あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:とんこつ

「マル九ラーメン 小松インター店」については昨日紹介しました
まる九片山津 (9)

その流れで、翌週に片山津インター店に行って食べてきましたので連続で紹介します。

こちらのお店も、小松インター店と同じく、前は「虎と龍 片山津店」だったところを、ほぼそのまま使っています。

「虎と龍 片山津店」の時は2度ほどお邪魔しましたが、その時は混んでいました。

お店の広さは、小松インター店に比べると3分の1くらいの広さです。入れる人数は小松インター店の半分ほどでしょうか?

お店はお二人で切り盛りされていました。
まる九片山津 (3)
まる九片山津 (2)

メニューは、こちらも小松インター店と基本的には同じですが、サイドメニューの品数が絞られていますね。
まる九片山津 (5)

カウンター席に2人掛けのテーブル席が3つ、4人掛けが1つです。この日は順番待ちが出来るほどでした。

私は、前回小松インター店に行った時に気になっていた「味噌とんこつカレーらー麺(820円)」を頼んでみることに。こちらは期間限定のメニューです。
まる九片山津 (4)

辛し高菜を食べながら待ちます。

最初、小松インター店で食べた「味噌とんこつらー麺」にカレーがかけられているのかな?と思いましたが、出されたのがこちらです。
まる九片山津 (7)

とろっ、さらっの中間のような感じで、スープは少なめでした。

とんこつスープに、味噌とカレー粉を混ぜたのでしょうか?それほど量が出るとは思えないので、一から作るのは手間とコストがかかる過ぎると思います。

「味噌とんこつらー麺」に比べて野菜は少なめです。たっぷりかかっていた刻みネギもありません。
まる九片山津 (8)

麺は「味噌とんこつらー麺」と同じく玉子麺。

で、肝心の味のほうですが、味噌とカレーをちょうど足して半分で割ったような味でした。これはこれでアリだとは思います。
まる九片山津 (6)

一緒に行った人が頼んだ「九州とんこつらー麺(680円)」です。

「マル九ラーメン」の小松インターと片山津インターのお店を2日続けて紹介しました。

「虎と龍」ブランドから新しい「マル九」ブランドへの変更が吉とでるか!?注目したいと思います。ご馳走様でした。

マル九 片山津インター店
石川県加賀市伊切町い-266
TEL 0761-74-0910
11:00~15:00
17:00~22:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介します「ラーメン若」は加賀市山代温泉桔梗丘に本店があります。

この場所に移転する前のお店には一度行ったことがあります。前に行った内容は移転されたので削除してしまいました。

加賀の本店は夜しか営業していないので、なかなか行けませんね。

「ラーメン若 小松店」の場所は、今江の「笹はら 小松店」が営業していたところ。「笹はら 小松店」は、福井が本店でつけ麺が美味しいお店でしたが、昨年12月にオープンしてから1年経たずの間に閉店してしまいました。^^;

閉店と言えば、小松インターの近くに昨年5月にオープンした「虎と龍 小松インター店」も、半年ほどで閉店してしまっています。^^;

う~ん、どうなのでしょう?小松はラーメン激戦地になったということでしょうか?

人口当たりのラーメン店の軒数が多いか少ないかわかりませんが、中華料理店を含めると確かに多いかもしれません。

それに昨年オープンしたイオンモール新小松内の飲食店の影響もあるのかもしれません。

あと、南加賀のラーメン店で言えば、8番らーめんと寶龍のエージグループの、ある意味2強の存在も見逃せないと思います。

そういえば、上記の閉店した2店舗の近くにも寶龍がありますね。

ということから小松は、新規ブランドのラーメン店の競争環境としては厳しいものがあるということでしょう?
ラーメン若

さて、新しい「ラーメン若 小松店」。実は1月7日にも一度行ったのですが、何と!正月明けのお休み。その3連休間はずっとお休みでした。

内外装は「笹はら 小松店」のときのほぼ居抜きです。
ラーメン若 (4)

テーブルとイスは新装していますが、内装のイメージとは合っていないような気がしました。特にイスが。^^;
ラーメン若 (7)

ラーメンのメニューがこちら。味はベースがとんこつ。それに味噌や醤油を加えた他の味も揃えています。

私はその中からおすすめと書かれていた「みそとんこつラーメン(税抜830円)」を頼むことに。ここは素直におすすめの品を頼むのが賢明です。
ラーメン若 (5)

まずはスープを一口。

見た目は辛そうに見えませんが、最初は意外と辛く感じました。スープ自体は飲みやすかったです。

具は、バラチャーシュー、味付け玉子、岩のり、メンマ。ネギは多め。
ラーメン若 (6)

麺は細麺ですが、博多ラーメンで使われるものよりは若干太めで、加水率は低そうです。ただ麺の茹で方を固めに指定しなかったのが失敗でした。^^;

あと、一緒にこちらの餃子を頼んでみました。
ラーメン若 (2)

大きなサイズで5個(税抜350円)。餡はニラがたっぷりなものでした。
ラーメン若 (3)

