あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:クロワッサン

デニッシュ食パンという新しいジャンルを打ち立てた「京都祇園ボローニャ」。

「ボローニャ」はパンの世界では有名なブランドで、スーパーなどでも色々なパンが売られています。

ややこしいことに、京都には「京都祇園ボロニヤ」というお店があったりして、ネーミングも「ボローニャ」と「ボロニヤ」と微妙な違いがあるのです。

調べてみると、佐賀県にボローニャマックス株式会社という会社があったり、東京には株式会社ボローニャFC本社というのもありました。
ボローニャ北陸工場 (11)

パンの包装の裏書に書かれていますが、ボローニャ北陸工場はボローニャFC本社の系列ですが、各々の関係などは詳しくはわかりませんでした。

ちなみに「京都祇園ボロニヤ」では、大型スーパーでは関西のイトーヨーカドー、ボローニャFC本社は石川県では色々なスーパーで扱われているようです。

さて、その「ボローニャ」は発売当初から高級パンで知られていて、「81層の生地を編みあげて作られてるマーブル模様の食パン」ということで、当初はプレーンなもの一種類からスタートしましたが、いまではチョコやメープルなど、デニッシュ食パンだけでもたくさんの種類の品種を作っているほか、クロワッサンや菓子パン類も販売しています。

さて、今日紹介します「DOS BO-LO'GNEボローニャ北陸工場」。
ボローニャ北陸工場 (5)

白山市の松任食品加工団地の一番北陸自動車道側にあります。高速道路からも看板を見ることが出来ますね。
ボローニャ北陸工場 (2)

こちらではパンの製造以外に、アウトレットのパンを販売しています。
ボローニャ北陸工場 (3)

ご覧のように、工場の通路に置かれている折り畳みのテーブルの上に無造作におかれている感じで売られています。
ボローニャ北陸工場 (4)

アウトレットというからには、正規のものとは何らかの違いがあるわけですが、工場の中の張り紙には「規格外商品、製造過程でのキズ、型崩れ、新商品の試作品等をアウトレット商品として販売いたします。製法、原材料は同じです。」と書かれていました。

ただしコストや製造上、もしくは流通上の理由からか、材料にバターではなくマーガリン、それに保存料や着色料が使われているのが個人的には少し気になりました。
ボローニャ北陸工場 (7)

私が買い求めたのは、デニッシュ食パンのレーズンとシナモン。
ボローニャ北陸工場 (10)

見た目、ちょっと形が編ですね。これがアウトレット品の理由かもしれません。
ボローニャ北陸工場 (9)

そして、クロワッサンのチーズです。

代金は工場内の事務所に入って支払います。

私はクロワッサンを食べましたが、甘めの味でした。

ちなみに、アウトレット品は通常品の半額前後の価格になっています。

あまりPRしていないので知らない人も多いかもしれませんが、お近くの方は買いに行かれるメリットはありますね。ご馳走様でした。

DOS BO-LO'GNEボローニャ北陸工場
石川県白山市宮永町2847-1
TEL 076-277-6222
10:00~18:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

南加賀のパン屋さんもほぼ紹介してきたので、最近は金沢のパン屋さんの紹介です。

パン屋 たね」は紹介するまでもないほどの人気のお店です。
パン屋 たね

オーナーの藤田さんは、色々なイベントでも出展されていて、そちらのほうではお会いしたりパンも買ったことがあるのですが、お店に伺ったのは今回が初めてでした。

個人的にはあまり行くことにないエリアにあるので、これまでなかなか書くことが出来ませんでした。ニュー三久 泉が丘店の斜め前にお店はあってかわいい外観。店内も狭くそれほど多くの種類と量のパンが並んでいるわけではありません。

前に、観音堂町にある「パン屋 まるしゅ」を紹介したことがありますが、こちらのオーナーが「パン屋 たね」で働いていたかたです。

お店はいまはご夫妻でやられているようです。
パン屋 たね (7)

奥さまに了解を頂き写真を写します。

自家製酵母とこだわりの小麦粉で作るハード系パンやベーグル・バゲットなどももちろん人気で、著名なレストランにも提供していて、そちらのお店でも時々食べることができます。

さて、我が家では週末の休みの日の朝にパンを食べることが多いので、個人的には惣菜系のパンを選びますが、「パン屋 たね」では惣菜系のパンはなく、サンドイッチはあるのですが、翌朝食べるのはちょっと、と思って買いませんでした(実際はお昼に食べましたが)。
パン屋 たね (8)

