あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:ハンバーグ

久しぶりのカフェめしシリーズです。

今日はアル・プラザ小松の2階にある「カフェテラス・ミツバ」という喫茶店です。
カフェテラス・ミツバ (13)

アル・プラザ小松のオープン時点からある喫茶店だと思いますが、私も子供が小さいときに1~2度行った記憶があります。

お邪魔するのは、たぶん20年ぶりくらいかもしれません。

今月のとある平日のお昼。休憩時間にランチを食べに出かけました。
カフェテラス・ミツバ

店内です。それなりの人数が入れます。

私が行った時はお客さまが10名弱いらっしゃいました。どちらかといえば年齢層が高いようです。

お店はご夫婦?お二人で切り盛りされているようで、旦那さんが厨房、奥さまが接客という役割ですが、驚いたことは料理が出されるスピードと、接客の奥さまのスピーディな動きでした。

私が入った時、3組6名のお客さんが同時に入店したのですが、水を出しオーダーを受けすぐに大きな声で厨房の旦那さんに伝えます。

そして私の頼んだ定食が5分ほどで出されたのです。びっくりしました。

他のお客さんのものも、そんなに時間がかからずに出ているようだったので、ご夫婦共仕事が早いのでしょう?素晴らしいです。

話が前後しますが、メニューの種類が非常に多いです。一部のみ写真を掲載します。
カフェテラス・ミツバ (7)

こちらは定食系。
カフェテラス・ミツバ (2)

パスタ。
カフェテラス・ミツバ (12)

そして平日のランチ。

この中から私が頼んだのはCランチ(税別830円)。
カフェテラス・ミツバ (9)

お昼時で混んでいたので、これは一品ものを頼むと時間がかかりそうだと思ったため、定食の中から選ぶことにしました。何せ、休憩時間の間に食べ終わって戻らないといけないので。^^;

先ほども書きましたが、お店の方のスピーディな対応とともに、この作戦が功を奏して余裕で食べ終えて戻ることが出来ました。
カフェテラス・ミツバ (10)

Cランチはハンバーグと海老フライです。サラダが付いていました。
カフェテラス・ミツバ (11)

お味噌汁です。

ご飯の量が多かったです。お腹も一杯になりました。

アル・プラザ小松にはもう一軒、おなじ2階に喫茶店が入っています。昔はフードコートや飲食店など色々あったのですが、今では数えるほどになって寂しい限りですが、末永く頑張っていただきたいですね。ご馳走様でした。

カフェテラス・ミツバ
石川県小松市園町ハ23-1
 アル・プラザ小松内
TEL 0761-24-3090
10:00~20:00
休みはアル・プラザ小松に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログでは過去に大阪のフードホールやフードコートについていくつか紹介してきました。
ブー・ジュニア (15)

今日は天王寺駅にある「ミオえきッチン&LOOP」と「エキうえスタンド」についての紹介です。

2019年3月にリニューアルした「ミオえきッチン&LOOP」と新しく出来たゾーン「エキうえスタンド」は、天王寺駅の中2階にあるエリアをぐるりと周回できるような場所に色々なお店が軒を並べています。
ブー・ジュニア

「ミオえきッチン&LOOP」では、カウンター越しに天王寺駅を下に見ながら飲食できるスペースがあります。
ブー・ジュニア (2)

「エキうえスタンド」はどちらかというと夕方からアルコールを飲みながら一杯といったお店が多くあってランチタイムは人がいませんでした。

今回はランチで利用したので、「ミオえきッチン&LOOP」の中にある「ブラッスリー・ブー・ジュニア」にお邪魔しました。

自然派ワインを飲みながら楽しめるという、こちらもディナー向きのお店かもしれませんが、お酒の専門店と、魚や肉の卸、産直青果店などをグループに持つ会社が共同運営するお店ということで、ディナーだけではなくランチタイムにも美味しい料理を楽しめるお店となっています。

ただこちらのお店は昨年のリニューアルされる前からあったところですね。
ブー・ジュニア (12)

