あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:エスプレッソ

石川県は「弁当忘れても傘忘れるな」の土地柄です。

雨が多いので、移動手段としてはバイクや自転車より車のほうが利用されていると思います。

バイクや自転車も確かに増えていると思いますが、晴れた日のツーリングは、爽快な気分を味わえるでしょうね。

しかし、残念ながら私はバイクには乗りません。

今日紹介する金沢市新保本にある「ピット21 カフェ(PIT21 CAFE)」は、そんなライダーやモータースポーツ好きの人をターゲットにしたカフェです。

家に戻って調べたら住宅建設などで知られている家づくりの「ヤマダタッケン」が経営していることがわかりました。
PIT21

家づくりの会社がカフェ!ちょっと意外でした。当然、こちらのお店を建てたのは「ヤマダタッケン」なのでしょう?色々こだわっている内外装だと感じました。
PIT21 (4)

内装は木材を多用して、ウッディーな暖かみのある空間に仕上がっています。
PIT21 (14)

置かれているアイテムも素敵で、これはペレットストーブ。

また、細かなディスプレイなどにもモータースポーツ好きの人の気持ちをくすぐるようなアイテムが置かれていますね。

最初にカウンターでオーダーし、お金を支払います。
PIT21 (2)

ドリンクメニューです。
PIT21 (6)

パニーニやサンドイッチ、ケーキ。
PIT21 (3)

マフィンなどの焼き菓子も色々売られていました。

お水はセルフでしたが、オーダーしたものは、出来上がったら席まで持ってきてくれます。

我々は奥のほうの席に座ります。

頼んだドリンクは私は「エスプレッソ(シングル税込350円)」です。
PIT21 (10)

こちらではニュージーランドのコーヒー豆の焙煎会社「オールプレス・エスプレッソ」の豆を使ったコーヒーが味わえます。

エスプレッソ頼むのは久しぶりです。一口で飲み終わりました。(笑い)
PIT21 (11)

妻は「ロングブラック(税込430円)」。濃いのでお湯が添えられていました。好みに応じて薄めて飲むためです。確かに濃かったそうですが、私が頼んだエスプレッソよりも濃いのかな?
PIT21 (13)

あと「ホワイトチョコレート ビスコッティ(税込300円)」を食べています。

軽い口当たりのビスコッティでした。

「ピット21 カフェ(PIT21 CAFE)」は、ライダーだけにとどまらずに、色々な世代、特に女性受けするような空間とメニューだったと思います。ご馳走様でした。

ピット21 カフェ(PIT21 CAFE)
石川県金沢市新保本4-53
TEL 076-287-5721
8:00~18:30
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

最近、あまりビストロに行かなくなったなぁ~?と思います。

コロナ禍で、夜にワイガヤを避けていることもあるかもしれません。

今回、ランチで、そんなビストロに久しぶりに行ってきました。。

今日紹介します「ル・ベルジェ(Le berger)」は、野々市市と金沢市の境にあるビストロ。
ル・ベルジェ

メイン道路から少し入ったところにある隠れ家的なお店ですが、前から人気のお店です。

コロナ禍で予約のみの営業となっていました。

小さなお店で店内はそれほど広くなく、コロナ禍で少し席を少なくしていることもあって、10名ほどの定員となっていて、我々が3日ほど前に予約すると、最後の2席だったからか、カウンター席しか空いていませんでした。

ご夫婦お二人で切り盛りされていました。

我々が11:35ごろにお邪魔すると、すでに2名のお客様がいらっしゃいましたが、その後、我々が食べている間に次々お客さんが来られて満席に。予約なしで来られたお客さんは残念ながらお断りされていました。

お店のウリは「季節の食材のよさを最大限に引き出す、シンプルな調理を心がけております。」ということで、さらに、とてもコスパ的にもおすすめのランチ。コース料理は前日までの予約が必要なので、週末は早めに予約したほうがよさそうです。

我々が頼んだ「本日のランチコース」は税別2,600円とリーズナブルな設定で、「一口オードブル」「冷前菜」「スープ」「温前菜」「メイン」「デザート」「ドリンク」といった構成です。

この値段で、これだけ揃っているのはなかなかないですね。
ル・ベルジェ (2)

メインとドリンクは、こちらのメニューから選ぶことができますが、追加料金が必要なものもありました。

では出されたものを順番に紹介していきます。
ル・ベルジェ (5)

最初に出された「一口オードブル」は、いちじく生ハム。この時点でいちじくも季節は終わりです。
ル・ベルジェ (6)

「冷前菜」は、タスマニアサーモンと水だこのサラダ仕立て。
ル・ベルジェ (7)

スープはひょうたん型が特徴の「バターナッツかぼちゃ」のスープ。我が家でもかぼちゃのスープを作るときは、この「バターナッツかぼちゃ」を使うことが多いです。

スープに適したかぼちゃですね!?

