あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:スプマンテ

久しぶりに金沢の街中に来た感があります。

郊外や金沢駅を利用するときに、その周辺のお店はここ数カ月でも紹介しましたが。街中に来るのは昨年秋のサケマルシェのとき以来です。半年ぶりですね。^^;

冬の時期はあんまり街中を歩きたくないということもありますが、歳と共に億劫になってきたのかもしれません。^^;

さて、3月末の冷たい雨が降る土曜日に妻と一緒に金沢に行きました。

ランチを食べたのは、野町にある「Ristorante SUGIYAMA(リストランテ スギヤマ)」というイタリアンレストラン。
リストランテスギヤマ

安藤芳園堂ビルヂングという昨年だったかに新しく出来たビルの2階にあります。

ここは昨年10月3日グランドオープンした比較的新しいお店です。
リストランテスギヤマ (3)

階段を昇ると外からも店内を見ることが出来ます。
リストランテスギヤマ (4)

中はこんな感じで、壁は白、床とテーブルはブラウン、椅子はアイボリーを基調としてシンプルにまとめられた内装です。新しいお店なのできれいです。

この時間はオーナーシェフと男性のサーブの方お二人で切り盛りされていました。

最大20名ほど座れるようですが、ランチタイムは11:30と12:30の2回に分けて決められていました。料理を出す流れやタイミングを分散して最小の人数で回せるようにしているのでしょう?もっとも、行ったのが土曜日のランチタイムだということもあり、平日や夜もそうなのかはわかりません。

ちなみにこの日は男性客は私以外は全員女性でした。^^;

オーナーシェフの方は、金沢や名古屋のお店で修業されているようですが、昨今、調理師学校を出てからお店に入る方も多いと思いますが、お店のWebを見ると、最初から現場で実践を通して調理を覚えているようです。

さてお店は「リストランテ」となっていますが、テーブルクロスやナプキンがありません。

料理ですが、結論から書くと、内容的にはイタリアンベースに和のテイストを加えて、フュージョンアレンジをしている、といった感じでとても楽しめました。
リストランテスギヤマ (5)

ランチメニューはこんな感じです。
リストランテスギヤマ (8)

ドリンクメニューです。

ランチの基本はPranzoA(税別2,300円)とPranzoB(税別3,400円)、そしておまかせ(税別5,000円)の3種類。

PranzoAは「本日の一品」「前菜」「パスタ」「パン」「本日のドルチェ」「コーヒーまたは紅茶」という構成で、PranzoBは、Aに前菜がプラス1品とメインが付いてくるといった内容です。

我々は今回、PranzoBでお願いしました。
リストランテスギヤマ (9)

ランチですが、まずは泡物から。ビノ・スプマンテです。
リストランテスギヤマ (7)

グラスワインが1杯500円というのがうれしいです。

そして最初の「本日の一品」がこちらです。左上に見られるひしゃくのようなものは、爪楊枝です。
リストランテスギヤマ (11)

のっけから「おや?」と思わせてくれます。テーマは「となりのトトロ」?

葉っぱの上に乗っている水玉のようなものは、バルサミコを粒状にしたもの。ハスの葉に水玉が乗っかっているようなイメージです。
リストランテスギヤマ (12)

葉をのけると下はこんな感じです。

「前菜(アンティパスト)」の1品目は冷製で、タコと黒いものはイカスミを練り込んで揚げたナポリの郷土料理「ゼッポレ」です。モチッとした食感でイカスミのコクが感じられ美味しかったです。スプマンテに合いました。
リストランテスギヤマ (13)

緑色のソースは、名前忘れましたが山菜を使ったソース。珍しいですね。
リストランテスギヤマ (15)

「前菜(アンティパスト)」の2品目は温製で、モッツァレラのフリット。添えられているのは花ズッキーニ、下にはニョッキが隠れています。
リストランテスギヤマ (16)