外観はカジュアルな感じ。
ブー・ジュニア (5)

中もそんな感じで、気軽に入れるような雰囲気でした。
ブー・ジュニア (7)

こちらのお店からも天王寺駅を見下ろすことが出来ます。
ブー・ジュニア (3)

ランチメニューです。
ブー・ジュニア (4)

こちらもです。

私はこの中から「じっくり煮込んだデミグラスソースのハンバーグ(税込1,000円)」をチョイス。
ブー・ジュニア (8)

それほど忙しくなかったので意外と早く出てきました。サラダはグリーンとポテトが付いています。
ブー・ジュニア (10)

デミグラスソースがたっぷりかけられていて、半分に切るとこんな感じです。

肉汁がしたたり落ちるという感じではありませんが、精肉卸会社が共同経営に名を連ねているだけあって、しっかりとした感じの食感が残る仕上げで美味しかったです。
ブー・ジュニア (9)

ご飯は雑穀米でした。よく噛んで食べました。

天王寺駅の真上という便利な場所で、税込千円という値段で美味しいハンバーグをはじめ、色々食べることが出来るのはうれしいですね。ご馳走様でした。

※この内容は3月末に行った時のものです。現在、営業時間や営業形態が変わっているかもしれませんので、ご確認の上、ご参考に願います。

ブラッスリー・ブー・ジュニア
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-48
 天王寺ミオプラザ館M2F
TEL 050-5890-9673(予約専用)
TEL 06-6773-1159
11:00~23:00(L.O.22:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログで初めて津幡町のお店を紹介します。

その記念すべき?第1号は「ミエル」という洋食のお店。ちなみに「ミエル(miel)」とは、フランス語で「はちみつ」の意味です。
ミエル

こちらのお店は「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」で紹介されています。

津幡町は、遠い昔、大学の同級生の家が津幡町に別宅を持っていて、時々休みなどにお邪魔していました。その頃が懐かしいです。

しかし、大学を卒業してからは、津幡町は通過することがあっても目的地としてはご縁がありませんでした。

今回、ブログネタの新規開拓ということで、妻と一緒にランチを食べに「ミエル」にお邪魔することに。
ミエル (20)

遠いので行って空いていなかったらショックなので、念のため予約の電話を当日でしたが入れると何とかok。我々が食べ終わってお店を出るころには、5~6名の方が順番待ちをしていたので空いていてよかったです。

お店には色々な有名人のかたのサインが相当数飾られていました。
ミエル (18)

中でも目を引いたのは、星稜高校のピッチャーで、昨夏、甲子園を沸かせ、秋のドラフトでヤクルトから1位指名を受け入団した奥川投手のサインです。

石川県出身でドラフト1位といえば、同じく星稜高校出身の松井秀喜さんが有名です。県民期待の星ですね。
ミエル (2)

こちらがランチメニューです。オムライスとパスタ、ハンバーグ。

特にオムライスがウリで、ミシュランガイドで紹介されていたのは「ビーフシチューオムライス」でした。
ミエル (7)

こちらのコース料理は1週間前までの予約が必要です。
ミエル (3)

こちらはディナーメニューです。
ミエル (9)

そしてお店のこだわりが書かれたものも置かれていました。

私は最初オムライスが食べたいな!と思っていたのですが、お店の方に確認すると鶏肉を使っているとのことで断念。

そこで「こんがりハンバーグステーキ」を頼むことにしました。ソースの味によって値段が違います。

私は珍しいので「自家製のにんにく味噌ダレ」をチョイス。税別で1,100円です。

自家製のにんにく味噌ダレは、ニンニクに赤味噌などを加えて作ったオリジナルの味噌ダレ。ニンニクの匂いは気になりませんでした。

なお料理は単品なので、主食が必要であれば、ライスかパンを追加で頼む必要があります。

私は、メニューの下の方に書かれていた「ミエルお得セット」を頼みました。

こちらだと税別355円の追加で、ライスかパン、本日のスープ、プティサラダ、
ミエル (4)