タレは酢・醤油・ラー油で自分で作ります。

そういえばランチにはライスが無料と入口の張り紙に書かれていましたが、オーダー時に聞かれませんでした。^^;

あと希望としては、ラーメンと餃子で1,200円以上かかってしまうので、ランチ時は餃子や半チャーハンなどセットメニューがあるとうれしいですね。

冒頭も書きましたが、小松でのラーメン競争に勝ち残ってほしいと思います。ご馳走様でした。

ラーメン若 小松店
石川県小松市今江町5-373-1
TEL 0761-22-6776
11:30~14:00
17:30~22:45
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は久しぶりにラーメンの話題です。

12月に鹿児島に行った時にお昼に食べた「Noodle shop KUU(クウ)」というお店です。
ヌードルショップ クウ (8)

鹿児島ラーメンといえば、基本、とんこつベース味ですが、若干しょう油などが加えられていて、それほど白濁したスープではありません。ただ、お店によって少しずつ違った味なのが鹿児島ラーメンの特徴といえば特徴です。
ヌードルショップ クウ (2)

また、鹿児島ラーメンのお店では甘酢大根の千枚漬けが出されるところが多いのですが、こちらのお店では出ませんでした。

メニューはスタンダード設定されているラーメン類がこれら。
ヌードルショップ クウ (5)

基本はやはりとんこつ味ですね。あと「からねぎ」「みそ」「たんたんめん」「からみそ」のバリエーションと、つけ麺もありました。

私はこれらではなく。お店の外にも張り出されていた、12月限定のラーメンを頼むことにしました。

これが「紅白」とネーミングされたラーメン。ボリューム感がありますね。
ヌードルショップ クウ

ネーミングの由来をお聞きしなかったのでわかりませんが、12月限定なので紅白歌合戦にかけているのでしょうか?ビジュアル的には紅白ではなかった気がします。

とんこつをベースで、背脂もだいぶ使っているようです。かつお節・ニンニク・大きな海苔がトッピングとしてプラスされています。ニンニクが入っていましたが、スープはそれほど臭みも少なく美味しかったです。

それに、白ネギたっぷり、ゆで卵半分と、チャーシューも厚くて大きなのが入れられていました。
ヌードルショップ クウ (3)

麺はこちらのお店では初めて使用する中太麺なのだそうです。かん水もあまり加えていない感じで白っぽいストレート麺です。モチッとした食感でとんこつ味にも合いました。満腹になりました。

再度になりますが、これは昨年12月末までの限定メニューで、いまはやっていないのであしからず。
ヌードルショップ クウ (4)

一緒に行った人が頼んだのは、こちらのとんこつラーメンに味玉子(120円)をプラスしたラーメン。
ヌードルショップ クウ (6)

あとチャーシュー丼も食べていました。よく食べます。(笑い)

お店の外観や内装はラーメン店とは思えないような作りで、我々が行った日も女性2人連れのお客さんも食べに来ていました。ラーメン自体も女性受けするような感じです。ご馳走様です。

Noodle shop KUU(ヌードルショップ クウ)
鹿児島県鹿児島市西田2-21-16
TEL 099-221-1017
ランチ11:30~14:00
(日祝は~15:00)
18:00~23:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

2017年5月2日に小松インター近く、「らーめん寶龍」の目の前に新しいラーメン店がオープンしました。

それは、私も昨年ブログで紹介したことがある、片山津インターの近くの「虎と龍」の小松インター店です。

九州のとんこつラーメンをウリにしているブランドのチェーン店ですが、前にも書きましたが神戸に本部があるお店のフランチャイズのようです。

そのため、お店があるのは兵庫と大阪など関西。そして北陸のみとなっています。

実は、博多ラーメンのとんこつ味のお店でも、福岡以外に本店があって、福岡県内に一店もお店を持っていないところが意外に多くありますが、こちらもその一つです。

一時のとんこつラーメンブームの時に、その人気にあやかろうと色々なところが参入してきた結果かもしれません。

私も2年間、福岡市に住んでいたことがあるのですが、福岡の人にはかたくななまでの「とんこつ&地元愛」があり、さらにはそのとんこつ味についても一家言を持っているのです。

全国的に有名な「一風堂」や「一蘭」すらも、福岡の人に言わせたら「博多ラーメンじゃなか」といわれる始末。なかなか厳しいのです。

さて、話を本題に戻します。

「虎と龍 小松インター店」は、この5月2日にオープンしたばかりのお店です。前はコンビニだったところをリニューアルしています。
虎と龍

私が伺った5月中旬。お店の前には開店祝いの花輪が飾られてしました。
虎と龍 (15)
虎と龍 (5)

店内は広いです。内装はあくまでもシンプル。カウンター席が多めで30名ぐらい入れそうです。
虎と龍 (13)

壁には「虎と龍」の特徴がでかでかと掲示されています。
虎と龍 (2)

