あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:ソフトクリーム

少し時期的に外れてしまいましたが、今日は冷菓の話題です。

ブログではあまり紹介していないイオンモール新小松にある2軒です。
平松牧場 (5)

まずは、加賀市分校町に牧場があって、「平松牧場 MooMooまきば」という直営のジェラートのお店があります。ミルク味の美味しいソフトクリームを食べることが出来ますが、私のブログでも何度か書いています
平松牧場

イオンモール新小松店がオープンした時に支店が出来たということは知ってはいましたが、今回初めてイオンモール新小松店のお店で買ってみました。
平松牧場 (3)

息子が頼んだ「ミルクソフトクリーム(税別300円)」です。やはり美味しいです。
平松牧場 (4)

妻が頼んだジェラートは「ブルーベリー(税別320円)」を頼んでいます。こちらはシングルです。濃厚な味でした。
平松牧場 (2)

なおソフトクリーム・ジェラートともコーンかカップが選べます。

ご馳走様でした。

平松牧場 MooMoo makiba イオンスタイル新小松
石川県小松市沖周辺土地区画整理事業区域内20街区
 イオンモール新小松1F
TEL 0761-20-8507
9:00~21:00
無休

そして「平松牧場 MooMoo makiba」から10mほど離れた場所にあるのが「金座和アイス」です。
金座和アイス

4月にオープンした新しいお店です。

夏前はあまりお客さんが入っていませんでしたが、さすがに夏になるとだんだんと増えてきたようです。

こちらは「溶けないアイスクリーム」がウリのお店です。
金座和アイス (3)

お店によると「金沢生まれの溶けない?アイスクリーム(★特許第5603088号取得)イチゴポリフェノール使用(水分と油分の分離を防ぐ橋渡しの役目)により、アイスで40℃で3時間、ソフトクリームで30分は形状を保つ、暑い日に最適なアイスクリーム」と紹介しています。

せっかくなのでネタ的にもいいかな?と思って「ぐでたまアイス」にしてみました。「ぐでたま」とは、TBSの朝の報道番組「あさチャン」でもおなじみのゆるキャラ。サンリオのキャラクターなのですね。知りませんでした。
金座和アイス (2)

毒舌の気の抜けた感じのキャラですが、どこか憎めないゆるキャラです。

こちらがそうです。

「溶けない」ことを証明するには3時間以上待たないといけないのですが、そんなには待てません。^^;

小さめのアイスなので、すぐに食べてしまいました。「ぐでたま」が少しかわいそう……?

「金座和アイス」、暑い時期はいいのですが、冬の間はどうするのでしょうか?同じアイスで勝負?他人事ながら心配?です。^^;

ご馳走様でした。

金座和アイス イオンモール新小松店
石川県小松市沖周辺土地区画整理事業区域内20街区
 イオンモール新小松1F
TEL 080-3038-6205
9:30~21:00
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

道の駅紹介シリーズは、初めて福井の道の駅の紹介です。
道の駅 みくに (20)


行った日はGWということもあって、大勢の人で賑わっていました。
道の駅 みくに (10)

屋外では陶器市もやっていました。
道の駅 みくに (2)

メインの建屋は福井のお土産類や農産物の直売所があり、大きなスペースを割いています。北陸でも販売コーナーとしては大きなほうではないでしょうか?
道の駅 みくに (4)

その中でも、こちらの「手作り工房」が人気のようです。特に「ねりもの工房」が人気のようで、出来立ての練り物を求めるお客さんでいっぱいでした、私も買い求めようと思ったら、いま出ている分はすべて予約済みだそうで、次回は40分くらいかかりますと言われ断念。

そこで買い求めたのは、福井の嶺北地方で有名な油揚げと、同じく福井で有名な日本酒「梵」の純米大吟醸酒粕に漬けこんで作られた「クリームチーズの粕漬け」。
道の駅 みくに (8)

「クリームチーズの粕漬け」は酒粕の香りがほんのりして、日本酒でもワインでも合うようなチーズでした。

そして夕飯で食べるお惣菜として「キャベツミンチカツ」「ズワイガニ入りクリームコロッケ」。

私は「キャベツミンチカツ」を食べましたが、キャベツのサクッとした食感を感じるジューシーなミンチカツでした。
道の駅 みくに (12)

レストランは地元特産品飲食コーナーとなっていて、地元でとれた農産物や魚介などを使用したメニューを楽しむことが出来るようですが、今回は入りませんでした。

三年子花らっきょをトッピングした「らっきょラーメン(800円)」なんてユニークなラーメンもあるようでした。個人的にはらっきょうは苦手な方なので遠慮したいのですが…。^^;
道の駅 みくに (13)

レストランの入り口付近に飾られていたこちらは、大相撲の優勝力士に昔贈られたことがあるらっきょう入りのトロフィーです。もらった力士も逆に大変だったのでは?

