福岡県といえばグルメの街として知られています。

あえて挙げませんが、ご当地グルメの種類についても全国的に知られるものがたくさん存在していますね。

さて、今日はそんなご当地グルメというジャンルではありません。

個人的には地元石川の鮨が一番と思っていますが、福岡の鮨についても好きです。福岡に住んでいたときから、それなりに鮨店にお邪魔して楽しんでいましたが、転居してからも何軒か行っています。

玄界灘の荒波でもまれた魚介は、北陸の魚介とは少し違った種類もあったりして美味しいです。また、福岡の鮨店のおまかせの特徴として、おつまみの種類が多いことが挙げられます。

今日は、博多駅にもほど近い美野島というエリアにある「鮨 そえ島」という人気の鮨店を紹介します。

今回の福岡旅行では、こちらのお店に行くことも目的の一つでした。
鮨 そえ島

住宅街にひっそりあって隠れ家的佇まい。
鮨 そえ島 (2)

店内はカウンター席のみでした。

夜は、おまかせコースのみの設定で料金は16,500円。おつまみ7品、握り10貫、巻物、赤出汁という内容。結論から先に書けば、良心的なお値段も相まって、とても満足できました。
鮨 そえ島 (3)

まずは生ビールで乾杯。

では、出されたものを紹介していきます。

最初はおつまみ系から。握りも含めて一つ一つが少量サイズで、お酒のアテとしても楽しめました。
鮨 そえ島 (4)

まず出されたのは「有明海産シジミの出汁」。食べる前の胃の中のリセットです。
鮨 そえ島 (6)

平戸で獲れた「ヒラメの昆布締め」の刺身。上品に〆られていました。
鮨 そえ島 (7)

同じく平戸の「煮ダコ」。柚子の香りづけで柔らかく美味しいです。
鮨 そえ島 (9)

こちらは「にたりくじら」という種類のクジラ。味が濃いです。
鮨 そえ島 (12)

壱岐で一本釣りで獲れた「のどぐろ」。有明の海苔がかけられていてまぜまぜして食べます。炙ったのどぐろが香ばしくて最高でした。
鮨 そえ島 (14)

「太刀魚の茶碗蒸し」は珍しい?オリーブオイルがかけられていて美味しいです。

この後、握りに移ります。小ぶりなサイズでした。
鮨 そえ島 (17)

壱岐で獲れた「マグロ」。
鮨 そえ島 (18)

同じく「ヅケ」。
鮨 そえ島 (19)

「ヤリイカ」はあら塩で。甘さを引き立ててくれていました。
鮨 そえ島 (20)

糸島の「さわら」は手渡しで。
鮨 そえ島 (22)

「車海老」は変わった握りの形でした。でも美味しいです。
鮨 そえ島 (23)

そして手巻きが出されました。色々な種類の魚の下には胡瓜の千切りが入れられていました。

この前後にたぶん「〆アジ」が出されたと思いますが、写真を撮り忘れているようです。
鮨 そえ島 (25)

「うに」。こちらは北海道産です。
鮨 そえ島 (27)

対馬の「穴子」です。口の中でとろけました。
鮨 そえ島 (28)

こちらは「とろたく」と言っていましたが、巻物2貫にマグロのトロとたくわんが巻かれていました。これが意外においしい組み合わせでしたね。
鮨 そえ島 (29)

なめこの赤出しが出され。
鮨 そえ島 (30)

最後は「玉子」。

こちらのガリはぶつ切りです。

では、生ビールのあとに飲んだ日本酒について。
鮨 そえ島 (8)

ユニークなラベルのこちらは「古伊万里 Berori(ベロリ) KoIMARI-Berori」という活性にごり生原酒。飲食店向けの限定酒で、佐賀県の古伊万里酒造の酒ですが名前と違って飲みやすかったです。
鮨 そえ島 (16)

こちらは「福海」という長崎平戸の福田酒造の生酒。

やはり出された平戸産の魚との相性がいいのでしょうね。
鮨 そえ島 (24)

佐賀県の東鶴酒造の純米吟醸生でその名も「やさしいお酒」。名前の通り口当たりのいいお酒でした。

ちなみに「鮨 そえ島」で使われていた酒器は高岡の能作さんの物。
鮨 そえ島 (32)

錫製で、ご覧の福岡限定の博多仁和加(はかたにわか)面がデザインされたものや、
鮨 そえ島 (31)

ドラえもんシリーズの豆皿もありました。

以上を飲み食いして2人で一人2万円!コスパもよく味も良く、味覚のバリエーション色々でとても愉しむことが出来ました。満足満足。

人気のお店なの予約は必須で、また行きたいお店です。ご馳走様でした。

鮨 そえ島
福岡県福岡市博多区美野島2丁目6-34
 早川ビル
TEL 050-5600-6806
火~土17:30~22:30
最終入店20:30
日17:30~21:00
最終入店19:00
月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング