あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:さつま揚げ

久しぶりに福岡の春吉のお店に行きました。

春吉は中洲と天神の間にあるエリアで、便利な場所で美味しいお店がたくさんあるのですが、何せ中洲と天神の陰に隠れて少し地味な印象があるのではないでしょうか?

しかしながら意外と知る人ぞ知る名店も多く、私も福岡に住んでいるときは時々足を延ばしました。
きはる (2)

さて今日紹介します「きはる」は、こちらも人気のお店「独酌しずく」の姉妹店で、「独酌しずく」へは私も9年前に一度行っています
きはる

春吉の交差点の近くにある小さな雑居ビルの2階にあって、1階の入り口に掲げられている提灯と暖簾が目印です。

人気店なので週末は要予約が必要で、私の2週間ほど前に予約を入れて伺いました。

中も狭くて、入口入ってすぐにカウンテー席が10席。奥は小上がり席になっています。
きはる (5)

まずは生ビール。
きはる (3)

お通しですね。3種類が少量ずつ出されました。

私は福岡に来ると必ず頼む料理があります。それは胡麻サバです。

この胡麻サバ。12年前に福岡に転勤になって、居酒屋で食べて以来ファンになった料理、新鮮で脂が乗ったサバを使用して、ゴマをすりおろして作る甘辛いタレをまぶして食べるととても美味しいのです。

ただ福岡のお店いけば必ずあるわけではなく、新鮮なサバが手に入るお店や時期があって、個人的にはお店選びのポイントとしても胡麻サバが行った時に食べられるかどうかを重要視しているほどです。
きはる (4)

こちらがお店のメニューです。看板商品の五島サバを使用した料理は一番最初に書かれていますね。

泳ぎサバ刺、炙り鯖刺、胡麻サバ(すべて900円)、この3種類をまず頼むことにします。

泳ぎサバ刺、炙り鯖刺が最初に出されます。
きはる (6)

サバ刺は新鮮さがウリで、身が厚く、脂のノリも最高です。

炙り鯖刺のほうは少し熟成させているようです。
きはる (7)

そして胡麻サバ。胡麻だれをよく絡めて食べます。さすが五島のサバをウリにしているだけあって、食感も他とは違ったプリンとした歯ごたえで、胡麻だれもサバのうま味を引き立ててくれている感じがしました。新鮮なのでしょう?
きはる (9)

こちらもサバを使った「鯖ツナでポテトサラダ(750円)」。サバが入っているせいか濃い味のポテトサラダで、美味しかったです。

そして「揚げ立てさつま揚げ(750円)」も頼みました。
きはる (10)

その名の通り揚げ立てで、ご覧のように丸い形のちょっと変わった感じのさつま揚げで美味しかったです。
きはる (8)

お酒はハイボールを頼みました。

この日は朝からお腹の調子が最悪で、本当はもっと色々頼みたかったのですが、飲み食いはこのあたりでやめることに。

そのため2人で9,300円ほど。安くつきました。^^;

次回はもっと体調のいい時に来て色々他の料理も楽しみたいと思います。ご馳走様でした。

きはる
福岡県福岡市中央区春吉3-21-28 2F
TEL 092-752-3312
18:00~25:00(L.O.24:00) 
日曜休(祝日の場合は日曜営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢に地ビール・クラフトビールを飲ませてくれるお店が増えました。

北陸新幹線の金沢延伸にともない、金沢の地で作られるブルワリーも出来ました。

ビール好きの身としてはうれしい限りです。

さて、今日紹介します、6月20日に2周年を迎えた金沢里見町の地ビールのお店「Craft Beer Dive Futa's」。

里見町という、竪町と柿木畠の商店街の間に挟まれたところにあります。
Futa

今回その「Craft Beer Dive Futa's」の2周年のベントに行ってきました。

月日が経つのは早いもので、つい先日オープンしたと思ったら、あっという間に2年も経ったのですね!?
Futa (2)

15時からオープンだったのですが、お店には14:40に到着。店内を覗くとお一人女性の方がすでに飲んでいました。

聞くとフライングok!ということで、さっそく飲むことにしました。^^;
Futa (15)

この日はイベントなので立ち飲み形式です。
Futa (11)

