あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:ノドグロ

恒例の未公開編は7月分です。

今月は、高速道路にあるサービスエリアの売店で買い求めたものの紹介が中心です。

その前に小松の割烹「梶助」で食べたものです。

今回、親戚の法事で伺い、出されたものの中で珍しいものを、備忘録として写真で写しました。
のど黒は大きなものを一人半匹です。これだけの大きさだと、相当な卸値ですね!?

脂が乗って美味しかったです。
毛ガニも出ました。毛ガニといえば北海道というイメージが強いですが、もうシーズンは終わりましたが、石川県でも獲れます。
北海道産は初夏が旬ですが、こちらでは6月あたりまでが旬。北海道産より毛が短くて身が甘いのが特徴とのこと。こちらも美味しかったです。

さて次は、6月に東海エリアに行き、サービスエリアの売店で買い求めたものを紹介します。
まずは静岡県。浜名湖サービスエリアで買い求めた敷島屋の「浜名湖産うなぎボーンのしょうゆ味」です。
まぁ、昔は「うなぎの骨」なんてそのままのネーミングだったような記憶がありますが、いまは「うなぎボーン」?なんでも英語表記にすればいいようなものでもない気がしますが……?

こちらのは、浜名湖産だけのうなぎの骨を使用しているようで、カルシウムたっぷり、しょうゆ味で美味しかったです。

お次は「うなぎパイ V.S.O.P.」。

「うなぎパイ」といえば春華堂。夜のお菓子として有名です。
その「うなぎパイ」の最高級品がこちらの「うなぎパイ V.S.O.P.」です。
こちらのほうは「真夜中のお菓子」だそうです。^^;

高級ブランデーの芳潤な香りを身にまとい、マカダミアナッツの風味を包み込んでます。
5本入で909円(税込981円)でした。

お次は賤ヶ岳サービスエリアで買い求めた品々です。

これは滋賀県高島市今津町にある、明治20年創業の老舗こんにゃく専門店「茂兵衛」が出している「とうふこんにゃく」。
その名の通り豆腐の材料の大豆を使って作ったコンニャクです。
特製のタレが付いていました。食感はまさにコンニャク。ぷりんとした弾力で夏向きでしたね。タレは甘いのかと思ったら醤油味のほうがきいていました。この「とうふこんにゃく」は、ネギやショウガなど薬味を付けて食べたほうが美味しいです。

私はそのままタレをかけて食べたからか、味的には単調すぎました。考えたらコンニャクなので当たり前なのですが、豆腐なら豆腐。コンニャクならコンニャクで食べたほうがいいかもしれません。^^;

最後も、なぜか賤ヶ岳サービスエリアで売っていた、広島の「生塩レモン」。調味料ですね。
塩レモン

広島の「安芸灘とびしま海道」のレモンと藻塩を使用して作られています。大きなレモンのつぶが本当に入っています。
塩レモン (2)

非常にシンプルな調味料で、刺身、焼き鳥、牛タン焼きにはそのまま。チキングリル、ポークソテーには下味に。煮込み料理、鍋料理、スープ、パスタには隠し味。サラダにはほかの素材と合わせてドレッシングとして使うと合います。

こちらも夏向きの逸品でした。

梶助
石川県小松市大和町141
TEL 0761-22-8314
11:30~13:30
17:00~22:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

野々市は鮨の超有名店がいくつかあるエリアです。

その中でも、太平寿しとめくみが両巨頭です。
三竹1

もっとも、こちらの2軒に行くときは、お値段的にそれなりの覚悟が必要です。^^;

今日は、そんな激戦地、それも太平寿しとめくみのすぐ近くに果敢にお店を出された「三竹(ミタケ)」にお邪魔してきました。

場所は国道8号線と157号線から少し入った住宅街。ひっそりとある隠れ家的なお店です。
三竹 (26)

住居併設で新しくお店を建てられたそうですが、お聞きすると、ご主人は出身が小松。それも通った学校が少しかぶっていました。もちろん、だいぶ年が違いますが……^^;
三竹 (8)

それで一気に親しみがわきました!(笑い)

東京銀座の鮨店で修業後にUターンされ、3年前にこちらのお店をオープンしています。
三竹 (5)

中に入ると、思ったより広い店内。カウンター席もゆったり目にイスが配置されていました。そのイスも普通の鮨店より低めなものを置いているそうで、床に足を付けてくつろいでほしいという考えからだそうです。
三竹 (13)

