あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:クラフトビール

金沢に地ビール・クラフトビールを飲ませてくれるお店が増えました。

北陸新幹線の金沢延伸にともない、金沢の地で作られるブルワリーも出来ました。

ビール好きの身としてはうれしい限りです。

さて、今日紹介します、6月20日に2周年を迎えた金沢里見町の地ビールのお店「Craft Beer Dive Futa's」。

里見町という、竪町と柿木畠の商店街の間に挟まれたところにあります。
Futa

今回その「Craft Beer Dive Futa's」の2周年のベントに行ってきました。

月日が経つのは早いもので、つい先日オープンしたと思ったら、あっという間に2年も経ったのですね!?
Futa (2)

15時からオープンだったのですが、お店には14:40に到着。店内を覗くとお一人女性の方がすでに飲んでいました。

聞くとフライングok!ということで、さっそく飲むことにしました。^^;
Futa (15)

この日はイベントなので立ち飲み形式です。
Futa (11)

3,000円のチケットを買ってオーダーします。3,000円で6品(杯)。飲み物食べ物が1杯(個)500円で楽しめました。

風太くんのお父さんは、陶芸家の山下一三さんです。個性的な九谷焼を作られている作家さんです。お店で使われるお皿類はお父さんの作ったものです。

さて、この日のビールのラインナップは以下の通りでした。

1.スワンレイクビール「ヴァイツェン」5%
2.志賀高原ビール「NEW ENGI-LAND IPA」6.5%
3.城端麦酒「Great Blue」4.5%
4.鬼伝説ビール「金鬼ペールエール(ビックシークレット・シトラVer)」6%
5.Modern Times「Blazing World」
6.Brew Dog「ELViS JUICE」
7.ハーヴェストムーン「シュバルツ」

一応、妻と二人で全種類飲んでみることにしました。
Futa (4)

蒸し暑い日だったので、最初にModern Times「Blazing World」を頼み、まずはのどの渇きを癒します。
Futa (5)

城端麦酒「Great Blue」がこちら。青色の変わったビールです。
Futa (10)

ハーヴェストムーン「シュバルツ」は黒ビールです。

後のビールも写真は写したのですが、ビジュアル的に似ているところもあるのでアップは割愛します。
Futa (6)

料理のほうは、こちらは「めぎすのさつま揚げ」。見た目、鶏の唐揚げのようですが、鶏の骨のように見えるのはゴボウです。
Futa (13)

「ゆで玉子と色々野菜のピクルス」。丸ごとのゆで玉子のピクルスとは珍しいですね。
Futa (7)

「サザエのエスカルゴ風」もニンニクが効いて美味しかったです。ピントが合っていませんね!^^;
Futa (17)

こちらは特製ダレに漬け込んだ「豚バラの焼き肉」。
Futa (12)

あと特製カレーの「ライスコロッケ」も熱々でビールのつまみに最高でした。

ビール7杯に料理5品。チケット3千円2枚。さすがに昼飲みは効きました。^^;

「Craft Beer Dive Futa's」。風太君も若いので、客層も若い方が多かったです。これからも益々期待のお店ですね。ご馳走様でした。

Craft Beer Dive Futa's
石川県金沢市里見町44-1
タウンハイツ里見町1F
TEL 076-222-0593
平日15:00~23:00
土・日・祝12:00~23:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢では鮨のジャンルは激戦地と化しています。

その中でも最近は、一仕事された鮨を食べさせてくれるお店が本当に多くなりました。

今日紹介します、昨年5月にオープンした「鮨 ワイン 小料理 一誠」もそんな一軒です。

場所は安江町。古民家を改装したお店で、最近このあたりも人気の飲食店が多くなってきました。
一誠

この場所は「KOGEIまつきち」というクラフトギャラリーだったところです。私も2度ほどお店を覗いたことがありますが、残念ながら閉店されたのですね。

中に入ると、L字型カウンターのみの9席です。ご主人とアルバイトの女性2人で切り盛りされていました。

ご主人は色々なジャンルのお店で修業されています。銀座の某有名鮨店。金沢ではフレンチ店などで働き独立されています。

お店の特徴はタイトルにも書いていますが、「鮨 ワイン 小料理」のアンサンブル。もちろん、日本酒も楽しめるのですが、握りの前に出される小料理がなかなか一工夫されていて、洋のテイストを取り入れた品々が多かったです。


