あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:キッシュ

久しぶりにプライベートで福井県に行きました。

仕事では行っていたのですが、プライベートでは2年ぶりぐらいです。(^^;

いった頃は、ちょうど小松で新型コロナの陽性者が多くでたときで、お盆明けから8月末まで「緊急行動期間」ということでした。
ラ クラルテ (39)

そのため、ちょっと遠出してみることにして、チョイスしたのが、今日紹介する「薪火の見えるレストラン ラ クラルテ(La clarte)」なのです。「ゴ・エ・ミヨ2019」に掲載されています。ちなみに「ラ クラルテ(La clarte)」はフランス語で光、輝き、光明といった意味です。

女性がオーナーシェフで、元々は料理人ではなく、舞台照明をやっていたという少し変わった経験を持っていて、その後、故郷の丸岡町に戻って料理の勉強を始めて今に至っているのです。

山中温泉から国道364号線を進み福井県に入ると10分ほどで、竹田水車メロディーパークに到着します。
竹田水車メロディーパー (2)

直径8mと5mの北陸最大級の2連の水車が目印です。

近くには竹田の油揚げで有名な「谷口屋」があります。
ラ クラルテ (37)

「ラ クラルテ(La clarte)」は、竹田水車メロディーパークの奥にあって、建物は公共のものなのでしょうか?
ラ クラルテ (12)

ウエディングにも対応しているようで、奥にはピアノなどが置かれている部屋がありました。

そしてレストランとしては大きくて広く贅沢な空間。3密対策にもなります。
ラ クラルテ (13)

さて、「ラ クラルテ(La clarte)」では、予約が入ったときはディナー営業されるようですが、基本はランチ営業のみです。3周年を迎えたようですね。おめでとうございます。

県産の薪木を使用した薪オーブンでの料理を楽しむことができるということで人気です。
ラ クラルテ (15)

薪オーブンで使うのでしょうか?薪がインテリとしてもいい雰囲気を出しています。

素材にもこだわっているようで、石川県能登豚の自家製ソーセージ、秋田県八幡平ポークを使用した生ハム、竹田産コシヒカリ、北陸健康鶏などが使われていました。
ラ クラルテ (9)

メニューですが、基本構成は「PLATEAU(プラトー)」という1,600円(税抜)のセット。内容はケヤキプレートに乗せられて出される「自家製ソーセージマスタード&野菜のソテー添え」「自家製生ハム」「リーフサラダ」「まり椀に入った日替り前菜一品」となっています。これにパンとスープのセットやパスタ、肉料理を組み合わせグレードアップしていくというメニューになっていました。

私は「STEAK HACHE(ステーク アッシェ)」を頼んでいます。数量限定で2,300円(税抜)です。

若狭牛100%ハンバーグステーキがメインですが、そのほかのメニューとは少し構成が違っていました。
ラ クラルテ (14)

最初に出されたのは「ホーリーバジルティー」。抗酸化効果があるとのこと。
ラ クラルテ (17)

そして出されたのは、リーフサラダにキッシュ、グラスに入っているのは冬瓜とオクラのコンポート。これにはキヌアが入っていました。

ドレッシングは季節のフルーツを使ったビネグレットです。
ラ クラルテ (22)

そして野菜スープが出されました。使われているのは珍しい?カリフラワーとナットバターだったかな?私も妻も正確なことは失念してしまいましたが、とても美味しいスープでした。
ラ クラルテ (24)

そしてメインのハンバーグステーキ。焼き野菜が添えられています。
ラ クラルテ (28)

奥のほうに見えるのはパスタでした。
ラ クラルテ (27)

薪オーブンの高温で焼かれ、外は香ばしく、中はジューシーな仕上がり。若狭牛100%のうまみが出まくっていました。
ラ クラルテ (25)

ライスは竹田産コシヒカリを使用。
ラ クラルテ (33)

ドリンクが付いていて、コーヒー・紅茶・オレンジジュース・グレープフルーツジュースの中か選べます。私はアイスコーヒーを頼みました。ストローは紙製。
ラ クラルテ (34)

