あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:オムライス

小松市や加賀市で飲食店の新店が何軒かオープンしています。

これも北陸新幹線延伸効果でしょうか…?

今日紹介するのも3月22日オープンしたばかりのカフェ「BLUE(ブルー)」です。

場所は粟津駅からすぐのところ。

ここは、前は「ペティ・ルゥ」という西洋料理のお店だったところで、私のブログではこちらの方で紹介しています
BLUE ブルー

お店の外観を見ると、「ペティ・ルゥ」の時とほとんど変わらないです。
BLUE ブルー (4)

店内は壁は塗り(張り)直していますが、同じような感じでほぼ居抜きでした。でも、雰囲気的にはリニューアル感がありましたね。

私がお邪魔したのは3月末の日曜日。11時からの営業で私が到着したのが11:15。

新しいお店だったので混まないうちにということで早めにお邪魔しましたが、最初の客でした。

一人だったのでカウンター席に座りましたが、オープンしてまだ日が経っていないので、地元のお知り合いの方のグループなど、私が退店する頃には満席になっていました。
BLUE ブルー (5)

メニューです。ランチのオムライスセット。
BLUE ブルー (7)

それ以外にもアラカルトの食事メニューが色々あります。
BLUE ブルー (6)

ドリンク。

私は「シーズン野菜のせオムカレー(1,300円)」を頼むことに。
BLUE ブルー (9)

ランチメニューには、こちらのサラダと、
BLUE ブルー (10)

ドリンクが付いていました。ちなみにドンクは13種類からチョイスできて内5種類は追加100円必要。私は暖かい日だったのでアイスコーヒーを頼んでいます。
BLUE ブルー (11)

「シーズン野菜のせオムカレー」は、生だったり、焼かれたり、素揚げされたりした野菜がたっっぷり乗せられています。

自家製カレーには隠し味にエスプレッソを加えてありました。
BLUE ブルー (12)

とろとろ玉子焼きの中のご飯は白ご飯でした。全体的な味としては美味しかったです。

粟津駅前も昔に比べたらだいぶ寂しい感じになっていますが、新店が出来ることはいいことです。ご馳走様でした。

BLUE(ブルー)
石川県小松市符津町ウ86
TEL 090-3694-0356
11:00~21:00
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日から4月。本日金沢の桜が開花したようで、まさに春本番です。

一方、能登半島地震発災から3か月が経過しましたが、まだまだ復興までの道のりは遠いようです。

さて、とある3月の休日。寒の戻りでとても寒い日でした。

そんな休日のランチをどこで食べようか思案。
さとやまカフェ

久しぶりに能美市辰口にある「さとやまカフェ」へ行こうと妻と二人で向かいました。

「さとやまカフェ」へは5年以上前に伺って、こちらで紹介しています

色々なオムライスとパンケーキが揃っていることで地元の方を中心に人気です。

むかし書いたことがありますが、こちらは私の知人がやっていたお店で、今は長男の方が跡を継いでいます。
さとやまカフェ (8)

店内はカントリー風?のインテリア。薪ストーブがあって寒い日でも店内は暖か。
さとやまカフェ (9)

そして少し小高い場所にあるので、大きな窓からは辰口エリアの景色を眺めることが出来ます。ただ、この日は悪天候で景色的にはイマイチでした。

メニューが新しくなっていて、何となく増えているような気がしました。
さとやまカフェ (3)

オムライス。
さとやまカフェ (6)

パスタ。
さとやまカフェ (4)

パンケーキも人気です。
さとやまカフェ (7)

その他のスイーツです。

この中から私が頼んだのは「カレーオムライス(1,050円)」。

口の中がカレーモードだったからかな?
さとやまカフェ (12)

とろ~りとかけられた半熟玉子の上にたっぷりとカレーがかけられていました。

カレーはそれほどスパイシーと感じるものではありませんでしたが、コクがあって美味しかったです。
さとやまカフェ (13)

中はバターライスでした。

妻が頼んだこちらの「和風おろしオムライス(940円)」も同じです。
さとやまカフェ (11)

名前の通り、オムラオスの上に大根おろしが乗せられていて、別添えのタレをかけて食べます。

私も少し食べましたが、バターライスは和風の味にも合う感じで、さっぱりとした感じで楽しめました。

これからの季節、天気のいい日に眺望を頼みながら食べるのもいいと思います。ご馳走様でした。

さとやまカフェ
石川県能美市湯屋町へ116番地
 さとやま設計社内
TEL 0761-51-5330
11:00~19:00
水曜、第3木曜休
※水曜が祝日の場合は営業



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

「洋食」といえば、皆さんはどんな料理を思い出すでしょうか?

