あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:スパイスカレー

金沢と野々市を中心にカフェなどを展開している「おまめ舎」。

今話題の石川県立図書館内にも「HUM&Go」として出店していて人気です。

そんな「おまめ舎」が、いままで「HUM&Go」として営業していた野々市のお店を、1月16日にスリランカカレーのお店「Bメロ(ビーメロ)」としてリニューアルオープンさせています。

スリランカカレーといえば、小松で人気だったスリランカカレー「小松西町食堂aniki no curry」が閉店になってから、早1年2か月ほど経過しました。

個人的には本当に残念だったのですが、「小松西町食堂aniki no curry」がスリランカカレーの美味しさに気づかせてくれたと思っています。

ちなみに、「小松西町食堂aniki no curry」のあとは、「トラットリア ナリ」というイタリア料理店になります。

さて、「Bメロ(ビーメロ)」という店名はカレー店としては変わっていますね。

HPには「日常“Aメロ”と特別な日“サビ”を繋ぐ『Bメロ』、日常(Aメロ)と特別な日(サビ)を繋ぐ『Bメロ』のようなお店。」を書かれていました。
Bメロ

「HUM&Go」にもお邪魔したことがありますが、「HUM&Go」のときは白い外観でしたが、いまは茶色であまり目立たない感じになっていました。
Bメロ (7)

店内に入ると内装もシンプル。カウンター席とテーブル席があって、カレーのお店としては広く、多くの人が入れる感じでした。
Bメロ (5)

メニューです。
Bメロ (4)

カレー専門店なのでシンプルですね。

基本のカレーが「パリップ(豆のカレー)」。副菜として青菜のサンボルなど7種程度が付いています。

それにメインのカレーを選ぶ形になっていました。それが、以下の4種類。料金がそれによって違います。

chicken curry(チキンカレー)…1,480円
pork curry(ポークカレー)…1,580円
squid and japanese leek curry(イカとネギのカレー)…1,580円
kids curry(辛さ控えめの豆カレー=お子様カレー)…500円

あと、メインのカレーなし(1,380円)もチョイスできるようになっていました。

そして、ごはんの種類・量、トッピング、ドリンクなどは希望に応じて伝えます。
Bメロ (12)

私は「イカとネギのカレー」でスパイス煮卵(+100円)をトッピング。出されたのがこちら。
Bメロ (17)

イカとネギのカレーは別に出されました。
Bメロ (16)

ライスは雑穀米と玄米のハーフ&ハーフ。量は普通です。スリランカカレーなのでバスマティライスの設定があればうれしかったかな。

基本のカレーの「パリップ(豆のカレー)」はメインの皿に添えられていますが、副菜として青菜のサンボル・キャベツのマッルン・大根の炒め物・南瓜とパプリカのサラダ・パパダン・スリランカピクルス・ココナッツと唐辛子のふりかけが、ライスの周りを固めていました。

最初は2種類のカレーを個々に味わい、副菜も少しずつ味わって、徐々に混ぜながら食べていきました。

唐辛子のふりかけは辛いので、混ぜながら少しずつ味変してきましょう!

両方のカレーとも色々なスパイスにより複雑でかつスパイシー。美味しかったです。

「スパイス煮卵」もスパイスの香りがしっかりゆで卵に移っていました。

ライスの普通は220gですが、副菜がたっぷりだったからか意外と満腹になりましたね。
Bメロ (10)

妻は「チキンカレー」でパクチー(+100円)をトッピングしていました。
Bメロ (11)

こちらが別盛りの「チキンカレー」です。

久しぶりのスリランカカレーを食べることが出来て満足です。ご馳走様でした。

Bメロ(ビーメロ)
石川県野々市市住吉町14-56
TEL 076-256-3386
11:00~15:00
17:30~20:30
月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

日本人はカレー好きですね。

昭和時代に育った私としては、やはり子供のころ母親が作ってくれたカレーが忘れられないということで、たぶん多くの昭和生まれの方はそうではないでしょうか。

さて、今日紹介するのは能美市寺井町にある割烹料理店「亀吉」。

こちらのお店がランチ営業をやっているのは、つい最近まで知りませんでした。

普通の割烹店は、ランチ営業をしているところは少ないと思います。特に個人営業のお店で、人手がそれほどない場合だと、夜の仕込みなどもあってランチ営業は極力避けたいところではないかと思いますが、そのあたりはお店側の色々な事情で判断されるものでしょう。
亀吉

