あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:ひがし茶屋街

金沢でも人気の観光エリアである「ひがし茶屋街」。

休日ともなると多くの観光客で賑わいます。

そんな観光地の目と鼻の先にクラフトビールを造る醸造所があります。「オリエンタルブルーイング」です。

いつも「ひがし茶屋街」に行くと気にはなっていたのですが行けずじまいでした。

今回、ディナーのお店の予約時間まで少し時間があったので、アペリティフ感覚で、妻と二人で軽く一杯やっていくことにしました。
オリエンタルブルーイング

お店は古い商店を改装しています。元はクラモト氷業という氷屋さんだったところです。
オリエンタルブルーイング (10)

店内です。
オリエンタルブルーイング (6)

奥には小さいながらも醸造所がありますね。
オリエンタルブルーイング (5)

ここ最近、金沢にはクラフトビールを飲ませてくれるお店が多くなってきました。

私のブログでも何軒か紹介していますし、こちらの「オリエンタルブルーイング」についても、前回金沢に来た時に香林坊店にお邪魔しています

ただ、他のお店と違って、ここは金沢で唯一出来立てのビールを提供しているブルーパブなのです。

ビール工場で缶や瓶に詰めない状態で飲めるため、新鮮なオリジナルビールを楽しむことが出来るわけです。もちろん飲めるビールは日々変わるそうです。

この日のラインナップです。
オリエンタルブルーイング (3)

私が飲んだのは、こちらの醸造所で作られた数量限定の「ハードボイルドラガー」。ホップの爽やかな苦みが心地よいラガービールでした。飲んだ時点で残し少ないと話していましたから、もうないかもしれません。
オリエンタルブルーイング (7)

妻が飲んだのは「無我夢中」という長野の志賀高原ビール製造のHazy W IPA。アルコール度数7.5%とちよっと高めです。

さすが酒飲みは違います。^^;

美味しいのでもう一杯!というのは我慢我慢。0次会ということで、あまり飲むと次が大変なのです。どうもご馳走様でした。

オリエンタル ブルーイング(ORIENTAL BREWING)
石川県金沢市東山3-2-22
TEL 076-255-6378
11:00~22:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨日、パッとしない天気の中、金沢の街を久しぶりに散策してきました。

目的は消費税アップ前の駆け込み消費?と、その合間に行きたかったところや、ランチ&ディナーももちろんです。グルメ編は後日ということで今日は巡ってきたところを簡単に紹介したいと思います。
金沢建築館 (5)

まず、ランチを済ませて向かったところは7月末に開館した「谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館」。
金沢建築館 (2)

金沢が生んだ偉大な建築家である、故谷口吉郎氏とそのご長男である吉生氏の功績を顕彰するために、吉生氏自身が設計して建てられた建築・都市についてのミュージアムです。

谷口吉郎氏は東宮御所の設計や迎賓館赤坂離宮和風別館「游心亭」など、数多くの著名な施設の設計で知られていて、金沢市の名誉市民第一号です。

長男も吉生氏も同じく建築家で、ニューヨーク近代美術館の設計を始め、石川県でも鈴木大拙記念館や片山津の共同浴場の設計で知られています。
金沢建築館 (26)

館内に入ると、吹き抜けの明るい空間。

奥にはカフェがありました。
金沢建築館 (25)

2階から見るとこんな感じ。
金沢建築館

地下1階の企画展示室では今、開館記念特別展「清らかな意匠」-金沢が育んだ建築家・谷口吉郎の世界-、が開かれていました。期間は2020年1月19日(日)までで、谷口吉郎氏の歩んできた道のりをたどることが出来ます。
金沢建築館 (12)

2階には、迎賓館赤坂離宮和風別館「游心亭」の部屋を実物そのままに再現された展示で、我々が普通には入ることが出来ない場所を見ることが出来ます。
金沢建築館 (18)

常設展示で写真撮影もokです。
金沢建築館 (18)

奥にはお茶室もあります。
金沢建築館 (21)

建築に興味がある方はもちろん、ない方も300円で入館できるので、是非行ってみてはいかがでしょうか!?

谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館
石川県金沢市寺町5-1-18
TEL 076-247-3031
9:30~17:00(入館は16:30まで)
観覧料金一般300円
65歳以上200円
高校生以下無料
休館日 月曜(休日の場合はその直後の平日)
    年末年始(12月29日~1月3日)
*展示資料の整理のため休館することがあります

そして向かったのは金沢21世紀美術館
金沢21世紀美術館 (3)

金沢に行くと必ず行くのですが、北陸新幹線が開通してからは多くの来館者で混雑していて、有料展示のチケットを長時間並んでまで買うことをためらい、なかなか観ることが出来ませんでした。
金沢21世紀美術館 (14)

今回、今年開館15周年を迎えたということで、その記念の展覧会「現在地:未来の地図を描くために[1]」を列に並んで20分かかってチケットを買い求め観てきました。
金沢21世紀美術館 (5)

これは「金沢21世紀美術館のコレクション作品を中心に、私たちの未来を見つめるために立つ、今ここを『現在地』として、時代と共に歩んでいく作家たちの世界への眼差しを捉えて紹介」する展示でしたが、正直理解するには短時間の見学では難しかったです。
金沢21世紀美術館 (6)

料金は大人1,200円で2019年12月19日(木)まで開催されています。

金沢21世紀美術館
石川県金沢市広坂1-2-1
TEL 076-220-2800
基本月曜休館ですが月によって変わります
※完全閉館日2019年12月20日(金)~2020年2月3日(月)

この後、しいのき迎賓館で開催されているクラフトビール金沢にちょっと顔を出して、知り合いの方にご挨拶。
クラフトビア金沢 (2)

雨模様の時間帯でしたが、多くの人で賑わっていました。

今日も17時まで開催されています。

あと、ひがし茶屋街も覗いてみました。
ひがし茶屋街 (2)

17時過ぎだったのでさすがに人は少なかったですが、外国人の観光の方が多かったです。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

四季折々の景色がありますが、今日は金沢の夏の風景。2週に渡り金沢に行ってきたときに写した写真をアップします。

一昨日の日曜日は、石川県も夏の最盛期のような暑さでした。

小松で36.2度、金沢でも34度という気温で、まさに猛暑。

でも夏は暑い!のが当たり前!?そんな暑い中、金沢の街をぶらり散策してきました。
金沢駅

アルコールが入るときは、小松からはJRで移動します。金沢駅のガラスドームにも夏のひさしが差し込んできていました。

梅雨の時期は観光客の数が少し少なくなるのか、街中は観光シーズンのときよりはだいぶ人が少なかったです。バスもめちゃ混雑というわけではなかったです。
浅野川 (2)

浅野川にかかる梅の橋から浅野川大橋のほうをのぞみます。
ひがし茶屋街 (2)

ひがし茶屋街もさすがに暑いからか、観光客はこれまでの日曜日よりは少な目でした。

2020年に東京から移転オープンする「東京国立近代美術館工芸館」。
国立工芸館 (2)

日本海側では初めての国立の美術館となりますが、その建物には金沢市出羽町にある「旧第九師団司令部庁舎」と「旧金沢偕行社」を移転し外観を活用。完全復元される予定です。
国立工芸館

いま、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催期間中に開館することを目指して工事が進められています。
兼六園 (2)

兼六園の「徽軫灯籠(ことじとうろう)」。珍しく観光客がレンズの外に外れたタイミングで写すことが出来ました。
兼六園

日本最古の噴水から出ている水もこの季節は涼しげに見えます。
金沢21世紀美術館 (5)

金沢21世紀美術館」は夏空に白い建屋、緑の芝生。きれいです。

いつもチケット売り場は順番待ちの列が出来ているのですが、この日は順番待ちもなかったです。
金沢21世紀美術館

レアンドロの「スイミング・プール」。人が全くいない状態を写真で撮れたのは久しぶり化も?
金沢21世紀美術館 (4)

こちらは無料で見られる七搦綾乃さんの「アペルト08」という作品です。
しいのき迎賓館

こちらは「しいのき迎賓館」のシンボル、しいの木ですね。
鈴木大拙館 (13)

鈴木大拙館。暑い中でしたが、静寂の静けさが涼を感じさせてくれていました。
にし茶屋街

にし茶屋街は、人出も少なく、ちょっとさみしいですね。

これからまだまだ暑い日が続きますが、夏の金沢も見どころがたくさんあります。是非どうぞ!

