あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:たこ焼き

小松市末広町にある小松運動公園。そこにある丸い形の体育館。いまは義経アリーナという名前です。

私の学生時代は部活の試合などでよく来たのですが、自分の子供達のときはここを使うスポーツをやっていなかったので、それ以来あまり来なくなりました。

その義経アリーナの隣に氷屋があり、夏はかき氷が人気。学生達で賑わいます。

私はこれまで夏の時期にかき氷を食べに何度かお店を訪れたことがありましたが、いつも多くの人がお店の中や周りにいて諦めています。

今回、そんなかき氷の季節ではない、冬の時期に初めて店内に入りました。
町の氷屋さん

「氷屋 町の氷屋さん」は氷の販売もやっているようです。

この日は、ランチを食べに来ました。
町の氷屋さん (3)

さすがにかき氷を食べに来ている人はいません。

私が小さい頃を思い起こせば、たこ焼きやお好み焼きのお店は夏にはかき氷をやっていました。

これは今の時代も同じで、こちらは店名の通りかき氷がメインなので、閑散期の冬は逆にたこ焼きと焼きそばなど温かいものを売らないと、開店休業状態になるわけです。
町の氷屋さん (2)

外に出ていたメニューです。

私はこの日焼きそばを頼むことに。

キムチ味や塩キムチ味が気になりましたが、小松ならば塩味ですね。400円。安いですね。

たぶん量が少ないと予想して、出来上がるのを待つ間に、たこ焼きを食べることにしました。

たこ焼きはすでに作ってあったものが保温ケースに入っているのがわかったので、すぐに食べられました。

味は塩だれ、醤油、ネギポン酢、ネギポン酢キムチなんてのもありましたが、ベーシックなソース味をチョイス。こちらも6個で400円。大粒サイズです。削り節がたくさんかけられています。
町の氷屋さん (5)

まぁ、焼き立てではないので、中のとろみが少なくなっています。

そして食べ終わるタイミングで焼きそばが出来上がりました。
町の氷屋さん (6)

小松塩焼きそばとは違って、シンプルにソースの代わりに塩で味付けられている鉄板焼きそばです。

焼きそばとたこ焼きでちょうどお腹が満腹になりました。

夏に一度かき氷を食べに来たいと思います。ご馳走様でした。

氷屋 町の氷屋さん
石川県小松市末広町84
TEL 0761-24-5007
月~土8:00~18:30
日8:00~18:00
3~11月は無休
12月1日〜2月末までは土日祝日のみの営業
ただし隣接する体育館、施設等でイベントがある場合は営業する場合があります


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

大阪の堀江といえば、インテリアや家具、ファッションなど色々おしゃれなお店が立ち並ぶエリアです。

私が大阪に住んでいた時も何度か足を運びました。

今回宿泊したホテルが堀江エリアに比較的近かったので、堀江の北のほうにある居酒屋に行くことにしました。

「たこ焼きとおでん 石橋」という、こちらは株式会社SASAYAホールディングスというところがやっている居酒屋です。

こちらに行こうと思った理由は、もちろん久しぶりに大阪の粉物を食べたかったこと。そして、浅利出汁のおでんが食べられるといったことからでした。

阪神高速の四ツ橋料金所のそば。地下鉄の四ツ橋駅からもすぐ近くです。
たこ焼きとおでん 石橋 (2)

外観は、居酒屋風情満点。

営業時間は朝の4時まで!宣言解除で元に戻ったのでしょうね。
たこ焼きとおでん 石橋 (11)

店内に入ると、昔の民家を改装したような感じでした。ロフトの席もあるようでした。
たこ焼きとおでん 石橋 (7)

お品書きです。
たこ焼きとおでん 石橋 (5)

たこ焼きメニュー。
たこ焼きとおでん 石橋 (6)

おでんメニューです。
たこ焼きとおでん 石橋 (4)

