あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:ジェノベーゼ

能美市辰口のカフェ&バル「ガブリ(GABULI)」がランチ営業を始めたということを知り、さっそくランチを食べてきました。
ガブリ

2年前にオープンした時に、最初しばらくはランチ営業をしていたのですが、すぐに夜のみの営業に変わりました。私もそのとき行ったのですが、残念ながら食べることが出来なかった経験があるのです。

夜の営業時間帯が忙しくて、なかなか昼も営業するのが大変だったようですね。

ランチに営業できるということは、オープンしてから2年以上経過して、お店も落ち着いてきたからでしょうか?

お店の名前には「カフェ&バル」という冠が付いています。やっとバルのみの営業から「カフェ&バル」となったということですね!

さて、ランチの営業を始めたのが8月16日。私は20日の日曜日にお邪魔してきました。

11:30の営業開始時間2分前にお店に到着。駐車場にはすでに2人連れの女性がオープンするのを待っていました。

11:30になると同時にお店に入り、一人だったのでカウンター席に座ります。
ガブリ (2)

中はこんな感じです。左にカウンター席、奥と右側にテーブル席があります。

大きな窓がいくつもあって明るい店内ですが、どうも西日が差しこむと窓側の席が暑く冷房効率も悪くなるのか、窓の外には立て簾が置かれていました。

あと、奥には個室のようなエリアもありましたよ。

私が席に着いてから次から次にお客さんが入ってきます。

ランチを始めてからしばらくしか経っていなかったので、それを目当ての予約が入っているようです。カウンター席は私以外お客さんが居なかったのですが、フリーで入ってきた人は予約でいっぱいと断られていました。
ガブリ (4)

さて、ランチメニューはこちら。前菜・バゲット・デザートが付いたランチセットはパスタ2種類とピラフ1種類。洋食屋のようですね。

単品ではピザもありました。
ガブリ (7)

ちなみに夜はこんなメニューです。
ガブリ (5)

カウンターの中にはワインのボトルがたくさんかけられています。ワインの品揃えが豊富そうですね。また、ウイスキーやカクテルメニューも豊富でした。

私はランチメニューの中からチョイスしたのは、タコとポテトのジェノベーゼのパスタランチです。

まず最初に出される前菜とバゲット。
ガブリ (6)

前菜といってもサラダですね。水菜と赤たまねぎ、そしてポテトサラダです。

バゲットにオリーブオイルと、少しポテトサラダを乗せてまず一切れ食べます。

残りは、パスタのジェノベーゼソースで食べようと思っていました。
ガブリ (8)

そして、タコとポテトのジェノベーゼパスタがしばらく待って出されます。
ガブリ (9)

まぁ、正確に言うならば「ジェノベーゼ風パスタ」ですね。

個人的にはもう少しオイリーなのが好きなので、バゲットに添えられていたオリーブオイルをかけて食べました。

残しておいたバゲットは、つけられるほどのジェノベーゼソースがないので、結局オリーブオイルで食べることに。^^;
ガブリ (10)

デザートはバニラアイスでした。

おしゃれ系のお店で、昼も夜も、色々な使い方が出来そうなお店です。さてランチの営業も追加されて、今後どんなお店に変化していくでしょうか?ご馳走様でした。

ガブリ(GABULI)
石川県能美市辰口町471-5
TEL 0761-48-4665
11:3015:00(L.O.14:30)
18:00~24:00(L.O.22:00)
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

毎日毎日、夕飯のメニューを考えるのは大変だと思います。

多忙な現代人は色々やることがあって、少しでも調理時間は短く、それでいて美味しいものを食べたいという気持ちが強いと思います。

一方では今の時代、スーパーマーケットでも総菜コーナーが充実しています。小松には、惣菜の専門店もあったりして重宝しています。

自ずと我が家でも時々そのような惣菜を買って、家で食べながらお酒を飲みます。
おうちごはん K36 (6)

今日紹介します「おうちごはん K36」。「K36」でコザルと読ませています。場所は野々市中学校の隣にあります。
おうちごはん K36 (5)

惣菜屋さんですが、大きな一軒屋で営業されていて、店内には事前に想像していたより広めのイートインコーナーが完備されていました。左側の窓際にカウンター席。右はテーブル席になっています。
おうちごはん K36

イートインコーナーでは惣菜を組み合わせたメニューや、それ以外にもカレーなどの飲食メニューがあったりして、ランチだけではなく夕食などもお店で済ませたりできます。

自家製のジュースとかスムージーもあってカフェ使いも出来ます。あと、店内では調味料やキッチン用品なども売っていましたね。
おうちごはん K36 (2)

