。

とある平日、午後から通院のため休みを取った日。ランチを食べるために久しぶりに行きました。

いいお天気だったので、ホテルを一周して写真を写しました。
ベラヴィスタ (24)

晴れた日は緑と青い空に囲まれたホテルの施設が輝いて見えました。

ホテルアローレには、日本料理の「竹翠」とイタリア料理が主の「ベラヴィスタ」の2つのレストランがあります。
ベラヴィスタ (2)

「竹翠」については過去に書いたことがありますが、「ベラヴィスタ」は初めての紹介です。
ベラヴィスタ (5)

「ベラヴィスタ」のランチタイムは、選べるメインディッシュにビュッフェ形式の前菜や主食、デザート食べ放題が付いているイタリアンランチバイキング。

メインディッシュの内容によって値段が違う設定です。
ベラヴィスタ (6)

こちらのように、Aコース(大人税別1,800円)、Bコース(大人税別2,300円)、Cコース(大人税別2,800円)の3つで、さらに平日は限定の2,000円のキャンペーンコースの設定がありました。

11月は「能登牛・能登豚のハンバーグ チーズのせ」で、私はこれにすることに。

2種類のチーズとイタリアの野菜のトマト煮込み「カポナータ」が添えられていました。

ベラヴィスタ (15)
意外とボリュームがあって、これだけでも十分お腹がふくれそうです。
ベラヴィスタ (9)

こちらのメイン以外はビュッフェ形式なので、自由に好きなものを好きなだけ取ってきて食べることが出来ます。

前菜・サラダ・ピザ・パスタ・デザートなど一通りのものは揃っていて種類も満足できる内容でした。
ベラヴィスタ (13)

私はそれほど多くは取らないでおこうと思うのですが、ついついあれもこれも!となってしまいます。
ベラヴィスタ (16)

あと、食後のデザートにコーヒー。

食べ残すのは嫌なので、これら取ってきたものはすべて食べました。おかげで満腹です。

なので、私はホテルの朝食は別ですが、レストランではあまりバイキングのお店や食べ放題には行かないようにしています。^^;
ベラヴィスタ (17)

窓の外には白山連峰の山並みや柴山潟が見え、ホテルの敷地の池や木々の緑を眺めながら、ゆったりとした食事を楽しめるのは、リゾートホテルだからこそ。ご馳走様でした。

テラスレストラン ベラヴィスタ
石川県加賀市柴山町5-1
 ホテルアローレ1F
TEL 0761-75-8000
ランチタイム11:30~15:00(L.O.14:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介します「ヴァン・ベール美岬」は、相当昔に行っています。

その時、私のブログで紹介したのですが、その後、自慢のイングリッシュ・ガーデンも荒れ果てた様子になり、お店自体はやっていないような感じだったので、てっきり閉店になったと思って削除してしまいました。^^;

しかし、今回超久しぶりに行ってお店の方にお聞きすると、営業日や時間の短縮はしているがずっと営業していたとお聞きしました。知りませんでした。

そんなこんなで13年以上ぶりの訪問になります。

ちなみに、13年前のお店と今のお店の外観を比べてみたいと思います。
ヴァンベール美崎
20060924ヴァンベール美崎

手元にあったこの写真の日付を見ると2006年9月となっていますね。
ヴァン・ベール美岬 (2)

今の外観です。
ヴァン・ベール美岬

こちらもそうです。
ヴァン・ベール美岬 (3)

店内です。とても広い店内ですが、いまは奥さま?お一人でこの広いお店を切り盛りされていて、広大な庭の維持もお一人でやっているらしいです。そのため、メニューなど絞って営業されているようです。
ヴァン・ベール美岬 (6)

行った日が超大型の台風19号が日本を去った翌日。窓から見える日本海もまだ大荒れです。お店の窓が強風の影響で汚れていました。
ヴァンベール美崎 (2)

ちなみに13年前はとてもいい天気で、ご覧のように日本海も穏やかでした。

この日は一人でランチに伺いました。
ヴァン・ベール美岬 (4)

こちらが食事のメニュー。それほど種類は多くありません。
ヴァン・ベール美岬 (5)

