あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:さつま揚げ

お久しぶりシリーズといいますか、今回は行ったお店も一緒に行った人たちもお久しぶりでした。
空海

主計町の空海と言えば、昔のお茶屋を改装した居酒屋として、また大将の作る多彩な料理の数々を楽しめるところとしても人気のお店です。

金沢の花街跡として有名な主計町。地元のなじみ客はもちろん、場所柄観光客も多く観光で訪れた方々が大勢やって来るお店なのです。

私も、お店が高岡町にあった20数年以上前から何度か空海にお邪魔していますが、9年前に主計町に移転してからは、今回が約8年半ぶりの訪問になります。
空海 (5)

店内はお茶屋を改造していて落ち着いた雰囲気のお店です。照明もいいですね。2階にも席があったり1階にはカウンター席もあります。
空海 (4)

お久しぶりの大将も眞理さんもお元気でした。お二方ともシャイで顔出しNGだそうです。^^;

この日、東京からの友人に加え、10年以上ぶり?金沢在住の懐かしのメンバー4名で訪れました。

メンバーは昔、ニフィティサーブというパソコン通信仲間で、ビジネスマンフォーラムという、いまのSNSのグループのようなネットコミュニティで知り合ったメンバーです。

この日はGWの谷間の平日だったために、お店はそれほど混雑していませんでした。後から来店してくるお客様は外国人のかたや観光客が多かったです。
空海 (6)

訳あって、乾杯用の最初のビールは小にしました。^^; お通しはナメラの皮の酢の物です。。

それでは頼んだ料理を紹介していきます。

「空海」の料理は、石川県の食材も使った、ちょっと一ひねりしたメニューもあったりして楽しませてくれます。メニューの種類もめちゃ豊富です。ユニークなネーミングのもあってどれを頼むか迷ってしまいます。

そしてどんな内容の料理が出てくるのか楽しみなものも多いと思います。
空海 (9)

これは昔からの定番の「大人のポテトサラダ(500円)」。スパイシーなその名の通りの大人の味です。

あと、サラダを2種類頼んでいます。
空海 (14)

「大根とじゃこのカリカリサラダ(750円)」と、
空海 (16)

「豆腐サラダ(850円)」です。
空海 (13)

「季節の加賀野菜のマリネ(650円)」もほどよく酸味が効いていて美味しかったです。
空海 (11)

「能登豚ベーコン(850円)」は私は食べませんでした。
空海 (12)

「贅沢なタイ風さつま揚げ(650円)」も昔からあるメニューで、エスニックな風味がきいた一品。
空海 (17)

「ブリと茄子のベトナム風(750円)」はニョクマム(ナンプラー)風味の南蛮風の料理ですね?
空海 (10)

これは「タイラ貝のスモーク(650円)」で、私が頼んだハイボールに合います。
空海 (19)

これは何だったかな??
空海 (18)

「麻婆豆腐(850円)」はピリ辛で酒がすすみます。
空海 (15)

お酒は、東酒造「神泉」の生酒、空海オリジナルラベル仕様ほか何種類か頼んでいました。

オリジナリティあふれる料理の数々に、美味しいお酒。懐かしい話も進み、あっという間に時間が過ぎ去ってしまします。

以上、飲み食いして一人4,500円ほどとリーズナブルに済ますことが出来ました。

風情のある空間で落ち着いて仲間と楽しむことが出来ます。遠いのでなかなか行くことが出来ないのが残念です。今度いつ来られるかな?^^; ご馳走様でした。

居酒屋 空海
石川県金沢市主計町3番10号
TEL 076-261-9112
18:00~25:00頃
2Fは23:00まで
日曜・祝日は24:00まで
オーダーストップはクローズの1時間前
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

珍しくお土産の紹介です。九州で買った人気の品です。

福岡空港大改装中だということは、先日の因幡うどんの紹介のときに触れました。

行ったのが2月の後半ということで、ちょうど苺、「あまおう」の季節。

空港内のお土産屋さんには、「あまおう」を使ったお菓子類が、ここぞとばかりに並んでいます、

そんな中、私が買ったのは、これらの品々です。
福岡土産 (2)

福岡の和菓子の老舗、石村萬盛堂の「あまおう苺鶴乃子」と、花福堂「まっかな苺のミルフィユ」。季節限定の商品です。

「まっかな苺のミルフィユ」はホワイトデー用のパッケージ?白色でした。中もホワイトチョコレートを使用しています。

さて、今回紹介するのは「伊都きんぐ」の「どらきんぐ生」という生菓子です。
あまおう苺

こちらの品は11月下旬~5月末頃までの「あまおう」の収穫期間限定の商品。今回、家へのお土産で1個410円で4個買い求めました。
あまおう苺 (3)

