あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:スパークリング

今日は、GWに行った「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」のあとに食べたディナーのお店の紹介です。

私は順番待ちをするのが嫌いなので、食べに行くときは数日前に予約を入れるようにしています。

ただ、この日は終わる時間が少し遅めだったので、予約を入れずにどこかへ適当に入るつもりでした。
cocomi

しかしながら、やはりお店に行って満席だったらいやだなと思い、金沢に向かう電車の中で検索。ネットで予約できるお店の中から、その時点で空きがあるお店を探し予約したのが、今日紹介する「cocomi 心味」というビストロです。

カジュアルなお店で、ディナーはコースが基本となっています。「色々なお料理を少しずつ召し上がっていただきたい為、コース料理にこだわっている」そうです。
cocomi (29)

店内はそれほど広くなく、テーブル席がロールスクリーンで仕切られています。

ディナータイムのコースは主として6種類。2,800円(8品・12品)3,300円(10品・15品)4,300円(10品・15品)と、同じ値段の設定でも食事が付くか付かないかで値段が変わってきます。どれも品数が多いですね。品数が多い代わりに一品あたりの量が少なくなっています。

内容としては「有機・無農薬・加賀野菜」を使用した創作料理がウリとなっていて、野菜・肉・魚もバランスよく料理が出されます。地産地消をうたって地元契約農家から直接仕入れているようです。

色々な種類の味を楽しめるのは、私にとってはうれしいことです。

我々は3,300円の10品コースをお願いしました。お酒を飲むと炭水化物は極力控えているので、ご飯ものナシのコースの方がちょうどいいです。
cocomi (9)

まずは泡物で乾杯です。

この日の内容を順番に紹介していきます。
cocomi (10)

本日の前菜は、チーズを生ハム巻、手毬寿司、鯵南蛮。
cocomi (11)

これは、「いろいろ野菜のサラダ焼き玉ねぎドレッシング」。新鮮な野菜の食感です。サラダの量は普通にありました。
cocomi (13)

「スモークサーモンと山芋の生春巻き苺アボガドソース」。苺アボガドソースが変わっています。
cocomi (14)

箸休めのような「キャベツとアサリのクリームスープ」が出されます。
cocomi (30)

こちらは「季節野菜の豆乳グラタン(米粉使用)」の熱々グラタン。量が少しなので、猫舌の人も冷ませばすぐに食べられるようになります。
cocomi (17)

メニューでは「あいなめと切り干し大根のソテー春菊ソース」となっていましたが、添えられてたのは切り干し大根ではなく、あぁ、名前忘れちゃいました。^^;
cocomi (18)

「若鶏とコンニャクの梅味噌煮込み」は私は食べていません。
cocomi (19)

私は肉が苦手ということで、こちらの一品を出していただきました。白身魚とキノコをソテーしたものです。
cocomi (21)

お次の「ロール玉ねぎのオーブン焼き(オレンジソース仕立て)」は熱々で、ほんのりとオレンジの味と香りがすして、玉ねぎの甘さがよかったです。
cocomi (22)

「能登豚のキンピラ巻き小松菜ソース」も私は食べていません。
cocomi (24)

代わりに「ホタルイカと筍とねぎの揚げ春巻き金時草ヨーグルトソース」。旬の地の食材をうまく仕上げています。
cocomi (25)

最後は「リコッタチーズ入りいももちの桜海老あん」でした。この組み合わせも良かったですね。
cocomi (16)

これらを酒の肴で飲んだのは、私はハイボールに、
cocomi (34)

こちらの赤のスパークリング。
cocomi (12)

妻は白ワインに、
cocomi (32)

チェイサーがわりの生ビールでした。^^;

色々な種類の料理を少量ずつ楽しめるのは私も好きです。コスパ的にもこれだけ飲み食いして二人で1万円ほど。なかなか楽しめましたね。ご馳走様でした。

cocomi 心味(ココミ)
石川県金沢市此花町11-22
 中川ビル1F
TEL 050-5872-4171(予約専用)
076-255-3559(問合せ専用)
11:30~14:30(L.O14:00)
17:30~23:00(L.O22:00)
月・第1火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松にも最近、新しい、それも洋系のお店が出来ています。うれしい限りです。

元々小松には和食系のお店は色々あったのですが、イタリアやフランス料理など洋系のお店は少なかったと思います。

この3月24日にイオンモール新小松がオープンし、近年にはなく珍しく注目されてきている小松。やっと飲食店も新規開店できる活力が少しですが戻ってきたといえます。住んでいる人間としてはうれしい限りです。
1945

今日紹介する「BRASSERIE 1945」は、小松の中華の人気店「勝ちゃん」のすぐ近くで、1945年に建てられた古民家をリノベーションしたお店。店名にもその建築された年を表記していますね。

