あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:スパイスカレー

山中温泉で昔から地元の人に親しまれてきた喫茶店「喫茶森」。

オーナーが高齢となって惜しまれつつ閉店しました。

その「喫茶森」のお隣にあるのが、神奈川県から移住してきた方が営んでいるセレクトショップ。

その方が「純喫茶」を新しいコミュニティの場としてもう一度復活させたいと願い、クラウドファンディングを行ったところ、100万円を超えるお金が集まり、リニューアル工事を完了。昨年11月にシェアキッチンの店として再オープンさせているのです。

昔の名前を残したいという思いから「喫茶森」という店名はそのままに、お店はいわゆる日替わり店長方式で運営。現在何人かの方がお店の運営を行っています。

私は妻が仕事で不在の日に、隔週の金曜17時~22時と土曜10時~16時担当している「みちに八角」が提供しているスパイスカレーを食べてみたくて出かけてきました。
喫茶森

外観はきれいにリニューアルされていました。
喫茶森 (3)

「純喫茶」の看板はそのまま。

11時にお店に到着。先客はいませんでした。
喫茶森 (4)

店内は、全部はクラウドファンディングでは賄いきれなかったようで、少し時間を感じさせてくれる箇所がありました。

カウンター席に座り、一応食事メニューを確認するとスパイスカレーとしては「イノシシのキーマカレー」一種類のみ。ほかにはシフォンケーキとドリンクしかないというのでした。

ガーン!事前にネットで調べていたときはジビエのことは出ていなかったのですが、この時期は、小松市にあるジビエの生産加工拠点「GibierAtelier加賀の國」のイノシシ肉のカレーにしているとのこと。
みちに八角

肉そのものが苦手で、ましてやジビエ肉など食べたことがない私ですが、唯一の救いはキーマカレーだったこと。

お聞きすると、「クセがなく食べやすくヘルシーですよ!」と教えてくれたので、清水の舞台から飛び降りるつもりで頼みました。

しばらくで出されたのがこちら。
みちに八角 (2)

スパイスの香りがすごいです。お店の名前にある八角も入っているのかな?汗
みちに八角 (3)

スパイスカレーですが、辛さはあまりなく、辛さが欲しい場合は、出してくれた地元で作っているこちらの一味唐辛子をかけてください、ということで、そこそこの量をかけて食べました。

長芋のピクルスが添えられていました。

カレーなのでイノシシの肉の風味をそれほど感じることはなく、他の肉のキーマカレーのように私は食べきることが出来ました。美味しかったです。
みちに八角 (5)

なお、ドリンクメニューはこちらです。

さて、コロナ禍が終焉しないと山中温泉に県外茅の観光客が戻ってこないでしょう。早く終焉して日常が戻ることを願っています。ご馳走様でした。

みちに八角
加賀市山中温泉東町1丁目マ21
 喫茶森
TEL 080-1263-8312
営業日と時間はインスタページで確認



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

阿倍野界隈は、私が大阪に住んでいた10年前からは大きく様変わりしていますね。

核になるのはあべのハルカスですが、それに連動する形で周辺エリアも変化を遂げています。

私が住んでいるときは、まだ古い建物がたくさん残っていて、昭和な感じがする町でした。

さて、今日紹介します「あべのダイニング バズ」。
あべのダイニング バズ

あべのハルカスから少し南に進んだところにあるアートキューブビルという雑居ビルの3階にお店はあります。
あべのダイニング バズ (3)

階段を上って店内に入ると中はエスニックな雰囲気?意外と広いです。
あべのダイニング バズ (7)

カウンター席とソファー席がありました。
あべのダイニング バズ (4)

こちらがランチメニューです。

カレーがメインですが、エスニック系メニューもありますね。
あべのダイニング バズ (6)

黒板には夜のメニューの一部が書かれていました。

私は「合挽きキーマカレー(900円)」を頼みました。

出されたのがこちら。
あべのダイニング バズ (9)

大阪がブームの火付け役となったスパイスカレーです。辛さは中辛程度でしょう。

野菜が生とマリネ処理されたものが乗せられていました。

ピンク色なのは赤い根菜ビーツ(beets)のライタという、インドのヨーグルトの和え物のようなもの。酸味がありました。
あべのダイニング バズ (10)

