あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:ハイボール

旅行や出張で東京や大阪などに行くと、ランチ時に長い行列が出来ているのをよく見ます。

都会の方は長い順番待ちでも苦にならない人が多いのか、私としてはアンビリーバボーです。

私の場合は県外のお店はディナー行くときは基本、必ず予約を入れます。
さくら庵 (2)

今日紹介します新横浜駅にほど近いところにある「割烹 さくら庵」。今回予約してあったのですが、何と!予約が入っていませんでした。^^;

「聞いていない」と言われたので携帯電話の発信履歴を見せましたが、予約はお客にとって大事なことなので、割烹を名乗るからにはしっかりしてほしいと思いました。

この日は、予約客で一杯ということではなかったので、カウンター席に一緒に行った人と座ることが出来たました。

さて、こちらは割烹というより居酒屋と思ったほうがいいでしょう?
さくら庵 (15)

カウンターの目の前がすべて焼酎など酒瓶の置き場になっています。^^;

コースもあるようですが、ほとんどの人はアラカルトで頼んでいる感じでした。
さくら庵 (3)

お品書きです。
さくら庵 (4)

まずは生ビールで乾杯。
さくら庵 (5)

お通しは湯葉豆腐です。
さくら庵 (6)

では、頼んだものを紹介します。
さくら庵 (11)

最初はサラダからが定番で「アスパラサラダ(750円)」。アスパラが少し茹で過ぎの感も。マヨネーズも別皿で欲しかったです。
さくら庵 (9)

こちらは「ピリ辛こんにゃく(450円)」で、その名の通りピリ辛でした。濃い味で酒が進みます。
さくら庵 (7)

「ニラ玉(550円)」も頼んでいます。つゆダクでした。
さくら庵 (10)

「ししゃも(480円)」はスリムなししゃも。
さくら庵 (14)

「厚揚げネギミソ焼(550円)」は、こちらも酒が進むおつまみ。
さくら庵 (13)

最後に「金目鯛かぶと煮付け(980円)」も頼んでいます。金目鯛は東伊豆町稲取の金目鯛が有名ですが、神奈川から静岡にかけてよい魚場があります。
さくら庵 (8)

お酒のほうは生ビールのあと、ハイボールと、
さくら庵 (12)

カウンターの上にボトルが並べられていた屋久島の芋焼酎の「三岳」をロックで2杯ほど飲みました。

以上飲み食いを二人でして締めて1万円強。大体予想通りの値段でした。ご馳走様でした。

割烹 さくら庵
神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目6-15
 新横浜ビネスビル3F
TEL 045-476-5758
休みは未確認


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪駅の駅ビル「ルクア」の地下2階には多くの飲食店が入っているバルチカというところがあります。


魚屋スタンドふじ子 (2)

ここは、「水産会社直営」ということが決め手で「旬海鮮が安いだけの店」というキャッチフレーズ!大阪っぽいですね。市場での大量仕入れによって安く飲み食いが出来るお店として、昨年12月オープン以来とても人気で行列が絶えないお店としても知られています。

「魚屋スタンドふじ子」という女性の名前が店名に入っていますが、女性にもたくさん来て欲しいということから付けられているようで、確かにこの日も夕方の早い時間から女性のお客さんがたくさん飲んでいました。

この日は夜、妻が不在のため、私は小松に戻る前に腹ごしらえをしてから戻ることにしました。

16時過ぎで入口には順番待ちの列が出来ています。10分ほど待って店内に案内されます。店員の元気のいい声が響いています。
魚屋スタンドふじ子 (5)

メニューはこんな感じ。
魚屋スタンドふじ子 (10)

まず珍しく、最初の一杯から生ビールのハーフ&ハーフを頼んでみました。つきだし(税抜350円)はアオヤギのぬた。
魚屋スタンドふじ子 (12)

すぐに出してもらえるつまみとして「子持ち昆布(税抜380円)」を頼みます。子持ち昆布、久しぶりに食べました。
魚屋スタンドふじ子 (15)

そしてこちらは、夕方からオーダー可能の人気の品「魚盛り(税抜995円)」です。

大体5品ぐらいの刺身が、その時の料理人の気分で採算度外視?で盛られるそうですが、この日は、松前漬け・小女子(イカナゴ)、そして5種類の刺身の盛り合わせでした。

金目鯛も入っています。これで995円は確かにお得かもしれません。ただ刺身について、は水産会社直営のお店ですが、北陸育ちの私にとっては鮮度面では物足りなかったかもしれません。
魚屋スタンドふじ子 (18)

冷たいものばかりだと何なので、暖かいものとして頼んだのが「メンチカツ(税抜380円)」です。値段が安かったのですが、こちらはそれほど身がしっかりというわけにはいきませんでした。

はやり「旬海鮮が安いだけの店」ということで、肉系は頼まないほうが良かったかもしれません。^^;
魚屋スタンドふじ子 (7)

アルコールメニューは、地酒がウリのようです。こちらがメニューですが、
魚屋スタンドふじ子 (13)

普段あまり飲まない銘柄の日本酒「羽根屋(税抜380円)」と「宝剣(税抜380円)」を頼みます。純米酒限定メニューで希少価値がある銘柄も半合で380円とは良心的ですね。
魚屋スタンドふじ子 (19)

あと角ハイボール(税抜380円)も一杯締めで頼みます。

以上飲み食いして締めて4千円弱。美味しいおつまみが揃っているので、呑ん兵はついつい飲み過ぎてしまうこと請け合いです。注意が必要ですね。ご馳走様でした。

魚屋スタンドふじ子
大阪府大阪市北区梅田3-1-3
 ルクアB2F
TEL 050-5595-0355
11:00~24:00
(L.O. Food22:30 Drink23:15)
休みはルクアに準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介します「鉄板酒房まいどおおきに」。この1月に4周年を迎えられたようです。

お隣にあったうどん屋さんの「中久亭」は、いつの間にか閉店され、いまは駐車場になっていたりします。後継者がいないという理由ですが、飲食店も栄枯盛衰ですね。
まいどおおきに

お店の場所は、元々は金沢の人気の鮨店「志の助」さんが営業されていたことろで、その後も一軒鮨屋さんが入っていましたが、残念ながら2~3年ほどでやめられています。
まいどおおきに (14)

その後を、ほぼ居抜きで、一部鉄板焼仕様に変えて使われていますが、内装は「志の助」のときの雰囲気がだいぶ残っていて懐かしい感じがしました。

「鉄板酒房まいどおおきに」のご主人は、惜しまれつつ数年前に閉店された小松の「炉ばた焼 弥衛門」で働いておられた方でした。

あと、「京ちゃばな」という関西を中心に全国にもお店を持つ、お好み焼き鉄板焼のお店でも働いていて、「鉄板酒房まいどおおきに」はこの時のスキルが役に立っているようです。

「京ちゃばな」については、私も大阪に住んでいるときに一度行ったことがあります

ご実家で作られている野菜などを使って作られる鉄板焼ですが、そういえば意外と小松はお好み焼きのお店は色々ありますが鉄板焼のジャンルでは、そんなにお店がないような気がしました。

とはいいつつ、メニューではお好み焼きや焼きそばメニューが多かったです。お値段はリーズナブルでした。
まいどおおきに (2)

まずは、生ビールで乾杯。私は小、妻は中です。
まいどおおきに (3)

スパゲッティサラダ。お通しです。

まず頼んだのはスピードメニューの中にあった、こちらの「本日の魚とキムチのユッケ風(650円)」。
まいどおおきに (6)

確かにすぐに出されました。ピリ辛で生ビールに合います。

そしてお店の人気メニューの一つ「山海焼き」を頼みます。
まいどおおきに (8)

海の海老とイカ、山のえのき茸とベーコンを、長芋と出汁で合わせて鉄板で焼いたものですね。

とろろにたまごを崩して混ぜて食べると、山海の滋味を美味しくいただくことが出来ました。
まいどおおきに (7)

次に頼んだ神泉の生酒にも合います。
まいどおおきに (10)

妻のリクエストで「ひと口ステーキ(1,000円)」。私も普段は肉は食べないのですが、少し食べてみました。ガーリックがきいています。
まいどおおきに (11)

最後の〆に頼んだのは「黒(和ソバ)」。蕎麦を使った焼きそば(600円)です。具はキャベツと豚肉。麺は袋入りの茹で麺でした。
まいどおおきに (12)

これはご主人が関西で働いていた「京ちゃばな」にあったメニューですね。下の写真はその時のものです。
京ちゃばな 011

アルコールはハイボールに変更しています。
まいどおおきに (9)

今回は、イベントで少し飲み食いしてきた後だったので、お腹もふくれてきて、この辺で打ち止め。

以上、飲み食いして締めて6,500円ほど。コスパはいいですね。そうそう!多分この記事がアップされているころに月・火・水限定のランチ営業を再開されるようです。ご馳走様でした。

鉄板酒房まいどおおきに
石川県小松市栄町13ー1
TEL 0761-58-0768
17:30~25:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近、JRのサンダーバードが運休になったり遅れたりすることが多くなって、私もだいぶ被害を被っている一人です。

まぁ、安全運転第一なのでやむを得ないところはあるのですが、今年の冬の大雪での運休や、風が吹けば湖西線がすぐに通れなくなり米原まわりになることなど何度もありました。

今回の出張でも行きは風で米原まわりで1時間遅れ。帰りは架線にビニールが引っ掛かったか何かで遅れが生じていました。

そこで、新幹線からの乗り継ぎで、それなりに待ち時間があったのと遅れのため、新大阪で飲み食いして帰ることにしました。

新大阪駅の改札内には、エキマルシェという飲食店やお土産屋さんが並ぶ商業施設があります。

ちょっとした時間などのときに、食事をしたり買い物を済ませたりすることが出来、重宝することが多いと思います。

そのエキマルシェ新大阪の中で30分ほどで飲食を済ませられるところとして選んだのは、「ジムビームバー」というお店。
ジムビームバー

ここは、サントリーのグループ会社バーボンウイスキー「ジムビーム」をメインにしたバーで、直営(子会社?)のアンテナショップ的なお店です。

ジムビームといえば、モデルでタレントのローラさんのCMでお馴染み。バーボン販売数量世界一位のブランドです。

その「ジムビーム」ブランドを持つ米ビーム社を、サントリーが2014年に買収を完了していて、日本におけるブランドPRと拡販を目的にこちたのお店をオープンしています。

ただし全国でも「ジムビームバー」という名前のお店はここだけ。他の地域では「ビームハイ酒場」というお店を展開しているようですが、さすが本社のある大阪のお店だけあり差別化?しています。
ジムビームバー (4)

さて、「ジムビームバー」はエキマルシェ新大阪でも一番奥のように位置していて、場所的には不利な感じがします。中も狭いお店です。
ジムビームバー (5)

私は、さっそくカウンターでハイボールとおつまみを頼んで席に座ります。席も小さなテーブル。料理を並べてグループでワイワイというより、1~2名で電車待ちの間に短時間で軽く飲み食いする、といった使い方に適しているでしょう。
ジムビームバー (3)

頼んだハイボールは「いまだけ」という文字につられて「メガビームハイボール」です。でっかいサイズですが、いまだけ1杯500円が400円!というお手頃の値段になっていました。
ジムビームバー (10)

ただし!氷の量がとても多いです。(笑い)
ジムビームバー (9)

おつまみとして頼んだのは、まずは「大人のポテトサラダ(480円)」。スパイシーな味でつまみになります。
ジムビームバー (6)

「おつまみソーセージ(480円)」は、ちょっとスモーキーな味でハイボールに合います。
ジムビームバー (7)

こちらは「いろいろキノコとベーコンのガーリックオイル煮(480円)」。アヒージョのようなものですね。熱々で少し冷まさないと危険です。

他にもジムビームに合う料理が色々揃っていました。もちろん、「メガビームハイボール」をもう一杯頼んでしまいました。

この日は30分ほどでこれらを飲み食いして2,200円ほど。お客さんがまだ少ない時間帯だったこともありますが、ターミナル駅のお店としてスピーディに料理などサーブされました。

