あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:スープカレー

私は出張やプライベートで全国色々な空港をよく利用します。

最近は前ほど空港内の飲食店を利用しませんが、それでも時々はランチを食べに入ったり、帰りの便に乗る前に空港で夕食を取ったりします。

さて、小松から札幌に行くためには、やはり航空機を利用します。

そして札幌に出張した時は、必ず1度はスープカレー食べています。


今日紹介します「ジアス ルーク&タリー(The Earth rook&tarry)」は、その「スープカレーlavi」の隣に位置しているお店で基本はバーなのです。

空港にバーとは、何とも思い切ったお店ではないかと最初はびっくりしました。

さらに、こちらのおすすめメニューが、スープカレーだと知って2度びっくりでした。

今回、小松から羽田を経由して新千歳空港に移動。直行便は小松を12:15に出発する便のみなので、正直ビジネスには使い勝手が悪いのです。ただ今は乗り継ぎ便割引があって、直行便より安かったりするので助かります。

乗っている時間は直行便よりは長くなり疲れは少し大きくなると思いますが、11:05に新千歳空港に到着するので午後から仕事が出来るというメリットのほうが大きいです。

今回、札幌市内に向かう前にこちらのお店で、人気のスープカレーを食べ腹ごしらえしてから目的地に向かうことにしました。

ターミナルビル3階に市電通り食堂街というエリアがあって、そこに「ジアス ルーク&タリー」があります。
ジアス ルーク&タリー

こちらのカウンター席はカジュアルに一杯やるところ。

こちらが街中にある本格的なバーと同じような作りで、落ち着いて一杯やれるスペースになっていました。
ジアス ルーク&タリー (12)

ランチは、こちらのスペースで食べます。行った時間が早かったので私が最初のお客でしょうか?
ジアス ルーク&タリー (4)

了解を頂き店内の写真を写します。
ジアス ルーク&タリー (2)

最初から食べるメニューは決めていたので、メニューを見ずにオーダーします。
ジアス ルーク&タリー (8)

人気ナンバーワンの食事メニュー「帆立貝柱のスープカレー」がこちらです。

大きなホタテ貝柱が3個入っていました。
ジアス ルーク&タリー (11)

食材は道産食材を主に使っているようでオホーツク直送の新鮮な帆立の貝柱や、彩りきれいな野菜が素揚げされ、たっぷり使われていました。

肝心のカレーのほうは、トマトの酸味とココナッツミルクの甘みで、旨みが出ていて、そしてマイルドなカレーでした。美味しかったです。

1,600円とちょっとお値段高めのスープカレーですが、一度は食べてみる価値はあると思います。ご馳走様でした。

ジアス ルーク&タリー
 The Earth rook&tarry
北海道千歳市美々987-22
 新千歳空港ターミナルビル3F
TEL 050-5890-7881
ランチタイム
10:30~15:00
カフェタイム
15:00~18:00
バータイム
18:00~22:00(L.O.21:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

札幌に来ると、必ず一度はスープカレーを食べる機会があります。


今回、新千歳空港は地震の影響で飲食店街が閉店していることがわかっていたため、空港に移動する前に札幌駅のビル内で食べることにしました。

こちら「奥芝商店 実家」は札幌駅のパセオウエスト1階にあって、昨年6月21日にオープンした比較的新しいお店です。
奥芝商店 実家

コンセプトは「懐しい実家」ということで、お店に入ると「お帰りなさいませ」と迎えてくれます。逆にお店を出るときは「行ってらっしゃい」です。

外観も内装も昭和の雰囲気でまとめられています。

BGMは昭和40年代?の歌謡曲が中心で、インテリアといい、昭和の良き時代のノスタルジーを感じさせてくれます。
奥芝商店 実家 (9)

私はカウンテー席に座ります。目の前のガラス張りの中が厨房です。
奥芝商店 実家 (6)

メニューの一部はこんな感じ。メニューとしては肉系のが多かったです。そしてほぼすべてが1,500円以上というお値段高めの設定です。

そして、こちらのお店のウリは濃厚な海老スープ。スープカレー界に海老スープブームを巻き起こしたことで有名です。

ここ「奥芝商店 実家」のスープはその海老スープのみの設定で、食材にも相当こだわっています。

そのため、価格設定は少し高めでしたが、それに見合う価値はあったと思います。

私は肉系のメニューは避けて「えびづくしカリーの巻(税抜1,580円)」を頼むことにしました。

15分ほど待って出されました。
奥芝商店 実家 (10)

