あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

タグ:チーズケーキ

我が家でもよく利用するシャルキュトリーのお店「ガリビエ」。
ソリッソ (2)

その前に今年9月、新しいイタリア料理のお店がオープンしました。お店の名前は「sorriso(ソリッソ)」といいます。

10月に「ガリビエ」に立ち寄ったときにお店に立ち寄り、少しメニューなどを見させていただきました。そして今月になり予約を入れた上でランチを食べに出かけてきました。

オープン以来人気のお店なので、最近はランチはなかなか予約が取れないようです。

ちなみに私が行った日も、ランチ時予約なしの飛び込みのお客さんが次から次へとやってきましたが、ことごとくNGでしたね。
ソリッソ (3)

このようにお店のとなりにはお店のマスコットの子ヤギが2匹飼われています。
ソリッソ (10)

内装も、かわいく明るくまとめられています。設計は私もよく存じあがている岩井さんのさとやま設計社です。

さて、私たちが伺った日は最高の秋晴れの天気でとても気持ちのいい日曜日でした。
ソリッソ (26)

店内からも最高の青空のもと、紅葉した木々を眺めながらランチを楽しむことが出来ました。
ソリッソ (9)

店内は、2人がけのテーブル席が5つ、4人がけが1つ、カウンター席が3席となっています。

この日は、オーナーシェフご夫婦とご年配の女性の方(お母さんでしょうか?)の3名で切り盛りをされていました。

私が食べ終わるころには満席になって、なかなか3名でまわすのは大変そうな感じでした。このあたりは慣れの問題もあるかもしれませんね。

さて、お店の冠に「農家レストラン&チーズケーキ専門店」と書かれている通り、地元特産の農産物を積極的に採り入れる考えでメニュー作りがされています。野菜は無農薬野菜を使っていて、ようはスローフードと地産地消がウリということですね。化学調味料についても一切使わないよう心がけていらっしゃるようです。

また、お店で飼っているヤギのミルクでチーズケーキを作るのが将来の目標なのだそうですが、まだ子ヤギなのでしばらくは無理だということでした。^^;
ソリッソ (14)

店内では、チーズケーキやビスコッティなどもテイクアウト用で売られていました。

店名の「sorriso(ソリッソ)」は、イタリア語で「笑顔」を意味する言葉。ご夫妻やお店のつくりを見ていると、何となくわかるような気がします。
ソリッソ (4)

テーブルには、このようなウェルカムメッセージも置かれていました。自然にこちらまで「笑顔」になります。

シェフは能美市出身。北イタリアのピエモンテ州や東京・名古屋で修業されていて、金沢の有名イタリアン「ボッテガ ディ タカマッツオ」のシェフとも仲が良いそうです。開店祝いのお花が飾られていました。
ソリッソ

ランチメニューはこのような感じです。プランゾA(税別1,000円)とプランゾB(1,500円)の2種類。Aはサラダ+フォカッチャ+パスタ+コーヒー。プランゾBは、前菜盛合せ+フォカッチャ+パスタ+ドルチェ+飲み物(コーヒーor紅茶orエスプレッソ)となっています。

今回、私たちはプランゾBでお願いしました。
ソリッソ (23)

まずは、前菜盛合せです。北海道カボチャのスープ、カリフローレ、鯛のカルパッチョ、能美市の名産の国造(こくぞう)ユズで香りづけしたサーモン、秋らしく柿のカプレーゼ、生ハム、ガリビエのオリーブハム、フリッタータなどです。

色とりどりで食べるのが楽しくなる前菜でした。ちなみにカリフローレとは、新しいスティックカリフラワーだそうで、食感も良く茎に甘味があります。

メインのパスタは5種類から選ぶことが出来ます。
ソリッソ (27)

私たちは、「愛知シラスとキャベツのペペロンチーノ」と「スパゲッティ・アッラ・プッタネスカ」をお願いしました。

2名以上の場合は、2種類のパスタをチョイスし、それをシェアしてお皿に盛ってくれます。うれしいですね。

プッタネスカのほうは、アンチョビとケッパーがほんのり効いたトマトソース、美味しかったです。
ソリッソ (25)

こちらはフォカッチャです。我々は頼みませんでしたがお代わりも可能でした。

デザートは少しずつですが3種類も盛られてきました。
ソリッソ (29)

一番左はヤギのベイクドチーズケーキは、イタリアのヤギのチーズコンテストで最優秀賞を受賞したチーズを使っているそうです。(黒部のTomomiさんのチーズでしょうか?)

とても濃厚です。

真ん中のジェラートはヤギのリコッタチーズを使って作られています。こちらも濃厚なジェラートでした。

一番右はカボチャチーズプリン。北海道かぼちゃとクリームチーズで濃厚でありながら食べやすい味でした。
ソリッソ (30)

飲み物は、私はエスプレッソ。妻はコーヒーを頼みました。

お店の名前の通り「笑顔」が自然と出てくる内容で、コスパも良く満足度高かったですよ。

ガリビエでシャルキュトリーを買い求めるついでにランチを食べに来るお客さんが多くなりそうです。予約必須です。ご馳走様でした。

農家レストラン&チーズケーキ専門店 sorriso
能美市徳山町井12-2
TEL 076-146-6280
11:30~16:00
18:00~22:00
火曜休(ほか月曜も休のときあり)

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

さて、またまた三国ネタです。三国もなかなか面白いお店が色々あります。

今日は、ドライブの途中で入ったコーヒー専門店「ポッセコーヒー」を紹介したいと思います。

むかしはコーヒーを飲むといえば、喫茶店が一般的な時代。生豆の流通・保存の技術などいまほど発達しておらず、焙煎自体も喫茶店ではおこなっているところは少なかったと思います。そのため、今のように本当に美味しいコーヒーを飲めたわけではありませんでした。

