あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:クラフトビール

恒例の未公開編、今回は9月度分です。

今月も少し早目のアップとなります。今後も9月度に行ったお店の紹介はまだ続きます。
Futa's (9)

まずは、金沢のクラフトビールのお店「futa's」です。6月にオープンして早3か月以上経過しました。

オープンしてしばらくあとに行った時のことはこちらに書いています
Futa's (8)

「futa's」もそうですが、最近、金沢はクラフトビール流行りです。

私は残念ながら行けませんでしたが、10月1~2日にはしいのき迎賓館でクラフトビアのイベントも開催されたり、一種のブームと言えるかもしれません。

もっとも、ブームというと一過性のもののような感じがしていやですね。今後も長く続くことを願うところではあります。

この日は、9月の3連休、イベントなどあって午後から金沢市内を徒歩で歩き回っていたこともあって、3時ごろ喉が渇いてきました。

早い時間からやっているお店ということでチョイスしたのが「futa's」なのです。

軽く2杯ほどビールを飲むことにしました。
Futa's (7)

今回は前回飲んだ種類を避けようと、まず最初に頼んだのは、京都醸造のスタウト「黒潮の如く(800円)」です。

昼間から黒ビールです。^^; 黒色麦芽のロースト感がいいですね~!
Futa's (2)

2杯目は、富山の城端麦酒の「曳山エール(800円)」。こちらも黒です。ブラックIPAです。苦みもしっかりあって昼間から飲むと危ない黒ビールです。
Futa's (5)

酒はおつまみがないと飲めないほうなので、オリーブをつまみながら飲みました。風太くんのお父さん作の九谷焼です。いい味出していますね。ご馳走様でした。

Craft Beer Dive Futa's
石川県金沢市里見町44-1
タウンハイツ里見町1F
TEL 076-222-0593
平日15:00~23:00
土・日・祝12:00~23:00
火曜休

2軒目の紹介は小松の人気のパティスリー「マルフジ」です。

小松の洋菓子店では一番の人気と言っていいお店で、私も時々利用しますが、いつも混雑していて順番を待たなければいけないことが多く、若干最近は引き気味になっていました。
マルフジ

この日は敬老の日ということで、母への感謝を兼ね、自分たちもおこぼれに授かろうと「白桃のショートケーキ(630円)」を4個買い求めました。

ショートケーキとしては、少しお高めですが、大きさもジャンボサイズです。

こちらは白桃が手に入った時だけ店頭に並ぶようです。

桃を丸々1個使っていて、桃の甘み以外は甘さ控えめのケーキでした。ご馳走様でした。

マルフジ
石川県小松市沖町ナ30
TEL 0761-22-7866
10:00~19:00
月曜、第2・4火曜(祝日は営業)

最後は、白山市にあるシャルキュトリーのお店「ガリビエ」です。

毎月1~2度は必ず買いに出かけるほど好きなお店で、自家製のソーセージやハムなどを買い求めます。

今回、ショーケースの中に普段あまり見かけない商品があったので買い求めました。
ガリビエ

それが、こちらの「燻製チーズ」です。

スモーク系のシャルキュトリーを作るときに一緒に燻製にしたのでしょうか?

美味しかったです。ご馳走様でした。

では、これから秋本番!食欲の秋を満喫いたしましょう!

ガリビエ(GALIBIER)
石川県能美市徳山町ヤ55-1
TEL 0761-58-2013
10:00~18:00
火曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

地ビールからクラフトビールへ。1990年代後半に訪れた第1次地ビールブーム。

残念ながら数年でブームはしぼんでしまいました。

しかしながらここ数年、第2次地ビール、いやクラフトビールブームというべき流れが出来ています。

最近ではヤッホーブルーイングやCOEDOビールなど、全国的にも名が知れ、経営的にも大きな規模で事業として成り立っている会社が出てきていますね。

さて、石川県においても、何社か地ビールを製造しているところがありますが、残念ながらまだまだ小規模な経営のところが多いと思います。規模的には能登町の日本海倶楽部が一番大きいでしょうか?

