あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:シンガポール

恒例の未公開編は3月の分です。

3月にシンガポールに行ってきたことは既報の通りですが、チャンギ国際空港発の便が深夜2時発。ところが空港に着いたのは日付が変わろうしている0時間際で、日本航空の出発ターミナルであるターミナル1の出国後の免税店は、DFS以外はほんの少ししか開いていませんでした。^^;
ラフロイグ

そのため、ウイスキーのシングルモルトと、お菓子類を慌てて買い求めただけで終わりました。
シンガポール  (7)

その菓子の中の一つが「チリ・プラウンロール」です。
シンガポール  (6)

ピリッとしたチリソースの辛味とエビの風味がする春巻き風のスナック菓子です。お酒にも合うシンガポールの定番お土産ですね。

まぁ、でも、菓子類は中国系の人が多い国のものよりは、日本で作られたスナック菓子の方がやはり美味しいです。

あと、こちらも定番かな?マーライオン・チョコなどもお土産として買い求めています。
 
お次は、妻が富山で買い求めてきた「パンオーレ」のパンです。
パン・オーレ (8)

富山インター近くにお店はあります。本格的なスペインの石窯で、中はしっとりふっくらとして、より香ばしく焼きあげられているパンを売りにしているお店です。イートインスペースもあるようです。

だいぶ前に事なので、記憶があいまいですが、私は、こちらのパンを食べました。
パン・オーレ (7)

ベーコンと海苔をサンドしてあります。
パン・オーレ1  (2)

こちらは富山といえば昆布が有名ですが、そんな昆布が練りこまれたパンです。2種類の昆布を練りこまれています。
パン・オーレ (5)

こちらはカレーパン。
パン・オーレ1

小さめのロールパンからはみ出たソーセージが特徴のパンです、
パン・オーレ (6)

あと、これは何だったかな?^^;

富山のパン屋さんはなかなか行けませんが、石川と同じように色々な美味しいパン屋さんがあるんでしょうね?ご馳走様でした。

パン・オーレ
富山県富山市掛尾61-1
TEL 0764-64-5752
7:30~19:30
月曜休(祝日の場合は火曜日)

最後は、能美市辰口に昨年オープンしたイタリアンのお店「ソリッソ」です。
ソリッソ

いまや人気のお店になっていますが、こちらの「ソリッソ」、実はテイクアウトのケーキも美味しいと人気なのです。
ソリッソ (4)

前回お邪魔した時は、食後のデザートで3種類のケーキを少しずつ食べましたが、今回は、テイクアウトで買うために訪れました。
ソリッソ (5)

買い求めたのはベイクドチーズケーキとカボチャチーズプリンです。
ソリッソ (6)

両方ともヤギのミルクから作られたチーズを使っているようです。
ソリッソ (7)

両方とも濃厚ですが、後口はすっきりとして美味しかったですよ。

カボチャチーズプリンは北海道かぼちゃとクリームチーズで濃厚でありながら食べやすい味でした。

お店で料理と共に楽しめますし、またテイクアウトでも楽しめるのはうれしいです。

ちなみに、これからも新作のスイーツを色々作っていくようなことをご主人は話されていました。益々楽しみなお店ですね。ご馳走様でした。

農家レストラン&チーズケーキ専門店 sorriso
能美市徳山町井12-2
TEL 076-146-6280
11:30~16:00
18:00~22:00
火曜休(ほか月曜も休のときあり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

ここは、昨年11月放送の「幸せ!ボンビーガール」で水トアナウンサーが宿泊したホテルです。
AQUEEN HOTEL (22)

写真は少し離れた場所から写しています。地下鉄の駅から500mぐらい離れたところにありますが、近くにはショッピングセンターもあったりして、ロケーションは悪くありません。
AQUEEN HOTEL (21)

日本でいえば、いわゆるデザイナーホテルのような感じで、ロビーや通路、部屋も新しくてきれいでした。
AQUEEN HOTEL

水トアナウンサーが宿泊した部屋はいい部屋でトイレはウォシュレットでバスタブもあったようですが、私の泊まった通常の部屋は、シャワーのみでトイレもウォシュレットではありませんでした。

3月の夜も蒸し暑い感じでエアコンは欠かせません。

また、シンガポールは水の問題もあって、シャワーの水もそれほど勢いがよくなかったです。^^;
AQUEEN HOTEL (3)

夜の部屋からの景色はこんな感じで、朝起きて見たら、こんな(下の写真)感じになっていました。
AQUEEN HOTEL (19)

さて、グルメブログなので朝食にも触れておきます。
AQUEEN HOTEL (18)

朝食は2階です。中国系のゲストが8割ほどです。やはりどこ行っても中国からの観光客が多いですね。
AQUEEN HOTEL (7)