「お店の楽しみ方」なんてのも、ありました。

初回なのと我々は2人だったので、基本、これに従って頼んでみることに。
たこ焼きとおでん 石橋 (10)

まずは生ビールです。

お通しは、うずらの卵でした。おでんかな?珍しいお通しです。

そして、「おでん五種盛り合わせ(1,386円)」。
たこ焼きとおでん 石橋 (14)

最初、2つオーダーしようとしたら、量が多いので1つで十分ではないですか?とお店の方が言ってくれたので、そのようにしたら、確かにそうでした。

自家製の練り物と牛すじ、シュンだ大根、コンニャク、そしてあさりがたっぷり。

浅利出汁は、おでん種として大量に入っているからなのでしょう。美味しいです。
たこ焼きとおでん 石橋 (12)

これは「塩だれきゅうり(418円)」。

酒のアテにいい。

こちらは、お店の楽しみ方に書かれていた「水蛸ポンズ(748円)」。
たこ焼きとおでん 石橋 (16)

大ぶりのたこが使われていますね。吸盤が大きいです。

たこを頼むと、時々固くてなかなか噛めないものが出されることがあるのですが、こちらのはそうではなく、適度な弾力でした。

締めはもちろんたこ焼きです。

おすすめの「しお」と「出汁」を頼みます。
たこ焼きとおでん 石橋 (19)

「しお」は自家製のゆず塩。

さっぱりとした、たこ焼き本来の味を楽しむことが出来ます。
たこ焼きとおでん 石橋 (18)

「出汁」はおでんの出汁で食べるたこ焼きで、あさりの出汁がいい仕事しています。

残念ながら「お店の楽しみ方」に書かれていたあさりかけ飯は、お腹が満腹になってきたので頼みませんでした。
たこ焼きとおでん 石橋 (15)

生ビールの後に頼んだアルコールは「メガハイボール(858円)」。
たこ焼きとおでん 石橋 (17)

そして「デュワーズハイボール(550円)」です。

以上を飲み食いして、一人4,200円ほど。まずまずのコスパでした。

おでんとタコ焼き以外にもおすすめメニューが色々あったのですが、今回は食べることが出来なかったのが残念です。ご馳走様でした

たこ焼きとおでん 石橋
大阪府大阪市西区北堀江1-1-3
 四ツ橋日生ビル別館 1F
TEL 050-5571-9555
11:30~翌4:00(L.O.3:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

加賀温泉駅は、加賀温泉を利用する観光客が多く利用する駅です。
加賀温泉駅 (2)

現在、北陸新幹線の駅舎の建設が進んでて、昔の駅の面影は全くありません。

しかしながら、現在はコロナ禍のため、加賀温泉駅を利用するお客さんは大幅に減っていると思います。

駅に隣接するショッピングセンター「アビオシティ加賀」には、そんな観光客をターゲットにしたお土産売り場がありますが、我々が行った日曜のお昼時、そのエリアにお客さんは一人もいませんでした。

さて、そんな北陸新幹線の延伸をにらんで、「アビオシティ加賀」では店舗のリニューアルが行われています。
加賀食テラス (2)

今回、その一環としてお土産売り場に隣接したフードコートがリニューアルして「加賀食テラス」という名前で2月20日にオープンしたとTVや新聞のニュースで知り、妻と早々行ってきました。

新しくなった「加賀食テラス」は多目的スペースとなっています。
加賀食テラス (3)

木が基調の暖かく感じる空間。地場産の木材を使用していて、一部には赤い紅殻(べんがら)格子を用いてありました。
加賀食テラス (7)

あと、テレワーク可能なスペース、アーティストの作品展示ギャラリー、地元の魅力を映像で発信するデジタルサイネージなどの設置がしてありました。

前フードコートにもう一軒あった、自家製麺の加賀十万石うどんの「おいでや 加賀アビオシティ店」はなくなって、ピノキオという麺類やたこ焼きなどのスナックのお店が1軒だけ営業されていました。

