あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:チーズケーキ

羽咋市といえばまちおこしに頑張っているところというイメージを持っています。

たとえば、ローマ法王に献上したことで知られる神子原米や、すっかり有名になったUFOの町として知られていますね。

今日紹介します「神音カフェ(かのんかふぇ)」は、その神子原の隣町にあるカフェで、まぁ、ナビがなければたどり着けないような中山間地にお店はあります。

お店の名前の「神音カフェ」とは、自然と隣り合わせた神々の音が聞こえる里という意味を込めて名付けられています。
神音カフェ

入口はこんな感じ。
神音カフェ (3)

中に入るとコーヒーのいい香りがします。
神音カフェ (4)

築70年以上の古民家を、ほとんどそのまま活用されています。
神音カフェ (9)

囲炉裏のある部屋もそのままです。
神音カフェ (5)

昨今、大幅にリノベーションをしているところも多いですが、この古民家の雰囲気をあえて残していて、今までにないお店かもしれません。

オーナーの武藤一樹さんは岐阜県出身。某レコード店のバイヤーや金沢のコーヒー豆専門店を経て、石川県内で独立するにあたって色々あたったようです。

コーヒーマイスターやジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター(野菜ソムリエ)の資格をお持ちです。

2年前にTBS系日曜劇場「ナポレオンの村」というドラマ(主演唐沢寿明さん)のモデルとなった「ローマ法王に米を食べさせた男」の著者でもある羽咋市のスーパー公務員だった、高野誠鮮さんとのご縁もあって、この地にお店を出すことに。

ちなみに奥さまは輪島のかただそうです。
神音カフェ (11)

自家焙煎もこの建屋中でやっていて、お店には4種類ほど置いていあました。
神音カフェ (10)

昨年オープンした「いい道の駅のと千里浜」にも商品を売っていたり、石川県内20店舗ほどでこちらのコーヒーを飲むことが出来ます。ちなみに「いい道の駅のと千里浜」では、オリジナルの千里浜ブレンドを飲むことが出来ますよ!

「神音カフェ」のコーヒーは、小松では、私のブログで2度ほど紹介したことがある「CAFE CERCLE(カフェ セルクル)」で飲むことが出来ます。

さて、メニューの写真を撮り忘れましたが、ランチのカレーがウリのようですが、今回は残念ながらランチを食べての訪問だったので、次回の宿題です。

自家焙煎コーヒーがもちろん一番なので、我々は一番深煎りタイプの「御稜山ブレンド(360円)」にしました。
神音カフェ (16)

深煎りですが、ほど良い苦みで香りも華やか。コクもあって美味しく飲みました。
神音カフェ (14)

デザートとして「そばの実のチーズケーキ(400円)」もあわせて頼みました。

帰りにコーヒー豆を「かのんブレンド(100g460円)」と「御陵山ブレンド(100g490円)」の2種類買い求めました。
神音カフェ (21)

「かのんブレンド」のほうは、まろやかでほどよいコク、爽やかな香りですっきりとしたあと口のコーヒーです。

山の中のカフェ。立地条件は悪いですが、それがかえって美味しいコーヒーを飲むには最高の環境かもしれません。また訪れたくなるカフェでした。ご馳走様でした。

神音カフェ(かのんかふぇ)
神音カフェ
石川県羽咋市菅池町カ54
TEL 0767-26-1128
11:30~17:30
火曜・日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は小松市安宅町に4月6日にオープンした新しいケーキ屋さんの紹介です。

ブログではあまりケーキのお店は紹介していないのですが、カフェ併設ということで行ってきました。

ユウスイーツ

昔スナックだったお店を改装されています。
ユウスイーツ (11)

カフェスペースも併設されているお店で、カフェスペースはまさに前のスナック感が出ていますね。
ユウスイーツ (4)

ちなみに、オーナーパテシエのご実家が小松駅の高架下で営業されています人気のうどん店「小松うどん道場つるっと」なのです。

小松にUターンされていますが、一時、ご実家のうどん店のチーフとして働きながらケーキ作りをやられていました。その前は大阪でリーガロイヤルホテル堺やパティスリー まめの木などに勤務されて腕を磨いていたようです。

奥さまは大阪の方で、今年の雪にはさすがにびっくりされていました。

この日は一人でお邪魔しました。12時少し過ぎたころで、お店の前には車が4台ほど止まっていて、満席かな?と思うほど。
ユウスイーツ (2)

中に入ると、カフェ使いの方もいらっしゃいましたが、テイクアウトの方が順番待ちをされているかたが多かったです。

順番を待って、レジのところでケーキのオーダーしてテーブル席に座って待ちます。
ユウスイーツ (8)

食べたのは、「ベイクドチーズケーキ(380円)」。ケーキ類は大体400円前後。
ユウスイーツ (3)

他にも焼菓子類の種類が豊富にありました。糖質制限チョコバーなんてのもありました。面白いですね。
ユウスイーツ (13)

頼んだドリンクは、蒸し暑い日だったのでアイスコーヒー。
ユウスイーツ (7)

