あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:カクテル

私がよく行く小松駅前のオーセンティックバー「エスメラルダ」。

そこで、今年5月までバーテンダーをしていた橘くんが、めでたく独立。自分のお店を始めて持ちました。その名も「BAR 橘」

元々独立するということで、「エスメラルダ」でバーテンダーの仕事を一から覚えて行ったわけですが、今年秋にはバーテンダー技能コンテストの全国大会に出場するまでに腕を上げてきました。

オープン後しばらく行くことが出来ませんでしたが、今回やっと行ってきたので紹介したいと思います。

オープンしたのが、6月5日で、行った日がちょうど1か月目でした。

場所は人気の居酒屋・小料理屋「壱」のお隣。元スナックだったお店を全面改装しています。
Bar橘 (3)

改装の設計はtoit-desginの戸井建一郎さん。「エスメラルダ」のほうも彼が手がけていますね。
Bar橘 (4)

外観はこんな感じです。オーセンティックバーにふさわしいファサードですね。
Bar橘 (22)

飾られているのは鉄とガラスのオブジェ。鉄は小松市在住の酢馬さん、ガラスは橋立に工房を持つ秋友さんの作品です。いい雰囲気を出しています。

店内は、まだ新装開店の匂い?が残る清楚な空間。たくさんの花が飾られています。
Bar橘 (8)

師匠のお店「エスメラルダ」の花は入口に置かれていました。
Bar橘 (5)

やはり設計が同じだと、似た雰囲気の空間に仕上がっていますね。

こちらもオーセンティックバーにふさわしい内装です。
Bar橘 (11)

オープンして1ヶ月。やっと落ち着いてきたと橘くんは話してくれましたが、いまは一人で切り盛りしているとのことでした。

アルバイトは常時募集しているとのこと。バーテンダーになりたいとか、カクテルに興味がある人、そうでない人も是非働いてみたい方がいらっしゃったら連絡してみてください。
Bar橘 (16)

さて、チャームは、いぶりがっことスモークチーズ、そしてフルーツ。

そしてまず私がお願いしたのが、目の前にあるフルーツを使ってのカクテルです。今回は桃がテーマ。
Bar橘 (12)

私はフレッシュな桃とオレンジを使って作った「ファジーネーブル」というカクテル。

「ファジーネーブル」は桃のリキュールで作るのですが、今回はフレッシュな桃そのものを使用して作っています。桃の爽やかな甘みがカクテルに活きていました。美味しくないわけがないですね。
Bar橘 (13)

妻は、「ベリーニ」です。シャンパン好きにはちょうどいい季節になりました。

私の2杯目は、これからの季節にもってこいのフローズン系のカクテル。特に指定はしませんでしたが、ミントのカクテルの代名詞のモヒートで作ってくれました。
Bar橘 (18)

ミントがより一層爽快感を出してくれています。

妻は、「ミョウガと大葉のカクテル」です。正式なカクテル名はないそうで、銅製のマグカップで出してくれました。
Bar橘 (20)

ミョウガと大葉を潰したあと熟成感のあるラムに自家製のハニーウォーターを加えて作っています。

ミョウガはショウガ科に属しているので、ショウガとの相性バッチリ!美味しいです。

福岡に住んでいた時に時々お邪魔した中洲のオーセンティックバー「Bar Higuchi」のモスコミュールを思い出しました。

最後の強い酒が得意な妻にサービスで出してくれたのが、こちらの「ポリ カモミッラ(POLI ELISIR CAMOMILLA)」。
Bar橘 (21)

カモミールの花を3ヶ月漬け込んだグラッパベースのリキュールです。

グラスを回しながら飲むと、カモミールの甘い香りがしていい感じでした。

小松の街中にオーセンティックバーが増えることは、小松のある意味文化度が高まっている証ではないかと思います。

これから師匠の「バー エスメラルダ」とも競い合ってファンを増やし繁盛することを祈っています。ご馳走様でした。

BAR 橘
小松市大和町133番地
TEL 0761-22-2005
18:00~3:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近、県外のバーにも行くようになりました。

カクテルが特に好きだということではないのですが、まぁ、雰囲気でしょうか…?

