あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:そば湯

毎度おなじみの福井のそばネタです。

坂井市のそばは「越前坂井 辛み蕎麦」という「大根おろしの絞り汁にダシを合わせたつゆをぶっかけている」ものが有名ですが、坂井市のお隣、あわら市のほうでも、似たような辛み蕎麦があるわけです。

今日紹介しますあわら温泉街にある「越前そば処 福乃家」。芦原温泉街の中心地近くにあって、地元の人はもとより温泉に来たお客さんも多く訪れる人気のお店です。
越前そば処 福乃家 (3)

外観はそば屋さんというより小料理屋さんのような趣で、店名の看板などもよく見ないとわからないほど控えめです。
越前そば処 福乃家 (6)

暖簾をくぐって中に入ると、少し暗めの店内。入り口近くに大きな木製のテーブル。
越前そば処 福乃家 (5)

奥は小上がりの座卓席になっています。
越前そば処 福乃家 (4)

お品書きはこんな感じです。よく見るとうどんも一部メニューに書かれています。そば御膳なんかもあったりしますね。

私は、この日はもう一軒そば屋をハシゴする予定だったので、目的のおろしそばを一杯のみ頼むことにしました。600円です。

さて、このあたりのおろしそばは、冒頭書きましたが、大根おろしをそのまま乗せて食べるおろしそばではありません。

私のおろしそばのオーダーが通ったあと、ご主人が大根をかき氷機のような機械ですりおろしています。

その後ほどなくして、少し強面のご主人が運んできてくれました。昭和3年創業というから三代目なのでしょうか?

たっぷりのおろし汁が入ったつゆの器と、そばの器がセパレートで出されます。
越前そば処 福乃家 (7)

前に行ったことがある永平寺町にある人気有名店「けんぞう蕎麦」もこのような出し方をしていました。
越前そば処 福乃家 (8)

しかし、このつゆの量が半端じゃないです。とても全部かけるわけにいきません。^^;

また、そばの盛られている器は福岡県の小石原焼ではないですか!こちらでは珍しいですね。

確かに辛いおろし汁です。でも、直接辛い大根が舌に触れないからか、何となく優しい辛さに感じます。
越前そば処 福乃家 (10)

そば自体も非常にきれいなそばで、ツヤも感じられる美味しいそばでした。
越前そば処 福乃家 (9)

最後にそば湯を頂き、腹6分目で余裕を残しながらお店をお暇しました。ご馳走様でした。

越前そば処 福乃家(ふくのや)
福井県あわら市温泉5-303
TEL 0776-77-2075
11:30~20:00
水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

福井に行くとそばばかり食べるようになると前に書いたことがあります。

で、今回も福井のそばの話題です。(笑い)

今回は仕事で福井市内に行き、本当は別なそば屋さんに行く予定だったのですが、何と!夏休み中でお休み!

実は、お盆の時に行った福井市美術館のときも、行こうと思ったらお盆休みだったのです!^^;
つるぎそば

そこで近くにある「越前 つるきそば 板垣店」にランチを食べに入ることにしたわけです。こちらのお店に到着したのは11:45ごろ。とても大きなお店です。

昭和8年(1933年)創業の老舗のそば屋さんで、田舎の古民家みたいな作り。店内も広く、庭もあったり、囲炉裏を囲むテーブル席や座敷席などあり、多くの人が一度に食事をすることが出来るスペースがありました。
つるぎそば (7)

ちなみに禁煙席は座敷の部屋。我々はそちらに案内されました。
つるぎそば (4)

こちらがランチメニューですが、とても多くの種類が設定されています。

そばのファミレス店のような感じです。^^;
つるぎそば (6)

私は、こちらの一枚に単独で書かれたメニュー「焼鯖寿司セット」が気になったのでそちらにしてみました。

私のも含めて、5分も待たずに運ばれてきました。あらかじめそばは作り置きしているのでしょうね?これだけの大箱のお店ですからやむを得ないところはあるかもしれません。
つるぎそば (12)

