あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:エビフライ

神田神保町界隈にはカレーやフライ物を出す洋食系のお店が数多く存在しています。

学生の街といったことも大きいのでしょうね。

そんなお店の中には人気店・有名店が数多く存在していて、ランチ時などにはお店の前に順番待ちの列が出来ているところが多くあります。

一方私は、歳と共に洋食店に行く機会が少なくなってきました。

その理由の一つは揚物メニューが多いこと。そしてボリュームが多く食べきれない量が付いてくるお店があることです。

昨今、フードロス問題が叫ばれる中、食べきれずに残すのをなるべく避けたいので行くことをためらうようになってきました。

今回、久しぶりに、そんな神保町の洋食店に行ってきたので書きたいと思います。

そのお店は「キッチン マミー」。この界隈でも人気店の内の一軒です。

この日は、他の都市からの移動で、ちょうど12時ごろに神保町に到着。

お昼時だったので空いているところに入ろうと思って、あまり調べずに入りました。

お店に到着すると、ランチ時は順番待ちを覚悟のお店ですが、先客は2名で拍子抜け?
キッチン マミー

昔ながらの喫茶店のような外観で、中も簡素なインテリアです。
キッチン マミー (4)

カウンターの中ではご年配の女性の方が調理されていました。

カウンターの上にメニュー黒板が掲げられています。
キッチン マミー (2)

A~D、そしてなぜかMセット、おすすめセットやミックスセットもあって。ネーミングに統一感がありませんでした。

意外と肉系メニューが多くある洋食店。その中から選ぶとなると選択肢が限られます

私は肉が苦手なのですが、ただしハンバーグ・ミンチカツはokという少し変なところがあるので、そのミンチカツと海老フライがセットになったAセット(税込1,100円)をお願いしました。

オーダーが入ってからフライを上げ始めるので少し時間がかかりますが、そのほうが美味しいフライを食べることが出来るのでウエルカムです。

出されたのがこちら。
キッチン マミー (7)

出されたとたんにびっくりしました。
キッチン マミー (8)

セットにはご飯とみそ汁が付いてきます。

フライのボリューム、そして同じく山積みにされたキャベツの千切り。

一目見て、これは食べきるのは無理だな…?と思いました。

そこでキャベツをまず食べ吸収を抑えることに。その後でフライを食べつつ、食べられそうだったらご飯に手を付けるという方法を取ることにしました。

フライ自体は揚げたてなのでサクッと美味しいのですが、案の定、途中でご飯までは食べられないとわかり、料理を全部食べてご飯は残すことにしました。

わかっていながら洋食店に入ってしまう、また反省です。^^;

一緒に行った人は、Dランチを頼んでいました。Dランチはエビフライと豚ヒレカツのセットです。
キッチン マミー (6)

完食していたので素晴らしい!

今回、移動の途中であまりよく調べずに入ったので、デカモリで有名なところだとわからなかったこともあって、ご飯を大量に残すことになりごめんなさい。そしてご馳走様でした。

キッチン マミー
東京都千代田区神田神保町2-28
 加瀬ビル1F
TEL 03-3262-6659
11:30~14:30
日曜・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

神戸は港町ということで、昔から洋食文化が根付いた街と言えるかもしれません。

横浜と同じように老舗の洋食屋も多く存在していて、昔ながらの味を楽しめます。

今日紹介します「塚本 マルヤ」は、2年2カ月前に一度紹介したことがあります。

新開地とJR兵庫駅の間くらいに位置していて、地元の人を中心に根強い人気を誇っているお店なのです。
マルヤ (3)

今回は我々メンバーの4名でお昼少し前にお邪魔しました。

一番奥には大きな水槽が置かれていて、これまた大きな熱帯魚が飼われていました。
マルヤ (4)

割烹などのお店では、生けすとして熱帯魚ではなく食べられる魚が泳いでいるものですが……?^^;

メニューはこんな感じです。
マルヤ

一番お得で人気はAランチです。海老フライ、目玉焼き、ハム、付け合せのマカロニ、キャベツサラダとスパゲッティに、ハンバーグが付いて、何と!650円です。

その他のメニューは、何故かBランチがなくて、Cからになっています。^^;

基本、上記の品々、トンカツ、ビフカツの組合せでメニューが構成されています。

出されたのがこちら。
マルヤ (6)

写真ではわかりにくいかもしれませんが、毎度、びっくりするようなボリュームです。

味のほうも、洋食のお店のソースが決め手で、ケチャップソースのスパゲッティとキャベツの千切りも洋食ランチそのものですね。
マルヤ (8)

ライスは大盛りで、今回も私は残してしまいました。

この内容で650円とは恐るべきコスパです。
マルヤ (5)

こちらのほうは、一緒に行った人が頼んだ、名前もただの「ランチ」です。^^;

ビジュアル的には変わらない感じですが、Aランチのハンバーグの代わりにトンカツが入っています。

来店するお客さんは男性客がほとんどでしたが、このボリュームだとわかりますね。ご馳走様でした。

塚本 マルヤ
兵庫県神戸市兵庫区塚本通3丁目1-7
TEL 078-575-3890
11:00-14:30
17:00-21:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近は、洋食のお店にもそれほど行かなくなった気がする。

もっとも、ここでいう洋食とは「日本の洋食」のことであるが、どちらかというと「がっつり」食べるイメージで、足が遠のいているのかもしれない。

それでも基本的には洋食メニューは好きなジャンルなので、時々、無性に食べたくなるのだが……。^^;

洋食屋さんの定番料理としては、カレー・ハヤシ・オムライス、コロッケ・カツ・海老などのフライ、ハンバーグ、スパゲッティなど色々あるが、日本人にとってはおふくろの味といった感じかもしれない。

さて、名古屋出張の折にランチを食べに入った洋食屋さんについて書きたいと思う。

名古屋といえば、むかし一世を風靡した「海老フライ」いや!「海老フリャ~?」。味噌カツ、そしてスパゲッティでは、あんかけスパや鉄板ナポリタンなど洋食系のものも多い。
おおくま

今日紹介する「昔ながらの洋食家 おおくま」は、熟年ご夫婦2人で切り盛りしている老舗洋食屋さんとして、昔ながらの洋食を楽しめるため、地元の人を中心に根強い人気を誇っているお店なのである。

移動の途中で立ち寄ったため、開店時間の11時ちょうどに到着。少しランチには早かったが、ここで済ませて次の目的地へ向かうこととした。
おおくま (4)

中に入り、カウンター席も全部空いていたが、3人だったためテーブル席に案内された。

メニューを見渡すと、日替わりのランチが豚肉だったために、私は海老フライとハンバーグが付いたAセットを注文することにした。
おおくま (6)

こちらがそうである。
おおくま (7)

海老フライは揚げ立てでサクサクの衣がいい感じ。

ハンバーグは柔らかめで肉汁もいい感じで出ていた。

サラダも付いていて、行った時間も早かったので、ご飯は炊きたての熱々。値段的にも納得のセットではかったと思う。
おおくま (5)

こちらは一緒に行った人が頼んだカレー。少し甘めの日本のカレーだったようである。

最近は行かなくなったけど、時々は洋食屋さんにも足を運んでランチを食べたいと思ったひと時でした。ご馳走様でした。

昔ながらの洋食家 おおくま
TEL 052-503-0212
愛知県名古屋市西区南川町301
11:00~14:00、17:00~21:00
土曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング      

このページのトップヘ