あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:サーモン

札幌編の最後の紹介はホテルの朝食です。


リッチモンドホテルは全国いたるところにあって、私も時々利用するホテルチェーンです。

こちらは札幌駅にも近く、地下鉄の駅にも直結しているので便利なホテルでした。
リッチモンドホテル札幌 (2)

地震の一週間後だったので、節電の張り紙がエレベーター内に張り出されていました。

私も今回はホテルの中で極力無駄な電気は付けないようにしていました。

普段、家ではこまめに電気を消す方なのですが、ホテルだとついつい電気をつけっぱなしでいることが多いことに気が付いたので、今後は節電要請に関係なく無駄な電気は消すように心がけたいと思います。
リッチモンドホテル札幌

さて、普通ビジネスホテルの朝食といえば、ブッフェスタイルで食べ放題のところが多いのですが、こちらのホテルの朝食は、同じビルに入っている居酒屋「はなび」が会場になっていて、北海道の居酒屋らしく海鮮を使用したメニューになっていました。

6:30からオープンしているのもうれしいです。

居酒屋としては店内は狭かったです。そして節電中からか暗めの店内でした。

朝食メニューを見ると、一見ランチメニューのようです。
リッチモンドホテル札幌 (7)

朝食は1,200円で、メニューは和定食・エビカツサンド・サーモンいくら丼・カニ雑炊定食・スープカレーの5種から選ぶことができました。
リッチモンドホテル札幌 (3)

サラダバーと、
リッチモンドホテル札幌 (4)

ドリンクバーも付いています。

せっかく北海道に来たので、ネタ的にそれらしいものを食べようということで、スープカレーはランチで食べる予定ということもあり「サーモンいくら丼」にしました。
リッチモンドホテル札幌 (5)

出されたのがこちら。

左上はサラダバーにあったヨーグルト。その隣はジャガバタです。イカの塩辛も付いていました。
リッチモンドホテル札幌 (6)

肝心の「サーモンいくら丼」は、食感も柔らかく冷凍のを解凍して出していると思いました。

ホテル料金にセットで含まれている朝食だったので何ですが、ホテル側からお店側にどれだけの金額が支払われているのか興味のあるところです。ご馳走様でした。

リッチモンドホテル札幌駅前
札幌市中央区北3西1丁目1-7
011-218-8555
6:30~10:30
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

皆さんは、いま本屋さんで売られているランチが500円で食べられるムック本を利用したことがありますか?

石川県では「Lunch Fan!」が有名なようですが、全国的には「ランチパスポート(略してランパス)」という名前で、大体が700円以上のランチが500円になるというのがウリの本です。

お店側としては、広告媒体の一つとして新規来店率を上げるための一助としての広告宣伝費ということしょね!?ランチに食べに来てもらってリピーターとして夜にも来ていただきたいというのが狙いだと思います。

私は一度も使ったことがありません。特に理由はないのですが、まぁ強いて挙げれば、掲載されているお店が選択肢の優先になることは避けたいということでしょうか……?

さて、今日紹介します白山市の和食・居酒屋「酒楽工房 匠」。金沢方面に出かけるときに通り道にランチのお店がないかどうか検索して見つけたお店です。
酒楽工房 匠 (3)

11:35頃お店に到着。お店の前に車が駐車していなかったので最初の客かと思って中に入ると、何と!カウンター席がほぼ埋まっていました。お店の裏側にも大きめの駐車場があるようです。
酒楽工房 匠 (2)

私のあとにも次々にお客さんが入って来るではないですか!?凄い!人気のお店なのだ!?と思っていたら、それらのお客様が「500円のランチ」とか「1,000円のランチ」とかお店の方に伝えるのを聞いて、「ん?何かな?」と最初わかりませんでした。

そうしたら、よく見ると手にピンク色の本を持っているのがわかり、なるほど!と気が付きました。^^;
酒楽工房 匠

また、よくよく見るとお品書きにもその旨が明記されていました!確かに1,580円の「お刺身付き天ぷら定食」が1,000円になるというのはお得ですね!?