ビッフェスタイルで、それなりに種類も豊富でした。中華系の人口が多い国でホテルの宿泊者も中国系の人が多いからか、中華系の料理が主体でした。
AQUEEN HOTEL (8)

南国らしくフルーツの種類も多くありましたよ。
AQUEEN HOTEL (17)

私は室内から出て、外で外気を浴びながら食べることに。2階のテラス席です。
AQUEEN HOTEL (16)

日中は暑いのですが、行った3月中旬は、朝晩はそれほどでもなく、意外と気持ちよく朝食をとることが出来ました。
AQUEEN HOTEL (9)

朝食付きシングルで約12,000円。シンガポールは日本よりも食住に関してはは物価が高いですね。

アクイーン ホテル パヤ レバー
 Aqueen Hotel Paya Lebar
33 Jalan Afifi Aqueen Hotel - Paya Lebar, Singapore
+65 6713 9999

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

シンガポールに観光に来たならば、たぶん、そこそこ名の知れたお店を利用していたかもしれません。

今回の目的はビジネス。食事も現地の方にお任せです。

今回はランチをしたお店の紹介です。
897 Supper Club (7)

まぁ、なるべく現地の方々が行くようなお店ということで選んだのが、こちらの「89.7 Supper Club」というお店。
897 Supper Club

ここは「ホーカーズ」という、シンガポールのローカルフードやB級グルメを食べられる常設の屋台村のようなところです。安くて、早くて、現地の食べ物を試すにはもってこいの場所。言ってみれば「24時間営業しているフードコート」です。年中無休ってのもすごいです。

こちらのお店、実は日本に帰ってから調べてわかったのですが、昨年11月放送の「幸せ!ボンビーガール」で水トアナウンサーが訪れ食事をしたお店のようです。ミーハーにも、そんなお店に行ってきたわけです。^^;
897 Supper Club (3)

外に面したところは、まったくのオープンな造りになっていますが、中のテーブル席に座ると、この季節でも暑さを感じました。ちょうどお昼時、外に面した席は一杯だったのが残念です。それにしても広いお店です。いったい何人収容できるのでしょうか?
897 Supper Club (4)

当然、エアコンなどと言う洒落たものはありません。この季節はまだいいですが、これからの夏の期間は大変でしょう?
897 Supper Club (2)

メニューには、本当に多くの種類の料理が並んでいました。

当然中華料理が多いのですが、大体5シンガポールドル前後で食べることが出来ます。日本円で420円ほどです。さすがに安い!

シンガポールの人種構成は華人 (74.1%)、マレー系 (13.4%)、インド系 (9.2%) など。料理もその影響を多分に受けています。(数字はウィキペディアより)

こちらのお店でも、そんな各国の料理を食べることが出来ます。水トアナウンサーがこちらで食べていたのが「マギー・ゴレン」というマレーシア料理で「マギー」という現地のインスタント麺を使った具の入った焼きそばのようなものです。

ちなみにシンガポールのB級グルメで有名なのが海南鶏飯(海南チキンライス)という、日本でいうチキンライスです。当然、こちらでも食べることが出来るのですが。残念ながら鶏はNGなのでパス。

あと、インドネシア料理も色々あって、ナシゴレンやミーゴレンは定番ですが、ナシゴレンにはチキンが使われていたので、私はミーゴレン・シーフード(普通サイズで4.5S$日本円で約380円ほど)を頼むことにしました。
897 Supper Club (5)

ミーは麺、ゴレンは炒めるという意味で青菜・もやし・たまねぎ、それにさつま揚げのようなものを具材にして炒めています。柑橘系をひと絞りして食べます。

ミーゴレンはインドネシアの焼きそばで、味付けをケチャップマニスでするので、少し甘めですが、とうがらしやケチャップ・イカン(kecap ikan))という魚醤を使ってエスニックな味で仕上げられていて美味しかったです。

380円ほどで美味しく満腹になるのはうれしい限りです。

後のメンバーが食べたのは、こんな料理でした。
897 Supper Club (9)

海鮮炒飯。パラッと仕上がっていて美味しそうです。
897 Supper Club (6)

固焼きそば。

このあたりは中華ですね。
897 Supper Club (8)

これは何でしょうか?肉ですがわかりません。^^;

シンガポールのレストランは、こぎれいなお店だと、日本と変わらないか、それ以上の値段なのですが、ここはなかなか美味しくて、コスパ的にも満足できるお店でした。ご馳走様でした。

89.7 Supper Club
1016 Geylang East Avenue 3
#01-165 Singapore 389731
+65 6841 6897
24時間営業
Open daily 24 hours a day, 7 days a week.