「温前菜」は、アナゴ、クリ、舞茸の小さなリゾット。きれいに成形されてとても美味しそうだったので、写真を撮る前に食べてしまいました。残念!(^^;

実際に食べてみても美味しかったです。

そしてメイン。私は魚が一種類しかなかったので「スズキと海老の軽い煮込み」となります。
ル・ベルジェ (11)

色々な野菜も入っていて、ネーミングの通りあっさり系のソースで軽く煮込まれています。
ル・ベルジェ (10)

妻は「若鶏のロースト」を頼んでいました。
ル・ベルジェ (8)

パンは2種類出されました。ビストロですがオリーブオイル。
ル・ベルジェ (9)

どちらも美味しいかったです。
ル・ベルジェ (12)

デザートは「ガトーショコラテリーヌとバニラアイス、フルーツ」。ガトーショコラテリーヌは濃厚な味ですが、口の中でとろける感じでそれほど後に引く甘さではなかったです。
ル・ベルジェ (14)

ドリンクは私はエスプレッソ、妻はカフェオレ(+50円)を頼んでいます。

この「本日のランチコース」は、はっきり言って満足度高いです。お二人で切り盛りされていましたがサーブもスムーズでよかったです。おすすめのお店ですね。ご馳走様でした。

ル・ベルジェ(Le berger)
石川県野々市市押越2-18 ホワイトハウス1F
TEL 076-248-2567
(ランチ)11:30~13:30(L.O.)
(ディナー)18:00~21:30(L.O.)
火曜日、1ヶ月に一回不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

いまや日本におけるイタリア料理の重鎮とも言える落合務氏。

日本でイタリア料理を広めた功労者のお一人で先駆者とも言われている方です。

また東京の彼の経営する「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」は一時、日本で一番予約が取れないレストランとも言われていました。

いまではレストランメニューでよく見るいわゆるプリフィックスコースについても落合シェフの「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」がベットラスタイルとして確立させたと言っても過言ではないのかもしれません。

そんな落合シェフが「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ カナザワ」の監修を行い、ナゴヤ店の副料理長だった吉田さんを料理長として送り込んでいるのです。

経営は意外?にも金沢まいもん寿司。運営は産学連携の一環として、東急モールズデベロップメントと学校法人国際ビジネス学院が協働で行っているようです。

一般的によく「監修」という立場で、有名シェフの名前を冠で付けているケースがあります。

ただし料理のレシピとか名前の使用権などのみが対象のところが多いと思うのですが、金沢の場合は、毎月落合シェフが訪問して時には腕を振るっているようです。

私が行った日がそんな日で、たまたま友人夫妻が東京から来るときだったので、こちらのお店を選択してみました。

オチアイ (24)

お店は金沢香林坊の東急スクエアの1階にあります。東急スクエアの店内からも入ることが出来ますが、せせらぎ通りの方が正面かな?

お店は2018年8月にオープンしています。
オチアイ (2)

店内は広いです。
オチアイ (3)

厨房には落合シェフがいらっしゃいました。
オチアイ (9)

ランチは、平日は11:30~,12:00~,12:30~,13:30~の4回。土日祝日は11:30~,13:30~の2回の同時スタートなっています。

我々は11:30からのスタート。行った日は落合シェフも手伝っておられました。前日に金沢で料理教室開催されていたようです。
オチアイ (5)

こちらがメニューです。

ランチコースは、前菜・パスタ・メイン料理・ドリンクで税別3,500円。石川県ではそれなりの値段ですね。
オチアイ (6)

冒頭書きましたが、こちらのリストから選んで、自由に組み合わせるプリフィックススタイル。

アンティパストの前菜の一番人気は、メインメニューに記載されている「ベットラ風 前菜8種類盛り合わせ」でしょう?ほとんどの人はこちらを頼むと思います。

私は肉が苦手なので「肉が入っていますか?生ハムやサラミは大丈夫ですが」とお聞きしたら、「肉が入っています」と言われたので、こちらの「吉田牧場のモッツァレラチーズとトマトのサラダ」にしました。
オチアイ (13)

しかし後で他の3人が頼んだ「ベットラ風 前菜8種類盛り合わせ」を見たら、生ハムとサラミ以外は肉らしいものは見かけませんでした。^^;
オチアイ (14)

それにすればよかった……。

このアンティパストに合わせて頼んだのがイタリアのスパークリングワインで「トッレゼッラ プロセッコ」をボトルで頼みます。
オチアイ (11)

