あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:たこ焼き

大阪は「食い倒れの街」と呼ばれるほど、食に関しては他のエリアより厳しい評価基準があるかもしれません。

「美味い、早い、安い」。よく「三拍子揃った」といわれますが、「美味い」はたぶん全国的にも一番重要でしょうが、大阪では「安い」も「美味い」と同じくらい重要な要素となっているからです。

それは梅田とか難波とかの土地代の高い場所でも同じで、「美味くて安い」ことが繁盛店の大きなポイントになっていると思います。

さて、阪神百貨店の地下2階にあるスナックパーク。昨年6月にリニューアルオープンしたいわゆるフードコートで、リニューアル以来多くの人で賑わっていて、立ち飲みの聖地に進化した感があります。

阪神百貨店スナックパークについては、私のブログで「焼きスパ&ワイン ROMA-KEN(ローマ軒)」について紹介したことがあります

今回も帰りに立ち寄りましたので、2軒のお店について紹介したいと思います。

まずは、「立ち喰い魚 ふじ屋」。こちらは前の阪神百貨店旧スナックパークのときにはなかったお店で、昨年リニューアルオープンした時に新顔として加わっています。
ふじ屋 (3)

阿倍野のルシアスビルにある「スタンドふじ 本店」の姉妹店として「魚屋40年の目利きの旬魚で30分魚チャージの店」をウリにして営業しています。

ちなみに同じルシアスビルにある、同じく姉妹店の「スタンド富(とみ)」へは、こちらに来る前日のランチにお邪魔しました。^^;
ふじ屋 (4)

メニューです。
ふじ屋

こちらのセットはハイボールと刺身三種盛り、そして大根と玉子のおでんが付いて1,000円!
ふじ屋 (2)

安いです!魚屋さん直営は伊達ではありません。

そして刺身の新鮮さは北陸の飲食店にも負けていない気がしました。

さすが「美味い、早い、安い」の3拍子揃ったお店だけのことはありますね。ご馳走様でした。

立ち喰い魚 ふじ屋
大阪府大阪市北区梅田1-13-13
 阪神梅田本店B1Fスナックパーク
TEL 06-6345-0356
10:00~22:00
無休

お次は「元祖ちょぼ焼き本舗」です。こちらは旧のスナックパークのときからあったお店です。
ちょぼ焼き (3)

ちょぼ焼きとは、今のたこ焼きの原型となった食べ物で、上下2段になった箱型のカンテキと呼ばれる七輪で焼いたいわゆる粉物です。

大正から昭和前半の時代に、子供のおやつとして人気だったようです。

実は私はちょぼ焼きを食べるのは今回が初めてでした。^^;

今回はついでといっては何ですが、食べてみることにしました。

小さめのハイボールと、たこ焼き4個、そしてちょぼ焼きが付いた「阪神セット(700円)」という名のセットを頼みました。
ちょぼ焼き

ちょぼ焼きの名の由来になった凹凸が付いた、ワッフルのようなビジュアルです。

生地の中にはこんにゃく、ねぎ、紅ショウガが入っていて、意外に出汁のきいた味です。美味しいです。
ちょぼ焼き (2)

これはハイボールに合いますね!?

たこ焼きは外はカリッと、中はジューシーでした。

700円で満足度高かったです。さすが「食い倒れの街」大阪。ご馳走様でした。

元祖ちょぼ焼き本舗
大阪府大阪市北区梅田1-13-13
 阪神梅田本店B1Fスナックパーク
TEL 06-6345-1201
10:00~22:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

この頃毎週、山中温泉に行っている気がします。

この前の週も実は「たこ焼き つぼ家」に行くために山中温泉に行きましたが、お休みだったために別なお店に行っています。
つぼ家 (13)