そしてドリンクメニュー。

私はこの中から「ハンバーグ(税込700円)」を頼むことに。

ワンプレートで出されます。ご飯は付いてきますがスープは別料金で300円でした。
ヴァン・ベール美岬 (7)

惣菜2品とサラダ、自家製のお漬物も付いています。700円でこの内容はうれしいです。
ヴァン・ベール美岬 (9)

ハンバーグはイタリアンなソースがかけられていました。なかなか美味しいです。
ヴァンベール美崎 (5)
ヴァンベール美崎 (4)

13年前はこんなものを食べていました。

昔はガーデンテラスにも席があって、天気のいい日は外で食べることがきましたし、食後にガーデンを散策すると気持ちがよかったですが、いまは残念ながら難しいのかな?ご馳走様でした。

ヴァン・ベール美岬
石川県加賀市美岬町海岸通りね11
TEL 0761-73-1718
11:30~16:00
木・金曜・年末年始休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

飲食業の世界では前のお店が閉店になったあとを、ほぼそのままの形で引き継いで新しいお店をオープンすることが多々あります。

それを居抜きというらしいですが、飲食店に限らずかもしれませんが初期投資はなるべく抑えたほうがいいことは間違いないことです。

今日紹介します能美市辰口に10月13日オープンした「サムライボゥラーズ」は、この同じ場所でのここ3年ほどで3軒目の運営者変更になります。

前は「Lanit cafe Joki(ラニ カフェ ヨキ)」、そしてその前は「SORA cafe」だったところです。
サムライボゥラーズ

辰口丘陵公園の近くで、仏壇屋さんの隣の細いわき道から入る、少しわかりにくい場所にあります。
サムライボゥラーズ (2)

外部はこちらの写真ですと、違いはシュールでポップ?なイラストが飾られているくらいかな?
サムライボゥラーズ (6)

あと、手作りのデッキテラスが増設されています。
サムライボゥラーズ (5)

店内はほぼそのまま居抜きで使っているようです。
サムライボゥラーズ (8)

天井には「SORA cafe」のときの「空」が描かれたままです。
サムライボゥラーズ (19)

さて、「サムライボゥラーズ」のオーナーは県外より移り住んできた方。なぜ能美市に縁が出来たのかなどわかりませんが、何れにせよ昨今このような方が増えてきているようです。うれしいことではありますね!?

さて「サムライボゥラーズ」は、洋食系の食事が出来るカフェといったところでしょうか?
サムライボゥラーズ (7)

ランチメニューがこちらです。

特徴としては、健康に気を使った糖質オフのメニューが色々あるということです。
サムライボゥラーズ (10)

こちらはスイーツとドリンクメニューです。

私は、ランチメニューの中から「押し麦で作るシーフードドリア」を頼んでみました。

妻は「鶏ハムと塩こうじハンバーグ」です。

各、サラダとスープがセットになったAセット(税込1,100円)、それにドリンクが付いたBセット(1,300円)、さらにデザートが付いたCセット(1,600円)というラインナップでした。

私はA、妻はCを頼んでいます。
サムライボゥラーズ (12)

まずサラダとスープが出されます。

サラダは、この時期出回っている地元レモンを絞ってオリーブオイルをかけて食べてください!と言われたのでその通りに食べます。ヘルシーです。
サムライボゥラーズ (14)

もちろんドレッシングも用意されていました。

スープは野菜のうま味だけ?で作られた味だと思います。
サムライボゥラーズ (16)

そして私の食べた「押し麦で作るシーフードドリア」がこちらです。
サムライボゥラーズ (17)

ベシャメルソースの下に「押し麦めし」が現れます。

「押し麦」とは、精白した大麦に水と熱を加えてローラーで押したもののことで、メニューに書かれている説明では、別名「食物繊維の宝庫」と言われるもので、お米よりも糖質が低く血糖値の上昇を抑える役目もあり、水溶性食物繊維を多く含んでおり腸にもやさしい、皮膚や髪の健康維持にも、貧血対策にもおすすめのカラダにやさしい食材なのだそうです。 