パンはフォカッチャとフランスパン。フランスパンにもオリーブオイルが使われてました。

プリモピアットのパスタは3種類から選ぶことが出来ました。あと2種類が肉系だったので我々は「サバのオイルベースパスタ」をチョイス。

ちなみに、2人別々のを頼めなくて一緒なものになります。
リストランテスギヤマ (17)

泡のソースはふきのとうで作られていました。味付けはカラスミソースでサバの量もたっぷり使われていました。

メインもこの日は鶏肉だったので、お願いして魚に変更してもらいました。出されたのは「サワラのコンフィ」。しいたけのブランド、能登115が添えられています。
リストランテスギヤマ (19)

能登115には金沢のじろ飴を使ったソース。変わっていますね。でも地元の食材を使っているというのはうれしいです。ナッツがかけられていていいアクセントになっていました。

魚は皮目は炭火でしょうか?でカリッとした感じで焼かれていて、アプリコットとセリのソースがかけられていました。なかなか凝っています。

メインの食材はサバとかサワラとか、それほど高い食材を使っていませんが、一工夫も二工夫もされたアレンジで楽しませてくれています。
リストランテスギヤマ (21)

最後のドルチェは、チョコレートムースとコーヒーのアイス。
リストランテスギヤマ (23)

ドリンクは私は加賀棒茶。
リストランテスギヤマ (22)

妻はコーヒーです。

また、こちらのお店は使われている器や食材などにもこだわっています。
リストランテスギヤマ (10)

カトラリー置きやパンの器の下には流木が使われていて、お皿も、たとえばガラスの食器は気泡が中に入っているタイプのを多用されていました。これはオリジナルでしょうか?

また野菜は農家から直接仕入れ、ハーブは自家栽培するなど食材にもこだわりを持たれていて、味の方も一品一品に工夫と変化を感じられるという、一度は行って食べてみることをおすすめできるお店でした。

以上飲み食いして一人4,200円ほどかかりました。ランチの値段としては高めですが満足度は高いです。ご馳走様でした。

Ristorante SUGIYAMA(リストランテ スギヤマ)
石川県金沢市野町1-2-43
 安藤芳園堂ビルヂング2F
TEL 076-225-3080
11:30~14:00、18:00~21:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

日本人にとってシンガポールの観光名所といえばマーラーオンが一番有名ではないでしょうか?

しかし5月6日まで定期清掃中ということで囲いに覆われていました。GWにシンガポールに行かれるご予定の方は要注意ですね。
 
当然、この間は口からの放水もストップしています。 
PSCAFE

さて、この日の夜は地元の方と一緒に夕食を食べることになりました。行ったお店がマーラーオンのすぐそばの「PS.Cafe at One Fullerton」。

シンガポールで何店舗か展開している有名なお店で、こちらは一昨年の8月末にオープンしたようです。
PSCAFE (2)

一応カフェのようですが、入ってすぐにバーカウンターがあって、奥にテラス席、メインダイニングのテーブルなどがあります。立派なレストランです。
PSCAFE (17)

インテリアは白が基調の清楚な感じでまとめられていて、また生花がたくさん飾られていて

我々はメインダイニングのテーブルへ案内されます。

マリーナ湾を臨む絶好の位置にあって、冒頭紹介したマーライオンもすぐ近くに見ることが出来るロケーションです。
PSCAFE (9)

最初の一杯として頼んだスパークリングは、イタリアを代表するスプマンテ「プロセッコ」。
PSCAFE (7)

お水と炭酸水ペリエも。

まずおつまみとして頼んだのはポテトフライ。といってもただのポテトフライではありません。
PSCAFE (10)

「トリュフ・フレンチフライ(PS.TRUFFLE SHOESTRING FRIES)」。「PS.Cafe」のスペシャリテの一つです。パルメザンチーズがたっぷりかけられ、トリュフオイルのいい香りが食欲をそそります。

