あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:クロワッサン

久しぶりにプライベートで福井県に行きました。

仕事では行っていたのですが、プライベートでは2年ぶりぐらいです。(^^;

いった頃は、ちょうど小松で新型コロナの陽性者が多くでたときで、お盆明けから8月末まで「緊急行動期間」ということでした。
ラ クラルテ (39)

そのため、ちょっと遠出してみることにして、チョイスしたのが、今日紹介する「薪火の見えるレストラン ラ クラルテ(La clarte)」なのです。「ゴ・エ・ミヨ2019」に掲載されています。ちなみに「ラ クラルテ(La clarte)」はフランス語で光、輝き、光明といった意味です。

女性がオーナーシェフで、元々は料理人ではなく、舞台照明をやっていたという少し変わった経験を持っていて、その後、故郷の丸岡町に戻って料理の勉強を始めて今に至っているのです。

山中温泉から国道364号線を進み福井県に入ると10分ほどで、竹田水車メロディーパークに到着します。
竹田水車メロディーパー (2)

直径8mと5mの北陸最大級の2連の水車が目印です。

近くには竹田の油揚げで有名な「谷口屋」があります。
ラ クラルテ (37)

「ラ クラルテ(La clarte)」は、竹田水車メロディーパークの奥にあって、建物は公共のものなのでしょうか?
ラ クラルテ (12)

ウエディングにも対応しているようで、奥にはピアノなどが置かれている部屋がありました。

そしてレストランとしては大きくて広く贅沢な空間。3密対策にもなります。
ラ クラルテ (13)

さて、「ラ クラルテ(La clarte)」では、予約が入ったときはディナー営業されるようですが、基本はランチ営業のみです。3周年を迎えたようですね。おめでとうございます。

県産の薪木を使用した薪オーブンでの料理を楽しむことができるということで人気です。
ラ クラルテ (15)

薪オーブンで使うのでしょうか?薪がインテリとしてもいい雰囲気を出しています。

素材にもこだわっているようで、石川県能登豚の自家製ソーセージ、秋田県八幡平ポークを使用した生ハム、竹田産コシヒカリ、北陸健康鶏などが使われていました。
ラ クラルテ (9)

メニューですが、基本構成は「PLATEAU(プラトー)」という1,600円(税抜)のセット。内容はケヤキプレートに乗せられて出される「自家製ソーセージマスタード&野菜のソテー添え」「自家製生ハム」「リーフサラダ」「まり椀に入った日替り前菜一品」となっています。これにパンとスープのセットやパスタ、肉料理を組み合わせグレードアップしていくというメニューになっていました。

私は「STEAK HACHE(ステーク アッシェ)」を頼んでいます。数量限定で2,300円(税抜)です。

若狭牛100%ハンバーグステーキがメインですが、そのほかのメニューとは少し構成が違っていました。
ラ クラルテ (14)

最初に出されたのは「ホーリーバジルティー」。抗酸化効果があるとのこと。
ラ クラルテ (17)

そして出されたのは、リーフサラダにキッシュ、グラスに入っているのは冬瓜とオクラのコンポート。これにはキヌアが入っていました。

ドレッシングは季節のフルーツを使ったビネグレットです。
ラ クラルテ (22)

そして野菜スープが出されました。使われているのは珍しい?カリフラワーとナットバターだったかな?私も妻も正確なことは失念してしまいましたが、とても美味しいスープでした。
ラ クラルテ (24)

そしてメインのハンバーグステーキ。焼き野菜が添えられています。
ラ クラルテ (28)

奥のほうに見えるのはパスタでした。
ラ クラルテ (27)

薪オーブンの高温で焼かれ、外は香ばしく、中はジューシーな仕上がり。若狭牛100%のうまみが出まくっていました。
ラ クラルテ (25)

ライスは竹田産コシヒカリを使用。
ラ クラルテ (33)

ドリンクが付いていて、コーヒー・紅茶・オレンジジュース・グレープフルーツジュースの中か選べます。私はアイスコーヒーを頼みました。ストローは紙製。
ラ クラルテ (34)

ご覧のマスク入れも出されたり、色々な領域に対しての気配りが感じられます。
ラ クラルテ (6)

実は店内に入ると、ウェイティングスペースには水が置かれていました。こちらの説明を読むと無料給水アプリ「mymizu」に登録しているようです。

ペットボトルの削減につながるということで、オーナーの方は持続可能な社会作りを目指す「サステナビリティ」に対しても理解があるようです。すばらしいですね。

妻は「VIANDE(ヴィアンド)」という2,500円(税抜)を頼んでいて、こちらは「PLATEAU(プラトー)」に「薪火焼きクロワッサン(フランス産)」「野菜スープ」「本日のお肉 薪火グリル」「ドリンク」が付いてくるセットでした。
ラ クラルテ (41)

