あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:ハンバーグ

久しぶりにプライベートで福井県に行きました。

仕事では行っていたのですが、プライベートでは2年ぶりぐらいです。(^^;

いった頃は、ちょうど小松で新型コロナの陽性者が多くでたときで、お盆明けから8月末まで「緊急行動期間」ということでした。
ラ クラルテ (39)

そのため、ちょっと遠出してみることにして、チョイスしたのが、今日紹介する「薪火の見えるレストラン ラ クラルテ(La clarte)」なのです。「ゴ・エ・ミヨ2019」に掲載されています。ちなみに「ラ クラルテ(La clarte)」はフランス語で光、輝き、光明といった意味です。

女性がオーナーシェフで、元々は料理人ではなく、舞台照明をやっていたという少し変わった経験を持っていて、その後、故郷の丸岡町に戻って料理の勉強を始めて今に至っているのです。

山中温泉から国道364号線を進み福井県に入ると10分ほどで、竹田水車メロディーパークに到着します。
竹田水車メロディーパー (2)

直径8mと5mの北陸最大級の2連の水車が目印です。

近くには竹田の油揚げで有名な「谷口屋」があります。
ラ クラルテ (37)

「ラ クラルテ(La clarte)」は、竹田水車メロディーパークの奥にあって、建物は公共のものなのでしょうか?
ラ クラルテ (12)

ウエディングにも対応しているようで、奥にはピアノなどが置かれている部屋がありました。

そしてレストランとしては大きくて広く贅沢な空間。3密対策にもなります。
ラ クラルテ (13)

さて、「ラ クラルテ(La clarte)」では、予約が入ったときはディナー営業されるようですが、基本はランチ営業のみです。3周年を迎えたようですね。おめでとうございます。

県産の薪木を使用した薪オーブンでの料理を楽しむことができるということで人気です。
ラ クラルテ (15)

薪オーブンで使うのでしょうか?薪がインテリとしてもいい雰囲気を出しています。

素材にもこだわっているようで、石川県能登豚の自家製ソーセージ、秋田県八幡平ポークを使用した生ハム、竹田産コシヒカリ、北陸健康鶏などが使われていました。
ラ クラルテ (9)

メニューですが、基本構成は「PLATEAU(プラトー)」という1,600円(税抜)のセット。内容はケヤキプレートに乗せられて出される「自家製ソーセージマスタード&野菜のソテー添え」「自家製生ハム」「リーフサラダ」「まり椀に入った日替り前菜一品」となっています。これにパンとスープのセットやパスタ、肉料理を組み合わせグレードアップしていくというメニューになっていました。

私は「STEAK HACHE(ステーク アッシェ)」を頼んでいます。数量限定で2,300円(税抜)です。

若狭牛100%ハンバーグステーキがメインですが、そのほかのメニューとは少し構成が違っていました。
ラ クラルテ (14)

最初に出されたのは「ホーリーバジルティー」。抗酸化効果があるとのこと。
ラ クラルテ (17)

そして出されたのは、リーフサラダにキッシュ、グラスに入っているのは冬瓜とオクラのコンポート。これにはキヌアが入っていました。

ドレッシングは季節のフルーツを使ったビネグレットです。
ラ クラルテ (22)

そして野菜スープが出されました。使われているのは珍しい?カリフラワーとナットバターだったかな?私も妻も正確なことは失念してしまいましたが、とても美味しいスープでした。
ラ クラルテ (24)

そしてメインのハンバーグステーキ。焼き野菜が添えられています。
ラ クラルテ (28)

奥のほうに見えるのはパスタでした。
ラ クラルテ (27)

薪オーブンの高温で焼かれ、外は香ばしく、中はジューシーな仕上がり。若狭牛100%のうまみが出まくっていました。
ラ クラルテ (25)

ライスは竹田産コシヒカリを使用。
ラ クラルテ (33)

ドリンクが付いていて、コーヒー・紅茶・オレンジジュース・グレープフルーツジュースの中か選べます。私はアイスコーヒーを頼みました。ストローは紙製。
ラ クラルテ (34)

ご覧のマスク入れも出されたり、色々な領域に対しての気配りが感じられます。
ラ クラルテ (6)