あと、チーズは色々な種類のを売っていました。パン屋さんでチーズが売られているのは珍しいですね。

では買い求めたものを紹介します。

私は、クロワッサン(200円)とドライフルーツ(200円)を食べました。

クロワッサンは、生地にバターを練り込んでいるわけではなく、発酵バターを織り込んでいます。少し温めるとバターの風味が口に中に広がりました。
パン屋 たね (9)

表面のサクサク感と中のしっとり感の違いも楽しめて美味しかったです。

ドライフルーツのほうはサルタナレーズン・カレンズ・リンゴ・クランベリー・イチジク・オレンジピールなどが散りばめられているようです。
パン屋 たね (11)

ライ麦は配合していないようですが、しっかりとした食感でチーズに合いますね。

妻のほうはチーズ(180円)とシナモンロール(150円)。
パン屋 たね (12)

その名も「チーズ」というパンは、オランダ産のゴーダチーズが使われていて、ライ麦全粒粉を混ぜた生地との相性も良かったようです。焼きたてだと美味しいだろうなぁ?と思いました。
パン屋 たね (10)

こちらはシナモンロールです。巻貝のような形状でした。

さすが人気のお店だけあって、飲食店のかたでしょうか?大量に予約されて買いに来ている方もいました。ご馳走様でした。

パン屋 たね
石川県金沢市富樫1-7-8
TEL 076-226-0009
9:00~19:00
月曜・第3日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は久しぶりに金沢市にあるパン屋さんの紹介です。

わざわざ金沢までパンを買いに行くことはないのですが、土曜日に金沢方面まで用事などで出かけることがあると、よさげなパンのお店を探して行くことがあります。

今回伺ったのは金沢市内から金沢港へ向かう金石街道沿い(実際は少しわき道に入りますが)にある「パン工房 バビロン」です。
パン工房 バビロン (7)

創業が1978年なので、今年がパン屋さんを始めてからちょうど40年の節目の年。今のご主人は2代目です。
パン工房 バビロン1

お店の方の了解を頂き店内を写します。小さなお店ですがパンの種類は豊富です。
パン工房 バビロン (5)

こちらは豆パンの元祖のお店のようです。またクロワッサンも人気があるようです。
パン工房 バビロン (6)

家に帰ってから原稿を書くために調べていてこのことはわかったのですが、私は両方とも買い求めていました。見た目も美味しそうだったのでしょう?我ながら天晴れ!

では買い求めたものを紹介します。

私はこちらの「カルツォーネ(税別220円)」。形が大きな餃子のようなパイ包み形状のパン。
パン工房 バビロン (11)

「カルツォーネ」は両面焼きペイストリーの一種ターンオーバーで、イタリアではピザと同じ生地を使って中に具を挟んで折り畳み焼き上げるものです。

中にはフィレッシュトマトとツナが入っています。ほどよい酸味で美味しいパンでした。

「豆パン(税別140円)」はお手頃なお値段。
パン工房 バビロン (8)

パンの値札に書かれていたのは「前後バビロンの店長のおじいちゃんが小麦粉に金時豆をくるんだことから金沢中に広がりました」ということ。ここが発祥のお店だったのですね!?おじいちゃんの代は和菓子屋さんだったようです。必然的に出来たパンですね。
パン工房 バビロン (9)

「ハムクロワッサン(税別180円)」は、一般的なクロワッサンとは形や食感が少し違っていて、巻き貝のような形で、生地もサクッというクロワッサンの食感を味わいながらも、しっとりとした食感もするという、独特なクロワッサンです。中にハムが入っているのも納得でした。
パン工房 バビロン (10)

「チーズカナディアン(税別190円)」は全粒粉(グラハム)生地でコロコロチーズが入っています。上にはお砂糖もかけられていて弾力のある食感のパンでした。

これらのパンも美味しかったようです。

南加賀のほうのパン屋さんは相当紹介してきましたが、金沢のほうはまだまだ行ったことがないお店が色々あります。

今後はこちらのお店にも負けない色々なパン屋さんについても紹介していきたいと思います。ご馳走様でした。

パン工房 バビロン
076-268-6779
石川県金沢市藤江南3-168-17
7:00~19:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松でも人気のパン屋さんだった「コパン」。

前回紹介した時はこちらに書いていますが、なぜか店名が変更になり、あわせてお店もプチリニューアル。
うたたね (12)

新しいお店の名前は「こうぼパン うたたね」です。
うたたね (2)

山小屋風外観は変わっていませんが、前「コパン」のときにパンが売られていたスペースは使っていなくて、左側の、むかしイートインコーナーだったところでしょうか?そちらが売り場になっていました。
うたたね (3)

