あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:しぼりたて

大阪にも3年ほど住んでいましたが、そういえば道頓堀のお店にはあまり行かなかたなぁ?
道頓堀

住んでいたマンションからも地下鉄2駅、歩いても20数分の距離でしたが、理由は、混雑しているのと、観光客向けのお店が多いから避けていたのかもしれません?

言ってみれば大阪ミナミ繁華街のど真ん中で食い倒れの街を象徴するようなところです。本当に多くの飲食店が軒を並べています。
どうとんぼり ぜん

平日でも多くの客が繰り出し賑わっていますが、この日の夕方は今にも雨が降り出しそうな空模様。実際、お店を出た時には雨が降っていました。
どうとんぼり ぜん (2)

「どうとんぼり ぜん」は有名なたこ焼き屋さんがひしめき合うエリアにあり、お好み焼き「千房」のビルの隣にあります。
どうとんぼり ぜん (6)

お店自体は地下ですが、裏側の道頓堀川のデッキウォークと同じ位置にあるので、裏側にはテラススペースもあるようです。

この日、仲間と4名で19時に予約を入れてありましたが、少し早目の時間に到着しました。あと注意しなければいけないのは、こちらのお店は予約の当日キャンセルにはキャンセル料金が発生することです。

さて、お店のウリは「全国から取り寄せたレアな地酒などが約50種類揃っている」ことと「日本酒に合うアテが楽しめる」ということです。

そして、新鮮な刺身も食べることが出来ます。

お店のオーナーらしき男性は和服を着ていて、少し強面の方のような雰囲気がしますが、逆にお店や酒、料理に対して「こだわり」を感じさせてくれます。
どうとんぼり ぜん (7)

チャージが500円で、お通しが付いてきます。ウニとじゅんさいのジュレがけです。このお通し一つでお店のこだわりを感じさせてくれます。

ではこの日に食べたり飲んだりしたものを紹介したいと思います。
どうとんぼり ぜん (5)

最初の一杯とした頼んだのは、私はハイボール、他のメンバーは生ビールです。私は、とある理由でビールと日本酒はほんの舌舐めずりするくらいしか飲んでいません。^^;

ハイボールはジョッキがジムビーンズですが、角です。(笑い)
どうとんぼり ぜん (12)

2杯目は、私はこれでお酒のオーダーをしない予定だったので、白州のハイボールにしました。個人的には日本のウイスキーでは白州で作るハイボールが一番好きです。
どうとんぼり ぜん (9)

さて、料理の方ですが、色々オーダーした中から最初に出されたのは、泉州水ナスの刺身と、
どうとんぼり ぜん (8)

沖縄の海ぶどうです。泉州水ナス、生のは石川に住むものとしてはあまり食べることがありません。

そしてお造りはお勧めなのを盛合せで4人分お願いしました。
どうとんぼり ぜん (14)

お造りは右からサーモン、鱧の炙り、サワラ、キンメの炙り、ヒラマサ、アジ、銀宝(ギンポ)、カツオ。どれも大ぶりに切られていて、脂も乗っていて美味しかったです。鱧も肉厚でした。

ちなみに銀宝(ギンポ)とは細長くドジョウに似た体型のゲンゲの仲間です。

お造りに合う日本酒ということで出してくれたのが日高見の「弥助」芳醇辛口純米吟醸です。
どうとんぼり ぜん (11)

「弥助」とは、むかし花柳界でお寿司のことを意味していました。地元石川には寿司界のスーパースター、小松弥助さんがいらっしゃいますが、やはりこの「義経千本桜」が由来となっているんでしょうね?

ネーミングから察するに「日高見 弥助 芳醇辛口純米吟醸」は、寿司を食べるときに合わせるのに適しているということのようです。

私もほんのひと口飲みましたが、吟醸香もよく切れのある辛口の吟醸酒でした。

この後も、基本、料理をお願いして、それに合わせて日本酒を頼むというマリアージュのパターンでお願いしています。みんなだいぶ飲んでいました。^^;
どうとんぼり ぜん (19)

「おまかせあての五種盛り(1,480円)」には鯛の子旨煮、いぶりがっこ、イカナゴ、丸干しゴロイカ、梅貝旨煮。酒のすすむアテばかりです。
どうとんぼり ぜん (17)

あわせてくれたのは、長野の宮坂醸造純米吟醸 辛口生一本「真澄」。やはり辛口ですが、飲みやすいキレのある日本酒でした。
どうとんぼり ぜん (23)

こちらは珍しい「自家製 鯛みそ」。こちらも見た目、もろ酒のアテですね。
どうとんぼり ぜん (21)

お酒は千代むすび酒造 純米吟醸「強力」。鳥取県産酒造好適米を使用しています。
どうとんぼり ぜん (22)

そして、秋鹿酒造 木桶仕込み生もと純米「朴」も出してくれました。木桶仕込みという生のまま木桶で常温熟成したという風変わりなお酒だとか?

