あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:チーズケーキ

新竪町商店街に久しぶりに足を延ばしました。

日曜日でしたが、それほど人通りがありませんでしたが、どうなのでしょう…?

実は金沢に行った折、坂の上ベーカリーの方が出したパン屋さんでパンを買おうと思って行ったのですが、この日(日曜日)は休みでした。

インスタでは日曜は営業になっていたのですが、その旨の情報がアップされていなかったため行ってしまい現地で初めてわかったのです。
MONET

まぁ、せっかく新竪町に来たので、どこかでお茶をしようと気持ちを切り替え、目の前にあった「MONET」というカフェ&サンドイッチのお店に入ることにしました。

インスタページを見ると。フレンチビストロと書かれていますね。
MONET (6)

店内はそれほど広くはなくカジュアルな感じ。客層は若かったです。
MONET (4)

メニューです。モーニングがあって、ランチはサンドイッチがメイン。
MONET (3)

こちらはおすすめドリンクです。
MONET (5)

ショーケースにはケーキやおつまみ系が並べられていました。

デリとしておつまみ系をテイクアウトできるようでした。もちろん、店内でも楽しめます。
MONET (8)

私は、この中から「自家製生姜とライムのジンジャーエール(650円)」と、
MONET (9)

「ベイクドチーズケーキ(700円)」を頼みました。

ジンジャーエールはしっかりとした生姜味で美味しかったし、「ベイクドチーズケーキ」も濃厚な味でした。
MONET (10)

妻のほうは「キャロットケーキ(500円)」と、
MONET (7)

「カプチーノ(550円)」を頼んでいました。

家では甘いものはほぼ食べませんが、外では意外とスイーツネタが増えています。年のせい?笑

ドリンクとケーキで2人で2,400円かかったので、少し高くつきましたが美味しかったです。ご馳走様でした。

MONET
石川県金沢市新竪町3-48-1
TEL 076-299-5449
9:00~20:00(L.O.)
水曜休、不定休あり



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

一昨日紹介した琵琶湖ミニトリップ。

今日はその際に見てきたエッシャー展と、ミュージアムカフェの紹介です。

今回見てきたのは「エッシャー 不思議のヒミツ」という展覧会で、あの佐川急便の美術館「佐川美術館」で行われていました。

こちらは2月25日までなのでもうすぐ終わりですが、来る4月27日(土)~6月30日(日)間は富山市の富山県美術館で開催予定となっています。

「佐川美術館」に行くのは今回が初めてでした。こんな立派な美術館を佐川急便がやっているとは驚きです。

建築そのものが素敵で、この美術館だけでも見る価値がありました。

完全予約制でネットであらかじめチケットを購入しておく必要があります。
佐川美術館 (2)

ゲートをくぐって敷地に入ると目に飛び込んでくるのが水庭に浮かぶように建てられている2棟の本館。
佐川美術館 (8)

石橋を渡って右側の通路を進むと中に入ることが出来ます。
佐川美術館 (27)

エントランスホールとエッシャー展のパネル。
佐川美術館 (10)

「エッシャー 不思議のヒミツ」は写真撮影がokということで、館内で色々写真を写しました。

エッシャーは子供のころから好きな画家で、トリックアート(だまし絵)の第一人者として知られています。

今回は初期から代表作に至るまで150点を超える作品が展示されていて見ごたえがあり、昔、雑誌などで紹介されていて記憶にある作品も多々あって、個人的に楽しめました。
佐川美術館 (56)

こちらはリトグラフで「描く手」。
佐川美術館 (45)

木版画で「昼と夜」。
佐川美術館 (67)

リトグラフ「物見の塔」。これらは有名ですよね。
佐川美術館 (75)

あと、こんな鏡張りの部屋が設置されていました。

「エッシャー 不思議のヒミツ」を見る前に、本館の9年後2007年に建てられた「樂吉左衞門館」も見ています。
佐川美術館 (12)

樂吉左衞門氏はお茶の千家十職の一つで、楽焼の茶碗を作る茶碗師の名称。この建物もご自身が創案と監修をされているようですが、水庭に埋設された地下展示室と水面に浮かぶように見える茶室で構成されています。
佐川美術館 (18)

「守破離(しゅはり)」をコンセプトに、館内では楽焼の展示と、こちらの空間があって幻想的な佇まい。凛とした空気が漂っていました

以上を見た後、館内にあるミュージアムカフェ「SAM(サム)」でお茶をしています。
佐川美術館 (83)

ゆったりとした贅沢な空間に大きな窓。

水庭に出来る水紋を眺めながらしばし見学の余韻に浸りました。
佐川美術館 (86)

メニューです。
佐川美術館 (82)

スイーツとフードメニュー。

私と妻は、一つを「ドリンクセット(950円)」にして、もう一つはドリンクのみを頼むことに。

楽焼の茶碗の展示コーナーがあったので、日本茶メニューがあったらよかったのですがありませんでした。
佐川美術館 (91)