あと、らっきょう資料館もあるとネットでは書かれていましたが、わかりませんでした。

道の駅 みくに (18)
最後に私は、同じ敷地にある高橋牧場直営の売店で、オリジナルソフトクリーム(320円)を買い求めました。
道の駅 みくに (16)

4月末なのに初夏のような暑さだったので、冷たいものが欲しくなったからです。

三国にある高橋牧場で搾乳された新鮮な牛乳を使用した、濃厚で爽やかなソフトクリームです。人工甘味料や香料などを一切使わずに作られていて、それほど甘くなく美味しかったです。

道の駅は本当にどこも賑わっていますね。ご馳走様でした。

道の駅 みくに・ふれあいパーク三里浜
福井県坂井市三国町山岸67-3-1
TEL 0776-81-6392
9:00~18:00(施設により異なる)
ファーム高橋手造りミルク工房
9:30~17:00
8・9月は休みなし


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は、加賀市片山津のグルメな話題3題です。

お盆休みのときに、これから紹介します3軒のお店をぐるりと巡りました。

まずは、「玄命庵」という玄米食を食べさせてくれるお店。
玄命庵 (5)

加賀市産コシヒカリ玄米と黒米、国産小豆を加え、独自の製法で炊き上げた「玄生米(げんきまい)」がウリのお店です。
玄命庵 (3)

甘味はてんさい糖と加賀はちみつのみを使用。化学調味料、保存料も不使用というヘルシーで美味しい料理をリーズナブルに提供してくれる人気のお店ですね。
玄命庵

私のブログでも過去に2度ほど紹介したことがありますが、今回はランチを食べに行ったわけではありません。
玄命庵 (10)

一応、お惣菜も売っていることは知っていたので、夜、我が家で食べるためのおかず類を買いに行きました。
玄命庵 (13)

こちらのおまかせ煮物は昆布とかつおだしで一品ずつ別々にに合わせています。上品なうす味でした。
玄命庵 (12)

きんぴらごぼうは、しっかりとした食感が残っていました。
玄命庵 (11)

玉子焼きも少し甘めの味で美味しかったです。
玄命庵 (14)

どれも、体が喜ぶようなお惣菜でした。ランチだけではなく、テイクアウトでも重宝するお店は貴重なのでうれしいですね。ご馳走様でした。

玄命庵
加賀市片山津町ス柄6-5
TEL 0761-74-0345
10:00~19:00(L.O.)
水曜休



お次は、かぼちゃ村の中にある「村のソフトクリームmokmok」です。
mokmok

かぼちゃ村のお店については私のブログでも何度か紹介していますが、どこも人気のお店です。

「村のソフトクリームmokmok」の窓口は、いまはクローズされていて、村カフェ「アレコレ」の中でオーダーします。

色々なソフトクリームがメニューには並んでいましたが、私が頼んだのは、少し珍しい種類を!ということで、こちらの「黒炭塩そふと(440円)」です。
 
mokmok (7)
色合いは最初思っていたより黒くはありませんでした。振りかけられているのは珠洲の竹炭塩。ほんのり塩気がきいたソフトクリームでした。

お盆休みの蒸し暑い日に食べたので、体をクールダウンするのによかったです。ご馳走様でした。

村のソフトクリームmokmok
石川県加賀市片山津温泉丁12-1
 カボチャ村内
TEL 0761-74-8562
(電話は「アレコレ」にかかります)
10:00~23:00
水曜休