建物はそれなりに年季が入った趣でした。
亀吉 (10)

入口にはランチメニューの立て看板があります。
亀吉 (6)

店内に入ると、右側がカウンター席で、左側は小上がりの席になっていました。
亀吉 (2)

店内にあったランチのお品書き。
亀吉 (3)

こちらもそうです。なかなかランチ営業に力を入れている感があります。
亀吉 (4)

カウンターの上にはスイーツが並んでいてウリの一つのようでした。

私は「カレーランチ(900円)」を頼むことに。
亀吉 (7)

出されたのがこちら。サラダ付きでライス大盛無料でしたが私は普通サイズです。
亀吉 (8)

カレーは、見た目は具が無いように見えますが、中に大きく切られたジャガイモと豚肩ロースが一切れずつ入っていました。

そして、札幌スープカレーのように、カレーとライスが別皿に盛られています。確かにスープカレーのように見えなくもない…?

まずはカレーを一口。とてもスパイシーです。辛いのはそれほど苦手ではありませんが、それでも相当辛いと思いました。

ライスにかけながら食べ進めていきますが、ライス大盛無料ということで他の人は大盛で頼んでいる理由がわかりました。

味的には、割烹料理店なので多少和のテイストが入っている感じがします。美味しいです。
亀吉 (9)

最後に、こちらのケーキを試食で出していただきました。ありがとうございます。

南加賀には金沢カレーではないカレ-食べさせてくれるところがだんだん増えてきました。色々選択肢が増えるのはいいことですし、日本のカレー文化が相当成熟してきた証しだと思います。ご馳走様でした。

亀吉(かめよし)
石川県能美市寺井町ロ75-1
TEL 090-7743-5894
11:30~14:00、17:00~23:00
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

人気のスパイスカレー(スリランカカレー)のお店「小松西町食堂aniki no curry」が昨年末に無期限の休業になりました。

最後に伺ったときのことは、こちらで紹介していますが、我が家ではカレーのお店では一番のお気に入りだったので残念です。

さて、石川のご当地カレーと言えば金沢カレーなのですが、カレーの種類が多様化している昨今、それほど金沢カレー系のお店に行きたいとは思わなくなりました。

ただ、金沢カレー系のお店を除くと、あまり選択肢がないのも事実。悩ましいです。汗

そんな中、「小松西町食堂aniki no curry」のほど近い京町に10月18日オープンした「きゅるん堂+(ぷらす)」。
きゅるん堂

数種類のスパイスとハーブや野菜などで作られたスパイスカレーを食べさせてくれるお店です。

お店はテレビ小松のビルの近く。新築でお店の前にも数台車が止められるスペースがありましたが、建物が奥まったところに位置しているので車で走っていると気が付かないかもしれません。

この辺は市役所が裁判所があるなど、いわゆる官庁街ではあるのですが、飲食店があまりないのです。

昔は、うどんや蕎麦店、食堂など色々あったのですが、ほとんどなくなってしまいました。こんなお店が出来たのでよかったです。
きゅるん堂 (6)

こちらは、小松生まれの女性の方がお一人で切り盛りされていて、彼女は料理教室などもやられているらしく、現在は火・水・金・土の昼のみの営業でした。
きゅるん堂 (2)

5人掛けのカウンター席と、テーブル席が1つのこじんまりとした店内。シンプルながらナチュラルな作りで温かい空間でした。
きゅるん堂 (3)

メニューはカレーが一種類のみ。あと、手作りケーキやドリンク。お聞きすると、一人でやっているのでカレー以外なかなか対応できないので、今のところ増やすつもりはないそうです。

私は今回ランチにカレー(980円)だけを食べました。

出されたのがこちら。
きゅるん堂 (4)