3,000円のチケットを買ってオーダーします。3,000円で6品(杯)。飲み物食べ物が1杯(個)500円で楽しめました。

風太くんのお父さんは、陶芸家の山下一三さんです。個性的な九谷焼を作られている作家さんです。お店で使われるお皿類はお父さんの作ったものです。

さて、この日のビールのラインナップは以下の通りでした。

1.スワンレイクビール「ヴァイツェン」5%
2.志賀高原ビール「NEW ENGI-LAND IPA」6.5%
3.城端麦酒「Great Blue」4.5%
4.鬼伝説ビール「金鬼ペールエール(ビックシークレット・シトラVer)」6%
5.Modern Times「Blazing World」
6.Brew Dog「ELViS JUICE」
7.ハーヴェストムーン「シュバルツ」

一応、妻と二人で全種類飲んでみることにしました。
Futa (4)

蒸し暑い日だったので、最初にModern Times「Blazing World」を頼み、まずはのどの渇きを癒します。
Futa (5)

城端麦酒「Great Blue」がこちら。青色の変わったビールです。
Futa (10)

ハーヴェストムーン「シュバルツ」は黒ビールです。

後のビールも写真は写したのですが、ビジュアル的に似ているところもあるのでアップは割愛します。
Futa (6)

料理のほうは、こちらは「めぎすのさつま揚げ」。見た目、鶏の唐揚げのようですが、鶏の骨のように見えるのはゴボウです。
Futa (13)

「ゆで玉子と色々野菜のピクルス」。丸ごとのゆで玉子のピクルスとは珍しいですね。
Futa (7)

「サザエのエスカルゴ風」もニンニクが効いて美味しかったです。ピントが合っていませんね!^^;
Futa (17)

こちらは特製ダレに漬け込んだ「豚バラの焼き肉」。
Futa (12)

あと特製カレーの「ライスコロッケ」も熱々でビールのつまみに最高でした。

ビール7杯に料理5品。チケット3千円2枚。さすがに昼飲みは効きました。^^;

「Craft Beer Dive Futa's」。風太君も若いので、客層も若い方が多かったです。これからも益々期待のお店ですね。ご馳走様でした。

Craft Beer Dive Futa's
石川県金沢市里見町44-1
タウンハイツ里見町1F
TEL 076-222-0593
平日15:00~23:00
土・日・祝12:00~23:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

12月に行ったお店の紹介はこの後も続きますが、今回は12月分についての早めの未公開編です。

まず最初は輪島塗の話題から。

輪島塗といえば、石川県が誇る日本を代表する伝統工芸品として有名です。

伝統工芸品というと、高級で高額、そしてアートとして観賞するもの、みたいなイメージがありますが、輪島塗は素晴らしく長持ちする実用品・日用品でもあるのです。

昨年11月18日にテレビ朝日系列で放送された「世界が驚いた→ニッポン!スゴーイデスネ!!視察団」という番組でも輪島塗が紹介されていました。

そこで紹介されていたのは、輪島塗の「輪島キリモト・桐本木工所」さん。

伝統工芸品の世界が保守的な色合いが強いのですが、代表の桐本泰一さんは、輪島塗の業界において色々なチャレンジを行っている方なのです。
キリモト (5)

私も何度かお会いしたことがありますが、とてもエネルギッシュに活動をされていて、いつも感心させられっぱなしです。

番組では「縁が薄くなめらかで優しい口当たりなのに、丈夫で長持ち」の理由を、ご本人が海外から視察に来ていたかたにうまく説明されていました。

我が家では、「輪島キリモト・桐本木工所」さんのところで作られた塗り箸やお皿を使っていますが、今日は番組でも取り上げられていた輪島塗の特徴である「布着せ」と「輪島地の粉」を使用し漆を塗り重ねて仕上げる蒔地技法が使われている「千すじ小福皿(ねず/ベンガラ) 」を紹介したいと思います。
キリモト (11)

この千すじ小福皿は「漆の器でカレーが食べたいという想いから誕生した小福皿」です。
私は、カレーもいいがパスタも食べたい!ということで、パスタを作って盛り付けてみました。(パスタにしたのは単純に家ではカレーを食べないことが理由?)
キリモト

