あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:スパークリング

小松の街中に新たなお店が9月14日オープンしました。

洋食・欧風料理のお店「欧風ビストロGRIVE」です。

場所は有川さんの前、勝ちゃんの2軒隣。
欧風ビストロGRIVE (4)

前は九谷焼の販売店だったところをリノベーションしています。こちらの写真に見える後ろ側はその時からある蔵ですね。

お店の左側に掲げられている看板も、その時の雰囲気を残しています。

この厨房は事務所?があったエリアを改装。食べるところは蔵の前半分のみを使っています。

蔵全部では広いということでしたが、2階にもスペースがあって、席数は相当ありました。

オーナーシェフの方は小松のフランス料理「ミュー・レ・ミュー」で働いていた人でした。

なぜこの場所に?とお聞きしたら、「惜しまれながら閉店した24時間営業の『みなとや食堂』がなくなって、飲食店のかたがお店終了した後で食べに行くお店がなくなったので、その役割を少しでも」と話されていました。素晴らしいですね!?

我々はオープン時間の18時に予約を入れ、最初のお客さんとして店内に入りました。
欧風ビストロGRIVE (6)

店内に入ると入口右手に厨房があり、カウンター席らしきスペースがありましたが、この時点では使っていないようでした。
欧風ビストロGRIVE (15)

蔵の部分に入るとテーブル席が並んでいます。
欧風ビストロGRIVE (11)

壁には黒板メニューが掲げられていました。
欧風ビストロGRIVE (9)

肉系の料理が多かったです。
欧風ビストロGRIVE (14)

ドリンクメニューはこちら。

では、頼んだものを紹介していきます。

お酒はボトルでスパークリングのロゼを二人で飲むことにしました。
欧風ビストロGRIVE (16)

「カバセレクションエスペシャル ブルットロゼ(表記はすべて税別3,000円)」です。

辛口でお値段もお手頃。2人でちょうどよかったかな?
欧風ビストロGRIVE (17)

食べ物の最初はサラダで「GRIVE風サラダ(780円)」。野菜サラダです。
欧風ビストロGRIVE (18)

「オリーブ盛り合わせ(380円)」も一緒に頼んでいます。
欧風ビストロGRIVE (19)

こちらは「カマンベールのロースト(1,058円)」です。
欧風ビストロGRIVE (21)

熱々のとろ~りカマンベールを切り分けてバゲットに乗せて食べます。フレンチビストロならではです。
欧風ビストロGRIVE (22)

「本日の魚料理(1,058円)」はハチメのポワレでした。ソースは何のソースだったか忘れました。表面カリッと中身ジューシーでふんわり調理されていました。さすが「ミュー・レ・ミュー」で腕を磨いていた方です。
欧風ビストロGRIVE (23)

これは「フォアグラのソテー ナスのコンフェ添え」で、大と小があって、こちらは小で980円です。
欧風ビストロGRIVE (24)

最後の締めとして「アサリとフルーツトマトのパスタ(980円)」を頼んでいます。ボリュームもありました。いい塩梅の味付けでしたよ。

値段も手ごろで遅くまでやっていて、パーティや2次会などでも使い勝手がよさそうなお店でしたね。ご馳走様でした。

欧風ビストロGRIVE
石川県小松市土居原町400
TEL 0761-58-1738
18:00~26:00
不定休?


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

久しぶり?に小田急線沿いの成城学園前駅で下車しました。

先日、札幌のお店「七番蔵」を紹介したときに書きましたが、栗山町出身の板垣さんとご一緒したお店です。

成城学園前駅の改札口出口で待ち合わせ。

さすが高級住宅街として知られる成城。清閑な住宅街です。豪邸が並びます。

駅からまっすぐ、徒歩で数分のところ、まさに閑静な住宅街の一角に「四季膳 ほしや」はあります。
ほしや

紅色に染め上げた屋号入りの暖簾が目印です。
ほしや (25)

板垣さんがこちらに私を連れて行ってくれた理由は、ご主人の星谷さんがお店で使う野菜類を近江町市場にある北形青果から仕入れているからです。

特に加賀野菜を積極的に使ってくれているなど、石川県民にとってうれしいお店なのです。
ほしや (2)