これが美味しかった。もちろん揚げ立てでサクッとした食感。食べる手がとまりませんでした。

あとサラダも頼んだと思いますが写真はありません。

こちらは「ツナの春巻き タルタルソース(TUNA TARTARE SPRING ROLL AVRUGA CAVIAR SESAME SAUCE)」。
PSCAFE (11)

「黒い真珠」と呼ばれるアブルーガ・キャビアに胡麻のソースで。アブルーガはスカンジナビアニシンの卵をレモン果汁などで調味加工したものです。

メインは「真鯛の炭火焼 ブロッコリー アスパラガス タルタルソース(CHARGRILLED SNAPPER & GREENS CHARGRILLED BROCCOLINI ASPARAGUS ZUCCHINI TARTAR)」。
PSCAFE (14)

ソースもさっぱりとした感じで美味しかったです。

最後は「ビーフルンダン(レンダン)丼?(BEEF CHEEK RENDANG RICE BOWL SNCKY TEMPE TOFU PICKLED BROCCOLI CAULIFLOWER FRIED QUAIL'S EGG 2FSTY SAMBAL)」。
PSCAFE (15)

「ビーフルンダン(レンダン)」は、ココナッツミルクと香辛料で長時間煮込んだ肉料理でマレー由来の伝統的な煮込み料理のことです。これは肉料理だったので私は食べませんでした。
PSCAFE (12)

アルコールの2杯目は「スイカとバジルスマッシュカクテル」です。
PSCAFE (13)

こちらは一緒に行った人が頼んだシンガポール・スリング。シンガポール・スリングといえば、ご存じシンガポールの有名ホテル「ラッフルズ・ホテル」内にある「ロングバー」発祥のカクテルです。

ちなみに今、「ラッフルズ・ホテル」は全館改装中ですが、「ロングバー」は営業しているようです。

以上飲み食いして、一人50S$。日本円で4,200円ほどでした。

内容と味、コスパ的にも満足できました。しかし、地元の人のアテンドがなかったら入らないお店だったかもしれません。ご馳走様でした。

PS. Cafe One Fullerton
1 Fullerton Rd., #02-03B/04 One Fullerton
Singapore 049213
TEL: +65 8812 3198
月~木11:30~23:00
金11:30~24:00
土9:30~24:00
日9:30~23:00
(フードのラストオーダーは22:30)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日はこの5月に新しく金沢別院通りにオープンした素敵なお店を紹介します。

店名が「ITALIAN KAISEKI KAPPOU CASA」とローマ字読みですが、そうです!まさにイタリア料理のお店です。(笑い)

日本語で書くと「懐石割烹 家」ということでしょうか?

あとで料理内容を見ていただきますが、和食のテイストを取り入れながら楽しむイタリアンなのです。

お店のWebページにシェフの略歴が掲載されていますが、お二人はイタリアのリエーティという、ローマから車で1時間ぐらいの離れた山あいの街に生まれています。

ここだけの話、Webページにお二人の写真が掲載されていましたが、実物はもっとイケメンと美人のお二人でしたよ!

さて、日本人が本場イタリアで修業して帰国後にイタリア料理のお店を開くのは、いまやどの地域でも当たり前にあると思いますが、イタリア人が日本の、それも地方都市でお店を持つというのはまだ珍しいのではないでしょうか?

日本、それも金沢にご縁があって、住みついて素敵なレストランまで開業されるなんてすばらしいことだと思います。

しかし、イタリアのような温かい気候のところに生まれたお二人が、雨が多くて冬のどんよりとした気候の土地に馴染めるのかなぁ~?と思っていたら、お二人ともロンドンに長く住んでいた経験をお持ちのようで、それなら納得です。

お店は、いま金沢で注目の別院通りにあります。このエリアは数年前から人気の飲食店がオープンしているところで、私も何軒か伺ったことがあります。

お店の外観はこんな感じです。
CASA

日本の伝統的な組み格子のようなファサードで「粋」を感じさせてくれます。
CASA (2)