そんなにお米のご飯と違和感ない食感で美味しくいただくことが出来ました。
サムライボゥラーズ (13)

妻の「鶏ハムと塩こうじハンバーグ」です。ハンバーグは合挽き肉で小さめのサイズでした。
サムライボゥラーズ (15)

ご飯は五穀米でした。

チョイスしたデザートはベイクドチーズケーキ。こちらのは糖質10g以下に抑えたもの。
サムライボゥラーズ (18)

小麦粉の代わりにおからパウダー、砂糖のかわりにエリスリトールという代替甘味料などを使っていて、トッピングのソースも砂糖を使わずベリーとエリスリトール、レモン汁で煮詰めたもの、生クリームにも砂糖の代わりにエリスリトールを使用して糖質10g以下を実現しています。

私も一口食べましたが、焼いてあるのですが、何となくレアな食感で自然な甘さで美味しかったですよ!

ドリンクはコーヒーを頼んでいます。

さて場所的には正直厳しいところではないかと思いますが、末永く能美市で頑張っていただければうれしいです。ご馳走様でした。

サムライボゥラーズ
石川県能美市辰口町631-1
TEL 0761-27-2376
営業時間は夜営業も始められるようなので後日記載


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市から軽海~中ノ峠を経て鳥越に抜ける国道360号の途中に原町というところがあります。

平安時代に書かれた「平家物語」の中に、平清盛の寵愛を受けた仏御前の物語が載っていますが、その仏御前が生まれた町が、ここ原町なのです。

そんな山あいの町に一軒の新しいカフェが8月14日にオープンしました。
陽だまりcafe (5)

ただ新しく店舗を作ってということではなく、古民家を改装してカフェにしています。

お店の名前は「陽だまりcafe」。

10月の初旬、まだ夏の余韻が残る休日に、妻と二人でランチを食べに出かけてきました。

ご年配の女性の方と、年齢的には女性のかたよりはだいぶ若い男性の方、お二人で切り盛りされていました。親子でしょうか……?お店と同じところに住んでおられるようです。

男性のほうがシェフで、彼は金沢の「RESTAURANT BAR GRILL & GRALL」で働いておられたようです。

外観は元々あったのでしょうか?玄関のところに小さな屋根が付いていて、原色でペイントされています。でも、この彩色は何となく違和感が……?^^;
陽だまりcafe (8)

店内はカウンターの設置や厨房まわりはだいぶ改装されていますが、客席のある壁や窓は前のままに少し手を加えた程度です。
陽だまりcafe (19)

行った日も雨上がりで天気が回復に向かうとき。店名のような「陽だまり」になってきました。窓の外には、間近に山が見えて、雨上がりだったため緑と空の青さがきれいでした。
陽だまりcafe (6)

ランチメニューです。ほかランチタイム以外のメニューが色々ありました。
陽だまりcafe (7)

ジャンルとしては洋食ですね。

この日のおすすめは「オムライス」でしたが、何かメリットがあるのかは聞かなかったのでわかりません。

私はこの中からお店の名前が冠されてる「陽だまりプレート(880円)」にしてみました。

我々の前に先客が2組いたのですが、1組はすでに食事中で、もう一組2名のお客さんの次だったのですが、シェフお一人で料理を担当されていて、出されるまで少し時間がかかりました。
陽だまりcafe (17)

「陽だまりプレート」は、内容的にはハンバーグとサーモンソテー+サラダ&ライスと一緒にワンプレートで出されます。別に自家製?ピクルスも添えられていました。食器やトレーはシンプルで余計な飾りはありません。
陽だまりcafe (18)

反対側から見るとロコモコ丼のようなビジュアルです。

ハンバーグとサーモンソテー、奇をてらった感じではなくシンプルに美味しかったです。

妻のほうは限定5食の「ステーキ丼(880円)」です。
陽だまりcafe (15)

まぁ、ステーキというよりローストビーフのような感じですが、たっぷり盛られていてお得でした。
陽だまりcafe (16)

味の方もよかったようです。
陽だまりcafe (20)