ご覧のマスク入れも出されたり、色々な領域に対しての気配りが感じられます。
ラ クラルテ (6)

実は店内に入ると、ウェイティングスペースには水が置かれていました。こちらの説明を読むと無料給水アプリ「mymizu」に登録しているようです。

ペットボトルの削減につながるということで、オーナーの方は持続可能な社会作りを目指す「サステナビリティ」に対しても理解があるようです。すばらしいですね。

妻は「VIANDE(ヴィアンド)」という2,500円(税抜)を頼んでいて、こちらは「PLATEAU(プラトー)」に「薪火焼きクロワッサン(フランス産)」「野菜スープ」「本日のお肉 薪火グリル」「ドリンク」が付いてくるセットでした。
ラ クラルテ (41)

こちらが「PLATEAU(プラトー)」です。盛りだくさんですね。リーフサラダの上に乗せられているのは、秋田県八幡平ポークを使用した自家製の生ハムです。濃厚な味です。
ラ クラルテ (21)

「野菜スープ」は私のはフルサイズでしたが、こちらにはカップサイズです。
ラ クラルテ (20)

私は自家製ソーセージを半分食べました。プリンとした食感で濃厚な味でしたね。
ラ クラルテ (23)

「薪火焼きクロワッサン」も炭火で香ばしく焼かれているのでさらにおいしいです。桜の木の皿に乗せられています。

メインの「本日のお肉 薪火グリル」は「北陸健康鶏のグリル」。
ラ クラルテ (44)

こちらも薪オーブンでじっくりグリルされていて、ジューシーな仕上がりだったようです。
ラ クラルテ (32)

ドリンクはホットコーヒーを頼んでいます。

福井の市街地からもそこそこ距離がある里山の小さな町で、自然に囲まれて美味しい料理を堪能できる素敵なお店でした。自信を持ってお勧めできます。ご馳走様でした。

ラ クラルテ(La clarte)
福井県坂井市丸岡町山口64-31
TEL 0776-43-0027
ランチ11:30~14:00(L.0)
カフェ14:30~16:00
ディナー予約制
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

2018年6月にオープンした獅子吼高原のキッシュ専門店「白山キッシュハウスQUIクゥーイ」。

前に紹介した時はテイクアウトして家で食べています。

今回、ドライブがてらランチをどこかで食べようと考え鶴来方面に向かいました。
クゥーイ (2)

そこで思い出したのが獅子吼高原の「パーク獅子吼」内にあるキッシュ専門店「白山キッシュハウスQUIクゥーイ」。
クゥーイ (9)

イートインコーナーでは、サラダやドリンクを組み合わせて店内でゆっくり楽しむことが出来ると前の記事でもそう書いているので、店内で食べようと思ったのです。
クゥーイ (10)

しかし、セットで食べることが出来るのは平日だけと知り、しばし呆然(ちょっと大げさ?^^;)。

仕方ないので、キッシュとドリンクやデザートを単品で頼んでイートインすることにしました。
クゥーイ (11)

立派なお店で、前は「ふるさと館」という展示施設だったところなので当然イートインコーナーのスペースも広いのですが、単純に単品のキッシュとドリンクの組合せだけでは、何となく物足りない感じがします。
クゥーイ (5)

色々なキッシュが並んでいます。1個400円からとなっていて、こちらから選ぶとイートインの場合は再度温めてから出してくれます。

キッシュ1個だと足りないかな?でも2個食べると多いだろう?と思いながら、私は「ラタトゥユとクリームチーズのキッシュ(税別420円)」1個を頼むことに。
クゥーイ (14)

ラタトゥユは家でも作って食べたりするのですが、パプリカ・ニンジン・ナス・ズッキーニのトマト煮込みです。クリームチーズが加わりより濃厚な味になっていますね。

こちらのキッシュは玉子・乳製品・小麦粉不使用。グルテンフリーのキッシュです。そして全体としてはヘルシーで甘さ控えめの味でした。
クゥーイ (15)