店内は、成城の場所にふさわしい清楚な感じにまとめられています。
ほしや (3)

こちらのカウンター席に、個室で掘りごたつの小上がり席1つと半個室のテーブル席が2つありました。
ほしや (7)

お店で出される料理は正統派の日本料理。夜のメニューはこんな感じになっています。

すべてにおいて手間暇を惜しまずに作られる料理の一品一品。加賀野菜は始め素材も吟味されていて、料理が出されるたびに「へぇ~」という驚きがありました。
ほしや (5)

まずは生ビールと突出しの一品。

そして最初に出されたのが、北海道のシャコとじゅんさいを生でジュレ状の出汁で食べさせてくれています。
ほしや (6)

使われている野菜のヤングコーンは北形青果から仕入れたもの。あとしし唐ですね。
ほしや (9)

八寸的に出されたのはタコの柔らか煮、カボチャの煮物、にこごり、焼枝豆、赤イカ炙り。紫陽花の花がきれいです。

お造りは、つぶ貝・鯛・北海道産の本まぐろ・鱒・千葉産の金目鯛。
ほしや (12)

まぐろは上品な脂が乗っていて美味しかったです。もちろん、他も美味しいですよ。
ほしや (17)

蒸し物は茶碗蒸しですが、ハモ、ホタテ、ウニ、花穂が具材として使われていました。
ほしや (18)

揚物は天ぷらで、しいたけ、新じゃが真薯(しんじょ)、五郎島金時、梅干し。ここでも加賀野菜が使われています。
ほしや (15)

あと焼物らしいこちらは記憶が定かではありません。^^;
ほしや (21)

締めの食事は稲庭うどん。ツルッと美味しいです。
ほしや (22)

デザートにフルーツも出ました。

さてお酒の方ですが、私はこの日はワイン系で攻めてみました。
ほしや (10)

スパークリングです。フランスの「デュック・ド・パリ・ブリュット」。

キレがあってスッキリとした酸味が心地よいスパークリングでした。スパークリングもグラスで提供してくれます。
ほしや (14)

この後は、白ワイン。こちらもフランスで「ミュスカデ・ド・セーブル・エ・メーヌ」。
ミネラル感があってスッキリな中に深みのある味のワインでした。
ほしや (19)

あと白州のハイボールも飲んでいます。

板垣さんのほうは日本酒です。
ほしや (8)

こちらは三重県の木屋正酒造「而今(じこん)」。純米吟醸です。
ほしや (16)

こちらは栃木県の小林酒造の「鳳凰美田(ほうおうびでん)」。こちらも純米吟醸ですね。

他にも飲んでいましたね!?

以上、二人で飲み食いして締めて2万円以下。この場所で料理のクオリティ、使用する器のセンスの良さ、サービスのホスピタリティなどを考えると、本当におすすめの一軒だと思いました。

そうそう!このお店で板垣さんに新たな出会いがありました!アルバイトでお店を手伝っていた子が板垣さんと同じ高校出身だったのです。それで話が弾んでましたよ!

板垣さん、いいお店を紹介いただきありがとうございました。そしてご主人!ご馳走様でした。

四季膳 ほしや
東京都世田谷区成城6-22-5
TEL 03-6411-2525
11:30~14:30
17:30~22:30
水曜休(祝日の場合は営業、翌日休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨年3月に阪急三番街の北館地下2階がリニューアルして出来たフードコート「ウメダフードホール」。

昨年末にやっと行ってきました。

ここは大阪駅からも少し離れている場所だったのでなかなか行けなかったのです。大阪に住んでいた時も、阪急三番街の北館まで足を延ばしたことは多分ないと思います。前は何のエリアだったのでしょうか?