少し辛口ですが、青リンゴの果実味が特徴の飲みやすいスパークリングでした。

プリモ・ピアットのパスタは9種類の中からのチョイス。

ここは落合シェフのスペシャリテ「新鮮なうにのスパゲッティ」を頼まないわけにはいきません。
オチアイ (17)

濃厚なクリームソース仕立てのパスタは、昔はイタリアでもお目にかかれなかったのですが、落合シェフが考えて作り、いま日本では他のお店でもよく見かける定番の品になっています。

さすがに美味しいです。
オチアイ (15)

パンはフォカッチャが出されるのですが、ソースはパンにつけて残らずきれいに食べました!
オチアイ (16)

それと、こちらも美味しいということを聞いていた「からすみのスパゲッティ」です。

両方とも磯の風味と塩気が効いていてワインがすすみました。

ちなみに、この2種類のパスタは我々4名で2皿ずつ頼んで、お願いしてシェアして盛っていただきました。ありがとうございます。

セコンド・ピアットのメインは私と女性2人が「本日のお魚のソテー ズワイガニと九条ネギとカブのソース」。
オチアイ (18)

魚は真鯛です。

ソースはジュレ状のがたっぷり敷かれていました。ほんのりとカニの風味がする上品なソースでこれも美味しかったですね。

残りの1人は肉料理で「能登牛のポルペッティ 半熟卵添え トリュフソース」を頼んでいました。
オチアイ (19)

ポルペッティとは、イタリアの郷土料理をひとつでイタリア風の肉団子のことです。見た目はハンバーグのような感じでした。
オチアイ (23)

ドリンクは私はエスプレッソを頼んでいます。

ランチのドルチェは別料金になっていました。500円でしたが、夜お寿司を食べる予定だったのでパス。

そして食べ終わったころに、落合シェフがテーブルまで挨拶に来てくれました!

一緒に写真まで写してくれるということで、もちろん我々もミーハーに写してもらいましたよ!サービス精神旺盛です。

落合シェフとのお話が出来て、この日にお邪魔したのは正解でした。

石川県は海の幸、山の幸をも豊富。素材の風味を大切にするイタリアンのお店が、もっと増えるといいと思います。ご馳走様でした。

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ カナザワ
(LA BETTOLA da Ochiai Kanazawa)
石川県金沢市金沢市香林坊2-1-1香林坊2-1-1
 東急スクエア1F
TEL 076-222-0141
ランチ11:30~14:30(L.O.)
11:30 *12:00~ *12:30~ 13:30~
*印は平日のみ
ディナー(平日)
18:30~21:30(L.O.)
18:30~ 19:30~ 20:00~
ディナータ(土・日・祝)
18:30~21:30(L.O.)
18:00~ *20:30~(土曜日)
月曜休(祝日の場合は翌火曜休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

この度の台風19号において被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。 

金沢外環状道路(海側幹線)が出来てから、小松から金沢の西側方面に行くのにとても便利になりました。

海側環状に入ってからそれほど混雑する区間がなく快適に走ることが出来ます。

さて、小松からだと海側環状から金沢海みらい図書館の交差点を越えて次の信号を左に少し入った場所にある「アリーカフェ」。自家焙煎珈琲豆専門店です。


私は初めてお邪魔しましたが、コーヒー好きの間では有名なお店のようです。

調べてみるとオーナーのかたはブログをやられていて、そちらを見るとJ.C.Q.A認定コーヒーインストラクター1級の資格をお持ちのようです。

北國新聞文化センター講師の講師もされているほど、コーヒーのプロフェッショナルなかたです。

9月の3連休、いいお天気の日に一人でお邪魔しました。
アリーカフェ

外観はなかなか雰囲気のあるお店です。
アリーカフェ (7)

店内に入ると、真正面にコーヒー豆の販売用のカウンター。
アリーカフェ (6)

左側には大きな焙煎機があって、右側が小さなスペースですが店内でコーヒーが飲めるスペースになっていました。

お店の理念としては以下の3つが掲げられています。

・安全、高品質を提案しよう!
・香り高いコーヒーでくつろぎのひと時を提供しよう!
・美味しい飲み方、淹れ方を伝えよう!