テーブル席もありました。こちらもゆったり目のスペースです。

ランチタイムの営業は事前予約のみですが、これはご夫婦で切り盛りされているので、なるべく負荷を少なくするためのようですね。予約が入らなかった日はランチはお休みということです。

我々は7月の3連休の土曜日にお邪魔しましたが、お昼は遅めの時間にもう一組予約が入っていました。

お品書きは特になく、ランチタイムはおまかせ握り10貫と味噌汁・茶碗蒸しが付いていて3,400円。他にも希望に応じて、刺身やお好みの握りの追加などは可能となっています。
三竹 (7)

ランチタイムでも、こちらの黒板に書かれている、夜の単品料理も可能だということでした。

まず出されたのは、赤イカ。
三竹 (9)

小松弥助の森田さんや、ひがし茶屋街のみつ川さんのように、細かく包丁を入れ、絡めて握ります。中には少量の梅肉が入っていて、こちらの白いほうの岩塩をおろし金で削ってかけ、そして酢橘も絞ります。
三竹 (23)

イカの甘みと、梅肉のほんのりとした酸味、そして岩塩の塩気とうま味がマッチして美味しかったです。

こちらのお店は、すべての握りが何らかの仕事をして出されるので、醤油は使いません。
三竹 (10)

これはナメラです。キジハタですね。
三竹 (12)

アジも脂が乗って、ちょうどいい季節でした。生姜醤油です。
三竹 (15)

イワシもめちゃめちゃ脂が乗っていました。
三竹 (16)

ノドグロは皮目を炙って、もみじおろし醤油で食べさせてくれました。上品な脂に香ばしさがほんのり加わっていい塩梅です。
三竹 (17)

トロも煮切りと相性よかったですね。
三竹 (18)

梅貝。コリッとした食感。金沢の鮨ネタの代表格になりました。
三竹 (20)

甘えびに乗せられたミソは、酒粕に漬けこんでいるそうです。
三竹 (21)

ウニ。塩水ウニ使用で、海苔を巻いていません。石川の鮨店ではこのタイプが多くなりました。
三竹 (24)

最後は穴子でした。ほどよいツメの甘さと蒸し焼きされた穴子が口の中でとろけてハーモニーを奏でます。
三竹 (14)

あと、ランチには上品な出汁の茶碗蒸しと、
三竹 (22)

たっぷりのアオサの味噌汁が付いていました。

両方とも美味しかったです。

利用する状況によって、太平寿しとめくみのような高級店や、三竹さん。さらには回転寿司のお店など、上手に鮨店を使い分けていけばいいと思いました。

何れにせよ、激戦地で頑張るご主人。同じ小松出身の私としては、今後も応援していきたいと思います。ご馳走様でした。

鮨処 三竹
石川県野々市市堀内5-61
TEL 076-287-5859
17:00~23:00
お昼は予約のみ
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

一昨年3月の北陸新幹線金沢までの延伸にともない、金沢にも県外から鮨職人の方々がやってきて店を出すケースが増えています。

私のブログでも片町「鮨処 こいづみ」のご主人が石川には縁もゆかりもないと話されていた方のお一人です。

今日紹介する「鮨木場谷」。昨年4月5日にお店をオープンしていて、今日でちょうど一周年を迎えています。

実はこちらのお店、昨年6月に行こうと思って予約してあったのですが、ご主人が足を骨折されたということでキャンセルになってしまっていました。^^;

ということで、今回はそのリベンジです。(笑い)

ご実家が富山の小矢部で鮮魚店を営んでいたということもあって、魚を見る目は小さいころからお墨付き?です。

東京銀座の超有名店「鮨青木」などで修業を重ねて、地元富山ではなく、金沢で新店舗を開店させています。
木場谷 (2)

お店の場所は、旧母衣町。武蔵から主計町に行く途中、彦三緑地の近くですが、まぁ、住宅街の中であまり人通りの多くないエリアです。同じ建物には2階に私も行ったことがある「Bar 長屋」が入っています。

先ほども触れましたが、実家が魚のプロなので、魚の選別と捌きはお手の物です。

毎日朝5時には、氷見と新湊の2つの漁港へ出向いて魚を仕入れ当日の営業に備えます。やはり慣れ親しんだ?富山湾の内海に面した漁港がネタ的にもいいそうです。それに、築地に流れる前にいいネタを押さえているそうです。なるほど。
木場谷 (31)

席はカウンター席9席。奥にテーブル席がありましたが、こちらは普段は使っていないようです。白木のカウンターがいいですね。
木場谷 (3)

