あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:スパークリング

出張に行くとどうしても居酒屋に行くことが多くなります。

まぁ、いつもある程度年齢を重ねたメンバーと一緒に夜食べに行くことが多いので、それもやむ得ないのですが、3泊目ともなると、ちょっと変わったものも食べてみたくなります。

今回の出張では3泊目が鹿児島でした。
ハゼル

そこで私がチョイスしたのは、鹿児島中央駅からほど近い場所にある「旬感酒場 ハゼル(HAZERU)」というお店。

ここは、ワインを飲みながら創作料理を楽しめることで人気のお店です。
ハゼル (23)

店内に入ってすぐにオープンキッチンがあり、それを囲むようにカウンター席。奥のほうがテーブル席になっていて、2階にも席があるようです。

今回、地元の人と一緒に5名でお邪魔しました。我々は一番奥の掘りごたつ式のテーブル席に案内され、メニューを見渡すと、ネーミングもそうですが、ビジュアル的にもよさげなものが並んでいました。

それらは限定で2~3食限り!と書かれていたので、まずはそれらを注文することに。
ハゼル (7)

お通しはスパークリングワイン(432円)というのも変わっています。
ハゼル (8)

あっ!この生ハムとチーズもお通しです。

限定メニューからお願いしたのが、こちらの限定3食「極上ウニとイクラのこぼれ盛れ(1,382円)」と、限定2食の「本マグロのカツレツ(1,382円)」です。
ハゼル (9)

「極上ウニとイクラのこぼれ盛れ」はいわゆる「インスタ映え」するやつですね。しかし、枡の中までウニとイクラが入れられているわけではありません。
ハゼル (12)

「本マグロのカツレツ」は中がレアで外がサクッと。こちらも良かったです。

こちらの「至福の牛肉盛り(1,274円)」は、食べ応えがあって2回もオーダーしてしまいました。
ハゼル (14)

ローストビーフ・牛ハツロース・生ハムの盛り合わせになっていますが、牛ハツロースが分厚かったです。
ハゼル (17)
ハゼル (20)

「ホタテと旬菜のアヒージョ(1,058円)」は、熱々のオリーブオイルで煮込みます。
ハゼル (19)

「明太子と大葉のブルスケッタの大盛り(1034円)」も誰かが頼んでいました。
ハゼル (22)

こちらは25cmの特大チョリソを使ったオイルソテー(842円)。巨大なチョリソでスパイシー。SNSのビジュアル的にはいいかもしれません。

締めとして「特大赤海老とバシルのペペロンチーノ(大盛り1,382円)」を頼みます。
ハゼル (21)

こちらは大盛りにしてもらっています。でも、特大赤海老はそれほど入っていませんでした。^^;
ハゼル (15)

アルコールのほうですが、あとはワインを頼まず結局、生ビールやハイボールにしました。^^;

これらを飲み食いして締めて一人4千円弱。コスパ的にはよかったですし、ビジュアル的にもいい料理の数々で、SNS向けにもいいお店だと思いました。ご馳走様でした。

旬感酒場 ハゼル(HAZERU)
鹿児島県鹿児島市中央町20-11
 ole de solaビル1F
TEL 099-251-3366
11:1514:00
ランチ11:1514:00(L.O)
平日16:3024:00(L.O.23:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

羽田から小松に戻る前に、品川で腹ごしらえをしました。
sasaya BYO (4)

行ったのは、品川駅前のビルの2階の飲食店街にあるビストロ、バル・バールのお店「魚介ビストロ sasaya BYO」。
sasaya BYO (3)

4店舗ほどが一緒になっている「品川魚貝センター」の中の1軒です。

まぁ、決してこぎれいなお店はなく、席も狭いお店ですが、仕事帰りに気軽に軽く一杯やっていくにはよさげなところです。

ここは都内に何店舗か、そして帰って調べてわかったのですが、富山市の総曲輪にも支店があるようです。少し驚きました。

店名に「BYO」と付いていますが、これは「Bring Your Own」ということで「あなたのワインを持ち込んでください」という意味。

1本999円で何本持ち込んでもオッケーというシステムです。高いワインだとこちらのほうがお得に飲めますね。
sasaya BYO (5)