「ハンバーグ」「海老フライ」「ナポリタン」「ビーフシチュー」「カレーライス」「ピラフ」…、など色々ありますね。

その中でも「オムライス」を挙げる人は多いと思います。

私はご存じの通り、肉が苦手で「オムライス」の場合、中に鶏肉が使われていることが多いので、どちらかと言えば敬遠していました。

しかし、ここ1年ほど前から、肉についてもすき焼きとか肉の脂身を楽しむ料理や、大きな肉の塊そのものを食べるようなものは除いて、料理に占める割合がそれほど大きくない料理については食べるようにしています。

それは、年を取ると、逆に肉によるたんぱく質の摂取が重要だということを知ったからです。調べてみると、動物性と植物性が2対1、肉と魚が1対1がいいようで、バランスのよいタンパク質摂取を心掛けるようになりました。

さて、話は本題に入ります。

8月に入った土曜日のお昼。妻が仕事でいなかったので一人でランチを食べることに。

向かったのは、金沢市四十万の「レンガ館」です。
レンガ館

老舗の洋食屋で、お店自体も年季が入っているように見えました。
レンガ館 (6)

店内は喫茶店風。広いです。

11時半ごろに店内に入ると、ご年配のグループの方がすでにいらっしゃいました。

私は一人だったのでカウンター席に座ります。
レンガ館 (4)

メニューです。こちらはパスタとライス、ドリンク。
レンガ館 (5)

こちらはランチメニューとデザート。

私はこの中から、TV放送メニューと書かれていた「絶品とろ~りチーズオムレツライス(1,050円)」を頼むことにしました。
レンガ館 (7)

まずこちらのミニサラダが出されます。こちらにも鶏のささ身肉が入っていました。

そして出された「絶品とろ~りチーズオムレツライス」がこちら。
レンガ館 (8)

ケチャップライスの上に乗せられたオムレツ。その下にはにたっぷりのトマトソースとチキンライス。美味しそうです。
レンガ館 (9)

スプーンで切れ目を入れて割ってみました。タンポポオムライスのようになるかと思いましたが失敗でした。汗

しかし、トローッとしたふわとろ食感のオムレツ。チーズが入っていて美味しかったです。

「レンガ館」のような洋食屋さんが、だんだんと少なくなってきつつありますが、これからも美味しい料理を提供してください。ご馳走様でした。

レンガ館
石川県金沢市四十万町北イ50
TEL 076-298-7388
10:30~21:00(L.O.20:00)
平日14:30より17:00まで準備中
水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

神保町やその周辺エリアは学生の街ということもあってカレーのお店が多くあります。

あとラーメンや洋食店なども多いですね。

そんな学生の街ではランチタイムにボリュームのある食事を提供してくれるお店が人気です。

めちゃめちゃ暑かったこの日。ランチを食べる場所に事欠かない中で私がチョイスしたのは「洋飲食」という名前のお店。少し変わった名前です。
洋飲食

ここは、ニュー新橋ビルのオムライスの人気店「むさしや」で修業された方がオープンしたお店です。
洋飲食 (5)

小さな雑居ビルの2階にお店はあり、店内はカウンターオンリー8席の狭いお店でした。
洋飲食 (2)

表に出されていたメニュー黒板。
洋飲食 (4)

階段の壁にもメニュー写真が張られています。

定番のオムライス、ハンバーグ、カレーライス、スパゲッティ、丼がありますね。
洋飲食 (6)

カウンターの仕切りに貼られていたメニューを見るとメガ盛メニューもありました。

私はこの中から「オムドライカレー(900円)」を頼むことに。

辛さや量、トッピングなどを決めてオーダーします。料金はオーダー後に支払う形でした。

辛さは最初2番目でお願いしたら、普通の辛さでも辛いそうでアドバイスに従って変更しています。
洋飲食 (8)

短時間で出てきました。オムライスの横には、パスタとサラダが添えられてます。
洋飲食 (7)

味噌汁が付いてますが、わかめと揚げが少しだけ入ってました。フリーズドライの具ですね。

オムドライカレーは確かに普通でもそれなりに辛かったです。
洋飲食 (9)