そこで今回はリベンジです。ちょうど台風24号の影響で秋雨前線が刺激され大雨が降っている日でした。
つぼ家

「たこ焼き つぼ家」、前は片山津温泉で営業されていましたが、昨年クローズされて、その後、満を持して山中温泉に移転してきたのです。移転の理由は聞いていません。

人気のお店で、温かい時期は平日はお休みというところです。私のように会社勤めには問題ないのですが。

営業開始が12時と少し遅め。お店が開くまで駐車場で待って一番乗りでお店に入ります。
つぼ家 (17)

了解を頂き店内の写真を写します。
つぼ家 (6)

古民家をオーナー自らコストをあまりかけずにコツコツと改装を行っています。
つぼ家 (8)

片山津のお店もそうだったようで、何でもやっちゃうんですね!?
つぼ家 (3)

メニューはこんな感じです。
つぼ家 (7)

イートインメニューとテイクアウトメニューがあって、個数が違うので金額も違います。

注文を受けてから低温でじっくりと焼きあげいるたこ焼きは、他のお店とは明らかに違う食感です。出来上がるまで少し時間がかかります。テイクアウトの場合は電話で事前にオーダーしていく方がいいでしょう?

たこ焼きの形状は少し俵型というか、達磨型というか、サイズも大きめ。どちらかというと、モチッとした食感で、今流行りの外がカリッ!中がとろ~りとしたたこ焼きとは一線を課しています。

こちらではつけるソースなどの味付けにもこだわっていて、何種類もの味を楽しめます。
つぼ家 (2)

メニューを見ただけではどんな味かわからないと思うので、最初に行った時は、「つぼ家セット(750円)」がおすすめかもしれません。

片山津温泉にお店があった時に私が頼んだのも「つぼ家セット」でした。で、結局今回もそうしました。

このセットは、「オリジナルハーブ岩塩」「だし割りしょうゆ」「王道の特製ソース」の3種類を4個ずつ楽しめる、お試しに最適のセットになっているのです。一番ベーシックな組み合わせかもしれません。ちなみに片山津温泉のときは3個ずつで600円でした。
つぼ家 (9)

出されたのがこちら。マヨネーズをかけるかどうか聞かれたので不要と伝えました。

1種類ずつ順番に食べていきます。

「オリジナルハーブ岩塩」はシンプルに生地の味を楽しめます。「だし割りしょうゆ」はだしのうま味がたこ焼きの中まで染みて美味しい。「王道の特製ソース」はたこ焼きならばやっぱりこれ!という方が多いでしょうね?

定番の青のりはかかっていなくて、削り節のみかけられていました。
つぼ家 (14)

お店で食べたのはこの「つぼ家セット」だけですが、家にお土産として2種類のたこ焼きを買いました。
つぼ家 (15)

人気No.1と書かれていたネギがたっぷりかけられている「ネギしょうゆ(8個入り650円)」と「辛うまソース(8個入り500円)」です。
つぼ家 (16)

「辛うまソース」は、最初の口当たりは甘いのですが、徐々に辛さが口の中に広がります。クセになりそうな味ですね。

オーナーはイタリア料理店で働いていた経験を持っていて、その経験がたこ焼きに中にも行かされているのでしょう?

ホームページも製作中で乞うご期待ですが、冬期間以外は平日はお休みなので注意してください。ご馳走様でした。

つぼ家
石川県加賀市山中温泉西桂木町ル308
TEL 0761-78-2188
現在は土日のみの営業で12:00~22:00
12月からは平日15:00~22:00,土日12:00~22:00
4~11月月~金曜休
12月~3月は月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

9月も中旬になって涼しくなってきたら、熱い食べ物が恋しくなってきますね。

私のブログであまり紹介していない粉物。これからが季節と言えるかもしれません。

さて、山中温泉もたこ焼き激戦区になってきました。

9月には、前に片山津でお店を構えていた人気のたこ焼き屋さん「つぼ家」も山中温泉で移転オープンしました。
ぼんたこ (11)

今日紹介します山中温泉の総湯のすぐそばにある「ぼんたこ」。場所的にはいいところだと思います。
ぼんたこ (3)

