あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:そば湯

日本は細長いので、東と西では味覚の違いが大きいのです。

大体、滋賀県と静岡が、食文化の面で、東と西を分ける場所だと言われています。

有名なのは、日清食品のどん兵衛の汁の味で、関ケ原あたりで東と西の味が違うとのことです。

静岡県では、うなぎの裁きと焼き方が、浜松市で東西どちらも混在しているらしいですね。

さて、そばとうどんという区分けですが、大雑把な区分けでいえば、静岡県までの東がそばで、愛知県以西がうどんのようです(もちろん、東西どちらにも例外があります。例えば島根の蕎麦、埼玉のうどんのような)。

今回は、そんな静岡県の蕎麦屋さんの紹介です。場所は静岡インターチェンジの近くです。
蕎麦屋 神楽 (2)

小松から静岡に車で移動。お昼前だったのでそのままランチを食べにお店に入りました。

11:40頃だったのですが、すでにお店の前の駐車場も満車に近い状態でした。
蕎麦屋 神楽 (7)

店内はテーブル席が一杯で、カウンター席と小上がりの席が1テーブル空いていました。そこで我々は、中庭の見える奥のほうの小上がりの席に案内されました。
蕎麦屋 神楽 (6)

冷たい蕎麦のメニューはこんな感じです。ランチ用のセットメニューはありません。

4年前に来たときよりは少し値上がりしているみたいです。
蕎麦屋 神楽 (8)

その代わり?と言ったらなんなのですが、前は付いていなかったと記憶している、こちらの生わさびが付いてきました。
蕎麦屋 神楽 (4)

このようなお店にしては珍しく、人気メニュートップ10なんてリストもあって、私はその中から第4位の「神楽 天おろし(税別1,160円)」を頼みました。
蕎麦屋 神楽 (14)

石挽き自家製粉の透明感があって艶っぽい蕎麦。のど越しも抜群です。私のはぶっかけなので蕎麦そのものの風味を味わうことはそれほど出来ませんでしたが、すりおろしたばかりの生わさびを少し乗せて蕎麦を食べると、鼻に生わさびの風味が抜けて美味しく食べることが出来ました。
蕎麦屋 神楽 (17)

そしてゴマもたっぷりかけられて、梅肉が海苔に乗せられています。

天ぷらは、エビ1尾、穴子、季節の野菜としてニンジンとサツマイモでした。天ぷらは揚げ立てサクサク。美味しかったのですが、両方とも秋以降の野菜ですよね?^^;
蕎麦屋 神楽 (12)

一緒に行った人が頼んだのは、こちらのもりそば(690円)と、
蕎麦屋 神楽 (13)

小天丼(480円)です。こちらん天丼には海老と季節の野菜の天ぷらが乗せられていました。
蕎麦屋 神楽 (15)

最後は蕎麦湯が出されます。私のはぶっかけだったのでそば猪口も持ってきてほしかったです。^^;

4年前は、何となく食べたのか、あまり印象に残ったわけではありませんでしたが、今回は違いました。美味しい蕎麦でした。ご馳走様でした。

蕎麦屋 神楽(かぐら)
静岡県静岡市駿河区中野新田262-2
TEL 054-288-5752
11:00~21:00
平日11:00~15:00,17:00~21:00
無休(不定休有)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松三日市の老舗乾物屋さん「ふる里の味 すみげん」。
すみげん (11)

我が家でも贈答品を買い求めるためによく利用させていただいているお店です。

さて、昨年始めた手打ちそばの営業。オープンしてからすぐにお邪魔して私のブログでも紹介しています

基本、毎週、木・金・土の11時半~お蕎麦が無くなり次第終了ということですが、なかなかの人気で、売り切れになることが多いそうです。

ご主人が打つ自慢の蕎麦と、お店で扱うこだわりの昆布・鰹節・醤油で作られた自家製のそばつゆ。別妙な組み合わせで美味しくいただけました。

お店では、今年から新しいメニューが加わっています。それは「ネギ天ぶっかけ蕎麦(きのこ天付き、税別950円)」です。

今回、私はその蕎麦を食べるべく、とある平日に会社のメンバー3人と連れだって食べに出かけました。

お昼休みの時間も限られているので、事前に行く時間を告げて予約をして、その時間に食べられるように作っていたくことをお願いしてありました。
すみげん (2)

いつの間にか、お品書きも写真入りのが出来ていました。

ここは、大盛りが無料というのはうれしいです。もちろん、私は大盛りを頼みましたよ!
すみげん (5)

出されたのがこちらです。
すみげん (6)

天ぷらは揚げ立てでサクサク!