角度によって黒く見えたり、弁柄色に見えたり、食べ物が映えますね。

表面硬度が高く傷つきにくいから、金属のスプーンを使っても大丈夫ということです。

それに薄くて軽いのもありがたいです。
稚加榮 (2)

ちなみにこのパスタは、福岡空港で買い求めた稚加榮の「いかめんたい」を使っためんたいパスタ。生パスタを使って妻が作ってくれました。美味しかったですよ!
キリモト (7)

こちらは我が家でいま二人が使っているお箸です。
キリモト1

金沢にもお店があります。皆さんも一度「輪島キリモト」のものを手に取ってみてください。輪島塗の概念が変わるかもしれませんよ。

輪島キリモト・金沢店
石川県金沢市茨木町56-3
 鞍月舎C-1
TEL 076-254-0058
11:00~18:00
水曜休

お次は、あの日本酒の杜氏四天王の一人で、御年84歳のレジェンド、農口さんの新酒の話題です。

昨年末、年も押し迫った12月26日の夜に我が家にも届きました。

小松観音下町に新しく「農口尚彦研究所」が出来て、そこで作られた初めての酒です。

このお酒はクラウドファンディングで事前に「農口尚彦研究所」投資していたお礼の品の位置付けです。本醸造酒 5,500円コースで限定300名。これで無濾過生原酒の720ml2本もらえました。
農口

なかなかおしゃれなボトルとラベルのデザインです。
農口 (7)

九谷焼の釉離金彩の技法保持者で人間国宝 吉田美統氏が酒のパッケージングを。また大樋焼の十一代 大樋長左衛門氏がアートディレクターとして就任されています。

値段的にはお店で買うよりは高い本醸造ですが一番最初の酒なので価値があるかなと思って投資しました。まぁ、これもブロガーのサガですね。^^;

肝心の味のほうですが、やはり能登杜氏の造る酒でほんのり甘さを感じ、口の中ではまろやかさと芳醇な香りを感じる酒でした。切れも良かったです。
農口 (2)

そして、このようなお手紙入りでした。

農口さんも御年84歳。それほど長い期間酒造りを行うことは出来ないと思います。そういった意味でも貴重なお酒ではないでしょうか?

最後は12月に行った鹿児島の話題。

鹿児島へは沖縄から移動しました。私も初めての経験です。

その日は朝の移動。とてもいいお天気で鹿児島の錦江湾に沿って鹿児島空港に着陸する飛行ルートからは、長時間桜島の雄姿を望むことが出来ました。
鹿児島 (5)

少し噴煙をあげていましたが、雄大な桜島には積雪もまだなく、しばし休んでいるような姿にホッとしました。
鹿児島中央駅 (2)

鹿児島には一泊しましたが、この写真は鹿児島中央駅のイルミネーションです。
アービック鹿児島 (3)

それに今年の大河ドラマは鹿児島の西郷隆盛をテーマにした「西郷どん」。ホテルなどにもポスターが張られ、街角にも色々飾られていました、今年は鹿児島が盛り上がりそうです。

あと、鹿児島といえばグルメ分野ではさつま揚げが有名です。鹿児島では「つけ揚げ」と呼ばれています。

私が好きなさつま揚げのお店は、「玖子貴(きゅうじき)」というお店です。
玖子貴

「玖子貴」については、過去にもこちらで書いていますので、詳しいことはそちらを見てもらうとして、今回買い求めたのは博多駅のマイング博多駅店で、こちらのお買い得品として売られていたものです。バラで買うより200円お得だそうでした。

日持ちがするものではなく、生のさつま揚げで翌日までしか持ちません。さっそく家に帰って食べました。
玖子貴 (3)

「やきもろこし」と、こちらの「葱しお天」、
玖子貴 (4)

そして「ごぼう(というネーミングだったかな?)」が特に美味しかったです。これは期間限定でした。ご馳走様でした。

玖子貴(きゅうじき)マイング博多駅店
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
 JR博多駅マイング
TEL 092-483-6077
9:00~21:00
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お久しぶりシリーズといいますか、今回は行ったお店も一緒に行った人たちもお久しぶりでした。
空海

主計町の空海と言えば、昔のお茶屋を改装した居酒屋として、また大将の作る多彩な料理の数々を楽しめるところとしても人気のお店です。

金沢の花街跡として有名な主計町。地元のなじみ客はもちろん、場所柄観光客も多く観光で訪れた方々が大勢やって来るお店なのです。

私も、お店が高岡町にあった20数年以上前から何度か空海にお邪魔していますが、9年前に主計町に移転してからは、今回が約8年半ぶりの訪問になります。
空海 (5)

店内はお茶屋を改造していて落ち着いた雰囲気のお店です。照明もいいですね。2階にも席があったり1階にはカウンター席もあります。
空海 (4)

お久しぶりの大将も眞理さんもお元気でした。お二方ともシャイで顔出しNGだそうです。^^;

この日、東京からの友人に加え、10年以上ぶり?金沢在住の懐かしのメンバー4名で訪れました。

メンバーは昔、ニフィティサーブというパソコン通信仲間で、ビジネスマンフォーラムという、いまのSNSのグループのようなネットコミュニティで知り合ったメンバーです。

この日はGWの谷間の平日だったために、お店はそれほど混雑していませんでした。後から来店してくるお客様は外国人のかたや観光客が多かったです。
空海 (6)

訳あって、乾杯用の最初のビールは小にしました。^^; お通しはナメラの皮の酢の物です。。

それでは頼んだ料理を紹介していきます。

「空海」の料理は、石川県の食材も使った、ちょっと一ひねりしたメニューもあったりして楽しませてくれます。メニューの種類もめちゃ豊富です。ユニークなネーミングのもあってどれを頼むか迷ってしまいます。

そしてどんな内容の料理が出てくるのか楽しみなものも多いと思います。
空海 (9)

これは昔からの定番の「大人のポテトサラダ(500円)」。スパイシーなその名の通りの大人の味です。

あと、サラダを2種類頼んでいます。
空海 (14)

「大根とじゃこのカリカリサラダ(750円)」と、
空海 (16)

「豆腐サラダ(850円)」です。
空海 (13)

「季節の加賀野菜のマリネ(650円)」もほどよく酸味が効いていて美味しかったです。
空海 (11)

「能登豚ベーコン(850円)」は私は食べませんでした。
空海 (12)

「贅沢なタイ風さつま揚げ(650円)」も昔からあるメニューで、エスニックな風味がきいた一品。
空海 (17)

「ブリと茄子のベトナム風(750円)」はニョクマム(ナンプラー)風味の南蛮風の料理ですね?
空海 (10)

これは「タイラ貝のスモーク(650円)」で、私が頼んだハイボールに合います。
空海 (19)

これは何だったかな??
空海 (18)

「麻婆豆腐(850円)」はピリ辛で酒がすすみます。
空海 (15)

お酒は、東酒造「神泉」の生酒、空海オリジナルラベル仕様ほか何種類か頼んでいました。

オリジナリティあふれる料理の数々に、美味しいお酒。懐かしい話も進み、あっという間に時間が過ぎ去ってしまします。

以上、飲み食いして一人4,500円ほどとリーズナブルに済ますことが出来ました。

風情のある空間で落ち着いて仲間と楽しむことが出来ます。遠いのでなかなか行くことが出来ないのが残念です。今度いつ来られるかな?^^; ご馳走様でした。

居酒屋 空海
石川県金沢市主計町3番10号
TEL 076-261-9112
18:00~25:00頃
2Fは23:00まで
日曜・祝日は24:00まで
オーダーストップはクローズの1時間前
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

珍しくお土産の紹介です。九州で買った人気の品です。

福岡空港大改装中だということは、先日の因幡うどんの紹介のときに触れました。

行ったのが2月の後半ということで、ちょうど苺、「あまおう」の季節。

空港内のお土産屋さんには、「あまおう」を使ったお菓子類が、ここぞとばかりに並んでいます、

そんな中、私が買ったのは、これらの品々です。
福岡土産 (2)

福岡の和菓子の老舗、石村萬盛堂の「あまおう苺鶴乃子」と、花福堂「まっかな苺のミルフィユ」。季節限定の商品です。

「まっかな苺のミルフィユ」はホワイトデー用のパッケージ?白色でした。中もホワイトチョコレートを使用しています。

さて、今回紹介するのは「伊都きんぐ」の「どらきんぐ生」という生菓子です。
あまおう苺

こちらの品は11月下旬~5月末頃までの「あまおう」の収穫期間限定の商品。今回、家へのお土産で1個410円で4個買い求めました。
あまおう苺 (3)