でも、考えたら1945年って終戦の年。よく資材があったと思います。

金沢では古民家をリノベーションした飲食店も多くあるのですが、小松ではまだまだ少ないと思います。

さて、ここは前は惣菜の店「たじま屋」というお店でしたが、短い間で閉店(移転)してしまいました。いまは能美市の方で別なお店として営業されているようです。
1945 (5)

オープンは2月25日。まだオープンしたてほやほやのお店です。
1945 (6)

「BRASSERIE 1945」の内装は、その惣菜屋さんのときのを、入口付近ではうまくそのまま使っていますが、しかし奥がこんなに広かったとは初めて気がつきました。惣菜屋さんのときは、たぶん奥の方は借りていなかったのですね。
1945 (4)

店内も昔の面影を残しながらリノベーションされていて、テーブルやイスなども再利用しているものを活用しています。
1945 (28)

2階は、ご覧のような素敵なスペースになっていて、貸切やレンタルのスペースとしても活用できるようです。1階とはまた違った空間になっています。
1945 (26)

お店もそうだし、メニュー代わりのPOP?やホームページもおしゃれな感じで、小松には珍しい演出をされていますね。

我々は一番奥の2人掛けのテーブル席に案内されました。
1945 (2)

1階は暗いので、落ち着いて飲み食いできるのはいいのですが、少し暗すぎるため、タブロイド紙のようなメニューの文字の印刷が薄いからか、とても読むのに苦労しました。^^;

ライトが個々のテーブルの上にあればまだしも、このあたりは要検討だと感じました。

さて、ここ「BRASSERIE 1945」は、金沢の「FULL OF BEANS(フルオブビーンズ)」の姉妹店。

「FULL OF BEANS」は、タテマチストリートから少し入ったところにある築100年以上の金沢町家(うなぎ屋さん)を改装した古民家カフェです。

今回、小松支店ともいえる「BRASSERIE 1945」のオープンに合わせて、金沢からスタッフが移り住んでいます。力が入っています。

余談ですが、「FULL OF BEANS」は私が11年半ほど前に行った時は「おむすび」をウリにしていました。それ以来行っていませんが懐かしいです。ブログではこちらに書いています

私が今回お邪魔したのは、前に紹介した「キャンドルナイト&Music 2017」に行ったあと、少し飲み食いしようということで妻と二人で入りました。

「FULL OF BEANS」は野菜を中心とした自然食を楽しめるお店ですが、こちらのお店もダイニングバー的な位置付けながら、自然食をウリにしていて、野菜中心のメニュー。気軽にかつリーズナブルに楽しめるところになっています。

では、飲み食いしてきたものを紹介していきます。
1945 (12)

まずはスパークリングワイン「バルディビエソ・ブリュト(650円)」を頼みます。
1945 (21)

黒板メニューから「ホタルイカと菜の花のアヒージョ(800円)」を。
1945 (22)

アヒージョというからグツグツ煮えたぎったオリーブオイルにホタルイカと菜の花が浸っている感じかと思ったら、そうでもなく、ちょうどいい感じに酒の肴になりました。
1945 (18)

スパークリングの次のワインは白で「ウルフブラス イーグルホーク リースリング(650円)」。
1945 (17)

こちらは、タブロイド紙のようなメニューにドカンと写真が出ていた「旬野菜の畑のオードブル(1,200円)」です。
1945 (13)

「彩り野菜と鮮魚のカルパッチョ(800円)」も、同じく写真がでかでかと出ていました。この二つがウリの料理なのでしょう?

「旬野菜の畑のオードブル」は、はたして何種類の野菜が使われているのでしょうか?色とりどりで食べるのがうれしくなるほど。

「彩り野菜と鮮魚のカルパッチョ」は 国産塩レモンとカルムのソースでさっぱりと食べます。
1945 (24)

赤ワインは、妻は微発砲の「ランブルスコ・セッコ(600円)」。

私は「ビオビオ メルロー(600円)」を頼みました。
1945 (25)

ということで、最後のオーダーは、大豆のミートソースとホワイトソースの「ソイタリアンラザニア(750円)」です。

何となくヘルシーに締めてみました。

この日、「キャンドルナイト&Music 2017」でそばなどを食べたから、この辺で打ち止め。お腹も満足。値段も満足。とてもリーズナブルに済ますことが出来ましたよ!お勧めです。ご馳走様でした。

BRASSERIE 1945
石川県小松市土居原町386-3
TEL 0761-24-1945
17:00-25:00 (L.O 24:30)
火曜(祝日の場合は翌日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