そして、こちらに書かれている「ひといきバイキング」というセルフサービスのデザートとドリンク飲み食べ放題が付いています。お得です。

まず、本日のスープ、プティサラダが運ばれてきました。
ミエル (8)

スープはコーンポタージュです。
ミエル (14)

ハンバーグは熱々の鉄板に乗せられて出されます。ただあまりに熱々だったからか、運ばれてきた時点で下に敷かれていた玉ねぎが焦げてしまっていました。
ミエル (14)

ハンバーグ自体は柔らかめ。味噌ダレとの相性は良かったですが、味自体は当然ですが濃いめです。お肉の味を楽しみたいのならば、デミグラスの方がいいかもしれません。
ミエル (15)

ちなみにデミグラスソースは、牛筋・牛ばら肉、そして香味野菜を3日間煮込んで作られています。ライスに合います。

付け合せとして、柔らかく下ごしらえされたポテトが2個添えられていました。

妻のほうは、ミシュランガイドで紹介されていた「ビーフシチューオムライス」。やはり人気のようです。
ミエル (13)

とろとろの玉子とデミグラスソースの中は、きのこと梅のピラフ。珍しいですね。。

私も2~3口食べましたが、濃いめのデミグラスとさっぱり系のほんのり酸味がするピラフという組み合わせで美味しいです。さすが人気メニューだけあります。しかし、どうも鶏肉は使われていないようです。^^;
ミエル (11)

こちらが、「ひといきバイキング」のセルフサービスのデザートとドリンク飲み食べ放題コーナー。
ミエル (17)

ケーキは4種類で、その内3種類を取ってきました。

ドリンクはコーヒーです。

全体にはコスパ的に素晴らしいということはありませんが、味の面ではよかったです。お客さんもどんどん入ってきているようでしたし、このあたりでは有名な洋食屋さんですね。ご馳走様でした。

ミエル
石川県河北郡津幡町北中条2-15
TEL 076-289-7255
11:00~21:00(L.O.)
火曜・第2水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介します能美市大長野町の「あじの牧場丸太小舎」。
あじの牧場丸太小舎 (10)

普段あまり通らない道なので、こんな場所にこんなお店があるとはつい最近まで知りませんでした。

別なお店を探していてネットでマップを見ていたら気が付いたお店で、急きょ、その日のお昼に行ってみることに。

「あじの牧場丸太小舎」という店名はちょっと変わっています。名前だけでは何のお店かわかりませんね。
あじの牧場丸太小舎

最初、丸太を組んだログハウスのようなお店かと思ったら、まぁ、喫茶店というか和風の建物。
あじの牧場丸太小舎 (4)

中に入ると、居酒屋風の作りでした。写真はカウンター席です。

行った日は日曜日。11:40頃お店の到着すると先客はいません。テーブル席や座敷もあるようです。意外と広いお店です。
あじの牧場丸太小舎 (3)

こちらがメニューです。年季が入っています。
あじの牧場丸太小舎 (2)

こちらも。

特にランチメニューっていう設定はなく、夜でもこれらの定食類を頼むことが出来るようですね。

基本は肉料理のお店のようで、ステーキなどウリとしています。

私は肉が苦手ですがハンバーグは食べることが出来る変わったやつなので、「ハンバーグ定食(税別1,200円)」を頼むことにしました。

10分くらい待ったでしょうか?まずこちらのセットが出されます。
あじの牧場丸太小舎 (5)

ライスに味噌汁、サラダ、冷奴、漬物です。

そしてすぐに熱々の鉄板皿に乗せられてハンバーグが運ばれていました。
あじの牧場丸太小舎 (6)

意外にボリュームがあります。ソースもたっぷりかれられていますね!^^; 濃厚なのでご飯が進みます。
あじの牧場丸太小舎 (7)

切るとこんな感じ。
あじの牧場丸太小舎 (9)

脇には野菜がたくさん添えられていました。ただ鉄板皿が熱々なので最後の方に食べると、さらに接している面が焦げていましたね。

全部食べるとさすがに満腹になりました!