惣菜は基本量り売り。私がお邪魔した14時過ぎは10数種類が並べられていました。テイクアウト用には50g用の小さなパックも用意されていて、お一人様にもうれしいお店です。

もちろん惣菜類は手作りで、食材や調味料にもこだわっているそうです。

この日は魚を使ったものより肉系の惣菜が多く、その中から私は、これらの惣菜を買い求めました。
おうちごはん K36 (9)

「夏野菜のグリーンラタトゥユ(100g税込380円)」は夏野菜たっぷりに大葉のジェノベーゼソースが合いました。
おうちごはん K36 (8)

「新じゃがと枝豆のポテトサラダ(100g税込380円)」は、ざく切りホクホクじゃがいも。味もしっかり付いています。
おうちごはん K36 (7)

同じ食材を使った「枝豆と新じゃがのコロッケ(税込230円)」。
おうちごはん K36 (10)

これは「いんげんの肉巻き(1本税込180円)」です。

個人的には好みの味付けで、酒のつまみになる惣菜でしたね。ご馳走様でした。

おうちごはん K36(オウチゴハン コザル)
TEL 076-294-0036
石川県野々市市三納3-3
11:00~19:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私の小さいころは、食パンか、それにジャムやクリームを塗ったパンが主体でした。

何歳のころだったか、前に紹介したことがある頭脳パンや、惣菜パンのようなものが出始めてきたころで、コッペパンにキャベツにマヨネーズベースのドレッシングみたいなのを挟んだサラダパンのようなパンが好きだったことを覚えています。
サラダパン

ちなみに「サラダパン」といえば、滋賀県の「つるやパン」が有名ですね。ただし、こちらの「サラダパン」は中身がタクワン漬けですが……。(ご注意:サラダパンは「シエンブラン」には売っていません)

昔はパンといえば柔らかいのがほとんどでしたが、最近はハード系のが人気です。いまでは、パンの種類ってどれだけあるかわからないほどです。
シエンブラン (8)

さて、今日紹介します「シエンブラン」。お店は野々市の住宅街のマンションの1階にあります。店名の「シエンブラン」はフランス語で「白い犬」の意味です。
シエンブラン (14)

お店のマスコットマークも、ブルドックです。かわいいですね
シエンブラン

売り場はこんな感じでそれほど広くないのですが、キッチン内部が見えるオープンキッチンなので、お店も広く見えます。
シエンブラン (7)

そしてキッチン内部も木目の壁で暖かい感じのお店になっていました。
シエンブラン (3)

パンの種類は豊富で、ハード系からカヌレなどのフランス焼菓子などもありました。少し小ぶりなパンが多いようでした。

お店のウリは、コンベクションオーブンを使っていること。コンベクションオーブンといえば、外はカリッ、中はジューシーに肉を焼けるオーブンとして知られていますが、パンも、表面がパリッ、中はソフトに焼けるんですね。

色々美味しそうなパンが並んでいて、どれにしようか迷いましたが、私はこちらの「ジェノベーゼ」を買い求めました。
シエンブラン (10)

フランスパンの生地にバジルペースト、ウインナー、グレムチーズなどが入ったパンで、食べ応えのあるハード系惣菜パンと言ったところでしょうか?
シエンブラン (9)

こちらの「ベーコンエピ」は、ブラックペッパーを効かせた大人の味だったようです。

これは「コンプレ・フロマージュ」。
シエンブラン (11)

フランス語でコンプレは「完全な」の意味。フロマージュは「チーズ」なので、「ほとんどチーズ」の意味でしょうか?

全粒粉のパン生地にゴーダとチェダーチーズがたっぷり乗せられて焼いています。

こちらはクロワッサンなども人気のようですね。

いま人気のパンや洋菓子もたくさんあって、マークもかわいいし、女性の気持ちをうまくキャッチしているパン屋さんだと思いました。ご馳走様でした。

シエンブラン
石川県野々市市押野1-393
 ピーノパラッツオ103
TEL 076-259-5501
8:00~19:00
月曜・第3日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松は意外とイタリア料理のお店が少ないのです。

このことは前にもブログで触れたことがありますが、そんな小松にも久しぶりにイタリア料理の新しいお店が3月1日に誕生しました。
 
場所は大領中町。最近、このあたりには私のブログでも過去に紹介しています「BRIDGE(ブリッジ)」や「CAFE CERCLE(カフェ セルクル)」などのカフェのお店も出来ていて、何となくあか抜けた?感じがしてきたと言えるかもしれません。
ARU

お店の名前は「ARU」。「ARU」の意味は「人と人の繋がる場所がここに在る」ということ。

住居と店舗一体のお店として新築をされています。

シェフは女性の方で小松市出身。旦那さまは千葉の方で、お聞きすると東京のお店で働いていらっしゃったときに知り合い、結婚されたようです。

ということは、旦那さまは奥さまの生まれた地へ引っ越してきたことになります。旦那さまはソムリエの資格を持っているようで、店内に大きなワインセラーを備えていて、もちろんワインの種類も豊富でした!