そこで私はストレートティー。
佐川美術館 (93)
妻はレモンティーです。単品では両方とも600円です。


ドリンクセットのケーキは季節によって変わるようで、2種類の設定がありました。

今回私が頼んだのはレアチーズケーキ。
佐川美術館 (88)

滑らかな舌触りで甘さ控えめ。美味しかったです。

今回初めて訪れた「佐川美術館」は思っていた以上に素敵な美術館でおすすめです。あとエッシャーに興味のある方は4月の富山県美術館へ是非行って見てください。

佐川美術館
滋賀県守山市水保町北川2891
TEL 077-585-7800
9:30~17:00(最終入館は16時30分まで)
月曜日(祝日に当たる場合はその翌日)・年末年始
※展示替え等のため臨時休館する場合があり
ミュージアムカフェSAM
TEL 077-585-7820
9:30~17:00



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

白山市鶴来といえば、全国に2,000社以上ある白山神社の総本社の白山比咩神社がある町として知られています。

霊峰白山の頂に奥宮が鎮座していて、鶴来の白山比咩神社は「白山本宮」と呼ばれています。

今日はそんな白山比咩神社の近くにあるカフェ「CAFE Cedar House(シダーハウス)」を紹介します。
CAFE Cedar House シダーハウス

こちら、出来てからもう10年近く経つようですが、自然の中にポツンとあるお店です。

住居兼用かと思ったらそうではありませんでした。

山小屋風と言いますか、店内もウッディーな造りで、靴を脱いで入ります。

我々は窓際のカウンター席に座りました。
CAFE Cedar House シダーハウス (10)

窓からは、目の前には白山市の酒蔵「菊姫」の八幡精米工場が見えます。そしてその向こう側には獅子吼高原を望むことが出来ます。

白山比咩神社は菊理媛神(くくりひめのかみ)を祀っていて、「菊姫」の名前の由来となっています。
CAFE Cedar House シダーハウス (7)

ドリンクメニューです。
CAFE Cedar House シダーハウス (8)

こちらは軽食とケーキ。
CAFE Cedar House シダーハウス (6)

ケーキはメニューに書かれていた以外にも、こちらのほうにも何種類かありました。

私は「レインフォレストティー(594円)」を頼みました。
CAFE Cedar House シダーハウス (11)

レインフォレストとは「地球環境保護と人々の持続可能な生活を確保すること」を目的としてできた認証(アライアンス)制度のことで、つまりその認証を受けた茶葉を使用しているということです。

そのため無農薬・化学肥料無使用で育てられた茶葉なのです。

レインフォレスト・アライアンス認証については、こちらをご覧ください

2杯ほど飲むことが出来ました。コクがありながらまろやかで飲みやすかったです。

妻はコーヒーで「ブレンド(深煎り)」を頼んでいます。594円でした。
CAFE Cedar House シダーハウス (12)

フレンチプレスで淹れていて、こちらも2杯ほど飲むことが出来ました。

私も1杯弱飲みましたが、深煎りですがオイリーでチョコのような華やかな香りがして美味しかったです。

スイーツのほうは、苺の季節限定の「苺のベイクドチーズケーキ(453円)」を一つだけ頼んでいます。
CAFE Cedar House シダーハウス (13)

苺をピューレ状にして生地に混ぜて焼かれていて、濃厚なチーズの風味に負けずにほんのりといちごの風味が口の中に広がりました。

緑の山々を眺めながらしばしの時間のんびりと過ごしてリフレッシュできたので良かったです。ご馳走様でした。

CAFE Cedar House(シダーハウス)
石川県白山市八幡町433
TEL 080-1968-8130
10:00~15:30(L.O.15:00)
日曜・月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

昨今、冷凍技術が発達してきています。

スーパーなどで売られている市販の冷凍食品もそうなのですが、昔と違ってたくさんの種類の冷凍食品を美味しく楽しむことが出来る時代になってきました。

私もテレワークしていて家で昼食を食べるときは、だいぶ冷凍食品のお世話になることが多いです。

さて、冷凍技術の進歩とともに冷凍設備がコストダウンされ、一般の飲食店でも導入しているお店が増えてきています。

それに伴い、実店舗を持つ飲食店でも、そんな冷凍食品を販売していることろが増え、より冷凍食品が身近になってきました。

今日紹介する能美市寺井「ビストロキッチン アンカー寺井店」もそんなうちの一軒。

場所は石川県道4号小松鶴来線の能美市消防本部の近くで、こちらは金沢市片町にある隠れ家的バー「@anchor.bistrobar」の姉妹店だそうです。

お店は当初は昨年の夏にオープン予定だったのですが、人員などの問題で結局今年のバレンタインデーにプレオープン。その後正式にオープンしています。
ビストロキッチン アンカー寺井店

看板が小さいので少しわかりづらかったですが、同じ建屋にバーと2軒並んでありました。

お店の前に、黒い冷凍食品の自販機が置かれています。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (3)

4人掛けのテーブル席が4つとカウンター席が4席。店内はそれほど広くありません。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (6)

現在こちらでは11時からのランチタイムと16時までのカフェタイム営業で、夜の営業はされていません。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (8)