特にネギの食感と、甘みを感じる味。蕎麦屋さんの天ぷらのクオリティです。

きのこはしいたけです。しいたけはお店でも乾物としても扱っておられてお手の物です。

天ぷらは、つゆにつけずに塩でいただきました。

昆布・鰹節・醤油の出汁にこだわりが感じられます。蕎麦屋さんでよくあるような甘いそばつゆではなく、濃くしっかりとした味です。

商売柄ということもあるのでしょうが、今年、ご主人の息子さんが出汁ソムリエ一級の試験にチャレンジしています。

今でも十分に美味しいのですが、これからもっと出汁が美味しくなっていくことでしょうね?期待大です。
すみげん (4)

この日の蕎麦は北海道産。出汁の昆布は北海道利尻産。かつお節は鹿児島枕崎産の本枯れを使用して作られています。さすが老舗乾物屋さんです。素材にこだわっていますね!?
すみげん (8)

大盛りでお願いしたので、これでお腹も満腹になりました。
すみげん (3)

こちらは他の3名が食べたランチセットで、ざるそばに押し寿司、にしん、玉子焼き、煮物などが付いていました。こちらも美味しそうです。それにコスパ的にも満足。
すみげん (10)

もちろん最後に蕎麦湯も。

ランチに蕎麦を出し始めて1年半近く経ち、だんだんと蕎麦も出汁もバージョンアップしてきました。これからも美味しい蕎麦を食べさせてくれると思います。ご馳走様でした。

ふる里の味 すみげん
石川県小松市三日市町9
TEL 0761-22-4214
9:30~19:00
蕎麦は11:30~売切れ次第終了
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近、小松でも色々新しい飲食店がオープンしています。

グルメブログをやっているものとしてはネタ探しの点で歓迎すべきことです。

今回もそんな新しいお店の紹介です。

さて、他のカテゴリリーの飲食店はどうかわかりませんが、そば屋さんの場合、意外と定年退職後に趣味が高じてとか、脱サラされてとかでそば屋さんを始められる方が多いような気がします。
まつぼっくり

今日紹介する、4月末に新しくオープンした小松市北浅井町の「まつぼっくり」さんもそうかどうかはわかりませんが、お昼のみの時間の営業だったり、お店が大通りから外れていて住宅街にぽつりとあったり、何となくそんな雰囲気を感じさせてくれるお店です。

本当のことはわかりませんが、どなたかご存知の方が居たら教えてください。^^;

場所は犬丸屋の北浅井店の近くです。商売的にはそれほどいい立地だとは思いません。そんな場所に新しくお店を建て営業されています。

私は6月のとある日曜日の11:40頃にお店に到着しました。お店の前の駐車場は満車。お店の方に停める場所をお聞きして車を停めて中に入ります。新しいお店なのできれいです。
まつぼっくり (2)

お店の名前のとおり、入口には松ぼっくりが飾られていました。
まつぼっくり (5)

中は思ったより広く、カウンター席に、
まつぼっくり (14)

テーブル席。この写真はお客さんが全部帰られたあとのタイミングでうまく撮れました。
まつぼっくり (6)

小上がり席もあります。

そして奥には別に大きなテーブル席も。

この日は、小上がり席とカウンター席はすべて空いていましたが、テーブル席はすでに満席になっていて、私はカウンター席に座りました。
まつぼっくり (12)

壁にはこの日のそばの産地も掲示されています。

お店のメニューの中にあるお身の名前を冠した「まつぼっくりそば」は、この鳥越産のそば粉と北海道産のそば粉をブレンドして、二八で打っていますね。

鳥越産のそばは挽きぐるみで香りを。北海道産の更科系のそばでのど越しの良さを出しているのですね。
まつぼっくり (13)

お品書き(単品メニュー)はこんな感じで、
まつぼっくり (8)

他に定食や御膳といったセットメニューもありました。

私は、これらの中から「ぶっかけそば定食(1,250円)」を頼んでみました。
まつぼっくり (11)

出されるまで、そばぼうろうとそばかりんとうを、そば茶のお茶請けとして食べながら待ちます。
まつぼっくり (15)