使い勝手のいいお店だったと思います。ご馳走様でした。

ジムビームバー
大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1
 エキマルシェ新大阪
TEL 06-6195-7897
9:30~23:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

前はこの近くのホテルによく宿泊して、兵庫町のアーケード内をぶらぶらと食べるお店を探しました。
兵庫町

いまは、1~2年に一度しか高松に来ることがなく、この辺もぶらぶらするのは7~8年ぶりでしょうか?何となく懐かしさを感じるエリアです。
天勝

今日は珍しく一人で出張だったので、夜に高松に到着して近くにあるこちらのお店にお邪魔してみました。
天勝 (3)

昔はお店の前をよく通ったのですが、お店に入るのは初めてです。
天勝 (6)

店内に入ると、大きな生け簀が目に飛び込んできます。その生け簀のまわりにカウンター席が配置されていて、さらにその外側にテーブル席や小上がりの席が配置されていました。

ただし生け簀には、それほど魚がいませんでした。^^;

20時過ぎだったので一巡目のお客さんが帰った後でしょうか?カウンター席は4分の1ぐらいの入りでした。生け簀を眺めながらの飲食はお一人様でも楽しめますね。

カウンター席の一番奥の席に着席後、メニューを見ます。こちらのお店、基本海鮮料理のお店で寿司もありました。
天勝 (8)

こちらの定番のメニューより、「今月の変り種メニュー」というお品書きに書かれていたものが面白そうだったので、私はその中から選ぶことに。
天勝 (5)

まずは小ビールとお通し。

地ビールのさぬきビール「空海」も飲んでみました。
天勝 (10)

さぬきビールはドイツビール系で、「空海」はヴァイツェンタイプのビール。酸味・甘味・苦味のバランスがいい地ビールで、フルーティーさもあるビール。後口も爽やかさを感じて美味しかったです。

さて料理のほうですが、「今月の変り種メニュー」の中から最初に「桜えびの獲れ獲れ揚げ(864円)」「竹の子とレタスの春サラダ(756円)」「地穴子の刺身(972円)」の3品をオーダー。
天勝 (12)

それらが一度に運ばれます。^^;

「桜えびの獲れ獲れ揚げ(864円)」は、桜海老と素麺を扇のような形状で揚げています。
天勝 (14)

獲れたてと言うのは、網にかかったようなという意味なのかな??何れにせよ変り種であることは間違いないですね。サクッとした食感で、桜海老のうま味も感じられましたが、意外と塩気がきいていました。

瀬戸内の名物だそうです「地穴子の刺身(972円)」。
天勝 (15)

活け穴子が獲れた時だけ限定ということで、穴子は生け簀で網に入れられていました。

モチッとしていてプリプリの食感で美味しいのですが、しかし、量は少ないです。(笑い)

「竹の子とレタスの春サラダ(756円)」は、竹の子のサラダも珍しいと思って頼んでみました。
天勝 (13)

香川産の「らりるれレタス」という品種のレタスや山菜がたっぷりです。ドレッシングは木の芽味噌味でした。

あと追加で「讃岐でんぶくの串揚げ(864円)」も頼んでみます。
天勝 (20)

「讃岐でんぶく」とは、瀬戸内海で育った天然のナシフグのことです。幻の隠れフグだとも言われています。白味噌入りのタルタルソースにつけて食べます。こちらも量は少なめです。
天勝 (19)

最後のアルコールはハイボールです。

以上、飲み食いをして4,000円を少し超えるくらいの値段。コスパ的にも味的にも満足度高いお店でした。旅行にしろ出張にしろ、夜は美味しいものを食べてゆったりくつろぎたいですよね!?そう言った意味ではいいお店です。ご馳走様でした。

天勝 本店
香川県高松市兵庫町7-8
TEL 050-5571-6941
月~金
11:00~14:00
16:00~22:00(L.O.21:30)
土・日・祝
11:00~21:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