中には糸島産「あまおう」が、丸ごと1粒ぜいたくに使われています。

苺のブランドとしては全国区となった福岡の「あまおう」。

その「あまおう」をあんこでくるみ、さらに塩バニラでくるみ、それをどら焼きのような生地の皮でくるみ焼きあげたものです。
あまおう苺1

通常どら焼きよりは団子っぽい形ですね。中にあまおう苺が、丸ごと1粒入っているので当然といえば当然です。
あまおう苺  (2)

生地はしっとりとしています。切ってみるとこんな感じです。見ただけで美味しそうです。

あんこの甘さを塩バニラの塩分と「あまおう」の甘酸っぱさが、絶妙に混ざり合ってとても美味しいです。

410円と、少し値段は高いのですが、その価値は十分あります。家族全員が美味しいと言っていました。

塩バニラ以外には、普通のバニラ味、抹茶味があって、他にも「あまおう」が1個丸ごとではなく刻んだりクリームにしたりしたり、値段を抑えたものも何種かありましたが、空港で買えるのは全部ではありません。

伊都きんぐ 福岡空港店
福岡県福岡市博多区大字下臼井767-1
 福岡空港ターミナルビル内北側出発ゲート前仮設店舗営業
TEL なし
6:30-21:00
無休

お次は鹿児島名物のさつま揚げ。

さつま揚げという呼称は、今でこそ鹿児島でも一般に呼ばれますが、主に東日本での呼び名。関西、とくに大阪では「天ぷら」の中に包含されていたりしています。鹿児島では一応「つけ揚げ」というのが正式な呼称です。

そのさつま揚げの業界でも、いまトレンドとして新しい、創作系?のオリジナルさつま揚げが人気となっています。

今日紹介します「玖子貴(きゅうじき)」という難しい読みのお店は、鹿児島県日置市に本社があって、鹿児島中央駅に本店があります。

東京では「COREDO室町2」にもお店を出しています。

すべて、お店で揚げ立てのを販売していて、ほかにネット通販もやっています。

今回鹿児島に出張があり、お土産を調べていたら、ここは「黒柳徹子とマツコがTV番組で絶賛した鹿児島の人気店」だということを知りました。

私はミーハーではないと思いますが、あの黒柳徹子さんとマツコデラックスが押すのならば一度買ってみようと思い立ち寄りました。
玖子貴 (5)

しかし、実は買ったのは博多駅にあるお店です。^^;

何故か、出来立てが美味しいさつま揚げ。鹿児島で買うよりは飛行機で帰る地、福岡で買ったほうがいいと思ったからです。

ということで、博多駅の駅ビル内、マイングに入っている「マイング博多駅店」で買い求めました。
玖子貴

黒柳徹子さんとマツコデラックスが一押しなのが「やきもろこし(270円)」と「葱しお天(227円)」。(金額はすべて税込)
玖子貴 (4)

特に「やきもろこし」は累計100万個を突破している人気商品なのだそうです。

こちらのお店、さつま揚げの内容やビジュアルも、他店とは少し異彩を放っています。
玖子貴 (7)

「やきもろこし」も、まさにとうもろこしの見た目を彷彿とさせてくれる形状で、切るとこんな感じです。

味の方も、とうもろこしの甘み、中のさつま揚げも、その日に揚げられたものは温めると、柔らかくて甘みとうま味が口に中に広がります。

とうもろこしは、缶詰のものを使っているわけではなく、北海道産のとうもろこしを焼いてまぶしているのです。そのため、お値段も少々お高くなっています。
玖子貴 (10)

「葱しお天」はこんな感じです。ネギの風味が練り物そのものの味をさらに引き立てます。
玖子貴 (6)
 
他にはこんなのも買い求めました。「エビレンコン(130円)」「ごぼうかき揚げ(162円)」「たっぷり安納芋(270円)」「みたらし生姜だんご(180円)」です。
玖子貴 (12)

どれも素材の味を大事にした仕上がっているさつま揚げで、脂っこくなくとても美味しかったですよ。

玖子貴(きゅうじき)マイング博多駅店
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
 JR博多駅マイング
TEL 092-483-6077
9:00~21:00
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

のっけから変な質問ですが、皆さんは火打石で送り出されたことってありますか?