最後は、「森のくまさん」というハチミツのお店です。
森のくまさん

片山津温泉の外れ。古いアパートビルの1階にお店はあります。

実は、行った日はお盆で運悪くお店がお休みでした。

そこで、前述の「玄命庵」でも売っていたこと思い出して、再度「玄命庵」まで戻り買い求めました。
森のくまさん (3)

買い求めたのは2017年度のあかしあ蜂蜜です。120gで1,100円(税込)でした。

クセがないアカシアのハチミツ。

味と香りもやさしく、パンに塗っても、料理の甘味料で使っても美味しくいただくことが出来ます。ご馳走様でした。

加賀のはつみつ屋 森のくまさん
石川県加賀市潮津町ロ4-1
TEL 0761-74-3887
10:00~16:00
木曜休(加えて不定休あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

まだまだ続く福井ネタ。今日は甘味系の話題です。
はちみつ屋 (2)

先日紹介したモーニングを食べた「みくに隠居処」の2軒隣にある「はちみつ屋」さん。
はちみつ屋 (4)

お店の名前自体が「はちみつ屋」です。
はちみつ屋 (7)

大沼養蜂園が直営しているお店で、当然、大沼養蜂園で採蜜したハチミツを使ったスイーツ系の商品や土産品などを売っています。
はちみつ屋 (8)

店内には小さなイートインスペースもあります。

個人的には家でハチミツをそれほど食べることはありませんが、ハチミツは自然の恵みの甘味の代表ともいえる健康食品ですね。

ご存じの通りハチミツは、ミツバチがどんな花から採蜜したかで香りと味が違います。

考えるにミツバチは、単一の草花だけから採蜜するわけではないと思うのですが、「アカシヤ」や「レンゲ」あたりがよく聞かれる名前です。

当然、花が咲く他の植物からも蜜を取って来るわけで、こちらのお店では、何種類かのハチミツを試食させてくれます。

今回私は、おやつとして、こちらのお店で人気のソフトクリームを食べに立ち寄りました。

この日は色々なお店で飲み食いしているので、小さいサイズのをお願いしました。
はちみつ屋 (10)

「はちみつ屋」というからには、当然、クリームにもハチミツが入っているのですが、こちらのお店では、上からもハチミツをかけてくれます。

お店では4種類からチョイスすることが出来ます。

どれにするか少し悩みましたが、お店の人とも話をして、やはり一番ベーシックな「山の蜂蜜」をかけてもらいました。

何せ、「迷ったらこれ!」と書かれていたからです。

甘いソフトクリームに甘いハチミツの組合せ。お互い喧嘩するかな?と思いましたが、ハチミツの甘さが際立っていたので、そんな心配をする必要はありません。

あと家へのお土産で、こちらの「からす山椒」のハチミツのミニサイズと、ハチミツ飴を買い求めました。
はちみつ屋 (12)

「からす山椒」のハチミツは、最初、イメージとして山椒のよな辛みのあるハチミツかと思いましたが、柑橘系のすっきりとしたあとくちで美味しいハチミツでした。

ハチミツ飴は、中からハチミツがとろ~りと出てきます。

ちなみにこちらのお店のハチミツは、加賀市の「竹の浦夢創塾」「元気村」JA加賀などでも買い求めることが出来るそうです。ご馳走様でした。

はちみつ屋(大沼養蜂園直営)
福井県坂井市三国町宿3-7-20
TEL 0776-82-2098
10:00~16:00
火・水・木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

11月初旬に、恒例の富士山ろくでのお墓参りを兼ねて、妻のお母さんを連れ箱根に行ってきました。

昨年も、同じく箱根の強羅に泊まりましたが、今年は湯本で宿泊。飲食編については後日改めてアップしていきたいと思います。今日は、文化・芸術の秋ということで箱根で入った博物館、美術館について書きます。

今回、残念ながらお天気には恵まれませんでした。昨年は2日間とも快晴の最高の天気だったのですが、今年は一日目はまずまず。しかし、2日目は雨と霧で当初の予定を大幅に変更せざるを得ませんでした。

まず、1日目。箱根湯本に伸縮から小田急ロマンスカーで移動して、その後ランチを食べ、その足で向かったのは「箱根北原おもちゃミュージアム」。

箱根湯本駅からすぐ近くなのですが、急な上り坂なので、駅から出ている無料の送迎バスに乗られることをおすすめします。帰りは下りなので歩きでもいいかもしれません。

「箱根北原おもちゃミュージアム」は、テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」の鑑定士の一人として有名な、おもちゃコレクターの北原照久氏が館長をつとめている観光施設です。
おもちゃ博物館 (2)