こちらのお店はドリンクもテイクアウトできます。
ユウスイーツ (12)

この日、私もテイクアウトしましたが、買い求めたのはケーキではなく、こちらのキッシュ(350円)です。
ユウスイーツ (14)

ベーコン・シメジ・ホウレンソウをバターでソテーした上で、胡椒・塩・ナツメグを効かせてある味。上品でケーキ屋さんの作るキッシュらしくほのかな甘さが心地よいものでした。美味しかったですよ。

このキッシュは常時あるわけではありません。あるかどうかはお店にご確認をお願いします。

小松のスイーツ店がいつの間にか増えていて、激戦地の様相ですが、こちらのお店はカフェ併設なのがうれしいですね。ご馳走様でした。

ユウスイーツ ケーキアンドベイク
YU SWEETS cake and bake
0761-66-8107
石川県小松市安宅町子1-1
木曜,2・4水曜
臨時休業あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

世の中にはギャラリーを併設したカフェが多くあります。

先日紹介した白山市の「ガレリア(GALLERIA)」もそうでしたし、「珈琲舎 ル.シェーヌ」も多くの油絵が飾られていてギャラリーのようなカフェでした。

確かに、カフェや喫茶店も、心の一服の清涼を求めて入るという目的もあると思うので、アートに触れることは、その目的にかなうことだろうと思います。

さて、今日紹介します福井のあわら市にあります「ギャルリー・ラコンテ」も、そんなギャラリー併設のカフェの中の一軒です。
ギャルリー・ラコンテ (2)

場所は、たぶん知らないと行かないであろう、いわゆる農村地帯の中にあります。私もカーナビがあったのでたどり着くことが出来ました。

大きな家の一角を改装しているようです。
ギャルリー・ラコンテ (4)

行ったのがGWということだったからか、ギャラリーには5月人形や鯉のぼりなどがたくさん飾られていました。

おもちゃ屋さんに来たような気分でした。

絵に囲まれてお茶を飲むというのをイメージして入ったのですが、ちょっとびっくりです。
ギャルリー・ラコンテ (15)

そこで我々は、日本庭園を眺められるオープンテラスの場所に行き、そちらでお茶をすることにしました。
ギャルリー・ラコンテ (30)

新緑の季節ということ。そしてちょうどいい気温。この時期だからこそ、オープンエアで気持ちのいい時間を過ごすことが出来ました。
ギャルリー・ラコンテ (31)

こちらの一角には絵画が飾られています。

絵画の収集に立派な庭。母屋もとても大きな家。オーナーの方は代々に渡って財を成した方たちなのだろうと推測されます。

室内とオープンテラスの席を合わせると相当の人数が入ることが出来る大きなお店。
ギャルリー・ラコンテ (10)

メニューの種類も豊富で日替わりランチやパスタメニューなどもあって、カフェのほうもフルーツティなどあったりして少し他とは変わっていました。
ギャルリー・ラコンテ (3)

私はその中から初物で珍しかったこともあり、八宝茶(680円)というのを頼んでみることにしました。
ギャルリー・ラコンテ (19)

中国茶で八宝というのはたくさんという意味。実際にクコの実・ナツメ・竜目・青干しぶどう・陳皮。白木耳・干杏子・氷砂糖の8種類の漢方薬に使われ薬膳の効果があると言われれているドライフルーツ類がたっぷりお茶の中に入っています。中国「医食同源」を実感できる健康茶ですね。

たとえばクコの実は、老化予防、免疫力向上、血圧・コレステロール降下に効果的と言われていますし、陳皮(ミカンやダイダイの皮)は、健胃、咳や痰を鎮める効果があると言われています。
ギャルリー・ラコンテ (20)

普段はこんなお茶は絶対に飲まないと思うので、試しに飲んでみました。
ギャルリー・ラコンテ (23)

砂時計で2分待ってからフタを開けて飲みます。何となく健康そうな香りです。
ギャルリー・ラコンテ (21)

2杯目はこちらの具を追加して飲みます。

氷砂糖が入っているので、ほんのり甘いお茶ですが、色々なものが混ざり合って深い味です。もちろん、8種類の具もすべて食べることが出来ました。
ギャルリー・ラコンテ (16)

妻が頼んだのはケーキセット(780円)で、この日は3種類のケーキから選ぶことが出来ました。

ドリンクはコーヒーです。紅茶もokです。

彼女が頼んだのはベイクド・チーズケーキ。
ギャルリー・ラコンテ (17)

私も一口食べましたがそれほど甘くなく美味しかったですよ。

いわゆる田舎にあるカフェで、オープンテラスでお茶をしていても、車がほとんど通らないので静かにお茶を楽しむことが出来るのがよかったです。ご馳走様でした。

ギャルリー・ラコンテ(Galerie Raconter)
福井県あわら市大溝2-38-21
TEL 0776-73-3167
10:00~19:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


その食後にぶらりひがし茶屋街に向かう途中、「流寓」の前で立ち止まりました。
流寓 (2)

ここは一日2組限定完全予約制創作フレンチのお店で、なかなか予約が取れないため私もまだ行ったことがないのですが、お店の前に「今日はカフェのみご利用できます」という張り紙を見て入ってみることにしました。