コースのみで6,800円とリーズナブルです。さきほど写真を数えたら料理と鮨で20品以上出されていました。凄いですね。
一誠 (2)

このリーズナブルなお値段の秘密は、食材のコストをうまく抑えていること。そして料理はその日の分を事前に下ごしらえしてあって、出す前に最後の一仕事をして出してくれるなど工夫を凝らして多品種少量のメニュー構成を実現しています。

あと、これがキーポイントだと思うのですが、小料理を多く出して、アルコールなどのドリンクがすすむということでしょう?

我々が頼んだ最初のドリンクは「馨和 KAGUA」。
一誠 (24)

Far Yeast社のクラフトビールです。330mlで1,100円と他とは少し高め。しかしフルーティーな飲み口で柚子と山椒のアロマが効いています・

そして、まず出されたのは、右は「ハマグリと新ジャガの冷製スープ」。左は「バフンウニと玉子豆腐で出汁のジュレ掛け」。
一誠 (3)

ワインに合いそうな品から始まりましたね。
一誠 (4)

こちらは菜の花をカンパチで巻いて、上にイクラを乗せています。
一誠 (5)

お次はミズタコとオクラのポン酢掛けです。食感が面白いです。
一誠 (6)

鯛の子とシシトウ・昆布はレンゲに入れられ一口で食べます。

この後、いったん握りに移ります。握りは小ぶりで赤酢を使用して、何らかの仕事がされている江戸前風の握りです。私の好きなタイプですね。
一誠 (7)

ガリは細長いものを切って出してくれます。
一誠 (8)

タイの軽い昆布締め、アラ、シマアジの3貫出されました。
一誠 (9)

う~ん、写真一枚撮り忘れ。^^;

この辺で、ビールの後で飲んだものについて紹介します。
一誠 (25)

フランスの白ワイン「Philippe & Sylvain Ravier(フィリップ・エ・シルヴァン・ラヴィエ)」。

すっきりフルーティな味で、さわやかな後口の白。
一誠 (26)

こちらは同じくフランスで「Aprogant Frog Domaines Paul Mas(ドメーヌ・ポール・マス)」。ソーヴィニヨン・ブランです。

最後に日本酒で奈良県桜井市の三輪大神神社の参道にある今西酒造「みむろ杉 特別純米 辛口 露葉風 無濾過生原酒」。

こちらには私も大阪に住んでいた時に行ったことがあります。こちらに書いています
一誠 (27)

ワイングラスで飲みます。瑞々しい辛口ですっきりとした飲み口でした。美味しいです。

この後またおつまみ系に戻り、この後は握りとおつまみ系が行ったり来たりで出されます。
一誠 (10)

バイ貝とじゅんさい、金時草の酢の物。これからの季節のものの取り合わせですね。
一誠 (14)

マグロの赤身は軽くヅケで。
一誠 (12)

子持ちのシャコです。
一誠 (13)

大きかったので、少しつまみにしてくれました。
一誠 (15)

赤貝。
一誠 (16)

サヨリ。

車海老と甘エビ。茹でと生です。車海老は小ぶりで黄身そぼろがかけられていました。
一誠 (11)

甘えびにはタマゴと味噌がたっぷり乗せられていて美味。
一誠 (17)

金目鯛と白髪ネギ、わかめをダシで食べさせてくれます。
一誠 (18)

コハダ。
一誠 (19)

いくらとすりエビだったかな?
一誠 (28)

その後、こちらの味噌汁が出された後で、
一誠 (20)

ホタルイカの沖漬けが出されました。う~ん、まだ飲めと!(笑い)
一誠 (29)

ウナギの手巻き。香ばしく炙られて美味しいです。
一誠 (21)

締めの玉子が出されて終わりです。
一誠 (22)