実は店内に入ると、ウェイティングスペースには水が置かれていました。こちらの説明を読むと無料給水アプリ「mymizu」に登録しているようです。

ペットボトルの削減につながるということで、オーナーの方は持続可能な社会作りを目指す「サステナビリティ」に対しても理解があるようです。すばらしいですね。

妻は「VIANDE(ヴィアンド)」という2,500円(税抜)を頼んでいて、こちらは「PLATEAU(プラトー)」に「薪火焼きクロワッサン(フランス産)」「野菜スープ」「本日のお肉 薪火グリル」「ドリンク」が付いてくるセットでした。
ラ クラルテ (41)

こちらが「PLATEAU(プラトー)」です。盛りだくさんですね。リーフサラダの上に乗せられているのは、秋田県八幡平ポークを使用した自家製の生ハムです。濃厚な味です。
ラ クラルテ (21)

「野菜スープ」は私のはフルサイズでしたが、こちらにはカップサイズです。
ラ クラルテ (20)

私は自家製ソーセージを半分食べました。プリンとした食感で濃厚な味でしたね。
ラ クラルテ (23)

「薪火焼きクロワッサン」も炭火で香ばしく焼かれているのでさらにおいしいです。桜の木の皿に乗せられています。

メインの「本日のお肉 薪火グリル」は「北陸健康鶏のグリル」。
ラ クラルテ (44)

こちらも薪オーブンでじっくりグリルされていて、ジューシーな仕上がりだったようです。
ラ クラルテ (32)

ドリンクはホットコーヒーを頼んでいます。

福井の市街地からもそこそこ距離がある里山の小さな町で、自然に囲まれて美味しい料理を堪能できる素敵なお店でした。自信を持ってお勧めできます。ご馳走様でした。

ラ クラルテ(La clarte)
福井県坂井市丸岡町山口64-31
TEL 0776-43-0027
ランチ11:30~14:00(L.0)
カフェ14:30~16:00
ディナー予約制
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

個人的には肉が苦手なので、お肉メインのお店にはあまり行きません。

焼肉や焼き鳥、ホルモン、もつ鍋などのお店です。

しかし、ちょっと変かもしれませんが、肉ミンチのハンバーグやソーセージなどは食べることができるので、たまには妻にお肉を食べてもらいたいと考えてお肉のお店に同伴することがあります。

今回紹介します「石焼ステーキ贅 ゼイ 白山店」も、事前にハンバーグがメニューにあることを確認してから行くことにしました。
贅

白山市のラスパ白山敷地内にあって独立した店舗。新潟県に本社がある株式会社サルーンという会社がやっています。

新潟を中心に東北・北陸に店舗を展開していますが、石川県には金沢と白山市に2店舗ありますが、もしかしたらFC店かもしれません。

11時半にお店に到着するとすでに満席のようで、店頭にあった予約システムに名前と携帯電話の番号を入力して待ちます。

順番が来るとスマホに電話がかかってくる仕組みで、店内で密な状態で待つことを避けるような仕組みなのです。コロナ禍のなかで取り入れたのかもしれません。
贅 (8)

順番が来て店内に入ると、一部テーブル席はコロナ禍のなか間引きされていました。
贅 (6)

こちらがメニューです。立派なメニューでした。
贅 (3)

ランチは種類が豊富で、そして値段が良心的な設定なのがうれしいです。

私はこれらの中から「贅ハンバーグランチ(税抜800円)」を頼むことにしました。
贅 (13)

出されたハンバーグは熱々の鉄板の上に乗せられています。ハンバーグは170gで私には十分なボリューム。ハンバーグの上にはレモンとバターが、下には玉ねぎ、脇にはもやしが添えられています。

ソースは甘口のバーベキューソースでした。
贅 (16)

鉄板が熱いのでソースをかけると湯気が立ちのぼります。
贅 (17)

ハンバーグを切るとこんな感じです。
贅 (15)

ご飯は白ご飯か梅ご飯を選ぶことができ、私は普通のお店ではあまりメニューにはない梅ご飯にしています。ほのかな梅の香りの風味付けされたご飯とカリカリ梅でこれだけでもご飯が進みました。

妻は「ヒレステーキランチ(税抜1,390円)」を頼んでいました。
贅 (12)

こちらは石焼です。熱々に熱せられた石の上の乗せられたヒレステーキをソースにつけて食べます。

ソースは3種類からチョイスできて、妻はお店の一番人気の「オニオンソース」。ガーリックオイルも無料サービスでした。

あと、こちらの「くせになる海苔サラダ(税抜650円)」も頼んでいます。
贅 (9)

韓国海苔とチョレギサラダのようなドレッシング、少し塩気が多かったかもしれませんが、肉料理を食べる前に食物繊維をお腹に入れる事前準備が大切ですね!