金沢にはこれまでビールを製造している会社はありませんでしたが、昨年、そんなクラフトビールの醸造所が出来ました。

金澤ブルワリーという名前で、女性経営者がクラフトビールを作っています。作っているクラフトビールはペールエールの一種類のみのようです。

まだ小規模なので、金沢市内でも飲めるところは少ないのですが、金沢発のクラフトビールで女性経営者が作っているという話題性もあってマスコミなどでも取り上げられています。
アブリ

今回、そんな金澤ブルワリーを飲める飲食店の一つ、「Ramen&Bar ABRI(ラーメンアンドバーアブリ)」に行ってきました。

店名も変わっているというか、ラーメンとバー??ってな感じですが、その店名の通りにお昼はラーメン店、夜はお酒を飲みながらラーメンの具材で酒を飲むこともできるというお店なのです。ちなみに夜はビールだけではなく日本酒や焼酎も楽しめますよ。
アブリ (3)

中に入ると、オープンキッチンスタイルで、カウンター席が5つと、テーブル席が6席ほどの小さなお店。こちらも女性経営者である鈴森さんがやっています。

彼女は元々、近江町市場で移動販売車で営業をされていたようですが、今年4月に晴れて店舗を持つことでクラフトビールの取り扱いを始めたということですね。

行った日はお盆の「ゆめ街道」が開かれていた日。夕食の時間まで時間があったので、軽くこちらで飲むことにしました。

夜はこれまたたっぷり食べる予定だったため、お店のウリの「のどぐろ煮干しラーメン」を食べることは今回はやめました。
アブリ (2)

クラフトビールは、これらの6種類がありましたが、我々はこれまで飲んだことがない銘柄を中心に頼むことにしました。
アブリ (7)

まず頼んだのは、もちろん、金澤ブリュワリーの「金澤麦酒」です。あと、こぶし花ビールのIPAも頼んだのですが、グラス3分の一ほどしかなかったため、これはサービスしてくれました。
アブリ (8)

金澤ブリュワリーの「金澤麦酒」はペールエールで、香りがよくフルーティな味でした。色合いもいい感じでした。
アブリ (11)

こちらは京都醸造の「なごり雪」でホワイトビール。これらはMサイズ(375ml)で880円でした。
アブリ (9)

鈴森さんからすすめられて、香りづけのために、追いホップを追加で入れました。生のホップです。ちょうど入荷したばかりでした。
アブリ (16)

手でつぶして香りをだし、崩してビールの中に入れると、よりビールのうまさが引き立つ感じがしました。
アブリ (15)

あと、最後のSサイズ(260ml)でもう一杯は、鳥取の大山ビールの八郷という酒米で作られたエールタイプのビールを頼んでみました。
アブリ (13)

おつまみには、ラーメンの具が3種類盛られたもの(550円)をお願いしてみましたが、内容は煮卵、もも肉チャーシュー、白髪ネギ+メンマの3種類。おつまみとしては少しお高いかもしれませんが、手間暇かかっている気がします。

ちなみに、今回頼まなかったラーメンは、今や高級魚として全国的にもすっかり認知された感がある「のどぐろ」を使った贅沢な「のどぐろ煮干しラーメン」と「新作醤油味」の2種類があります。

具材は、今回頼んだように別盛りで出されるようで、酒のアテで食べるもよし、ラーメンに乗せて食べてもよしだそうです。

昼はラーメン、夜はバーという意外な組み合わせのようですが、締めのラーメンも一緒に済ますことが出来るのでいいかもしれません。ご馳走様でした。

Ramen&Bar ABRI(ラーメンアンドバーアブリ)
バー・お酒(その他)、ラーメン
TEL 080-7896-2193
火~金
11:00~14:00(L.O.14:00)
17:30~23:00(L.O.23:00)
土11:00~23:00(L.O.23:00)
日11:00~17:00 
月曜休(祝祭日の場合は翌火曜日)

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング   

このページのトップヘ