もちろん、ワインをウリにしているお店なので、常備されている130本以上のワインから選んでもよしです。

我々は17時少し前にお店に到着。予約をしていなかったのですが、早目の時間だったら大丈夫だろうということで行きました。

その予想は当たっていて、19時からは予約で満席。それまでだったらok!ということで1時間ほど軽く飲み食いしました。人気のお店なのですね。

では頼んだものを紹介していきます。

生牡蠣があったので、まずそれを。ニュージーランド産で1ピース税別490円~。4ピース頼みました。
sasaya BYO (18)

レモンを絞って食べるとジューシー!

そして「メリメロ」という、フランス語で「ゴチャマゼ」の意味だそうですが、お店のNo.1人気メニュー「メリメロカルパッチョ」の炙り版をオーダーしました。Mサイズで税別1,399円です。
sasaya BYO (19)

香ばしく炙られた新鮮な魚介が、オリジナルのトリュフソースのあいまって美味しさを引き立ててくれます。
sasaya BYO (27)

こちらは「きびなごのエスカベッシュ(税別499円)」。少しカレーの風味が付いた一品で白ワインにあいます。
sasaya BYO (24)

アヒージョは「ツブ貝(税別599円)」。バゲットも付いてきます。
sasaya BYO (25)

最後は「キャベツとベーコンのアンチョビガーリックソテー(税別499円)」をオーダー。こちらも白ですね。
sasaya BYO (29)

飲んだのは、私は最初、メニューに「まずは軽くシュワシュワ」を書かれていたスパークリングワイン(税別690円)です。
sasaya BYO (12)

妻のほうはメニューに「NAMIMANIなグラスワイン(590円)」と書かれていた白ワインを頼んでいました。その通り並々と注がれます。
sasaya BYO (21)

約200ml注がれています。通常のお店では125ml程度らしいので、お得といえばお得です。

sasaya BYO (22)
私は2杯目を「ブラッドオレンジハイボール(税別490円)」でお願いしました。妻は同じのをお代わりしていました。

今回の旅では3日間でアルコール摂取が多めだったので、このときはこれでアルコールは打ち止めです。

2人で飲み食いして7,500円ほど。コスパもよく料理もオリジナルで美味しかったので満足でした。ご馳走様でした。

魚介ビストロ sasaya BYO
東京都港区高輪3-26-33
 パル品川ビル219号 品川魚貝センター内
TEL 03-3441-1110
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

さて、施設編に続き「箱根小涌園 天悠」の夕食編です。

秋といえば味覚&食欲の秋。色々な食材が実りを迎え、まさに実りの秋。そんな時期に美味しい料理を食べるときは「至福の時間」でもあります。
「箱根小涌園 天悠」の夕食は、特別客室利用のお客さまは部屋食ですが、その他の部屋のお客さまは5階にあるダイニング「はこね」でとることになります。

ダイニング「はこね」も結構な広さがありますが、大きく2回に分けて、時間帯を選んで予約する必要がありました。

1回目は17:30か17:45。2回目が確か19:45か20:00だったと思います。サービス対応の問題もあるのかもしれません。我々は17:45でお願いしました。

メニューは基本は季節ごとに変わりますが、連泊の場合は違うメニューに変えてくれます。

今回は秋のメニューということですね。

ダイニングの入り口から、オープンなテーブル席が並んでいます。
小涌園 天悠 (51)

我々は奥のほうにある、仕切りがある半個室のテーブル席に案内されました。こちらのほうがまわりを気にせずに楽しむことが出来ます。
小涌園 天悠 (57)

