先日紹介した北陸新幹線敦賀延伸に合わせての福岡旅行。

これからは、その時に利用した飲食店の紹介が一日置きですが続きます。

まず最初は博多駅到着後に腹ごしらえで入ったお店について。

福岡へ行くと最近は博多ラーメンのお店にはほとんど行かず、代わりに必ず一度はうどんを食べます。

福岡のうどんは柔らかなコシのないのが特徴で、出汁を吸って出汁のうま味を味わううどんです。

まぁ、小松うどんに似ていると思います。

小松からサンダーバードと山陽新幹線で5時間ちょい乗って12時過ぎに博多駅に到着。そのままJR博多シティの中央街地下にある「食事処 ニュー因幡」に食べに入りました。
ニュー因幡 (8)

因幡うどん」については福岡に住んでいた16年前、こちらの渡辺通店に行って食べていますが、1951年創業の老舗うどん店です。

平日のランチタイムで満席。数分待って席に座ることが出来ました。
ニュー因幡

お店の外に出ていたメニュー。
ニュー因幡 (2)

こちらも。

博多うどんのメニューで代表的なのが「ごぼう天」と「丸天」。私も、この2種類を食べることが多いですが、今回も私が頼んだのは「丸天うどん(537円)」。丸いのはさつま揚げで、福岡では魚の練り物を揚げたものも天ぷらと呼びます。
ニュー因幡 (5)

出されたのがこちら。

比較的澄んだ汁ですね。HPを見ると「北海道羅臼産の天然昆布、長崎五島・島原産の煮干しいりこ、大分日田・原次郎左衛門の醤油、兵庫赤穂の塩」で作られていると書かれていて、美味しかったです。本当は飲み干したかったのですが、塩分のことがあったので途中でやめました。汗
ニュー因幡 (7)

また、太めに切られたうどんはもちろん柔らかかったですが、コシも感じられる美味しい麺でした。

妻のほうは、「肉ごぼう天うどん(791円)」を頼んでいました。
ニュー因幡 (4)

福岡で「ごぼう天」は、斜め切りにしたごぼうを一つ一つ天ぷらにしているところが多いと思いますが、こちらでは丸い方に入れて一つの塊として揚げられています。

妻は、この形状があまりお気に召さなかったようです。

肉はすき焼きのような甘辛で煮られていて、玉ねぎも一緒でした。

福岡旅行の最初の食事で、うどんに元気をもらいました。ご馳走様でした。

食事処 ニュー因幡
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
 JR博多シティ B1F 博多1番街内
TEL 092-481-2085
7:00~22:00(L.O.)
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング