あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:エスプレッソ

お久しぶりシリーズですが、今回は何と!12年ぶりの紹介になります。

野々市にある「トラットリア イルガッビアーノ」は、金沢尾山町の「コルサロ(Corsaro)」の金山さんが経営するお店です。

金山さんはイタリアのシチリアや東京のイタリア政府公認のレストラン「ラ・ビスボッチャ」などで働いていたかたで、いつも本場イタリアの味を楽しませてくれます。


今回、「イルガッビアーノ」には12年ぶりの訪問でした。
イルガッビアーノ

前回はディナーにお邪魔しています。ちなみに、ランチでは13年半ぶりですね。

現在は、金山さんはコルサロに専念されているようで、こちらのお店のほうは別な方に任せています。

お店はトラットリアなので、気軽にワイワイ食事やお酒を愉しむことが出来ます。
イルガッビアーノ (2)

この日は土曜日で当日に予約を入れて11:30のオープンと同時にお店に入りました。
イルガッビアーノ (6)

店内は12年前と変わっていませんね!?
イルガッビアーノ (4)

ランチ(プランゾ)は2種類で2,500円(税別)の「ANSONICA(アンソニカ)」と3,500円(税別)の「MANIFICA(マニフィカ)。違いは前菜盛り合わせが付いているかいないかです。
イルガッビアーノ (3)

パスタ6種類とメイン3種類からチョイスするようになっていました。

私はこの中から、パスタは「アサリと万願寺とうがらしのスパゲッティ ビアンコ」を頼みます。
イルガッビアーノ (7)

いわゆるボンゴレ・ビアンコに万願寺とうがらしプラスということですね。

大きなアサリです。ニンニクがきいていました。

妻のほうは「イワシとズッキーニのバジルペースト タリアテッレ」。
イルガッビアーノ (10)

バジルペーストが思ったよりたっぷり使われていました。私も少し食べましたが、タリアテッレに絡んで美味しいです。
イルガッビアーノ (9)

パンはフォカッチャ。
イルガッビアーノ (11)

メインは私は、「本日の鮮魚のソテー セミドライトマトソース」。魚はこの日は鯛。ソテーされた鯛の下にはズッキーニがたっぷり敷かれていました。
イルガッビアーノ (13)

妻のほうは「鶏もも肉のロースト にんにく ローズマリー風味」です。
イルガッビアーノ (15)

ニンニクとローズマリーの風味がきいていたようです。
イルガッビアーノ (16)

ドルチェは、これは選ぶことは出来なくて、「チーズケーキフルーツゼリー寄せヨーグルトジェラート」でした。
イルガッビアーノ (17)

ドリンクも付いていて、我々はエスプレッソです。

金山さんは、塩気と味のパンチがきいた料理だったような気がしますが、いまのイルガッビアーノのシェフはパスタとメインとも、どちらといえば上品な味付けでした。でも日本人の舌にはあう味付けだと思います。

久しぶりに訪れたイルガッビアーノ。シェフが金山さんと違うようになってから初めての訪問で、味も少し変化していましたが、やはり本格的なイタリア料理を楽しめるお店でした。ご馳走様でした。

イルガッビアーノ
石川県野々市市位川273
 KSビル1F
TEL 076-248-0081
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

福井県の大野市は名水百選に選ばれており、さらには2015年には「水道水がおいしい市町村Best5」で日本一に選ばれているところです。

その大野で2014年5月にオープンした「モモンガコーヒー」。可愛いモモンガのイラストが目印です。
モモンガコーヒー (15)

この日、たまたま店の前を通りかかり、ブルーボトルコーヒーと同じような水色のマークを見て面白そうだと思い、入ってみることにしました。
モモンガコーヒー

目立つようでひっそりとあるコーヒー専門店です。

帰ってからお店のHPを見て見ましたが、なかなかのこだわりのお店でした。

こちらの「大野大人図鑑」では、オーナーが大野でコーヒー専門店を開くに至ったいきさつを読むことが出来ます。彼の大野という場所で淹れるコーヒーへのこだわりを感じさせてくれるいいストーリーが書かれています。感動しました。
モモンガコーヒー (14)