バターの風味もあって、柔らかく炒められているので、するすると胃の中に消えます。

もしかしたら、「洋飲食」というお店の名前は、「飲んで食べる洋食」なのかな?とふと思うほどでした。

1点だけ気になったのは、オムドライカレーにはケチャップではなく、カレーをかけて欲しかったですね。ご馳走様でした。

洋飲食
東京都千代田区西神田2-8-12 2F
TEL 03-6272-4156
平日
11:00~15:00
17:00~21:30(L.O.)
日11:00~16:00
土曜、祝日休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

昨今、冷凍技術が発達してきています。

スーパーなどで売られている市販の冷凍食品もそうなのですが、昔と違ってたくさんの種類の冷凍食品を美味しく楽しむことが出来る時代になってきました。

私もテレワークしていて家で昼食を食べるときは、だいぶ冷凍食品のお世話になることが多いです。

さて、冷凍技術の進歩とともに冷凍設備がコストダウンされ、一般の飲食店でも導入しているお店が増えてきています。

それに伴い、実店舗を持つ飲食店でも、そんな冷凍食品を販売していることろが増え、より冷凍食品が身近になってきました。

今日紹介する能美市寺井「ビストロキッチン アンカー寺井店」もそんなうちの一軒。

場所は石川県道4号小松鶴来線の能美市消防本部の近くで、こちらは金沢市片町にある隠れ家的バー「@anchor.bistrobar」の姉妹店だそうです。

お店は当初は昨年の夏にオープン予定だったのですが、人員などの問題で結局今年のバレンタインデーにプレオープン。その後正式にオープンしています。
ビストロキッチン アンカー寺井店

看板が小さいので少しわかりづらかったですが、同じ建屋にバーと2軒並んでありました。

お店の前に、黒い冷凍食品の自販機が置かれています。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (3)

4人掛けのテーブル席が4つとカウンター席が4席。店内はそれほど広くありません。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (6)

現在こちらでは11時からのランチタイムと16時までのカフェタイム営業で、夜の営業はされていません。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (8)

メニューです。単品と、
ビストロキッチン アンカー寺井店 (9)

ドリンク。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (7)

私が今回お願いしたのは、こちらのランチコース(2,200円)です。

内容は「前菜盛り合わせ」「3種類から選べるオムライス」「デザート」「ドリンク」という構成。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (12)

前菜は「ベーコンとほうれん草のキッシュ」「牛もも肉の自家製ローストビーフ」「サーモンのカルパッチョ」「キャロットラペ」でした。

そしてメインのオムライスは「トマトソース」「ホワイトソース」「トマトクリーム」の3種類からチョイス出来て、私は「トマトソース」でお願いしています。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (14)

出されたオムライスがこちら。使われている皿はポルトガル発祥のテーブルウエアブランド「コスタ・ノバ」でした。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (15)

オムライスは、中のライスにひじきを入れて炒められていました。

トマトソースの程よい酸味と、玉子&ライスの相性が良かったです。

デザートは「自家製バスクチーズケーキ」。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (16)

しっとりとした食感でチーズの濃厚な味がよく出て美味しかったです。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (11)

ドリンクは「カシスグレープフルーツ」をお願いしています。

なおメニューにあるオムライスなどは、本格的レストランメニューとしてお店で冷凍販売されていて、家でレストランの味をそのまま楽しむことが出来ます。

外の自販機では24時間買い求めることが出来るのがうれしいですね。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (2)

私は今回試しに「真鯛と蛤のアクアパッツァ(2,000円)」を買い求めてみました。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (19)

レンチンより湯煎したほうが美味しいでしょう。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (22)

シャルドネの白ワインでしっかり煮込んであり、魚介の出汁が出ていて、ローズマリーがいい仕事していました。これをバゲットに乗せて食べました。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (23)

真鯛と蛤は味も食感も、普通のレストランで食べるようなクオリティだったと思います。
ビストロキッチン アンカー寺井店 (25)

冷凍で買える品は、私が食べたオムライスとアクアパッツァ以外にも色々あって、他にはアヒージョやコンフィ、ビーフシチューなども。なかなか充実していました。

ちなみに、こちらでは移動販売の運営もしていて。イベントなどに出かけて料理をふるまっているようです。

このようなレストランの味がいつでも楽しめるとは世の中便利になったものですね。ご馳走様でした。

ビストロキッチン アンカー寺井店
石川県能美市寺井町や15
TEL 0761-66-1299
11:00~16:00
日祝休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