「焼鯖寿司セット(税別780円)」にはおろしそば、焼鯖寿司、小鉢が付いています。そば湯も最初から付いてきました。
つるぎそば (13)

あらかじめ大根おろしが入れられたダシをぶっかけて食べます。
つるぎそば (15)

少し幅広の太めの粗挽きで黒っぽいそばでしたが、チェーン店なので量を多く作る必要があると思うので手打ちではないのでしょう?どこにも手打ちとはうたっていませんでした。
つるぎそば (14)

焼鯖寿司は、身も厚く、大葉としょうがの甘酢漬けが挟まれていて、美味しかったです。

最後にそば湯を飲みますが、冷めてしまっていました。このあたりは少し残念ですね。

こちらは、一緒に行った人が頼んだ「越前皿そば(税別880円)」。
つるぎそば (8)

薬味に、大根おろし、山芋とろろ、鰹節、ネギ、わさび、生玉子が付いていて、お好みで乗せて食べるもの。

そばは5枚付いています。小皿に入れられて何枚か出されるスタイルは、兵庫県豊岡市出石町の有名な「出石そば」と同じような感じですね。量的にはそば1.5杯ぐらいでしょうか?ちなみに追加のそばは一枚160円です。
 
こちらのそばは私のそばよりは細めに切られていました。
つるぎそば (11)

もう一人の人は、ソースカツ丼とおろしそばのセット(税別820円)を頼んでいました。
つるぎそば (9)

福井のご当地グルメではソースカツ丼は全国的にも有名ですが、私は肉が苦手なので、ソースカツ丼というものを一度も食べたことがありません。^^;
つるぎそば (10)

こちらのおろしそば、量は私のよりは少なめでしたね。

メニューの種類も豊富で、値段もお得なセットがあったり、家族みんなで食べに来てもいいかもしれません。ご馳走様でした。

越前 つるきそば 板垣店
TEL 0776-35-0720
福井県福井市羽水1-607
10:30~21:30
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

福井に行くと何となくそばを食べてしまいます。

福井のご当地グルメといえば、越前そば以外はボルガライスやソースカツ丼などありますが、肉系なので私のブログでは紹介できません。^^;

今回はお盆の真っ只中に、急きょ福井市美術館に行くことになり、お昼を食べるお店も決めずに出発しました。

福井市美術館の企画展を見た後、ランチを食べるお店を検索して電話するも、2軒ほどお盆休みでお店がやっていなかったりして、やっと見つけたのが、今日紹介します「すいこう」です。

福井県嶺北地方のそばは越前そばとして名が知れていますが、その中でも今立郡池田町はそばの産地として有名です。

今年春に、この近くにある「蕎麦ダイニング 一福」という、同じく池田町に本店があるお店にそばを食べに行ったことがありますが、今日紹介します「すいこう」も、このすぐ近くにお店があるのです。
すいこう (17)

立派な造りの一軒屋のそば屋さんです。
すいこう (2)

中庭もあって、席数も相当多くあります。100人ぐらいは入れるそうです。凄いですね。

ただ、席数が多いと、座るのは早く座れるのですが、お盆のときのような超混雑時期では、料理が出されるのが遅くなるというデメリットもあります。この日もそうでした。^^;

お店に到着したのが12時半過ぎ。ちょうど帰る人がタイミングよくいて、車の駐車も席に着くのもすぐ可能だったのですが、オーダーしてから頼んだものが運ばれてくるまで30分以上かかってしまいました。

まぁ、この時期はやむを得ないですが……。
すいこう (3)

我々が案内されたカウンター席に座ると、中庭を見ながら食べることが出来ます。
すいこう

そしてお品書きを見渡します。お品書きの中に「開発中」と書いてありましたが、これは何なのでしょうか?(笑い)