我々はこちらで軽食程度食べていくことに。
加賀食テラス (4)

こちらがメニューです。種類は多いです。ただ、同じフロアにうどん・そばのお店があるため、こちらではうどん・そばのメニューはありません。
加賀食テラス (5)

たこ焼きのところにあった「ミックス焼き(税込460円)」というのが気になったので、そちらを注文。たこ焼きのたこの代わりに海老とホタテが入っているものです。
加賀食テラス (6)

やや大きめなサイズのが6個。マヨネーズは抜きです。

あと、こちらの「ミニラーメン(税込400円)」も。味噌・塩・とんこつが選べて、我々はとんこつ味を頼みました。
加賀食テラス (8)

ボリュームは確かにミニ。でも小腹が空いたときに食べるにはちょうどいいメニューですね。
加賀食テラス (9)

ただ、フードコートはスピードが大事ですが、それほど混雑しているとは見えませんでしたが15分以上かかりました。オープンして間がなかったので慣れていなかったのかもしれません。

フードコートとしては、一応スペース的にもう一軒お店が入る空間があったので、コロナ禍が過ぎれば別なテナントが入るかもしれません。ご馳走様でした。

ピノキオ
石川県加賀市作見町ル25-1
TEL 0761-72-8702
 アビオシティ加賀「加賀食テラス」内
10:00~20:00
休みはアビオシティ加賀に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

私のブログでは粉物のお店はあまり出てきませんが、先週に引き続きの紹介です。

今日紹介するのは「ポポ」というちょっと愛嬌のある変わった店名のお店です。

小松市内から国道305号線(旧8号線)を走り能美市に入ってすぐ、「麺屋 天」のお隣にお店はあります。
ポポ

喫茶店のような作りです。敷地奥にご自宅があるようでした。
ポポ (4)

店内は木の間仕切りで仕切られた空間に観葉植物がたくさん置かれていました。

テーブルごとに呼び鈴が埋め込まれていて、コロナ禍の前からこのような形にしていたのでしょうか?
ポポ (3)

こちらがお品書きです。
ポポ (2)

セットと一品料理、ドリンク。
ポポ (6)

定食メニューです。
ポポ (5)

種類が多いので何を頼もうか迷いましたが、結局、こちらのメニューに出ていた「サービスセット」という文字にひかれて頼むことに。

サービスセットは、たこ焼きが一人前の半分の5個とお好み焼き半人前、焼きそば半人前がセットになったもので、ボリュームたっぷり。
ポポ (7)

お値段は税込みで750円、2人分で1,500円というコスパ抜群のセットだと思ったので頼みました。
ポポ (9)

もっとも、帰ってから写真のメニューを見たら、お好み焼きが一人前600円、焼きそばが500円、たこ焼き10個が350円なので計1450円。

3種類頼んで2人でシェアしたほうが安かったです。

もっとも、2人の場合はそうですが、一人で行ったときは、3つの味を楽しめるのでいいでしょう?

ただ3つの味といっても、同じソース味なので。1.5人前だと途中で少し飽きてくるかもしれません。

お好み焼きはイカですが、妻のは豚に変えてもらっています。同じ値段でした。

なお、街のお好み焼き屋さんのように、自分が焼けるテーブルがありましたが、メニューには土日祝日はダメなようです。焼いてきてくれます。

濃い目の味だったので、お好み焼きのソースとマヨネーズ、たこ焼きのマヨネーズは個人的には自分の好みでかけたかった気がしますが…。

メニューそのものはお値段が抑えられていて、リーズナブルに楽しむことができるお店です。ご馳走様でした。

ポポ
石川県能美市大長野町リ-17-1
TEL 0761-57-1120
11:00~22:00
月曜休(祝祭日の場合火曜日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