最後にデザートとして炙ったモナカに加賀棒茶のアイスをサンドしたものが手渡されました。
一誠 (23)

このデザートは変わっていますね。

以上、飲んで食べて2人で22,000円強。

18時オープンで我々がお店に入った時には、すでに途中まで食べている方がいらっしゃいましたが、GW中

最近、一人15,000円以上かかる鮨店が多くなってきたことを考えると、リーズナブルだと思います。

食材のコストを押さえつつ、一仕事して美味しく食べさせてくれている感じがしました。再訪したくなるお店でした。ご馳走様でした。

鮨 ワイン 小料理 一誠
石川県金沢市安江町12-28
TEL 076-225-7680
18:00~23:00
日曜休
月曜祝日の場合日曜営業で月曜休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大濠公園については先日も書きましたが、今日は大濠公園で入ったカフェの話題です。

大濠公園の周回コースをほぼ一周して、少し休憩を取ることにしました。
大濠公園 (12)

最初、公園内のスタバも考えたのですが、すごい順番でやめて、園内のポートハウス大濠パークにあるこちらのお店に入ることに。
ロイヤルガーデンカフェ大濠公園

ロイヤル ガーデン カフェ」はあの「ロイヤルホスト」を運営している会社が東京をはじめ何店舗か展開しているところで、こちらの大濠公園店は九州初出店の店舗です。ちなみに「ロイヤルホスト」自体も福岡が発祥の地です。
ロイヤルガーデンカフェ大濠公園 (18)

この場所は我々が福岡に住んでいるときはフランス料理のレストラン花の木があったのですが、老朽化で建て替えられ、いまは2階で営業中です。

こちらのお店も少し順番待ちはあったのですが、3組ほどだったのと、テラス席も含めると席数も多いということもあって回転が速く10分ほど待って入ることが出来ました。

室内とテラス席、どちらもokだったので、せっかくの気持ちのいいお天気ということもありテラス席をチョイス。
ロイヤルガーデンカフェ大濠公園 (10)

写真を写すのにもってこいの一番奥の席で、さっそく写真をたくさん写しながらオーダーしたものが出てくるのを待ちます。

私たちが頼んだのは、暖かい日でのどが渇いていたのでクラフトビール!

4種類あった中から選んだのは、スプリングバレーブリュワリー東京の「496(ヨンキュウロク)」と「コープランド」。値段は両方とも税込で650円でした。
ロイヤルガーデンカフェ大濠公園 (14)

「496」は、スプリングバレーブルワリーのフラッグシップの無濾過ビール。のど越しがよく味のバランスの取れたクラフトビールでした。
ロイヤルガーデンカフェ大濠公園 (15)

「コープランド」のほうは、ビール名に社の創業者の名前を冠したピルスナー。こちらも無濾過ビールで麦のコクとアロマホップの上品な苦みが爽やかで飲みごたえがありました。

ビールのおつまみとして頼んだのは「2色のポテトフライ ローズマリー風味(税込550円)」。
ロイヤルガーデンカフェ大濠公園 (16)

ジャガイモとサツマイモの2種類のポテトフライです。ローズマリーがきいていて、両方とも大ぶりのホクホクするポテトフライ。色が少し濃いのがサツマイモです。

サツマイモは少し甘めの味付けでしたが、やはりジャガイモのほうが個人的には好きでした。ビールに合いました。

飲んで食べた後、しばらく池を眺めながらボーとしていました。
大濠公園 (19)

水中には亀、
大濠公園 (18)

水上には真鴨が気持ちよさそうに泳いででいました。

日曜日のいいお天気ということもあって、家族連れがたくさんスワンボートに乗って優雅に漕いでいます。

住んでいる小松にも、休みの日にこんな場所があったらいいなぁと思いました。ご馳走様でした。

ロイヤル ガーデン カフェ 大濠公園(Royal Garden Cafe)
福岡県福岡市中央区大濠公園1-3
 ポートハウス大濠パーク1F
TEL 092-406-4271
3~8月
月~金
11:00~21:30(L.O.)
土・日・祝
9:00~21:30(L.O.)
9~2月
月~金
11:00~20:30(L.O.)
土・日・祝
9:00~20:30(L.O.)
※ランチタイム 11:00~15:00
※土日祝モーニング 9:00~11:00(L.O.10:45)
年中無休(不定休の場合、公式サイトにて告知)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

