あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:シャンパン

3月下旬に金沢を色々巡った日、ハレの日だったので小松でもう一軒寄ることにしました。
エスメラルダ

おなじみ小松駅前のオーセンティックバー「エスメラルダ」です。
エスメラルダ (2)

お店の到着したのが21時過ぎでしたがお客さんは誰もいません。

マスターに聞くと、3月21日でまん延防止重点措置が明けてから、最初の日だけはお客さんが来たけど他の日は全然ダメ!と話していました。

小一時間ほどしかお店に居ませんでしたが、我々が居る間に2名一組のお客さんがいらっしゃたのみ。

私も昨年10月初旬に伺ってから約半年ぶりの訪問になります。昨年は結局一度しか行きませんでした。

アルコール主体のお店はしばらくは厳しい時期が続くかもしれません。

さて、この日、金沢で色々飲んできたので、軽く一杯のつもりで、季節限定の「フレッシュフルーツカクテル」メニューの中から選びます。
エスメラルダ (3)

ハレの日なのでやはりシャンパン?

私は「メロンとシャンパンのカクテル」です。
エスメラルダ (5)

飲みやすいです。普通のメロンジュースを飲んでいる感じで飲み干せそうです。しかしもったいないので少しずつ。汗
エスメラルダ (6)

妻は「苺とシャンパンのカクテル」。

もちろん両方とも生のフルーツ使用です。

一杯だけと思っていましたが、ハレの日なのでマスターが一杯ご馳走してくれるというので、2杯目に「加賀棒茶のホットカクテル」。
エスメラルダ (11)

加賀棒茶に「ルジェ(LEJAY)クレーム・ド・カシス」「ジャパニーズクラフトリキュール奏 Kanade 白桃」をプラス。

金箔が浮かんでいますね。

アルコールよりも加賀棒茶の風味で飲みやすかったです。

妻の2杯目はコニャック「PAUL GIRAUD」。
エスメラルダ (12)

やはり強い酒が好きですね。
エスメラルダ (4)

こちらは出されたチャームです。

コロナ騒ぎが完全に収まってお店がコロナ禍前のように賑わうことを願っています。ご馳走様でした。

バー・エスメラルダ(Bar Esmeralda)
石川県小松市土居原町339-1
TEL 0761-23-1283
月・水・木 18:00~26:00
金・土 18:00~27:00
日・祝 18:00~25:00
火曜・元旦休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今回、緊急事態宣言が解除され、その後、アルコール提供時間もすべて解除された日に大阪で宿泊する出張!

ジャストタイミングでした。

仕事終わりに久しぶりに会社の人と連れ立って飲みに行くことにしました。

行ったのはJR天王寺駅のターミナルビルのミオM2F。

こちらには、気軽に入れる飲食店が軒を並べています。2~3年前から順次リニューアルが進められてきました。
紅白 (2)

その中で行ったお店が「赤白 天王寺ミオ店」です。今年6月30日にオープンしています。

フレンチおでんをおつまみにして、ワインをお手ごろ値段で楽しむことが出来ます。

「赤白」は、大阪市内に何店舗か展開していて。私は梅田と新大阪(閉店)のお店に行ったことがあります。

超人気店で、予約もできないため、時間帯によっては順番待ち覚悟です。
紅白

お店に到着したのが17:50ごろ。ちょうど満席でしたが待っている人はいなかったので、すぐに入ることが出来ました。
紅白 (5)

シャンパンとスパークリングメニューです。白・赤とも別に色々ありました。
紅白 (10)

料理のメニューです。
紅白 (8)

まずは乾杯用のシャンパン「ルイ・ドール ブリュット」。1杯550円。もちろん、普段使いのシャンパンですが。
紅白 (3)

そして、こちらのお店のスペシャリテはこちらの「大根 ポルチーニ茸のクリームソース」。1個180円とリーズナブル。
紅白 (13)

とても軟らかく煮こまれた大根にポルチーニ茸のいい香りが漂うクリームソースがたっぷりかけられています。

この一品だけで食べに行くだけの価値があります。ほかのお客さんのほとんど注文する逸品です。
紅白 (16)

あとおでんは、こちらの「まるごとトマトのジェノベーゼソース(330円)」と
紅白 (21)

「コンニャク 肉味噌ボロネーゼとチェダーチーズ(270円)」を頼みました。

どちらも、他のお店では食べられない個性的なおでんで楽しめました。
紅白 (14)

こちらは「フォアグラの茶碗蒸し キノコの和風あんかけ(380円)」。和風のテイストですが、フォアグラなので濃厚な味です。
紅白 (17)

あと、料理としては「魚介のマリネ 辛子酢味噌ソース(470円)」と、
紅白 (20)