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

1泊4日という強行スケジュール。それも行き帰りは深夜便という年配者にとっては過酷?な旅でした。^^;
シンガポール

小松からの最終便で羽田に飛び、日付が切り替わった00:05に羽田を飛び立つというJALでのフライト。シンガポールのチャンギ国際空港に現地時間06:45に到着して、そのまま仕事。ビジネスにはいい時間なのでしょう?

また、帰りはさらに大変で、シンガポールを02:05に出発し09:45に羽田に到着します。

ただ物は考えようで、最後の日は仕事を終えて、02:05まで少し時間があるので、夕食をシンガポールの中心地まで出かけて食べることにして、あわせてミニ観光を行うことが出来ました。

シンガポールも狭い国土で、観光地と言ってもそれほどあるわけではなく、マーライオンやその近くのマリーナベイサンズなどを見ればこと足りると言いますか、十分だと言えます。

ということで、その短い時間を有効活用して、少し散策しましたので紹介したいと思います。
シンガポール地下鉄

まずは、地下鉄に乗って中心地のラッフルズ・プレイス駅まで移動します。ごみのポイ捨てに罰金を科すなど、マナー違反にうるさいシンガポールの法律のおかげで街中や地下鉄の駅もさすがにきれいです。
シンガポール (18)

そこから、中心地の街並みを見ながら、マーライオンが建つマーライオン公園まで歩いて15分ほどの道のりを、写真を撮りながらゆっくりと散策しました。
シンガポールリバー (7)

さすがにアジアの金融の中心地。金融系の会社のビルが多く存在しています。

19時ごろだったため、ジョギングをする人や仕事帰りに一杯やる人、そして観光客など多くの人で賑わっていました。

シンガポールと日本の時差は1時間。ただ経度からいくと、本来は2時間ほどあってもいいのですが、無理に1時間にしているとのこと。香港の金融市場の時間帯に合わせたかったとか?そしてほぼ赤道直下にあるため、一年を通して日の出も日の入りの時間も、おおよそ7時というとてもわかりやすい昼夜の構成になっています。

シンガポールのシンボルといえばやはり「マーライオン(Merlion)」です。「mer」はフランス語で「海」を意味していて、上半身がライオン、下半身は魚のコンクリート製の像です。波を象った台の上に乗っていて、口からは水を吐いています。1972年に作られた比較的新しいシンボル像です。
マーラーオン (18)

まだ明るいうちにみると、こんな感じです。
マーラーオン (14)

夜になると、時間帯にもよりますが、こんな感じでライトアップされて、音楽に合わせて色々な光による映像を楽しむことが出来ます。
マーラーオン (26)

なかなかいい感じでしたよ!
マーラーオン (25)

実はシンガポールには5つのマーライオンがあります。
マーラーオン (23)

そのうちの一つは、マーライオンの背後にある、こちらのミニマーライオンです。
マリーナベイサンズ (4)

さて、そのマーライオンが向いている先にそびえる3本のビルがマリーナ・ベイ・サンズ(Marina Bay Sands)。ここは、マリーナ・ベイに面した総合リゾートホテルです。

カジノリゾート運営会社の「ラスベガス・サンズ」によって作られ、世界最大のカジノを中心に、ホテル、コンベンションセンター、ショッピングモール、美術館、シアター、グラスパビリオンなどをの複合リゾートとなっています。

また、一番上には3棟を貫く空中庭園「サンズ・スカイパーク」があり、展望台や巨大なプールがあるという、これまでの想像を超える施設になっています。

有名でシンガポールに行ったことがない日本人にも、SMAPの携帯電話会社のCMで一躍有名になりました。
マリーナベイサンズ (9)

午後8時になると、マリーナ・ベイ・サンズとマリーナ湾に面したイベントプラザで繰り広げられるレーザーの光と噴水のショーも見どころなようです。
マリーナベイサンズ (8)

今回は残念ながら、レーザーの光と噴水のショーは見ることが出来ませんでしたが、夕食を食べているお店からもマリーナ・ベイ・サンズの夜景と、その真ん中のビルの頂上から発せられるレーザー光がきれいでしたよ。

今日のところはこの辺でおしまいにします。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

シンガポールの名物料理って、パッと思い浮かぶ人は少ないのではないでしょうか?

個人的イメージとしては「シーフード」「中華」「エスニック」の3つかな?