恒例の未公開編、今回は9月度分です。

今月も少し早目のアップとなります。今後も9月度に行ったお店の紹介はまだ続きます。
Futa's (9)

まずは、金沢のクラフトビールのお店「futa's」です。6月にオープンして早3か月以上経過しました。

オープンしてしばらくあとに行った時のことはこちらに書いています
Futa's (8)

「futa's」もそうですが、最近、金沢はクラフトビール流行りです。

私は残念ながら行けませんでしたが、10月1~2日にはしいのき迎賓館でクラフトビアのイベントも開催されたり、一種のブームと言えるかもしれません。

もっとも、ブームというと一過性のもののような感じがしていやですね。今後も長く続くことを願うところではあります。

この日は、9月の3連休、イベントなどあって午後から金沢市内を徒歩で歩き回っていたこともあって、3時ごろ喉が渇いてきました。

早い時間からやっているお店ということでチョイスしたのが「futa's」なのです。

軽く2杯ほどビールを飲むことにしました。
Futa's (7)

今回は前回飲んだ種類を避けようと、まず最初に頼んだのは、京都醸造のスタウト「黒潮の如く(800円)」です。

昼間から黒ビールです。^^; 黒色麦芽のロースト感がいいですね~!
Futa's (2)

2杯目は、富山の城端麦酒の「曳山エール(800円)」。こちらも黒です。ブラックIPAです。苦みもしっかりあって昼間から飲むと危ない黒ビールです。
Futa's (5)

酒はおつまみがないと飲めないほうなので、オリーブをつまみながら飲みました。風太くんのお父さん作の九谷焼です。いい味出していますね。ご馳走様でした。

Craft Beer Dive Futa's
石川県金沢市里見町44-1
タウンハイツ里見町1F
TEL 076-222-0593
平日15:00~23:00
土・日・祝12:00~23:00
火曜休

2軒目の紹介は小松の人気のパティスリー「マルフジ」です。

小松の洋菓子店では一番の人気と言っていいお店で、私も時々利用しますが、いつも混雑していて順番を待たなければいけないことが多く、若干最近は引き気味になっていました。
マルフジ

この日は敬老の日ということで、母への感謝を兼ね、自分たちもおこぼれに授かろうと「白桃のショートケーキ(630円)」を4個買い求めました。

ショートケーキとしては、少しお高めですが、大きさもジャンボサイズです。

こちらは白桃が手に入った時だけ店頭に並ぶようです。

桃を丸々1個使っていて、桃の甘み以外は甘さ控えめのケーキでした。ご馳走様でした。

マルフジ
石川県小松市沖町ナ30
TEL 0761-22-7866
10:00~19:00
月曜、第2・4火曜(祝日は営業)

最後は、白山市にあるシャルキュトリーのお店「ガリビエ」です。

毎月1~2度は必ず買いに出かけるほど好きなお店で、自家製のソーセージやハムなどを買い求めます。

今回、ショーケースの中に普段あまり見かけない商品があったので買い求めました。
ガリビエ

それが、こちらの「燻製チーズ」です。

スモーク系のシャルキュトリーを作るときに一緒に燻製にしたのでしょうか?

美味しかったです。ご馳走様でした。

では、これから秋本番!食欲の秋を満喫いたしましょう!

ガリビエ(GALIBIER)
石川県能美市徳山町ヤ55-1
TEL 0761-58-2013
10:00~18:00
火曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

地ビールからクラフトビールへ。1990年代後半に訪れた第1次地ビールブーム。

残念ながら数年でブームはしぼんでしまいました。

しかしながらここ数年、第2次地ビール、いやクラフトビールブームというべき流れが出来ています。

最近ではヤッホーブルーイングやCOEDOビールなど、全国的にも名が知れ、経営的にも大きな規模で事業として成り立っている会社が出てきていますね。

さて、石川県においても、何社か地ビールを製造しているところがありますが、残念ながらまだまだ小規模な経営のところが多いと思います。規模的には能登町の日本海倶楽部が一番大きいでしょうか?