予約を入れるとき、時間の指定がありました。17時という早めの時間と、そのあとの遅めの時間でしたが、我々は17時でお願いしました。

最初、一斉に始めるスタイルかと思いましたが、そうもそうではなく、時間帯をずらしてお客を入れているようです。徐々にお客さんが増えていきました。
木場谷 (9)

室礼もいいです。
木場谷 (8)

まず、喉の渇きを癒すために生ビール。ハートランドです。
木場谷 (36)

ビールグラスは「うすはりタンブラー」。敷かれているコースターは珠洲の珪藻土ですね。使われている食器類もこだわっています。
木場谷 (10)

一応、おまかせが基本で、まず出されたのは「カワハギ」。肝であえてあります。
木場谷 (12)

「ホタルイカの沖漬け」。旬ですね。
木場谷 (44)

そうそう!お店の箸置きもホタルイカの形でした。少しお箸が置きにくかったですが。^^;
木場谷 (16)

「あわび」。とても柔らかく蒸しあげられていて、好みに応じてあら塩とわさびを付けて食べます。とても美味しいです。
木場谷 (11)

「タコの桜煮」。こちらも本当に柔らかく煮られていて味も上品。美味しいです。

いや~、酒がすすみますね~!ハートランドの後、日本酒に移っています。日本酒は石川県のものが多くリストアップされていました。
木場谷 (14)

最初は、宗玄の「純粋無垢」。能登の酒は少し甘口です。でも飲みやすい酒でした。

この後は、徐々につまみのような握りのような一品に移っていきます。絶妙です。
木場谷 (20)

まず最初は、焼いたノドグロを、軽く握ったシャリの上に乗せてあります。わさびを絡めて食べます。シャリは赤酢をほんのり効かせたものです。
木場谷 (19)

こちらは「毛ガニ寿し」。こちらでも毛ガニを少しは獲れるのです。2月から梅雨にかけて美味しくなります。ミソを絡めてシャリに乗せ、下にはソースが。そして上にはルイベのように少し凍らせた内子を乗せてあります。混ぜながら食べると、濃厚な中にも毛ガニの旨みが全部丸ごと楽しめてとても美味しいです。いいですね~!

この2品あたりは野々市の太平寿しさんを彷彿とさせてくれます。 
木場谷 (21)

日本酒のほうは、獅子の里の超辛口に移っています。獅子の里自体も甘めの酒ですが、こちらはサラッとした飲みやすい辛口でした。片口も素敵なデザインです。

この後、箸休めの椀物が出されました。ふたの裏にも蒔絵が施されています。
木場谷 (22)

上品なお吸い物で白身の魚はアイナメ。蓮の花かバラの花のような形に見えます。ホクホクした感じで美味しいです。

そして握りの方に移ります。

握りは江戸前で、すべてに何らかの仕事がなされていて、何もつけずに食べます。私の好きな握りですね。
木場谷 (24)

最初は氷見港で水揚げされた鯛。うまく熟成されている感じです。
木場谷 (25)

スミイカは、ねっとりとした食感。あら塩が振られています。
木場谷 (26)

和歌山であがった本マグロ。まずは赤身から。
木場谷 (27)

そして中トロ。上品な脂が乗っています。マグロもいい塩梅で熟成されています。
木場谷 (28)

お酒のほうは奥能登の白菊に移っています。
木場谷 (37)

脂の乗った中トロから、今度はさっぱりとしたサヨリに。 
木場谷 (32)

江戸前の代表格のコハダ。北陸ではなかなかいいコハダが手に入らないと「鮨処 こいづみ」のご主人から聞いたことがありますが、こちらでは仕入れはどうしているのでしょうか?
木場谷 (38)

梅貝。こりっとした食感。こちらは地元石川の握りの定番です。
木場谷 (40)

ウニも生臭さがまったくなく美味しいです。
木場谷 (34)

こちらの片口は陶芸家、中村卓夫氏の作。面白い造形です。「器であり、オブジェでもある九谷焼」なのだそうです。

後ろ(前?)側や内部には金彩が施さらていますね。
木場谷 (42)

握りの最後はアナゴです。塗られたツメと一体になって口の中で溶けていきます。江戸前の技です。
木場谷 (43)

締めは玉(ぎょく=厚焼玉子)。
木場谷 (41)