小松市の街中にも、和食だけではなく、洋系の新しいお店が出来てきました。

特にワインをウリにしているお店も、ポツリポツリとですがオープンしていて、外食の選択肢が広がっていくのはうれしい限りです。

実は、こちらのお店は10月18日にオープンしたのですが、関係者のお披露目があった日にちょうど前を通りかかったことで知りました。

最初、外見だけでは何のお店かわからなかったので、お店に張り出されていたチラシを見て、「ワインの酒場」であることがわかったのです。

その後、なかなか行く機会がなかったのですが、海外出張から帰ってきた日、妻が友人たちと外食だったために、家に帰る前にどこかで軽く済ませて帰ろうということで立ち寄ってみました。
mono

お店は街中の民家を改装したような造りです。行くときに小松駅の側から一人で夜歩いて向かったのですが、気が付かずに通り過ぎてしまいました。^^;

あれ?違う通りだったかな?と別な通りを歩いて探しても当然なく、再度反対側から歩いてやっと見つけることができました。^^;

後から考えると、最初通った時は18時のオープン時間前だったので、お店の入り口の灯りが付いてなかったために気が付かなかったのかもしれません?

こちらのお店は「世界各国のワインを始め、美味しいお酒と創意工夫に凝った欧風料理」を楽しめるところで、メニューを見ても、料理やワイン、そしてチーズの品揃えが豊富なようでした。
mono (3)

18時過ぎにお邪魔したら私が最初の客。一人だったのでカウンター席に座り、そして黒板に書かれているメニューを見渡します。
mono (5)

まず目についたのは、「あふれスパークリング」の文字。おっと!一杯500円!!これにしようということで頼んでみました。
mono (4)

日本酒のお店で、升にグラスを置きなみなみとお酒を注ぎ、グラスからあふれた酒が升にもたまるといった感じを思い起こす方もいらっしゃるでしょうが、まさにそんな感じです。

私も グランフロント大阪8Fの「チャオ ナチュレ(CIAO NATURE)」というイタリアンのお店で、「こぼれスパークリングDB」という同じようなのを飲んだことがあります。

量的には、普通のグラスワインの倍は注がれているでしょうか?それに500円という価格もうれしいです。

この日は、「ブランドール ブリュット」。

ただ、この「あふれスパークリング」は最高だったんですが、他のグラスワインは逆に注がれる量が少なかったのが残念でした。^^;
mono (13)

「あふれスパークリング」が強烈だったので、逆に少なく感じたのかもしれません。写真はポールローランの赤ですが、白も赤も同じような量でした。こちらは逆に普通のグラスワインの量の半分ぐらいだった気がします。

もっともグラスワインは400円からの設定だったのでとても安いのですが……。

まぁ、「あふれスパークリング」と合わせるとバランスが取れているといえばそうかもしれません。

貧乏性な私は最後の一杯に、また「あふれスパークリング」を頼んでしまいました。^^;

ちなみにグラスワインは白が2種類、赤が3種類設定されていたのはうれしいです。

では、食べた料理についても紹介したいと思います。

まずはタパス感覚で、1皿300円のこちらの2品。
mono (9)

アンチョビポテトサラダと
mono (8)

オリーブのマリネです。

そして、この日は11月のとても寒い夜(関東で積雪がった日)だったので、暖かいお料理を中心に頼むことにしました。
mono (10)

これは「こだわり野菜たちの温野菜 ハーブ塩で(880円)」です。なかなかよかったです。温野菜で甘みが引き立ち、色々な種類の野菜を楽しめました。
mono (11)

どこの野菜を使っているかは聞きませんでしたが、ほかの冷菜にも野菜のメニューが色々あったので、野菜にはこだわっているようです。
mono (12)

こちらは「ムール貝の白ワイン蒸し ハーブ風味(1,000円)」。たっぷりのムール貝が白ワインで香りの衣をまとって出されます。

ハーブ風味となっていましたが、緑色のスープには複雑な風味が感じられました。
mono (14)

「真いわしのオイル煮(500円)」です。運ばれてきたときも熱々のオイルでグツグツ煮たぎっていました。これも美味しかったです。
mono (15)

以上、色々飲み食いして5,000円強でした。

カウンターで一人で気軽に美味しい料理を肴にワインを楽しむのも良し。家族や仲間とワイワイやるのも良し。もちろん、熱々カップルでワイン片手に語るのもの良し。色々使い勝手の良さそうなお店でした。ご馳走様でした。

ワインの酒場 mono
石川県小松市土居原町302-1
TEL 0761-68-9312
18:00~26:00(L.O.25:00)
日曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

牡蠣といえば、英語のスペルのRがつかない月は食べてはいけないと言われていました。

つまり5月から8月にかけては、暑い季節で、牡蠣の鮮度に気を付けろ!といった意味もあったり、また、牡蠣が産卵期で体力を使ってしまうために味が落ちるためだともいわれています。