今回の札幌でもエスメラルダの中田くんの紹介で一軒行ってきました。

札幌のバーとして有名なのが「BARやまざき」。日本で初めてBARスタイルを確立させた山崎達郎氏のお店として全国でも名を知られています。

残念ながら山崎達郎氏は2016年11月に他界されてしまいましたが、彼が育てたバーテンダーが全国各地にいらっしゃいます。

金沢片町の「Bar Spoon」のオーナーバーテンダー細田さんもそのお一人です。

エスメラルダの中田くんは、その細田さんのもので修業しているので、いわば孫弟子のような関係かもしれません。

今日紹介します、札幌すすきののバー「ドゥ・エルミタアヂュ」のオーナーも「BARやまざき」を巣立ったお一人。

苗字は「中田」ということで、エスメラルダの中田くんと同じです。

彼女は札幌の女性バーテンダーの草分け的存在で、日本バーテンダー協会の全国大会で準優勝の経験もある有名なバーテンダーのお一人です。
ドゥ・エルミタアヂュ

お店の場所はすすきのの一番北のほうに位置している飲食店ビルの10階。10階にありますが窓がなく札幌の夜景を楽しむことは出来ません。
ドゥ・エルミタアヂュ (3)

お店は思ったより広く、長いカウンター席があって、カウンター内のお酒の種類も半端ない感じでした。
ドゥ・エルミタアヂュ (2)

この方がオーナーバーテンダーの中田さんです。ベテランですね。

ブランデーの品揃えが豊富なようですが、特に希望は無かったので、まずはロングカクテルをお願いしました。

オーセンティックバーなのでチャージは少し高めの1,800円。チャームにナッツとドライフルーツ類が付きます。
ドゥ・エルミタアヂュ (6)

まず1杯目。私は、「ソルクバーノ」というカクテルでした。
ドゥ・エルミタアヂュ (5)

バカルディのホワイト・ラムを使用したカクテルで、グレープフルーツ・ジュースとトニック・ウォーターで割ります。
ドゥ・エルミタアヂュ (4)

こちらは「カリフォルニアシャワー」で、「BARやまざき」に伝わるグレープフルーツ使用のカクテルです。

そして「ドゥ・エルミタアヂュ」のおすすめの「サイドカー」。この2杯は一緒に行った人が頼んでいました。
ドゥ・エルミタアヂュ (11)

「サイドカー」は、コニャックベースのカクテルです。アルコールと強めのカクテルです。

私はこちらの「夏小夏のサマーダイキリ」。
ドゥ・エルミタアヂュ (10)

土佐小夏を収穫後低温貯蔵してさらに熟成したものを夏小夏というようですが、ラムのしっかりした味わいと、爽やかなで優しい酸味が清涼感を醸し出してくれるカクテルで、飲みやすくて強いのですがぐいぐい飲んでしまいました。

以上、2杯ずつ飲んで9千円ちょっとかかりました。少し予算オーバーかな?

でも、さすが女性バーテンダーのお店で、ホスピタリティ溢れる対応で気分よく過ごすことが出来ました。ご馳走様でした。

バードゥ・エルミタアヂュ
北海道札幌市中央区南三条西4丁目
TEL 011-232-5465
 3・4ビル10F
18:00~25:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ホテル日航金沢29階にあるメインバー「夜間飛行」。
夜間飛行 (2)

小松に住んでいると、金沢のホテルに宿泊する機会があまりないので、私は初めてお店に入りました。

この日は東京からの友人夫妻と二次会で行きました。こちらにしたのは友人夫妻が宿泊したホテルだからです。
夜間飛行

さすがホテルのメインバーだけあって、エントランスから高級感があります。
夜間飛行 (3)

中もそうです。場所柄カウンター席よりソファー席の方が多いですね。

雨も降っていたこと、そして室内の灯りが写り込んでいて、写真ではわかりづらくなっていますが、夜景がきれいです。
夜間飛行 (6)

この建物より高いところが周辺にないので、金沢の街並みが一望できます。

この夜景を眺めながら、リッチで美味しいカクテルを飲んでゆったりとした気分に浸ることが出来ます。
夜間飛行 (5)

メニューです。少々お高いお値段です。まぁ、ショバ代ですね。
夜間飛行 (10)

私はクラフトジントニックを頼みました。こちらは2,000円です。
夜間飛行 (13)

いま人気のクラフトジンを使用したジントニックです。フェンティマンス(Fentimans)のトニックウオーターを使用していましたが、ジンはどこのだろう??