店内は逆に、白と黒が基調のシンプルでモダンなインテリア。
CASA (3)

カウンターやテーブルは大理石で、このあたりはイタリアを感じ、お店全体として日本とイタリアの融合みたいな感じです。

食器類もイタリアから取り寄せているものがほとんどのようでした。

イタリア人が、イタリア料理を日本の伝統的な懐石(会席)と割烹スタイルで楽しませてくれるイタリアンキュイジーヌと呼べばいいのかわかりませんが、すべてが斬新で私も食べたことがない料理ばかりでした。

お二人ともまだ日本語は片言ですが、お店には日本人男性の方が働いているので心配はありません。

ランチは金曜と土曜のみで、12:00スタートと13:30スタートの2回入れ替え制。

ディナーも18時と20時の2回設定されていますが、ランチ・ディナーとも全員同じスタート時間となっていますので、時間に遅れないように!ということです。

ディナーメニューは基本2種類。AMABILEの7,000円とBRILLANTEの10,000円です(価格は税抜)。

この日は私たちは18時スタートのAMABILEの7,000円のコースでお願いしました。他の2組も同じコースでした。
CASA (6)

まずはスプマンテで乾杯です。
CASA (7)

料理の前、最初にフォカッチャが出てきました。もちろん自家製ですね!
CASA (9)

このフォカッチャが最高に私と妻の口に合いました。モチッとした食感といい塩気といい最高でした。
CASA (8)

こちらのオリーブオイルもフレッシュで美味しかったです。

フォカッチャが最初に出されたのでついつい食べ過ぎてしまいましたが、お代わりも出してくれましたよ。

そして最初の一皿はアンティパストの前に出されたのがこちらのウエルカムの一皿。
CASA (12)

生ソーセージの何だったかな?忘れました。^^; ナッツ類も使われていました。

アンティパストは、まず出されたのが「ファリナータ 甘えびとイクラのせ」。
CASA (16)

ファリナータはひよこ豆で作られるピッツァの一種で、その上に甘えびを使ったパテのようなペーストが乗せられていて濃厚な味。イクラもアクセントになっていました。

アンティパストの2皿目は「ナスのパルミジャーノ」。
CASA (18)

形がユニークですが、日本の天ぷらのような仕上げで、添えられているのがセロリの若芽というか赤ちゃんです。ソースはパルミジャーノとトマト系だったような??^^;
CASA (20)

プリモピアットはラビオリ。ソースはレッドペスト(ペストロッソ)で、ラビオリの中にイタリアンパセリを使った白いソースが入れられている、手のこんだ逸品でした。
CASA (23)

セコンドピアットのメイン、一品目は魚で、秋の味覚サンマを使って、オリーブとトマトが添えられています。サンマは骨を丁寧に取って47度の温度でコンフィされています。ローズマリーも風味に花を添えていました。
CASA (25)

2皿目は肉料理です。「ポルチーニの豚肉」ということで、豚の首の部分を使用しています。今が旬のポルチーニ茸、添えられているのはパンチェッタとイチヂク。こちらは妻が食べています。

肉が苦手な私には、食材の豚がサーモンに変更されていました。
CASA (26)

ソースは少し和風のテイストが感じられるものでしたね。

ドルチェはパラッツィケーキ。
CASA (29)

右側のにはカボチャの種がきれいに並べられています。上には食用菊が乗せられていて見た目がかわいい感じに仕上がっています。

中のナッツは、イタリアはトスカーナの赤ワイン「パラッツィ」と一緒にピューレにされています。

左は何だったか忘れました。^^;
CASA (31)

ドリンクはエスプレッソをお願いしました。
CASA (32)

ピッコロ・パスティッチェリア(小菓子)として、シェフ自家製の生チョコも出されました。ビターな味で、口の中で淡雪のように溶けだしました。

あと、スプマンテ以外に飲んだお酒についても触れておきます。
CASA (14)

