あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:チーズケーキ

今日紹介します「coya-p」は、大聖寺方面から山中温泉に向かうと、温泉街の少し手前の住宅街の一角にひっそりとあるカフェです。
coya-p

「coya-p」を読むと「こやぴ」、私は「あさぴー」なので何となく親近感を持っていました。(^^;

いまから5年前に一度お邪魔しています

この場所はもともと奥様のご実家だったところ。お店は土蔵だった建物をリノベーションされています。

ご年配のご夫婦お二人で営業されていて、別な仕事も兼ねて(現在も仕事されているのかはお聞きしませんでした)の営業なので、週の半分ぐらい営業されているようです。お店のインスタページに毎月営業カレンダーが掲載されているので、そちらを見て行かれたほうがいいでしょう?

外観は前にも書きましたが「山小屋」の雰囲気?
coya-p (8)

店内には靴を脱いで入ります。中の備品などにはオーナーご夫妻のこだわりが随所に見られます。
coya-p (10)

それは暖炉やオーディオ、小物に至るまで細部にわたります。
coya-p (7)

この日のメニューです。

ランチタイムメニューもあるのですが、前回に引き続いてカフェタイムにお邪魔しています。一度ランチメニューについても試したいですね。

そして、周りは住宅街で静かな空間。窓から見える緑を眺めながらまったりとした時を過ごすことができます。窓からは緑がいっぱい目に飛び込んでくるので、山の中ではないのですが自然豊かな山の中にいるような気にさせてくれます。

私は「自家製ジンジャーエール(税込600円)」を頼むことに。
coya-p (14)

出されたのがこちら。生姜たっぷり使ったのど越しさわやかなジンジャーエールでした。
生姜スライス、ライムとミントの葉っぱもいいですね~!?
coya-p (19)

妻の頼んだコーヒーは自家焙煎(税込500円)。
coya-p (18)

前の記事では自家焙煎に触れていないので、もしかしたら自家焙煎に切り替えたのかもしれません。
coya-p (15)

あと、こちらの「ベイクドチーズケーキ(税込500円)」も頼んでいます。これには自家製とは書かれていませんでした。

濃厚でしたが、甘さ控えめでおいしかったです。
coya-p1

日々忙しく過ごしていると、ちょっとした時間でもいいので、このような空間でまったりとした時間を過ごすことは必要だと思います。ご馳走様でした。

coya-p
石川県加賀市山中温泉上原町ル26番地
TEL 090-1632-6576
不定休、営業時間も確認を!


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私がよくウォーキングする木場潟。

近年はカヌーカヌースプリントのコースがあって、世界の一流のカヌースプリント選手がトレーニングに訪れるなど、世界的にも知られるようになってきました。

この日、この近くにあるクレソン畑が収穫okだったので、夜のサラダ用に少し刈取りに行きました。(年中摘めるわけではないのでご注意を!)
木場潟クレソン (7)

空の青さと白い雲。そして水とクレソン。いいビジュアルで心が和みます。

さて、カヌーのナショナルトレーニングセンターにほど近い場所にあるカフェが「パンゲア・PANGAEA」です。
パンゲア (14)

今回久しぶりにお茶をするために行ってきました。

ブログ紹介としては何と!14年半ぶりですが、その間、1~2度は行ったと思います。

ここ「パンゲア・PANGAEA」は、ヒーリングカフェとしても知られていて、「リラクゼーション&ヒーリング」のコンセプトのもと、スピリチュアルな体験が可能なお店なのです。

店内はヒーリングに関する物販もやっていて、昔より色々なものが増えたような気がします。

我々は木場潟の面する窓際の席に座ります。
パンゲア (12)

木場潟の西側は、いま北陸新幹線の工事が真っ盛りですが、東側のほうは変わらずののんびりとした時間が流れています。

前からこちらのお店の「玄米ランチ」は人気ですが、我々はランチを食べてきたので、今回はカフェでの利用になります。

そのカフェメニューです。
パンゲア (4)

私は「ケーキセット(税別800円)」にして、ケーキを妻とシェアして食べることに。

ケーキは2種類から選べて、私はチーズケーキ。大きめのサイズです。味は濃厚で美味しかったです。
パンゲア (11)

脇にはキウイ・バナナ・生クリーム・ローズマリーが添えられていました。
パンゲア (3)

ドリンクはコーヒーかハーブティーで、ハーブティーはこちらの3種類からチョイスできました。

私は「カモマイル(カモミール ブレンド」を頼みます。
パンゲア (10)