ただ、今の時代。養殖技術、冷蔵・冷凍技術、輸送技術などが驚くほど進化していて、傷みやすい季節でも安心して食べることが出来るようになってきました。

もっとも、天然の岩牡蠣は、夏が旬です。プリンとした大きな身はとてもクリーミーで食べ応えもありますね。

牡蠣といえば広島や仙台が有名ですが、近ごろは、北海道の厚岸、能登の岩牡蠣など、色々な産地の牡蠣を楽しむことが出来、全国的にもオイスターバーのようなお店がたくさん出来ています。

さて、この日は少し早目にお店に行きました。その理由は、こちらの「オイスターバー&ワイン BELON 神保町店」では、オープンから19時までの時間帯はオイスターアワーということで、3種類の牡蠣が1P290円で食べられるからです。また月曜日はすべての時間帯がオイスターアワーになっています。
BELON (7)

お店に到着したのは18:10。まだ店内には先客は居ませんでした。お店のカウンター席の前には、鮨屋のように冷蔵ショーケースよろしく牡蠣が並べられています。美味しそうです。
BELON (11)

我々はテーブル席に座って、まずはオイスターアワー対象の3種類の牡蠣をお願いしました。この日は兵庫室津・宮城女川・宮城折浜の3種類。普通に食べるとこの3種も390~440円するので、1Pあたり290円はやはりお得です。

こちらのお店では、夏でも常時10数種類の全国各地の牡蠣を楽しむことが出来ます。何種類か頼んで味の違いを楽しんでもいいかもしれません。
BELON (6)

飲み物は私はスパークリングを、一緒に行った人は生ビールを頼んで、生牡蠣を待ちます。
BELON (10)

そのまま待っていてもなかなか来なくて、スパークリングがなくなり、次に白ワインを頼みます。

そうこうしているうちに、他に頼んであった料理が順次運ばれてきます。

それらを食べながら生牡蠣が出てくるのを待ちますが、なかなか出てきません。

さすがに、これはおかしいと思い、お店の方に確認すると、やはり忘れていたようです。

忙しいときならまだしも、客は私たちだけ、さらには最初にオーダーした、お店のメインである生牡蠣のオーダーを忘れてしまうとは!これにはさすがに驚きました。

しかし、そのお詫びといったところでしょうか?牡蠣のうち一種類を少し値段が高い種類の変えてきてくれました。
BELON (9)

先に出された料理は、こちらは「小ヤリイカとブロッコリーのアンチョビソテー(880円)」。アンチョビソースの塩分がきいていて美味しかったです。
BELON (8)

これは「真タコとドライトマト、セロリのマリネ(540円)」だったでしょうか?酸味もほどよい前菜おつまみでした。

それらを食べ終わるころに生牡蠣が出てきました。

レモンを絞って、そのまま一口で食べます。やはり生牡蠣は美味しいですね。

家では冬でもあまり生牡蠣を食べる機会がないので、たまに食べると、本当に美味しく感じます。でも、1P4~5百円をだしてまで正直食べたいとは思わないのも事実(ハレの日は別ですが)。オイスターアワーがあればこそです。

宮城女川・宮城折浜の牡蠣のほうがサイズも大きかったです。
BELON (13)

牡蠣については、焼牡蠣も頼みました。宮城折浜の牡蠣です。焼くとジューシーさがアップします。
BELON (14)

ビネガーソースなども出されましたが、こちらもシンプルにレモンを絞ってさっぱりと牡蠣の旨みを愉しみました。
BELON (18)

あと、頼んだものとしては「オリーヴ盛り合わせ(380円)」と。
BELON (15)

私は食べませんでしたが「豚スペアリブのスパイシーグリル(640円)」なども。
BELON (16)

飲み物は、スモーキーなフレーバーで私の好きな「白州ハイボール」を頼みました。

以上を飲み食いして、二人で8,600円強。この後私は別な予定があったので、飲み食いを少しセーブしましたが、なかなかリーズナブルに飲み食いできましたよ。

お店の雰囲気もよさそうで、カウンターで一人、男女でもグループでも使い勝手の良さそうなお店で、オイスターアワーの時間帯に行くのがおすすめです。ご馳走様でした。

オイスターバー&ワイン BELON 神保町店
東京都千代田区神田神保町1-2
 アイビー第1ビル5F
TEL 050-5869-8493(予約専用)
03-5217-0235(問合せ専用)
月~金
11:30~14:30(L.O.14:00)
17:00~23:30(L.O.22:45)
土日祝
12:00~14:30(L.O.14:00)
17:00~23:00(L.O.22:15)
年末年始休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング   

このページのトップヘ