「タコとキノコのガーリックパセリバター ブルゴーニュ風(670円)」を頼んでいます。

これらは一緒に行った人とシェアして食べていますが、どちらもワインのアテとして最高でした。
紅白 (18)

お酒のほうはスパークリングと白ワインを2杯飲んでいます。

以上二人で飲み食いして8千円弱。コスパも最高で人気があるお店のわけがわかりました。ご馳走様でした。

赤白 天王寺ミオ店
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-48
 天王寺ミオM2Fプラザ館
TEL 050-5872-7703
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

10月1日に宣言や措置が解除されて、夜営業のお店にもやっと通常の営業に近づくような光が見えてきました。

私自身、小松の街中に夜飲み食べに出かけるのは昨年12月中旬以来久しぶりでした。

「バー・エスメラルダ(Bar Esmeralda)」はもその時に行ったきりで、今回久しぶりに行くことに。

12月中旬に行った時のことはこちらで紹介しています
エスメラルダ

久しぶりに外観を写しました。
エスメラルダ (2)

カウンター席から眺める大量の酒のボトル。壮観ですね。
エスメラルダ (15)

二酸化炭素の濃度測定器が置かれていました。
エスメラルダ (3)

この日は、とある記念日だったので、シャンパンを使ったカクテルを飲むことが希望の一つでした。

そこで私は、こちらの季節のカクテルメニューに書かれていた「メロンとシャンパンのカクテル」を頼むことに。
エスメラルダ (4)

2世代前のスマホなので、暗いところはイマイチ写真移りが悪いのでご容赦を。
エスメラルダ (6)

妻は「シャインマスカットのシャンパンカクテル」です。

「メロンとシャンパンのカクテル」は少しだけ甘い口当たり。美味しかったです。
エスメラルダ (8)

シャインマスカットの季節だったので、チャームにも添えられていました。

私の2杯目は「巨峰のフレッシュカクテル」。
エスメラルダ (14)

ベースはジン・ウォッカ・ブランデーの3種類から選ぶことが出来て、私は珍しくブランデーでお願いしました。

ブランデーそのものを飲むことがない私ですが、飲みやすかったですよ。
エスメラルダ (10)

妻の2杯目は「ライチリキュールDITA(ディタ)とウォッカ」のカクテル。

その後に「モエ・マール・ド・シャンパーニュ」。
エスメラルダ (16)

シャンパンの搾り滓を再発酵後、蒸留・樽熟成させた「マール(ブランデー)」です。

強いお酒が好きなのです。

久しぶりのバーのひと時。日曜日でお客さんも少なかったのでゆったりと過ごすことが出来ました。

早くコロナ禍ではなくなって、元の通りにバーで一杯やりたいですね。ご馳走様でした

バー・エスメラルダ(Bar Esmeralda)
石川県小松市土居原町339-1
TEL 0761-23-1283
月・水・木 18:00~26:00
金・土 18:00~27:00
日・祝 18:00~25:00
火曜・元旦休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

前に「ハイアット セントリック 金沢」のメインダイニングを紹介したことがあります
クロスゲート金沢 (3)

今日は「ハイアット セントリック 金沢」の14階にある「RoofTerrace Bar」と、お隣の「ハイアット ハウス金沢」の3階の「Hバー」を紹介したいと思います。

まずは「RoofTerrace Bar」ですが、こちらは「ハイアット セントリック 金沢」の最上階にあって、ちょうど金沢駅側に面した一番眺めのいいところに位置しています。

この日は18時から別なお店でディナーを予約していたのですが、それまでの時間調整が必要となったため、軽く1杯飲みに入ることにしました。
RoofTerrace Bar (12)

行った時間帯が早かったため空はまだ明るく、また雨模様の天気だったので残念ながらきれいな夜景を楽しむことができませんでした。

1階からは3階でエレベーターを乗り換える必要があります。
RoofTerrace Bar (15)

ハイアットホテルのメインバーなので、風格というか高級感があるインテリア。
RoofTerrace Bar (19)

大きな窓からは金沢駅や駅周辺のビル群などが一望できました。

この日はあいにくの雨ということで、ウリ?のルーフテラスの席がクローズしていたため、我々はエントランスから入った右側の窓際の席に座りました。
RoofTerrace Bar (11)

メニューは、スマホからバーコードでアクセスします。

メニューの中で目に飛び込んできたのは「RoofTerrace Bar」の3種類あったオリジナルの創作カクテル。

季節ごとに変わるようですが、私はこちらの「Hana-Ayame(税抜1,300円)」を頼みました。
RoofTerrace Bar (9)