巨大な器に豪快に盛られています。ライスは普通サイズで220g。このライスの器と比べてみても、スープカレーの入れられている器の大きさがわかってもらえると思います。
奥芝商店 実家 (13)

ちなみにこちらの水差しも巨大サイズでした。
奥芝商店 実家 (5)

辛さは「睦月」から「師走」までの12段階から選ぶことができて、私は4番目の卯月にしましたが、これでも相当な辛さでした。

食べていると汗がだんだん出てきます。
奥芝商店 実家 (11)

肝心の海老のほうは、色々な種類の海老を焼きや揚げなど色々な方法で調理されていて、なかなか楽しめましたよ。

海老の揚げ煎餅も乗せられています。あと、ゆで卵半分や豆腐なども。

海老以外の野菜類もたくさん乗せられていました。

カボチャ、レンコン、ニンジン、水菜、ジャガイモ、オクラ、キャベツたっぷりなど。根菜類は素揚げされています。

ボリュームもあって、ライスが普通サイズだったのですが十分お腹がふくれました。

ベースの海老スープのみでも海老100%の風味ですが、それに、これでもか!と海老がプラスされているスープカレー。しばらく海老は食べたくない?ほどのパンチのきいた味でした。人気のお店なのがわかります。ご馳走様でした。

奥芝商店 実家
北海道札幌市北区北6条西2
 PASEO WEST1F
011-213-5660
11:00~22:00(L.O.21:00)
無休(パセオ休業日に準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

札幌に行くたびに一回はスープカレーのお店に行って食べています。

今回も小松に戻る前の最終の食事を食べるときにスープカレーのお店に入りました。
lavi (6)

新千歳空港ターミナルビル3階の飲食店フロアに、市電通り食堂街というエリアがあって、6店舗ほど店を構えています。
lavi (12)

食堂街には、このようにむかし走っていたような市電のモニュメントがあったりします。
lavi (2)

「スープカレーlavi」は札幌市内と、ここ新千歳空港に5店舗お店を構える人気店で、ランチ時にはどこも順番待ちが出来ているようです。

我々がお店に到着したのは12:15頃。案の定、順番待ちの行列が出来ていました。15名ほど待っていました。
lavi (4)

飛行機の時間までは少しあったので我々も名簿に名前を記入して待ちます。20分ほど待ったでしょうか?やっと席に案内されました。

オーダーしたあともスープカレーが出来上がるまでに20~30分ほどかかると書かれていたので、ランチ時には食べ終わるまでに確実に1時間以上はかかることになります。

このあたりを考えて行ったほうがいいでしょうね?
lavi

メニューは主なものはこんな感じでしたが、メニューに書かれていてもその日ないものが3種類ほどありました。

メニューにはチキンや角煮、そしてジビエなどの肉系のものが多く、私が食べられるのは「八百屋の野菜カレー」しかありません。当然それをオーダーすることになります。

カレーの味はベーシックなものにプラス、エビスープやココナッツスープもチョイスすることが出来ました。私は一番人気だということでエビスープにしてみました。なお、エビやココナッツスープには追加料金がかかります。
lavi (3)

エビスープは甘エビの頭と香味野菜から取るブイヨンに、仕上げに入れるブラックタイガー丸ごと加えてスープを作っているようです。

一緒に行った人のは、ベースとなるカレースープは12時間掛けて丸鶏・げん骨・牛骨と一緒に厳選した15種類のスパイスや香味野菜から作られたブイヨンに、さらにじっくり8時間掛けて玉ネギと挽肉、そして季節ごとににふんだんに厳選したトマトを使って作られたキーマペーストをブレンドするという手間のかかったオリジナルスープなのです。

ちなみに私の頼んだ「八百屋の野菜カレー」のエビスープには200円プラスが必要で、計1,350円となります。

あと、辛さやご飯の量も選ぶことが出来て、私は辛さ5番辛さ・ライス普通でお願いしました。

一緒に行った人は3辛のライス小。ちなみに3番が中辛レベルだそうです。でもメニューに書かれていた50番なんてのはどんな辛さなのでしょうか?
lavi (11)