妻はホテル日航大阪が作ったオリジナルカクテルで、お店の名前にもなっている「夜間飛行」を頼んでいます。
夜間飛行 (11)

「夜間飛行」はブランデーベースカクテルで、プラスカシスが使われているので濃い褐色で少し強めのお酒です。
夜間飛行 (7)

友人夫妻は、旦那さんがウイスキーをロックで頼んでいました。銘柄は聞いていませんでした。^^;
夜間飛行 (9)

奥さまのほうは「ミモザ」。正式には「シャンパーニュ・ア・ロランジュ」といいます。

シャンパーニュとオレンジジュースのカクテルです。黄色い花をつけるミモザと色合いが似ていることから付けられた名前です。

だれがオーダーしたのかわかりませんが、おつまみが3種類出てきました。
夜間飛行 (15)

ナッツ類。
夜間飛行 (16)

おかき類。

ドライフルーツ系です。枝付きレーズン・いちじく・アプリコット?
夜間飛行 (14)

枝付きレーズンが美味しかったです。

この日は私以外は昼からアルコールを飲み、一軒目の志の助でも日本酒をそれなりに飲んでいたので、この日は1杯だけでおしまいに。

一人4,000円強かかったかな?ホテルのメインバーなので少々かかりましたね。

まぁ、雰囲気や景色もお代に入っていると思えばそんなものでしょうか?ご馳走様でした。

夜間飛行
石川県金沢市本町2-15-1
 ホテル日航金沢29F
TEL 076-234-1111
17:30~24:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

高松に出張があり、高松に住む友人とバーで待ち合わせをしました。

夜の9時過ぎに到着。ホテルにチェックインをしてからそのバーに徒歩で向かいます。

2月の下旬ともなると温かい日が多くなりますが、高松は日中の気温は上がったようですがさすがに夜は寒かったです。

あまり知らない土地ではバーには行かない私ですが、今回、高松に出張がある前の週にエスメラルダに行ったら、中田くんにこちらの「ダンク(Cocktail Bar Dank)」というバーを紹介してもらいました。

店名はドイツ語で「感謝」という「ダンケシェン」から来ています。

「ダンク」は、日本バーテンダー協会所属の女性バーテンダーのかたが経営されています。

女性バーテンダーのかたも昨今は珍しくはないとは思いますが、でもまだまだ少数派だと思います。

しかし彼女は全国大会にも何度も出場して、創作カクテル部門で3位に入ったこともある実力派バーテンダーなのです。

ちなみに今年10月に開催される日本バーテンダー協会主催のコンテストの全国大会は徳島です。

エスメラルダの橘くんも出場します。

お店は、古い雑居ビルの1階にありますが、少し奥まった場所で目立たないですね。
ダンク (2)

こちらの大きな木製のドアを開けて中に入ると、奥に細長いお店で、手前の方にカウンター席があって、手前側がカウンター席になっていました。
ダンク (15)

カウンター内の棚には蒸留酒系が多く並んでいました。
ダンク (7)

蒸留酒好きの友人は喜んでいました。カウンターの上に入りローズモルトが。
ダンク (13)

チャームが出されます。
ダンク (3)

まず頼んだのはジントニック。先にお店に行っていた友人がジントニックを飲んでいたので私の相乗り。ジンはタンカリーでお願いしました。
ダンク (4)

おつまみのメニューはこんな感じ。
ダンク (5)

この中から頼んだのはこちらのミックスピザです。
ダンク (11)

遅い時間だったのですが、新大阪で軽く食べただけだったので、お腹が空いたので頼みました。^^;