たぶん、過去はメニューにあったが作らなくなったものでしょうね?あと、そば以外にもうどんや丼、フライ系の定食などもありました。

その中で我々が頼んだのは、越前そばといえばおろしそば。

そして品書きに書かれていて、夏向きのそばだなぁと思って頼んだ「レモンそば」です。

夏のそばとしては、「すだちそば」を思い出しますが、今回、同じような柑橘系のそばとして、レモンとの相性がどんなものなのか興味があって頼んでみました。

出されたのがこちらです。
すいこう (11)

大根おろし、天かす、大葉、ネギ、そしてレモンが添えられています。

レモンをたっぷり絞って食べると、酸味もほどよく涼を感じさせてくれる味になりました。ただ、これはこれで美味しいのですが「すだちそば」には敵いませんね。風味がすだちほど感じられません。

おろしそばのほうがこちらです。
すいこう (9)

越前そばは十割をウリにしているところも多いのですが、こちらのお店は少しつなぎを加えているようです。ちなみにそば粉は自家製粉です。つなぎも入っているので「レモンそば」はのど越しもよく美味しく食べることが出来ました。
すいこう (10)

出汁のほうは、池田町の湧き水を使って作られていて、かつおと昆布だしもちょうどいい塩梅でよかったです。

あと、有名な「竹田の油揚げ」ではなく「池田の油揚げ」というのもあったので頼んでみました。焼きたてで美味しかったです。
すいこう (8)

水の美味しいところで作られた油揚げは美味しいですね。
すいこう (13)

最後にそば湯とそば猪口を、こちらからお願いして出していただきました。遅めの時間だったのでとろみのあるそば湯でした。

年中無休で多くの人が入ることが出来るお店で、地元の人が中心で人気のお店のようです。使い勝手がよさそうでした。ご馳走様でした。

秘伝越前流手うちそば 池田のそば すいこう
福井県福井市御幸4-10-1 
TEL 0776-21-5556
11:30~20:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

日本は細長いので、東と西では味覚の違いが大きいのです。

大体、滋賀県と静岡が、食文化の面で、東と西を分ける場所だと言われています。

有名なのは、日清食品のどん兵衛の汁の味で、関ケ原あたりで東と西の味が違うとのことです。

静岡県では、うなぎの裁きと焼き方が、浜松市で東西どちらも混在しているらしいですね。

さて、そばとうどんという区分けですが、大雑把な区分けでいえば、静岡県までの東がそばで、愛知県以西がうどんのようです(もちろん、東西どちらにも例外があります。例えば島根の蕎麦、埼玉のうどんのような)。

今回は、そんな静岡県の蕎麦屋さんの紹介です。場所は静岡インターチェンジの近くです。
蕎麦屋 神楽 (2)

小松から静岡に車で移動。お昼前だったのでそのままランチを食べにお店に入りました。

11:40頃だったのですが、すでにお店の前の駐車場も満車に近い状態でした。
蕎麦屋 神楽 (7)

店内はテーブル席が一杯で、カウンター席と小上がりの席が1テーブル空いていました。そこで我々は、中庭の見える奥のほうの小上がりの席に案内されました。
蕎麦屋 神楽 (6)

冷たい蕎麦のメニューはこんな感じです。ランチ用のセットメニューはありません。

4年前に来たときよりは少し値上がりしているみたいです。
蕎麦屋 神楽 (8)

その代わり?と言ったらなんなのですが、前は付いていなかったと記憶している、こちらの生わさびが付いてきました。
蕎麦屋 神楽 (4)

このようなお店にしては珍しく、人気メニュートップ10なんてリストもあって、私はその中から第4位の「神楽 天おろし(税別1,160円)」を頼みました。
蕎麦屋 神楽 (14)

石挽き自家製粉の透明感があって艶っぽい蕎麦。のど越しも抜群です。私のはぶっかけなので蕎麦そのものの風味を味わうことはそれほど出来ませんでしたが、すりおろしたばかりの生わさびを少し乗せて蕎麦を食べると、鼻に生わさびの風味が抜けて美味しく食べることが出来ました。
蕎麦屋 神楽 (17)