金沢にはこれまでビールを製造している会社はありませんでしたが、昨年、そんなクラフトビールの醸造所が出来ました。

金澤ブルワリーという名前で、女性経営者がクラフトビールを作っています。作っているクラフトビールはペールエールの一種類のみのようです。

まだ小規模なので、金沢市内でも飲めるところは少ないのですが、金沢発のクラフトビールで女性経営者が作っているという話題性もあってマスコミなどでも取り上げられています。
アブリ

今回、そんな金澤ブルワリーを飲める飲食店の一つ、「Ramen&Bar ABRI(ラーメンアンドバーアブリ)」に行ってきました。

店名も変わっているというか、ラーメンとバー??ってな感じですが、その店名の通りにお昼はラーメン店、夜はお酒を飲みながらラーメンの具材で酒を飲むこともできるというお店なのです。ちなみに夜はビールだけではなく日本酒や焼酎も楽しめますよ。
アブリ (3)

中に入ると、オープンキッチンスタイルで、カウンター席が5つと、テーブル席が6席ほどの小さなお店。こちらも女性経営者である鈴森さんがやっています。

彼女は元々、近江町市場で移動販売車で営業をされていたようですが、今年4月に晴れて店舗を持つことでクラフトビールの取り扱いを始めたということですね。

行った日はお盆の「ゆめ街道」が開かれていた日。夕食の時間まで時間があったので、軽くこちらで飲むことにしました。

夜はこれまたたっぷり食べる予定だったため、お店のウリの「のどぐろ煮干しラーメン」を食べることは今回はやめました。
アブリ (2)

クラフトビールは、これらの6種類がありましたが、我々はこれまで飲んだことがない銘柄を中心に頼むことにしました。
アブリ (7)

まず頼んだのは、もちろん、金澤ブリュワリーの「金澤麦酒」です。あと、こぶし花ビールのIPAも頼んだのですが、グラス3分の一ほどしかなかったため、これはサービスしてくれました。
アブリ (8)

金澤ブリュワリーの「金澤麦酒」はペールエールで、香りがよくフルーティな味でした。色合いもいい感じでした。
アブリ (11)

こちらは京都醸造の「なごり雪」でホワイトビール。これらはMサイズ(375ml)で880円でした。
アブリ (9)

鈴森さんからすすめられて、香りづけのために、追いホップを追加で入れました。生のホップです。ちょうど入荷したばかりでした。
アブリ (16)

手でつぶして香りをだし、崩してビールの中に入れると、よりビールのうまさが引き立つ感じがしました。
アブリ (15)

あと、最後のSサイズ(260ml)でもう一杯は、鳥取の大山ビールの八郷という酒米で作られたエールタイプのビールを頼んでみました。
アブリ (13)

おつまみには、ラーメンの具が3種類盛られたもの(550円)をお願いしてみましたが、内容は煮卵、もも肉チャーシュー、白髪ネギ+メンマの3種類。おつまみとしては少しお高いかもしれませんが、手間暇かかっている気がします。

ちなみに、今回頼まなかったラーメンは、今や高級魚として全国的にもすっかり認知された感がある「のどぐろ」を使った贅沢な「のどぐろ煮干しラーメン」と「新作醤油味」の2種類があります。

具材は、今回頼んだように別盛りで出されるようで、酒のアテで食べるもよし、ラーメンに乗せて食べてもよしだそうです。

昼はラーメン、夜はバーという意外な組み合わせのようですが、締めのラーメンも一緒に済ますことが出来るのでいいかもしれません。ご馳走様でした。

Ramen&Bar ABRI(ラーメンアンドバーアブリ)
バー・お酒(その他)、ラーメン
TEL 080-7896-2193
火~金
11:00~14:00(L.O.14:00)
17:30~23:00(L.O.23:00)
土11:00~23:00(L.O.23:00)
日11:00~17:00 
月曜休(祝祭日の場合は翌火曜日)

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング   

このページのトップヘ