ライスはバスマティライス。バスマティライスはインドやパキスタンなどで栽培されている香り米のことで、最近は石川県でもバスマティライスを使ったカレーを食べさせてくれるお店が何軒か出てきましたが、まだまだ少ないです。

最初、カレーのみとバスマティライスで食べます。水分があまりないバスマティライスはカレーと一緒に食べると生命が宿るようです。
あべのダイニング バズ (11)

そのあとは野菜などを全部混ぜて食べました。
あべのダイニング バズ (8)

一緒に行った人は、「牛タンとシシトウのカレー(1,000円)」を食べています。

味や食感の違いなどが口の中で混在する感じで、スパイスカレーの醍醐味ですね。スパイスカレーブームはまだまだ続きそうです。ご馳走様でした。

あべのダイニング バズ
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2-1-15
 アートキューブビル3F
TEL 050-5457-2803
11:30~15:00
18:00~22:00
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

昔は、お正月といえば元旦と2日は家でおせち料理とお雑煮でまったり過ごすのが定番でした。

ここ20年くらいでしょうか?元旦はまだしも2日になると、家族で初売りに出かけ、ついでに外食をする人が多くなって、正月休みの時はどこの飲食店も行列が出来てしまいます。

ただ昨年はコロナ禍でそれほどでもなかったのですが、今年はコロナ禍前の状態に戻った感がありました。

今日はおせち料理に飽きた3日に、昨年に引き続き「小松西町食堂aniki no curry」でスパイスカレーを食べてきたので紹介したいと思います。
小松西町食堂aniki no curry

裏口にある駐車場から店内に入ります。
小松西町食堂aniki no curry (2)

「小松西町食堂aniki no curry」は、昨年発刊された「ミシュランガイド 北陸2021特別版」にビブグルマンとしてめでたく掲載されています。
小松西町食堂aniki no curry (7)

いま人気のカレー店なのです。

ちなみに、今年、夜にジンギスカン営業を始められたようですよ。
小松西町食堂aniki no curry (5)

11:35ごろお店に到着。ほぼ満席で少し待ちました。カウンター席が空いたのでそちらに座ります。
小松西町食堂aniki no curry (3)

黒板に書かれていたこの日のメニューです。

私は、「nikinoナポリタン」が気になりましたが、やはりカレーが食べたかったので、これまで一度も頼んだことがない「スパイスキーマカレー(900円)」を頼むことにしました。

こちらがそうです。
小松西町食堂aniki no curry (10)

ニンジンのラペと温玉が乗せられていて、香菜?もたっぷり振りかけられていますね。

程よい酸味とスパイシーな味で、食べていると汗が出てきました。

息子は「ポークビンダルー(950円)」です。
小松西町食堂aniki no curry (8)

大きな豚ハラミ肉の塊が見えます。

こちらは辛味と酸味が効いたインドカレーですね。ビネガーの酸味とスパイスの辛みでクセになる味だそうです。

ライスはバスマティライス(+150円)に変えています。

妻は毎度おなじみの「スリランカプレート(1,200円)」で牛スネ肉を頼んでいました。
小松西町食堂aniki no curry (9)

サイドを固めるのは「さつまいもテルダーラ」「なすのモージュ」「パセリのサンボル」「パリップ」「キャベツと豆苗のマッルン」。

バスマティライスにはパパダムが刺さっていますね。

「小松西町食堂aniki no curry」、小松でも美味しいスパイスカレーが食べられることに感謝です。ご馳走様でした。

小松西町食堂aniki no curry
石川県小松市西町69-1
TEL 090-2836-8425
11:00~14:00(L.O.)
水曜・木曜休、他不定休あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

歳を取ると、食べ物に気を遣うようになりました。

量はもちろん、素材や調味料に何が使われているか、などです。

ただ、食品添加物についての議論がいろいろ言われていますが、その辺はそれほど気にしているわけではありません。
いずみ (10)