最後の酒は富山の酒で、にごり酒です。今の季節だけ楽しめます。こちらは品書きには書かれていない酒でした。

以上で、締めて一人2万円弱。石川県の鮨店の中では若干高めのお値段ですが、丁寧な江戸前の仕事をされ、いい空間と雰囲気の中、落ち着いて美味しい鮨を堪能できるお店です。決して高いとは思いませんでした。

お隣の方と話しているご主人はなかなか話好きなようでした。マラソンもされると言っていましたが、ネットで昨年のオープン時期?あたりの写真などを拝見すると、いまは骨折のせいか?少しぽっちゃりとされているようなしないような……。^^;

とても美味しゅうございました。ハレの日などにはおすすめの一軒です。ご馳走様でした。

鮨木場谷(スシキバタニ)
石川県金沢市彦三町1-8-26 1F
TEL 076-256-1218
17:00~21:00
日曜日(加えて不定休あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

ほぼ1年ぶりの訪問になります「鮨 志の助」。
志の助 (27)


相変わらずの人気で、なかなか予約が取りづらいですね。昨年発刊された「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」で星一つ獲得してからはなおさらです。

お聞きすると、北陸新幹線が金沢まで延伸してから、東京の方の予約が多く、さらには口コミの紹介のかたが増えたと話されていました。

新幹線がきて、多くの方が金沢に訪れるようになってうれしいのですが、人気のお店の予約は取りづらくなりました。

鮨屋とおでん屋がその最たるジャンルです。おでんなんて、ふらっと入って食べる庶民の味覚なのに…。あとカニやブリ、ノドグロなど、人気の魚も異常な高値が続いています。出るのはため息ばかり……。^^;

さて今年も、毎年の恒例の如く東京から毎年、志の助さんの鮨を食べにくることだけで金沢を訪れるご夫妻と一緒の再訪になります。

近年は、この時しか志の助さんに食べに来ることが出来ません。寂しいです。

この日、お昼遅めのランチだったので、あまりお腹が空いていない状況での訪問となり、おつまみもお鮨も少なめでお願いしました。^^;
志の助

まずはビールで乾杯です。

志の助さんの場合は、季節ごとでネタは変わりますが、基本定番の鮨なので、毎年冬に訪れる客人は、大体同じものを食べていることになります。ただ、北陸は冬に美味しくなる魚介が多いので、やはり冬に来るのが一番おすすめだと思います。

基本、おまかせのコースのみになっています。
志の助 (2)

最初に出されたのは、そろそろシーズンも終わりに近づいてきたタラの白子。プリンとした食感に濃厚でクリーミーな味、ポン酢の酸味が合います。
志の助 (8)

お造りは左から、アカイカ(石川ではヤリイカのことをこう呼びます)、小鯛、ガスエビ。イカの不漁が続いていますが、これも温暖化の影響でしょうか?耳の部分がコリッとしていいですね。

ガスエビは身も太く甘みが際立っていました。
志の助 (3)

万寿貝(白貝)のバター焼きです。もう15年ほど食べています。(笑い)
志の助 (9)

お酒のほうは小松の地酒、私のブログでもよく登場します東酒造の神泉大吟醸。フルーティでありながら切れがあります。

この後、握りに移ります。
志の助 (10)

まず出されたのはアカイカ。短冊切りにして絡めてあり、切り口から感じるイカ独特のねっとりとした旨味を感じることが出来、スタートの一貫として志の助さんの定番です。
志の助 (11)

これはノドグロ。有名になり過ぎで庶民の口にあまり入らなくなったノドグロです。^^;

この写真を見てお分かりかと思いますが、志の助さんの握りのシャリの形状と、酢の塩梅が少し変わったみたいです。あえてお聞きしませんでしたが、色味が付いて形状も若干俵型になりました。握りの所作も変わったような気がします。

当然、美味しくするために色々研究された結果なのでしょうね?
志の助 (15)

大ぶりの甘えび。名前の通り口の中で甘さが広がります。
志の助 (13)

加能ガニの身の上にかに味噌が乗せられています。。
志の助 (19)

梅貝はあら塩が振られていて、貝の旨みを引き出します。
志の助 (21)

アブトロ!トロの炙りですね!最高です。
志の助 (22)

アジも脂がのっていますね。
志の助 (20)

ウニです。
志の助 (23)

鯛の昆布締めは上品な昆布の香りと味が乗り移って旨みが口の中に広がります。
志の助 (25)

最後はアナゴ。口の中でとろけます。美味しいです。
志の助 (24)