「横浜くるわ」では、帰り際に女将さんが火打石で送り出してくれます。
横浜くるわ (4)

そんな粋な女将さんがもてなしてくれるお店が、新横浜駅からほど近い場所にある「横浜くるわ」です。

場所はラーメン博物館の2軒隣の雑居ビルで、1階がフレッシュネスバーガーになっています。

お店自体は5階にあって、目立たないので、ある意味隠れ家的なお店かもしれません。

ただ人気のお店なので、毎夜、美味しい酒と肴、そして女将のもてなしを楽しみに訪れるお客さんで賑わっているのです。

久しぶりに横浜に出張があり、新横浜のホテルに宿泊。18時半に到着後すぐにお店に伺いました。
横浜くるわ (2)

17時から営業しているようでしたが、お客さんはまだ我々だけでした。しかし、その後、次々とお客さんが来店してきます。

お店はそれなりに広く、カウンター席とテーブル席、20名以上は入れる大きさでしょうか?それを一人の料理人(ご主人?)とフロア担当の女将さんで切り盛りしています。女将さんは粋に和服を着こなしています。

たぶん、満席になるほどはお客さんを入れていないようですが、まぁ、それでもピーク時はどうしても料理の出される時間やサービスなどが若干滞るでしょう?それを女将さんのテキパキとした対応と笑顔でカバーしている感じです。

お客様の仕切り方も厳しかったです。^^;

私がお隣にテーブル置いてあった品書きを見ようとしたら「いま、お客様がお見えになりますからやめてください!」とピシャリといわれました。^^;
横浜くるわ (5)

さて、まずは生ビールを頼み、お通しをつまみに飲みます。
横浜くるわ

こちらは品書きの今日のメニューです。なかなか美味しそうな品が並んでいます。

驚いたことに、このメニューは入荷する食材によって毎日変わるようです。何と!日本酒まで毎日のように種類が変わるようですよ!驚きました。

では、頼んだものを紹介していきます。
横浜くるわ (9)

まずサラダ系は2品。「トマト、しらす、スプラウトのサラダ(720円)」。トマトとスプラウトの瑞々しさが素晴らしかったです。
横浜くるわ (8)

こちらは「ホワイトセロリ(520円)」です。

ホワイトセロリは初体験かもしれません。確かに味はセロリです。(笑い)
横浜くるわ (12)

こちらは、品書きに刺身類がなかった中で唯一あった「鰹たたき ユッケ仕立て(820円)」。

これは酒が進みました。味付けもユッケ仕立てで漬けこんであり、鰹だけでは少し辛味が勝っていますが、タマゴの黄身と合わせて食べます。

この後も、酒のアテ系の料理が続きます。^^;
横浜くるわ (11)

生ビールの後、鹿児島県垂水市の八千代伝酒造㈱猿ヶ城渓谷蒸留所のむぎ焼酎「八千代伝 千が飛ぶ」をボトルで頼みました。4,800円です。ロックと水割りで飲みます。

鹿児島といえば「芋」のイメージですが、ここは鹿児島県内で最も新しい蔵元が作るむぎ焼酎です。比較的サラッとした飲み口でしたが、むぎの香りもいい感じでした。
横浜くるわ (10)

こちらは「炙り さつま揚げ(420円)」。鹿児島の焼酎には鹿児島のさつま揚げですね。(笑い)

ネギと生姜で食べるのではなく、玉ねぎが乗せられていました。
横浜くるわ (16)

「厚揚げ にんにく味噌焼き(580円)」。厚揚げの焼き方もうまいですし、にんにく味噌との相性も良かったですね。
横浜くるわ (15)

「うるめ鰯 干し(520円)」も酒がすすみます。久しぶりに食べます。
横浜くるわ (14)

「アボカド 岩海苔山葵(580円)」です。組み合わせが面白いですが、これが意外にイケました。
横浜くるわ (13)

「厚切り ハムカツ(680円)」もサクサク、いい塩梅で揚げられていました・
横浜くるわ (17)

「ゴロ烏賊 炙り(680円)」。非常に塩辛かったです。これだけで酒4合はイケそうでした。^^;

以上、飲み食いして3人で15,000円強。納得の金額でした。女将さんもその後は優しく対応してくれました。^^;

とてもいいお店したね。マジでお勧めです。ご馳走様でした。

横浜くるわ
神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-25
 アポロ新横浜第2ビル5F
TEL 050-5868-9792(予約専用)
045-534-9660(問合せ専用)
17:00~24:00(L.O.23:30)
日祝休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