9月末だったので、まだ夏のカクテルです。10月からは秋のカクテルに変わっています。

「Hana-Ayame」というカクテルの名前の由来ですが、金沢が生んだ明治の三文豪の一人、泉鏡花の句「わが恋は 人とる沼の 花菖蒲([はなあやめ]と詠ませています)」から取っています。

ジン・ブルーベリー・生姜・柚子サイダーが使われていて、飲んでみると大昔に飲んだバイオレットフィズのような感じ?すっきりとした飲み口で美味しいです。
RoofTerrace Bar (10)

妻はシャンパンでモエ(税抜1,500円)。シャンパン好きです。(^^;

ちなみにテーブルチャージは一人500円。そのチャームとして出されるのは、北陸製菓のビーバーでした。
RoofTerrace Bar (5)

オリジナルのケージャンスパイス味だそうです。確かにスパイスが効いていました。

2人で軽く1杯ずつ飲んで4,200円ほどかかりましたが、夜は夜景というご馳走まで付いていて、まったりと過ごすことができるので観光客の方だけではなく地元民も楽しめるお店でしょう?ご馳走様でした。

RoofTerrace Bar
石川県金沢市広岡1-5-2
 ハイアットセントリック金沢14階
TEL 076-256-1559
17:00 ~24:00(L.O.フード23:00,ドリンク23:30)
無休

お次は、「ハイアット ハウス金沢」の3階にある「Hバー」について。

ただ、今回は昼間のカフェタイムに利用したときの内容です。

さて、「ハイアット ハウス金沢」は「ハイアット セントリック 金沢」と違い中・長期滞在者向けのホテルです。こちらはハイアットブランドでも日本初上陸のホテルです。
ハイアットハウス (8)

その中にある「Hバー」は、「ハイアット ハウス 金沢」のフロントとロビーの横にあって、カフェ&バーエリアとして朝食の会場としても使用されています。
ハイアットセントリック金沢

宿泊者は朝食が無料。奥にはレストランスペース「Hレストラン」があって、人気はオムレツバーだそうです。
ハイアットハウス (5)

この「Hバー」については10:00~22:00の間は宿泊者以外も利用でき、広くて天井も高い開放的な空間。「ハイアット セントリック 金沢」の「RoofTerrace Bar」とは違ってカジュアルですが、インテリアは素敵。ソファーでゆったりとくつろぐことができました。
クロスゲート金沢 (17)

またテラス「みらいの丘」と同じ3階のため、そのままテラスでもドリンクを楽しむことができるので、天気の良い日などは爽快な気分を味わうことができます。
ハイアットハウス (15)

オーダーはカウンターで行い、お金を支払います。ドリンクは席まで運んでくれます。
ハイアットハウス (2)

こちらがカフェタイムメニューです。もちろんアルコールもありました。
ハイアットハウス (12)

私はこちらに来る前に金沢の街中を相当歩いたため喉が渇いていて、オレンジジュースを頼みました。フレッシュなオレンジジュースでした。
ハイアットハウス (13)

妻はハーブティーで「モロッカンミント」。味は飲んでミントわかりません!(^^;
ハイアットハウス (4)

お水もセルフですがハーブウォーターです。

オレンジジュースはグラス提供ですが、ハーブティーはテイクアウト用の紙の容器でした。フタまで付いていましたね。

ホテル宿泊客以外も利用できることは意外と知られていないのか、カフェタイムはお客さんが少なく、密にならずにゆったりとした気分に浸れる穴場のカフェ&バーかもしれません。ご馳走様でした。

Hバー
石川県金沢市広岡1-5-2,
 ハイアットハウス金沢3階
TEL 076-256-1235
10:00~22:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢駅の金沢港口(西口)もだんだんと変貌を遂げてきています。

昔は本当に何もなかったですが、北陸新幹線が金沢まで延伸してからの変貌は目覚ましいものがありますね。
クロスゲート金沢 (3)

今回、8月1日にオリックスグループが事業主体で、新しいホテルと商業施設エリアの「クロスゲート金沢」をオープンさせています。

当初は6月の開業予定でしたがコロナ禍のなか8月になっています。

メインは北陸に初進出するハイアットホテル。ハイアットのホテルの中では中グレードに位置する「ハイアット セントリック 金沢」と中長期滞在型の「ハイアット ハウス」とマンションがあるツインビルになっていて、「ハイアット ハウス」の1~2階に商業施設エリアの「クロスゲート金沢」という構成です。

2015年に誕生した新ブランド「ハイアット セントリック」はビジネスからレジャーまで幅広い客層をターゲットにしていて、金沢は東京銀座に次いで日本で2つめのホテルになります。

1階のエントランスから金沢の伝統工芸品をふんだんにあしらった内装や装備品。
ハイアットセントリック金沢 (8)

エントランスを入ると目に飛び込んでくるのが金箔を贅沢に張った能舞台の後ろの「鏡板」に描かれている松、もしくは兼六園の松?をモチーフにした造形。
ハイアットセントリック金沢 (9)

そして加賀獅子舞と
ハイアットセントリック金沢 (11)

エレベータ前には加賀友禅。
ハイアットセントリック金沢 (37)

3階のロビーエントランスには金箔や漆が塗られた壁など。なかなか地元の私のとっても見るべきものがありました。

今回私は、オープン最初のころやお盆休み中は混雑して密になる可能性があったので避け、お盆休み明けに見学がてらランチを食べに行くことにしました。

行ったのは「ハイアット セントリック 金沢」の3階にあるメインダイニング「FIVE - Grill & Lounge」。
ハイアットセントリック金沢 (12)

こちらの料理長に就任したのは「パーク ハイアット 東京」のメインダイニング「ジランドール」の料理長を務めていた市塚 学(いちづか・まなぶ)氏。彼は石川県小松市出身で、「環境王国こまつ親善大使」も務めている方です。
ハイアットセントリック金沢 (22)

ホームページを見てみると、「FIVE - Grill & Lounge」という店名は石川の伝統工芸である加賀友禅や九谷焼などで用いられる「加賀五彩」「九谷五彩」という特徴を持つ5つの色の「五」のインスピレーションと、店内の異なる「五つの空間」に由来しているということでした。
ハイアットセントリック金沢 (24)

確かに広い店内は5つのエリアに区分されていて、そのどれもが洗練された落ち着いた空間で、料理をさらにおいしくいただくことができること請け合いです。
ハイアットセントリック金沢 (25)

天井が高いのと大きなガラス窓で、外の明かりが差し込んできて料理も映えます。

さて、平日のランチメニューには税・サ別ですが1,500円というお手軽なお値段で楽しめる「Weekday Quick Lunch Menu Starter」の設定があります。

こんな素晴らしい空間で、一流のホテルシェフが作るランチを1,500円で食べることができるなんて凄いです。

そして当日お店に伺うまで知らなかったのですが、9月一杯までオープニング記念として、予約されたお客様に限り、ドリンクとアペリティフが無料でサービスされるという特典付きでした。予約にはネット予約が便利です。
ハイアットセントリック金沢 (27)

ドリンクは何と!シャンパンまでok!!もちろんシャンパンをお願いしました。
ハイアットセントリック金沢 (16)

アペリティフは生ハム。

これが1,500円のリーズナブルなランチにもついてくるのです。凄いですね。
ハイアットセントリック金沢 (30)

悪いので、あとで追加で白ワインも頼んでしましました。

「Weekday Quick Lunch」は、「今週のアペタイザー」または「本日のスープ」のどちらかが選べます。
ハイアットセントリック金沢 (17)

私は「本日のスープ」で冷製のコーンポタージュ。料金がお安いランチなのにカップスープではなく、フルサイズ?のスープでした。
ハイアットセントリック金沢 (18)

妻は「今週のアペタイザー」で夏野菜のサラダ。こちらもしっかりボリュームありますね。
ハイアットセントリック金沢 (14)

パンは2種類出されました。
ハイアットセントリック金沢 (15)

オリーブオイルも。

そしてメインの「今週のおすすめディッシュ」は海老とホタテのシーフードドリアの1種類のみの設定。肉料理でなくてよかったです。
ハイアットセントリック金沢 (31)

熱々でボリュームがあって、海老がたっぷり使われていました。私でも満腹になりましたね。
ハイアットセントリック金沢 (35)

ランチにはコーヒーまたは紅茶がついています。

以上が「Weekday Quick Lunch」の内容です。
ハイアットセントリック金沢 (33)

こちらは追加で頼んだペストリーシェフデザートの「桃のムース(+300円)」

以上飲み食いして全部で一人2,300円ほど。空間や席の間隔が広く、安心して食事をすることができ、値段もリーズナブル。満足度超高しです!!
ハイアットセントリック金沢 (41)

ちなみに妻は今週にもランチを食べてきています。この日のメインはパスタでした。

そんな私も、色々なシーンで利用できるので何度でも行きたいくらいでした。機会があれば次回はディナーで美味しい料理を堪能したいです!ご馳走様でした。

FIVE - Grill & Lounge
石川県金沢市広岡1丁目5-2
 ハイアット セントリック 金沢
TEL 076-256-1559
Dining
朝食6:30~10:30 (L.O.10:00)
昼食11:30~14:30 (L.O.14:00)
夕食17:30~22:00 (L.O.21:30)
Lounge
10:30~22:00 (L.O.21:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