あとデザートとして北海道産ミルクジェラートを頼んでいます。こちらも少しの塩気がアクセントになったそれほど甘くないジャラートで私好みでした。

妻は「ほうれん草とお豆の豆乳ブロッコリークリーム(税別400円)」を食べています。
クゥーイ (13)

白山市井口のグリーンワークスというところのブロッコリーペーストを使用していました。ドリンクカフェラテを頼んでいます。

さて、冒頭書いたセットメニューの件ですが、お店の決めることなのですが、土日もセットメニューの提供してほしいと思いました。そのときは是非サラダ付で。そんなニーズが少ないのかな……?

キッシュ専門店という、加賀地方では珍しいお店なので末永く頑張っていただきたいですね。ご馳走様でした。

白山キッシュハウスQUIクゥーイ
石川県白山市八幡町26-1
 パーク獅子吼
 076-214-6939
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介するのは「ネイティブ&ネイチャーズ マーケットプレイスベーカリー」という少々長い名前のパン屋さんです。
マーケットプレイスベーカリー

金沢市玉鉾にある「コープたまぼこ」という生協系のスーパーマーケットの一角にお店を構えています。

私自身これまで知らなかったパン屋さんで、それは「コープたまぼこ」の中という立地が影響しているのかもしれません。
マーケットプレイスベーカリー (7)

有松の人気ベーカリー「アリスファームキッチン」の2号店だといった情報がありましたが、「アリスファームキッチン」について書かれているネット情報にはそのような内容が書かれていなかったので、本当かどうかはわかりませんでした。
アリスファームキッチン (3)

確かに前に「アリスファームキッチン」で買い求めた、こちらの写真のリュスティックの形、今回買い求めたピスタチオのリュスティックと似ています。

先日紹介した「魚がし食堂」から近かったので、食べた帰りに立ち寄り買い求めました。
マーケットプレイスベーカリー (2)

奥にはパンを作るコーナーが併設されていました。

私が食べたのはこちらの「「カレーオニオンチーズパン(税別190円)」。焼き上がったばかりのを買いました。
マーケットプレイスベーカリー (11)

生地は柔らかくてほんのりとカレーの風味がして、食べると玉ねぎのシャキッとした食感が残るパンでした。

妻は「野菜とベーコンのキッシュ(税別230円)」。
マーケットプレイスベーカリー (9)

その名の通り、野菜とベーコンがたっぷり入っているキッシュで、ワインのつまみにも良さそうです。
マーケットプレイスベーカリー (10)

娘には「焼きカレーパン(税別190円)」です。
マーケットプレイスベーカリー (8)

そしてこちらが、最初の方に「アリスファームキッチン(税別280円)」のリュスティックと似ていると紹介した「ピスタチオのリュスティック」。

リュスティックとはフランス語で「素朴」「野趣」という意味で、天然酵母とパン酵母を低温で発酵させることによってうま味を引き出しているようです。

生協関連スーパーマーケットにテナントとして入っているパン屋さんとしては異色かもしれませんが、なかなか美味しいパンでした。ご馳走様でした。

ネイティブ&ネイチャーズ マーケットプレイスベーカリー
 native&natures market place bakery
石川県金沢市玉鉾1-180
 コープたまぼこ内
TEL 076-292-2289
10:00~20:00
不定休(コープたまぼこに準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は久しぶりに人気のパン屋さん「こくう」を紹介します。
こくう (5)

こくう」という店名は、旧暦の二十四節気にある「穀雨(こくう)」から取っているようです。

二十四節気で思い出しましたが、同じパン屋さんで石川県内の人気店「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」も、七十二候の一つで二十四節気の「啓蟄」の末候にあたる3月15日~3月19日ごろのことを指している店名です。

「こくう」は私のブログで前に紹介したのは約4年前。いつの間にか時間が経過してしまっています。

こちらのお店のこだわりは自家製天然酵母や国産小麦を使用してこだわりのパンを作り続けていること。だから人気なのです。
こくう (4)

4年前からお店が少しリニューアルされていて、働いている人の数も増えていました。

では買い求めたものを紹介します。
こくう

今回、行った時間が13時過ぎで、ちょうどその時はパンの種類が少なく、それならばということでパン以外のものを買い求めてみました。

私は「ポテトとベーコンのキッシュ(税込300円)」を食べました。シンプルに美味しかったです。
こくう (8)

パンと思って食べるとちょっとお値段高めかもしれませんが、ワインのおつまみにも良さそうです。

娘は「蓮根とミートソースのキッシュ(税込300円)」を食べています。
こくう (9)

妻は、こちらのナッツ(クルミ主体?)が入ったハード系のパン(税込300円)。パンの名前が書かれていなかったので不明です。
こくう (7)

あと「オレンジパウンドケーキ(150円)」と「抹茶あずきパウンドケーキ(150円)」も一緒に買い求めました。

私はこれらは食べていないので感想などは書くことが出来ません。

久しぶりにお邪魔しましたが、キッシュからパウンドケーキまでラインナップとして揃え、色々な楽しみが増えた気がしますね。これから益々人気になるのかな?ご馳走様でした。

こくう
石川県金沢市額谷3-2
 和峰ビル1F
TEL 076-259-6522
9:00~無くなり次第閉店 
月・火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

9月29日にサンパーク辰口内に新しいお店がオープンしました。
ブラウンドロップ (2)

もっとも私はこれまでにサンパーク辰口に行ったことはありませんで、今回初めて店内に足を踏み入れることに。

店名は「ブラウンドロップ(Brown Drop)」。野々市にあるカフェ、ドライフラワーのリースなどの制作体験、ワークショップを行う「nuit」というところが姉妹店として出したお店です。

了解を頂き店内を写します。
ブラウンドロップ (5)

テイクアウト中心ですが、お店にはカウンター席のイートインコーナーがあって、コーヒーなどのドリンクと一緒に、サンドイッチやマフィン、キッシュなどを店内で食べることが出来ます。
ブラウンドロップ (6)

サンパーク辰口内の他のお店と違って、ちょっと違和感がある感じがしました。^^;

「nuit」がドライフラワーのリースなどの制作体験をやっているだけあって、リースがたくさん飾られていました。
ブラウンドロップ (4)

メニューはこんな感じです。

ベジランチ弁当というのもありますが平日限定ということで、私が行った土曜日は、サンドイッチとスイーツはカウンターに並んでいるものの中から選んで食べることになります。。

何種類かサンドイッチがカウンターに並んでいましたが、ハーフサイズであったり、鴨ロースが使われていたりして、結局私は「厚切りベーコン(430円)」を食べることに。
ブラウンドロップ (15)

中に挟まれているベーコンは確かに厚切りで、パンはどちらのを使っているのかはわかりませんが、モチッとした食感のカンパーニュでした。
ブラウンドロップ (17)

ブレンドコーヒーも一緒に頼んでいます。400円です。金沢の別院通りに4月28日移転オープンした「Sunny Bell Coffee」の焙煎コーヒーを使用していました。
ブラウンドロップ (16)

一杯一杯ドリップで淹れてくれます。バランスのとれた味のブレンドですね。
ブラウンドロップ (14)

あとテイクアウトとして、最後の一個となっていたこちらの「サーモンとクリームチーズのキッシュ(300円)」と、
ブラウンドロップ (13)

おやつとして「ブルーベリーとクリームチーズマフィン(250円)」と「アップルシナモンクランブルーマフィン(250円)」を買い求めました。

キッシュはクリームチーズの味がきいていました。

マフィン2種は私は食べていないのでわかりませんが、上品な甘さで美味しかったようです。

この手のイートインのお店って、意外に経営が難しいのではないかと勝手に思っていますが、頑張ってほしいと思います。ご馳走様でした。

ブラウンドロップ(Brown Drop)
石川県能美市辰口町505
 サンパーク辰口内
TEL 080-9809-7967
10:00~19:00
不定休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