あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:そば湯

京都で麺類といえば、はんなりと「うどん」やこってりの「ラーメン」を思い出します。

蕎麦屋というのは私のイメージにはあまりありません。

そんな京都伏見にちょっと変わった美味しい蕎麦のお店があると聞いて行ってきました。

お店の名前は「手打ち蕎麦 いまふく」。京阪深草駅の近くです。
いまふく

店構えは高級なお店のようで入りにくい雰囲気が漂っています。暖簾がなぜか小さい!?(笑い)

この日は13時少し前の遅い時間に伺いました。

人気のお店だとは知っていましたので、この時間でも混んでいるかと思いましたが、お客さんは居ませんでした。

お店自体は狭く、テーブル席が3つで8席。カウンターが3席。

ご主人は前は寿司職人だったようですが、蕎麦職人に転身されているようです。
いまふく (24)

先ほどのカウンター席が写っている写真に、寿司のネタケースが写っているのはその名残りです。なかなかユニークな経歴ですね。

前は寿司と蕎麦の混合メニューだったようですが、いまは蕎麦に比重が置かれているようです。
いまふく (7)

そして、こちらのお店がユニークな点はもう一つ。それは、蕎麦の産地と種類の組合せが尋常ではないことです。
いまふく (3)

お店の外にも蕎麦の産地が掲示されていましたが、すごい種類です。この種類分、蕎麦を打ってあるのでしょうか?
いまふく (8)

品書きはこんな感じです。
いまふく (9)

そんな中から我々全員が選んだのは、「二色盛り(税込1,100円~)」。

細切り・粗挽き・黒から二種類選ぶことができますが、粗挽きを選択のときは+100円割増しになります。

あんまり考えるのもめんどくさかったので、ご主人にお任せすることにしました。^^;
いまふく (12)

蕎麦のつゆ、薬味、そしてあら塩も出されました。いいですねぇ~。

そして1枚目でだされたのは「細切り」です。産地はブレンドでしょうか?聞きませんでした。注文を受けてから茹ではじめます。水切りもしっかりされています。
いまふく (14)

そしてラザニアのような幅の広い蕎麦が2枚添えられています。

まずは何もつけずに食べてみます。そばの風味が鼻に抜ける感じがします。美味しいそばです。

そのあとはあら塩と付けて食べます。あら塩のほうがそばの甘さを感じることが出来ていいですね。

蕎麦つゆは関西風より少し濃いめでしょうか?ワサビを蕎麦に乗せて少しつゆに付けて食べると、これまた変化を楽しめてよかったです。

2枚目は田舎風の「黒蕎麦」。粗挽きと普通の細切りの間ぐらいですが、太さは先ほどの「細切り」と同じでした。
いまふく (19)

より蕎麦の風味を楽しめますね。

ランチの時間はこちらのちらし寿司が付いてきます。「小」か「中」が選べますが値段は一緒。「中」でもご飯茶碗一杯くらいだということで我々は全員「中」にしました。
いまふく (16)

さすが、前は寿司店だったお店だけあります。酢飯もちょうどよかったです。

もちろん、蕎麦湯も出されます。濃厚な蕎麦湯で、かくはん棒まで添えられていました。
いまふく (20)

濃いので、かくはん棒でかき混ぜながら飲まないと、下のほうに溜まるのでしょう?
いまふく (21)

生姜も出されました。蕎麦湯に入れて飲むといいそうです。
いまふく (22)

最後にはデザートも付いてきます。

蕎麦を揚げたもの、そばのプリン、抹茶ういろう。蕎麦をたっぷり使っているものでした。

ランチメニュー、1,100円でこの内容、一品一品のこだわり、もちろん味のほうも満足できるものでした。ご馳走様でした。

手打ち蕎麦 いまふく
京都府京都市伏見区深草町通町26
075-643-1958
火~木
11:30~14:00(14:00まで来店要)
金~日
11:30~14:00(14:00まで来店要)
18:00~21:00(L.O.20:00)
月・第一火曜休
9月~10月臨時休業あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お久しぶりシリーズです。

山中温泉の街中にある私の「まちやそば」。ブログでも最初のころに書いたお店です。

今回13年ぶりの紹介になります・

前にお邪魔した時はおろし蕎麦を食べましたが、その時の辛味大根の辛さが印象に残っていますね。

天気のいい日曜日、先日紹介しました「オオカミのいえ」という洋菓子屋に行くことがあり、そのついでに山中温泉でランチを取ることにしました。
山中温泉 (3)

