あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:クロワッサン

私のブログではパン屋さんについて昨今金沢のお店の紹介が増えています。

今日は消費税アップ前に家具類を購入のため、金沢駅西エリアの家具店やショールームを見てまわるついでに翌朝のパンを買い求めたお店「金沢パン工房 クーシュ」を紹介します。
クーシュ

店名の「クーシュ」とはフランス語で「層」を意味しているようです。

クロワッサンの生地が何層にも折り込まれているところから命名されたということで、その通りにクロワッサンがお店のウリになっていました。

お店の外観はポップで明るい感じで、店内も同じく明るい空間です。売り場自体は少し狭く、並べられているパンの種類もそれほど多くは無かったです。
クーシュ (5)

ハード系のパンはなく、ソフトなものが主体で、菓子系と惣菜系のパンを得意としているようでした。

では買い求めたものを紹介します。
クーシュ (12)

もちろん、お店の名前に関係するクロワッサン(140円:価格表記はすべて税別)を買いもとめていますが、娘が食べたので今回感想はナシです。

私は夏限定のパンだった「枝豆とコーンのちぎりパン(1本240円、ハーフ120円)」の1本のを買って、妻とシェアして食べました。
クーシュ (10)

ネーミングの通り6ブロックに分かれているちぎりパンスタイルで、枝豆とスイートコーンが入ったほんのり甘めの、見た目よりは柔らかめの優しいパンでした。

妻は「焼きカレーパン(160円)」を、お腹が空いたということで車の中で食べてしまいました。
クーシュ (9)

表面にココナッツファインがまぶされています。少しピリ辛なカレーパンだったようです。
クーシュ (11)

娘はクロワッサンと同時に「シャキシャキごぼうサラダ(税別180円)」も食べています。

ささがきごぼうと枝豆、ゴマは金ゴマと白ゴマが使われていました。

お店自体も新しいようで、パンの値段もお手頃。家族全員で楽しめるパン作りでこれからまだまだ期待できそうな予感がしました。ご馳走様でした。

金沢パン工房 クーシュ
石川県金沢市北安江4-10-22
TEL 076-209-5528
9:00~18:00
火曜・金曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

北海道は梅雨がないと言われています。

しかし近年では梅雨のような天気が続くこともあるようで、これも温暖化の影響でしょうか?

本州では梅雨の期間は雨が降りジメジメした日が続きますが、さすがに北海道はそんなうっとうしさを感じない爽やかな天候の日が多いのです。

そのため、この時期に北海道を訪れる観光客も多く、ホテルが混雑しているのか、早めに予約しないといいホテルが取りにくいのです。それに料金も高めに設定されています。

今回の出張では、いつも泊まるホテルは予約で満室。探して見つけたのが「R&Bホテル」です。

「R&Bホテル」は他のエリアでも利用することがあり、ワシントンホテル系列のビジネスホテルです。

札幌駅から南へ歩いて数分のところにホテルはあります。

2階がフロントでしたが、エレベーターやエスカレーターが無く階段のみ。バリアフリー的には少し…?でした。
R&Bホテル札幌

朝食は2階のロビー階に席があって、そこで食べます。ホテル宿泊者は無料です。

朝食はホテルの中で焼きあげたパンが4種類。
R&Bホテル札幌 (2)

定番のバターロールとクロワッサン以外にも日替わりのパンが2種類ありましたが、日替わりで食べたいものがなかったので、私は定番のバターロールとクロワッサンを食べました。
R&Bホテル札幌 (3)

それと味付きのゆで卵を1個。

ドリンクはコーヒーや100%ジュース(オレンジジュース・野菜と果実のジュース)。

それと、選べる3種類のスープ(コーンスープ・ビーフコンソメ・枝豆のクリームスープ)。

私は枝豆のクリームスープを飲みました。

無料の朝食なので贅沢は言えません。

観光シーズンだったのでホテル料金も、通常のR&Bホテルの単価よりは高かったですね。ご馳走様でした。

R&Bホテル札幌北3西2
北海道札幌市中央区北三条西2丁目1-30
TEL 011-210-1515
朝食6:30~9:30


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は内灘にランチを食べに行ったときに立ち寄ったパン屋さんの紹介です。
ブリーズ・ドゥ・メール (8)

この辺りでは人気ブーランジェリーで「ブリーズ・ドゥ・メール(Brise de Mer)」という名前のお店です。
ブリーズ・ドゥ・メール (2)

日本語では「潮風」という意味で、内灘という海にも近い場所にあるお店らしいネーミングですね。

2018年8月に店舗をリニューアルされています。

ネット情報では、オーナーシェフは金沢フォーラス1Fの「オーボンパン ビゴの店」ご出身だということでした。

店内に入り写真撮影の許可を頂き、写します。
ブリーズ・ドゥ・メール (6)

お店一杯にパンが並んでいました。ハード系から惣菜系、菓子パン系まで幅広い品揃えです。まぁ、どちらかといえばソフト系のパンが多いかな?
ブリーズ・ドゥ・メール (13)

その中から私が買い求めたのは、まず私が食べた「ベーコンフォカッチャ(220円)」。
ブリーズ・ドゥ・メール (12)