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨日の土曜日から、石川県内も一気に春が来た感じになってきました。

そんな春の陽気に誘われて、私も久しぶりに金沢の街をぶらぶらと散策してきました。

色々グルメも堪能しましたが、こちらのほうは後日順番に紹介していきますが、今日は春の金沢の街の話題です。

飲むときは金沢まで電車で小松から移動するのですが、昨日土曜日は電車はそれほどの混雑はありませんでした。しかしながら金沢駅に到着するとやはりすごい人・人・人。

そりゃそうですよね。春休みに入ったんですから。たぶん、電車で近場に行くのではなく温かくいいお天気で遠出する人が多いのでしょう…?金沢駅は普段の土曜より人が多かった気がします。

この日はまずはランチを食べて、浅野川沿いに歩いて主計町~ひがし茶屋街へ。ひがしはとても混雑していました。
ひがし茶屋街

金箔ソフト発祥?の某お店にも長蛇に列が出来ていました。他店では安く金箔ソフトを打っているお店もありますが、やはりテレビや雑誌で紹介されている効果でしょうか?。
兼六園 (7)

そして、兼六園に移動。こちらのほうは超混雑ということではなかったですが、梅が満開で見頃。
兼六園 (6)

桜のほうはまだでしたが、今週は暖かい日が続くようなので一気に開花しそうです。
金沢21世紀美術館 (3)

そしていつもの通りに金沢21世紀美術館に移動して、チケット売り場の超混雑を横目に、無料の展示「TO&FRO うすく、かるく」を見て、すぐに出ました。館内、人いきれがすごかったです。^^;
金沢21世紀美術館 (4)

出たところ、目の前の金沢市役所前広場では「東アジア見る・知る・感じる」というイベントが催されていました。
玉泉院丸

その後、玉泉院丸庭園を通って近江町市場。そしてそこからバスでにし茶屋街へ移動。カフェに行ってひと休みをして、買い物を澄ませます。

にし茶屋といえばスペイン王室御用達ということで鳴り物入りでオープンした「カカオサンパカ」が閉店したということで、前で写真をパチリ。
かわむら茶房 (29)

「カカオサンパカ」は2014年11月オープンして3年半ほどで閉店。私のブログでも紹介したことがあります。

で、今日の地元新聞に、この場所での新しいお店について書かれていました。

「プレスタ」という英国王室御用達ブランドでトリュフチョコレートを初めて世に出した人が創業した、これまたチョコレートのブランド。創業116年だそうです。

「カフェ プレスタ」ということで、カフェ併設ということは、「カカオサンパカ」と同じようなお店です。

金沢が日本では東京に次いで2店目ということらしいですが、勝算は如何に……?

春本番を迎えて、北陸新幹線が金沢まで延伸されて4年目に入った金沢。ホテルの建築ラッシュ。そして鮨店の新規オープンが続いていますが、どこまで続くのでしょうか……?

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

いや~、今年は寒くて参りますねぇ~!?

雪の降る日が多くて。外出するのも億劫になります。

さて、昨年は金沢の街を散策する機会があまりありませんでした。といいますか散策どころか、金沢の街中に行くのもの8月に行って以来、5か月ぶりとなりました。

この日は夕方から先日紹介しました「村中美恵さんオフィシエ叙任祝賀会」に参加するため、久しぶりに金沢まで電車で午前中のうちに向かいました。

ところが、雪は降っていなかったのですが「雪のため」という理由でJRが運休と遅延。当初予定より1時間近く遅れて到着しました。やれやれ。

そして夕方までの時間、金沢をアート見学を主体に見てまわることに。

まずはランチを主計町で食べ、その足でひがし茶屋街へ。
ひがし茶屋街 (2)

この寒い中、大勢の観光客が来ていました。相変わらず人気です。
兼六園 (3)

