あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

タグ:ソフトクリーム

11月初旬に、恒例の富士山ろくでのお墓参りを兼ねて、妻のお母さんを連れ箱根に行ってきました。

昨年も、同じく箱根の強羅に泊まりましたが、今年は湯本で宿泊。飲食編については後日改めてアップしていきたいと思います。今日は、文化・芸術の秋ということで箱根で入った博物館、美術館について書きます。

今回、残念ながらお天気には恵まれませんでした。昨年は2日間とも快晴の最高の天気だったのですが、今年は一日目はまずまず。しかし、2日目は雨と霧で当初の予定を大幅に変更せざるを得ませんでした。

まず、1日目。箱根湯本に伸縮から小田急ロマンスカーで移動して、その後ランチを食べ、その足で向かったのは「箱根北原おもちゃミュージアム」。

箱根湯本駅からすぐ近くなのですが、急な上り坂なので、駅から出ている無料の送迎バスに乗られることをおすすめします。帰りは下りなので歩きでもいいかもしれません。

「箱根北原おもちゃミュージアム」は、テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」の鑑定士の一人として有名な、おもちゃコレクターの北原照久氏が館長をつとめている観光施設です。
おもちゃ博物館 (2)

ミュージアムは2つに分かれていて、コレクション1には北原照久氏が40年かけて収集した、1900年から1970年代ごろまでに作られたブリキのおもちゃおよそ3,000点。
おもちゃ博物館

入口近くでは鉄人28号が迎えてくれます。
おもちゃ博物館 (9)

館内には昔懐かしいセルロイドのお面やおもちゃ。
おもちゃ博物館 (6)

だっこちゃん人形もありますね。懐かしい!

歌舞伎役者、17代目の故市村羽左衛門が収集した2,000台に及ぶミニカーなどが所狭しと並べらています。
おもちゃ博物館 (7)

サンダーバードやスターウオーズ関連のフィギアや玩具類なども懐かしですね。
おもちゃ博物館 (8)

コレクション2には、アメリカの宝石店などのショーウインドウでプロモーション用に作られたという1920年代から50年代にかけての動くディスプレイ「モーションディスプレイ」。様々なレコージャケットを飾った音楽コレクションルームなどを見ることが出来ます。
おもちゃ博物館 (10)

北原氏は、全国にこの手のミュージアムを6館運営しているらしいですが、このコレクションの量と質、素晴らしいものがありますね。見ごたえがありました。

箱根北原おもちゃミュージアム
神奈川県足柄下郡箱根町湯本740
TEL 0460-85-6880
10:00~17:00
入館は16:30迄
無休
料金:大人1300円
子供(4才~小学生)650円

お次は「箱根彫刻の森美術館」です。
彫刻の森美術館

こちらへは私は20年以上前に一度行ったことがあります。
すすき

本当は、今回、こちらには行く予定ではなかったのですが、本来行こうと思っていた大涌谷と仙石原すすきが、あいにくの悪天候。霧と雨のため諦めざるを得なかったのです。

そこで急きょ「箱根彫刻の森美術館」に変更しました。
彫刻の森美術館 (8)

こちらも霧がかかっていたのですが、まぁ、近くで見て楽しむ彫刻類なので、それほど問題にはなりませんでした。

妻も妻の母も、こちらの方が喜んでくれたので結果オーライでした。
彫刻の森美術館 (28)

箱根彫刻の森美術館は、日本初の野外美術館として有名で、敷地内に内外の著名なアーチストの作品が展示されています。
彫刻の森美術館 (31)

ヘンリー・ムーア、佐藤忠良、ピカソなどの作品が至るところにあります。
彫刻の森美術館 (6)

こちらはイサム・ノグチの作品です。
彫刻の森美術館 (12)

ちなみに、ピカソの作品は、彫刻以外の物も、こちらの「ピカソ館」に多数展示されていました。

最初からこちらにしておけば、もっとゆっくりと見学することが出来たのに……。^^;

箱根彫刻の森美術館
神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121
9:00~17:00
入館は閉館30分前まで可能
年中無休、
入館料
大人1600円
大学生・高校生1100円
小中学生800円

最後は、箱根湯本から小田急で新宿へ戻る前に買い求めた「珈琲牛乳ソフト」の紹介です。

こちらのお店は、生豆をご注文ごとに焙煎する「煎りたて珈琲豆」の専門店として人気です。

この「珈琲牛乳ソフト」が美味しかったです。 
箱根焙煎珈琲 (2)