無農薬ハーブティーで、ティーポットで出され3杯分くらいの量です。

「不眠症や気分の落ち込みを解消。消化を助けて気分を安らかにしてくれる」効果があるそうです。

妻のほうは「グリーンリーフ・スムージージュース(税別600円)」です。
パンゲア (9)

この日のグリーンリーフは小松菜で、果実はバナナとリンゴ。甘くて飲みやすかったです。

機会があれば、また玄米を使ったランチでも食べに行きたいと思います。ご馳走様でした。

ヒーリング・スペース パンゲア・PANGAEA
石川県小松市木場町ぬ1-1
TEL 0761-44-7227
10:00~19:30
木曜休・他不定休あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢市大野エリアは昔から醤油や味噌の産地として有名です。

特に醤油は、野田・銚子や龍野と並ぶ産地としても知られています。

当然いまでも醤油や味噌を作っているわけですが、大手と言われるところから小さな蔵元まで色々。

これらの蔵元では、敷地内の見学が出来たり、直売のショップやレストランまで併設しているところ、さらには自家の土蔵を改装してギャラリーとしていたりと、大野の街を彩っています。

そんな古くからある大野の街並みを散策していると、意外な発見が出来てなかなか面白い街だと思います。

私のブログでは、この大野の街にある飲食店やパン屋さんなどをいくつか紹介したことがあります。

さて今日紹介するのは小さな味噌蔵元が営むカフェ「味噌蔵カフェきくや」です。
味噌蔵カフェきくや

私はお店の存在は知っていましたが今回が初訪問。

事前に調べたところ、1895(明治28)年創業の味噌作りの蔵元だそうです。でも、作っている味噌のことを知りたいと思いネットで調べてみましたが、それ以上のことはわかりませんでした。
味噌蔵カフェきくや (12)

入口の扉を開けると確かに味噌を売っていました。
味噌蔵カフェきくや (4)

さらに大きな引き戸を開けて店内に入ると、中は広く天井が高い広々として空間。お店の名前の通り味噌蔵を改装したカフェです。それにしても立派な蔵ですね!?
味噌蔵カフェきくや (3)

至るところに絵画や古い調度品が並べられていて、落ち着いた空間になっていました。

お店を切り盛りしていたのは蔵元の奥さまでしょうか?の趣味によるものかもしれません。
味噌蔵カフェきくや (5)

こちらがメニューです。
味噌蔵カフェきくや (7)

寒い時期限定ですが、お店の味噌を使った田楽などを楽しむことが出来ます。
味噌蔵カフェきくや (6)

私はこの中から「レアチーズケークセット(700円)」を頼むことに。
味噌蔵カフェきくや (8)

チョイスした飲み物は加賀の紅茶です。
味噌蔵カフェきくや (9)

ティーポットではなくフレンチプレスに入れられて出されました。
味噌蔵カフェきくや (11)

ただ紅茶用のティープレスではくコーヒー用のフレンチプレスなので、2杯目は相当濃くなったので、出来れば紅茶用のティープレスを使用されたほうがいいと思いました。

レアチーズケークはチーズの味が濃く、ブルーベリーと抹茶アイスが添えれれていました。

落ち着いた空間で飲む紅茶と美味しいケーキ。くつろぎのひと時でした。ご馳走様でした。

味噌蔵カフェきくや
石川県金沢市大野町5丁目33
TEL 076-267-0156
11:30~15:30
月曜・第3土・日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

コーヒーを毎日飲むほど好きではない私です。

しかし、6月は3週間ほどコーヒー専門店に行っています。

今回も「たぬき寿司」でランチを食べた後、近くにコーヒー専門店があることがわかり行ってみることにしました。

話は変わりますが、飲食店だと、広く色々なものを食べたり飲んだりできることをウリにしているお店と、一点主義といいますか、あるメニューや食材にこだわる専門性をウリにしているお店があります。

近年は、そんな専門性をウリにしているところが増えてきているように感じます。

昨今のブームでいえば、チーズタッカルビ、タピオカドリンク、高級(生)食パン専門店などでしょうか?

極めるには広く浅くより、狭く深く!?

もっともブームになっても一過性で終わるものがほとんど?上記のようなものも単に「モノ」を売るだけでは、飽きられるのも早いというわけです。

話を戻します。

では、コーヒー専門店はどうか!?その意味からすれば「狭く深く」のお店です。

コーヒー自体も嗜好性が強い飲み物ですが、コーヒー専門店がお店で何を売っているかといった点については、単に飲むコーヒーだけを売っているわけではなく、「一人でいるひと時の安らぎ」お空間と時間を提供しているわけですね。

いわゆる「コト消費」ですね!?