そして兼六園を通って、金沢21世紀美術館まで歩きます。雪道で歩きにくかったですが、雪の兼六園もオツなものです。
兼六園 (5)

雪吊りも風情がありますね。
金沢21世紀美術館 (2)

金沢21世紀美術館では、有料の展示は見ずに向かったのは地下の市民ギャラリー。

ここで開催されていた、この日が最終日の「金沢ブランド100」を見たかったのです。
金沢21世紀美術館 (44)

この「金沢ブランド100」は、「金沢を輝かせる100のブランドをデザイナー8人の視点で解釈し、作品と文章で紐解きます。」という趣旨で、金沢美術工芸大学を卒業してデザインの第一線で活躍している方々が、デザイナー独自の視点で表現している作品を展示しているのです。

さまざまな切り口で見せてくれる展示は見ごたえがありました。
金沢21世紀美術館 (41)

こちらは、ご存じ俵屋のあめの暖簾です。

タブレットで文字を書いて投影するという参加型になっていました。
金沢21世紀美術館 (10)

こちらは「圓八のあんころ餅」の竹皮の包装を使った天狗が持つ大扇だそうです。圓八の創業の由来に天狗が絡んでいることが発想になっています。
金沢21世紀美術館 (29)

こちらは芝寿しの「おはぎのマリちゃん」をモチーフにした陶器人形です。
金沢21世紀美術館 (19)

あと笹寿しのクッションもありました。

こちらもご存じ、加賀棒茶をモチーフにした「缶棒茶」。
金沢21世紀美術館 (13)

これはアートというより、現実に近い提案ですね。パッケージには九谷焼の文様が描かれています。
金沢21世紀美術館 (18)

こちらのテーマは金沢カレーのスタンプラリーだそうです。ターバン、インデアン、チャンピオン、アルバの4種類でした。
金沢21世紀美術館 (36)

このユニークなのは「治部煮」がテーマです。

他にも色々楽しい作品ばかりでした。

金沢ブランド、もっともっと全国に知られるとうれしいです。

お次は、その足で向かった「しいのき迎賓館」で開催されていた「金沢湯涌創作の森 レジデント作家2人展」について。
しいのき迎賓館 (5)

いつも金沢21世紀美術館に来ると、とりあえず「しいのき迎賓館」に立ち寄ることにしています。

今回「金沢湯涌創作の森 レジデント作家2人展」をやっていることもまったく知らずに行ったのですが、ふらっと立ち寄ると、15時から作家さんのギャラリートークがあるというので、そのうちのお一人、大阪出身の木版画の作家、宮本承司さんのギャラリートークを最後まで聞くことにしたのです。
しいのき迎賓館

なぜ聞こうと思ったか、それは彼の作品が寿司をモチーフにした作品だったか名です。

寿司が好きな私にとってはネタ的にも美味しいのです。^^;

実際、この日のランチも寿司を食べてきたばかり!これも何かの縁でしょう!?(笑い)

展示会場に飾られていた作品のほとんどは、木版画シリーズ「木版おすし」で、写実的と言うより木版画の特徴を生かして、江戸の浮世絵でも使われている「ぼかし刷り」などの技法を駆使して、ある意味なまめかしいお寿司を描いています。

なかなか面白いです。
しいのき迎賓館 (3)

残念ながら版画自体の写真撮影が不可だったのですが、彼の写真を写すときにバックに一部写っていますが、興味のある方は、こちらのページをご覧ください

彼は昨年12月からこの1月中旬まで、金沢湯涌創作の森で滞在して制作するプログラムに参加していました。

そこで制作した「鰺(あじ)」という作品では、ネタ部分に金沢の銀箔をあしらうなど新しい試みにもチャレンジしています。

あと、この日が最終日だったので、終了後に実際に会場で刷られた木版画の寿司をもらうことが出来ました。
しいのき迎賓館 (4)

こんな感じです。まぁ、簡単に刷ったものでしょうから、実際の作品に比べるわけにはいきませんが……。

最後に再度お伝えしますが、「金沢ブランド100」「金沢湯涌創作の森 レジデント作家2人展」とも28日で会期は終了しています。

金沢はアートの面でも面白い街だと再認識させられた半日でした。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