新緑の季節で、山中温泉の観光場所は多くの人で賑わっていました。こちらは「あやとりはし」です。

今日紹介します「まちやそば」は、その「あやとしはし」からすぐ近くにあります。
まちやそば (3)

なまこ壁が目印の大きな建屋で、住居と一体のお店です。
まちやそば (14)

入口の隣のスペースはそばを打つ場所になっていて、外に面しているところがガラスのためそばを打っている姿を見ることが出来ます。

ということで、こちらで手打ちのそばを食べることが出来るのです。
まちやそば (5)

内部はそれほど大きなお店ではありません。座敷もありました。
まちやそば (6)

お品書きはこんな感じです。

前回は、おろし蕎麦を食べているので、今回は違ったものを、ということで頼んだのは「二色もりそば(750円)」です。
まちやそば (8)

変わりそばもお品書きに書かれています。1月「けし」、2月「梅」、3月「べに花」、4月「桜」、5月「よもぎ」、6月「しそ」、7月「笹」、8月「けし」、9月「ごま」、10月「くるみ」、11月「菊」、12月「柚子」。これは13年前と同じですね。逆に考えると最低でも13年間継続されているということは凄いことだと思います。

こちらのおそばは北海道契約農場の粉を使用した手打ちそばです。
まちやそば (7)

薬味には大根おろしも添えられていましたが、こちらのは辛味大根ではありませんでした。

そばは別々に盛られて出されます。一枚目は細打ち。
まちやそば (10)

オープン時間と同時に入ったので、私が最初のお客さんでしたが、注文してからそこそこ時間がかかったので、オーダーが入ってから湯がき始めているのだと思います。

艶のある、のど越し爽やかなそばでした。
まちやそば (11)

二枚目は太打ちで、田舎そば。そばの実の外側まで挽いたものですが、振るいにかけてそば殻をきちんと取り除いてあります。きれいなそばです。
まちやそば (12)

そしてさすがにそばの風味をより感じさせてくれるものでした。
まちやそば (13)

最後に出されたそば湯はとろみのある、色も濃い私好みのものでよかったです。

この内容で750円という値段はコスパ的に良かったと思います。次回は「変わりそば」を食べてみたいと思います。ご馳走様でした。

まちやそば
石川県加賀市山中温泉東町2-ツ24
TEL 0761-78-1266
11:30~14:30
18:00~22:00
水曜休(祭日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

長野は言わずと知れた信州そばの里です。

信州そばは長野県で食べられるそば全般を指していることが多く、長野県内には各地で色々そばの産地や名物そばがあります。

「戸隠そば」や「冨倉そば」「安曇野そば」「凍りそば」「おしぼりそば」など枚挙にいとまがないほどです。

「うどん」にとって香川県が聖地なように、そばの場合は長野県がそうだと言えるかもしれませんね。

今回、長野に出張があり、ランチにはやはりそば!ということで、そばの専門店を探して行ってみることにしました。

1月の寒波が襲来したときで、標高が300mを超える長野市はめちゃ寒かったです。
西屋敷 (2)

行ったお店は、茅葺の古民家を使用していることで有名な「そば処 西屋敷」です。
西屋敷 (4)

広い庭もあり、さぞかし昔は立派な旧家だっただろうと思われる家を、ほぼそのまま使っていて、店内には昔の調度品が数多く置かれていました。
西屋敷 (5)

お座敷から見える庭も立派ですが、この日は雪が積もっていて一面が銀世界。
西屋敷 (6)

お店の営業時間はお昼の時間帯のみで、メニューはご覧の通り。

そば以外は天ぷらのみ。いわゆる「そば屋で一杯」的なメニューはありません。

そばには「寒ざらし」「極上」なんていう気になるメニューもありました、

そこで、各々好きなものをオーダーしていると、お店の方がメニューに載っている「二色もり」と「極上」を合わせて「三色もり」として「二色もり」と同じ値段でできますよ!と言ってくれました。そこで我々3名はそちらにすることにしました。

後から来られた団体のお客さんが話している内容を小耳に挟んだところ、「三色もり」は「予約限定」のメニューのようです。もしかしたらタイミング的にラッキーだったのかもしれません?