このあたりだと、なかなか飛び込み客というのは期待できなかもしれませんが、たぶん地元のお客様が常連さんになっているのでしょう?ご馳走様でした。

あじの牧場丸太小舎
石川県能美市大長野町ル-24
TEL 0761-58-5950
11:30~14:00
17:00~23:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介します「いきなりステーキ」は多くの皆さんがご存じのお店です。

年末年始にかけて 現在約500店舗あるお店のうち44店舗を閉店するということがニュースなどで話題になりました。

「いきなりステーキ」はペッパーフードサービスというところが運営していますが、イオンモール新小松店がオープンしたときには、一時間待ちはザラという状態がしばらく続いたほど人気の店でした。

「いきなりステーキ」自体、ここ数年で急拡大していて、その反動が出たのか、同じ店舗が近距離で立地したりした影響で自社の店舗間で顧客を奪い合うケースが増えたり、立ち食いが地方や郊外店で人気が無かったり、300gからといった注文のボリュームの問題でファミリー層を取り込めなかったり、あと値上げなど、色々な要素によってだんだんと客離れが進んでいったようです。

この苦戦のニュースが伝えられてから、もしかしたら新小松店も閉店になるかも?という強迫観念?から一度も行ったことがない「いきなりステーキ」に行ってみることにしました。

私はご存じの通り肉が苦手なので肉の専門店には行くことはめったにありません。なので今回が初訪問です。

ちょうど息子が年末年始に帰省していたので誘って3人で食べに行きました。息子は何回か行ったことがあるようです。
いきなりステーキ

大晦日の11時ごろ。イオンモール新小松は思っていたよりは混雑していませんでした。

「いきなりステーキ」の店舗もオープンすぐだったので、お客さんは一組だけ。

カウンターでオーダーをして料金を支払って席に着きます。昔は立ち席で超満タン状態で食べていたようですが、いまはテーブルの間隔もゆったりしています。

私は食べることが出来る唯一のメニューである「ワイルドハンバーグ(税抜1,100円)」を頼みました。

最初にセット料金に含まれているサラダとスープが出されます。
いきなりステーキ (2)

スープはビーフコンソメ味。
いきなりステーキ (4)

サラダのドレッシングの種類が3種類あって良かったです。
いきなりステーキ (8)

そして出されたハンバーグがこちら。量は300gなのでボリューム満点です。
いきなりステーキ (10)

「いきなりステーキ」秘伝だというオニオンソースをかけると、パッと湯気が立ちのぼります。このソースがハンバーグの油っこさを和らげてくれます。

切るとこんな感じ。
いきなりステーキ (11)

しかし300gのボリュームはさすがにお腹に来ました。特に味がそこそこ濃くて油分も多いため、お腹がふくれるのがわかっていてもライスがないと逆に食べ切れませんでした。
いきなりステーキ (6)

妻はヒレステーキで200g。税別で2,000円。
いきなりステーキ (7)

切るとこんな感じで赤身がいい感じで現れます。焼き加減はレアです。

息子はUS産アンガス牛サーロインステーキで300g。セットなしの単品で頼んで税別2,460円です。焼き加減はレアです。
いきなりステーキ (5)

こちらのほうも300gとボリューム満点です。
いきなりステーキ (9)

ライスは私と妻のを少しずつ分けています。

いや~、さすがに満腹満腹!

さて、「いきなりステーキ」も経営戦略を練り直して立て直す時期に来ているのだろうと思いますが、昨今の肉ブームに乗って乗り切ってほしいものです。ご馳走様でした。

いきなりステーキイオンモール新小松店
石川県小松市清六町315番地
TEL 0761-48-5229
10:00~22:00(L.O.21:30)
ランチタイム10:00~17:00 
無休
※イオンモール新小松の休日に合わせて変更あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