この場所は「嗜季」という私も一度お邪魔したことがある創作懐石料理のお店だったところですが、昨年秋に一時閉店なって、その後、お隣で営業していた「流寓」がこちらに移ってきています。

茶屋街の町家を使用したお店で、元々茶屋バーという町家つくりのバーであったころから、基本的なレイアウトや佇まいはあまり変わっていません。
主計町

創作フレンチは浅野川を見渡せる2階の部屋で食べますが、カフェは1階のカウンターと一つのテーブル席を使用します。
流寓 (4)

インテリアがシックモダンで、落ち着いた照明でゆっくり静かにお茶することが出来ます。
流寓 (3)

メニュー見ると、フレンチ以外にも軽めのランチメニューもあるようです。まぁ、カツ系のは私は食べませんが……。^^;

今回、私は「自家製ケーキとドリンクのセット(800円)」を頼むことにしました。

ケーキは3種類設定がありましたが、アイスクリーム系を避け私は「チーズケーキ」をお願いしました。
流寓 (5)

まず温かい番茶が出されます。寒い日だったのでうれしいです。

そしてランチコースの対応で少し時間がかかると言われていたので、数分待って出されたのがこちら。
流寓 (8)

ドリンクはコーヒーです。マシンで淹れてくれます。
流寓 (7)

「チーズケーキ」は、酒粕を使っていてほんのりと口の中で酒粕の匂いがしました。それほど甘くは無く大人の味で、これはこれで美味しかったです。
流寓 (6)

メレンゲのお菓子も添えられていました。

今回はカフェのみの利用でしたが、いつかは2階で創作フレンチを楽しみたいですね。ご馳走様でした。

流寓(LUGU/ルグゥ)
石川県金沢市主計町2-10
TEL 080-3249-9012
カフェ&ランチ
11:00~19:00
予約制懐石コース
昼12:00から
夜18:00から
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

我が家でも無印良品のものは時々買い求めます。

私の知人がSAISON GROUPで無印良品の立ち上げ時に開発に携わっていたことがありましたが、元々は西友のプライベートブランド(PB)として立ち上がったものの、現在は独立資本として東証一部上場にも上場している会社です。

シンプルなデザインや使いやすさと、それに相応の価格を実現していて人気のブランドです。
あべのハルカス (3)

さて、そんな無印良品が出しているカフェが全国各地にありますが、大阪近鉄あべのハルカス店は2016年11月にオープンしていて国内17店舗目となります。

私はこれまでにカフェのほうは利用したことがありませんでした。

あべのハルカス近鉄本店ウイング館2Fに大きなスペースを持っているMUJIの店舗の一角にあります。カフェ自体も席数は64席もあって、意外に広くてびっくりしました。
ムジ (6)

オープンなお店でカジュアルな中にもセンスが感じられる、いかにもMUJIらしいお店です。

国内の「Cafe&MealMUJI」の店舗では初のテーブルオーダー方式を採用しています。これまである店舗ではセルフサービスだったようです。

この日は別な場所でランチをして、時間調整のためにカフェ利用で入りました。
ムジ

平日の午後、場所柄女性客がほとんどでした。

ランチメニューは、「一汁三菜のセット」「一汁四菜のセット」など、お米をキーワードにして、毎日その日の分を精米するなど、新しいコンセプトでランチを提供していますが、私は今回はカフェ利用でランチを食べていません。

一番端の席に座ります。オーダーは席まで取りに来てくれます。
ムジ (2)

こちらがドリンクメニュー。
ムジ (3)

そしてスイーツメニューです。

私は、コーヒー(300円)と、本和香糖のチーズケーキ(400円)を頼みました。飲み物とセットで頼むと100円引きになります。

「本和香糖」とは、沖縄県産さとうきび100%原材料に作られた砂糖で、その砂糖を100%使用して作られたチーズケーキです。本和香糖自体もMUJIの店舗で売っています。

名前自体は「本当に和の香りがする砂糖」の意味から名付けられたようですが、食べてみても残念ながらそこまではわかりませんでした。^^;

しかし、ネーミングが秀逸です。「ほんわか」という読みもいいですねぇ~。
ムジ (9)

チーズケーキそのものは、密度が濃い濃厚な味ですが、やさしい味でもありました。
ムジ (10)

コーヒーのほうはすっきりした後味と酸味で飲みやすいコーヒーでした。

百貨店の中のお店ということで、多くのお客さんが周りを行き来していて、静かにゆっくり時間をかけてコーヒータイムということは難しいかもしれませんが、お手頃値段でスイーツとドリンクをセットで一人楽しんだり、グループで買い物ついでにコーヒーブレイクなんてのもいいかな?と思いました。ご馳走様でした。

Cafe&MealMUJI(カフェ ムジ) 近鉄あべのハルカス
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
 あべのハルカス近鉄本店ウイング館2F
TEL 06-6624-2260
10:00~20:30
フードメニューは11:00スタート
近鉄あべのハルカスの休日に準じる



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