私も一口なめましたが、やや甘めですが、ほんのりと木の香りを感じることができました。
どうとんぼり ぜん (25)

最後は「味噌漬けおまかせ三種盛り1,380円」だったかな?地鶏と黄身の味噌漬け、あとしし唐だったかな?どれも日本酒に良く合います。
どうとんぼり ぜん (24)

これをアテにして秋鹿酒造の生もと造り山田錦60原酒「奥鹿」と、
どうとんぼり ぜん (26)

神亀酒造の「神亀 しぼりたて生酒」を飲みます。

「神亀 しぼりたて生酒」はすっきりとした辛口のお酒でした。

いや~、皆さん、よく飲みましたね~!?

おかげで予想よりは少し高くつきました。一人8,000円強です。でも、全員満足していましたよ!日本酒好きの人にはもってこいのお店だと思います。ご馳走様でした。

どうとんぼり ぜん
大阪府大阪市中央区道頓堀1丁目5-4
 TKUビルB1F
TEL 050-5890-8798(予約専用)
06-6214-3700(問合せ専用)
月~土17:00~24:00(L.O.)23:00
日17:00~23:00(L.O.)22:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

GWは皆さんどのようにお過ごしでしょうか?

私はGW・お盆・正月など超混雑時は宿泊を伴うような遠出はしません。毎年、近場で過ごします。

今日は、3・4日に行ってきたイベントについて書きたいと思います。
東酒造 (14)

まずは3日。小松市の蔵元「東酒造」で行われた酒蔵解放のイベントです。この酒蔵解放は毎年行われていて、多くの人が訪れます。
東酒造

神泉酒蔵学校、新酒試飲会や普段見ることの出来ない仕込み蔵や国有形文化財の庭園等の見学などがイベントの内容です。
東酒造 (10)

それ以外にも神泉の粕で作った粕汁や甘酒など美味しいものも楽しむことが出来ましたが、私が伺った午後は粕汁は終了していて、残念ながら甘酒のみでした。

甘酒は、その名の通り甘かったです。でも、栄養価も高く体にもいい甘酒。温まりましたよ。
東酒造 (6)

そして先代のご当主とも久しぶりにゆっくりとお話しすることが出来ました。
東酒造 (2)

ちなみにお酒の試飲も当然できたのですが、私は運転手。5種類の美味しい日本酒の試飲は全部妻が美味しく頂きました。^^;

このGWに買い求めた「神泉」は、左はラベルなしですが、数量限定酒の「しぼりたて純米大吟醸生原酒(720ml 2,268円)」。搾ったばかりの「しぼりたて」で、すこしオリが絡んだタイプです。
神泉

右は大吟醸薄にごり酒の「香凜(KARIN)生原酒(720ml 2,268円)」。純米大吟醸のにごり酒です。瓶内発酵でシャンパンのように炭酸が弾けます。飲み口もわやかなにごり酒ですね。
風と緑の学徒音楽祭 (2)

そして4日は金沢でした。毎年行っている音楽イベント「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」を楽しんできました。

この音楽祭は昨年まで「ラ・フォル・ジュルネ金沢」という名前でしたが、「ラ・フォル・ジュルネ」の冠を付けるには色々制約もあるようで、今年はリニューアルされ「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」という名前で再出発を図っています。「金沢ブランドの音楽祭」としてのスタートです。

ちなみに「ラ・フォル・ジュルネ」の音楽祭は今年は東京、新潟、大津(びわ湖)で開催されていまね。

私も毎年行っていて、昨年のことはこちらに書いています

さて、リニューアルした「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」ですが、構成はそれほど大きく変わっていません。
風と緑の学徒音楽祭 (3)

そして、縛りがなくなったからか、ゆるきゃらも新しく登場しています。その名も「ガルガンチュア」。なぜかウーパールーパーを思い出しました。^^;
風と緑の学徒音楽祭 (7)

毎年、大きなテーマに基づき開催されていますが、今年のテーマは「ベートーベン」。交響曲「第1番」から「第九」まで、「皇帝」などピアノ協奏曲5曲、ピアノソナタ32曲の「全曲演奏」などを目玉として、金沢市を中心に無料イベントを含む約170の音楽公演が行われました。
風と緑の学徒音楽祭 (11)

世界的演奏家も出演していましたが、私は毎年、青島広志さん司会のコーナーを聴きに行きます。今回はブラームスの青島広志さんが編集のドイツ民謡集より、司会とピアノ青島広志さん、ソプラノは韓錦玉さん、テノールは小野勉さんの3人の歌と演奏を楽しんできました。
風と緑の学徒音楽祭 (5)