出された「八百屋の野菜カレー」がこちら。入れられている野菜はレッドムーン・にんじん・ピーマン・かぼちゃ・ブロッコリー・いんげん・なす・えんどう・ごぼう・オクラ。
lavi (9)

たくさんの種類が入っています。あと味付き卵も半分入っていました。5辛は色味から辛そうに見えますが、それほどでもなかったです。

しかし「カレーは飲み物」とはよく聞きますが、スープカレーはもっとドリンクですね。(笑い)

味的にはエビの旨みがとても効いています。コクもあり美味しかったです。
lavi (7)

一緒に行った人は「やわらかチキンカレー(1,150円)」。こちらも美味しかったそうです。

しかし、お勘定のとき、個別の支払いはダメということで一緒に私が払いましたが、小松に戻って気が付いたのは3,100円という合計金額でした??合計は2,500円のはずですが……。

その時は疲れていたのと、消費税のこととかライスが無料だったか?などが頭に浮かんでその場ではあまり意識しませんでした。また電子マネーで私が一緒に払ったため気が付きませんでした。

払ってしまった自分が悪いのでいいのですが、レジは混雑していなかったので、やはり別々に支払させて欲しいと思います。そうすれば何を食べたか伝えるので、単価がおかしいと気が付いたかもしれません。

何れにせよカレーは美味しかったので、新千歳空港を利用される機会があれば、一度食べてみる価値はありますね。ご馳走様でした。

スープカレーlavi 新千歳空港店
北海道千歳市美々
 新千歳空港ターミナルビル3F
TEL 0123-21-8618
10:30~20:30(L.O.20:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

札幌発祥のスープカレーが全国的に広まって久しいいですが、こと石川県内にはそれほどブームが波及したわけではありませんでした。

基本、石川県民は見栄っ張りなところがあって新しいモノ好きなのですが、個人的には、意外と「食」に関しては少し保守的だったりするのでは?と思っています。

また、ご存じの通り石川には「金沢カレー」という強力なご当地カレーがあります。そのため、ドロッとしたカレーのほうが好まれるということも、スープカレーのブームにブレーキがかかった理由ではないでしょうか?

でも、考えたらカレーの本場のインドやタイなどのカレーは、まさにスープカレーですよね?

私は北海道に行った時は、必ずスープカレーを食べています。前回札幌に行った時には、ピカンティという人気店で食べていますが、やはり美味しいですね!。

さて、「モグ」の店長の方は北海道富良野のホテルで修業され、こちらのお店を2013年にオープンされています。

メニューの表紙には、「mogu」という店名の由来として「このスープカレーを作るのに協力していただいた4人の頭文字」と書かれていました。

カレーのスペシャリスト、北陸カレー物語のナマステさん情報によりますと、厨房にいる方は北海道の名店「一灯庵」の創業者の方なんだそうです。これは期待大です。

そしてオープン以来、美味しいスープカレーが人気になって、2年半後には石川県庁横に姉妹店の「スープカレー さくらChop!!」をオープンしているほどです。

「モグ」の場所は、金沢の海側環状線の白山インターの近く、金沢と白山市の境のあたりです。
モグ (18)

海側環状線の上下線の間にあるマクドナルド福増町店が近くにあり、白山市のほうから行くと、こちらの大きな看板が目印です。
モグ (2)

グリーンエイトというマンションビルの1階にお店はあります。中に入ると、カレー店としては広めの店内に、ゆったりとした配置でテーブルが置かれていて、カウンター席もだいぶありました。元はフランス料理のお店だったようです。
モグ (4)

メニューには、色々な種類のスープカレーが並んでいます。
モグ (7)

単品のスープカレーも色々あったのですが、ランチ時は「ランチセット(1,350円)」がお得です。そして期間限定の「富良野メロンランチ(1,550円)」というのがあって、こちらは北海道富良野のメロンがデザートに付いてくるというセット。我々は、この両方とも頼んでみることにしました。
モグ (12)