待っている間にこれらのものが出されます。
西屋敷 (7)

こちらはお漬物3種。

長野は野沢菜に代表される漬物も有名ですが、この漬物が美味しかったです。。

豆のようなのは鞍掛豆という豆を漬けたものです。漬物ですが、コリッとした食感が印象的でした。
西屋敷 (9)

あとこちらの煮たかぼちゃとさつまいも?を味噌で合えたものも出されました。甘みの中に味噌の味がして美味しかったです。

これらを食べながら待っているとほどなくそばが運ばれてきます。きれいに盛りつけされています。
西屋敷 (10)

一番白いのが「更科」。一番濃い色が「もり」。中間が「極上」です。すべて十割で細切りのそばでした。

「極上」とは、そばを挽くときに石臼をゆっくり回して作るそばで、滑らかな舌触りのいいそばを作っているのでしょう。

まずは各1~2本を何もつけずに食べてみて、そのあとで一食ずつ薄い色から食べていくことにしました。

戸隠そばを除いては、そばは湯がいた後の水切りが大事だと言われますが、こちらのそばは切れすぎていました。最後の一番黒っぽいもりそばは、麺同士が少しくっついているほど。^^;

そばつゆは、超濃いめ。かえしの割合が多いのでしょう?つけ過ぎずに食べます。

薬味は、わざび・大根おろし・ネギでした。大根おろしは京野菜の青味大根をすったような色味の辛味のあるもの。

肝心のそばのほうは、まず更科は真っ白に近いので、そばの香りはあまりしないのですが、その分甘みとのど越しの良さが特徴的です。

「極上」は、さすがに品のいいそばに仕上がっています。「もり」は一番そばらしさを感じさせてくれます。
西屋敷 (13)

デザートに干し柿とリンゴが出されました。
西屋敷 (12)

そしてそば湯も。濃いねっとりしたそば湯です。

各々3種類のそばを食べ比べることが出来る「3色もり」。メニューには載っていませんが、3名以上(?)でお店に行かれて興味のある方はお店の方に聞いてみてはいかがでしょうか?もっとも予約をされるのが一番ですね。

さすがそばの本場です。特徴あるこだわりのそばを食べさせてくれるお店でした。ご馳走様でした。

そば処 西屋敷
長野県長野市高田1153
TEL 026-228-2484
11:00~14:30
日・月・祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小田原といえば、江戸日本橋から京都に向けて東海道を行くと、箱根を越える手前の宿場町だったところです。

東海道はご存じ、京都まで五十三次ということで宿場が53ヶ所ありました。ここは最初の宿場があった品川から数えて9番目に位置する宿場町で、箱根という難所を超えるために、しばし足を休める必要があることから宿場町として栄えたようです。

今日はそんな小田原でランチを食べたお店の紹介です。

お邪魔したのは「寿庵」というそば屋さん。大正9年、小田原駅の開業とともに創業したという老舗のそば屋さんです。
寿庵

店構えも、昔の旅籠の趣を感じさせてくれるような雰囲気を醸しだしています。

私たちは、朝、家を出るのが早かったこともあり、11時のオープンと同時にお店に入りました。

内部はこんな感じ。きれいなお店です。
寿庵 (4)

お品書きです。
寿庵 (2)

その中から私が頼んだのは「宿場そば(1,700円)」です。

これは、先ほども紹介しました、小田原が9番目の宿場町だったことにかけてメニュー化されたそばなのです。

9種類のそばを楽しめるという引っ掛けですね。
寿庵 (11)

上の写真の左の上から下に順番に刻み海苔・ちくわの磯辺揚げ・ネギ。

2番目の列が上から、大根おろしに小ネギと一味・海老天・錦糸卵と椎茸煮。
寿庵 (10)

こちらの写真で一番右の列の上から、海老天に隠れてわかりにくいですが、大根おろしに小ネギとゴマ・ととろ・山菜の計9種類です。

肝心のそばのほうものど越し良く、そばの風味も感じられる美味しいそばでした。他に、小田原名物のかまぼこと漬物も添えられていました。

そばはボリューム的には2人前ぐらいあるそうです。この「宿場そば」は色々な味を少しずつ楽しめてよかったですね。
寿庵 (6)

妻の母は「とろろそば(900円)」を頼んでいました。
寿庵 (7)

最後にそば湯を飲み干して満足です。オープンしてから間がなかったので、サラッとしたそば湯でした。
寿庵 (13)