今年の2月26日オープンした、まだ新しいお店で、お店の造りも町家風の趣。前に一度お店の前まで行ったことがあるのですが、残念ながらお休みだったことがあり、今回がリベンジでした。

行ったのは暑いお盆の休み中。中に入ると女性の方が2名で切り盛りされていました。
ぼんたこ (4)

メニューには色々な種類のたこ焼きがありましたし、たこ焼き以外にもピザや焼きそば、それにお惣菜などもありました。
ぼんたこ (5)

たこ焼きもピザも粉物ですが、今の時代、たこ焼き一本で勝負するのは難しくなってきたようです。
ぼんたこ (7)

ピザとたこ焼きはテイクアウトはもちろんですが、店内にテーブル席があって、ゆったり座って食べることが出来ます。

私が頼んだのは、たこ焼きは「ネギ塩タレ6個入り(470円)」。
ぼんたこ (9)

ネギ塩タレは別の入れ物で出されます。それをたこ焼きにかけて食べました。

ここのたこ焼きの特徴はオリーブオイルを使って焼いていること。女性ならでは?

外はカリッと中はトロ~で美味しかったです。塩ダレにも合うたこ焼きでした。
ぼんたこ (8)

あと、お散歩ピザ(450円)のカレー味も頼みました。思ったよりも小ぶりでしたが、生地はモチッとしていました。カレーも焼かれているので歩きながら食べられるのもいいですね。

さて、激戦区となってきた山中温泉のたこ焼きのお店、今後も目が離せないです!ご馳走様でした。

ぼんたこ
石川県加賀市山中温泉湯の出町レ8
TEL 0761-78-3180
11:00~16:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

少し時間が経過してしま志ましたが、皆さんはお盆の期間に外食はされているでしょうか?

我が家でも、お盆とか正月は妹家族と一緒に会食するのですが、9~10名となるとなかなかお店選びも大変です。

ちょうど、お盆や正月は休みになる所も多いということもあります。毎回悩むところです。

さて、そんな会食の場所として今回選んだのは、これまでも時々利用させていただいていた飴屋町の居酒屋「いもたこなんきん」です。
いもたこなんきん


いまこのビルの2階には完全予約制の部屋まで出来ているようです。

何度も紹介したことがありますが、名前の由来は、女性が大好きな食べ物が「いも・たこ・なんきん」だというところからです。ユニークな名前ですよね?

こちらへは、お店がオープンした時から行っていますが、オープンしてから20年以上経っているのではないでしょうか?

まずは生ビール(550円)で乾杯です。
いもたこなんきん (3)

突出し(380円)はひじき煮でした。

ここは「自家製ギョーザソーセージ(480円)」が人気で、小松の木場潟道の駅でも冷凍のものが売られていたりします。
いもたこなんきん (4)

その他色々食べましたが、写真を写しているものを中心に順不同で紹介していきます。なお記載の単価は税抜です。
いもたこなんきん (13)

ぶりトロのお刺身(950円)は、さすがに脂が乗っていました。
いもたこなんきん (11)

う巻(880円)は出来立て熱々で美味しかったです。
いもたこなんきん (7)

お刺身盛合せは2人前で3,160円。内容はぶり・サーモン・白身・マグロ・甘海老。
いもたこなんきん (5)

生ダコのカルパッチョ(780円)。
いもたこなんきん (12)

生タコの薄造り(780円)はポン酢で食べました。
いもたこなんきん (9)

サラダとして頼んだのは生ハムとトマトサラダ(780円)。
いもたこなんきん (10)

これは炙り牛おろしポン酢(780円)。私は食べていません。
いもたこなんきん (6)

この「いもたこ風」治部煮(890円)は、若鶏とキノコの治部煮になっていました。変わっていますね?こちらも私は食べていません。
いもたこなんきん (14)

スパイシーポテト(480円)はピリ辛で食べ出したら止まりませんでした。
いもたこなんきん (15)