あと、その公演に先立ち、石川県立音楽堂コンサートホールにおいて、ベートーヴェン「コリオラン」序曲と「交響曲 第4番」を、指揮・台湾高雄市交響楽団常任指揮者のチー・チン・ヤンさん。演奏・管弦楽オーケストラ・アンサンブル金沢で聴いてきました。

普段、「交響曲 第4番」は聴く機会がないのと、やはりオーケストラ・アンサンブル金沢の演奏を聴きたいということでチョイスしたのです。

チー・チン・ヤンさんの指揮は安定感のある指揮でしたね。聴きごたえがありましたよ。

音楽会の名前も変わり、再スタートを切った「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」。これからも続けて欲しいものです。

さて、グルメブログなので少しグルメの話題を。

「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」の会場、石川県立音楽堂内のやすらぎ広場でカジマートさんが出店していました。
ミモレット (4)

チーズ工房 ミモレット」がチーズとワインなどをその場で楽しむことが出来ました。
ミモレット (2)

誰かがリンゴのお酒、シードルを飲んでいました。^^;

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

3月になりました。春もすぐそこまで来ていますね。

さて、今日は私のブログでも時々登場する、飲食店ではない2軒を紹介したいと思います。
ガリビエ (3)

まずは、我が家の食卓に時々登場する白山市の「ガリビエ」のシャルキュトリー。
ガリビエ (2)

今回、2月初旬に買い求めたものを紹介します。
ガリビエ (5)

写真は「エルブ」「モンベリアール」「ジャンボン ピスターシュ」の3種類のソーセージ。

「エルブ」はローズマリー、セージ等のハーブが香るソーセージでボイルして食べると美味しいです。噛んだときのパリッとした歯ごたえと、口の中に飛び散る肉汁が美味しいソーセージです。

ちょっと太めの「モンベリアール」はクミンの効いた粗挽きソーセージ。こちらはソテーして食べます。

「ジャンボン ピスターシュ」は、豚モモの角切りにピスタチオが入ったスライスソーセージで、そのまま食べます。ピスタチオがいいアクセントになっていますね。
ガリビエ (6)

こちらの生ソーセージはソテーして食べます。とてもジューシーです。
ガリビエ

これら以外にも「ガリビエ」には、色々なシャルキュトリーが売っていますよ!

ガリビエ(GALIBIER)
石川県能美市徳山町ヤ55-1
TEL 0761-58-2013
10:00~18:00
火曜休
 


さて、2月に入って、本格的に新酒の季節になりました。
東酒造

東酒造でも、1月から順次絞りが始まっていましたが、2月中旬に酒蔵まで買い求めに行きました。

今回買い求めたのは、これらのお酒です。
東酒造 (2)

左から、「にごり酒」「あらばしり吟醸」「たれくち」です。どれも高級なお酒ではありませんが、新鮮な神泉です。(笑い)

「にごり酒」はいわばスパークリングワインのような発泡の酒です。うもろみ入りのちょっと甘口で、瓶内発酵でたっぷりの炭酸が弾け口当たりがいいお酒です。
東酒造 (9)

まだ瓶詰めして日数が経たないうちはそれほど危険ではありませんが、瓶詰めしてから時間がたつと瓶内発酵が進み、開栓するとき注意しないと吹き零れる危険が大です。

今回、我が家での鍋料理のときに、東酒造さんから頂いたコンテチーズと一緒に飲みます。
コンテ

コンテはフランスのハード系の代表格ともいえるチーズで、クセも少なく、熟成の進んだものはナッティな風味で日本酒にも合いますね。

昨年、TVの撮影で蔵を訪れた吉田類さんが気にいったのも、このコンテでした。 

しかし「にごり酒」、発泡でアルコール度数高めなので、酔いが回るのが早いです。^^;

「あらばしり吟醸」は酒袋でしぼったあらばしりタイプ。もろみの自重で滴り落ちる酒です。すこしオリが絡んださわやかな口当たりでワイルドな味わいが特徴の酒ですね。

「たれくち」のほうはピリッと甘辛い神泉人気の無濾過生原酒です。

ちなみに「たれくち(垂れ口)」とは、上槽中に酒が酒槽(さかぶね)から出てくる口のことを指します。こちらの二つは透明なお酒なので写真はありません。

これからも新酒の絞りは続きます。酒蔵見学もやっていますので一度訪れてはいかがでしょうか?

東酒造株式会社
石川県小松市野田町丁35
TEL 0761-22-2301
9:00~17:00
日・祝休
 

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