さて、お店の中に入ると、自家焙煎機があって、コーヒーのいい香りが立ちこめています。
モモンガコーヒー (13)

色々の豆を扱っていて、ネットでも販売をしているようです。
モモンガコーヒー (3)

店内は窓に面してカウンター席。半地下の場所にソファー席などあって、半二階という思われる場所は倉庫になっていました。
モモンガコーヒー (4)

我々はカウンター席に座りメニューを見渡します。

ホットコーヒーが一番飲むべきものだとは思いましたが、この日、越前大野城まで登ったり、街中を散策したりしてのどが渇いていたので冷たいドリンクが欲しくなりました。
モモンガコーヒー (6)

珍しいアイス系のコーヒーもメニューに載っていたので、少し選ぶのに迷いましたが、私は結局「アイスラテ(520円)」を飲むことにしました。
モモンガコーヒー (10)

一番下にエスプレッソダブル。その下にミルクの二層になっています。のどが渇いたので一気に飲んでしまいました。^^;

ビスケットもサービスで添えられています。

妻は「バレンシアソーダ(550円)」です。
モモンガコーヒー (9)

こちらはエスプレッソ+ソーダ+オレンジの三層ですね。きれいです。かき混ぜて飲むのがもったいないくらいです。

スッキリとしたあとくちで、オレンジがアクセントになっています。美味しいです。

我々がお店に入った時はお客様はいなかったのですが、その後、店内で飲む人や豆を買い求める人など何組かいらっしゃって賑わいました。

色々こだわりのコーヒーも飲めると思いますが、次回のお楽しみということで。ご馳走様でした。

モモンガコーヒー
福井県大野市元町8-17
 中央共同ビル 1F
10:00~19:00
土日祝10:00~18:00
火曜、第3日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


今日はクエグゼクティブフロアの宿泊者に限って利用できる、33階にあるエグゼクティブラウンジでの飲食について書きます。

こちらでは、チェックインした後で立ち寄ったカフェタイム。そして朝食もこちらでとることが出来ます。

カフェタイムは前回の施設編で書きましたので、今回は朝食編です。

エグゼクティブラウンジでの朝食は6:30~10:00に利用可能。ビュッフェ形式です。高さ120mからの景観は素晴らしく、博多湾と市街が一望できます。
シーホーク (32)

この日はいいお天気で、朝日が差し込んで明るいラウンジでの朝食となり、とても気持ちがよかったです。

追加料金なしで利用できるビュッフェなので、使われている食材もそれほど高級ではなく、また食べきれないほどの種類が並んでいるわけではありませんが、ベーシックなものは一通りそろっていて満足できる内容だったと思います。
シーホーク (65)

和と洋が中心で、こちらは和食系の品が並んでいます。
シーホーク (68)

こちらは洋食系です。
シーホーク (67)

フルーツとサラダ。
シーホーク (71)

パンとデザート。
シーホーク (76)

マンゴーラッシーがありました。
シーホーク (70)

シリアルもあります。

それらの中から我々が食べたのはこんな感じです。
シーホーク (77)

妻はホテルの朝食では珍しくご飯を食べましたが、私は炭水化物はこの日は控えることにしました。味噌汁のみ頂きます。
シーホーク (75)

和食系では九州のご当地グルメも楽しめます。さつま揚げとからしれんこん、明太子。
シーホーク (73)

洋食系はエッグベネディクトやサラミ・ハーブソーセージ・サーモン、チーズも何種類かありました。
シーホーク (82)

サラダ。
シーホーク (83)

フルーツは食べましたがデザートは今回はパス。
シーホーク (89)

ヨーグルトを食べます。
シーホーク (86)

ドリンクはエスプレッソを。大きなカップに注ぐと少しだけだったのでダブルにしました。

結局、昨晩は食べすぎだったのであまり取らないでおこうと思っていましたが、ついつい取りすぎてしまいますね。反省です。

もちろん、取ってきたものは残すことなく2人ですべて食べましたよ。
シーホーク (81)

33階からの景色もご馳走の一つです。都会にいながらリゾート気分を味わっての朝食、いいものです。ご馳走様でした。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢はお茶文化の街ですが、コーヒーについても消費量が全国有数です。

お茶やコーヒー好きなので、和菓子や洋菓子なども自ずと消費が多くなります。

まぁ、言ってみれば「おもてなし」の文化と「見栄」の風習が根付いた土地とも言えるかもしれません。

さて、これから紹介する「金澤屋珈琲 本店」は、金沢城公園の黒門横という観光客も多く出入りするという絶好のロケーションの場所にあります。
金澤屋珈琲店 (3)

町家風の造りです。中に入るとコーヒーのいい香りがします。
金澤屋珈琲店 (6)

「金澤屋珈琲」と名付けているのは、金沢の風土の中で育てられたコーヒーを提供することを目指しているためだそうで、そのため厳選されたコーヒー豆を熟練の焙煎人の手によって煎り上げており、その豆を使いネルドリップで一杯一杯ていねいに淹れて美味しいコーヒーを飲ませてくれるお店なのです。

我々は少し歩き疲れたので、ここでいっぷくすることにしました。
金澤屋珈琲店 (9)

デッキ部分や2階にも席があって、カウンター内にも店員さんが思ったよりたくさん働いています。
金澤屋珈琲店 (5)

コーヒー専門店のようですがメニューの種類は豊富で、軽食もやっているようです。

私はお好みのケーキと日替わりのコーヒーがセットになった「ケーキセット(880円)」を頼むことに。
金澤屋珈琲店 (12)

ケーキは「加賀の紅茶ブランデーケーキ」をチョイス。でも深煎りのコーヒーに加賀の紅茶のケーキはミスマッチかな?^^;

しかしながら濃厚なブランデーケーキだったので、深煎りのコーヒーにも負けない味でしたよ。
金澤屋珈琲店 (13)

この日のコーヒーはインドネシア産のマンデリン・アチェという品種。一番深煎りの豆を使用しています。苦みもありましたがコクがあり、滑らかな舌触りで美味しくいただくことが出来ました。
金澤屋珈琲店 (10)

泡物が好きな妻のほうは「エスプレッソ・トニック」という文字に魅かれたようで、そちらを頼んでいましたが、どうもあまりお好みの味では無かったようです。私も一口飲みましたが、苦みとトニックウオーターの相性に好みが分かれるかもしれません。もう少し甘みがあればよかったかも?

ちなみに「エスプレッソ・トニック(720円)」はオーストラリアでよく飲まれているようです。

お店に入って最初あまりお客さんは居なかったのですが、だんだんと増えてきて、我々が食べ終わって出るころには、グループの方が2階席に案内されていました。人気のお店のようです。ご馳走様でした。

金澤屋珈琲 本店
石川県金沢市丸の内5-26
TEL 076-254-5411
月~金9:00~18:00
土・日・祝8:00~18:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ミシュラン2つ星を獲得している東京・銀座「ドミニク・ブシェ トーキョー」。

店名に記されているドミニク・ブシェ氏はフランス料理の世界でも有名なシェフの方ですが、そのドミニク・ブシェ氏が、石川県七尾市出身の世界的パティシエ辻口 博啓さんとタッグを組んで作ったのが「ル・グリル ドミニク・ブシェ カナザワ」です。
ル・グリル ドミニク・ブシェ

香林坊アトリオのとなり、元は北國銀行だったところを改装して、1階には後日紹介します石川県出身パティシエ辻口 博啓さんのブーランジェリー「マリアージュ ドゥ ファリーヌ 金沢店」が店舗を構えています。

辻口 博啓さんといえば、調理と製菓の専門学校も運営しているなど経営者でも有名で、こちらの2店は、その専門学校の実地研修の場としても活用され、生徒さんが実際のビジネスの場で腕を振るうことが出来る貴重なお店となっています。

ドミニク・ブシェ氏は世界的にも有名な料理人ですが、そのような運営をokしたんですね?さすが辻口さん。

こちらのお店はオープンした時から、先ほどの運営も含めて興味があったのですが、やっと行くことが出来ました。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (4)

エントランスから階段をのぼって2階に上がると、ドミニク・ブシェ氏の写真が飾られています。

のぼりきると、ビニール製の大きなカーテンが!この手のお店にしては不釣り合いです。たぶん、寒い季節は奥の店内にも寒気が流れ込んできて寒いのでしょう……?^^;
ル・グリル ドミニク・ブシェ (5)

店内はこんな感じで、写真には写っていませんが大きな窓がって外光がたっぷり。明るい店内です。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (6)

サーブする人がたくさんいました。自動ドアが開いたときに厨房の中が見えると、そちらにも多くの人が。調理と製菓の専門学校の学生が実地研修に来ているのでしょうね。

金沢の「ル・グリル ドミニク・ブシェ カナザワ」は、基本は選りすぐりのステーキを楽しむことができるというのがウリのようです。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (3)

さて今回、我々はランチタイムにお邪魔しました。ランチメニューは3種類。季節替わり?月替わりでしょうか?

その中から我々は一番ベーシックなコースのメニュー・デジュネ「ル・グリル」でお願いすることに。税抜3,000円でメインは肉か魚かのチョイスになります。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (9)

本日のアミューズからスタートです。「グリュイエールチーズを使ったグジェール」。シュー生地のようなものでチーズ風味で美味しいです。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (8)

この日は記念日イブだったので、シャンパンを2杯赤(ロゼ)白で頼み乾杯です。(各1,500円)
ル・グリル ドミニク・ブシェ (10)

こちらは季節のヴルーテで「ホタテと菜の花のクリームスープ」。ヴルーテとはフランス語で「ビロードのように滑らかな」という意味です。はまぐりのむき身が浮かんでいます。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (11)

こちらのパンはもちろん1階にある「マリアージュ ドゥ ファリーヌ 金沢店」で作られています。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (15)

フランス料理のお店ですがバターではなくオリーブオイルが出されます。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (12)
ル・グリル ドミニク・ブシェ (14)

「燻製卵とズワイガニのサラダ仕立て」は、中にズワイガニが潜んでいて、見た目にもフレンチの前菜としての華やかさを感じます。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (20)

メインは私は「サワラのプランチャ焼き サフランのソース」をお願いしました。スペインのカタルーニャ地方の鉄板焼き料理のことです。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (17)

妻のほうは「仔羊のグリエ ソースロックフォール」で、骨付きの仔羊肉をグリエ、つまり網焼きしていますね。

メイン料理はステーキがウリのお店だけあって、両方とも焼きものですね。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (21)

本日のデセールは、オレンジクレープにアイスが乗せられていました。

このデセール専門学校の生徒さんが一生懸命3名ほどで作っていました。実際にお客さんに出すということでだいぶ緊張して作っていました。でも実際のお客様に出すほうが勉強になりますよね。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (23)

最後に小菓子が出されますが、こちらも専門学校の生徒さんが作ったものでしょう?何となくわかります。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (24)

ドリンクは私はエスプレッソ。妻はカプチーノです。オリーブオイルといい、ドリンクにもイタリアンの趣がなぜか入っていますね?

サーブの方も学生さんがいて、緊張しているのが手に取るようにわかりました。このような一流シェフが監修しているお店で彼らが実践できるということは、辻口さんの専門学校にとっても大きな付加価値になっているのだと思います。ご馳走様でした。

ル・グリル ドミニク・ブシェ カナザワ
石川県金沢市香林坊1-1-1
 国際ビジネス学院香林坊2F~3F
TEL 050-5594-8256
11:30~15:00(L.O.14:00)
17:30 ~23:00(L.O.22:00)
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