あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:アールグレイ

三国シリーズはまだ続きます。(笑い)

今日はスイーツのお店の紹介です。

余談ですが、グルメブログをやっていると、ネタ探しでやはり苦労します。

あまり同じお店ばかりを書くわけにも行けないので、ついつい新しいお店を求めて色々なところに足を延ばすことになりますが、基本、休みの日しか行くことが出来ないので、遠くに足を延ばしたときには色々なお店を一日で巡ることになるわけです。

今回、福井県の三国でも結果的には、5時間ほどで8回分の記事ネタを仕入れることが出来ました。我ながら天晴れです。(笑い)

さて、本日紹介する三国「スリール(Sourire)」は、人気の洋菓子店のようです。

大阪の有名洋菓子店で9年間修業後、2009年に三国に戻り、その5年後の2014年に今の場所にお店を構えています。

大阪でロールケーキブームの先駆けといえば、堂島ロールの「モンシュシュ」が有名ですが、こちらのお店のオーナーはどこで修業されたのでしょうか……?
スリール (9)

お店自体は倉庫を改修した作りで、店内も広いです。ご覧のカフェスペースを併設していて、美味しいロールケーキを食べながらお茶をすることが出来ます。
スリール (3)

うれしいのは、ロールケーキということもあるのですが、ケーキを頼んで飲み物を付けてもとても安く済ませることが出来ることです。
スリール (7)

私は一番シンプルな「生ロールケーキ(216円)」と、
スリール (8)

こちらの冷たいアールグレイ(216円)」を飲んで、トータルで432円でした。飲み物以外にもジェラートもメニューにありましたよ!

ロールケーキのクリームは軽く甘さひかえめ。スポンジももちろんふわふわです。ただクリームの量は値段相応です。^^;
スリール (2)

なお、ロールケーキ専門のお店なので、チョコやフルーツ系など色々な種類のロールケーキも楽しむことが出来ますし、ロールケーキ以外にも、焼菓子類や夏向きのゼリーなども揃っていました。
スリール (4)

飲み物も216円なので、普通のカフェに行ってスイーツを頼むよりもお安く済ますことが出来ますよ。おすすめです。ご馳走様でした。

スリール(Sourire)
福井県坂井市三国町覚善8-65-1
TEL 0776-82-1299
10:00~19:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

紅茶の専門店も石川県内には何店かあります。
サクラ

しかしながら今日紹介します「Tea House SAKURA」は、その中でも断トツのマニアックさです。

こちらのお店、オープンした時からテレビなどでも取り上げられていたので私も知っていたのですが、なかなか行けませんでした。

GWのとき「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」のコンサートの時間の合間に急ぎ行ってましたので紹介したいと思います。

場所は武蔵のエムザの裏ということはわかっていました。最初、お店を探すときに大体このあたりだろうということで探して見つからず、スマホのナビで向かったのですが、微妙にGPSがズレていて探すのにさらに時間がかかりました。^^;

世の中、コーヒーのファンの方が圧倒的に多いので、コーヒー専門店にスポットライトがあたることが多いと思うのですが、紅茶専門店「Tea House SAKURA」はマジで凄いです。

マニアックを絵にかいたような、紅茶ファンが泣いて喜ぶお店ではないでしょうか?
サクラ (2)

何が凄いかって、まずお店に入ると、棚にずら~っと並ぶ紅茶の容器。見たことないようなものばかりです。
サクラ (4)

スリランカといえば紅茶で有名なことは多くの人が知っていると思うのですが、その中でも「ムレスナティー」という名前は、紅茶ファンならば常に高いクオリティーを保つ紅茶として有名なようです。もちろん私は知る由もありません。^^;

ということで、紅茶についてあまり知識のない私は、詳しいことはこれだけにしておきます。興味のある方はお店に行かれて聞いてくださいね。

さて、ここ「Tea House SAKURA」では、ハイクオリティーな茶葉で作られるフレーバーティーを堪能させてくれます。

本当は時間をかけてゆっくりと、お店で紅茶を愉しむのがいいのでしょうが、私たちは「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」のコンサートの時間の合間に行ったのと、お店を探すのに少し迷った関係であまりお店でゆっくりできませんでした。

そのため、少しお店の方を急がせてしまったようで申し訳なかったと思います。

暖かい日だったこと、そして金沢駅から歩いて行き、さらに探すのに歩いたことで、我々はアイスティを頼むことにしました。1,100円という少し高い値段です。

「Tea Free」という紅茶飲み比べ(1,000円)がおすすめなようです。(実はこれは家に帰った後でわかったことですが、アイスティにもTea Free5杯付いていたようです。慌ててメニューをよく見なかった!^^;)

紅茶の種類はアールグレイにしました。

私は通常のもの。妻はティーソーダというソーダで割ったものです。

このアイスティの作り方がまたすごかったです。
サクラ (9)

バーテンダーがグラスシェイクをするように、濃く抽出した紅茶と氷を二つのグラスを使いながら混ぜていくのですが、その時に空気を含ませながら香りを引き立てていくのです。
サクラ (8)

私のは洗双糖を使っていて果汁がはいってるかのような上品な甘さのアイスティーでした。アールグレイの香りも凄いです。
サクラ (11)

妻のティーソーダは甘くなく、個人的にはこちらの方が好きな味です。紅茶をソーダで割るという発想もなく、もっとも、自分でやったとしても底の浅い香りと味になったでしょうが……。^^;

この一杯を作るのに、こんなに茶葉を使っています。
サクラ (13)

いや~、いいものを見せていただきました。やはりその道のプロは凄いです。紅茶も奥が深いですね!?

アイスティが出される前に、一杯だけホットティを飲むことが出来ました。こちらが、ピーチだったかな?のホットティです。
サクラ (6)

1,100円という値段。プロの技のアイスティ一杯と、ホットティ5杯がついて、この値段であれば逆に安いですね。

もっと、時間をゆったり取って来るべきでした、反省です。
サクラ (12)

あと私たちは、こちらの紅茶のパウンドケーキも頼みました。300円です。こちらも紅茶の香りが凄くしました。

いや~参りました。いいお店を知ることが出来ました。皆さんも一度行ってみてはいかがでしょうか?紅茶の概念が変わるかもしれませんよ!ご馳走様でした。

Tea House SAKURA(ティーハウスさくら)
石川県金沢市武蔵町9-15 
TEL 076-261-5570 
11:00~20:00(L.O.19:30)
火曜休(祝日は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

個人的にはあまり甘いものも得意な方ではありません。

ただ、歳を重ねるとともにだんだんと甘いものも食べるようになってきました。なぜでしょうかねぇ?

とはいえ、まだまだアンコ類は今でも苦手で、甘いものでも食べるのはもっぱら洋系のケーキやお菓子類が多いです。
ドゥブルベボレロ

さて今日紹介します滋賀県守山市に本店がある「ドゥブルベボレロ(W.Bolero)」のオーナーパテシィエの渡邊 雄二氏は、CCC(セーセーセー)と呼ばれる、フランスのショコラ愛好家による会「Club des Croqueurs de Chocolat(クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ=チョコレートをかじる人たちのクラブ)」の評価で、2015,2016年の2年連続金賞に輝いている方です。
ドゥブルベボレロ (20)

滋賀県でも洋菓子部門で唯一、食べログの「JAPAN SWEETS AWARD」の候補店となっています。お店の入り口にはTripadvisorのシールも張られています。
ドゥブルベボレロ (19)

さて、そんな人気のお店に過日、滋賀県に行った折りに、ティーブレイクのために入りました。
ドゥブルベボレロ (16)

人気店なので、事前に電話で喫茶サロン(カフェ)の予約を入れたのですが、喫茶サロン(カフェ)の予約は受けていないようです。一応、空いているということでお店に向かったら、ちょうど店内のテーブル席が空いて、我々5名が座ることが出来ました。
ドゥブルベボレロ (17)

店内以外にも外にはテラス席もあって、これからの季節のお天気がいい日は外で美味しいスイーツや飲み物をゆったりと楽しむのもいいかもしれません。
ドゥブルベボレロ (2)

まずはケーキなどを選び、飲み物はカフェスペースでオーダーします。支払いは最後に一括で行います。
ドゥブルベボレロ (22)

さすが人気店です。ショコラ以外にも、美味しそうなケーキ類や、パン、クッキーなどの焼菓子の種類も豊富でした。

ちなみに、こちらのお店、大阪本町にもお店を出していますね。

私は、こちらのお店のケーキの中では一番人気という、アイアシェッケを頼んでみました。
ドゥブルベボレロ (10)

これはドイツ東部ドレスデンの地方菓子で、濃厚なベイクドチーズケーキです。そぼろ状のクッキーの下に、バターとカスタードクリーム、さらにはその下にレーズンが入ったクリームチーズ主体の層、そして一番下にクッキー生地という4層仕立てになっているケーキで、手間ひまかかっています。

甘さも上品で、とても美味しいケーキでした。
ドゥブルベボレロ (12)

飲み物は紅茶(アールグレイ)を頼みました。
ドゥブルベボレロ (14)