メニューです。単品と、
ビストロキッチン アンカー寺井店 (9)

ドリンク。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (7)

私が今回お願いしたのは、こちらのランチコース(2,200円)です。

内容は「前菜盛り合わせ」「3種類から選べるオムライス」「デザート」「ドリンク」という構成。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (12)

前菜は「ベーコンとほうれん草のキッシュ」「牛もも肉の自家製ローストビーフ」「サーモンのカルパッチョ」「キャロットラペ」でした。

そしてメインのオムライスは「トマトソース」「ホワイトソース」「トマトクリーム」の3種類からチョイス出来て、私は「トマトソース」でお願いしています。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (14)

出されたオムライスがこちら。使われている皿はポルトガル発祥のテーブルウエアブランド「コスタ・ノバ」でした。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (15)

オムライスは、中のライスにひじきを入れて炒められていました。

トマトソースの程よい酸味と、玉子&ライスの相性が良かったです。

デザートは「自家製バスクチーズケーキ」。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (16)

しっとりとした食感でチーズの濃厚な味がよく出て美味しかったです。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (11)

ドリンクは「カシスグレープフルーツ」をお願いしています。

なおメニューにあるオムライスなどは、本格的レストランメニューとしてお店で冷凍販売されていて、家でレストランの味をそのまま楽しむことが出来ます。

外の自販機では24時間買い求めることが出来るのがうれしいですね。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (2)

私は今回試しに「真鯛と蛤のアクアパッツァ(2,000円)」を買い求めてみました。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (19)

レンチンより湯煎したほうが美味しいでしょう。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (22)

シャルドネの白ワインでしっかり煮込んであり、魚介の出汁が出ていて、ローズマリーがいい仕事していました。これをバゲットに乗せて食べました。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (23)

真鯛と蛤は味も食感も、普通のレストランで食べるようなクオリティだったと思います。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (25)

冷凍で買える品は、私が食べたオムライスとアクアパッツァ以外にも色々あって、他にはアヒージョやコンフィ、ビーフシチューなども。なかなか充実していました。

ちなみに、こちらでは移動販売の運営もしていて。イベントなどに出かけて料理をふるまっているようです。

このようなレストランの味がいつでも楽しめるとは世の中便利になったものですね。ご馳走様でした。

ビストロキッチン アンカー寺井店
石川県能美市寺井町や15
TEL 0761-66-1299
11:00~16:00
日祝休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

前にも一度書いたことがありますが、現在私は家ではスイーツ類は一切食べないことにしています。

ケーキ類やアイス、焼き菓子など甘いもの全般です。

間食に関してもあまりせずに、家で食べるのはポテトチップスぐらいかな?年頃にはカロリー過多が大敵です。

そんな私ですが、外食では洋系のお店でセットに付いてくるデザートは食べますし、本当にたまにですが、イートインできる洋菓子店などに行って食べて、ブログで紹介しています。

さて、今日は昨日紹介した「ひるよる食堂 オオハタ」でランチを食べた後にお邪魔しています。

「WARP(ワープ)」という洋菓子と喫茶の店で、前は「Pony(ポニー)」という名前だったらしいですが、お母さんから娘さんに代が変わり、それを機にリニューアルして店名を変更、リスタートを切っています。
ワープ (2)

外観は洋館の趣。店内に入って正面にあるカウンターとケーキのショーケース以外は喫茶店らしい作りでした。

ちなみにSWAY DESIGN(スウェイデザイン)が設計監理・改装・内装デザインを手掛けています。
ワープ (6)

両側にゆったりとした配置でテーブルが並んでいて、意外にスペースが広かったです。
ワープ (4)

こちらがメニューです。ベーグルやあんぱんなどもありました。
ワープ (5)

ショーケースの中には数種類のケーキ。昔からある定番ケーキが多い気がしました。

そしてショーケースの前には焼き菓子が並んでいます。

カウンターでオーダー、お金を支払ってから席に座ります。

前の「Pony(ポニー)」の時からのお客さんなのでしょう?地元の方が多くいらっしゃって大きな声で話しながら飲み食べしていました。
ワープ (9)

私は「生シュークリーム(250円)」と「カフェラテ(500円)」を頼んでいて、妻は「N.Y(ニューヨーク)チーズケーキ(450円」と「ブレンドコーヒー(450円)」を頼んでいます。
ワープ (8)

お店の人が間違えて、ドリンクが私と妻のが逆のトレーに乗せられていました。汗
ワープ (10)

「生シュークリーム」は生クリームがたっぷり入っていました。それほど甘くなく滑らか。美味しかったです。
ワープ (11)

妻の頼んだ、湯せん焼きするのが特徴の「ニューヨークチーズケーキ」ですが、ベイクドチーズケーキらしい食感だったようです。

この日はカロリーを取り過ぎたので、この後、天気が良かったのでウオーキングしました。ご馳走様でした。

WARP(ワープ)
石川県加賀市山代温泉1丁目98
TEL 0761-76-0888
10:00~19:00
火曜・水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