白は、こちらの2種類。
CASA (21)

赤はこの2種類です。
CASA (27)

そして食後には、私はレモンチェロ。
CASA (28)

妻はグラッパを頼みました。

レモンチェロを飲むのは久しぶりでした。

以上飲み食いして一人11,000円ほど。コスパ的にも大満足でした。

金沢でイタリア人シェフが創る懐石割烹スタイルの料理を楽しめるのはうれしい限りです。

食材はイタリアから取り寄せたものに地元石川の食材も加えていますが、それほど高級な素材ばかりではありません。しかしながら素材のうま味を最大限に引き出しつつ、イタリアンと和食の良さを融合した料理は素晴らしかったです。再訪したい一軒でした。ご馳走様でした。

ITALIAN KAISEKI KAPPOU CASA(カーサ)
石川県金沢市此花1-4
TEL 076-232-4558
ランチ
金・土12:00スタートと13:30スタート
ディナー
18:00スタートと20:00スタート
2回入れ替え制です
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

他のエリアに行くときは帰ってから家で夕食を食べることが多いのですが、大阪へ行く機会があると、電車に乗る前に大阪駅の周辺で食事をしてから帰ることが多いです。

大阪には5年前に住んでいたこともあって、懐かしさもあり、かつ、グルメブロガーとしても美味しいお店がたくさんあるところでネタ確保といった側面もあります。

この日も、帰りのサンダーバードには少し時間があったので、前々から行こうと思っていた「ガブリッチ」に入りました。
ガブリッチ

大阪駅のエキマルシェ大阪内にお店がありますが、ホテルのシャトルバス発着場のある歩道側に入口があります。
ガブリッチ (7)

カジュアルな雰囲気のパブというか、バル・バールです。

18時まではハッピーアワーということで、全ドリンクメニューが半額で飲めます。

そこでまずスパークリングワインを頼もうとメニューを確認すると。スパークリングはグラスでオーダー可能なものが5種類もあるではないですか!?これはうれしいですね。
ガブリッチ (10)

その中から私は、フランスの「デュック ド パリ ブリュット」と、
ガブリッチ (14)

スペインのロゼ・スプマンテ「アンジュエール ロゼ」を頼みました。

「アンジュエール ロゼ」は少し甘めでした。
ガブリッチ (9)

コベルトはスティツクサラダ。マヨディップにつけて食べます。

しかし、丸テーブルが小さいので、大きなお皿よりもグラスに入っていた方がいいと思うのですが……。^^;

そしてつまみとして、まずお願いしたのは「ゼンモリ」。2人前よりご注文可能と書いてありましたが、一人前でもokでした。ハッピーアワーだったからでしょうか?
ガブリッチ (11)

その日おすすめの前菜を少しずつ、8種類楽しめるということで、お店の「おすすめ 名物 売れ筋」だそうです。

1人前690円(税抜)とコスパ的にもGood!です。

内容的にはスモークマリネ、カプレーゼ、アボガドとアンチョビのポテトサラダ、シーザーサラダ、オムレツ、生ハム、炙りハム、スペイン風オムレツ、えのきのマリネでした。
おや?9種類ですね。シーザーサラダは別枠なのでしょうね?

これだけでたっぷり飲めそうな感じがします。^^;
ガブリッチ (13)

一緒に「ベーコンと温玉のシーザーサラダ(税別690円)」も頼みましたが、シーザーサラダは少しかぶってしまいました。

量も多く出張時の野菜不足も補えます。

あとこちらもおすすめ・売れ筋の「小海老とブロッコリーのアヒージョ(490円)」を最後にお願いしました。
ガブリッチ (17)

「ガブリッチ特製アヒージョオイルはバケットと一緒に食べるのがおすすめ!」メニューに書かれていたので、バゲットも頼みました。
ガブリッチ (18)

出された時は熱々でグツグツ煮たっていました。すぐに食べるのは危険です。
ガブリッチ (16)