ちなみにシェフは石川に戻った後、片山津温泉の「ラ・ヴィーヴ」で働き修業を重ね、その上でめでたく独立されたようです。
ARU (2)

店内は明るく、自然の素材で暖かいテイストの家具は、たぶんですが、加賀市の「NEUTRAL」というオーダー家具のところで作ってもらっているものだと思います。

それに食器類も作家さんにオーダーしているのでしょう?空間も含めたお店全体が女性オーナーらしいこだわりを感じます。

そして、食材も地元の南加賀はもちろん、北陸の食材がメインのこだわりのイタリア料理を楽しめるお店になっているのです。

さて、私たちは4月初旬のとある土曜日、ランチにお邪魔しました。。
ARU (3)

そしてカウンター席に座りましたが、キッチンはオープンキッチンで料理の過程が丸見えです。
ARU (5)

行った日のランチメニューは3種類。パスタコース、メインコース、フルコースとなっていました。

ベーシックなパスタコースはサラダ・前菜・パスタ・デザート・飲み物となっていて1,400円(税込)。

メインコースは、上記にメイン料理が付いていて、サラダと前菜が合体して盛り沢山な前菜盛り合わせに変更されている内容で2,200円(税込)。

フルコースはメインが和牛のステーキになり、パスタが2種類付いていて3,000円(税込)です。こちらは要予約です。

各々、パスタは6種類。メインは4種類からチョイス出来るプリフィックススタイルとなっています。

さて、我々はこの中から2,200円のメインコースをお願いしました。なお、メニューにはパスタは「本日のパスタ」となっていますが、毎日メニューが変わるかについては確認していません。
ARU (8)

まず、自家製のパンが出されます。フォカッチャです、
ARU (15)

アンティパストの「前菜盛り合わせ」は、一番上の左から。パルマ産生ハム・しらすのフリッタータ(イタリアンオムレツ)・桜鯛のカルパッチョ・スナップエンドウの抹茶のマヨネーズ・千葉県の農家の野菜のサラダ・わかさぎのエスカベッシュ・加賀れんこんのマリネ・トマトとジェノベーゼソース・アスパラと菜の花のソテーという多くの種類が盛られていてうれしくなります。

少しずつの違った味を楽しめて、かつ、どれも美味しい前菜でした。
ARU (12)

スープは新玉ねぎのポタージュ。新玉ねぎのしとやかな甘さを感じられるスープでした。

そしてプリモ・ピアットの「パスタ」。私は「スナップエンドウのジェノベーゼ」を頼みました。
ARU (18)

シンプルな構成のパスタで、バジルと塩のうま味、そしてスナップエンドウの食感、いい感じに仕上がっています。
ARU (19)

妻は「いろいろ魚介のペスカトーレ」。エビ・ムール貝・あさりなどの魚介もたっぷりで、生トマトベースの酸味のソースもほどよく美味しいペスカトーレでした。

セコンド・ピアットのメイン料理は、私は4種類のうち唯一の魚料理だった「あから八目(あからばちめ)とあさり・トマトのグリル」。
ARU (22)

あから八目は正式名称はメバル。こちらでは単にアカラと呼びます。食べるとき小骨に注意しないといけない魚ですが焼いても煮ても美味しいので、我が家でもよく食べますね。
ARU (24)

いい塩梅に焼かれたあから八目の下にはたっぷりのあさりと、焼かれてうまみと甘みが際立っている一個丸ごとトマトが隠れていました。トマトは食べるときにはやけどに要注意です。
ARU (21)

妻はかほく市の河内物産の「健康鶏」のソテー。添えられているのはレモンのソースです。酸味のきいてさっぱりと食べることが出来ます。
ARU (25)

デザートは「イチゴのパンナコッタ」でした。
ARU (27)

飲み物はコーヒーか
ARU (28)

紅茶が選べます。

この内容で2,200円はお得です。味の面でも満足できました。

満席で17~18名ほど入れるのですが、シェフがほぼ一人で料理を作っていました。オープンキッチンで働いている姿はめちゃ手際がよくスピーディでした。感心しました。

また夜にもお邪魔したい、個人的におすすめのお店の一つです。ご馳走様でした。

ARU
石川県小松市大領中町1-227
TEL 0761-46-5761
ランチ11:30~14:00(L.O.)
ディナー18:00~22:00(L.O.)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