本の値段が980円で、一冊で2人までokなので、この「お刺身付き天ぷら定食」を2人で食べれば元が取れることになります。これは一度使ってみる価値がありそうです。

家に帰って検索してみると、今の号が7月末までの有効期限だったことがわかり、この日が7月最終の土曜日で、こちらのお店が日曜日ランチやっていないため、最後のクーポン使用可能日だったのです。

私がいる間のお客様の3分の2ぐらいが、クーポン利用のお客様でした。

「Lunch Fan!」や「ランチパスポート」は有効期限が3ヶ月で、この期間の最終の週末はこのようなお客様が最後の駆け込みで利用することが多いのではないかと勝手に推測するのでした。

だいぶお店のランチ内容とは関係ない話を続けましたが、本題です。

お品書きの中から私が選んだのは、950円の匠定食です。これはクーポンの対象ではありません。焼き物・揚げ物・炒め物の中から私がチョイスしたのは久しぶりの炒め物の野菜炒め。
酒楽工房 匠 (4)

定食には刺身・小鉢・漬物・デザート・ご飯・味噌汁が付いています。

しかし、出されるまでに30分ほどかかりました。クーポン利用のお客様が多くいたため混雑していたからでしょうね?^^;
酒楽工房 匠 (5)

匠定食の肝心の野菜炒めには豚肉もたっぷり入っていました。^^; そしてガーリックもきいていました。
酒楽工房 匠 (6)

刺身はサバとサーモン。デザートはわらび餅でした。

カウンテー席以外にも小上がりや2階に座敷もあって、夜も使い勝手がよさそうなお店でしたね。ご馳走様でした。

酒楽工房 匠
石川県白山市田中町313-3
TEL 050-5890-6533
11:30~14:00
(売り切れ次第終了で日祝はランチ休)
18:00~24:00(L.O.23:30)
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

まだまだ2月に行ったお店の紹介は続きますが、今日は2月未公開編です。

まず最初は、今年も新酒の季節がやってきました。

いつも新酒を搾る季節になると、お邪魔するのが小松市野田の東酒造さんです。

今回、大雪が降った週の日曜日に伺いました。
神泉 (16)

造り酒屋である東酒造には広い敷地があります。その敷地内にはたくさんの除雪された雪がうずたかく積み上げられていました。

聞けば、今回の大雪で物流も大変らしく、ちょうど新酒の瓶詰作業が最盛期になっているので、その酒瓶が届かなくて冷や冷やされていました。

せっかくなので少し絞りの様子を見学させてもらうことに。
神泉 (6)

この部屋は大吟醸の醸造をしている部屋です。
神泉 (7)

タンク内はぶくぶく発酵していますね。
神泉 (9)

今年は寒いので、逆に発酵を促進するために温められているタンクもあります。
神泉 (10)

あと、こちらは大吟醸が袋吊りで搾られていました。品評会用の酒だそうです。
神泉 (13)

これは自動圧搾ろ過機です。

で、買い求めたのはこちらのしぼりたて神泉3種類。
神泉 (19)

「たれくち」「しぼりたてにごり酒」「しのりたて吟醸」です。

しぼりたてはワインで言えばボージョレヌーボーのようなもの。季節ものですね。
神泉1

「しぼりたてにごり酒」は、シャンパーニュのように、まだ発酵を継続している状態の酒を瓶に詰めてあるので、開けるときは注意が必要です。
神泉 (18)

このような取説まで付けられているほどです。

炭酸が弾けるピチピチした口当たりで、ほのかな甘みもありますが、若いので酸味が勝っています。毎年この季節限定のお酒ですぐに売り切れてしまいます。人気のにごり酒です。

注:もうすでに売り切れだそうです。

お次は長野に行った時に買ってきた「信州サーモンのアヒージョ」。
長野 (3)