行ってみると、お店はきれいでシステマティックな運営、豊富なメニューにリーズナブルな価格、なかなかよかったです。11:30に満席になる理由がわかりました。ご馳走様でした。

石焼ステーキ贅 ゼイ 白山店
石川県白山市倉光6
 ラスパ白山敷地内
TEL 076-259-1129
平日11:00~15:00,17:00~22:00(L.O.21:30)
土日祝11:00~22:00(L.O.21:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

日本一の高さを誇る大阪のあべのハルカス。オープンしてから早6年半が経過しようとしています。

ご存じ近鉄グループのビルで、近鉄百貨店や大阪マリオット都ホテル、近鉄の大阪阿部野橋駅などが入っています。

その近鉄百貨店には全国の多くの百貨店がそうなのだと思いますが、12~14階に「あべのハルカスダイニング」というレストラン街があって、今日はその「あべのハルカスダイニング」にあるハンバーグ専門店「昭和町BOSTON あべのハルカスダイニング店」を紹介したいと思います。
ボストン (2)

こちらのお店は12階にあって、こちらが外観です。
ボストン

サンプルケースがありました。ハンバーグ専門店なので当然メニューはハンバーグばかりで種類が豊富!
ボストン (3)

そのサンプルケースの上にはお店の歴史が書かれたパネルがあって、そちらを見ると同じ阿倍野区の昭和町発祥で元々は音楽喫茶をやられていたようです。
ボストン (11)

店内に入ると、カジュアルな内装ながら落ち着いた雰囲気で、この日は4割程度の入りでした。
ボストン (5)

メニューです。
ボストン (4)

こちらはランチタイムメニュー。ランチにはライスは小と中が無料でした。

私は「ホットサルサハンバーグ」を頼みました。200gで税抜1,330円と少々お高め。場所的なものもあるでしょう?

「ホットサルサ」と書かれていたので、お店の人に「サルサソースは辛いですか?」と聞いたらそれほどそれほど辛くないといわれたので頼みました。
ボストン (7)

出されたのがこちらです。熱々の鉄皿に乗せられていて、シュージューと音を立てています。
ボストン (8)

100%ビーフハンバーグで、そのの下にはもやし、右には小ぶりなジャガバタ1個丸ごと添えられていました。
ボストン (10)

こちらはソースをかけて半分に割ってみたところ。熱々なので火傷に注意!

確かに具沢山のサルサソースはあまり辛くなかったです。
ボストン (9)

一緒に行った人が頼んだのは「てりたまハンバーグ(200gで税抜1,530円)」。照焼ソースに温泉玉子がトッピング。女性に人気なようです。

場所柄ちょっと価格が高かったですが、美味しいハンバーグを食べることが出来るのでうれしいお店ですね。ご馳走様でした。

そういえばこちらのお店の前にあったカレーのお店「ピッコロ」が閉店になっていました。新型コロナの影響でしょうか?残念です。

昭和町BOSTON あべのハルカスダイニング店
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
 あべのハルカス12F
TEL 06-6654-6745
月~金
11:00~15:00(L.O)
17:00~22:00(L.O)
土・日・祝
11:00~22:00(L.O)
不定休(あべのハルカスに準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

久しぶりのカフェめしシリーズです。

今日はアル・プラザ小松の2階にある「カフェテラス・ミツバ」という喫茶店です。
カフェテラス・ミツバ (13)

アル・プラザ小松のオープン時点からある喫茶店だと思いますが、私も子供が小さいときに1~2度行った記憶があります。

お邪魔するのは、たぶん20年ぶりくらいかもしれません。

今月のとある平日のお昼。休憩時間にランチを食べに出かけました。
カフェテラス・ミツバ

店内です。それなりの人数が入れます。

私が行った時はお客さまが10名弱いらっしゃいました。どちらかといえば年齢層が高いようです。

お店はご夫婦?お二人で切り盛りされているようで、旦那さんが厨房、奥さまが接客という役割ですが、驚いたことは料理が出されるスピードと、接客の奥さまのスピーディな動きでした。