妻のほうは「ポワリエ」。洋梨とショコラのプチガトー。キャラメル風味のムースショコラオレが主体です。上にはクルミと何のナッツだったかな?が乗せられています。
ドゥブルベボレロ (11)

飲み物はコーヒーです。
ドゥブルベボレロ (13)

息子はこちらの「サント・ヴィクトワール」を頼んでいました。フランス南部のエクス=アン=プロヴァンスの市街地の東にある山の名前です。まさに山の形状ですね。

ケーキの種類でいえばモンブランなのですが、周りをチョコレートスプレーを吹き付けた生クリームで囲んでいて、中が栗のペーストという逆転構造のモンブランなのです。
ドゥブルベボレロ (9)

娘はフランス菓子のタルトの中でも定番の「タルト・ダプリコ」という洋梨を使ったタルトです。

息子と娘のケーキは対面から写真を写したので、裏側です。^^;
ドゥブルベボレロ (15)

あと、最後のこちらのショコラを試食で出してくれました。ありがとうございました。

こちらのお店は、マカロンもおすすめらしいのですが、こちらは妹へのお土産で母が買い求めていました。写真はありません。

テイクアウトのお客さんの方が多いので、店内は常に混雑している状態でした。

さすがに賞を連続して受賞するなど人気のお店です。洋菓子も凝った作りのものが多かった気がします。もちろん味の方もお墨付きですね!?ご馳走様でした・

ドゥブルベボレロ(W.Bolero)
滋賀県守山市播磨田町48-4
TEL 077-581-3966
11:00~20:00(L.O.19:30)
火曜休(祝日の場合は翌日休み)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング   

私のブログでも2度ほど登場したことがあります「菓子工房よどがわ」。
よどがわ (6)

今回、ランチ後にお茶をしに伺いました。

前に行った時は、カフェコーナーはまだなかった記憶があるのですが、オーナーのご実家は、かの有名な加賀市の丸八製茶場です。

そこに併設されている「茶房 実生」を思い出し、何となくですが、加賀棒茶を飲みながらケーキを食べるシチュエーションを頭で描きながら出かけてきました。
よどがわ (10)

ご覧のように、お店自体は当初はカフェを併設するというつもりがなかったのでしょう?壁(窓)際に席が設けられています。

もちろん、飲み物だけでもokですが、せっかく「菓子工房」に来たのですがら、当然、ケーキも頼んだ方がいいでしょうね!?
よどがわ (15)

メニューはこんな感じです。ケーキと飲み物のセットで頼むのがいいでしょう。
よどがわ (16)

くつろぎセットはコーヒーもしくは加賀棒茶との組み合わせが850円(冷は+50円)。紅茶はストレートティーと組み合わせで1,000円(冷は+50円)となっています。こちらがおすすめだと思います。
よどがわ (17)

セットには「いぶろーる」と他のミニケーキ(通常の半分だそうです)、そして「茶玉 抹茶」が一つ付いてきます。
よどがわ (9)

「いぶろーる」は、ショーケースの中に並んでいる中から選びます。

その中から私は、紅茶のセットにして、「いぶろーる」はアールグレイをチョイスしました。
よどがわ (24)

アールグレイ「いぶろーる」は、紅茶のアールグレイの風味と、ほのかにラムの香がするバニラクリームを包んだ少し大人の味のロールケーキでした。
よどがわ (23)

紅茶は残念ながらアールグレイではなくアッサム。しっかりとした味わいで甘みとコクがあります。
よどがわ (20)

ミニケーキは、生チーズを使ったチーズケーキでした。フランス産のクリームチーズを使っていて、コクがあって滑らかな味でしたよ。
よどがわ (19)

妻のほうは、「棒茶チョコ」をチョイス。加賀棒茶の微粉末をスポンジとクリームに混ぜ込んである「いぶろーる」に、まわりをベルギーCALLEBAUT社のカカオ75%のチョコレートパウダーでコーティングして仕上げてあります。
よどがわ (18)

この甘さも、加賀棒茶ですっきりと後口よく食べることが出来ました。
よどがわ (21)

一個だけ添えられている「茶玉 抹茶」は、煎茶の入ったクッキーに、抹茶の衣が付けられています。

国府台という山沿いの小松市の外れにある「菓子工房よどがわ」。ランチを済ませて、ぶらりデザートを食べ、そしてお茶でいっぷくしに出かけるのもいいかもしれません。ご馳走様でした。

菓子工房よどがわ
石川県小松市国府台2-96
TEL 0761-47-0883
10:00~19:00
月・火曜休
※月曜又は火曜が祝祭日の場合は営業、水曜日が振替休日


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