特にピザについては可もなく不可もなくです。

彼女は何度かNBA(日本バーテンダー協会)の大会で入賞しているのですが、その時に入賞したカクテルを飲んでみようと思い、何か作ってくれますか?とお聞きしたら、いまは作られていないお酒があるらしく、一つだけ出来ると言われたのが、2003年の全国大会で創作カクテル部門で3位を獲得したカクテル「ロイヤル・パープル」です。
ダンク (10)

こんなお酒で作られています。ベースはジンで、アナナスのパイナップルリキュールと巨峰のシロップを使用。
ダンク (8)

飲みやすかったですが、少し甘めのデザート系カクテルでした。
ダンク (12)

お口の中が甘くなったので最後の一杯は愛媛産のブラッディオレンジを使ったミモザです。シャンパンベースですが、ブラッディオレンジってのがいいですね!?

お店ではオーナーの女性バーテンダーともう一人女性のバーテンダーの方がいらっしゃいました。皆さんも是非一度行ってみてください。ご馳走様でした。

ダンク(Cocktail Bar Dank)
香川県高松市丸亀町9-7
 杉山ビル1F
TEL 087-851-1020
19:00~26:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

毎度おなじみの小松のオーセンテックバー「エスメラルダ」。
エスメラルダ

バーテンダーの橘くんが今年10月に徳島で開催される「全国バーテンダー技能競技大会」への出場が決まったということで、お祝いを兼ねて行ってきました。

オーナーバーテンダーの中田くんは何度となく全国大会へ行っていますが、今回、橘くんも全国大会への切符を始めて手にすることになったわけです。

全国大会に出場するには、石川県の予選を勝ち抜き、そして中日本でも3名の中に入る必要があります。その難関を勝ち抜いてキップを手に入れたのです。

この日、金沢で東京からの客人と一緒に飲んだり食べたりした後、JRで小松に戻りお店の直行。

土曜日ということもあって、お店は混雑していました。
エスメラルダ (3)

お店の冬の飾り付けです。

まずは、季節のフレッシュフルーツカクテルを頼むことに。メニューは冬バージョンです。3月に入ったので春メニューに変わっているかもしれません。
エスメラルダ (2)

その中から私は、こちらの「みかんのフルーツカクテル」です。グラスもいいやつで出してくれました。
エスメラルダ (5)

ウォッカベースということで、みかんのスクリュードライバーということですね。シンプルで飲みやすかったです。
エスメラルダ (4)

妻のほうはいつも通り?シャンパンのカクテルで、「苺とシャンパンのカクテル」。
エスメラルダ (9)

妻の2杯目はオレンジのリキュール「ペッレグリーノ アランチェッロ」です。イタリアではレモンチェッロが有名ですが、こちらはオレンジのチェッロで、シチリア産オレンジの皮のみを使用して、ピュアアルコールに数日間漬け込みで作られています。

私は橘くんの全国大会出場のカクテルをお願いしました。
エスメラルダ (16)

名前は「レクレ」。ベースはこれもウオッカで、ご覧の並べられているリキュール類を使います。
エスメラルダ (17)

レシピを教えてくれました。こんな感じです。
エスメラルダ (18)

ウォッカ以外はアールグレイリキュール、アップルリキュール、キンモクセイシロップ、フレッシュライムジュース。

ほんのり甘さを感じますが、すっきりと飲みやすいカクテルで美味しかったです。意外とアルコール度数高めです。飲み過ぎ注意かもしれません。

ちなみに飾られているデコレーションは本番までに変えるということでした。

お店でも飲めますので、是非皆さん一度飲みに行ってください。

その橘くんも6月に独立の予定とか?詳細はまだ不明ですが、わかったらお知らせします。全国大会頑張ってほしいものですね。ご馳走様でした。

バー・エスメラルダ(Bar Esmeralda)
石川県小松市土居原町339-1
TEL 0761-23-1283
月・水・木 18:00~26:00
金・土 18:00~27:00
日・祝 18:00~25:00
火曜・元旦休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