メニューはこんな感じで、基本はあっさりの「博多の虎」とこってりの「久留米の龍」の2種類のとんこつラーメンです。値段は両方とも650円。

麺は極細の低加水率極細ストレート麺と玉子を練り込んだ熟成生麺のどちらかを選ぶことができます。そして、トッピングの追加。
虎と龍 (3)

セットメニューもあります。
虎と龍 (4)

他にオリジナルのラーメンも何種類かありました。

私は、前回、片山津インターのお店で「こってりの久留米」を食べたので、今回は「あっさりの博多」でお願いすることにしました。

麺は、前回はストレート麺だったので、玉子を練り込んだ熟成生麺にしようかとも思っていたのですが、博多ラーメンには極細ストレート麺が合う!ということで結局今回も極細ストレート麺でお願いしました。
虎と龍 (8)

出されたのがこちら。

福岡のラーメン店のように小ぶりの器で丸いお盆の上に乗せられて出されます。

具材は小さめのチャーシュー3枚、キクラゲ、たっぷりのネギ。白ゴマも最初からかけられています。

ちなみに長浜ラーメンは「肉、ネギ、ごま」と「紅しょうが」。博多ラーメンは「薄めのバラ肉三枚、キクラゲ、細いメンマ、ネギ、ゴマ、(+海苔)」が正統派です。
虎と龍 (9)

麺は「かた」でお願いしました。
虎と龍 (6)

カウンターには、お約束の紅しょうがと辛子高菜が置かれていて、無料で入れ放題。
虎と龍 (11)

味的には臭みやクセもなく、万人受けするとんこつラーメンだと思います。

あと私は餃子も頼んでみました。
虎と龍 (7)

出されたのは福岡の小ぶりな餃子。中に餡がギュウギュウに使っていて、こちらもなかなか美味しかったです。

片山津インター店のときと今回、2回「虎と龍」のラーメンを食べてみて思うのは、そつなくまとまったラーメンだな、といった印象です。

目の前に人気の「らーめん寶龍」がありながら、堂々前に出店するということは自信があるのでしょう?これからの両店の競い合いを外野から拝見したいと思います。ご馳走様でした。

虎と龍 小松インター店
石川県小松市長崎町2-100
TEL 0761-58-2958
11:00~15:30
17:30~22:00
月曜休(祝日の場合は翌日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松駅前で長年親しまれてきたそば・うどん・丼のお店「浪花そば」。惜しまれつつ一昨年に閉店しています。
西村屋 (6)

そのあとを、ほぼ居抜きで「横浜家系ラーメン 西村家」というラーメン店が出来ています。
西村屋 (5)

さて、暑い間はラーメンを極力控えてきた私も寒い季節には、手軽に食べに行けるラーメン店は重宝します。

家系のラーメンといえば、基本は豚骨と鶏ガラを使った濃い醤油味のスープが特徴で、他にはストレートの極太の麺、大きな海苔が付いてくることも特徴となっています。あと、ほうれん草も定番ですね!?

家系も20年ほど前に第一次ブームがありましたが、その時、石川県までは波及しなかったと思います。

そして昨年あたりから第二次ブームなのだそうです。全国的に新しい家系のお店が出来てるようで、ついに小松にもその波が押し寄せてきたということでしょうか?

「横浜家系ラーメン 西村家」。調べてみると、相模原の上溝に同じ名前のラーメン店がありましたが、総本店をいう呼称は付いていません。

でも小松が総本店?他に支店はあるのでしょうか?特に聞かなかったのでわかりませんが。^^;

この日、一軒目にとある会合に行って飲み食いしていたのですが、肉料理が多かったのであまりお腹が膨れていませんでした。

そこで、天気も良かったこともあり、家までぶらぶらと帰る途中、ふらっと入ってみることにしました。

メニューはこんな感じですが、基本はラーメンとトッピングの組合せのみです。

私は一番ベーシックな750円のラーメンを頼みます。出されたのがこちらです。
西村屋 (2)

確かに具は家系の要素を満たしていますね。チャーシューは2枚ですが薄かったです。

いまは、豚骨醤油味のラーメンも、家系でなくても全国どこでも食べられるので、味的にはそれほど感動するわけではありません。
西村屋 (4)

麺は極太の縮れ麺でした。本来はもう少しストレートな麺が家系では使われていると思いますが、この縮れ麺もスープが絡んでよかったです。太いので麺の存在感が大きく、よく噛んでから喉の奥に運ぶ、といったイメージで食べる必要があります。

麺の量が少し少な目で、私は1軒目で食べてきた後だったのでちょうどよかったですが、ランチだと、中か大あたりにしないと男性だと物足りないかもしれません。

いずれにせよ、地元で色々なラーメンの味を楽しめることはいいことです。また、場所柄、夜飲んで締めのラーメンといった利用の仕方も多いでしょう?末永く営業されますことを願っております。ご馳走様でした。

横浜家系ラーメン 西村家
石川県小松市土居原町3-200
TEL 0761-23-7008
火~木・日
11:00~14:00
17:00~24:00
金・土
11:00~14:00
17:00~26:00
月曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