ちなみに「ランチセット」には、最初にこちらのサラダが付いてきますが、「富良野メロンランチ」には付いていません。

注文方法は、まずはスープのベースを選び、カレーの種類を選び、辛さを選び、ライスの量とドリンクを選ぶといった具合です、

スープのベースは「トマトスープ」「匠のエビのスープ」「マイルドココナッツスープ」の3種から選ぶことができました。(ただし、帰り際にカウンター上に置かれていた案内には、「匠のエビのスープ」の材料であるエビが獲れないので価格高騰。そのため8月中旬よりしばらく休止する旨の告知が出ていましたので、ご注意願います)

そして具材というかカレーの種類を決めます。「やわらかチキンのスープカレー」「季節の7種の野菜スープカレー」「こんがりチーズのスープカレー」の3種類からのチョイスです。

私は、「やわらかチキンのスープカレー」と「こんがりチーズのスープカレー」にはどちらもチキンが入っているので×。必然的に「季節の7種の野菜スープカレー」になってしまいました。

結果的に私は、「匠のエビのスープ」で「季節の7種の野菜スープカレー」という組み合わせ。妻のほうは「トマトスープ」で「やわらかチキンのスープカレー」です。

辛さは1から15番まであって、6番以降はプラス100円料金がかかります。

私は3番を。妻は4番を頼みました。3番は普通の辛さですね。食べてみた後で、私も妻も、もう少し辛いものでも大丈夫でした。

ライスは小(150g)から大盛りまでは追加料金はかかりません。
モグ (13)

右側は妻の小ライス。左側が私の普通サイズ(200g)です。

最後にドリンクを選びます。「MOGU特製ラッシー」が6種類、「北海道限定ドリンク」として「濃厚トマム牛乳」と「いろはすハスカップ味」の2種類、そして、コーヒーなどソフトドリンク9種類の中から選ぶことが出来ます。多くの選択肢があるのはうれしいですね。

なお、ドリンクには一部+100円の追加料金がかかるものもあって、私は、その追加料金が必要な「夕張メロン」のラッシーを頼んでみました。
モグ (11)

手前のが私が頼んだ「夕張メロン」のラッシー。右奥のがお店のおすすめと書かれていた「キウイ」のラッシーです。ラッシーはカレーが運ばれる前に持ってきました。カレーの辛さを和らげてくれる甘さでした。

さて、こちらが私の頼んだ「匠のエビのスープ」+「季節の7種の野菜スープカレー」の辛さ3番のカレー。
モグ (15)

トマト、ごぼう、ブロッコリー、ニンジン、舞茸、ナス、ピーマン、ジャガイモ、玉ねぎ、カボチャ、コーンなどが入っていましたが、どれがデフォルトなのでしょうか??ゆで卵はデフォルトでしょうね?

スープカレーらしく野菜は大ぶりなのが入っています。

ライスをスプーンですくってスープカレーに浸けて食べてくださいとお店の方に言われましたが、札幌では「お好きなように!」でした。^^;

まぁ、一応、その通りお行儀よく食べていきましたが、このスープカレー。マジで美味しかったです。エビのうま味がとても効いていて、スパイスとの相性抜群!

「匠の」という冠は伊達ではありませんでした。最後の一滴まで飲み干しました。

辛さは先ほども書きましたが、それほど辛くはありませんでしたが、ただ、カレーを食べ進めていくと、徐々に汗が出てきました。スープ状なので吸収が早く体の中から温まってくる感じです。

妻の「トマトスープ」+「やわらかチキンのスープカレー」の辛さ4番がこちら。私もスープを少し飲みましたが、それほど辛くなかったです。
モグ (14)

トマトの酸味もほどよく、辛さの中にも甘みがほんのり口の中に残る感じで美味しかったです。
モグ (17)

妻が頼んだ「富良野メロンランチ」のデザートの富良野メロンがこちらです。夕張に隣接している富良野産のメロン。甘くておいしかったですが、まぁ、夕張メロンと同じですね。(関係者の方にとっては「いや、違う!」ということでしょうが)

確かに金沢カレーの値段よりは高くつきますが、同じカレーでも比べることがおかしいと思えるほど、クオリティの高いスープカレーだったと思います。おっと!もちろん金沢カレーも美味しいですよ。

