あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:シーザーサラダ

金沢別院通りも最近新店が次々オープンしているエリアです。

こちらのお店は、ネット上でオープンしたことを知っていました。いつか行こうと思っていましたが、前に紹介した八木繁さんの篠笛のコンサートに行った後、小松に戻る前に軽く一杯やっていこうと思い、思い出したこちらのお店に空いているか確認したら、空いているということで駆けつけました。
夜木

別院通りの入り口付近にお店はあります。
夜木 (2)

昨年12月にオープンした新しいお店で、当然店内はきれいです。木と白が基調の内装と家具。

カジュアルな雰囲気で楽しめるお店になっています。

店内は1階にカウンター席と2人掛けテーブル2つ、4人掛けテーブル1つ。2階にもいくつかのテーブル席があるようです。日曜日の夜19:30ごろだったからか、お店は空いていました。

オーナーシェフの方は宮崎県延岡の出身で、金沢のイタリア料理店や和食店で腕を磨いていたようです。
夜木 (7)

まずは白ワインを頼みます。

この日は、15時から16時ぐらいまでクラフトビールのお店「Craft Beer Dive Futa's」で飲み食いしてきたので、それほどお腹が空いていませんでした。そこで料理のほうは野菜中心でお願いしました。
夜木 (8)

まずはお通しはナスの煮びたし。
夜木 (9)

サラダは、「ハモンセラーノのシーザーサラダ(950円)」というのがメニューにあったのですが、お願いして生ハムは抜いてもらいました。

朝どれ地物野菜を使用しているとのことで、確かに新鮮なのはよくわかりました。

そして続いても野菜メインの「アイオリの野菜(700円)」に「スモークしたタコ(480円)」をプラスしてあるものです。
夜木 (12)

アイオリとは、フランスのプロヴァンス地方やスペインのカタルーニャ州の伝統料理で、野菜や魚介をニンニクベースのマヨネーズにつけて食べる料理のこと。

色とりどりの野菜が目にも楽しいです。

スモークしたタコはそれほど燻されたものではありませんでしたが柔らかくていい味だしていましたよ。

最後に頼んだのは「能登ガキのこがしバター焼き(税別950円)」。
夜木 (11)

野菜ばかりではなく、最後は濃いめの味の料理で締めます。能登産の大ぶりの牡蠣が美味しいです。
夜木 (10)

飲み物は妻は白ワインを引き続き。私は最後が濃いめの料理だったのでハイボールを頼みました。

以上、飲み食いして7,000円弱。サクッと飲み食いするのはとてもいい感じのお店でした。おすすめです。

この日は、お腹がそれほど空いてなかったのであまり飲み食いできませんでしたが、次回はじっくりしっかり楽しみたいです。ご馳走様でした。

うみまち酒場 夜木(ヨギ)
TEL 080-3744-0428
石川県金沢市此花町2-4
17:30~翌1:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

那覇での2日目の夜に行ったところは、ホテルから歩いて3分ほどの距離にある「ちぬまん 泉崎店」というお店でした。

沖縄にしては寒い日で、薄手のコートがないとホント寒かったです。
ちぬまん

国際通りからは少し離れた、周辺は飲食店もポツリポツリとあるだけの比較的静かなエリアにお店はあります。
ちぬまん (18)

お店は居酒屋としては人気が高く、平日でも賑わっていました。
ちぬまん (3)

入口には生け簀もありました。

前日の「ちゅらさん亭」では沖縄料理を専門に食べましたが、こちらでは、沖縄料理ではなく居酒屋メニューを中心にお願いしています。

こちらのお店も「ちゅらさん亭」と同じく魚がウリなのですが、沖縄のカラフルな地魚ではなく、日本全国の居酒屋でメニュー設定されているような魚が主体でした。
ちぬまん (2)

メニューの種類が豊富で、内容も沖縄ご当地グルメより本土でも食べられるようなメニューが多かった気がします。

最初は沖縄ということでオリオンビールで乾杯と思ったのですが、何と!オリオンビールを置いていない!沖縄ではどんなところでも置いていると思ったのですが……?^^;
ちぬまん (9)

気を取り直してプレモルで乾杯!このプレモルは250円で、アルコールはとても良心的な値段。そしてお通しは枝豆です。温かい土地なのでこの時期でも枝豆が収穫されるのかな?それとも冷凍でしょうか?