この後、江戸時代とは違って、レンタカーで箱根の温泉にひとっ走り!わずか40分ほどで旅館に到着です。

昔の人は大変だったんですね~?お疲れ様でした。そしてご馳走様でした。

寿庵
神奈川県小田原市栄町2-1-26
TEL 0465-22-2862
11:00~20:00
火曜のみ11:00~15:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

毎週月曜日の夜に放送されている「鶴餅の家族に乾杯」という番組で、11月13日に加賀市が取り上げられていました。

その中で私も知らないそば屋さんがオープンしているということを知り、さっそくウェブで調べて出かけてきました。

行ったのは放送の週の土曜日です。

場所は、加賀市でも山奥に近い東谷地区(荒谷町・今立町・大土町・杉水町)というところで、国の重要伝統的建造物、いわゆる重伝建の指定を受けている建物が残っています。

昔ながらの赤瓦で葺かれた屋根と煙出しが特徴で、私のブログでも昨年の春に紹介したことがあります。

今回、お邪魔した「和楽庵」は、荒谷町というエリアにあります。

山代温泉に「手打ちそば 加賀上杉」という純白のそばを食べさせてくれるお店があって、ここはその別邸となります。名前は「和楽庵」。2017.9.19にオープンしています。なお「加賀上杉」については私のブログでも二度ほど書いています。

今回、その「加賀上杉」の現在のご主人のお父さまが「和楽庵」のほうで、新しくそば店を始められたということなのです。

元々、山代でそば屋を開業したのは、お父さまのほうでしたが、いまは息子さんに譲られています。

両店とも、そばの実の中心部の一番粉(御前粉)だけを使用するという、純白な御前そばをウリにしていて、打ちたてにこだわり、上品でありながらコシもあってのど越しのいい美味しいそばを食べさせてくれるところとして人気があります。

実は「和楽庵」、今日紹介するわけですが、もうすぐ冬期間の休業期間に入ります。

山間部のため冬期間は積雪が多く、その間営業やめているのです。ご主人にお聞きすると、営業は12月の最初の土日ぐらいまでだとか話されていましたが、積雪になるとその時点で終わりなのでしょう?

先週の月曜日に「鶴餅の家族に乾杯」が放送された後、早々に予約を入れて土曜日に食べに出かけたわけですが、そのようなことなので急きょアップすることにしました。
加賀上杉和楽庵

お店は重伝建の建物を活用しているわけではなく、平成元年に建てられた比較的新しい民家。ご主人が縁あって購入したそうですが、長期間使われていなかったため、改修に相当かかったようです。
加賀上杉和楽庵 (17)

内部は囲炉裏もあって、広く開放的な空間です。
加賀上杉和楽庵 (3)

我々は奥の座敷の部屋に通されました。
加賀上杉和楽庵 (6)

お品書きはこんな感じです。
加賀上杉和楽庵 (13)

この日は冷たい雨風の日で、私は温かい「にしんそば(税込1300円)」を頼むことにしました。
加賀上杉和楽庵 (14)

にしんの甘露煮とおそばは別に出されるので、冷たいそぼもokです。
加賀上杉和楽庵 (16)

先ほども書きましたが、雪のような御前そばは、そばの実の中心部分のみを使用しているためにこのような白いそばとなっています。

最初、にしんをそばの上に乗せて食べようかと思いましたが、何となく純白さを汚すような気がしてやめて、別々に食べました。

そばも上品ですが、出汁も上品。澄んだ味です。山代温泉のお店でも暖かいそばは食べたことがありません。今回、上杉では初めての暖かいそばでした。

にしんもほどよい味で美味しかったです。
加賀上杉和楽庵 (10)

妻は、一番お高い「天おろしそば(1,600円)」。こちらも別盛りです。
加賀上杉和楽庵 (11)

おろしは辛くないもので、抹茶塩も添えられていました。
加賀上杉和楽庵 (12)

暖かいそばでは白さはわかりにくかったと思いますが、この冷たいそばでその白さがわかっていただけると思います。

天ぷらは海老一本と野菜です。
加賀上杉和楽庵 (19)

食後に出されたそば湯と、デザートのフルーツ。柿と梨でした。

もうすぐ冬期間の休みとなるので、興味のある方はお早めに!

なお、同じ御膳そばは、山代温泉の「加賀上杉」でも食べることが出来るので、冬の間はそちらでどうぞ!ご馳走様でした。

手打ちそば 和楽庵
石川県加賀市山中温泉荒谷町ヌ42
TEL 0761-78-0151
11:30~15:00
不定休
(12~3月ごろまでの冬期間は休み)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