ミュージアムは2つに分かれていて、コレクション1には北原照久氏が40年かけて収集した、1900年から1970年代ごろまでに作られたブリキのおもちゃおよそ3,000点。
おもちゃ博物館

入口近くでは鉄人28号が迎えてくれます。
おもちゃ博物館 (9)

館内には昔懐かしいセルロイドのお面やおもちゃ。
おもちゃ博物館 (6)

だっこちゃん人形もありますね。懐かしい!

歌舞伎役者、17代目の故市村羽左衛門が収集した2,000台に及ぶミニカーなどが所狭しと並べらています。
おもちゃ博物館 (7)

サンダーバードやスターウオーズ関連のフィギアや玩具類なども懐かしですね。
おもちゃ博物館 (8)

コレクション2には、アメリカの宝石店などのショーウインドウでプロモーション用に作られたという1920年代から50年代にかけての動くディスプレイ「モーションディスプレイ」。様々なレコージャケットを飾った音楽コレクションルームなどを見ることが出来ます。
おもちゃ博物館 (10)

北原氏は、全国にこの手のミュージアムを6館運営しているらしいですが、このコレクションの量と質、素晴らしいものがありますね。見ごたえがありました。

箱根北原おもちゃミュージアム
神奈川県足柄下郡箱根町湯本740
TEL 0460-85-6880
10:00~17:00
入館は16:30迄
無休
料金:大人1300円
子供(4才~小学生)650円

お次は「箱根彫刻の森美術館」です。
彫刻の森美術館

こちらへは私は20年以上前に一度行ったことがあります。
すすき

本当は、今回、こちらには行く予定ではなかったのですが、本来行こうと思っていた大涌谷と仙石原すすきが、あいにくの悪天候。霧と雨のため諦めざるを得なかったのです。

そこで急きょ「箱根彫刻の森美術館」に変更しました。
彫刻の森美術館 (8)

こちらも霧がかかっていたのですが、まぁ、近くで見て楽しむ彫刻類なので、それほど問題にはなりませんでした。

妻も妻の母も、こちらの方が喜んでくれたので結果オーライでした。
彫刻の森美術館 (28)

箱根彫刻の森美術館は、日本初の野外美術館として有名で、敷地内に内外の著名なアーチストの作品が展示されています。
彫刻の森美術館 (31)

ヘンリー・ムーア、佐藤忠良、ピカソなどの作品が至るところにあります。
彫刻の森美術館 (6)

こちらはイサム・ノグチの作品です。
彫刻の森美術館 (12)

ちなみに、ピカソの作品は、彫刻以外の物も、こちらの「ピカソ館」に多数展示されていました。

最初からこちらにしておけば、もっとゆっくりと見学することが出来たのに……。^^;

箱根彫刻の森美術館
神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121
9:00~17:00
入館は閉館30分前まで可能
年中無休、
入館料
大人1600円
大学生・高校生1100円
小中学生800円

最後は、箱根湯本から小田急で新宿へ戻る前に買い求めた「珈琲牛乳ソフト」の紹介です。

こちらのお店は、生豆をご注文ごとに焙煎する「煎りたて珈琲豆」の専門店として人気です。

この「珈琲牛乳ソフト」が美味しかったです。 
箱根焙煎珈琲 (2)

箱根焙煎珈琲という煎りたて、挽きたて、淹れたてのコーヒーをテイクアウトでも飲むことが出来、おなじところで「珈琲牛乳ソフト」も売っています。
箱根焙煎珈琲 (3)

まぁ、これからの季節、ソフトクリームどころではないかもしれませんが、箱根の街を歩き疲れて時などにいいかもしれませんよ。

コーヒー牛乳の味を忠実に再現。さらには深煎りコーヒーで甘さ控えめのソフトクリームでした。珈琲豆にこだわっていて大人のソフトクリームかもしれません。一個350円です。

箱根焙煎珈琲
神奈川県足柄下郡箱根町湯本702
TEL 0460-85-5139
10:00~17:00
不定休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