こちらが「PLATEAU(プラトー)」です。盛りだくさんですね。リーフサラダの上に乗せられているのは、秋田県八幡平ポークを使用した自家製の生ハムです。濃厚な味です。
ラ クラルテ (21)

「野菜スープ」は私のはフルサイズでしたが、こちらにはカップサイズです。
ラ クラルテ (20)

私は自家製ソーセージを半分食べました。プリンとした食感で濃厚な味でしたね。
ラ クラルテ (23)

「薪火焼きクロワッサン」も炭火で香ばしく焼かれているのでさらにおいしいです。桜の木の皿に乗せられています。

メインの「本日のお肉 薪火グリル」は「北陸健康鶏のグリル」。
ラ クラルテ (44)

こちらも薪オーブンでじっくりグリルされていて、ジューシーな仕上がりだったようです。
ラ クラルテ (32)

ドリンクはホットコーヒーを頼んでいます。

福井の市街地からもそこそこ距離がある里山の小さな町で、自然に囲まれて美味しい料理を堪能できる素敵なお店でした。自信を持ってお勧めできます。ご馳走様でした。

ラ クラルテ(La clarte)
福井県坂井市丸岡町山口64-31
TEL 0776-43-0027
ランチ11:30~14:00(L.0)
カフェ14:30~16:00
ディナー予約制
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

先日に引き続き、石川県内に多数店舗展開しているスーパーのアルビスネタです。

我が家も毎週のように利用しています。

先日も小松に新築なった幸町店について書いたことがありますが、今日は能美市の寺井店です。

ただし、アルビスのことではなく、テナントとして入っている「食パンのtonton(トントン)」です。


小松市南浅井に工場があって、こちらについても書いています

こちらのお店の特徴は卵・乳製品不使用のパンだということ。アレルギーの人でも安心して食べられるパンということで、全通販での販売で全国にファンがいるようです。

私自身アレルギーを持っていないのですが、アレルギーがある方にとってはうれしいですよね?

私はこれらのパンを買い求めました。
tonton

前は自分でトングで取ってレジで袋に入れてくれましたが、いまは最初から袋詰めにした状態で置かれています。

私は一番左の「スーパードッグ マスタード味(税別170円)」を食べたのですが、肝心の写真を撮り忘れてしまいました。^^;

マスタードの効いた、ロングでシャキッとした食感のソーセージが美味しかったです。

パンのほうは卵・乳製品不使用なので、少し大人しい味になっています。
tonton (5)

妻は、「クロワッサンのホットサンド(税別180円)」を食べています。
tonton (4)

あと、娘は右側の「ツナコーンバター(税別150円)」。母は「メープル風味のクロワッサン(税別100円)」です。

アルビスの場合、昨日も紹介した低価格がウリの「ALBIS BAKERY」が入っている場合が多いのですが、地元の頑張っているお店がしっかり根付いているのはいいですね。ご馳走様でした。

食パンのtonton(トントン)
石川県能美市寺井町ロ90-1
 アルビス寺井店
TEL 0761-57-1059
10:00~21:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


粟津温泉の町の中にブルーの建物があって目立ちます。
メティサージュ (6)

言わずと知れた小松でも人気のパン屋さんの一つです。

フランス人オーナーのアンデルス・ゲイトウさんが始められたお店ですが、彼はいまご家族ともどもチリに行かれていて、同じ「メティサージュ」という名前でお店をやられているようです。

今回も翌朝食べるパンを中心に買い求めています。

私と妻は「グレザン・フロマージュ(税別370円)」と「コンプレ・レザン(税別280円)」をシェアして食べました。
メティサージュ (3)

ゴルゴンゾーラとイチヂクの「グレザン・フロマージュ」は前回も買い求めています。
メティサージュ (5)

こちらの「コンプレ・レザン」は、クリームチーズとレーズンが中に入って全粒粉生地で焼かれています。
メティサージュ (11)

両方を半分に切った写真がこちらです。

両方とも小麦の風味がいい感じで漂います。
メティサージュ

娘には「クロワッサン(税別150円)」。軽い食感のようですね。
メティサージュ (4)

こちらは雑穀たっぷりの「ライ麦パン(税別240円)」。
メティサージュ (11)

「ゴロッと2色の豆ぱん(税別170円)」にはうぐいす豆と金時豆が使われています。サイズは小さでした。

あと、ベイクドケーキも買い求めています。
メティサージュ1

シンプルなチーズとブルーベリー、ショコラ。1個190円から230円(税別)で甘さ控えめで美味しいです。

さすが人気のブーランジェリー!安定した味で愉しませてくれます。ご馳走様でした。

メティサージュ
石川県小松市粟津町ハ72-1
TEL 0761-65-2399
8:30~18:00
日祝休(不定)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

洋系レストランではパンが必要不可欠です。

レストラン自家製のパンを出すお店もありますが、多くのお店はパン屋さんから仕入れているのではないでしょうか?