ご存じスタバのコンセプトは「家庭でもなく職場でもない第3の空間」です。美味しいコーヒーだけを飲むならば家でも飲めるわけで、わざわざ外で飲むためのワケが必要とも言えます。

余談がだいぶ長くなりました。

では、今日紹介する金沢市大額の珈琲専門店「カフェ・コンディトライ ワイー」は、ラーメンの人気店「真打」のお隣にお店はあります。
コーヒーハウスワイー (12)

お店のコンセプトは「カフェとケーキ屋さんが融合したヨーロッパの伝統的なスタイル」です。ご夫婦で切り盛りされています。
コーヒーハウスワイー (4)

外観も内装もそれほどコストをかけている作りではありません。

ガラス面が多いので店内は明るく開放的でした。
コーヒーハウスワイー (3)

メニューです。

さすがコーヒー専門店で、深煎り、中深煎り、中煎り、浅煎りと揃っています。

豆は焙煎前と焙煎後に2回のハンドピックを行って、欠点豆を取り除いたうえで自家焙煎しています。

私が頼んだのは深煎りの「イタリアンブレンド」です。
コーヒーハウスワイー (9)

一杯一杯ハンドドリップして淹れてくれます。
コーヒーハウスワイー (10)

苦味と甘みがバランスよく、コクがって、思ったより苦く感じませんでした。

ケーキも頼みました。

印刷されたメニューはなく、タブレットの画像から選ぶようになっていました。手づくりなので日によって内容が違うのでしょうね?

私が頼んだのはこちらのチーズケーキです。
コーヒーハウスワイー (11)

濃厚で密度の濃いチーズケーキで美味しかったです。「イタリアンブレンド」との相性も良かったです。

コーヒーとチーズケーキで900円でした。

支払いは各種電子マネーでもok!消費税値上げ前に、電子マネーが使用できるところが増えているのはうれしいです。

最近、コーヒー専門店も大手から地元の個人営業のお店まで、競争が厳しくなってきた感がありますが、今後とも美味しいコーヒーを飲ませてくれることを願っています。ご馳走様でした。

カフェ・コンディトライ ワイー
kaffee-konditorei Y
金沢市大額3-182
TEL 076-298-1181
9:00~17:00
火・水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

加賀市大聖寺の街中に、大聖寺藩主二代前田利明公が建立した時鐘堂があります。

いまあるのは再建されたものですが、その時鐘堂のすぐそばに、昔風の洋館が建っています。
カフェサロン銀

ここは、昔、牧野歯科だったところを改装していて、いまは黒い塗装で塗られていますが、昭和初期に建てられた当時はどうだったのでしょうか?気になります。そのためかこの手の建物としては印象が暗めの外観になっています。
カフェサロン銀 (3)

昔ながらの観音扉を開けて中に入ると、シルバーアクセサリーの工房が併設された、コーヒーやケーキが楽しめるサロン「彫金工房 月・カフェサロン 銀」となっているのです。

靴を脱ぎスリッパに履き替えて中に入ります。
カフェサロン銀 (5)

入ってすぐ左の部屋は歯医者の待合室だったところで、そこがカフェになっていて、その奥の部屋は昔は診察室だったところで、シルバーアクセサリーの作品が展示されていました。
カフェサロン銀 (7)

オリジナルブランド「DEVIL JOKER」の展示と販売です。

確かに、昔の医院ってこんな感じのイメージですかね?
カフェサロン銀 (9)

壁は漆喰。調度品やシャンデリアも豪華で、これらもアンティークでしょうか?

こちらがカフェメニューです。
カフェサロン銀 (8)

私は「ケーキセット(税込800円)」を頼むことに。コーヒーか紅茶が選べますが私はコーヒーです。

しばらくして運ばれてきました。
カフェサロン銀 (10)

テーブルに彩りを添えていた花や背景を入れて写します。
カフェサロン銀 (13)

コーヒーはどんな豆を使用しているかは聞きませんでしたが、しっかりとした苦みと酸味のコーヒーでした。
カフェサロン銀 (12)

ケーキはチーズケーキでした。自家製でしょうか?甘さ控えめでしたね。

ちょうど奥のアトリエ?では彫金教室が開かれていたようですが、カフェには客は私一人。了解いただき写真を写しながらしばしの間まったりしました。

実は私はだいぶ前にも一度来たことがあります。ブログには書いていませんが、その時、彫金に使う器具と歯医者の器具がほとんど同じだと聞いた記憶があります。

大正から昭和初期のレトロモダンな空間で、たまには時間を忘れてまったりと過ごしてみてもいいかもしれませんね。ご馳走様でした。

彫金工房 月・カフェサロン 銀
石川県加賀市大聖寺本町10-1
TEL 0761-73-0019
10:00~18:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