あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:サラダ

近年は輸送技術が発達してきて、漁港に近くない土地でも新鮮な魚介を食べることが出来るようになってきました。

もちろん、地産地消ということもあって、撮れた土地で食すというのがいいことは間違いないとは思いますが、美味しい魚介を色々な土地で食べることが出来るのはうれしいですね。

それでも東京では、これまで刺身を食べて本当に美味しいと、個人的に思ったお店は少ないです。
伊賀屋

今日紹介します東京水道橋の「伊賀屋」は、その日の朝まで生きていた魚の刺身が自慢のお店で、この辺でも人気の居酒屋です。

梅雨の雨の日、仲間と4名で行ってきました。

ここはなかなかいいお店でしたね!?

店員さんの威勢というか元気の良さ。それは大きな声をだすという意味ではなく、対応が粋というかホスピタリティがあって好感が持てました。
伊賀屋 (3)

それほど大きなお店ではありません。写真のカウンター席と手前のテーブル席にはお客さんが写っていませんが、18:30時点で他の席はすべてグループ客で埋まっていました。

東京の中心エリアの居酒屋に入っていつも思うのですが、一人でカウンターで飲むお客さんより、会社関係のグループ客のほうが圧倒的に多いですね。
伊賀屋 (2)

さて、最初は生ビールとお通しの枝豆です。

実は最初、刺身を食べるつもりはなかったのですが、店員さんがだいぶ熱心に進めてくれるので頼んでみました。

そのおすすめの刺身の盛り合わせがこちらです。毎日入荷の天然活〆とお品書きには書かれていました。
伊賀屋 (9)

通常は一人前で980円ですが、4人で行ったので4切れで780円で対応してくれました。

ヒラメ・ツブ貝・マグロ・イカ・とり貝です。さすがにおすすめだけありました。新鮮なのはわかりました。とり貝も最近なかなか食べる機会がないのでよかったです。
伊賀屋 (12)

自家製野菜のドレッシングがかけられている「グリーンサラダ(680円)」。野菜だけではなくタコや飛び子などが入っていました。
伊賀屋 (5)

「たこの燻製(430円)」は酒のつまみにいい感じ。
伊賀屋 (13)

「長芋と九条ネギのフワフワ焼(680円)」も、お腹にやさしい味です。
伊賀屋 (18)

「だし巻き玉子(580円)」は出来立て熱々で美味しかったです。
伊賀屋 (19)

イカの一夜干し(430円)は柔らかい食感で焼かれていました。
伊賀屋 (15)

「赤なす焼(480円)」。赤なすは熊本の「ヒゴムラサキ」という品種です。ジューシーでした。
伊賀屋 (17)

これは「スイートコーンの天ぷら」だったと思いますが、甘くておいしかった記憶が…?

伊賀屋 (16)
飲み物は、各自色々なものを頼んでいましたが、こちらは菊姫のにごり酒だったかな?
伊賀屋 (14)

あと、こちらは何だったでしょうか?たぶん、石川県の酒を頼んでいるはずです。
伊賀屋 (10)

私は生ビールのあとは描く角ハイボールを続けて飲みました。

美味しいつまみでついつい飲み過ぎてしまいました!

以上、飲み食いして一人5,500円ほど。味やコスパの面でも納得できるお店だったと思います。ご馳走様でした。

伊賀屋
東京都千代田区三崎町2-12-8 US水道橋ビル 1F
TEL 03-3261-3158
月~金
11:30~14:00(L.O.)
17:30~23:00(L.O.)
17:30~23:00(L.O.)
日・祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ちょうど大寒のころ、久しぶりの長野出張でした。

めちゃ寒い中、わざわざ寒いところに行かなくても…、と思いながらの出張ではありました。北陸と違って雪が少なくていいかな?とも思っていましたが、その時点では北陸より積雪が多かったみたいです。^^;

ホテルにチェックインして、寒いのでホテルから近いお店に入ることにしました。
信州長屋酒場

お店の名前は「信州長屋酒場 長野駅善光寺口店」。長野駅善光寺口店となっていますが、信州長屋酒場の経営するお店はここだけのようです。

お店の看板がわりでしょうか?「こも樽」がずらりとと並んでいます。壮観ですね。
信州長屋酒場 (38)

ご覧のくぐり戸から中に入ります。少し出入りしにくいです。

昔の古民家で使われていた材料でしょうか?色々なところで古い戸や板などが使われています。
信州長屋酒場 (3)

中に入ると、わざわざ太鼓を鳴らすというアトラクション?もあって歓迎してくれますが、めちゃ寒い日だったので、本当は早く奥のほうに入りたかったのですが、そのためにしばし待たされました。^^;
信州長屋酒場 (9)