では頼んだものを紹介していきます。
ちぬまん (11)

まずはサラダは「シーザーサラダ温玉添え(580円)」。カリカリのベーコンが乗せられています。
ちぬまん (12)

昨晩食べることが出来なかった「島らっきょう(480円)」。塩漬けです。酒のつまみにいいですね。精も付く感じです。
ちぬまん (15)

こちらは魚メニューで人気第1位だという「鯖とろ一夜干し炙り(半身580円)」。まぁ、サバは本土で食べたほうが美味しいかな?
ちぬまん (20)

同じく焼物は「焼き牡蠣」。牡蠣はさすがに沖縄では養殖されていないでしょうね?
ちぬまん (14)

はまぐりは一個いくらだったか忘れました。
ちぬまん (13)

「豚バラ」は2本で320円。私は食べていません。
ちぬまん (17)

「マグロの酒盗(320円)」はハイボールのアテに頼みました。
ちぬまん (16)

角ハイボールも1杯200円という安さです。このあたりは酒呑みにはうれしいですね。
ちぬまん (21)

「チャンジャ(320円)」もおつまみの最後に頼みました。
ちぬまん (19)

そして最後の締めで「海鮮チヂミ(480円)」を頼みます。メニューに「自家製本格韓国仕込み」と書かれていましたが、韓国で仕込みとはどういうことでしょうか??

二人で7千円強。コスパ的には満足です。特にお酒の価格はとても良心的でしたね。ご馳走様です。

ちぬまん 泉崎店
沖縄県那覇市泉崎2-4-2
TEL 098-836-2660
18:00~25:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

他のエリアに行くときは帰ってから家で夕食を食べることが多いのですが、大阪へ行く機会があると、電車に乗る前に大阪駅の周辺で食事をしてから帰ることが多いです。

大阪には5年前に住んでいたこともあって、懐かしさもあり、かつ、グルメブロガーとしても美味しいお店がたくさんあるところでネタ確保といった側面もあります。

この日も、帰りのサンダーバードには少し時間があったので、前々から行こうと思っていた「ガブリッチ」に入りました。
ガブリッチ

大阪駅のエキマルシェ大阪内にお店がありますが、ホテルのシャトルバス発着場のある歩道側に入口があります。
ガブリッチ (7)

カジュアルな雰囲気のパブというか、バル・バールです。

18時まではハッピーアワーということで、全ドリンクメニューが半額で飲めます。

そこでまずスパークリングワインを頼もうとメニューを確認すると。スパークリングはグラスでオーダー可能なものが5種類もあるではないですか!?これはうれしいですね。
ガブリッチ (10)

その中から私は、フランスの「デュック ド パリ ブリュット」と、
ガブリッチ (14)

スペインのロゼ・スプマンテ「アンジュエール ロゼ」を頼みました。

「アンジュエール ロゼ」は少し甘めでした。
ガブリッチ (9)

コベルトはスティツクサラダ。マヨディップにつけて食べます。

しかし、丸テーブルが小さいので、大きなお皿よりもグラスに入っていた方がいいと思うのですが……。^^;

そしてつまみとして、まずお願いしたのは「ゼンモリ」。2人前よりご注文可能と書いてありましたが、一人前でもokでした。ハッピーアワーだったからでしょうか?
ガブリッチ (11)

その日おすすめの前菜を少しずつ、8種類楽しめるということで、お店の「おすすめ 名物 売れ筋」だそうです。

1人前690円(税抜)とコスパ的にもGood!です。

内容的にはスモークマリネ、カプレーゼ、アボガドとアンチョビのポテトサラダ、シーザーサラダ、オムレツ、生ハム、炙りハム、スペイン風オムレツ、えのきのマリネでした。
おや?9種類ですね。シーザーサラダは別枠なのでしょうね?