揚げたこ焼き(480円)は熱々。カマンベールチーズフライ(580円)も熱々でした。食べるとき注意が必要です。

締めに玉子雑炊(580円)頼んだのですが、写真撮り忘れです。^^;

お酒も色々頼みました。県外に住んでいる息子は農口尚彦研究所の酒をオーダーしていました。

農口尚彦研究所の夏酒をデキャンターで(1,380円)。石川県産の五百万石60%精米を使用している生酒。さらっとした口当たりで飲みやすい日本酒でした。
いもたこなんきん (8)

この後、大吟醸と吟醸、そして立山梅酒なんかも頼んでいました。

以上、9名で飲み食いして38,000円ほど。思ったよりは安かった気がします。確かにいつもリーズナブルでメニューの種類が多く、味の面でも満足できる居酒屋です。ご馳走様でした。

いもたこなんきん
石川県小松市飴屋町22
TEL 0761-21-8303
 夢館ビル1~2F
17:30~24:00(L.O.23:30)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログで粉物の紹介がめっきり少なくなった気がします。

基本的にはたこ焼き・お好み焼きの類は好きなのですが、日常的に食べなくなりました。

年をとってきて炭水化物を控えるようになったので、おやつ的な要素の強いと勝手に思っているこれらの品々は、なるべく食べないようにしているからです。^^;

しかし今日は久しぶりに、そんな粉物の話題です。

話は変わりますが、山中温泉あたりに最近新しいたこ焼き屋が出来ています。

つい最近も山中温泉の街中にたこ焼き屋が出来たということで、そちらにも行ってみましたが、残念ながらこの日は休みでした。

ということで、前々から店の前を通るたびに車が止まっていて気にはなっていたお店に行くことにしました。

それは、小松方面からだと山中温泉に入る四十九院トンネルの数百メートル手前にあります「たこはな」です。
たこはな

こんなところでは商売が難しいのでは?と思っていましたが、とても人気なようです。

この日も、オープン12時少し過ぎた時点で、数組のお客様が待っていました。

作り置きしていないことがウリで、注文を受けてから作り始めるらしいですが、日曜日ということで多くのお客様が来ていてフル回転で焼いているように感じます。

私も注文してから15分ほど待ったでしょうか?事前に電話でオーダーをしてから受け取りに行った方がよかったかもしれません。

メニューはこんな感じです。
たこはな (7)

この中から私が買い求めたのは、たこ焼きと焼きそばです。

たこ焼きはベーシックなソース味でネギのせ(550円)をお願いしました。
たこはな (3)

8個入りで大ぶりのたこ焼き。基本テイクアウトのみで家に持って帰ってから食べましたが、出来立てで熱々で家に帰ってもまだ熱々で食べることが出来ました。
たこはな (6)

たこも大ぶりでした。

ただ、たこ焼き自体は相当柔らかです。関西では外はカリッと中はとろ~りが流行りです。好みが分かれるかもしれません。

焼きそばのほうは「塩だれレモン味」にしてみました。
たこはな (4)

麺ハーフが選べたのでそちらにしましたが、350円でほとんど普通の焼きそばぐらいのボリュームがありました。

普通サイズが300gとなっていたので、ハーフで150g。確かに普通の焼きそばぐらいのボリュームです。

塩だれの塩梅もよく、ほんのりレモンの爽やかな味がして食欲がそそられます。

ただ、この焼きそばのほうを最初に食べたら、たこ焼きを食べ始めたらすぐにお腹がいっぱいになってきて、たこ焼きのほうは半分ぐらいしか食べることが出来ませんでした。^^;

これからの季節は少し暑くなってくるとたこ焼きも敬遠しがちになりますが、まだまだ大丈夫です。

おやつとして食べるだけではなく、主食としてもokなボリュームでうれしいお店なのではないでしょうか?ご馳走様でした。

たこはな
石川県加賀市山中温泉四十九院町ト115-5
TEL 090-7083-0387
12:00~19:00ごろ
ネタがなくなり次第終了
月・火曜休
祝日の場合、営業する事あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