店内はこんな感じです。

大きなカウンターがコの字にあって、壁際は古いガラス戸で隣と区切られたボックスのテーブル席になっています。
信州長屋酒場 (11)

我々は出来り口近くのボックスのテーブル席に案内されました。しかし、この場所は出来り口の近くだったのでとても寒かったです。そして太鼓の音もよく聞こえて少し耳障りなところも。^^;

店内の照明は昔の家を想像させるような暗めのものです。ただ年配者にはメニューを見るときちょっと不便でした。^^;

長野の郷土料理をウリにしているお店で、お酒も長野全74蔵の地酒、長野の全ワイン蔵のものが揃っているそうです。

今回は、そんな地酒を長野の郷土料理を中心に楽しんでみることにしました。
信州長屋酒場 (12)

まずは生ビールで乾杯です。あまりに寒かったのでグラスサイズにしました。
信州長屋酒場 (19)

お通しはサーモンを使った鍋で一人500円です。
信州長屋酒場 (8)

ご覧のように一人一人、専用の鍋をコンロで温めてくれて出されます。500円は少しお高いお通しかもしれませんが、寒い日にはうれしいですね。

では、頼んだものを紹介していきます。
信州長屋酒場 (17)

まずは、「菜の花の天ぷら(680円)」。大ぶりな菜の花と白身魚がたっぷり盛られています。天つゆで食べます。揚げ立てで美味しいです。
信州長屋酒場 (13)

これは「長芋にこごり(490円)」。短冊に切られた長芋の粘りがいいです。
信州長屋酒場 (14)

これは「おしゃもじ焼き味噌(390円)」で、その場で最後の仕上げとしてバーナーでこんがり焼いてくれます。
信州長屋酒場 (20)

これは日本酒に最高のアテとなりました。
信州長屋酒場 (18)

こちらのせいろに入れられて出されたのは、
信州長屋酒場 (24)

「信州ソーセージの盛り合わせ(890円)」。その場で燃料に火をつけて温めなおして食べますが、ソーセージはどれもジューシーでした。
信州長屋酒場 (29)

この大きな壺に入れられて出されたものは「信州壷サラダ(990円)」。わざわざ「封印」と書かれている帯まで付けられています。
信州長屋酒場 (30)

中のサラダは普通のサラダでした。この壷の意味は何かあるのでしょうか??
信州長屋酒場 (31)

「白ねぎ一本焼き(290円)」も見た目重視。花がつおをかけて食べます。
信州長屋酒場 (36)

「川えび唐揚げ(450円)」はサクッと揚げ立てで良かったです。
信州長屋酒場 (33)

最後に頼んだのは「野沢菜炒め(590円)」。こちらも酒のアテに良かったですね。
信州長屋酒場 (21)

以上を肴に飲んだお酒は、私は長野のワインのグラスワイン(490円)。たぶんイヅツワインでしょうか?
信州長屋酒場 (26)

あと、「コーシー焼酎(590円)」何てのも珍しいので頼んでみました。色目も薄いコーヒーのような感じです。

昔、長野では焼酎を飲む文化がなかったので、焼酎のにおいを消すためにコーヒー豆を入れたコーヒー焼酎として飲んだようです。ミカド珈琲豆を使用しています。
信州長屋酒場 (34)

確かに飲み干してみると、コーヒー豆が残っていました。味もコーヒーの味がほんのりして個人的には気にいりました。
信州長屋酒場 (37)

ハイボールも一杯頼んでいますね。
信州長屋酒場 (23)

他のメンバーは日本酒で、棚田や松代城、原酒大雪渓(890円)大信州(680円)何てのを頼んでいて、私も少しだけ頂きました。

以上飲み食いして一人5千円弱。店員の方も元気よく店内にも活気があって、インスタ映えするメニューの数々など、印象に残るお店でした。ご馳走様でした。

信州長屋酒場 長野駅善光寺口店
長野県長野市南石堂町1418-12
 千石長谷川ビル
月~木
17:00~24:00(L.O.23:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

アルプラザ小松の中にテナントとして「ほんだ」という八百屋さんが入っています。

元々は大川町で家業として八百屋さんを営んでいました。

梯川の拡張に伴う小松大橋の架け替えのため、アルプラザ小松の中にテナントとして入り営業を続けていました。
ほんだ (17)

そして、拡張工事が終了して、元の八百屋さんに戻るかな?と思ったら、あにはからんや、「キッチン&カフェ ほんだ」というお店をオープンさせたのです。

お店は朝7時からオープン。夜は22時までやっている、小松では珍しい長時間営業のお店で、さらに、朝食・ランチ・ディナー、それらの合間はカフェと、通し営業しているのも凄いです。