まずは生ビールでのどの渇きを癒します。

では、出された料理を紹介していきましょう。

まずは前菜で、「ポルチーニ茸と鶏のスチーム生ハム巻き」「鴨のコンフィと柿のブロシェット」「菊菜と占地のお浸し」「さつま芋ムース」「海老天の巻寿司バルサミコ風味」といった構成。
私は事前に豚と鶏肉が苦手と伝えてあったので、内容を変更してくれていました。そのため「ポルチーニ茸と鶏のスチーム生ハム巻き」と「鴨のコンフィと柿のブロシェット」は食べていません。
代わりに出されたのは、アボカドを使った料理と、あと何だったかな?忘れました^^;

こちらはフォアグラです。
私にはラタトゥイユでした。

御椀は「松茸の土瓶蒸し」です。秋の味覚の代表格ですね。
松茸のほかには鯛・海老・銀杏・三つ葉が入っています。酢橘を絞ってまずはスープを飲みます。
飲み干して、土瓶の中の具を食べます。

お次に出されたお造りは、鮪・はた・帆立・汲み湯葉・自然薯。最初フタがしてあって開けるとドライアイスの煙が出ました。
内容的には、いつも北陸の美味しい刺身を食べている身としては、少々物足りない気がします。
魚料理は「太刀魚パン粉焼き」。地海苔のバターソース仕上げで香ばしいパン粉と海苔の風味がほんのりとするソースで美味しくいただくことが出来ました。
肉料理は、国産牛ロースのステーキでソースは和風。付け合せには、紫芋のピューレ・大黒占地・白木耳・米茄子が添えられています。
小涌園 天悠 (65)

食事は「釜炊き松茸ご飯」。早めから火をつけて目の前で炊き上がるまでグツグツ。
茶碗によそって炊き立て熱々を食べます。少し芯が残る感じですが、松茸の香りが染み込んで美味しくいただくことが出来ました。
お漬物と赤だしも付いています。
最後のデザートは「パティシエ特製デザート盛り合わせ」。
栗、抹茶、かぼちゃなどを使ったケーキとジェラート5種。私は少し残してしまいました。

あと、生ビールの後頼んだお酒についても紹介しておきます。

私は「神奈川県地酒コース」という、料理とマリアージュ形式になっている地酒セットです。

出される料理に合わせた設定になっているようですが、3種類とも一度に出されるので、途中でわからなくなりどうでもよくなりました。^^;

一応、1番の純米の「箱根山」は前菜と椀物。2番のこれまた純米の「松美酉」にはお造りと魚料理に。3番目の純米吟醸「白笹鼓」には肉料理となっていました。

格60mlで2,000円(税別)。旅館価格ですね。^^;
小涌園 天悠 (68)

妻のほうはワインです。まずは白で「日本のあわ 勝沼甲州」。柔らかな辛口といった感じでフルーティな口当たりです。
お次は「穂坂マスカット・ベーリーA」というロゼのような色合いのワイン。こちらもフルーティでした。

以上が、この日の夕食に飲んで食べた内容です。一品一品のメニューが奇をてらわずしっかり味付けされていて好感が持てました。

ただ、大きな旅館だからかわかりませんが、料理がどんどん運ばれてくる感じが少し気になりました。何となくせかされているような気がして。

価格的には高級旅館の領域に入る「箱根小涌園 天悠」。客層もアダルトな方々が主体だと思いますが、それに合う夕食内容でした。ご馳走様でした。

施設編はこちらです。

箱根小涌園 天悠
神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
TEL 0460-82-5111
客室総数 150室
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

石川県は能登と加賀で多種多様な海の幸、山の幸がとれるところです。

特に海の幸は、能登沖で暖流と寒流が交わり、また能登半島にぶつかることによって渦流が発生し回遊魚が滞留します。そのために四季折々、色々な魚介が獲れるのです。

もちろん、魚介だけではありません。加賀野菜や能登牛など、豊かな食材の宝庫です。

そんな土地に住む我々は、美味しい食材に囲まれて幸せですね。

さて、話は変わりますが、最近フレンチのお店に行く機会が減ってきたと思います。まぁ、特にこれと言って理由はないのですが、歳でしょうか?^^;

今日は、久しぶりのフレンチのお店を紹介します。それは、金沢駅近くにあるカジュアルフレンチのお店「フレンチ izo(伊蔵)」。

姉妹店として焼き肉屋さんもあるようですが、肉と魚、両方守備範囲なのですね!?