私が入った時、3組6名のお客さんが同時に入店したのですが、水を出しオーダーを受けすぐに大きな声で厨房の旦那さんに伝えます。

そして私の頼んだ定食が5分ほどで出されたのです。びっくりしました。

他のお客さんのものも、そんなに時間がかからずに出ているようだったので、ご夫婦共仕事が早いのでしょう?素晴らしいです。

話が前後しますが、メニューの種類が非常に多いです。一部のみ写真を掲載します。
カフェテラス・ミツバ (7)

こちらは定食系。
カフェテラス・ミツバ (2)

パスタ。
カフェテラス・ミツバ (12)

そして平日のランチ。

この中から私が頼んだのはCランチ(税別830円)。
カフェテラス・ミツバ (9)

お昼時で混んでいたので、これは一品ものを頼むと時間がかかりそうだと思ったため、定食の中から選ぶことにしました。何せ、休憩時間の間に食べ終わって戻らないといけないので。^^;

先ほども書きましたが、お店の方のスピーディな対応とともに、この作戦が功を奏して余裕で食べ終えて戻ることが出来ました。
カフェテラス・ミツバ (10)

Cランチはハンバーグと海老フライです。サラダが付いていました。
カフェテラス・ミツバ (11)

お味噌汁です。

ご飯の量が多かったです。お腹も一杯になりました。

アル・プラザ小松にはもう一軒、おなじ2階に喫茶店が入っています。昔はフードコートや飲食店など色々あったのですが、今では数えるほどになって寂しい限りですが、末永く頑張っていただきたいですね。ご馳走様でした。

カフェテラス・ミツバ
石川県小松市園町ハ23-1
 アル・プラザ小松内
TEL 0761-24-3090
10:00~20:00
休みはアル・プラザ小松に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログでは過去に大阪のフードホールやフードコートについていくつか紹介してきました。
ブー・ジュニア (15)

今日は天王寺駅にある「ミオえきッチン&LOOP」と「エキうえスタンド」についての紹介です。

2019年3月にリニューアルした「ミオえきッチン&LOOP」と新しく出来たゾーン「エキうえスタンド」は、天王寺駅の中2階にあるエリアをぐるりと周回できるような場所に色々なお店が軒を並べています。
ブー・ジュニア

「ミオえきッチン&LOOP」では、カウンター越しに天王寺駅を下に見ながら飲食できるスペースがあります。
ブー・ジュニア (2)

「エキうえスタンド」はどちらかというと夕方からアルコールを飲みながら一杯といったお店が多くあってランチタイムは人がいませんでした。

今回はランチで利用したので、「ミオえきッチン&LOOP」の中にある「ブラッスリー・ブー・ジュニア」にお邪魔しました。

自然派ワインを飲みながら楽しめるという、こちらもディナー向きのお店かもしれませんが、お酒の専門店と、魚や肉の卸、産直青果店などをグループに持つ会社が共同運営するお店ということで、ディナーだけではなくランチタイムにも美味しい料理を楽しめるお店となっています。

ただこちらのお店は昨年のリニューアルされる前からあったところですね。
ブー・ジュニア (12)

外観はカジュアルな感じ。
ブー・ジュニア (5)

中もそんな感じで、気軽に入れるような雰囲気でした。
ブー・ジュニア (7)

こちらのお店からも天王寺駅を見下ろすことが出来ます。
ブー・ジュニア (3)

ランチメニューです。
ブー・ジュニア (4)

こちらもです。

私はこの中から「じっくり煮込んだデミグラスソースのハンバーグ(税込1,000円)」をチョイス。
ブー・ジュニア (8)

それほど忙しくなかったので意外と早く出てきました。サラダはグリーンとポテトが付いています。
ブー・ジュニア (10)

デミグラスソースがたっぷりかけられていて、半分に切るとこんな感じです。

肉汁がしたたり落ちるという感じではありませんが、精肉卸会社が共同経営に名を連ねているだけあって、しっかりとした感じの食感が残る仕上げで美味しかったです。
ブー・ジュニア (9)

ご飯は雑穀米でした。よく噛んで食べました。

天王寺駅の真上という便利な場所で、税込千円という値段で美味しいハンバーグをはじめ、色々食べることが出来るのはうれしいですね。ご馳走様でした。

※この内容は3月末に行った時のものです。現在、営業時間や営業形態が変わっているかもしれませんので、ご確認の上、ご参考に願います。

ブラッスリー・ブー・ジュニア
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-48
 天王寺ミオプラザ館M2F
TEL 050-5890-9673(予約専用)
TEL 06-6773-1159
11:00~23:00(L.O.22:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