一言で書くと「野菜ベースのオーガニックスパイスカレー」で、数種類のスパイス、ローリエとローズマリーなどのハーブの風味と野菜の甘み。そしてほど良い酸味と唐辛子がきいていました。

トッピングには素揚げされた野菜と、ひよこ豆をペーストにして揚げられたボール。
きゅるん堂 (5)

ご飯は胚芽米に黒米を混ぜているのかな??間違っていたらごめんなさい。

材料にもこだわりのスパイスカレーのお店が小松に出来たことがありがたいです。ご馳走様でした。

きゅるん堂+(ぷらす)
石川県小松市京町88-2
TEL 0761-27-2168
火・水・金・土 11:00~15:00
日曜・月曜・木曜休
不定休あり



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

小松市にあった我が家のお気に入りのカレー店「小松西町食堂aniki no curry」。

南加賀では希少価値だったスパイスカレーのお店でしたが、残念ながら閉店になってしましました。私のブログではこちらでの紹介が最後となっています。

そんなことで、一時スパイスカレーロスに陥り、大阪まで食べに行ったりしました。汗

さて、そんなスパイスカレーのお店が新しく野々市に出来たと知り、妻と出かけてきました。


こちらは「1の1 NONOICHI」のシェアキッチンで月2回間切りカレーとして提供していたのです。
ナナマルカリー

この度晴れた2023年9月13日に、こちらの新店舗にて独立しています。
ナナマルカリー (3)

店内は、テーブル席が5か所とカウンター席が7席の小さなお店。
ナナマルカリー (6)

カウンターの上にはスパイスが並んでいました。
ナナマルカリー (5)

メニューです。
ナナマルカリー (4)

こちらはドリンクメニュー。種類はそれほど多くはありませんね。

我々は2人とも「あいがけプレート(1,450円)」を頼むことに。

「あいがけプレート」は、メニューにある3種類のカレーから2種類をチョイスすることが出来ます。

私は「キーマカレー」と「ポークカレー」にしました。
ナナマルカリー (10)

出されたのがこちら。ターメリックライスの黄色が目に飛び込みます。

「キーマカレー」は粗めにミンチされたビーフ。多くのスパイスが使われているので複雑な味付けが印象的で、とても個性的なキーマでした。

もう一種類の「ポークカレー」には大きな肉の塊が入っていてびっくり!食べると、角煮なので噛むとほろりとほどける感じ。

また、カレーはサラッとしていて、キーマとは対極な感じでした。

そして、日替わりの副菜が添えられているので、好みの応じて途中でカレーと混ぜて食べると味変が可能でしたが、「キーマカレー」と「ポークカレー」の組み合わせは、混ぜ混ぜして食べるには合わないような気がしました。

妻は「チキンカレー」と「キーマカレー」でした。
ナナマルカリー (8)

「チキンカレー」は少し甘めのカレーで、少し大きめにカットされた鶏肉が入っていましたが、こちらの方もホロッとした感じで食べることが出来たようです。

本当に「スパイスカレー」と呼ぶにふさわしいほど、スパイス感をたっぷり味わうことが出来るカレーで、美味しかったです。ご馳走様でした。

スパイスカレー専門店 ナナマルカリー
石川県野々市市御経塚2丁目197
TEL 080-5661-4415
LUNCH 11:00~14:30L.O.(15:00close)
DINNER 17:30~20:00L.O (21:00close) 
不定休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

日本でカレーライスは今や国民食!?

昨日に引き続きスパイスカレーの話題です。

カレー好きの日本人にも浸透してきた感がある「スパイスカレー」という名前。

カレーってスパイスを使って作られるものではないの?と思いますが、日本では、特に家庭で作って食べるカレーは、市販の小麦粉で作ったカレールゥを使って作られるのが一般的でした。

インドやスリランカなどでは、カレーはスパイスから作るのが当たり前で、あえて「スパイスカレー」と呼ぶこと自体がナンセンスなのかもしれません。

さて、そんな「スパイスカレー」ですが、本場のインドやスリランカなどの国では見られないような独特の発展をしてきていて、いまや国民食と呼んでいいカレーの発展に一役買っていると思います。