出されたのがこちら。
まつぼっくり (17)

この定食には、先ほど紹介した鳥越産のそば粉と北海道産のそば粉をブレンドしたそばではなく、鳥越産の挽きぐるみのそば粉のみで打ったそばが使われています。

そばには、薬味としてネギ、大根おろし、生わさび、山芋のとろろが添えられていました。

まずは塩で少し食べます。挽きぐるみなのでそばの香りが鼻に通ります。
まつぼっくり (19)

そのあと、ネギ、大根おろし、生わさびを乗せ、つゆをぶっかけて食べ、
まつぼっくり (20)

最後にとろろを乗せて食べきりました。
まつぼっくり (7)

そば猪口が付いていたので、本当はそばつゆを入れて、そばは少しだけつけて食べたほうがいいのでしょうが、何せネーミングが「ぶっかけそば」ですから。(このような「そばの粋な食べ方と注意」が置かれていました^^; そばも粋に食べるのは大変です)
まつぼっくり (16)

あと、季節野菜のかき揚げ。こちらは能登の塩で食べます。野菜の甘みが引き立ちます。
まつぼっくり (18)

ご飯には、小松産のコシヒカリに、そばの実を炊きこんであるあるそばご飯が付いています。珍しいですね。
まつぼっくり (21)

そしてデザートとして、こちらにもそば粉と北海道産の小豆、寒天、煎茶を使ったそばようかんと、最後に出されたそば湯です。

そばようかんは甘さ控えめと書かれていましたが、私にとっては超甘かったので、一口食べた後残してしまいました。^^;

そば湯はめちゃとろみがあって個人的には好みのタイプでした。

営業時間が11:00~15:00ということで、同じ時間帯でコーヒーなど喫茶もやられているようですが、夜の営業はしていません。

小松にもそばのお店が近年多くできています。競争も激しくなってきていますね。ご馳走様でした。

手打ちそばカフェ まつぼっくり
石川県小松市北浅井町と59-3
TEL 0761-46-6707
水~金
11:00~15:00
土・日・祝
11:00~15:00
月、火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お久しぶりシリーズ。今回は11年ぶりの紹介のお店です。

加賀市の分校にある「お食事処そば善」というお店。
そば善

お食事処ですが、店名に「そば」の文字が付いているので、基本そば屋さんだと思ってもらったほうがいいかもしれません。

11年前は「そば定食」を頼んでいますが、その時のことはこちらをご覧ください

行った日は平日。通院とか所用があって母を連れて出かけてのランチで立ち寄りました。店内にはそばを打つ部屋もあります。

で、テーブル席に座りメニューを見てオーダーを済ませて店内を見渡すと、何と!まさかの写真撮影禁止の張り紙が!^^;

このため、撮影許可をもらうまでもないと思い、許可をもらうこともやめることにしました。そば屋さんでは初めての写真撮影禁止でした。

写真が写せないお店については、あまりブログでも紹介していないのですが、食べたそばが美味しかったので書きたいと思います。

いつから撮影禁止になったのでしょうか?ネットを見ると、昨年までこちらのお店で写した料理の写真など掲載されています……。

もっとも、撮影禁止の張り紙自体が小さく、たまたま席の後ろに張られていたので気が付きましたが、これだと気が付かない人も多いのではないかと思いましたね。

頼んだ「かきあげおろしそば(980円)」。味的にも良かったし、ビジュアル的にも面白かったので是非写真で紹介したいと思ったのですが残念です。

皿の上にそばを平たく盛り、その上に大きな立体的な温かいかき揚げが乗っていて、さらにその上にたっぷりの削り節とネギと大根おろし。さらにはもみじおろしが乗せられているという、見た目てんこ盛り状態のそばでした。かき揚げもエビやホタテなど入っていて美味しかったです。

ちなみに、「かきあげおろしそば」は、こちらのお店の(オフィシャルではない)Facebookページに載っていますので、参考にしてください。

あと、他の人の昔のブログですがこちらも

そば自体はのど越しのいい標準的な蕎麦でしたが、もみじおろしがアクセントになっていて美味しかったです。
soba 005

ちなみに、上の写真は11年前(2007年3月撮影)に写したそばの未公開の写真です。

一緒に行った母は、暖かい「とろろそば(880円)」を頼んでいました。

最後にはそば湯も出されましたよ。

今回、料理の写真を掲載できなかったのが残念ですが、そばのお店としてはお勧めできるところだと思います。ご馳走様でした。

そば善
TEL 0761-74-3978
石川県加賀市分校町ろ21-1
11:00~20:30(閉店21:00)
第2第4水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