さて、そんな前振りをした後で紹介するのは能美市根上にある「コーヒー&ギャラリー いずみ」です。
いずみ

こちらについては、一昨年の緊急事態宣言が出たすぐに、テイクアウトの薬膳弁当を紹介しています

今回、12月のとある日曜日のランチタイムに伺いました。

雪が降る寒い日でしたが、冬の間はサッシの雪囲いが設置されていますね。
いずみ (2)

店内にはギャラリーが併設されています。

とりあえず「日替り薬膳ランチ(1,000円)」を頼むつもりで行ったのでメニューは見ませんでした。
いずみ (3)

ただ、「日替り薬膳ランチ」が苦手なチキンだったのでどうしようか迷いましたが、カレーなので何とななるかと思い頼むことに。

出されたのがこちら。
いずみ (4)

国際中医薬膳師と野菜ソムリエの資格を持っている方が作る「体内免疫力アップに注目した素材で作られた薬膳メニュー」なのだそうです。
いずみ (6)

メインの「ほうれん草とチキンのスパイスカレー」は、ほうれん草がたっぷり使われているのか、色合いはあまりよくありませんが、スパイス=薬膳ということでいかにも体に良さそうでほんのりスパイシーなカレー。美味しかったです。
いずみ (7)

「白菜としめじの豆乳味噌汁」は豆乳のおかげで何となく粕汁のようなとろみと甘みがあって、体が温まる気がしました。

「根菜柚子酢マリネ」には根菜以外にも豆や小松菜、パプリカなど。上品な味でした。
いずみ (8)

デザートは、メニューでは「柚子ミルクかん」となっていますが、この日は「みかん」でした。
いずみ (9)

こちらのデミカップのコーヒーはランチを食べた人は100円です。

安心安全な食事は今のトレンド。その先端を行く薬膳ランチでデトックスしてみませんか。ご馳走様でした。

コーヒー&ギャラリー いずみ
石川県能美市大成町1-2-1
TEL 0761-55-0196
9:00~17:00(ランチ11:00~14:00)
水曜休(薬膳ランチは水・木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

スパイスカレーブームが続いています。

石川県にも何軒かありますが、やはり本場は大阪でしょう?

日本でのブームの仕掛け人のお店が大阪ということで、いわば日本スパイスカレー発祥の地と言ってもいいのではないでしょうか。

今日はそんな大阪で食べたスパイスカレーの紹介です。
みつ葉 (10)

あべのハルカスの隣にHoopというファッションビル?があって、そこの地下に「ダイニングコート」というフードコートがあります。
ヤドカリ (5)

10数店舗ほど飲食店が入っています。
みつ葉 (8)

前に一度利用したことがあります。

関西初進出の「マジカレー あべのHoop店」というお店を約2年前に紹介したのですが、すでに閉店になっていました。
ヤドカリー

たぶん、そのカレーのお店が徹底したので「ヤドカリー天王寺Hoop店」がこちらのフードコートに主点したのかもしれません。

しかし、このフードコートの中についても、2年前とは変わっているような気がします。

この世界、移り変わりが激しいのですね。
ヤドカリ

さて、こちらがお店の前に出ていたメニューです。
ヤドカリ (3)

こちらはお店の上部のメニュー。

私は「ヤドカリースペシャル(1,250円)」。

日替わりということですが、野菜の種類が変わるとのこと。
ヤドカリ (6)

カレーのルーは当然熱いのですが、乗せられている野菜が冷製のものが多く、混ぜると熱くなくなるのです。この辺りは改善されたほうがいいと感じました。
ヤドカリ (8)

カレーそのものは、サラッとしていて、辛さは中辛。

ライスはスパイスと一緒に炊いたもの。
ヤドカリ (7)

こちらは一緒に行った人が頼んだ「牛すじヤドカリー(930円)」。

あと「ヤドコーラ」もウリなようですね。

さてさてどうでしょう?競争の激しいカレーの世界。ルーがもう一種類あるとより受けるかと思いました。ご馳走様でした。

スパイスカレーとコーラ ヤドカリー天王寺Hoop店
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-30
 HOOP B1F ダイニングコート
06-6626-2758
11:00~23:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