その発展の基礎を作った!と書くと大げさかもしれませんが、ブームのさきがけの地は大阪なのです。そのため「大阪はスパイスカレーの聖地」とも言われています。

そんな大阪発のスパイスカレー人気を作ったとされるお店の一つが今日紹介する「旧ヤム邸」です。本店としてのお店は谷町6丁目にある「旧ヤム邸 空堀店」で、だいぶ前になりますが、私は大阪駅のバルチカにある「旧ヤム鐵道」に行き食べたことがあります

今回お邪魔したのは、大阪 ダイビル本館にある「旧ヤム邸 中之島洋館」。
旧ヤム邸 中之島洋館 (4)

ダイビル本館は、大正時代に建築された旧ダイビルの面影や使われていた材料を相当使って新しく高層建築化したオフィスビルです。

私が大阪に住んでいるときに、建て替えが始まっていて、旧ビルが壊される前に2度ほど仕事でダイビルのオフィスに入ってことがありました。

外観は旧ビルの意匠を色濃く残しています。
旧ヤム邸 中之島洋館 (7)

中に入ると、こちらも旧ビルのエントランスホールを再現した造りとなっていました。

このビルの2階が小さいですが飲食店街となっていて、その一角に「旧ヤム邸 中之島洋館」があります。
旧ヤム邸 中之島洋館 (2)

我々が到着したのが12:50。この日は平日でしたがご覧のような行列がありました。人気店です。
旧ヤム邸 中之島洋館 (8)

順番に並んで、こちらのスペースに入るまで25分。そしてこちらのスペースで待つこと10分ほどで席に案内されました。
旧ヤム邸 中之島洋館 (13)

店内はヴィンテージ感があって、名前の通りの洋館のような造り。ダイビル本館の雰囲気にマッチしています。
旧ヤム邸 中之島洋館 (16)

メニューです。

設定されているカレーの種類は4種類ですが毎日変わります。たぶん毎日新作といったことではなく、ほとんどはローテーション的にやっているのだと思います。それでもすごいことだと思います。

この日の4種類は

A.鶏キーマ、ホタテ、塩麹
B.豚キーマ、チョリソ、キャベツ
C.奥丹波チキンカリー、焙煎スパイス、バイマックルー
D.グリーンタイカレー、海老、ズッキーニ

というラインナップになっていて、2種類の合い掛けが1,100円。3種掛けが1,300円となっています。

この中から私はBとⅮ、妻はAとCをチョイス。

ライスはジャスミンライスか玄米を選べて私はジャスミンライス、妻は玄米をチョイスしています。(もう一種類タイの紫米ライスベリーとジャスミンライスのミックスの設定がありましたが、この時間では売切れ)
旧ヤム邸 中之島洋館 (15)
最初にサラダが出されます。


私の「豚キーマ、チョリソ、キャベツ」&「グリーンタイカレー、海老、ズッキーニ」がこちら。
旧ヤム邸 中之島洋館 (18)

この2種類は辛さは真ん中の辛さの印が付いていましたが、食べると、そこそこ辛かったです。

小麦粉を一切使わないサラッとしたカレーでさすがにおいしかったです。

途中で少し混ぜながら食べましたが、味変というか、また違った風味を楽しめて

副菜として「枝豆のアチャール」と「辛子高菜のサンボル」が添えられていました。
旧ヤム邸 中之島洋館 (17)

妻の「鶏キーマ、ホタテ、塩麹」&「奥丹波チキンカリー、焙煎スパイス、バイマックルー」は、一番辛くないのと一番辛いカレーの組み合わせでした。

妻も美味しいと言っていました。
旧ヤム邸 中之島洋館 (19)
こちらは付いているヨーグルトです。口の中のカレーの辛さをリセットしてくれます。


小松にあったスパイスカレーのお店「小松西町食堂anikinocurry」が閉店になったので、気軽にスパイスカレーを食べることが出来なくなり寂しい気持ちが、このカレーを食べてさらに感じました。ご馳走様でした。

旧ヤム邸 中之島洋館
大阪府大阪市北区中之島3-6-32
 ダイビル本館2F
tel 06-6136-6600
月〜土
11:30~15:30(L.O.15:00)
日祝休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