中には糸島産「あまおう」が、丸ごと1粒ぜいたくに使われています。

苺のブランドとしては全国区となった福岡の「あまおう」。

その「あまおう」をあんこでくるみ、さらに塩バニラでくるみ、それをどら焼きのような生地の皮でくるみ焼きあげたものです。
あまおう苺1

通常どら焼きよりは団子っぽい形ですね。中にあまおう苺が、丸ごと1粒入っているので当然といえば当然です。
あまおう苺  (2)

生地はしっとりとしています。切ってみるとこんな感じです。見ただけで美味しそうです。

あんこの甘さを塩バニラの塩分と「あまおう」の甘酸っぱさが、絶妙に混ざり合ってとても美味しいです。

410円と、少し値段は高いのですが、その価値は十分あります。家族全員が美味しいと言っていました。

塩バニラ以外には、普通のバニラ味、抹茶味があって、他にも「あまおう」が1個丸ごとではなく刻んだりクリームにしたりしたり、値段を抑えたものも何種かありましたが、空港で買えるのは全部ではありません。

伊都きんぐ 福岡空港店
福岡県福岡市博多区大字下臼井767-1
 福岡空港ターミナルビル内北側出発ゲート前仮設店舗営業
TEL なし
6:30-21:00
無休

お次は鹿児島名物のさつま揚げ。

さつま揚げという呼称は、今でこそ鹿児島でも一般に呼ばれますが、主に東日本での呼び名。関西、とくに大阪では「天ぷら」の中に包含されていたりしています。鹿児島では一応「つけ揚げ」というのが正式な呼称です。

そのさつま揚げの業界でも、いまトレンドとして新しい、創作系?のオリジナルさつま揚げが人気となっています。

今日紹介します「玖子貴(きゅうじき)」という難しい読みのお店は、鹿児島県日置市に本社があって、鹿児島中央駅に本店があります。

東京では「COREDO室町2」にもお店を出しています。

すべて、お店で揚げ立てのを販売していて、ほかにネット通販もやっています。

今回鹿児島に出張があり、お土産を調べていたら、ここは「黒柳徹子とマツコがTV番組で絶賛した鹿児島の人気店」だということを知りました。

私はミーハーではないと思いますが、あの黒柳徹子さんとマツコデラックスが押すのならば一度買ってみようと思い立ち寄りました。
玖子貴 (5)

しかし、実は買ったのは博多駅にあるお店です。^^;

何故か、出来立てが美味しいさつま揚げ。鹿児島で買うよりは飛行機で帰る地、福岡で買ったほうがいいと思ったからです。

ということで、博多駅の駅ビル内、マイングに入っている「マイング博多駅店」で買い求めました。
玖子貴

黒柳徹子さんとマツコデラックスが一押しなのが「やきもろこし(270円)」と「葱しお天(227円)」。(金額はすべて税込)
玖子貴 (4)

特に「やきもろこし」は累計100万個を突破している人気商品なのだそうです。

こちらのお店、さつま揚げの内容やビジュアルも、他店とは少し異彩を放っています。
玖子貴 (7)

「やきもろこし」も、まさにとうもろこしの見た目を彷彿とさせてくれる形状で、切るとこんな感じです。

味の方も、とうもろこしの甘み、中のさつま揚げも、その日に揚げられたものは温めると、柔らかくて甘みとうま味が口に中に広がります。

とうもろこしは、缶詰のものを使っているわけではなく、北海道産のとうもろこしを焼いてまぶしているのです。そのため、お値段も少々お高くなっています。
玖子貴 (10)

「葱しお天」はこんな感じです。ネギの風味が練り物そのものの味をさらに引き立てます。
玖子貴 (6)
 
他にはこんなのも買い求めました。「エビレンコン(130円)」「ごぼうかき揚げ(162円)」「たっぷり安納芋(270円)」「みたらし生姜だんご(180円)」です。
玖子貴 (12)

どれも素材の味を大事にした仕上がっているさつま揚げで、脂っこくなくとても美味しかったですよ。

玖子貴(きゅうじき)マイング博多駅店
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
 JR博多駅マイング
TEL 092-483-6077
9:00~21:00
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