さて、シンガポール・シーフード・リパブリック品川はシンガポール政府おすすめの4つのお店が集まっているレストランで、特に名店といわれる「ジャンボ」「パームビーチ」「インターナショナル」の3店の名物料理が、こちらのお店で楽しめるということで人気のお店です。
シンガポール シーフードリパブリック (9)

コロニアル様式の店構えは何となくシンガポールっぽい?(シンガポールにはまだ行ったことありませんが^^;)

今回、羽田から小松に戻る前に、帰り道の品川で妻の友人と会食をするために、夕方早めの時間から営業している、こちらのお店をチョイスしました。
シンガポール シーフードリパブリック (24)
シンガポール シーフードリパブリック (27)

階段をのぼり重い入り口のドアを開けて中に入ると、活きた「マッドクラブ」が我々を出迎えてくれます。
シンガポール シーフードリパブリック (26)

ロブスターや、
シンガポール シーフードリパブリック (25)

魚も並べられていますね。

これらが今から食べられてしまうと考えると、少しかわいそうな気がします。^^;
シンガポール シーフードリパブリック (12)

店内は、バーコーナー、メインダイニングホール、個室の3種類に分かれていて、シチュエーションに合わせて使い分けが出来ます。

さて、食べたものを紹介していきましょう!
シンガポール シーフードリパブリック (10)

私は帰り車の運転があるのでアルコールはナシでしたが、妻はそんなことはお構いなく、シンガポールを中心に東南アジアで飲まれている「タイガービール」をまず頼んでいました。
シンガポール シーフードリパブリック (15)

お次はベルギーのラガー「ステラ・アルトワ」。

そのあとは、白ワインをデキャンタで頼んでいました。^^;
シンガポール シーフードリパブリック (28)

さて、こちらのお店の名物料理の一つ「チリクラブ」をさっそくオーダーします。先ほどの活きた「マッドクラブ」を使って調理します。
シンガポール シーフードリパブリック (18)

先ほどの写真のはLサイズですが、Mサイズ7,390円のをオーダーしました。

チリソースはとてもスパイシーで濃厚な味わいでしたがやはり辛かったです。
シンガポール シーフードリパブリック (19)

揚げパン(380円)を別にオーダーしてチリソースに付けて食べます。これがシンガポールでは定番らしいです。妻はシンガポールに何度も行っているらしいですが、チリクラブのことも「こんなの知らな~い!」と言っておりました。
シンガポール シーフードリパブリック (22)

でも、こんな紙エプロンをつけて甲羅と格闘をするわけですが、この甲羅と足が曲者で、めちゃめちゃ固いのです。
シンガポール シーフードリパブリック (20)

ハサミのようなペンチのようなもので、殻を割って食べるのですが、割っても中の身がなかなか取れません。^^;

結局、殻ばかりで、食べられるところがほとんどなかったです。やっぱり地元石川のズワイガニの美味しさ・良さを再確認した次第です。もし仮にシンガポールに行く機会があっても、チリクラブはオーダーすることはないでしょうね?^^;

お店の入り口に並んでいた魚もおすすめだということで、アカハタで一尾2,000円のを頼んでみました。
シンガポール シーフードリパブリック (16)

アカハタの生姜醤油の姿蒸しです。調理法は何種類かチョイス出来ました。

最初、出来上がったものを見せに来てくれて、そのあと再度調理場で身と骨・あらを分けてくれます。
シンガポール シーフードリパブリック (17)

ところが、こちらもほとんど食べるところがないのです。「名物にうまいものなし」という言葉もありますが、これはオーダー失敗でした。^^;

それ以外の料理は、美味しいものもありました。
シンガポール シーフードリパブリック (13)

「香草ハーバルサラダ(1,400円)」は、白キクラゲ、クコの実などの薬膳食材サラダで干しえびドレッシングがよかったです。たっぷりのパクチーがかけられていて東南アジアの香りですね。
シンガポール シーフードリパブリック (14)

「季節の青菜の強火炒め」は塩炒めかニンニク炒めをチョイス出来ます。私たちはニンニク炒めをチョイスしてみました。
シンガポール シーフードリパブリック (23)

最後は「シュリンプダンプリン(1,510円)」を頼んでみました。

エビたっぷりのワンタンの湯引きです。ナンプラーのフィッシュソースがかけられていて、エビのうま味が詰まっていて、これは美味しかったです。

以上を飲み食いして3人で17,000円ほどでした。

日本にいながらシンガポールの雰囲気と味を味わうことが出来る貴重なお店だと思いますが、チリクラブとアカハタの印象があまりよくなかったのが残念でした。ご馳走様でした。

シンガポール シーフードリパブリック 品川
 Singapore Seafood Republic
東京都港区高輪3-13-3
 シナガワグース前庭
TEL 050-5571-7694(予約専用)
03-5449-8080(問合せ専用)
ランチ11:00~15:30(L.O.15:30)
カフェ15:30~16:30
ディナー16:30~23:00(L.O.22:00)
無休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