八百屋さん直営店と言うことで、新鮮な野菜を使ったサラダバーをウリにしていて、日頃から野菜不足の人にもうれしいお店になっています。

今回、夜のコンサートを聴きに行く前、早目の時間からやっている、こちらのお店に行って少し腹ごしらえをするために伺いました。
ほんだ (5)

17時過ぎにお店に到着。お客さんは居ません。内装はカジュアルです。
ほんだ (4)

我々はサラダバーに近い席に座ります。外にも席がありました。
ほんだ (6)

サラダバー専門店ということで、基本はサラダバーにプラス料理というオーダーとなっていて、メニューはこんな感じです。
ほんだ (7)

さすが八百屋さんがやっているお店ということで、サラダバーで食べ放題の野菜の種類が多いのでうれしいですね。
ほんだ (2)

そして、昨年あたりから話題となったスーパーフード「キヌア」や、いま話題の「チアシード」、あとヘンプシードやゴマ類なども置かれていたりして、女性にはうれしいサラダバーとなっています。
ほんだ (12)

ドレッシングも4種類あって、飽きずに野菜をたくさん食べることが出来ます。
ほんだ (8)

さて我々は、炭水化物類をあまり食べたくなかったので、お酒とおつまみ系を頼もうと思ったのですが、メニューにあった生ビールセットというのに目が行きました。
ほんだ (10)

サラダバー、生ビール、おつまみがついて1,000円(税別)という、はっきり言ってお得です。何せ、サラダバーのみで1,000円ぐらいの価値はあると思います。
ほんだ (9)

おつまみには、枝豆とポテトフライが付いていましたが、写真を写すのを忘れてしまいました。^^;

さすがに、この生ビールセットだけでは悪いと思って。柔らか煮込みハンバーグを単品で頼むことにしました。
ほんだ (16)

こちらはサラダバーとライスが付いて1,380円ですが、単品では880円です。
ほんだ (15)

でも、サラダバーが付いているのであれば、このサラダは不要ではないかと思いました。^^;

あと、グラスワインも頼みましたが、こちらは少し甘めの赤ワイン。一杯350円と安かったです。

煮込みハンバーグのほうは、オーダーして早く出てきたので、あらかじめ煮込まれているのでしょう?赤ワインにあいますね。

サラダバー専門店という、こちらではレアなお店で、八百屋さん直営の新鮮な野菜をたっぷり食べることが出来るサラダバー!これだけでも行く価値あり!です。ご馳走様でした。

キッチン&カフェ ほんだ
石川県小松市大川町2-65
TEL 0761-27-1303
7:00~22:00
朝食7:00~10:00
ランチ11:00~14:30
ディナー17:00~21:30
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

木場潟は、私がよくウォーキングで一周する場所です。

一周6.4kmを一時間弱の時間をかけてウォーキングするのですが、ちょうどいい距離で、かつきれいな景色を眺めながら気持ちよく歩くことが出来ます。

昔、歩き出したころは、まだ舗装もしていなかったところがあったりしたのですが、徐々に整備が進み、一昨年の全国植樹祭のときにも一気に整備が進んで、特にその中でも西園地は、木場潟と白山をベストビューで望める場所とうことで、全国植樹祭のときに立派な展望休憩施設も作られています。
そして、その展望休憩施設の隣に出来たのが、今回紹介するアクアテラス・ダイニング「ラーゴ・ビアンコ(LAGO BIANCO)」なのです。
運営は、サンルート小松や、今度新しく小松駅前にオープンするホテル「グランビナリオKOMATSU」などを運営するHifリゾート株式会社が公募によって選ばれています。

大手コーヒーメーカーや地元フルーツショップとタイアップしています。前に「地元フルーツショップ」は「たちばな」だと新聞か何かで見たことがあったと記憶しているのですが、お店では、スムージーに使われるフルーツなどでタイアップしているのでしょう。

ラーゴ・ビアンコとはスイスにある湖の名前ですね。

朝から夕方まではカフェ。夜はダイニングで営業しています。

私も最初は、混雑が落ち着いたら行ってみたいと思っていましたが、ダメ元で電話してみたら、お昼前の時間、まだ空いているということだったので、急きょ行ってみることにしました。
11時50分ごろにお店に到着。この時間帯はまだ数人の先客がいただけでした。この日は朝8:30からオープンしているので、逆に午前のはやい時間のほうが混雑していたのかもしれません。
店内は広いです。そして大きなガラス窓のおかげで店内も明るく、木場潟や白山もきれいに見ることが出来ます。

ただ、この日はあいにくの曇り空で、白山は見ることが出来ませんでした。

お店はカフェタイムはセルフサービスです。

オープンしたてと言うことで店員も多く働いていました。まだ慣れていないようでしたね。

入口でオーダーして、出来上がったらカウンターまで取りに行く必要があります。個人的にはいつも思うのですが、それほど順番が出来るような客数が来ることはないと思われるお店では、セルフサービスは止めたほうがいいと思っています。
カフェは飲み物は別として、食べ物としては基本「マッシュ&チョップドサラダ(税込900円)」の一種類のみ。