食事用のパン主体のお店ですが、国産小麦に自家製天然酵母で作った生地は3日間かけて作られています。
うたたね (8)

そのため、作られているパンはしっとりしていながらモチモチ感があって美味しいです。

食パンやハード系の種類も何種類かあって、惣菜系・デザート系も揃っていましたよ。

クロワッサン系は、この日は春よ恋に石臼全粒粉、四つ葉発酵バターを使用していました。

私が買い求めたのは、こちらは私が食べた「クロワッサンのジャンボン・フロマージュ(税別230円)」。
うたたね (16)

サクッとしたクロワッサン生地の中にしっとりハムとチーズが入っていて美味しかったです。
うたたね (19)

こちらはハード系の「フリュイ(税別440円)」。レーズンなどのドライフル-ツやナッツ系がはいっていて、割と大きなサイズです。お値段もそれなりにします。もちろん食べ応えがありました。。
うたたね (17)

「クロックムッシュ(税別230円)」は、もちもちの食パンの上にホワイトソース・ロースハム・チーズが乗せられ焼きあげてあります。
うたたね (18)

こちらは「能登大納言パン(税別180円)」です。

いくら人気店だからと言って現状にあぐらをかいていれば、他店に負ける日が来ないとも限ません。このようにより差別化を目指して変化していくことは素晴らしいと考えます。ご馳走様でした。

こうぼパン うたたね
石川県小松市大領町な5-1
TEL 0761-23-1058
7:30~18:30
日曜・月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

幸いにも私自身は食物アレルギーはありませんが、現代社会には色々なアレルゲンが存在しています。

特に小さな子供にとっての飲食物が引き金となったアレルギーの発症に対して、親は注意深く対処されていると思います。

そんな食物アレルギーの中で3大アレルゲンと言われているのが「卵、牛乳、小麦」。少し前までは「卵・牛乳・大豆」でした。

「卵・牛乳・小麦」。そうです!通常、パンに使われている材料ばかりですね。ということは、小麦粉の代わりに米粉を使ってパンを作れば、3大アレルゲンなしのパンが出来るということでしょうか……?

今日紹介します小松市南浅井にある「卵・乳アレルギー対応パンのtonton」は、店名にも表れている通り卵と牛乳を使用していないパンを作っているパンの製造メーカーなのです。

前に寺井のアルビスの中に入っている「食パンのtonton(トントン)」について過去にブログで紹介したことがあります

しかし、最近まで「卵・乳アレルギー対応パンのtonton」の工場に併設されている直売のお店があることは知りませんでした。あくまでも工場だけだと思っていました。

お店のネット販売を見ると、手広くやられているようで、卵と牛乳を使用していないパンの種類も豊富にありました。

専用工場で作っているため、卵・乳製品の微量混入の心配がないんのだそうで、それが人気なようです。この工場で製造されたパンは冷凍され全国に発送されます。
tonton (5)

さて、こちらの直販店では、冷凍前の出来立てのパンを買い求めることが出来ます。場所は南加賀公設市場前の道路を挟んだ食品関係の会社が集まっているエリアにあります。

パン屋さんですが、工場なので併設の直売店も11時からの営業と、一般的なパン屋さんよりは遅いオープン時間です。

今回、オープン時間少し前に到着。オープンまで車の中で少し待ちました。
tonton (4)

11時に店内に入りましたが、まだパンはあまり並んでいなく、工場から前室みたいな場所に徐々に出されてきている最中でした。
tonton

このあたりも、直接売り場に出すと卵・乳製品が混入する恐れを極力なくしていくために、このような部屋を設けているのでしょう?
tonton (11)

さて、我が家では、パンの朝食のときは惣菜系のパンを食べるのですが、惣菜系のパンは少し待っていると出てきました。ただ、この日の朝は3種類しかないということで、その3種類を買い求めることに。

では、私が買い求めたパンを紹介していきます。
tonton (8)

買ったのは「ウインナーパン(税抜160円)」。
tonton (7)

「ハムマヨコーン(税抜160円)」。
tonton (9)

「焼きカレーパン(税抜160円)」。
tonton (10)

「シュガークロワッサン(税抜224円)」の4つです。

味的には、卵・乳製品を使っていないため、大人しいというか優しい味で、若干物足りなさは残ります。

私は「ハムマヨコーン」を食べましたが、このマヨネーズも卵不使用ということですね。

食物アレルギーの方もパンは食べたいと思います。そんな方にとっては必要なパン製造会社だと思います。ご馳走様でした。

卵・乳アレルギー対応パンのtonton
石川県小松市南浅井町イ103~12
TEL 0761-58-0554
11:00~16:30
土・日・祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