アヒージョを肴に、ハッピーアワーの最後にハイボールも一杯追加でお願いしました。

バケットを浸して食べると、これまた、つまみとしても最高です。

以上を飲み食いして3,500円弱。コスパ的にも満足できました。

大阪駅直結の便利さで、一人で帰宅前に軽く一杯なんて使い方にも適しています。おすすめのお店です。ご馳走様でした。

ちなみに、これをアップしようと思ったら、9月19日に「TEPPANバル」に変わるということが書かれていました。^^;

ガブリッチ
大阪府大阪市北区梅田3-1-1
 エキマルシェ大阪1F
TEL 06-6347-5550
11:00~23:30(フードL.O.22:30 ドリンクL.O.23:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

混んでいて料金も高いGW・お盆・正月休みのときは遠方へは出かけません。

大体が近場で過ごしますが、今年のお盆休みも結局は金沢と福井が一番遠くまで出かけた場所です。

さて、今日はそんなお盆休みの最中に行った美術館について書きます。

まずは、小松市にある「八十山雅子・和代美術館」です。
八十山和代美術館 (3)

昔からよく存じ上げている八十山和代さんが、2011年11月9日にふる里小松にオープンした美術館で、彼女とお母さん、お二人の絵が展示されています。

マジでエネルギッシュな女性で、日本、いや世界中に友人が居らっしゃって、話も行動もパワフルそのもの。素晴らしいかたです。

なお、今年10月22日~12月10日まで京都高台寺で「八十山和代特別展」が開催されます。高台寺は、秀吉の正妻ねねが、亡き夫を弔うために開いたお寺ですね。
八十山和代美術館

その特別展に向けて、こちらの襖絵を制作中でした。地下茎でつなっている素晴らしい孟宗竹の絵ですね。

八十山雅子・和代美術館
石川県小松市村松町153
TEL 0761-43-3458
10:00~17:00(入館は16:30までに)
月曜休館


福井市美術館

妻がどうしても行きたいということでお供してきました。
福井市美術館 (13)

下馬中央公園に隣接する、愛称「アートラボふくい」の一角にあります。私も初めて行きました。

コンセプトは「みる」と「つくる」が一体化した美術館ということ。
福井市美術館 (3)

設計は黒川記章氏。全面ガラスでR形状というと、何となく、新国立美術館にも似ているような気がします。

さぞかし施工会社は苦労したことでしょう……?(苦笑)
福井市美術館 (5)

あと、著名な建築家だからでしょうか、著作権の関係で、展示品以外の館内にも写真撮影に制限があります。ご注意を。
福井市美術館 (9)

今回アップしている写真もokかどうか確認しながら写しました。^^;
福井市美術館 (6)

さて、「フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展」は全国を巡回している企画展で、料金は大人一人1,200円。
福井市美術館 (14)

フィンランドのデザインはシンプルで明るいものが多いと思いますが、そのためか飽きがこずに愛着がわく品々が多い気がします。
福井市美術館 (12)

ただ私は、それほど興味のあるジャンルではなかったので、見終ってもそんなものか、といった感じでしたが、妻はいたく気に入ったようで、ミュージアムショップで、ポーチや、こんなポスターなど買っていました。
福井市美術館 (16)

そして帰ってからも、ロゼ・スプマンテをフィンランドのイッタラ社のレンピグラスで飲んでいました。^^;
福井市美術館  (3)

飲んだのは、「ジャック・セロス」の当主アンセロム・セロス氏が「フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ」とタッグを組んで作ったワイン「DUBL」。神の雫でも出てくるそうです。辛口で美味しかったです。注:このワイン自体はフィンランドとは関係ありません。^^;

ちなみに、「フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展」は、福井市美術館では9月3日までの開催です。

福井市美術館
福井県福井市下馬3丁目1111
9:00~17:15(入館は16:45まで)
月曜(祝日の場合は翌日)
祝日の翌日(日曜日を除く)休館


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