チョップドサラダには、色々な野菜が15種類ほどとアーモンドが入っています。色とりどりで見た目も鮮やかですね。
上に乗せるマッシュは6種類の中から2つを選ぶことが出来ます。
ラーゴビアンコ1

私は、「ツナと枝豆」と「アンチョビエッグ」を。妻は「カボチャとひき肉のスパイシー炒め」と「ネギとコーンビーフ」をチョイスしました。
そして、この基本の「マッシュ&チョップドサラダ」に、パンと本日のスープがセットになって、+300円(税込)。我々はそれにしました。合計で1,200円になります。「マッシュ&チョップドサラダ」テイクアウトも可能でした。
ラーゴビアンコ (16)

スープはこの日はミネストローネ。パンに添えられていたのはハチミツ?と柚子の甘いものでした。
おっと!妻のはドリンクセット(+250円)としてコーヒーもプラスしています。コーヒーは最新の「ドリップマスター」で淹れているようですね。
ちなみに、「マッシュ&チョップドサラダ」にはトッピッングも8種類設定がありましたが、それらもプラスしていくと結構高くなってしまいます。

見た目にはボリュームがあるようですが、これで計算すると500キロカロリーぐらいです。ヘルシーですね。
サラダの下のほうには大麦ライスと玄米フレークもたっぷり入っていて、これらで腹持ちをカバーしていると思います。

カロリー少なくてもお腹はそれなりに膨れました。

カフェの営業は16:30までで、17:30からはディナー営業。イタリアンと和懐石のコラボ料理が楽しめるそうです。ご馳走様でした。

ラーゴ・ビアンコ
石川県小松市今江町ち
TEL 0761-21-1281
Cafe8:30~16:30
(Lunch11:00~15:00)
Dinner17:30~21:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

一昨日紹介しました卵・乳製品不使用パンで有名なアルビス寺井店内「食パンのtonton(トントン)」。
tonton (19)

今日紹介の惣菜屋さん「お惣菜のtonton」は、その「食パンのtonton」の姉妹店です。
tonton (20)

どういう関係でお惣菜屋さんのお店をオープンしたのかはわかりません。

今の時代、お惣菜屋さんというのは、商売的には意外に難しいジャンルかもしれません。

確かに核家族化が進み、共働きが増えてくると、外食や中食のニーズも増えてくることは間違いないのですが、何せ世の中にはコンビニを筆頭に、全国チェーンのお弁当屋さんやファストフードのお店など、ライバルには事欠かないからです。

また、大手スーパーや百貨店の地下グルメでも惣菜系のお店がいっぱいある時代です。

実際、この「お惣菜のtonton」が営業している場所は、ついこの間までは「旬庵ダイニング」というお弁当やお惣菜のお店だったのですが、残念ながら閉店してしまいました。

さて冒頭、卵・乳製品不使用パンで有名なアルビス寺井店内「食パンのtonton」の姉妹店と書きましたが、「お惣菜のtonton」は卵・乳製品不使用をウリにしているわけではありません。

まぁ、言ってみれば普通のお惣菜屋さんです。
tonton (21)

軸となるメニューは「おいなりさん」「肉じゃが」「唐揚げ」「豚汁」「おはぎ」の5つ。ははは。私の苦手な肉系の料理と甘いものです。^^;

気を取り直して、今回買い求めたものを紹介していきます。

本当は器に盛り付けて写真を写せばよかったのでしょうが、すみません。めんどくさかったのでそのまま写しました。^^;
tonton (11)

サラダ系は「トマトときゅうりのさっぱりサラダ」と、
tonton (12)

「野菜のあえもの」です。どちらも上品なお味でした。
tonton (18)

これは「新ごぼうとかぼちゃとオクラの甘辛揚げ」です。
tonton (17)

あとは「能登産サワラの甘酢あんかけ」。

何だか似たような味の系統ですね。^^;

以上の品は私も食べましたが、個人的に好みの味付けでした。美味しかったです。
tonton (16)

「ほくほく肉じゃが」は、私は食べませんでしたが、こちらのお店で力を入れている5つの品のうちの一品です。

お惣菜のお店ですが、お昼はこれらお惣菜を組み合わせたお弁当の販売もやっているようですよ。

お惣菜屋さんも、スーパーの総菜コーナーばかり使っていると飽きてくるので、こちらのお店のようなところも含めて順番に買い求めて楽しんでいけるとうれしいと思いました。ご馳走様でした。

お惣菜のtonton
石川県小松市北浅井町甲2番地
TEL/FAX 0761-48-4228
10:00~19:30(無くなり次第終了)
水曜・日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