これだけでたっぷり飲めそうな感じがします。^^;
ガブリッチ (13)

一緒に「ベーコンと温玉のシーザーサラダ(税別690円)」も頼みましたが、シーザーサラダは少しかぶってしまいました。

量も多く出張時の野菜不足も補えます。

あとこちらもおすすめ・売れ筋の「小海老とブロッコリーのアヒージョ(490円)」を最後にお願いしました。
ガブリッチ (17)

「ガブリッチ特製アヒージョオイルはバケットと一緒に食べるのがおすすめ!」メニューに書かれていたので、バゲットも頼みました。
ガブリッチ (18)

出された時は熱々でグツグツ煮たっていました。すぐに食べるのは危険です。
ガブリッチ (16)

アヒージョを肴に、ハッピーアワーの最後にハイボールも一杯追加でお願いしました。

バケットを浸して食べると、これまた、つまみとしても最高です。

以上を飲み食いして3,500円弱。コスパ的にも満足できました。

大阪駅直結の便利さで、一人で帰宅前に軽く一杯なんて使い方にも適しています。おすすめのお店です。ご馳走様でした。

ちなみに、これをアップしようと思ったら、9月19日に「TEPPANバル」に変わるということが書かれていました。^^;

ガブリッチ
大阪府大阪市北区梅田3-1-1
 エキマルシェ大阪1F
TEL 06-6347-5550
11:00~23:30(フードL.O.22:30 ドリンクL.O.23:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

東京で数名で飲む場合、自ずと居酒屋が多くなります。

予算や食べ物の好き嫌い、アルコールの嗜好の違いなどを考えていると、何となく何でも揃っている居酒屋が無難な選択肢となるのです。
居酒屋なごみ (2)

今回お邪魔した神保町の「居酒屋 なごみ」はお店的には和風居酒屋です。オープン時間は17:30ということで18時にお店に向かったら、まだ「準備中」の看板が。

しばし外で待っていると、ご主人が中に入れてくれました。何らかの理由があったのかもしれませんが、お一人で準備をされていて開店が遅れたようです。

えっ?お一人でやられているの??と最初心配でしたが、後で女性スタッフの方がやってこられました。

料理はご主人がお一人で担当されていましたが、料理が出される時間はそれほどかからずに出されたので、とても手際がいいかたでしたよ。
居酒屋なごみ (4)

結論から書くと、居酒屋ですからそれほど敷居が高くはないお店なのですが、その中でも内容から考えても、とてもリーズナブルに楽しめるいいお店でした。
居酒屋なごみ (5)

壁にはたくさんのメニューが掲げられています。居酒屋の定番メニューが揃っている感じです。

イタリアンのシェフなども経験されたようで、メニューの中にもちょっぴりイタリアンテイストなものもありました。
居酒屋なごみ (6)

乾杯は生ビール。
居酒屋なごみ (8)

お通しはキュウリとダイコン、枝豆。キュウリとダイコンはもろみ味噌をつけて食べます。

では、頼んだものを紹介していきます。
居酒屋なごみ (10)

サラダは「シーザーサラダ(580円)」と、
居酒屋なごみ (9)

「ポテトサラダ(390円)」。
居酒屋なごみ (12)

こちらは「ハムカツ(480円)」です、めちゃ厚切りのハムカツでした。揚げ立てサクッ。
居酒屋なごみ (13)

「牛もつ煮込み(680円)」は、お店のお勧めの一品のようです。国産牛モツを圧力釜をあえて使わずにじっくり5時間かけて白味噌で煮込んでいるようです。元イタリアンのシェフらしく、トリッパ(ハチノス)が入っていますね。
居酒屋なごみ (15)

「ハンペンチーズ焼き(420円)」も少しイタリアンテイストです。
居酒屋なごみ (14)

こちらは「イカのバター醤油炒め(300円)」。
居酒屋なごみ (16)

「ピリ辛タコの唐揚げ(390円)」は確かにスパイシーな味付け。これらは酒がすすむおつまみでした。

今回一緒に行った4名は、年齢的にも高く、締めの炭水化物はそれほど必要ではないので、料理はこのへんでおしまいにしました。
居酒屋なごみ (11)