そのうちに、そんな喫茶店も時代の趨勢から取り残されいくなかで、だんだんと閉店に追い込まれてきました。

しかしながら昨今は、色々な技術も進歩してきて、また、スタバなどのおしゃれな場所としてコーヒーを飲むことがウケ、一方、コンビニなどでも簡単に安くコーヒーを飲ませるところなども増えてくることによって、ちまたではコーヒーという飲み物が完全に復権した感があります。

まぁ、個人的にはそれほどコーヒーを日常的には飲んでいるわけではないのですが、たま~に美味しいコーヒーを飲んでみたいと思うことがあります。

さて、「ポッセコーヒー」は三国運動公園の前にあります。
ポッセコーヒー

明るい外観で、庭もあり落ち着いた感じのお店です。お天気のいい日にはガーデンテラス席でものんびりと出来ます。
ポッセコーヒー (3)

入口のドアの取っ手がエスプレッソマシンで使われているレバーハンドルでした。
ポッセコーヒー (13)

中は、ウッディな感じで明るい色調でまとめられており、落ち着けます。
ポッセコーヒー (8)
ポッセコーヒー (9)

焙煎機も目立つところに置かれています。
ポッセコーヒー (18)

トイレの中に置かれていたトイレットペーパーにお店の名前が押されていました。(笑い)
ポッセコーヒー (11)

自家焙煎のコーヒーは、たくさんの種類がブレンドされていて、ご覧のように棚に並べられています。店内メニューにはお店の名前を冠した「ポッセブレンド」と、「雄島ブレンド」という三国の名勝「雄島」の力強さをイメージして作られたブレンドの2種類ほか、色々なブレンドコーヒーが載せられていました。

もちろん、コーヒー以外のメニューも色々ありましたよ。

そこで我々は、せっかくなのでメニューの先頭に書かれている、その2種類を頼むことに。

ポッセコーヒー (16)

「ポッセブレンド」は、ブラジル・グァテマラ・コロンビアをバランスよくブレンドされています。浅煎りで適度な酸味と苦みがあり、バランスのいい素直な味のコーヒー。

一方「雄島ブレンド」は、三国の名勝「雄島」の力強さをイメージして作られたブレンドで、深煎りで心地よい苦みが特徴のコーヒーでしたね。
ポッセコーヒー (14)

あと、妻は「なめらかベイクドチーズケーキ(430円)」を頼んでいました。

ベースにオレオを使っていて、ビター感のある濃厚なチーズケーキでしたよ。
ポッセコーヒー (29)

最後にお土産で、コーヒー豆は「雄島ブレンド」。そして「自家製ビスコッティ(270円)」を買い求めています。

ビスコッティは、クルミとアーモンドが練りこまれていて、少し固めの歯ごたえに焼きあげられていて、コーヒーに浸して食べると、これまた美味しいです。

小松近辺に、この手のお店が少ないのでうらやましいです。ご馳走様でした。

ポッセコーヒー
福井県坂井市三国町運動公園2-18-20
TEL 0776-43-0188
9:00~20:00
水曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング 

小松市にも知らない場所にひっそりとあるカフェがあります!
あんだんて (5)

今日紹介するのは、小松の金野地区の山間にある「里山カフェ あんだんて」という隠れ家カフェです。
あんだんて (6)

こちらのお店、週末の金・土・日曜がお休みという、土日休みの勤め人にとってはなかなか行くことが出来ないお店なのです。

ただし、月曜から木曜日までの祝日は、幸いにも営業しているということで、我々は7月の3連休の海の日にお邪魔してきました。
あんだんて

お店はご自宅の一角を増改築され、昨年オープンしています。それまでは飲食店の経営などはしていなかったようです。奥さまがお一人でやられています。お店の宣伝などもしていないようですね?
あんだんて (2)

店内にはピアノが置かれていて、時々ミニコンサートなども催されているようです。

さて、ランチにはカレーなどのメニューがありましたが、基本的には喫茶中心のお店です。自家製のケーキもありました。ちなみにカレーは大豆を使ったカレーでヘルシーそうでした。500円という値段もうれしいですね。

あと、ケーキ類を作るのは好きだということで、趣味が高じて?といった側面もあるのかもしれません。そうそう!生け花の先生も前にはやっていらっしゃたということでした。
あんだんて (9)

私は、少し変わったところで、「ルイボスティー(300円)」を頼みました。

ほんのりと酸味がきいていて飲みやすく、アンチエイジングにも効果的です。
あんだんて (7)

妻はアイスコーヒーを頼んでいました。

こちらも、ライトな味で後口もスキッと。
あんだんて (11)

他にはチーズケーキも頼みました。これが200円とは安いです。

自家製のチーズケーキは、ミルクの代わりにヨーグルトを使っていて、酸味がほんのりの甘さ控えめのチーズケーキでした。
あんだんて (12)

こちらは、大豆のポン菓子ですね。昔懐かしいです。サービスで出していただきました。
 
ご自宅を改装しているので賃料もかかりません。奥さまお一人で切り盛りいているので人件費もかかりません。そのため飲み物もケーキもカレーもリーズナブルに提供できるのです。いいお店ですね。

まったりと山間の緑を見ながら過ごすのがよろしいかと思います。ご馳走様でした。

里山カフェ あんだんて
小松市大野町丑30
TEL 090-2099-3527
10:00~17:00
金・土・日曜休
※不定休あり 営業中はのぼり旗が立っています

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング        

このページのトップヘ