箱根焙煎珈琲という煎りたて、挽きたて、淹れたてのコーヒーをテイクアウトでも飲むことが出来、おなじところで「珈琲牛乳ソフト」も売っています。
箱根焙煎珈琲 (3)

まぁ、これからの季節、ソフトクリームどころではないかもしれませんが、箱根の街を歩き疲れて時などにいいかもしれませんよ。

コーヒー牛乳の味を忠実に再現。さらには深煎りコーヒーで甘さ控えめのソフトクリームでした。珈琲豆にこだわっていて大人のソフトクリームかもしれません。一個350円です。

箱根焙煎珈琲
神奈川県足柄下郡箱根町湯本702
TEL 0460-85-5139
10:00~17:00
不定休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

お盆休み前半に妻が仕事のとき、半日ドライブで福井県坂井市へ。

目的は蕎麦を食べるためでしたが、この話題は後日ということで、今日は、蕎麦を食べる前後に行った「丸岡城(霞ヶ城)」と「ミルクハウス」について書きたいと思います。

前日は比較的涼しかったのですが、この日は朝から暑い一日。

9:30に自宅を出発。北陸自動車道で30分ほどで丸岡インターに到着。その足で丸岡城に向かいます。
丸岡城 (4)

丸岡城は、天正4年(1576年)に柴田勝家の甥の勝豊が築いた城で、現存天守閣では最古の建築様式を持つ平山城です。
丸岡城 (5)

1948年の福井地震によって一度倒壊しましたが、1955年に倒壊した部材を組みなおして修復再建されています。国の重要文化財に登録されています。

大昔に一度行ったことがありますが、本当に久しぶりに訪れました。
丸岡城 (6)

昔のお城は階段が本当に急ですね!?夏休み期間中で子供もたくさんいましたが、「怖~い!降りられない」と泣いている子供もいました。
丸岡城 (7)

天守の3階からは、城下が一望できます。

さて、坂井市といえば、「一筆啓上賞(日本一短い手紙)」を主宰していることでも知られています。 
丸岡城 (10)

徳川家康の家臣、本多作左衛門重次が陣中から妻に宛てた「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」という手紙から、毎年テーマに基づいて40字までの短い手紙の文章を募集、表彰しています。今年のテーマは「ごめんなさい」だということです。
丸岡城 (12)

こちらはお城の下にある「歴史民俗資料館」で、歴代城主ゆかりの武具や古文書などが展示されていました。

坂井市丸岡町霞町1-59
TEL 0776-66-0303
8:30~17:00(最終入場は16:30迄)
入城料 大人300円
小中学生150円
(団体割引あり)

お次は、早目のランチを食べた後に立ち寄った「ミルクハウス」という街の牛乳屋さんがやっているカフェです。
ミルクハウス (3)

「牛乳屋さんだからこそできる」をコンセプトに運営するカフェだそうで、新鮮な牛ニューを使ったスイーツ類やアイスなどを製造販売しています。
ミルクハウス (2)

大きな牛の看板が目印です。
ミルクハウス (5)

ミルクは白ですが、内装は黒が基調。
ミルクハウス (7)

暑い日だったので、私はもちろんソフトクリームです。牛乳ソフト(300円)はミルクそのものの濃厚な美味しさを味わえます。
ミルクハウス (9)

そして、ソフトと一緒に「濃いんやさぁ~」という変わったネーミングの牛乳があったので、それを頼んでみました。ははは。実際は飛騨牛乳でしたね。^^;

「飛騨の搾りたて生乳を97%使用し、良質な生クリームを加え、おいしさを追求しました。」ということで、味のほうは濃厚かつ美味しかったですよ!

普段は牛乳を飲むとお腹ぐるぐるになる方なのでほとんど飲みませんが、まぁ、大人になったので大丈夫でしょう……?^^; 
ミルクハウス (4)

スイーツ類も美味しそうだったのでお土産で買っていこうかとも思いましたが、暑い日で保冷剤を付けても1時間ほどしか持たないということで諦めました。また涼しくなってから行く機会があれば買い求めてみたいと思います。ご馳走様でした。

ミルクハウス (MILK HOUSE)
カフェ、アイスクリーム、ケーキ
TEL 0776-66-0936
福井県坂井市丸岡町今福11-36
10:00~19:00
無休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