娘も「カレードッグフォカッチャ(250円)」というフォカッチャでした。

ただよくイタリア料理店で出されるフォカッチャとはちょっと違って、非常に柔らかでしっとりとした生地でした。もっとも、フォカッチャの言葉の意味は「火で焼いたもの」ということなので、ある意味何でもフォカッチャかもしれませんが。
ブリーズ・ドゥ・メール (10)

妻は「レッドチェダーチーズクッペ(250円)」です。レッドチェダーチーズがたっぷり使われています。
ブリーズ・ドゥ・メール (11)

こちらの「クロワッサン(140円)」も買っています。外側はパリッとしていて中はバターの香りがするクロワッサンです。

内灘のパン屋さんの状況を私はよく知らないので何ですが、この品揃えと味を考えると人気のお店なのでしょうね?ご馳走様でした。

ブリーズ・ドゥ・メール(Brise de Mer)
石川県河北郡内灘町1-306-29
TEL 076-239-3018
8:00~18:30
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

福岡のパン屋さんの紹介は初めてかもしれません。

昔、福岡に住んでいた時は、パン屋さんはブログでは書いていなかったからです。

さて、今回福岡から小松に戻るとき、翌日が休みだったため家で朝食べるパンを買って帰ることにしました。

福岡に住んでいる時にも1~2度利用したことがあります「三日月屋」というクロワッサン専門のパン屋さんです。
三日月

本社は北九州で、福岡県内に6店舗と博多駅・福岡空港内にはカフェがあります。

「天然酵母のクロワッサン」をウリとしていて、3種類の最高級小麦をブレンドや低温長時間で丸1日かけて発酵するなど、素材と製法にこだわったパン作りを心がけているようです。
三日月 (3)

クロワッサンの専門店なので、定番から限定まで色々な種類のクロワッサンを作っていて、ここ福岡空港でもたくさんの種類のクロワッサンが売られていました。
三日月 (2)

日頃個人的にはそんなにクロワッサンを食べるわけではありませんが、たまにはいいかもしれません。
三日月 (5)

買い求めたのは4個。1個1個包装されています。
三日月 (8)

私は珍しく「いちご(税込275円)」を食べました。こちらは季節限定で少しお値段高め。
三日月 (10)

生地にいちごが練り込まれ、また中にはいちごジャムのようなものが包まれていました。甘かったです。

妻はこちらの「チーズ(税込247円)」です。
三日月 (9)

中にはカマンベールチーズ。表面にはオランダ産のゴーダチーズが使われています。

あと「メープル(税込210円)」は、カリッと焼いた表面にカナダ産の高級メイプルシロップを塗ってあります。少し甘いと思います。

「ごま(税込215円)」は、国産の煎りごまが生地に練り込まれていました。

デザート系の甘いパンは普段食べないので、あまり他と比較して書くことが出来ませんが、生地はサクッ、モチッとして美味しかったです。ご馳走様でした。

三日月屋 福岡空港店
福岡県福岡市博多区大字下臼井778-1
 福岡空港第二ターミナルビル2F
TEL 092-623-9683
8:00~21:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お正月は我が家では朝昼兼で、お節やお雑煮を食べたりしますが、三が日過ぎるとさすがに飽きてきます。

そのため、毎年1月4日の朝食はパンにしています。

ただお正月3日までは、スーパーマーケットなどでは大手の製造メーカーのパンは売られているのですが、個人営業のパン屋さんは休みのところが多いのです。

そこで2日から営業している「ベーカーズ・ロリアン」に行って買うことにしました。
ロリアン1

こちらのお店は、前はアルプラザ小松にありましたが、一昨年にいまの小松市民病院前の場所に移転。龍助町にあった本店もクローズして、その時に再編成してパンのお店とケーキのお店に分かれました。

ちなみにケーキのお店は小松市城南町にあります。

「ベーカーズ・ロリアン」では多くの種類のパンを作っていて、ハードからソフト、食パンから菓子系まで幅広い品揃えを誇っています。
ロリアン (5)

一種類当たりの数も多いので、食べたいパンが売り切れてないというリスクも小さいと思います。(もちろん、時間帯によっては当てはまりませんが)

この日もお節やお雑煮を食べ飽きた?人たちがたくさん買いに来ていました。
ロリアン (10)

私が食べたのは「荒削りベーコンとチーズ(税別190円)」。ベースとなるフランスパンはモチモチとしていて意外と食べ応えがありました。荒削りベーコンとチーズも少し塩気が多めの味でしたが美味しかったです。
ロリアン (9)

こちらは同じような感じですが「豚トロウインナー(税別190円)」です。
ロリアン (11)

「ホイップフランス(税別160円)」は息子が食べました。甘そうなパンでした。
ロリアン (8)

「乾塩ベーコン&カマンベールクロワッサン(税別180円)」は娘が食べました。
ロリアン (12)

「パンプキンBOX(税別200円)」も買いましたが、こちらは裏ごししたカボチャを生地に混ぜてあって、フワフワでしっとりの食感のパンです。

小松は意外といいパン屋さんが多く、そこそこの激戦地だと思いますが、こちらは相変わらずの人気店で繁盛していました。ご馳走様でした。

ベーカーズ・ロリアン
石川県小松市向本折町ホ75-1
TEL 0761-24-4412
7:30~19:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