料理が主役ですが、主食であるパンの良し悪しについてはやはり気になりますよね!?

さて今日は、先日紹介しました小松市吉竹町の「SHOKUDO YArn(ショクドウ ヤーン)」でディナーを食べた時に、お店で出されたパンがこちらの「こうぼパン うたたね」で特別に作られているパンを使用していることを知って、改めてお店に行ってみようと思いました。
うたたね (4)

木で作られたお店。
うたたね (6)

お店の前に出されている看板や、
うたたね (10)

袋にもうたたねするネコが描かれています。かわいいですね。

「こうぼパン うたたね」については、前回のことはこちらに書いています

お聞きすると「SHOKUDO YArn(ショクドウ ヤーン)」には週に何度かをお届けしているとか?

何せ、あのこだわりのレストランが依頼して作っているほどのパン。改めてその良さを感じてみたいということで食べてみました。

「こうぼパン うたたね」のパンは、国産小麦に自家製天然酵母で作った生地は3日間かけて作られています。

「SHOKUDO YArn」で出された時、確かに一口食べたら香ばしい小麦の香りが口の中で花開いたのです。当然ですが、やはりパンにもこだわりを持っているようです。

では買い求めたものを紹介していきます。

私と妻が食べたのは「ゴルゾー(240円)」。
うたたね

ゴルゴンゾーラ・クルミ・カシューナッツ・アカデミア・チーズなどの材料で作られていて、ゴルゴンゾーラの風味は当然感じられ、ハチミツも使われてるのでちょっと甘めのパンでした。

あと、「フリュイ(480円)」も買ってシェアして食べています。
うたたね (3)

こちらはフランスパンの生地で、持つとぶっしりとした重さ。いちぢく・オレンジ・グリーンレーズン・クルミ・アプリコットなどが入っていました。
うたたね (9)

ちょっとお高いですが美味しいです。

娘には「チーズクロワッサン(210円)」。
うたたね (2)

大山ベーコンとカマンベールチーズが使われていました。

小松の誇るレストランに採用されているパン。さすがに美味しいです。皆さんも是非どうぞ!ご馳走様でした。

こうぼパン うたたね
石川県小松市大領町な5-1
TEL 0761-23-1058
7:30~18:30
日曜・月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大きなショッピングセンターには、必ずと言っていいほどパン専門店が入っています。

大手の場合は自社系列のパン屋さん、中小の場合は地場のお店の場合が多いと思います。

小松市にあるアル・プラザ小松にはずっと「ロリアン」がお店を出していましたが、ご存じの通り単独のお店を作られて出ていかれました。

その後、イタリアントマトとか別なお店がテナントとして入ったりしていましたが、長続きしていません。

そんなアル・プラザ小松に待望の?パン屋さんがオープンしました。
パリクロアッサン (5)

「パリクロアッサン」というフジパン系列のお店です。「パリクロワッサン」ではありません。

「クロアッサン」という単語は無いので、「クロワッサン」にかけているのだと思いますがどうなのでしょう?


今回、ちょうどお店がオープンした日にアル・プラザ小松に行きました。

試しに買おうということで、私と妻の2人分のパンを買い求めることに。

こちらは、お店のイチ押しは食パンで「みず穂の和み」という生食パンです。
パリクロアッサン (6)

専用コーナーを作って売っていました。

しかし我が家ではあまり食パンを食べないのでパスして、買い求めたのはお店の名前から気になった「プレミアムクロワッサン(240円)」。
パリクロアッサン (7)

プレミアムなので少しお値段お高めです。こちらは妻が食べました。見た目もサクッと焼けている感じです。
パリクロアッサン

私は「ソーセージロール」。ケチャップがかかったソーセージパン。生地部分も甘かったので、まぁ、子供向きかもしれません。

さて、何度かお店が変わっている場所ですが、今度はどうでしょうか?ご馳走様でした。

パリクロアッサン 小松
石川県小松市園町23-1
 
アル・プラザ小松内
TEL 0761-22-8890
10:00~20:00
アル・プラザ小松の休日に準ずる

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