今回いつもの通り、小松に戻る前に軽く一杯とお腹を満たすために行きました。

地下2階の広いスペースが丸ごとフードコートになっています。通路や食べるスペースも比較的広めに作られていて、阪神百貨店やルクアの地下に比べてゆったり飲食できそうです。
ウメダフードホール

行った時がちょうどクリスマス前のときで、ツリーが飾られていました。
ウメダフードホール (5)

さて肝心のお店ですが、フードコートなので和・洋・中、色々なお店が入っていて、どこがいいか目移りします。
ウメダフードホール (3)

18店中11店が関西初登場ということでしたが、北陸から大阪まで来て、大阪以外のお店に行くことはやめたいと考えていました。
ウメダフードホール (2)

とりあえず、今回は洋系のお店と決めていて、2~3ピックアップしてあった中から選んだのは、「イタリアンダイニングペスカ」というお店。
ウメダフードホール (12)

ここは、北新地、心斎橋、なんばにお店があって、オリジナリティあふれる個性的なピザが人気なのだそうです。

とりあえず一番の決め手は、パイ生地のピッツァ、その名も「パイッツァ」を食べられるということ。どんなものか興味がありました。

フードコートなので、席を確保してお店でお金を払ってオーダーします。

ドリンクとセットだと、ドリンクの料金がお得になるのがあったのでそちらに。スパークリングや白・赤ワインが+300円でした。

頼んだ「パイッツァ」は、「たっぷり野菜のパイッツァ(1,080円)」でした。
ウメダフードホール (9)

こちらがそうですが、外側がクロワッサンのような食感です。風味もバターがたっぷり使われていて美味しい生地です。
ウメダフードホール (11)

ただ食べる時に、生地があまりにサクサクなので、口の外こぼれます。^^;

確かに野菜もたっぷり入っていて、ソースのしっとり感と生地のサクサク感も楽しめる美味しい「パイッツァ」でした。頼んだスパークリングにも合いました!
ウメダフードホール (7)

この日は、ここが2軒目だったので、この1枚食べただけで終わりです。また機会があればウメダフードホールの他のお店にも行ってみたいと思いました。ご馳走様でした。

イタリアンダイニングペスカ
 ItalianDiningPESCA
大阪府大阪市北区芝田1-1-3
 阪急三番街北館B2Fフードコート
TEL 06-6450-8151
11:00~23:00
阪急三番街の休日に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

東京プライベート旅のとき、必ず新しい施設に行くことにしています。

やはり新しい風というか、東京の先端のモノを見たいからです。

今回は2018年3月29日にオープンした東京ミッドタウン日比谷に行ってきました。

豊洲から地下鉄で有楽町まで移動。その足で歩いて向かいました。
ミッドタウン日比谷 (6)

地上35階建ての巨大なランドマークビルで、外観もご覧のように柔らかな曲線を取り入れていて、優しいイメージの高層ビルです。
ミッドタウン日比谷

地下のアーケードもアールデコ風の仕上げ。天井も高く開放感ある作りです。前身の三信ビルディングをモチーフとしているようですね。

一般的に地下街は狭い通路に天井も低いところが多いのですが、ここは違います。地下にいるということを忘れてしまいそうな空間です。

今回はあまり時間がなかったため、地下と1階を中心に軽く見てまわり、地下のカフェでお茶することにしました。
デリーモ

入ったのは「パティスリー&カフェ デリーモ」。色々なスイーツとドリンクを楽しめるお店です。ショコラティエが作るチョコレート菓子とパフェが人気なようです。

メニューには色々なスイーツが並んでいます。個人的には甘いものはあまり食べない私ですが、この日は11月というのに汗ばむ陽気で、また少し歩き疲れそうなので、普段はあまり食べないパフェを食べることにしました。
デリーモ (2)

それは、こちらのメニューに書かれていた「ラズベリーピスターシュ(税抜1,250円)」です。
デリーモ (6)

内容は、上に見えるのはラズベリーアイスとフランボワーズとカカオ67%のチョコが乗せられています。

その下にチョコチップ入りショコラクリーム、中にはシャンパンゼリー・ブルーベリー・フランボワーズ・フィヤンティーヌなど。そして一番下に56%ショコラソースが入っています。
デリーモ (8)

ショコラソースは別にも添えられていて、途中からかけて食べると、味の変化があって良かったです。

個人的にはあまりこの手の味覚に弱いので、どうこう書けないのが残念ですが、思ったほど飽きずに食べることが出来ました。

妻は先ほどのメニューに出ていたワインのほうに目が行っていました。^^;
デリーモ (5)