前は「厨屋貝鮮 伊蔵」という名のお店で、海鮮居酒屋だったようですが、「厨屋貝鮮 伊蔵」には私は行ったことがありません。
izo (2)

2017年3月に「海のフレンチ izo(伊蔵)」としてリニューアルオープンしています。
izo (5)

今回、お盆休みの時にランチを食べに行きました。
izo (6)

3階建てのビル丸ごとレストランになっていて、中に入ると、1階はカウンター席。
izo (14)

2階はテーブル席になっています。
izo (16)

「海のフレンチ」ということで、青をアクセントカラーに使っています。青以外のカラーもビビットカラーがグラスや料理にもポイントで使われていて、何となく海の中の熱帯魚をイメージしてしまいました。

お店自体はカジュアルフレンチで、ランチもディナーも値段はリーズナブル。ランチは基本3種類。IZOランチAの1,500円(金額はすべて税抜)。内容は「本日のオードブルサラダ仕立て」「本日のスープ」「本日のお魚料理又はお肉料理」「自家製パン」となっています。

A以外は、IZOランチB(1,860円)とIZOランチC(2,800円)で、AとBの違いはデザートとドリンクが付くか付かないか、また、BとCの違いは肉・魚両方付くか付かないかです。

こちらのお店のウリは能登直送の海の幸と新鮮な地物食材を使っていること。もっとも、ランチのこの値段では使われているのは一部でしょうね?

私はデザートとドリンクは、この後も色々飲み食いする予定だったので、1,500円のAにしました。妻のみIZOランチBにしました。
izo (19)

暑い日だったので、最初、泡物を一杯頼みました。

では、料理の内容を紹介していきましょう!
izo (18)

まず出された「本日のオードブルサラダ仕立て」は、ブロッコリーのムース、ガンドのカルパッチョ、エシャロット、タコ、紫ダイコン。色合いもカラフルでなかなか楽しめました。
izo (20)

「本日のスープ」は紫色のじゃがいもシャドークイーンを使ったコンソメジュレ。冷製です。
izo (22)

メインは私は「鯛とムースのズッキーニ巻き シイラのポアレ添え」をチョイス。1,500円のランチなのに手がこんでいます。
izo (23)

妻は、「スズキのパートフィロー包み 夏野菜添え」をチョイスしています。
izo (24)

自家製パンはチーズフォカッチャ。チーズが前面に出て美味しかったですが、珍しいですね?
izo (21)

さて、ここまでが非常に順調に出されましたが、最後のデザートが出てくるまでに30分ほど時間がかかりました。^^;

お店が混雑してきたからでしょうか?客層はやはり女性の方が多かったようです。
izo (25)

そんなデザートはスイカ、ラズベリーアイス、チョコレートムース。
izo (28)

ドリンクはコーヒーを頼みました。

この値段でこの内容。味的にもコスパ的にも満足できました。ご馳走様でした。

フレンチ izo(伊蔵)
石川県金沢市堀川町5-10
TEL 076-224-1006
ランチ11:30~14:00(L.O.)
ディナー17:30~22:00(L.O.)
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は、GWに行った「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」のあとに食べたディナーのお店の紹介です。