こりゃ、人気なお店になるのもわかります。とてもおすすめなお店です。機会があればまた利用したいお店でした。ご馳走様でした。

モグ
石川県金沢市福増町南1285-1
 グリーンエイト1F
TEL 080-3742-1285
ランチ11:00~15:00(L.O.14:45)
ディナー17:30~22:00(L.O.21:00)
土日祝日
11:00~22:00(L.O.21:00)
火曜休(祝日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近、そういえば西部緑地公園あたりに行っていないということに気が付きました。
リペア

ということでこの日、近くにある自然食カフェ「リペア(Re:pair)」でランチをするために向かったのです。こちらのお店のHPがとても素敵だったので気になっていました。

happy-famさんのブログも参考になりました。

行ったのは金沢ロードレースがひらかれていた日。そのため、お昼前は周辺は大渋滞。幸い逆方向だったので大丈夫。
リペア (4)

さて、自然食、オーガニック、有機野菜、無農薬野菜、マクロビ。この手のフレーズをウリにしているお店はあまたあります。

まぁ、いろいろ幅があって、一概にこれが〇〇だ!という定義みたいなのもあやふやなところではあると思うのですが、女性にとってはやはり魅力的なフレーズです。
リペア (2)

こちらがメニューです。「肉」「ピザ」「ご飯もの」「パスタ」「ベーグルサンド」「サラダ」の各ランチで、各々にはドリングが付いている設定。デザートは別料金です。

ちなみに、ドリングはコーヒーと紅茶、それにジュース類。コーヒーとジュースにはオーガニックの設定があります。そしてプラス料金でスムージーやビール、ワインに変更が可能です。

私は、happy-famさんも頼んでいたカレー(Re:pair スープカレー1,380円)にしました。
リペア (8)

まずは、サラダが出されます。たっぷりの量でうれしいですね。
リペア (6)

ドレッシングはオリジナルのゴマとフレンチの2種類。

そしてカレーが運ばれてきます。
リペア (12)

来る前に色々な方がブログなどで書いていたのを見ると、ライスは玄米だったのですが、今回は白いご飯。やはり「自然食カフェ」なので、玄米はせめてチョイス出来たらうれしいと思いましたが、お店の方、いかがでしょうか?スープカレーだから白米??
リペア (11)

また、野菜は煮込まれていたかわかりませんが、カレーと一緒な状態で出されていましたが、この日はセパレートされています。

しかし、素揚げされた野菜はたっぷり入っていてうれしいです。スープカレーですが、スープカレーほど水分が多いわけではなく、少しとろみがありました。

カレーそのものは、トマト風味で酸味のあるカレー。色々なスパイスもきいていて、それでいて甘みもあって美味しいカレーでしたよ。
リペア (9)

妻のほうは、こちらの「グリルチキン~濃厚チーズソース~(1,580円)」。味のほうは私は食べていないのでわかりません。
リペア (10)

こちらのベーグル。プレーンですが、焼きたてでモチモチ。美味しかったです。
リペア (13)

飲み物のほうですが、グリーンスムージーがメニューにありましたが、この日はレッドスムージー。私はこちらを頼みました。イチゴやトマト、他に何が使われているのかな?甘さと酸味のバランスがよかったです。

グリーンのほうは苦手な方でも、こちらは飲みやすくて大丈夫だと思います。

ちなみにスムージーは150円の追加が必要です。

妻はオーガニックコーヒーです。

私も妻も1,500円超えとなっていてカフェランチのお値段としては少し高めです。自然食という付加価値が付いているからかもしれません。

ただ、満足感はありました。
リペア (3)

ショップカードには、テイクアウトやデリの表記がありました。ご覧のようにグラノーラ、クッキー、ラスク、スコーン、下の段には写真ではわかりにくいですが、手作りチョコレート、チーズケーキなどが販売されていましたね。

地方では、あまりマクロビに近くなると難しいかもしれませんが、こちらのお店はほどほどにナチュラルな感じがするお店でおすすめかもしれません。ご馳走様でした。

今日、紹介したところですが、明日(3月31日)で閉店なのだそうです。^^; 

リペア(Re:pair)
石川県金沢市稚日野町92-2
TEL 076-225-7202
9:00~16:00(L.O.15:00) 17:00~23:00(L.O 22:00)
Brunch9:30~11:00
Lunch11:00~15:00(L.O.)
Dinner18:00~22:00(L.O.)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