コロナ禍の中、飲食業においては新しいお店をオープンさせることは相当勇気がいるのではないかと思います。

実際、小松市でも新店オープンを取りやめたりしているとの話も聞きます。

今後どのようになっていくのかはわかりませんが、景気の動向含めて難しい決断ですね。

さて、今日紹介します小松市飴屋町アーケード内に7月オープンした「たこ焼バル ももんが」。
たこ焼バルももんが (16)

こちらは場所的にはすぐ近くの東町にある「おばんざい」で気軽に飲めるお店として人気の「町屋ばる 山水悠」と同じ経営です。

本来ならば、この場所を居酒屋としてオープンさせる予定だったようですが、コロナ禍のためテイクアウト可能なたこ焼きをメインのお店に変更したということです。

そのため「町屋ばる 山水悠」で料理を担当している店長が掛け持ちで「たこ焼バル ももんが」のほうも切り盛りされているようです。

ちなみに「町屋ばる 山水悠」については、前回コロナ禍のなか、テイクアウトのお弁当を紹介しています

こちらがオープンする前からお店の情報を知っていたのですが、しばらく前に北陸朝日放送の番組で紹介されていたのを録画で観て、早々その週の土曜日のオープン時間に行ってみました。
たこ焼バルももんが (6)

お店自体は、前は小料理屋だったのでしょうか?そんな感じのお店で居抜きで使っていますが、たこ焼き中心に変更したため、外観から焼き場のところに受け渡しの窓口が新たに作られていました。
たこ焼バルももんが (7)

我々はランチタイムの早めの時間に伺いましたが、先客は居ません。
たこ焼バルももんが (8)

カウンター席に座り、メニューを見渡します。
たこ焼バルももんが (5)

たこ焼きや焼きそば以外にも居酒屋メニューがありました。
たこ焼バルももんが (9)

色々なものを食べてみたかったので、少しずつ頼むことに。

妻は「ももんがLUNCHセット」の「たこ焼き焼きそばセット(950円)」です。
たこ焼バルももんが (11)

焼きそばは、この手のお店で出される焼きそばそのものでした。
たこ焼バルももんが (12)

ドリンクと小鉢が一皿ついています。
たこ焼バルももんが (10)

ドリンクは妻はランチビールです。プラス200円でした。
たこ焼バルももんが (13)

たこ焼きはたこ焼きの味そのものを楽しむために素焼きを頼んでいます。

テレビの番組では「出汁が決め手」と紹介されていましたが、明石焼きのような感じで、出来立て熱々のたこ焼きは外はカリッと、中はクリーミーで出汁が効いていて美味しい!熱いのでやけどに気を付けなければいけないですが、素焼きで食べても美味しいたこ焼きでした。

カツオ&サバ節、シイタケなどから丁寧に取った出汁のようです。
たこ焼バルももんが (3)

私はこちらのたこ焼きメニューから2種類頼むことに。

メニューに書かれている3番が重複していたのはご愛嬌ですが、私はしばらく前に北陸朝日放送の番組で紹介されていた「ねぎゆず出汁醤油ポン酢(越田醤油と国造柚子)」が気になっていたのでそちらを頼んでみました。
たこ焼バルももんが (15)

出されたのがこちら。

テレビで紹介されていたのとは、少々違っていました。テレビではたこ焼きの素焼きの上にたっぷりネギが乗せられていましたが、こちらはたこ焼きは素焼きで、出汁醤油の中にのみネギ入れられていました。もしかしたら単品とセットでは違う?そんなことはないでしょう?
たこ焼バルももんが (14)

あと9番のこちらの「オリーブオイル&バジル」も頼んでいます。両方とも6個で各450円です。

個人的には出汁の美味しさを感じることが出来る素焼きで食べるのがおすすめです。

まだソースを食べていないので次回はそちらにしてみます。ご馳走様でした。

たこ焼バル ももんが
石川県小松市飴屋町63
TEL 0761-27-2203
11:00~23:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