ランチにはセットドリンクが付いてきますが、私は紅茶で妻は棒茶を頼みました。

この場所でお店をやるようになった経緯などお聞きしないのでわかりませんが、営業的にはなかなか難しい場所ではないかと思いますが、頑張ってほしいと思いました。ご馳走様でした。

陽だまりcafe
石川県小松市原町参号17
TEL 0761-58-1539
11:00~20:00(ランチタイム11:00~14:00)
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小さいころ、まだ小松にデパートがなかった時代。

金沢の大和にいくとなると、子供心にわくわくしたことを思い出します。

行くと必ず、最上階にあるレストランに行ってお昼を食べるわけですが、色々なメニューがサンプルケースに並んでいて、どんな味がするのだろう?と思いながらお子様ランチを頼んでいました。(笑い)

さて、今日紹介します金沢市直江町の北陸鉄道本社の近く「レストランせりな」。いまでこそ海環にも近い便利な場所ですが、それほど恵まれたところにあるわけではありません。

しかし、昭和49年創業という洋食のお店としては古くから続いているだけあって、冒頭書いたような私的には昔の大和のレストランを思い出させてくれるようなわくわく感がありました。

今回、妻と二人で出かけてきたので書きます。
レストランせりな

お店は少し古いですが立派な店舗です。
レストランせりな (3)

店内に入ると中庭が見え、絵画と緑がたくさん置かれている落ち着いた感じの空間。ゆったりと食事が出来そうです。
レストランせりな (6)

メニューには洋食屋さんらしい品々が並びます。
レストランせりな (4)

全般的には肉系が多いですね。

もちろん、スパゲッティやピラフ、オムライスなど洋食の定番メニューも色々ありました。

私はこちらのお店のウリの一つである「ハンバーグとエビフライ(税込1,386円)」を頼むことにしました。

エビフライは単品です。プラスしてライスと味噌汁・ミニサラダ・漬物の和食セット(税込577円)も頼みます。なお和食セットのほかパンとスープの洋食セットもあります。

ライスやスープ、デザートのアイス、ドリングが付いたコースや定食もありましたよ。
レストランせりな (11)

まず、ミニサラダと漬物が運ばれてきました。

ドレッシングはこちらです。
レストランせりな (10)

お店オリジナルで、醤油名匠が作り上げた洋食屋のドレッシング「醤油名匠motoji作 どれっしんぐ生」というのだそうです。お店ではこのドレッシングに力を入れているようでしたが、確かにお店手づくりの純和風の生醤油ドレッシングで、ご年配の人にも好まれる味でした。
レストランせりな (19)

そして「ハンバーグとエビフライ」が出てきました。マッシュポテトが添えられています。
レストランせりな (20)

コシヒカリのライスと味噌汁というよりわかめスープ。

何となく大和のお子様ランチを思い出しました。
レストランせりな (21)

ハンバーグにかけられているのは、こちらもお店のウリであるデミグラスを使用したソースです。シンプルに美味しいです。

そしてエビフライの揚げ方にさすがのものがりました。薄い衣で油にも気を使っているのがわかります。タルタルソースもいい感じのものでした。

妻が頼んだのは「ヒレカツコース(税込2,200円)」。
レストランせりな (16)

ヒレカツは、妻曰く「とても美味しい」とということでした。
レストランせりな (15)

コースには、「自家製コーンポタージュ」スープと、
レストランせりな (12)

かぼちゃロールパン(もしくはライス)、
レストランせりな (22)

ひとくちバニラアイス、
レストランせりな (23)

そしてドリンクは、コーヒーが付いていました。
レストランせりな (17)

かぼちゃロールパンの中はこんな感じでした。私も一口食べましたが甘めの味で美味しかったです。

お客さんの層としては高めの年代の方が多かったです。我々のお隣には、彼女を始めて両親に紹介するシチュエーションで利用されていました。そのようなハレの日や家族でのたまの贅沢などの活用が適している感じがしました。ご馳走様でした。

レストランせりな
石川県金沢市直江町イ3-1
TEL 076-237-7770
火~土11:00~21:30
日・祝11:00~21:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