佐久市の清流。大石川で育った信州サーモンを、「幻のきのこ」ともいわれている「はくれい茸」というキノコ、オリーブオイル、ニンニクと一緒に煮込んだものです。

最後の話題は、久しぶりにANAのプレミアムクラスを利用しました。
ANA (2)

貯まっていたアップグレードポイントを使用してのことです。

羽田発小松行は飛行時間が短く、プレミアムクラスのサービスも慌ただしく行われます。
ANA (3)

上空に上がってシートベルトサインが消されると、飲み物より先に、こちらの食事が出されました。
ANA (4)

その後、飲み物のチョイスを聞かれ、こちらのスパークリングワインをお願いしました。

ANA (5)
この日は日帰りで、行きの東京行のJAL便が関東の雪の影響(実際は羽田はほとんど降っていませんでした)で欠航になったため車の運転をしなくてよくなったので、ラウンジでも機内でもアルコールを飲むことが出来ました。それで元が取れました!

夕食のお弁当は、「らかん亭」という目黒の精進料理のお店が監修しています。

らかん亭は目黒にある天恩山五百羅漢寺境内にあり、各宗派にとらわれない、新しい精進料理を創りたいとの思いで、現在の精進料理を創り出していると書かれていました。

まぁ、いくら有名店が監修したとはいえ、冬に冷たいままの料理では、それほど美味しいと言えるほどではありません。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

前に私のブログでも前に本店と言うか、1号店を紹介したことがあります。

建華大厦ホテルが入っている大きなビルの32階にあったのですが、とても古いビルでエレベーターなども、フロアと段差があったりして怖かった記憶があります。

ところが、今回出張で行ったら、そのビルがボヤ騒ぎかなにかでいまは再開のめどが立っていないようです。

こちらの2号店は5年ほど前にオープンしたお店で、このエリアの南側には日本人も多く住んでいるところです。

今回、成田から直行便で南京に入りタクシーでホテルにチェックイン。その足で現地に住む日本人と夕食を食べに向かいました。

華僑路という通り沿い、南京大学にも近い場所にあります。
お店は2階で、とても広いスペースを確保しています。
こちらのお店では、ほとんどの店員さんが日本語を話せるので安心です。我々は個室になっている小上がりの席に通されました。

さて、食べたものを紹介していきましょう。
笑門 (3)

まずは生ビール。キリンの一番搾り(20元)。たぶん本物です。(笑い)

前、別なお店でアサヒスーパードライだという甘ビールを飲みましたが、現地生産(委託生産?)のものであって、安いのですが全然ドライじゃなかったです。^^;
お通しは3種類のアテ。
ポテトサラダ(26元)には、何故かポテトチップがばらまかれていました。

刺身の中ではおすすめだということで頼んだ「サーモントロ刺身(65元)」。
笑門 (5)

確かに脂が乗っていて美味しかったです。
焼き鳥は「なんこつ(25元)」ですが、私は食べていません。
「ベーコンほうれん草炒め(28元)」は濃いめの味付け。
こちらは一応、「あわび(68元)」です。一口サイズです。でも安いですね。
「イカの丸焼き」は半分のオーダーで30元でした。

締めに、現地にいる日本人のリクエストで「ざるそば(28元)」。
やっぱり日本食がいいのでしょうね?私は食べなかったので味のほうはわかりません。
笑門 (18)

こちらのお店は、焼酎や日本酒の品揃えも豊富で、私も焼酎の千年の孤独を飲みました。他の2人も日本酒を頼んでいました。

以上で3名飲み食いして締めて430元。日本円で7,500円ほど。安いです。

現地に住んでいる日本人にとっても比較的手軽に入れる日本食レストランです。ご馳走様でした。

笑門日本料理2号店(華僑路店)
中国南京市華僑路26号 2F
TEL 025-8688-3938
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