私は順番待ちをするのが嫌いなので、食べに行くときは数日前に予約を入れるようにしています。

ただ、この日は終わる時間が少し遅めだったので、予約を入れずにどこかへ適当に入るつもりでした。
cocomi

しかしながら、やはりお店に行って満席だったらいやだなと思い、金沢に向かう電車の中で検索。ネットで予約できるお店の中から、その時点で空きがあるお店を探し予約したのが、今日紹介する「cocomi 心味」というビストロです。

カジュアルなお店で、ディナーはコースが基本となっています。「色々なお料理を少しずつ召し上がっていただきたい為、コース料理にこだわっている」そうです。
cocomi (29)

店内はそれほど広くなく、テーブル席がロールスクリーンで仕切られています。

ディナータイムのコースは主として6種類。2,800円(8品・12品)3,300円(10品・15品)4,300円(10品・15品)と、同じ値段の設定でも食事が付くか付かないかで値段が変わってきます。どれも品数が多いですね。品数が多い代わりに一品あたりの量が少なくなっています。

内容としては「有機・無農薬・加賀野菜」を使用した創作料理がウリとなっていて、野菜・肉・魚もバランスよく料理が出されます。地産地消をうたって地元契約農家から直接仕入れているようです。

色々な種類の味を楽しめるのは、私にとってはうれしいことです。

我々は3,300円の10品コースをお願いしました。お酒を飲むと炭水化物は極力控えているので、ご飯ものナシのコースの方がちょうどいいです。
cocomi (9)

まずは泡物で乾杯です。

この日の内容を順番に紹介していきます。
cocomi (10)

本日の前菜は、チーズを生ハム巻、手毬寿司、鯵南蛮。
cocomi (11)

これは、「いろいろ野菜のサラダ焼き玉ねぎドレッシング」。新鮮な野菜の食感です。サラダの量は普通にありました。
cocomi (13)

「スモークサーモンと山芋の生春巻き苺アボガドソース」。苺アボガドソースが変わっています。
cocomi (14)

箸休めのような「キャベツとアサリのクリームスープ」が出されます。
cocomi (30)

こちらは「季節野菜の豆乳グラタン(米粉使用)」の熱々グラタン。量が少しなので、猫舌の人も冷ませばすぐに食べられるようになります。
cocomi (17)

メニューでは「あいなめと切り干し大根のソテー春菊ソース」となっていましたが、添えられてたのは切り干し大根ではなく、あぁ、名前忘れちゃいました。^^;
cocomi (18)

「若鶏とコンニャクの梅味噌煮込み」は私は食べていません。
cocomi (19)

私は肉が苦手ということで、こちらの一品を出していただきました。白身魚とキノコをソテーしたものです。
cocomi (21)

お次の「ロール玉ねぎのオーブン焼き(オレンジソース仕立て)」は熱々で、ほんのりとオレンジの味と香りがすして、玉ねぎの甘さがよかったです。
cocomi (22)

「能登豚のキンピラ巻き小松菜ソース」も私は食べていません。
cocomi (24)

代わりに「ホタルイカと筍とねぎの揚げ春巻き金時草ヨーグルトソース」。旬の地の食材をうまく仕上げています。
cocomi (25)

最後は「リコッタチーズ入りいももちの桜海老あん」でした。この組み合わせも良かったですね。
cocomi (16)

これらを酒の肴で飲んだのは、私はハイボールに、
cocomi (34)

こちらの赤のスパークリング。
cocomi (12)

妻は白ワインに、
cocomi (32)

チェイサーがわりの生ビールでした。^^;

色々な種類の料理を少量ずつ楽しめるのは私も好きです。コスパ的にもこれだけ飲み食いして二人で1万円ほど。なかなか楽しめましたね。ご馳走様でした。

cocomi 心味(ココミ)
石川県金沢市此花町11-22
 中川ビル1F
TEL 050-5872-4171(予約専用)
076-255-3559(問合せ専用)
11:30~14:30(L.O14:00)
17:30~23:00(L.O22:00)
月・第1火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