そしてゴマもたっぷりかけられて、梅肉が海苔に乗せられています。

天ぷらは、エビ1尾、穴子、季節の野菜としてニンジンとサツマイモでした。天ぷらは揚げ立てサクサク。美味しかったのですが、両方とも秋以降の野菜ですよね?^^;
蕎麦屋 神楽 (12)

一緒に行った人が頼んだのは、こちらのもりそば(690円)と、
蕎麦屋 神楽 (13)

小天丼(480円)です。こちらん天丼には海老と季節の野菜の天ぷらが乗せられていました。
蕎麦屋 神楽 (15)

最後は蕎麦湯が出されます。私のはぶっかけだったのでそば猪口も持ってきてほしかったです。^^;

4年前は、何となく食べたのか、あまり印象に残ったわけではありませんでしたが、今回は違いました。美味しい蕎麦でした。ご馳走様でした。

蕎麦屋 神楽(かぐら)
静岡県静岡市駿河区中野新田262-2
TEL 054-288-5752
11:00~21:00
平日11:00~15:00,17:00~21:00
無休(不定休有)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松三日市の老舗乾物屋さん「ふる里の味 すみげん」。
すみげん (11)

我が家でも贈答品を買い求めるためによく利用させていただいているお店です。

さて、昨年始めた手打ちそばの営業。オープンしてからすぐにお邪魔して私のブログでも紹介しています

基本、毎週、木・金・土の11時半~お蕎麦が無くなり次第終了ということですが、なかなかの人気で、売り切れになることが多いそうです。

ご主人が打つ自慢の蕎麦と、お店で扱うこだわりの昆布・鰹節・醤油で作られた自家製のそばつゆ。別妙な組み合わせで美味しくいただけました。

お店では、今年から新しいメニューが加わっています。それは「ネギ天ぶっかけ蕎麦(きのこ天付き、税別950円)」です。

今回、私はその蕎麦を食べるべく、とある平日に会社のメンバー3人と連れだって食べに出かけました。

お昼休みの時間も限られているので、事前に行く時間を告げて予約をして、その時間に食べられるように作っていたくことをお願いしてありました。
すみげん (2)

いつの間にか、お品書きも写真入りのが出来ていました。

ここは、大盛りが無料というのはうれしいです。もちろん、私は大盛りを頼みましたよ!
すみげん (5)

出されたのがこちらです。
すみげん (6)

天ぷらは揚げ立てでサクサク!

特にネギの食感と、甘みを感じる味。蕎麦屋さんの天ぷらのクオリティです。

きのこはしいたけです。しいたけはお店でも乾物としても扱っておられてお手の物です。

天ぷらは、つゆにつけずに塩でいただきました。

昆布・鰹節・醤油の出汁にこだわりが感じられます。蕎麦屋さんでよくあるような甘いそばつゆではなく、濃くしっかりとした味です。

商売柄ということもあるのでしょうが、今年、ご主人の息子さんが出汁ソムリエ一級の試験にチャレンジしています。

今でも十分に美味しいのですが、これからもっと出汁が美味しくなっていくことでしょうね?期待大です。
すみげん (4)

この日の蕎麦は北海道産。出汁の昆布は北海道利尻産。かつお節は鹿児島枕崎産の本枯れを使用して作られています。さすが老舗乾物屋さんです。素材にこだわっていますね!?
すみげん (8)

大盛りでお願いしたので、これでお腹も満腹になりました。
すみげん (3)

こちらは他の3名が食べたランチセットで、ざるそばに押し寿司、にしん、玉子焼き、煮物などが付いていました。こちらも美味しそうです。それにコスパ的にも満足。
すみげん (10)

もちろん最後に蕎麦湯も。

ランチに蕎麦を出し始めて1年半近く経ち、だんだんと蕎麦も出汁もバージョンアップしてきました。これからも美味しい蕎麦を食べさせてくれると思います。ご馳走様でした。

ふる里の味 すみげん
石川県小松市三日市町9
TEL 0761-22-4214
9:30~19:00
蕎麦は11:30~売切れ次第終了
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