素晴らしいでですね!?なので美味しいコーヒーが飲めるわけですね。
アリーカフェ (2)

こちらがメニューです。

私はこの中から「本日のブレンド(450円)」を頼むことに。
アリーカフェ (8)

出されたのがこちらですが、コーヒーカップで出されると思っていたら、ガラスのグラスでした。お代わり用の一杯も付いていました。

この日のブレンドは「環(めぐる)ブレンド」。エチオピア・タンザニア・ニカラグアの3種類の秋限定ブレンドで中煎りでした。香りがよく、とても優しい口当たりのコーヒー。キャラメルのような風味がして美味しかったですよ。

あとついでに「アフォガード」が気になったのでそちらも頼みました。
アリーカフェ (10)

アイスリームにエスプレッソをかけて楽しむスイーツです。
アリーカフェ (11)

甘いバニラアイスにビターで濃厚なエスプレッソをかけて食べる大人のスイーツ。こちらも美味でした。

私がお店にいる間に、バイクのツーリング中の2名組や、家族で豆を買いに来るお客さんなど数名がお店に入ってきました。さすがに人気なのですね。ご馳走様でした。

アリーカフェ
石川県金沢市畝田西3-583
TEL 076-268-7577
9:00~20:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は最近私のブログで頻繁に登場する田上エリアのお店です。

先月紹介した人気のイタリアン「Luce(ルーチェ)」とは、すぐ近くにあるお店です。
アマレット

お隣は有名な「パティスリー オノ」です。

今回妻と二人でランチを愉しむために行ってきました。

12時に予約を入れてありましたが、だいぶ早目、お店のオープン時間の11:30ごろに到着しましたが、すでに店内にはお客さんが居ました。
アマレット (4)

その後も12時前にもかかわらずどんどんお客さんがやってきて、我々が食べるころにはカウンターを除いて満席になっていました。人気のお店だとはわかっていましたが、さすがです。

この日のランチメニューです。
アマレット (2)

ランチメニューの構成は「Luce(ルーチェ)」と同じようなプリフィックスで、「パスタランチ(税込1,730円)とアマレットランチA(税込2,370円)・B(税込2,980円)の3種類。アマレットランチAは平日限定でした。

しかし、「Luce(ルーチェ)」ではグループで別々のコースを頼むことが出来ましたが、「アマレット」は同じものを注文する必要があります。

シェフお一人で料理を担当されていることが理由だそうですが、それを聞いて食べ終わるまでに時間がかかるかな?と思いましたが、それほどではなかったので、料理を作る手際がいいのでしょうね?

そこで我々は「パスタランチ」を頼むことに。そしていくつかを追加料金がかかるものにグレードアップすることにしました。

では出されたものを紹介します。

オードブルは、私は「大きい生ハムとたまごのサラダ」。こちらは追加料金が370円かかります。
アマレット (5)

内容的には+370円以上の価値はあると思います。生ハムもたっぷり入っていて、その下に温泉玉子が隠れていました。

個人的希望ですが、量は半分くらいでプラス料金を下げてもらったほうがうれしいかも?^^;

妻のほうは「いろいろオードブルの盛り合わせ」でこちらも+370円です。
アマレット (6)

とり胸肉のハムと生ハム2種類(どちら一枚は首の部分と言ってた)、野菜のピクルス、カボチャのムース、カプレーゼ、サラダなど。

バラエティ豊かで楽しめる構成でした。
アマレット (7)

パンは2種類だされました。バゲットにはオリーブピルを付けて食べますが、もう一つの「もりのパン」とか聞きましたが、柔らかくて少し甘いパンのほうはそのまま食べてくださいということで、そのまま食べます。

妻は別に+300円でスープを頼んでいます。
アマレット (8)

この日は「とうもろこしの冷たいスープ」。上にはとうもろこしのアイスが乗せられていました。私も少し飲みましたが、洗練されていて上品な味でしたね。

メインのパスタは、私は「うなぎのスモークとルッコラのペペロンチーノ」。+470円でした。
アマレット (9)

サフラン風味で、うなぎがスモークされて香ばしくておいしかったです。ペペロンチーノでしたが、唐辛子をそれほど効かせていなくて、オイルの量も少な目。上品な味でした。うなぎの風味を損なわないような仕上げだったのかもしれません。
アマレット (10)

妻のほうは「小エビのペペロンチーノ カサレッチェ」。カサレッチェはSの字がたをしたショートパスタで、こちらのペペロンチーノのほうもオイリーな仕上がりではなかったですが、唐辛子の風味は私のより効いていました。
アマレット (12)

ドルチェは、私には「クリームブリュレ」とジェラート(なんだったか忘れました^^;)。
アマレット (11)

妻にはパンナコッタとマンゴーのジェラートでした。
アマレット (13)

食後のドリンクはこちらから選べますが、二人ともエスプレッソをお願いしました。

以上で二人で5,000円少し切れました。コスパ的にも満足できました。

そして料理全般的に上品な味付けで洗練されていて、それでいてイタリアンの良さである素材のうま味を引き出している感じがして好感が持てました。おすすめのお店です。ご馳走様でした。

アマレット
石川県金沢市田上本町23街区10
TEL 076-201-8332
11:30~14:00(最終入店)
18:00~21:00(最終入店)
月曜と第4日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