あら汁も付いてきます。

以上で、この日は終了。珍しく日本酒も一合しか頼みませんでした。

1年に一回しか来ることが出来なく残念ですが、相変わらずの安定した味のお鮨を楽しませてくれるお店。これからも美味しいお鮨を握ってください。ご馳走様でした。

そうそう!志の助さんのお師匠さんの「小松弥助」森田さんも、御年86歳で再始動をされるとのこと。いやいや鮨職人、一生修業のようです。^^;
(この内容を書いたあと、北國新聞にも「小松弥助」さんのこと 掲載されていました)

鮨 志の助
石川県金沢市入江3-73
TEL 076-216-5280
12:00~14:30
18:00~21:30
水曜、日曜昼休
 


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

「海天すし」は「かいてんすし」と読ませます。回転寿司の「海天すし」ということで読みが同じになります。

「海天すし」を運営しているのは株式会社ビジョンワールドというところで、「すし融」やテイクアウト専門の「ばらずし」なども同じグループですね。

石川県には金沢に4店舗、かほく市と野々市市に1店舗、小松に2店舗、富山県には高岡にも1店舗あります。
海天ずし (23)

私がいつも利用しているのは小松平面店。こちらの小松南店を利用するのは今回が初めて。

いつも家で寿司を食べる機会があるときは、「海天すし」の寿司をテイクアウトすることが多いので、初めてでも安心してお店に入ることが出来ました。
海天ずし (19)

小松南店は、ご覧のようなテーブルのボックス席の比率が多く、カウンター席が少なくなっています。いまの回転寿司のお店は、この手のが多くなってきたのでしょうか?完全禁煙なのもうれしいです。また「海天すし」は全店バリアフリーになっているようです。

ただ、席からは寿司を握っている職人さんの姿が見えず、威勢のいい声も聞こえません。小松平面店のほうは目の前で職人さんが握ってくれていて活気もあります。

まぁ、静かに食べられるのはいいと思いますが、何となく寿司店は職人さんの存在感があったほうがいいのではないか?と思いました。
海天ずし (20)
海天ずし (17)

さて、テーブルにはタブレット端末が置いてあり、オーダー時は気軽にタッチパネルで注文することが出来ます。
海天ずし (4)

そのため、回転寿司でありながら、レーンにはほとんど寿司は流れてきません。(笑い)
海天ずし (8)

オーダーしたものは上のレーンにトレイに乗せられて直接運ばれてきます。

では食べたものを紹介していきます。
海天ずし (10)

冬の五貫盛は、通常1,096円がこの日は998円でした。生サバ、寒ぶり、香箱かに、白子、あん肝で、高級ネタばかりでしたね。
海天ずし (9)

生サバ三昧は、わさび・しょうが・琉球しょう油で食べます。愛媛県産の温州みかんをエサに育ったサバのようです。そのサバは脂が乗っていて美味しかったです。

琉球しょう油とはいわゆる塩しょう油で、沖縄の塩を使った薄口しょう油に、うまみをプラスしたおしょう油のことです。
海天ずし (11)

寒ブリ三昧(698円)は寒ブリと大トロ、てんこの3貫で、「てんこ」はいわゆるてんこ盛りってやつですね。寒ブリは長崎産でした。ただ、トロのところはスジが多かったです。^^;
海天ずし (15)

白身5貫盛(998円)は、右からノドグロ、カワハギ、スズキ、これはナメラかな?、そして黒鯛ですね。ネタは日替わりというか、その日の仕入れ状況によって変わるみたいです。

ノドグロは炙りでした。これは妻の胃袋へ。
海天ずし (12)

牡蠣は蒸し牡蠣。ツメが塗られています。
海天ずし (13)

貝三昧は、ホタテ、赤貝、梅貝でした。赤貝は残念ながら身が締まっていなくて食感や味がイマイチでした。握りも少し弱かったです。
海天ずし (16)

あと、あら汁も頼みましたが、色々な魚のあらが入っていて美味しかったですね。

以上、2名で一人2,200円ほど。お好みで頼んだのでこんなものでしょう?月~土はリーズナブルなランチメニューもあってお得に食べることが出来ます。

雪の降る日曜日のお昼、店内は7~8割の入りでした。オーダーしてから出されるまでのスピードは早く、ボックス席が多いことからファミリーで食べに来るにはいいお店かもしれません。ご馳走様です。

海天すし 小松南店
TEL 0761-43-4483
石川県小松市符津町タ110
11:00~22:00(L.O.21:30)
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