「NV ハイ!プロセッコ・エクストラ・ドライ」イタリアのヴェネト州ヴィニコラ・セレナのスパークリングです。

すっきりとした感じのフレッシュなスパークリングでした。

一杯500円という値段で、量は少なめでした。

私が頼んだ「ラズベリーピスターシュ」と一緒に飲むといいマリアージュかもしれません。

こちらのお店には料理も提供しているので、仕事帰りや休日のひと時に、常備していている50種類のワインを楽しむのもいいかもしれません。ご馳走様でした。

パティスリー&カフェ デリーモ
 東京ミッドタウン日比谷店
Patisserie & Cafe DEL'IMMO
東京都千代田区有楽町1-1-3
 東京ミッドタウン日比谷B1F
TEL 03-6206-1196
11:00~23:00(L.O.22:00)
休みは東京ミッドタウン日比谷に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

まだまだ2月に行ったお店の紹介は続きますが、今日は2月未公開編です。

まず最初は、今年も新酒の季節がやってきました。

いつも新酒を搾る季節になると、お邪魔するのが小松市野田の東酒造さんです。

今回、大雪が降った週の日曜日に伺いました。
神泉 (16)

造り酒屋である東酒造には広い敷地があります。その敷地内にはたくさんの除雪された雪がうずたかく積み上げられていました。

聞けば、今回の大雪で物流も大変らしく、ちょうど新酒の瓶詰作業が最盛期になっているので、その酒瓶が届かなくて冷や冷やされていました。

せっかくなので少し絞りの様子を見学させてもらうことに。
神泉 (6)

この部屋は大吟醸の醸造をしている部屋です。
神泉 (7)

タンク内はぶくぶく発酵していますね。
神泉 (9)

今年は寒いので、逆に発酵を促進するために温められているタンクもあります。
神泉 (10)

あと、こちらは大吟醸が袋吊りで搾られていました。品評会用の酒だそうです。
神泉 (13)

これは自動圧搾ろ過機です。

で、買い求めたのはこちらのしぼりたて神泉3種類。
神泉 (19)

「たれくち」「しぼりたてにごり酒」「しのりたて吟醸」です。

しぼりたてはワインで言えばボージョレヌーボーのようなもの。季節ものですね。
神泉1

「しぼりたてにごり酒」は、シャンパーニュのように、まだ発酵を継続している状態の酒を瓶に詰めてあるので、開けるときは注意が必要です。
神泉 (18)

このような取説まで付けられているほどです。

炭酸が弾けるピチピチした口当たりで、ほのかな甘みもありますが、若いので酸味が勝っています。毎年この季節限定のお酒ですぐに売り切れてしまいます。人気のにごり酒です。

注:もうすでに売り切れだそうです。

お次は長野に行った時に買ってきた「信州サーモンのアヒージョ」。
長野 (3)

佐久市の清流。大石川で育った信州サーモンを、「幻のきのこ」ともいわれている「はくれい茸」というキノコ、オリーブオイル、ニンニクと一緒に煮込んだものです。

最後の話題は、久しぶりにANAのプレミアムクラスを利用しました。
ANA (2)

貯まっていたアップグレードポイントを使用してのことです。

羽田発小松行は飛行時間が短く、プレミアムクラスのサービスも慌ただしく行われます。
ANA (3)

上空に上がってシートベルトサインが消されると、飲み物より先に、こちらの食事が出されました。
ANA (4)

その後、飲み物のチョイスを聞かれ、こちらのスパークリングワインをお願いしました。

ANA (5)
この日は日帰りで、行きの東京行のJAL便が関東の雪の影響(実際は羽田はほとんど降っていませんでした)で欠航になったため車の運転をしなくてよくなったので、ラウンジでも機内でもアルコールを飲むことが出来ました。それで元が取れました!

夕食のお弁当は、「らかん亭」という目黒の精進料理のお店が監修しています。

らかん亭は目黒にある天恩山五百羅漢寺境内にあり、各宗派にとらわれない、新しい精進料理を創りたいとの思いで、現在の精進料理を創り出していると書かれていました。

まぁ、いくら有名店が監修したとはいえ、冬に冷たいままの料理では、それほど美味しいと言えるほどではありません。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