飲み物のほうは、私は生ビールの後はハイボールを。

他の皆さんは、日本酒「一ノ蔵」や、芋焼酎「八海山」などを頼んでいました。

以上、4名で飲み食いして締めて一人3千円弱という驚きのコスパ。素晴らしいです。

料理の味も良かったですし。満足度高めで、お店の名前の通りとても和める居酒屋でした。ご馳走様でした。

居酒屋 なごみ
東京都千代田区神田神保町1-18-11
TEL 03-6273-7762
ランチ
11:30~13:30
ディナー
17:30~23:00(L.O.22:30)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回の大阪出張では、夜は2日とも道頓堀のお店で飲み食いしました。
喜多蔵 (22)

グリコの看板も燃えるように燦然と輝いていましたね。

まぁ、宿泊するホテルが道頓堀近くだったためですが、個人的には久しぶりに大阪で観光客気分を味わったような気がします。

大阪から離れて5年経ちますが、これまでは大阪に来ると、なんとなく大阪へ帰ってきたような感覚でした。これも月日がそうさせてくれるのかもしれません……?

そういえば、大阪に新居を探しに来て最初にディナーを食べたのも道頓堀でした。当時が懐かしいですね。

さて、本題です。この日も仲間と4人で居酒屋で一杯飲みに行くことに。

くいだおれの街は、相変わらず多くの人で賑わっていました。言葉を聞いているとアジア系の観光客が相変わらず多いです。

この日一緒に行った人たちは日本酒好きの人が多かったので、この手の色々な地域の日本酒の品揃えが豊富なお店をチョイスしてみました。
喜多蔵

お店は道頓堀橋のたもとの小さな雑居ビルの2階にあります。ピントが合っていません。^^;

こちらのお店のウリは「黒門市場」などからも仕入れますが、新鮮な産直仕入れの魚介もあり。秋田の希少な酒米で作られた無濾過生原酒「阿櫻」などこだわりの日本酒。そしてマグロの希少部位を食べられることなどです。

そんなお店でワイワイと楽しんできました。
喜多蔵 (9)

まずは皆さんは生ビールで乾杯。
喜多蔵 (11)

私はハイボールです。そしてお通し煮物。

料理のほうは、まずは「本日のおすすめ」から、「本マグロ5種食べ比べ(1,580円)」を2つ頼みます。2人前でちょうど4切れずつの人数分となっています。
喜多蔵 (13)

こちらは中トロ、赤身、脳天だったかな?赤身でも脂が乗っていました。中トロなんて口に中で溶けるほど。
喜多蔵 (12)

これはほほ肉とあご肉。どれも最高に脂が乗っていました。

脳天や、ほほ肉、あご肉なんて部位は、動物のお肉なら色々な部位を楽しむことが出来ますが、魚の肉ではあまり普段は口にすることなんてないので、これはなかなか興味使い経験でした。
喜多蔵 (14)

野菜物は「海鮮シーザーサラダ(980円)」です。
喜多蔵 (16)

「豚バラ肉のしょうが焼き(680円)」は私は食べていません。
喜多蔵 (17)

こちらは久しぶりに食べる「海老パンはさみ揚げ(780円)」。揚げ立てでサクッとした食感と海老のうま味がいいです。
喜多蔵 (18)

「浅利たっぷり酒蒸し(880円)」。浅利のダシがきいています。
喜多蔵 (20)

こちらは「たこバター炒め(800円)」。
喜多蔵 (21)

「ゴーヤチャンプル(680円)」も頼んでみました。卵でとじられていませんね。

飲み物は、日本酒を楽しむ人もいれば、ハイボールや焼酎を頼む人も。
喜多蔵 (15)

これは前述の秋田の無濾過生原酒「阿櫻」です。半合サイズですね。

一人3~5杯ほど飲んで、以上の料理を食べて締めて4名で2万円ほど。

マグロの希少部位を食べることもできたし、値段もリーズナブルに楽しむことが出来たのでいいお店だったと思います。ご馳走様でした。

道頓堀 酒処 喜多蔵
大阪府大阪市中央区道頓堀2-1-7
 サン道頓堀ビル2F
TEL 050-5868-7991(予約専用)
06-6212-7778(問合せ専用)
18:00~25:00(12:30L.O.)
日曜休(月曜が祝日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