福井の池田町と言えば、「ふるさとふれあい道場」という、いわゆるそば道場があるところです。

そこでは職人さんがイチからそば打ちを教えてくれます。

今日紹介します「蕎麦ダイニング 一福」は、その池田町に本店があり、福井市のこちらのお店が2号店となっています。

今回、福井に仕事で用事があり、向かう途中にランチで立ち寄りました。
蕎麦ダイニング 一福 (14)

開店時間は11:30。その数分ほど前にお店に到着すると、すでに順番待ち行列が出来ていました。この写真は帰りに写したものですが、店内もあわせて4~5組ほど待っていました。人気のお店なのですね!?
蕎麦ダイニング 一福 (3)

店名に「ダイニング」という文字が入っているので、夜はダイニングバーで営業。そのため、店構えや店内の内装も落ち着いた感じでおしゃれに仕上げています。
蕎麦ダイニング 一福 (4)

そしてダイニングバーということで、福井の地酒はもちろん、イタリアワインまで揃っています。もちろん、お品書きを見るとそば屋さん定番以外の料理の種類も豊富でした。ただし値段の方はカジュアルでしたよ!

お店としては「蕎麦屋で一杯」を現代向けにやろう!というコンセプトでしょう?

さて、ここ「蕎麦ダイニング 一福」のウリのお蕎麦は「塩だし」。昆布だしに数種類の塩をブレンドしている透明で澄んだツユです。能登産の塩も使われています。

その塩だしを使った「塩だしおろし蕎麦」を食べないわけにはいきません。
蕎麦ダイニング 一福 (2)

ランチメニューはこちらです。(ランチの金額表記はすべて税込)

20食限定の「一福ランチ(1,000円)」というのが、塩だしで炊き上げた「鯛飯」、鮮魚、肉などで作ったおかずなどを楽しめるお得なメニューなのですが、この「肉」という文字に引っかかり、私が頼んだのは「W蕎麦ランチ(1,300円)」。

これはお店のウリの「塩だしおろし蕎麦」と、もう一種類の味の蕎麦2つを楽しめるランチメニューでした。

お店では「塩だし」以外には、一般的な「醤油だし」。それにつゆではなくて地元の甘口醤油をサッとかけてある「生醤油」。そして温かい「かけ蕎麦」の3種類ありましたが、私は「生醤油」をチョイスしてみました。
蕎麦ダイニング 一福 (6)

「塩だしおろし蕎麦」がこちらです。おろし蕎麦なので大根おろし。薬味としてネギとわさび、削り節が乗せられています。

「塩だし」のほうは、ツンと塩辛さが舌にくるのかな?と思ったのですが、甘さも感じて上品な塩気のあるツユでした。

蕎麦自体は太めの田舎蕎麦。少し固めに茹であげてありました。
蕎麦ダイニング 一福 (12)

食べ終わった後はこんな感じです。透明で若干色が付いている感じですかね?そのまま飲んでもそれほどくどくなく美味しかったです。
蕎麦ダイニング 一福 (5)

そして「生醤油」のほうはこちら。うどんで生醤油がけは食べたことありますが、蕎麦では初めてかも?少量かけられているので、辛味大根の味もより強く感じられ、蕎麦の風味も引き立ててくれているかもしれません。

「一福ランチ」は一緒に行った人が頼みました。
蕎麦ダイニング 一福 (7)

「塩だしおろし蕎麦」は私のと一緒で、プラス、この「鯛飯」が付いています。

塩だしで炊き上げられていて上品な味で美味しかったそうです。私も、これだけ別途で食べたかったです。^^;
蕎麦ダイニング 一福 (8)

おかずは、こんな感じです。
蕎麦ダイニング 一福 (13)

そば湯はそば猪口というより湯呑のような器で出されました。

蕎麦は店内で打っています。一種類だけの蕎麦でしたが、お手頃値段でランチを楽しめるお店と言うことで、人気なのがわかります。ご馳走様でした。

蕎麦ダイニング 一福(いっぷく)
TEL 0776-63-6825
福井県福井市成和1-3106 KENJIビル1F
月~金
11:30~14:00
17:00~24:00
土17:00~24:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